日光旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 久しぶりに初夏の戦場ヶ原へ。ズミの花やワタスゲが見頃を迎えているので撮影に出かけたのだが、普通に昼間撮影するだけでは前回と同じなので、今回は赤沼駐車場で車中泊して、夜中に月明りの下で咲くワタスゲを撮影。夜半に雲が取れるので、夜霧、朝霧が出て幻想的な光景に出会えることを期待しての撮影行である。<br /> 朝、日が昇ってから華厳の滝に移動し、滝にかかる虹の中を飛び回るイワツバメの撮影も敢行。

月明りに輝く夜霧とワタスゲの戦場ヶ原&華厳の滝の虹の中を飛び回るイワツバメ

105いいね!

2018/06/02 - 2018/06/03

42位(同エリア2494件中)

旅行記グループ 奥日光

12

64

玄白

玄白さん

 久しぶりに初夏の戦場ヶ原へ。ズミの花やワタスゲが見頃を迎えているので撮影に出かけたのだが、普通に昼間撮影するだけでは前回と同じなので、今回は赤沼駐車場で車中泊して、夜中に月明りの下で咲くワタスゲを撮影。夜半に雲が取れるので、夜霧、朝霧が出て幻想的な光景に出会えることを期待しての撮影行である。
 朝、日が昇ってから華厳の滝に移動し、滝にかかる虹の中を飛び回るイワツバメの撮影も敢行。

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
自家用車

PR

  •  午後3時ごろ、奥日光に到着。温泉大好き人間の我が家は、まず、湯元温泉で日帰り入浴してから、赤沼駐車場で車中泊準備。<br /> 暗くなる前に夜の撮影に備えて撮影ポイントの下調べを兼ねて、戦場ヶ原を散策。

     午後3時ごろ、奥日光に到着。温泉大好き人間の我が家は、まず、湯元温泉で日帰り入浴してから、赤沼駐車場で車中泊準備。
     暗くなる前に夜の撮影に備えて撮影ポイントの下調べを兼ねて、戦場ヶ原を散策。

  •  ズミの花は満開。木によっては、ピークを過ぎて花が散り始めているものも散見される。

     ズミの花は満開。木によっては、ピークを過ぎて花が散り始めているものも散見される。

  • 青木橋方面に通じる木道は、ズミの花のトンネル

    青木橋方面に通じる木道は、ズミの花のトンネル

  • 湯川の倒木に新しい命が芽生えている。

    湯川の倒木に新しい命が芽生えている。

  • ワタスゲがちょうど見頃。ワタスゲの群生は戦場ヶ原南側に集中している。

    ワタスゲがちょうど見頃。ワタスゲの群生は戦場ヶ原南側に集中している。

  • ワタスゲは、今年は当たり年のようだ。密集具合がすごい。

    ワタスゲは、今年は当たり年のようだ。密集具合がすごい。

  • アップで。

    アップで。

  • 小田代ケ原との境あたりにも、満開の花をつけたズミの湿地林が連なっている。

    小田代ケ原との境あたりにも、満開の花をつけたズミの湿地林が連なっている。

  • ワタスゲの白とズミの花の白の競演。

    ワタスゲの白とズミの花の白の競演。

  • 若葉の新緑とワタスゲの白のコントラスト。

    若葉の新緑とワタスゲの白のコントラスト。

  • 湯川沿いを歩く<br />。

    湯川沿いを歩く

  • 湯川や湯ノ湖では、ルアーフィッシングが盛んだ。最近は女性釣り師も増えているようだ。

    湯川や湯ノ湖では、ルアーフィッシングが盛んだ。最近は女性釣り師も増えているようだ。

  • 湯川では、倒木が増えたような・・・

    湯川では、倒木が増えたような・・・

  • 可憐な白いズミの花。植物分類上は、リンゴに近い種類なのだそうだ。

    可憐な白いズミの花。植物分類上は、リンゴに近い種類なのだそうだ。

  • ズミと倒木と重ね合わせて構図を作ってみた。

    イチオシ

    ズミと倒木と重ね合わせて構図を作ってみた。

  • 花は終わりかけ、新緑に変わりつつあるズミの木

    花は終わりかけ、新緑に変わりつつあるズミの木

  • 新緑がモコモコと連なっている湿地林もすがすがしく、気持ちが良い。

    新緑がモコモコと連なっている湿地林もすがすがしく、気持ちが良い。

  • ほとんど曇っていたが、方角によっては晴れ間がのぞくこともあった。青空に映える白いズミの花。

    ほとんど曇っていたが、方角によっては晴れ間がのぞくこともあった。青空に映える白いズミの花。

  • ズミの花

    ズミの花

  • ズミの花

    ズミの花

  •  花びらは開き切ると白いが、蕾は濃いピンク色。そのため、遠目には、開花が進むにつれて、ピンクから白に色彩が移り変わっていく。

     花びらは開き切ると白いが、蕾は濃いピンク色。そのため、遠目には、開花が進むにつれて、ピンクから白に色彩が移り変わっていく。

  • もう一枚アップで。

    イチオシ

    もう一枚アップで。

  • 一旦駐車場に戻って夕暮れを待つ。国道120号の歩道から夕焼けを待ったが、あまりきれいな夕焼けには出会えなかった。

    一旦駐車場に戻って夕暮れを待つ。国道120号の歩道から夕焼けを待ったが、あまりきれいな夕焼けには出会えなかった。

  •  天気予報では夜中の12時前後から晴れるというので、車の中で簡単な夕食を済ませて、ひと眠りする。<br />12時半に起きて、昼間確認しておいた撮影場所へ。<br /> 一面のワタスゲの群生が広がる草原に、期待通りの夜霧が漂っている。霧は、東から昇って来た月の明かりに照らされている。

    イチオシ

     天気予報では夜中の12時前後から晴れるというので、車の中で簡単な夕食を済ませて、ひと眠りする。
    12時半に起きて、昼間確認しておいた撮影場所へ。
     一面のワタスゲの群生が広がる草原に、期待通りの夜霧が漂っている。霧は、東から昇って来た月の明かりに照らされている。

  • 男体山の全体も入れて。

    イチオシ

    男体山の全体も入れて。

  • 北の空には雲が無くなった。インターバル撮影で、星の日周運動撮影を開始。

    北の空には雲が無くなった。インターバル撮影で、星の日周運動撮影を開始。

  • 一時間かけてのインターバル撮影から作った北の空の日周運動。同時にタイムラプス動画も作ってみた。動画だと、霧の動きがダイナミックに見えて面白い。<br /><br />https://youtu.be/ZwIz915ubNA

    一時間かけてのインターバル撮影から作った北の空の日周運動。同時にタイムラプス動画も作ってみた。動画だと、霧の動きがダイナミックに見えて面白い。

    https://youtu.be/ZwIz915ubNA

  •  インターバル撮影の中の一コマ。月明りによる白い虹が現れた。白虹を見たのは初めてだ。霧の水滴が非常に細かいと虹は7色にならず白い虹になる。霧虹とも呼ばれている。<br /> 白いアークの真上には北斗七星が輝いている。こんな情景はなかなか出会うことはできないレアケースで、お気に入りの一枚となった。

    イチオシ

     インターバル撮影の中の一コマ。月明りによる白い虹が現れた。白虹を見たのは初めてだ。霧の水滴が非常に細かいと虹は7色にならず白い虹になる。霧虹とも呼ばれている。
     白いアークの真上には北斗七星が輝いている。こんな情景はなかなか出会うことはできないレアケースで、お気に入りの一枚となった。

  • 月明りの下で夜霧漂う男体山。

    月明りの下で夜霧漂う男体山。

  • 霧が漂うワタスゲの群生

    霧が漂うワタスゲの群生

  • 霧が漂うワタスゲの群生

    霧が漂うワタスゲの群生

  • 一旦、駐車場に戻り、夜明けを待つ。野鳥のさえずりに目を覚まされて、ふたたび、同じ撮影ポイントへ。<br /> 初夏だが、明け方は冷え込んで木道にはうっすらと霜が降りていた。

    一旦、駐車場に戻り、夜明けを待つ。野鳥のさえずりに目を覚まされて、ふたたび、同じ撮影ポイントへ。
     初夏だが、明け方は冷え込んで木道にはうっすらと霜が降りていた。

  • あちこちで鳥のさえずりが聞こえるのだが、なかなか見つけられない。ようやく、草原の枯れ木の上で「ビンビンツィーツィー」と鳴いている野鳥を発見。調べてみると、ビンズイという鳥のようだ。

    あちこちで鳥のさえずりが聞こえるのだが、なかなか見つけられない。ようやく、草原の枯れ木の上で「ビンビンツィーツィー」と鳴いている野鳥を発見。調べてみると、ビンズイという鳥のようだ。

  • 霧が相変わらず草原の上に漂っている。夜霧から朝霧へ。

    霧が相変わらず草原の上に漂っている。夜霧から朝霧へ。

  • ワタスゲをアップで。

    ワタスゲをアップで。

  • 朝霧ただようワタスゲの群落。

    朝霧ただようワタスゲの群落。

  • やがて、男体山の左側の山裾から日が昇り、朝霧に日が差し込み始めた。

    やがて、男体山の左側の山裾から日が昇り、朝霧に日が差し込み始めた。

  • みるみる、霧が輝き始める。

    みるみる、霧が輝き始める。

  • ワタスゲ咲く草原にも日が入り始めた。

    ワタスゲ咲く草原にも日が入り始めた。

  • 霧は刻々姿を変えていく。

    霧は刻々姿を変えていく。

  • ワタスゲの上に、薄衣のような霧がたなびく。

    ワタスゲの上に、薄衣のような霧がたなびく。

  • WBを変えて、青みを強調して早朝の冷たい雰囲気を出してみた。

    イチオシ

    WBを変えて、青みを強調して早朝の冷たい雰囲気を出してみた。

  • この日は、日が昇っても霧が消えない。

    この日は、日が昇っても霧が消えない。

  • 太郎山、大真名子山。

    太郎山、大真名子山。

  • ワタスゲと霧に霞む湿地林

    ワタスゲと霧に霞む湿地林

  • ワタスゲ

    ワタスゲ

  • ようやく霧が薄れてきた。

    ようやく霧が薄れてきた。

  • 朝露がキラキラ輝いている。玉ボケをバックにしてワタスゲをアップで。

    朝露がキラキラ輝いている。玉ボケをバックにしてワタスゲをアップで。

  • 蜘蛛の巣の糸も逆光でクッキリ

    蜘蛛の巣の糸も逆光でクッキリ

  • 駐車場に戻る途中、枯れ木に停まるトビに遭遇。

    駐車場に戻る途中、枯れ木に停まるトビに遭遇。

  • 北の方角には、まだ少し霧が残っている。

    北の方角には、まだ少し霧が残っている。

  • 木道のそばに枝を伸ばしているズミの枝の中から傷んでいない花を探して、アップで。

    木道のそばに枝を伸ばしているズミの枝の中から傷んでいない花を探して、アップで。

  • もう一枚パチリ。<br /><br />赤沼駐車場に戻り、暖かいコーヒーを入れて一服し、簡単な朝食を摂ってから、華厳の滝へ移動。

    もう一枚パチリ。

    赤沼駐車場に戻り、暖かいコーヒーを入れて一服し、簡単な朝食を摂ってから、華厳の滝へ移動。

  •  華厳の滝。有料の観瀑台には行かないで、無料の場所で撮影開始。滝と絡めてイワツバメを撮影するには、滝壺は見えないが無料観瀑台の方が良い。エレベータで下の有料観瀑台に行くと、イワツバメは空をバックに飛んでいる構図になり、滝と絡めない。

     華厳の滝。有料の観瀑台には行かないで、無料の場所で撮影開始。滝と絡めてイワツバメを撮影するには、滝壺は見えないが無料観瀑台の方が良い。エレベータで下の有料観瀑台に行くと、イワツバメは空をバックに飛んでいる構図になり、滝と絡めない。

  •  5月から8月上旬まで、イワツバメが東南アジア方面から渡ってきて、滝の近くの岩場に巣を作り子育てをするのである。1,2羽で飛んでいることが多いが、たまに群れで飛び回る。そんなチャンスをじっと待つのである。

     5月から8月上旬まで、イワツバメが東南アジア方面から渡ってきて、滝の近くの岩場に巣を作り子育てをするのである。1,2羽で飛んでいることが多いが、たまに群れで飛び回る。そんなチャンスをじっと待つのである。

  •  雀くらいの小さな鳥で、ものすごいスピードで飛び回っている。300mmの望遠ズームで、トリミングしてもこの程度の大きさにしか写らない。<br /> 速すぎてAFでピント合わせはできないので、適当なところにピントを合わせ、固定の置きピンで、ファインダー内につばめが入って来た瞬間にシャッターを押し続ける。そのなかからうまくピントが合っている写真だけを選び出すという「数打ちゃ当たる」方式で撮影するしかない。ISO感度をあげてシャッタースピードは1/2000秒以上の高速シャッターにしないとブレてしまう。<br /> 今回は700枚ほど撮影したが、まともな写真は十枚くらいしかない。デジタルでなければ出来ない撮影の仕方だ。<br />

     雀くらいの小さな鳥で、ものすごいスピードで飛び回っている。300mmの望遠ズームで、トリミングしてもこの程度の大きさにしか写らない。
     速すぎてAFでピント合わせはできないので、適当なところにピントを合わせ、固定の置きピンで、ファインダー内につばめが入って来た瞬間にシャッターを押し続ける。そのなかからうまくピントが合っている写真だけを選び出すという「数打ちゃ当たる」方式で撮影するしかない。ISO感度をあげてシャッタースピードは1/2000秒以上の高速シャッターにしないとブレてしまう。
     今回は700枚ほど撮影したが、まともな写真は十枚くらいしかない。デジタルでなければ出来ない撮影の仕方だ。

  • 9時ごろになって、ようやく滝に虹がかかり始めた。

    9時ごろになって、ようやく滝に虹がかかり始めた。

  • 虹の中になかなかイワツバメが入ってきてくれない。滝の横の岩場に巣があるらしく、こちらでは、たくさんのイワツバメはいつも群れているのだが・・・

    虹の中になかなかイワツバメが入ってきてくれない。滝の横の岩場に巣があるらしく、こちらでは、たくさんのイワツバメはいつも群れているのだが・・・

  • ごくたまにイワツバメの群れが虹をバックにしたところに入ってくる。

    ごくたまにイワツバメの群れが虹をバックにしたところに入ってくる。

  •  よく見ると大きさが違う2種類のツバメが飛んでいる。小さいほうがイワツバメ、大きいほうがアマツバメという種類だという。

    イチオシ

     よく見ると大きさが違う2種類のツバメが飛んでいる。小さいほうがイワツバメ、大きいほうがアマツバメという種類だという。

  • 300mmだと、ファインダーの中にイワツバメを捉えるのが難しいので、200mmくらいで撮影してみたが、これだとツバメが小さすぎる。

    300mmだと、ファインダーの中にイワツバメを捉えるのが難しいので、200mmくらいで撮影してみたが、これだとツバメが小さすぎる。

  • 駐車場に戻る途中、滝壺から舞い上がる水しぶきに鮮やかな虹がかかっていた。ここでもイワツバメの撮影にトライしてみた。

    駐車場に戻る途中、滝壺から舞い上がる水しぶきに鮮やかな虹がかかっていた。ここでもイワツバメの撮影にトライしてみた。

  • なかなか虹の中にイワツバメが入ってこない。しばらくして、ようやく左上の岩陰が背景になっているところに飛んできた。

    なかなか虹の中にイワツバメが入ってこない。しばらくして、ようやく左上の岩陰が背景になっているところに飛んできた。

  • ようやく意図通りに撮れた。<br /><br />10時過ぎ、奥日光を後にして帰宅の途についた。

    ようやく意図通りに撮れた。

    10時過ぎ、奥日光を後にして帰宅の途についた。

105いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

奥日光

この旅行記へのコメント (12)

開く

閉じる

  • nadeshiko28さん 2018/11/21 02:29:46
    おめでとうございます!!& 旅行記拝見いたしました。
    日光 華厳の滝
    イワツバメの群れがにじをバックに♪~
    貴重なお写真並びに旅行記拝見させていただき
    ありがとうございました。

    華厳の滝には大昔に修学旅行で行った事があります。
    nadeshiko28が17歳の頃でしたが 
    日光散策の中でも
    今でも記憶に残っています!
    素敵なお写真でした!!

    玄白

    玄白さん からの返信 2018/11/21 11:05:07
    RE: おめでとうございます!!& 旅行記拝見いたしました。
    nadeshiko28さん、はじめまして

    華厳の滝イワツバメ旅行記訪問、いいね投票、
    そして,書き込みありがとうございました。

    玄白



  • 横須賀ゴルゴG爺さん 2018/10/11 20:53:54
    うっとり!
    無沙汰でサイトを覗きましたら、暫しうっとりすることができました。

    玄白

    玄白さん からの返信 2018/10/11 21:39:38
    Re: うっとり!
    書き込みありがとうございました。また、フォローリストに加えていただき、重ねて御礼申し上げます。
    玄白
  • ラクパグさん 2018/10/11 15:57:02
    おめでとうございます!
     
     玄白さん 最優秀賞 おめでとうございます!

     滝を 自由に飛んでいる イワツバメ やはり
     自然の中での 1ショット 難しいでしょうが
     見事に 撮られていて 最高でしたね!!
     他の 作品も 惹かれる映像が 多かったです。
     選ばれた 先生も 言われていたのが よく 分かります。
     苦労されたのが 評価されたので 嬉しいですね。
     イワツバメ 早いので 難しいでしょうね。 ラクパグ
     

    玄白

    玄白さん からの返信 2018/10/11 17:13:15
    Re: おめでとうございます!
     ありがとうございます。数打ちゃ当たる方式で、4,50枚応募した中の一枚が、思いがけず最優秀賞に選ばれました。40年ほど前、まだ独身時代にスキューバダイビングで沖縄を訪れて以来、沖縄とは無縁だったので、今から楽しみです。
  • ラクパグさん 2018/07/05 11:38:44
    お久しぶりです。
    華厳の滝と イワツバメ 最高のショットですね!!
    連写で 映しても なかなか 難しいのに 流石です。
    こういう 映像大好きです!
    憧れですね!!
    イワツバメ見たことないですね。
    華厳の滝の流れと マッチして 眺望の思いです。
    時間をかけて 大変だけれど 撮れた時の感動!
    見せていただいて ありがとうございました。
           ラクパグ

    玄白

    玄白さん からの返信 2018/07/05 15:36:54
    RE: お久しぶりです。
    ラクパグさん、こんにちは!

    玄白旅行記にいいね投票、書き込みありがとうございます。
    華厳の滝の前には、5月下旬から8月上旬まで、毎年イワツバメが飛んでいます。
    そして晴れていれば、午前9時〜10時には必ず虹も現れます。したがって季節と時間さえ、間違えなければ必ず見られる光景です。
    しかし、雀ほどの小さな鳥で動きがものすごく速いので、反射神経が鈍い玄白は、数打ちゃ当たる式での撮影でした。(^ ^);

    玄白




  • mimozaさん 2018/07/03 16:55:55
    こんにちは
    戦場ヶ原での星撮り
    もしかしてもしかしたら、国道から離れて木道でお撮りになったんですか?
    真夜中、お一人で???
    ちょっと恐ろしいような(クマさん)羨ましいような・・・。

    今年はまだ朝靄を撮りに出かけていません。
    そろそろ我慢の限界が~~~~~(笑)

    素敵なお写真の数々、見せていただきありがとうございます。

    玄白

    玄白さん からの返信 2018/07/03 19:29:04
    RE: こんにちは
    はい ラジオをガンガン鳴らしながら撮ってました。若い男性がそばで一緒に撮ってたので、心強かったです。


  • みちるさん 2018/06/25 19:33:04
    イワツバメ
    玄白さん、こんばんは

    イワツバメの撮影、お疲れ様でした。
    700枚も撮られて、たったの10枚ぐらいしか思うようなのが撮れなかったのですね。
    根気の勝利ですね。
    虹の中のイワツバメ、珍しいし、とても素敵なお写真でした。
    華厳の滝、登山の帰りに寄ったので、有料、無料の展望台思い出しながら、お写真見てました。
    >ISO感度をあげてシャッタースピードは1/2000秒以上の高速シャッターにしないとブレてしまう。
    ありがとうございました。勉強になりました。

    玄白

    玄白さん からの返信 2018/06/25 23:59:33
    RE: イワツバメ
    みちるさん、こんばんは

    玄白旅行記訪問、いいね投票、書き込みありがとうございました。

    イワツバメは小さくて動きが速いので、撮影は難しいですね。
    5月中旬から8月上旬の晴れた日の午前9時から一時間くらいの間に、
    必ず見られる光景です。機会があったら、みちるさんも挑戦してみてはいかが?

    玄白

玄白さんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

日光の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集