防府旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ご朱印めぐり~天満宮編です。御朱印帳は太宰府天満宮のものを使用しています。<br />本来、天神とは国津神に対する天津神のことであり特定の神の名ではありませんでしたが、菅原道真没後すぐに、天満大自在天神という神格で祀られ、道真の神霊に対する信仰が天神信仰として広まっています。 <br />日本三大天神(日本三菅廟)<br />天満宮は一般的に太宰府天満宮と北野天満宮の両社が総本社とされ、この2社が入るのが一般的ですが3社目は色々な説があります。<br />①北野天満宮(京都府京都市上京区)<br />②太宰府天満宮(福岡県太宰府市)<br />③防府天満宮(山口県防府市)<br />⑦亀戸天神社(東京都江東区)<br />④荏柄天神社(神奈川県鎌倉市)<br />⑤和歌浦天満宮(和歌山県和歌山市)<br />この他にも大阪天満宮、曽根天満宮などが日本三大天神と呼ばれています。<br />江戸三大天神<br />⑥湯島天満宮(東京都文京区)<br />⑦亀戸天神社(東京都江東区)<br />⑧平河天満宮(東京都千代田区)<br />⑨五條天神社(東京都台東区)<br />関東三大天神<br />⑥湯島天満宮(東京都文京区)<br />⑦亀戸天神社(東京都江東区)<br />⑨谷保天満宮(東京都国立市)<br />名古屋三大天神<br />【未訪問】上野天満宮(愛知県名古屋市千種区)<br />⑭桜天神社(愛知県名古屋市中区)<br />⑮山田天満宮(愛知県名古屋市北区)<br /><br />※参拝、御朱印頂いた都度、更新していきます

御朱印めぐり~天満宮

51いいね!

2017/04/13 - 2020/11/08

3位(同エリア118件中)

旅行記グループ 御朱印めぐり

0

22

+mo2

+mo2さん

ご朱印めぐり~天満宮編です。御朱印帳は太宰府天満宮のものを使用しています。
本来、天神とは国津神に対する天津神のことであり特定の神の名ではありませんでしたが、菅原道真没後すぐに、天満大自在天神という神格で祀られ、道真の神霊に対する信仰が天神信仰として広まっています。
日本三大天神(日本三菅廟)
天満宮は一般的に太宰府天満宮と北野天満宮の両社が総本社とされ、この2社が入るのが一般的ですが3社目は色々な説があります。
①北野天満宮(京都府京都市上京区)
②太宰府天満宮(福岡県太宰府市)
③防府天満宮(山口県防府市)
⑦亀戸天神社(東京都江東区)
④荏柄天神社(神奈川県鎌倉市)
⑤和歌浦天満宮(和歌山県和歌山市)
この他にも大阪天満宮、曽根天満宮などが日本三大天神と呼ばれています。
江戸三大天神
⑥湯島天満宮(東京都文京区)
⑦亀戸天神社(東京都江東区)
⑧平河天満宮(東京都千代田区)
⑨五條天神社(東京都台東区)
関東三大天神
⑥湯島天満宮(東京都文京区)
⑦亀戸天神社(東京都江東区)
⑨谷保天満宮(東京都国立市)
名古屋三大天神
【未訪問】上野天満宮(愛知県名古屋市千種区)
⑭桜天神社(愛知県名古屋市中区)
⑮山田天満宮(愛知県名古屋市北区)

※参拝、御朱印頂いた都度、更新していきます

旅行の満足度
4.0

PR

  • ①北野天満宮(京都市上京区)<br />福岡県太宰府市の太宰府天満宮とともに天神信仰の中心で、当社から全国各地に勧請が行われています。また近年は学問の神として多くの受験生らの信仰を集めています。

    ①北野天満宮(京都市上京区)
    福岡県太宰府市の太宰府天満宮とともに天神信仰の中心で、当社から全国各地に勧請が行われています。また近年は学問の神として多くの受験生らの信仰を集めています。

    北野天満宮 寺・神社

  • ②太宰府天満宮(福岡県太宰府市)<br />京都の北野天満宮とともに全国天満宮の総本社とされています。右大臣であった菅原道真は大宰府に左遷され、翌々年に同地で死去しました。その死後、道真の遺骸を安楽寺に葬ろうとすると葬送の牛車が同寺の門前で動かなくなったため、これはそこに留まりたいのだという道真の遺志によるものと考え、同寺の境内に廟を建立しています。「道真の祟り」以降、道真の墓所の上に社殿を造営しており、太宰府天満宮となっています。<br />

    ②太宰府天満宮(福岡県太宰府市)
    京都の北野天満宮とともに全国天満宮の総本社とされています。右大臣であった菅原道真は大宰府に左遷され、翌々年に同地で死去しました。その死後、道真の遺骸を安楽寺に葬ろうとすると葬送の牛車が同寺の門前で動かなくなったため、これはそこに留まりたいのだという道真の遺志によるものと考え、同寺の境内に廟を建立しています。「道真の祟り」以降、道真の墓所の上に社殿を造営しており、太宰府天満宮となっています。

    太宰府天満宮 寺・神社

  • ③防府天満宮(山口県防府市)<br />菅原道真が、九州の大宰府に流されていく道筋での宿泊地の一つが防府であり、道真が亡くなった翌年の延喜2年(904年)に創建されたことより「日本最初に創建された天神様」を名乗っています。<br />一般的には上記3社をもって日本三大天神と言われています。

    ③防府天満宮(山口県防府市)
    菅原道真が、九州の大宰府に流されていく道筋での宿泊地の一つが防府であり、道真が亡くなった翌年の延喜2年(904年)に創建されたことより「日本最初に創建された天神様」を名乗っています。
    一般的には上記3社をもって日本三大天神と言われています。

    防府天満宮 寺・神社

  • ④荏柄天神社(神奈川県鎌倉市)<br />北野天満宮と太宰府天満宮に続き、防府天満宮と代わって数えられる事のある日本三天神が鎌倉の「荏柄天神社」。古くは源頼朝が鎌倉の鬼門を守る守護の社として保護したとも言われています。

    ④荏柄天神社(神奈川県鎌倉市)
    北野天満宮と太宰府天満宮に続き、防府天満宮と代わって数えられる事のある日本三天神が鎌倉の「荏柄天神社」。古くは源頼朝が鎌倉の鬼門を守る守護の社として保護したとも言われています。

    荏柄天神社 寺・神社

    日本三天神に数えられることもある荏柄天神社 by +mo2さん
  • ⑤和歌浦天満宮(和歌山県和歌山市)<br />菅原道真が大宰府に向かう途中、海上の風波を避けるために和歌浦に船を停泊しています。その時、神社が鎮座する天神山から和歌の浦を望み、2首の歌を詠んでおり、のちにその地に社殿を建て道真の神霊を勧進して祀ったのが始まりとされています。こちらは大宰府天満宮・北野天満宮と共に日本三菅廟と呼ばれているそうです。

    ⑤和歌浦天満宮(和歌山県和歌山市)
    菅原道真が大宰府に向かう途中、海上の風波を避けるために和歌浦に船を停泊しています。その時、神社が鎮座する天神山から和歌の浦を望み、2首の歌を詠んでおり、のちにその地に社殿を建て道真の神霊を勧進して祀ったのが始まりとされています。こちらは大宰府天満宮・北野天満宮と共に日本三菅廟と呼ばれているそうです。

    和歌浦天満宮 寺・神社

  • ⑥湯島天満宮(東京都文京区)<br />古来より江戸・東京における代表的な天満宮。境内の梅の花も有名です。<br />江戸時代における江戸の代表的な3つの天満宮「江戸三大天神」の1つ。また関東三大天神の1つでもあります。

    ⑥湯島天満宮(東京都文京区)
    古来より江戸・東京における代表的な天満宮。境内の梅の花も有名です。
    江戸時代における江戸の代表的な3つの天満宮「江戸三大天神」の1つ。また関東三大天神の1つでもあります。

    湯島天満宮 寺・神社

  • ⑦亀戸天神社(東京都江東区)<br />太宰府天満宮の分霊で、旧称「東宰府天満宮」<br />日本三大天神の1つとして数えられることもありますし、江戸三大天神、関東三大天神の1つ。<br />

    ⑦亀戸天神社(東京都江東区)
    太宰府天満宮の分霊で、旧称「東宰府天満宮」
    日本三大天神の1つとして数えられることもありますし、江戸三大天神、関東三大天神の1つ。

    亀戸天神社 寺・神社

  • ⑧平河天満宮(東京都千代田区)<br />創建は文明10年(1478年)江戸平河城城主太田道灌が、菅原道真の霊夢により城内の梅林坂上に当社を創建しています。

    ⑧平河天満宮(東京都千代田区)
    創建は文明10年(1478年)江戸平河城城主太田道灌が、菅原道真の霊夢により城内の梅林坂上に当社を創建しています。

    平河天満宮 寺・神社

  • ⑨五條天神社(東京都台東区)<br />上野公園にある神社。社伝によれば、日本武尊が東征のおりに大己貴命と少彦名命を上野忍が岡に祀ったものとされています。正確には亀戸天神社は江戸の外であるため、代わりに五條天神を江戸三大天神に入れる場合もあります。

    ⑨五條天神社(東京都台東区)
    上野公園にある神社。社伝によれば、日本武尊が東征のおりに大己貴命と少彦名命を上野忍が岡に祀ったものとされています。正確には亀戸天神社は江戸の外であるため、代わりに五條天神を江戸三大天神に入れる場合もあります。

    五條天神社 寺・神社

  • 五條天神社の御朱印(2)<br />

    五條天神社の御朱印(2)

  • ⑩谷保天満宮(東京都国立市)<br />東日本最古の天満宮。社伝によると、903年(延喜3年)に菅原道真の三男・道武が、父を祀る廟を建てたことに始まるといいます。

    ⑩谷保天満宮(東京都国立市)
    東日本最古の天満宮。社伝によると、903年(延喜3年)に菅原道真の三男・道武が、父を祀る廟を建てたことに始まるといいます。

    谷保天満宮 寺・神社

    Yaho天満宮 by +mo2さん
  • 谷保天満宮の御朱印帳

    谷保天満宮の御朱印帳

    谷保天満宮 寺・神社

    Yaho天満宮 by +mo2さん
  • ⑪成子天神社(東京都新宿区西新宿)<br />創建は延喜3年、菅原道真の死去を嘆き悲しんだ家臣が、道真の像を配流先の大宰府から持ち帰り祀ったのが始まりであるといいいます。その後、鎌倉時代に源頼朝により社殿が造営されました。江戸時代に入ると、将軍徳川家光から土地を下賜された春日局が勧請したそうです。見開きの御朱印ですが、コロナ禍ということもあり、書置き対応でした。

    ⑪成子天神社(東京都新宿区西新宿)
    創建は延喜3年、菅原道真の死去を嘆き悲しんだ家臣が、道真の像を配流先の大宰府から持ち帰り祀ったのが始まりであるといいいます。その後、鎌倉時代に源頼朝により社殿が造営されました。江戸時代に入ると、将軍徳川家光から土地を下賜された春日局が勧請したそうです。見開きの御朱印ですが、コロナ禍ということもあり、書置き対応でした。

    成子天神社 寺・神社

    力強い御朱印 by +mo2さん
  • ⑫蛍雪天神(東京都新宿区)<br />赤城神社の境内社。戦災で焼失した北野神社を、旺文社の寄付により再興したもの。蛍雪天神の名は『螢雪時代』に由来し、受験生の合格を祈願します。

    ⑫蛍雪天神(東京都新宿区)
    赤城神社の境内社。戦災で焼失した北野神社を、旺文社の寄付により再興したもの。蛍雪天神の名は『螢雪時代』に由来し、受験生の合格を祈願します。

    赤城神社 寺・神社

  • ⑬静岡天満宮(静岡県静岡市葵区)<br />まだ安倍川の経路が定まらなかった頃、流れの中にひときわ目立つ石があり、それが天の神の降臨する所として祀られるあいだに、いつしか川中天神と呼ばれるようになったそうです。それが後に天神信仰と習合し菅原道真を祀るようになったようです。

    ⑬静岡天満宮(静岡県静岡市葵区)
    まだ安倍川の経路が定まらなかった頃、流れの中にひときわ目立つ石があり、それが天の神の降臨する所として祀られるあいだに、いつしか川中天神と呼ばれるようになったそうです。それが後に天神信仰と習合し菅原道真を祀るようになったようです。

  • ⑭桜天神社(名古屋市中区)<br />織田信長の父・信秀が北野天満宮から菅原道真の木像を勧請して那古野城に設けた祠に奉ったのが始まりとされます。

    ⑭桜天神社(名古屋市中区)
    織田信長の父・信秀が北野天満宮から菅原道真の木像を勧請して那古野城に設けた祠に奉ったのが始まりとされます。

    桜天神社 寺・神社

  • ⑮山田天満宮(名古屋市北区)<br />尾張徳川家二代目藩主徳川光友が尾張藩の学問祈願所ならびに名古屋城の鬼門守護神として太宰府天満宮から菅原道真の神霊を勧請し社殿を創建したものです。

    ⑮山田天満宮(名古屋市北区)
    尾張徳川家二代目藩主徳川光友が尾張藩の学問祈願所ならびに名古屋城の鬼門守護神として太宰府天満宮から菅原道真の神霊を勧請し社殿を創建したものです。

    山田天満宮 寺・神社

    名古屋三天神の1つ山田天満宮(金神社も合祀されています) by +mo2さん
  • ⑯長良天神神社(岐阜県岐阜市)<br />寛正年間(1460年~1466年)、斎藤利藤が斎藤氏の氏神として建立しています。

    ⑯長良天神神社(岐阜県岐阜市)
    寛正年間(1460年~1466年)、斎藤利藤が斎藤氏の氏神として建立しています。

  • ⑰飛騨天満宮(岐阜県高山市)<br />飛騨権掾であった菅原兼茂が父親の菅原道真が大宰府で亡くなったことを聞き、祠を建て、自らの手で彫った木像を祀ったのが始まりだそうです。

    ⑰飛騨天満宮(岐阜県高山市)
    飛騨権掾であった菅原兼茂が父親の菅原道真が大宰府で亡くなったことを聞き、祠を建て、自らの手で彫った木像を祀ったのが始まりだそうです。

    飛騨天満宮 寺・神社

  • ⑱錦天満宮(京都市中京区)<br />京の台所として知られる錦市場の東の端にあり、学業に加え商売繁盛も御利益に謳われています。

    ⑱錦天満宮(京都市中京区)
    京の台所として知られる錦市場の東の端にあり、学業に加え商売繁盛も御利益に謳われています。

    錦天満宮 寺・神社

  • ⑲露天神社(大阪府大阪市北区)<br />この地はかつて曾根崎洲という大阪湾に浮ぶ孤島で、そこに「住吉住地曾根神」と祀っていたとされます。また、元禄16年(1703年)に堂島新地天満屋の遊女「お初」と内本町平野屋の手代「徳兵衛」が「天神の森」にて心中を遂げました。近松門左衛門が、この二人の悲恋を人形浄瑠璃『曽根崎心中』として発表したところ、当時の大きな話題となり、事件の神社は一躍有名となり、そのヒロインである「お初」の名前から以後今日に至るまで「お初天神」と通称されています。

    ⑲露天神社(大阪府大阪市北区)
    この地はかつて曾根崎洲という大阪湾に浮ぶ孤島で、そこに「住吉住地曾根神」と祀っていたとされます。また、元禄16年(1703年)に堂島新地天満屋の遊女「お初」と内本町平野屋の手代「徳兵衛」が「天神の森」にて心中を遂げました。近松門左衛門が、この二人の悲恋を人形浄瑠璃『曽根崎心中』として発表したところ、当時の大きな話題となり、事件の神社は一躍有名となり、そのヒロインである「お初」の名前から以後今日に至るまで「お初天神」と通称されています。

    難波神明社 (露天神社) 名所・史跡

  • ⑳滝宮天満宮(香川県綾歌郡綾川町)<br />菅原道真は886年(仁和2年)から890年(寛平2年)の間、讃岐守として讃岐国に赴任しています。かつて讃岐国国司の官舎が存在していた場所に滝宮天満宮は鎮座しています。

    ⑳滝宮天満宮(香川県綾歌郡綾川町)
    菅原道真は886年(仁和2年)から890年(寛平2年)の間、讃岐守として讃岐国に赴任しています。かつて讃岐国国司の官舎が存在していた場所に滝宮天満宮は鎮座しています。

    滝宮駅

51いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

御朱印めぐり

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

防府の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集