鎌倉 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 鎌倉市扇ヶ谷4にある伝阿仏尼墓の奥の御前谷にはやぐらがあり、中の墓石の1つが阿仏尼の墓だと伝えられていると英勝寺の住職(尼さん)から聞いた。<br /> 伝阿仏尼墓の並びにほとんど埋もれたかなり幅のあるやぐらがあり、それを過ぎると御前谷に入る道がある。道の崖沿いには3つ程度のやぐらがみられる。この御前谷も廃寺跡で智岸寺(尼寺)か、智岸寺か英勝寺の塔頭でもあったのであろう。<br /> 最初の大きなやぐらは間口約4.5m奥行き3m?3.5m、奥壁幅約3m、高さ約2.5mといった台形をしており、奥壁には「‥幽‥氏墓」(卜幽軒氏墓?)と彫られている。中には人見氏の墓などが建ち、右奥の角には五輪塔が2基並んでいる。<br /> しかし、やぐらは鎌倉時代から室町時代の初めに造られ、近世になって再利用されたのである。<br /> 人見氏とは水戸藩士であり、儒学者として「大日本史」の編纂に携わった。これらの墓石は人見卜幽(ひとみぼくゆう)(慶長4年(1599年)~寛文10年(1670年))とその養子となった人見懋斎(ひとみぼうさい)(寛永15年(1638年)~元禄9年(1696年))のそれである。水戸黄門で知られる水戸光圀が19歳の時には、上京した侍読・人見卜幽を通じて冷泉為景と知り合い、以後頻繁に交流があった。阿仏尼は冷泉家の祖・為相の生みの親であり、「十六夜日記」の作者として知られる。寛政2年(1790年)に人見家の墓を建てた人見養斎とはこの子孫であろう。水戸徳川家を檀那とする栄勝寺には江戸時代に檀家などはなく、水戸藩士の墓石が2代に亘って建てられているのは阿仏尼の墓を守ってのことであろうか?<br />(表紙写真は阿仏尼墓と寺伝されるやぐら)

伝阿仏尼墓奥のやぐら(鎌倉市扇ヶ谷4)

1いいね!

2012/02/19 - 2012/02/19

4492位(同エリア5398件中)

0

23

 鎌倉市扇ヶ谷4にある伝阿仏尼墓の奥の御前谷にはやぐらがあり、中の墓石の1つが阿仏尼の墓だと伝えられていると英勝寺の住職(尼さん)から聞いた。
 伝阿仏尼墓の並びにほとんど埋もれたかなり幅のあるやぐらがあり、それを過ぎると御前谷に入る道がある。道の崖沿いには3つ程度のやぐらがみられる。この御前谷も廃寺跡で智岸寺(尼寺)か、智岸寺か英勝寺の塔頭でもあったのであろう。
 最初の大きなやぐらは間口約4.5m奥行き3m?3.5m、奥壁幅約3m、高さ約2.5mといった台形をしており、奥壁には「‥幽‥氏墓」(卜幽軒氏墓?)と彫られている。中には人見氏の墓などが建ち、右奥の角には五輪塔が2基並んでいる。
 しかし、やぐらは鎌倉時代から室町時代の初めに造られ、近世になって再利用されたのである。
 人見氏とは水戸藩士であり、儒学者として「大日本史」の編纂に携わった。これらの墓石は人見卜幽(ひとみぼくゆう)(慶長4年(1599年)~寛文10年(1670年))とその養子となった人見懋斎(ひとみぼうさい)(寛永15年(1638年)~元禄9年(1696年))のそれである。水戸黄門で知られる水戸光圀が19歳の時には、上京した侍読・人見卜幽を通じて冷泉為景と知り合い、以後頻繁に交流があった。阿仏尼は冷泉家の祖・為相の生みの親であり、「十六夜日記」の作者として知られる。寛政2年(1790年)に人見家の墓を建てた人見養斎とはこの子孫であろう。水戸徳川家を檀那とする栄勝寺には江戸時代に檀家などはなく、水戸藩士の墓石が2代に亘って建てられているのは阿仏尼の墓を守ってのことであろうか?
(表紙写真は阿仏尼墓と寺伝されるやぐら)

PR

この旅行記のタグ

1いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

鎌倉(神奈川) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集