ハノイ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
歴史博物館からオペラを抜けてホアンキエム湖周辺の観光を続けます。ベトナムの地名をカタカナ表記するとピンと来ませんが漢字表記するとその意味が良く分かります。簡単に調べる方法としては「越南 旅遊 指南」で検索すると中国の旅行会社のHPを開いていくと地名が漢字表記されているので面白いです。ハノイだと河内(カワチではありません。)、町の東側に川が流れているのでイメージが湧くと思います。ハロン湾のある港町ハイフォンは海口。ホアンキエムは還剣です。伝説の亀に剣を還す話と繋がります。湖をぐるりと周って大聖堂を観た後はショッピングになり、蓮茶を買ったりドンスアン市場までブラブラ散歩しました。

灼熱!河内之旅(6)ハノイの還剣湖(ホアンキエム湖)の玉山祠(ゴックソン)を参拝し、大聖堂周辺を歩く。

6いいね!

2012/05/09 - 2012/05/17

2760位(同エリア4026件中)

kojikoji

kojikojiさん

歴史博物館からオペラを抜けてホアンキエム湖周辺の観光を続けます。ベトナムの地名をカタカナ表記するとピンと来ませんが漢字表記するとその意味が良く分かります。簡単に調べる方法としては「越南 旅遊 指南」で検索すると中国の旅行会社のHPを開いていくと地名が漢字表記されているので面白いです。ハノイだと河内(カワチではありません。)、町の東側に川が流れているのでイメージが湧くと思います。ハロン湾のある港町ハイフォンは海口。ホアンキエムは還剣です。伝説の亀に剣を還す話と繋がります。湖をぐるりと周って大聖堂を観た後はショッピングになり、蓮茶を買ったりドンスアン市場までブラブラ散歩しました。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.5
ショッピング
4.5
交通
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 観光バス タクシー 徒歩 バイク 飛行機
航空会社
ベトナム航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • オペラからソフィテル・メトロポールホテルを抜けて先に進みます。メトロポールは滞在を含めて別の旅行記で紹介します。

    オペラからソフィテル・メトロポールホテルを抜けて先に進みます。メトロポールは滞在を含めて別の旅行記で紹介します。

  • 公園から通りを渡るとフランス植民地時代の建築の中でもひときわ美しい迎賓館が建っています。元々はトンキン理事長官官邸として、建築家オーギュスト・アンリ・ヴィルデュによって設計されたそうです。切り立った屋根が特徴のマンサード建築ですが、玄関ポーチにキャノピーが設けられ、美しさに優雅さを兼ね備えています。

    公園から通りを渡るとフランス植民地時代の建築の中でもひときわ美しい迎賓館が建っています。元々はトンキン理事長官官邸として、建築家オーギュスト・アンリ・ヴィルデュによって設計されたそうです。切り立った屋根が特徴のマンサード建築ですが、玄関ポーチにキャノピーが設けられ、美しさに優雅さを兼ね備えています。

  • さらに北側へ進むと通りの反対側に旧インドシナ銀行が見えてきます。建築家ジョルジュ・トローブの設計で、1930年に建てられました。外観は伝統にとらわれないモダニズム様式ですが、内装には幾何学形態を強調したアール・デコ様式の装飾が各所に施され、八角窓にはベトナム伝統建築の装飾も用いられています。

    さらに北側へ進むと通りの反対側に旧インドシナ銀行が見えてきます。建築家ジョルジュ・トローブの設計で、1930年に建てられました。外観は伝統にとらわれないモダニズム様式ですが、内装には幾何学形態を強調したアール・デコ様式の装飾が各所に施され、八角窓にはベトナム伝統建築の装飾も用いられています。

  • 旧インドシナ銀行の正面は李太祖(リー・タイトー)公園です。洒落た東屋(八角堂)が残っています。だいぶくたびれてはいますが出来たころは美しい建物だったと想像できます。この建物も八卦を現わす八角形です。

    旧インドシナ銀行の正面は李太祖(リー・タイトー)公園です。洒落た東屋(八角堂)が残っています。だいぶくたびれてはいますが出来たころは美しい建物だったと想像できます。この建物も八卦を現わす八角形です。

  • 帝位についたリー・コンウアンはリー・タイトー(李太祖)と呼ばれ、都をホアルー(華閭)から遷都しました。遷都については有名な伝説が残っています。リー・タイトーの船団が紅川のこの地に近づいた時に黄金の龍が現れて天高く飛び、皇帝はこれを吉兆としてその地をタンロンと名付けました。龍は王の象徴であり、都がいつまでも栄えるようにとの願いが込められました。<br /><br />

    帝位についたリー・コンウアンはリー・タイトー(李太祖)と呼ばれ、都をホアルー(華閭)から遷都しました。遷都については有名な伝説が残っています。リー・タイトーの船団が紅川のこの地に近づいた時に黄金の龍が現れて天高く飛び、皇帝はこれを吉兆としてその地をタンロンと名付けました。龍は王の象徴であり、都がいつまでも栄えるようにとの願いが込められました。

  • ラムソンで蜂起したレー・ロイ(黎利)は、10年にわたって民族独立を目指して明に対して抗戦を続けました。苦戦を強いられていた時に川で漁をしていた男が一本の刀身を引き上げます。何度捨てても網に掛かる刀身を携えて、レー・ロイの軍に加わりその刀身を差し出します。レー・ロイが森の中で見つけた剣の柄と組み合わせてみるとぴったりあったので、「この剣は神が授けたもの」と信じ、自らの腰に着けることにしました。それから連戦連勝となり、遂に明からの独立を勝ち取りました。王位に就いて後、レー・ロイがホアンキエム湖を遊覧していると、突然1匹の大亀が姿を現われ、王が剣を引き抜くと、亀はすぐさま剣を口にくわえ水の中に消え去ってしまいます。王は「あれはやはり国を救うために神が私に授けて下さった神剣で、神の使いの亀がそれを取り戻しに来たのだ。」と納得したというお話です。<br />

    イチオシ

    ラムソンで蜂起したレー・ロイ(黎利)は、10年にわたって民族独立を目指して明に対して抗戦を続けました。苦戦を強いられていた時に川で漁をしていた男が一本の刀身を引き上げます。何度捨てても網に掛かる刀身を携えて、レー・ロイの軍に加わりその刀身を差し出します。レー・ロイが森の中で見つけた剣の柄と組み合わせてみるとぴったりあったので、「この剣は神が授けたもの」と信じ、自らの腰に着けることにしました。それから連戦連勝となり、遂に明からの独立を勝ち取りました。王位に就いて後、レー・ロイがホアンキエム湖を遊覧していると、突然1匹の大亀が姿を現われ、王が剣を引き抜くと、亀はすぐさま剣を口にくわえ水の中に消え去ってしまいます。王は「あれはやはり国を救うために神が私に授けて下さった神剣で、神の使いの亀がそれを取り戻しに来たのだ。」と納得したというお話です。

  • 水上人形劇で必ず演じられる内容でしたが、建都1000年祭で演目が変わった水上人形劇からこの話は削除されています。3年前にサイゴンで観た時は入っていました。

    水上人形劇で必ず演じられる内容でしたが、建都1000年祭で演目が変わった水上人形劇からこの話は削除されています。3年前にサイゴンで観た時は入っていました。

  • まだこの湖には巨大な亀が住んでいます。2011年4月に捕獲された亀は(実際はシャンハイハナスッポン)重さ200キロを超えていたそうです。

    まだこの湖には巨大な亀が住んでいます。2011年4月に捕獲された亀は(実際はシャンハイハナスッポン)重さ200キロを超えていたそうです。

  • 玉山祠(ゴックソン)に着きました。入り口の門に書かれた赤い文字「禄」と「福」はベトナムの著名な儒教学者グエン・ヴァン・ズーさんの字だそうです。この赤い文字をはさむように黒字で縦書きにされているのは、対聯(ツイレン)といい、左右一対となった詩文です。ここには学問の境地に遊ぶ喜び人材育成の重要性などの儒教思想が書かれています。<br />

    玉山祠(ゴックソン)に着きました。入り口の門に書かれた赤い文字「禄」と「福」はベトナムの著名な儒教学者グエン・ヴァン・ズーさんの字だそうです。この赤い文字をはさむように黒字で縦書きにされているのは、対聯(ツイレン)といい、左右一対となった詩文です。ここには学問の境地に遊ぶ喜び人材育成の重要性などの儒教思想が書かれています。

  • 更に進むと龍と虎がお出迎えです。ここには科挙で合格した人の名前を貼りだしていたこともあるそうです。

    更に進むと龍と虎がお出迎えです。ここには科挙で合格した人の名前を貼りだしていたこともあるそうです。

  • 龍の体は細かいタイルで鱗を現わしています。フエの王宮や遠くバンコクの暁の寺院まで思い出させる手法です。

    龍の体は細かいタイルで鱗を現わしています。フエの王宮や遠くバンコクの暁の寺院まで思い出させる手法です。

  • またキッチュなデザインは香港のタイガーバームガーデンやレパレスベイのお寺を思い出します。

    またキッチュなデザインは香港のタイガーバームガーデンやレパレスベイのお寺を思い出します。

  • 硯台と書かれた門の上には、実際に硯が載せられています。 旧暦の5月5日には隣にある筆塔の先端の影が硯の上に落ちると言われているそうですが、木々が茂っていてそんな影が出来そうには見えません。

    硯台と書かれた門の上には、実際に硯が載せられています。 旧暦の5月5日には隣にある筆塔の先端の影が硯の上に落ちると言われているそうですが、木々が茂っていてそんな影が出来そうには見えません。

  • その門の裏側には「善」と「悪」の文字が見えます。真中に立たれてしまいましたが、本当はもう少し左に立ってもらって笑いを取りたかったのです。

    その門の裏側には「善」と「悪」の文字が見えます。真中に立たれてしまいましたが、本当はもう少し左に立ってもらって笑いを取りたかったのです。

  • 玉山祠の門を潜ると湖畔に出ます。

    玉山祠の門を潜ると湖畔に出ます。

  • いつも賑わっている印象がありますが…。

    いつも賑わっている印象がありますが…。

  • 玉山祠には文・武・医の神である文昌帝君と関聖帝君(関羽)、呂祖と陳興道が祀られています。<br />

    玉山祠には文・武・医の神である文昌帝君と関聖帝君(関羽)、呂祖と陳興道が祀られています。

  • 橋の名前テーフック(旭棲)と書かれています。ここからの眺めも格別です。湖の上を渡る風が気持ち良いです。この橋が出来る前は船で渡っていたそうです。

    橋の名前テーフック(旭棲)と書かれています。ここからの眺めも格別です。湖の上を渡る風が気持ち良いです。この橋が出来る前は船で渡っていたそうです。

  • 赤く塗られた棲旭橋を渡り三つ目の門「得月樓」に向かいます。中国の蘇州の三大名店の一つが同じ名前のレストランだったと思い出しました。<br /><br />

    赤く塗られた棲旭橋を渡り三つ目の門「得月樓」に向かいます。中国の蘇州の三大名店の一つが同じ名前のレストランだったと思い出しました。

  • ようやく島に入りました。風月という文字の先にシティ・ビュー・カフェの入ったホンガイ通り近くのビルが望めます。

    ようやく島に入りました。風月という文字の先にシティ・ビュー・カフェの入ったホンガイ通り近くのビルが望めます。

  • 堂内に置かれている大亀の剥製です。これは絶対にすっぽんです。亀がこんなに大きくなる訳が無いし見るからに美味しそうです。実際シャンハイハナスッポンという数百キロになる種類があるそうです。

    堂内に置かれている大亀の剥製です。これは絶対にすっぽんです。亀がこんなに大きくなる訳が無いし見るからに美味しそうです。実際シャンハイハナスッポンという数百キロになる種類があるそうです。

  • 50を過ぎるとどんな所でもお参り出来る所はお参りしていきます。お願いすることがいろいろ多くなります。

    50を過ぎるとどんな所でもお参り出来る所はお参りしていきます。お願いすることがいろいろ多くなります。

  • 漆塗りのこの馬が気に入りました。関羽が祭られているので赤兎馬でしょうか?勝手な解釈でそう思いました。<br />

    イチオシ

    漆塗りのこの馬が気に入りました。関羽が祭られているので赤兎馬でしょうか?勝手な解釈でそう思いました。

  • こちらも最初に見たときは還剣の亀かと思いましたが、書物と刀を背に乗せた文武両道を尊ぶ儒教の考えを示しているようです。

    こちらも最初に見たときは還剣の亀かと思いましたが、書物と刀を背に乗せた文武両道を尊ぶ儒教の考えを示しているようです。

  • 八卦を乗せた麒麟の姿も見えます。

    八卦を乗せた麒麟の姿も見えます。

  • 何とも風情のあるお土産物店です。ハノイ市内でもこれだけの風情のある店はもう少ないでしょう。

    何とも風情のあるお土産物店です。ハノイ市内でもこれだけの風情のある店はもう少ないでしょう。

  • ここまで大人しく観光していた妻ですが、攻守交替でお買いものタイムです。とは言え初日に一度下見しているので特に買うものは無いようでした。ガイドブックに載っているシルク店はほとんど入りましたが、涼みに入ったようなものでした。

    ここまで大人しく観光していた妻ですが、攻守交替でお買いものタイムです。とは言え初日に一度下見しているので特に買うものは無いようでした。ガイドブックに載っているシルク店はほとんど入りましたが、涼みに入ったようなものでした。

  • この店は2人とも真剣に見ました。可愛い1歳の姪にお土産を買うからです。店の女の子を巻き込んで刺繍の可愛いのを買いました。上下セットで1,500円くらいと信じられないくらい安いです。

    この店は2人とも真剣に見ました。可愛い1歳の姪にお土産を買うからです。店の女の子を巻き込んで刺繍の可愛いのを買いました。上下セットで1,500円くらいと信じられないくらい安いです。

  • ニャートー通りを抜けるとハノイ大教会に当たります。この辺りの店もずいぶん変わったようで、お土産物屋は小洒落たカフェになっているし、バイタクがたむろしていた店も雰囲気が変わっていました。

    ニャートー通りを抜けるとハノイ大教会に当たります。この辺りの店もずいぶん変わったようで、お土産物屋は小洒落たカフェになっているし、バイタクがたむろしていた店も雰囲気が変わっていました。

  • 残念ながらミサの最中の様で中には入れませんでした。

    残念ながらミサの最中の様で中には入れませんでした。

  • 裏手の壁には東方三博士のレリーフがありました。

    裏手の壁には東方三博士のレリーフがありました。

  • 遠目に見る町並みは変わっていません。

    遠目に見る町並みは変わっていません。

  • 次はドンホー(東胡)版画の店に向かいます。途中に古いけれど立派なコロニアル風の建物がありました。路上ではホットトック営業中です。ハノイではホットトックですが、サイゴンではカットトックと言います。違いは何?と地元の人に聞くとハノイは標準語でサイゴンは方言だとのことでした。オイゾイオイ!

    イチオシ

    次はドンホー(東胡)版画の店に向かいます。途中に古いけれど立派なコロニアル風の建物がありました。路上ではホットトック営業中です。ハノイではホットトックですが、サイゴンではカットトックと言います。違いは何?と地元の人に聞くとハノイは標準語でサイゴンは方言だとのことでした。オイゾイオイ!

  • 版画は大きい物の方が良いのだけれど、版画だけに同じ物が何枚もあります。それを1枚20ドルとか言われても…。1枚か2枚は大判を買おうと意気込んでいたのですが、結果は10年前に買いそびれたお土産用のセットの大小を買うに止まりました。

    版画は大きい物の方が良いのだけれど、版画だけに同じ物が何枚もあります。それを1枚20ドルとか言われても…。1枚か2枚は大判を買おうと意気込んでいたのですが、結果は10年前に買いそびれたお土産用のセットの大小を買うに止まりました。

  • 飛騨高山の山桜神社の馬頭絵馬市の手書きの絵でもそんなにしないと考えたら買えませんでした。初日に沙巴(サパ)の少数民族の女性を描いた絵を2枚買っていたせいかもしれません。

    飛騨高山の山桜神社の馬頭絵馬市の手書きの絵でもそんなにしないと考えたら買えませんでした。初日に沙巴(サパ)の少数民族の女性を描いた絵を2枚買っていたせいかもしれません。

  • 更に買い物は続きます。ガイドブックで有名なフンセンです。10年前にも蓮茶を買っていったのに妻は全く興味を持ちませんでしたが、自分が来るとなると興味津津です。更に心臓に良いと聞くとお義父さんへのお土産も決まりです。店主のハイさんからいろいろ話を聞きながらジャスミンと菊茶も買う事にしました。パフュームパゴダツアーではキャッサバ粉しか見つかりませんでしたが、この店にあったのは本葛粉でした。(まだ確認していませんが。)キャッサバ?て聞くと「ノー!葛。」そして、「あと2週間もしたらこの店の中は蓮の花だらけだよ。そのころ戻っておいでよ。」と言われたけれどその頃はカンボジアです。残念。

    更に買い物は続きます。ガイドブックで有名なフンセンです。10年前にも蓮茶を買っていったのに妻は全く興味を持ちませんでしたが、自分が来るとなると興味津津です。更に心臓に良いと聞くとお義父さんへのお土産も決まりです。店主のハイさんからいろいろ話を聞きながらジャスミンと菊茶も買う事にしました。パフュームパゴダツアーではキャッサバ粉しか見つかりませんでしたが、この店にあったのは本葛粉でした。(まだ確認していませんが。)キャッサバ?て聞くと「ノー!葛。」そして、「あと2週間もしたらこの店の中は蓮の花だらけだよ。そのころ戻っておいでよ。」と言われたけれどその頃はカンボジアです。残念。

  • ハイさんに「ドンスアン市場に行きたいのだけど。道を教えて。」と頼むと分かりやすい道を教えてくれました。途中竹細工の店やら鉄工所など下町風情楽しみます。

    ハイさんに「ドンスアン市場に行きたいのだけど。道を教えて。」と頼むと分かりやすい道を教えてくれました。途中竹細工の店やら鉄工所など下町風情楽しみます。

  • 昔この近くに大きな家具店があったよなと思いだしましたが、近年のガイドブックには全く載っていないので無いのでしょう。毎日のように通った骨董品の店もどこだったか思いだせません。

    昔この近くに大きな家具店があったよなと思いだしましたが、近年のガイドブックには全く載っていないので無いのでしょう。毎日のように通った骨董品の店もどこだったか思いだせません。

  • 10分ほどで道に迷わずドンスアン市場に到着です。途端に周辺は賑わい人もたくさんです。

    10分ほどで道に迷わずドンスアン市場に到着です。途端に周辺は賑わい人もたくさんです。

  • 中に入るとすぐに観光客向けの店は少ないと感じました。時間もあまりなかったので簡単にぐるりと回っただけですが。

    中に入るとすぐに観光客向けの店は少ないと感じました。時間もあまりなかったので簡単にぐるりと回っただけですが。

  • サイゴンのベンタイン市場と違って現代的な、中国の地方都市でよく見かけるような市場です。

    サイゴンのベンタイン市場と違って現代的な、中国の地方都市でよく見かけるような市場です。

  • 観光客向けの商品は少ないとは言え、入り口近くの店でハンガイ通りの高級シルク店で売っているテディベアが半額だったり、うまく見つければ良い買い物が出来ると思います。が、あるか無いか分からない商品を探しにここまで来るかという疑問は残りますが。

    観光客向けの商品は少ないとは言え、入り口近くの店でハンガイ通りの高級シルク店で売っているテディベアが半額だったり、うまく見つければ良い買い物が出来ると思います。が、あるか無いか分からない商品を探しにここまで来るかという疑問は残りますが。

  • 3日間のハノイ滞在を終えて4泊5日のサパツアーに向かいます。ハノイには残り1泊を残すだけとなりました。灼熱の旅はまだまだ続きます。

    3日間のハノイ滞在を終えて4泊5日のサパツアーに向かいます。ハノイには残り1泊を残すだけとなりました。灼熱の旅はまだまだ続きます。

この旅行記のタグ

関連タグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ベトナムで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベトナム最安 340円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベトナムの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集