安中・妙義旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 鉄道を主にした乗り鉄の旅、今回は、埼玉県朝霞市から寄居町、そこから八高線に乗り群馬県高崎市へ、そして群馬県西部の峠のふもと、安中市横川にある、鉄道文化村を目的地にした。<br /> 横川というのは、急こう配で有名だった碓氷峠のふもと、信越本線の駅、実質的な終着駅で、ここには信越線碓氷峠越えを記念した鉄道のテーマパークがある。機関車の体験運転やミニ列車、かつての信越線横軽区間を利用したトロッコ列車などがあり、機関車の展示数が豊富。<br /> 八高線は、単線非電化のローカル線で、埼玉県では唯一の電化されていない路線になった。寄居から高崎まで北関東の風景をディーゼルカーに乗車した。<br /> 横川駅はシーズン中にSL列車も運転されるし、周囲は街道沿いの小さな町に峠の釜飯で有名な食堂などもある。群馬と西埼玉ののどかな風情を味わってきた。

八高線と横川の鉄道文化むら紀行

6いいね!

2016/08/05 - 2016/08/06

175位(同エリア295件中)

0

47

 鉄道を主にした乗り鉄の旅、今回は、埼玉県朝霞市から寄居町、そこから八高線に乗り群馬県高崎市へ、そして群馬県西部の峠のふもと、安中市横川にある、鉄道文化村を目的地にした。
 横川というのは、急こう配で有名だった碓氷峠のふもと、信越本線の駅、実質的な終着駅で、ここには信越線碓氷峠越えを記念した鉄道のテーマパークがある。機関車の体験運転やミニ列車、かつての信越線横軽区間を利用したトロッコ列車などがあり、機関車の展示数が豊富。
 八高線は、単線非電化のローカル線で、埼玉県では唯一の電化されていない路線になった。寄居から高崎まで北関東の風景をディーゼルカーに乗車した。
 横川駅はシーズン中にSL列車も運転されるし、周囲は街道沿いの小さな町に峠の釜飯で有名な食堂などもある。群馬と西埼玉ののどかな風情を味わってきた。

旅行の満足度
3.5
観光
3.5
ホテル
3.5
グルメ
4.0
交通
3.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
新幹線 JRローカル 私鉄
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
楽天トラベル

PR

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集