京都旅行記(ブログ) 一覧に戻る
(写真は下鴨神社)<br />奈良をなんどか歩いて気が付いた。遺跡巡りとはいわば墓場巡りである。遺跡とは一つの文明の墓場であり、多くの頭蓋骨が数えようのない喜怒哀楽と共にが埋まっている。とても観光気分などで行ける所ではないのだ。<br /> 今回ずっと奈良にいるつもりだったが、台風22号を逃れ、急遽奈良から京都へ向かう。途中の木津川、宇治川とも流れは急で水量も多く、古代琵琶湖までの水運は難しかったようだ。久しぶりの京都なので上賀茂神社、下鴨神社、仁和寺、鹿苑寺、最後に京都国立博物館の国宝展に寄れば、31日から始まった長谷川等伯の松林図屏風にお目にかかることができました。<br /><br /> ・文明は奈良発京都経由でやってきた<br /><br /> ・追いかけて京の夕べに残し秋<br /><br /> ・排除してやがて悲しや排除され <ユリ子><br /><br />https://4travel.jp/travelogue/10659829この春京都<br /> https://4travel.jp/travelogue/10626367京都秋<br /> https://4travel.jp/travelogue/10626685<br /> https://4travel.jp/travelogue/10626919<br />写真集「いい町一人旅Ⅷ」完成

◎京都、国宝展で等伯に会う

11いいね!

2017/10/29 - 2017/10/31

17306位(同エリア37094件中)

旅行記グループ 京都・奈良

0

12

悠遊人(ゆうゆうじん)

悠遊人(ゆうゆうじん)さん

(写真は下鴨神社)
奈良をなんどか歩いて気が付いた。遺跡巡りとはいわば墓場巡りである。遺跡とは一つの文明の墓場であり、多くの頭蓋骨が数えようのない喜怒哀楽と共にが埋まっている。とても観光気分などで行ける所ではないのだ。
 今回ずっと奈良にいるつもりだったが、台風22号を逃れ、急遽奈良から京都へ向かう。途中の木津川、宇治川とも流れは急で水量も多く、古代琵琶湖までの水運は難しかったようだ。久しぶりの京都なので上賀茂神社、下鴨神社、仁和寺、鹿苑寺、最後に京都国立博物館の国宝展に寄れば、31日から始まった長谷川等伯の松林図屏風にお目にかかることができました。

 ・文明は奈良発京都経由でやってきた

 ・追いかけて京の夕べに残し秋

 ・排除してやがて悲しや排除され <ユリ子>

https://4travel.jp/travelogue/10659829この春京都
 https://4travel.jp/travelogue/10626367京都秋
 https://4travel.jp/travelogue/10626685
 https://4travel.jp/travelogue/10626919
写真集「いい町一人旅Ⅷ」完成

同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
新幹線 JRローカル 徒歩 バニラエア
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 東寺 雨の五重塔 <br /> 真言宗の根本道場であり、総本山でもある。<br />紅葉には少し早かったが、講堂の立体曼荼羅はぜひ本物を見ておきたい。ちょうど台風22号の大雨の最中、現存する最大の五重塔に向かう。(かつては奈良東大寺に巨大な七重の塔があった)ここは不思議なことに金堂の薬師如来と講堂に大日如来が本尊として並立することになる。これはすでにあった東寺を、時の嵯峨天皇から空海が勅賜されたため、講堂に新たに大日如来を中心とした真言密教の世界を現わしたことによると思われる。

    東寺 雨の五重塔 
     真言宗の根本道場であり、総本山でもある。
    紅葉には少し早かったが、講堂の立体曼荼羅はぜひ本物を見ておきたい。ちょうど台風22号の大雨の最中、現存する最大の五重塔に向かう。(かつては奈良東大寺に巨大な七重の塔があった)ここは不思議なことに金堂の薬師如来と講堂に大日如来が本尊として並立することになる。これはすでにあった東寺を、時の嵯峨天皇から空海が勅賜されたため、講堂に新たに大日如来を中心とした真言密教の世界を現わしたことによると思われる。

  • 上賀茂神社<br /> 本殿は工事中であった。京都最古の神社であるが、そもそもは下鴨神社と共に古代賀茂氏の氏神を祀る神社であり、ここは厄除けの効能があるという。手前の岩が「岩上」という強力なパワースポットであるらしい。縁結びの片岡社もある。

    上賀茂神社
     本殿は工事中であった。京都最古の神社であるが、そもそもは下鴨神社と共に古代賀茂氏の氏神を祀る神社であり、ここは厄除けの効能があるという。手前の岩が「岩上」という強力なパワースポットであるらしい。縁結びの片岡社もある。

  • 上賀茂神社<br /> 簡素な雰囲気で、落ち着ける神社でした。<br />京都観光の宿としては四条烏丸が便利、また足はバス1日券¥500が有効です。

    上賀茂神社
     簡素な雰囲気で、落ち着ける神社でした。
    京都観光の宿としては四条烏丸が便利、また足はバス1日券¥500が有効です。

  • 下鴨神社<br /> 上賀茂神社からバスで20分ほど。食や事始め、縁結びの神さまのようで、その体の参拝者が目立つ。かつては亰の貴族が紙札に恋歌をしたためてはこの小川に流したのであろうか。想像したより粋な存在感がありました。<br />

    下鴨神社
     上賀茂神社からバスで20分ほど。食や事始め、縁結びの神さまのようで、その体の参拝者が目立つ。かつては亰の貴族が紙札に恋歌をしたためてはこの小川に流したのであろうか。想像したより粋な存在感がありました。

  • 下鴨神社<br /> 杜に囲まれ、内部は相当に広い。奈良や京都は寺に比べ神社は少ない。もともと神道においては山や岩、巨木などをご神体としたので社はなかったのだ。さらに天皇家、藤原家の権威が確立すれば新しい神社は造れないのだろう。

    下鴨神社
     杜に囲まれ、内部は相当に広い。奈良や京都は寺に比べ神社は少ない。もともと神道においては山や岩、巨木などをご神体としたので社はなかったのだ。さらに天皇家、藤原家の権威が確立すれば新しい神社は造れないのだろう。

  • 川合神社<br /> 杜の中には隣接して川合神社がある。「美」の神様とかで女性の参拝者が多かった。写真は鏡絵馬一枚一枚が化粧した女人の顔である。

    川合神社
     杜の中には隣接して川合神社がある。「美」の神様とかで女性の参拝者が多かった。写真は鏡絵馬一枚一枚が化粧した女人の顔である。

  • 川合神社<br /> 鴨長明の庵があった。長明の父はこの神社の禰宜(ねぎ)であったようだが、早くして亡くなり、長明はその後あまり恵まれず、隠遁生活に入ったようだ。この庵は後に隠遁先から移築したものだろう。<br /><br /> <ゆく河の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず・・・<br />めまぐるしく移り変わりゆく様は現代も同じか

    川合神社
     鴨長明の庵があった。長明の父はこの神社の禰宜(ねぎ)であったようだが、早くして亡くなり、長明はその後あまり恵まれず、隠遁生活に入ったようだ。この庵は後に隠遁先から移築したものだろう。

     <ゆく河の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず・・・
    めまぐるしく移り変わりゆく様は現代も同じか

  • 金閣寺<br /> やはり外人さんには圧倒的人気のようだ。そういえば奈良や京都には神社仏閣はたくさんあるのに、時の権力者のハデな宮殿というものがみあたらない。外人さんには金閣寺が時の権力者の別荘のように映るのか

    金閣寺
     やはり外人さんには圧倒的人気のようだ。そういえば奈良や京都には神社仏閣はたくさんあるのに、時の権力者のハデな宮殿というものがみあたらない。外人さんには金閣寺が時の権力者の別荘のように映るのか

  • 仁和寺<br /> どっしりとした仁王門はいつ見てもすばらしい。そこにあるべき門両側の金剛力士もいい。しっかりと役目を果たしている

    仁和寺
     どっしりとした仁王門はいつ見てもすばらしい。そこにあるべき門両側の金剛力士もいい。しっかりと役目を果たしている

  • 仁和寺 鐘楼<br /> 五重塔もある。紅葉がすでに始まっている。<br /> 

    仁和寺 鐘楼
     五重塔もある。紅葉がすでに始まっている。
     

  • 仁和寺 仁王門<br />●京都も地形的には奈良に非常によく似ている。風水からみればより理想に近い地形といえる。さらに地質構造を言えば、その生成は琵琶湖や大阪湾、伊勢湾でさえ似ているともいえるのだ。京都盆地もかつては頻繁に洪水に襲われた土地であったにちがいない。そのため古い寺社ほど盆地の縁辺部に集中することになる。ただ古いとはいえ、巨大古墳が林立するほど古くはない。さらに大陸との交流は敦賀から琵琶湖を利用することにより(瀬戸内を押さえられても)可能である。

    仁和寺 仁王門
    ●京都も地形的には奈良に非常によく似ている。風水からみればより理想に近い地形といえる。さらに地質構造を言えば、その生成は琵琶湖や大阪湾、伊勢湾でさえ似ているともいえるのだ。京都盆地もかつては頻繁に洪水に襲われた土地であったにちがいない。そのため古い寺社ほど盆地の縁辺部に集中することになる。ただ古いとはいえ、巨大古墳が林立するほど古くはない。さらに大陸との交流は敦賀から琵琶湖を利用することにより(瀬戸内を押さえられても)可能である。

  • 京都国立博物館<br /> ちょうど今日から国宝展第三部が始まり、長谷川等伯の「松林図屏風」が展示された。そのせいか入るのに70分待たされた。他に思っていたよりはるかに小さかった漢委奴国王金印、縄文埴輪、源氏物語絵巻、源頼朝像、天目茶碗、牧谿の絵などがよかった。等伯の息子久蔵の桜屏風もあった。展示物は100%国宝である。<br /><br />※今回の奈良・京都7日間費用概算<br /> ・LCC&新幹線、その他交通費 ¥20,000<br /> ・ホテル6泊4朝食 ¥45,000<br /> ・入場料、拝観料¥10,000  <br /><br /> 合計 ¥75,000ほど   

    京都国立博物館
     ちょうど今日から国宝展第三部が始まり、長谷川等伯の「松林図屏風」が展示された。そのせいか入るのに70分待たされた。他に思っていたよりはるかに小さかった漢委奴国王金印、縄文埴輪、源氏物語絵巻、源頼朝像、天目茶碗、牧谿の絵などがよかった。等伯の息子久蔵の桜屏風もあった。展示物は100%国宝である。

    ※今回の奈良・京都7日間費用概算
     ・LCC&新幹線、その他交通費 ¥20,000
     ・ホテル6泊4朝食 ¥45,000
     ・入場料、拝観料¥10,000  

     合計 ¥75,000ほど   

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

京都の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集