旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ココアさんのトラベラーページ

ココアさんの旅行記全88 »

旅行記をもっと見る

ココアさんの写真全5,190 »

  • イチオシ写真

    エリア: ローヌアルプ地方

  • イチオシ写真

    一階部はお土産屋さんのBoutiqueになっています。Coup d'C...

    エリア: ローヌアルプ地方

  • イチオシ写真

    さて、ちょっと歩けば、村のランドマークである、イヴォワール城が見える路...

    エリア: ローヌアルプ地方

  • イチオシ写真

    そうです、沢山のクマが、その前で待ってくれているお店です。http:/...

    エリア: ローヌアルプ地方

  • イチオシ写真

    二つ目の部屋。子供は、左下の帽子を被ったクマさんが欲しかったのですが、...

    エリア: ローヌアルプ地方

  • イチオシ写真

    ホテルの中へ、いつまでも子供が入って来ないので、変だなと思っていたら、...

    エリア: ローヌアルプ地方

  • イチオシ写真

    街のお散歩の続きです。この街で、最もお花が綺麗だったお家には、この大き...

    エリア: ローヌアルプ地方

  • イチオシ写真

    すると、湖畔のホテル・レストランが見えてきます。ここは、ショコラさんが...

    エリア: ローヌアルプ地方

写真をもっと見る

ココアさんのクチコミ全0 »

ココアさんのQ&A

回答(11件)

  • フランクフルトのホテルと観光地

    今年、フランスへ行ったついでに、帰りの経由地であるフランクフルトで
    2泊する事になりました。
    フランクフルトに滞在するのは初めてです。

    フランクフルトに昼頃到着して、
    2泊しますので1日半...もっと見る

    この回答は0人の人に役立ちました

    • 回答日:2012/01/25 20:03:42
    • 回答者: ココアさん
    • 経験:あり

    はじめまして。
    フランクフルトにも、戦禍を逃れて、中世のままの木組みの家々や、お城、宮殿が残っている「観光」というか「街歩き」に最適なスポットがあります。日本語で「ヘキスト」と呼ばれるエリアです。フランクフルトのハイライトです。Hoechst、正確には「oe」はウムラウトoなので、「オ」の口の形で「エ」と発音すると習いましたが、「ヘーヒスト」とドイツ人に言っても伝わりませんでした。「ホーヒスト」と発音するのが良いみたいです。
    因みに、フランクフルトでは、「ゲーテ」が有名ですが、これもウムラウトoなので、「ゲーテ」と言っても伝わりません。「ゴーテ」と発音する方が通じます。
    「ヘキスト(発音はホーヒスト)」の街の見所は、わたしの旅行記で、2回紹介しています。
    http://4travel.jp/traveler/lopear/album/10343932/
    http://4travel.jp/traveler/lopear/album/10378678/
    木組みの家々に囲まれた「Hoechster Schlossplatz(ホーヒスター・シュロスプラッツ)」にある、「Zum Baren」というレストランには、日本語のメニューもありました。この広場には、お城が面しています。
    この広場は、Google Mapに、50.09876,8.547739と入力すれば直ぐに判ります。綺麗な木組みの家が並ぶBurggrabenという路地は、50.098477,8.546644です。プードルの看板を掲げる木組みの家があるBrandという路地は、50.099885,8.547884となり、ボロンガロ宮殿は、50.09952,8.5496です。
    「Frankfurt-Hoechst」駅には、フランクフルトの繁華街中心地のメインステーションである、「Hauptwache」地下駅から(近距離用赤色電車の)S Bahnでたったの13分です。
    ヘキストは、マイセンと並んで、超高級陶器で有名です。双方の製品とも、フランクフルト市内のショップで売られています

    街中の散策には、強くHauptwache駅周辺かKonstablerwache駅周辺のホテルをお薦めします。
    67万人の小さな街ですが、Hauptwache駅を日本に例えると「新宿」で、Konstablerwache駅があえて「池袋」といったところでしょうか。この二つの駅の間には、Zeilという歩行者天国があり、ショッピングの中心地であり、徒歩でも僅か7分です。Konstablerwacheには、カールシュタット、Hauptwacheには、ガレリア・カウフホフというデパートがあり、ドイツといえば、シュタイフも有名ですが、双方のおもちゃ売り場でのシュタイフの白タグは充実しています(我が家がコレクターなもので)。各デパートの地階が、各種お土産を買うのに良いかも(各種チョコも充実)。
    HauptwacheからKonstablerwacheに歩き始めると、最新総合ショッピングビルのMy Zeilがあるので必見です。
    Hauptwacheには、アルプスの少女ハイジが上ったカタリーナ教会があります。
    これら4つのポイントは、私の次の旅行記で紹介していますので、参考になれば幸いです。http://4travel.jp/traveler/lopear/album/10636470/
    この旅行記内には、街中のランドマークでもある4つの見張り塔もアップしています。

    ホテルは、Konstablerwache駅至近ならば、The Westin Grand Frankfurt(Konrad-Adenauer-Straße 7)、もう少し安い所がよければ、Westinからもう少し北へ歩いたNH Frankfurt City(ANAキャビンアテンダント定宿、Vilbeler Strasse, 2)もあります。アットホームな小さなLiV'iN Hotel & Residence Seilerstrasse(Seilerstr. 16-18, Zentrum-Altstadt)もKonstablerwache駅へ徒歩圏内です。Hauptwacheに最寄のホテルならば、Hauptwache駅から一駅真北に、「Eschenheimer Tor」駅がありますが、その付近に、Hilton Frankfurtがあり、Hauptwacheまで歩いていけます。Eschenheimer Torには、Eschenheimer Turmというランドマークである塔があり、この手の市壁塔では最も高い塔なので必見です(一階部はカフェ)。

    なお、Hauptwacheから西隣の駅である「Alte Oper」までも、歩行者天国で、"Fressgass"あるいは"Grosse Bockenheimer Strasse"という通りです。レストランが多いです。Alte OperからKonstablerwacheまでをぶらぶらするだけで半日は潰れます。なお、"Fressgass"のひとつ南に平行する路地がゲーテ通り(ゴーテシュトラッセ)で、ルイヴィトン、エルメス、プラダ、フェらがもなどが並んでいて、ショッピングのメッカです。

    レーマー広場にある、市庁舎や木組みの家々は、戦後の再建で本物ではないですが、レーマー付近にあるドームは、爆撃を受けながらも、倒壊を逃れた本物です。歴史的には非常に重要で、1152年以来神聖ローマ帝国皇帝の選挙が行われ、1562年から皇帝戴冠式も行われたそうです。レーマー広場からちょっと南へ歩くと直ぐにマイン川畔で、快晴の日のお散歩に最適です。歩行者専用の橋Eiserner Stegがあります。歩行者専用橋の上、対岸からの眺めは良い感じで、下記の旅行記に快晴の川の写真をアップしていますのでご参考になれば。http://4travel.jp/traveler/lopear/album/10428819/
    歩行者専用橋の東にある、アルテ橋(Alte Bruecke)から川越しに観る午後のドームが絵になります。ドーム周辺の新しい建物が取り壊されています。将来、付近を、当時を再現して、レーマー広場とセットで、世界遺産の認定を得ようと市が目論んでいると聞きました。

    フランクフルト、ブログと入力すれば、フランク在住の主婦の方々のブログが沢山ヒットします。日本人の間で評価されているお店やカフェ、レストラン情報が沢山得られますよ。

    ココア

  • 寒波

    ドイツの寒波はいつから始まったのでしょう。
    いつまで続くんでしょうか?服装に困る。

    norudenauにはジャンパー、コートも必要?
    避暑地は寒すぎる・・・
    winterbergの天気予報...もっと見る

    この回答は0人の人に役立ちました

    • 回答日:2011/07/27 11:36:04
    • 回答者: ココアさん
    • 経験:あり

    ドイツは、雨天の日であっても、日本みたいに一日中雨が降り続く事は滅多にないので、天気予報で、行かれる街の、その日の降雨が一番多い時間帯と、止んでいる時間帯を知っておくと、雨が止んでいるであろう時間帯に、観光のハイライトの場所に行くアレンジが出来ます。
    また、夏でも夜はかなり冷え込むので、上着は必須です。なので時間毎の気温と風向を知る事も必要です。
    さらには、同じエリアでも、村が変わるだけで、かなりお天気が変わりますので、細かく村ごとのお天気まで表示されるサイトが必要です。例えばフランクフルト空港付近を車で通過する際は、マイン川があるせいか、強い雨をよく経験します。

    わたしの場合、次のサイトを利用しています。http://www.yr.no/place/Germany/
    小さな街でも、街名を入れて、Searchをクリックしますと、その地区特有のお天気が、(ドイツに限らず)世界中調べられます。Hour by hourをクリックすれば、時間毎のお天気、気温、風向が判り、また、Long termをクリックすれば、一週間先まで判ります。ただ、西欧は、数日先の天気予報も、毎日変わるので、当日の朝、最終チェックが必要となります。このサイト、ドイツやフランスのアルザスでよく利用してきた範囲では、朝出掛けに観た、雨天の時間帯予報は正確に当たっています。

    今年の西欧は、4月と5月が毎日快晴で暑く、実質の夏だったみたいで、6月から7月は、原っぱの草や、麦畑は枯れた色に変わってしまいました。先日観たぶどう畑、すっかり秋色になった葉っぱもみました。
    昨年は4月と5月が寒くて雨天・曇天で冬みたいな日も経験しましたが6月からかなり暑くなりました。今年はその逆で、6月から急に気候が悪化して、ずっと長袖シャツで過ごしている位です。W杯決勝の夜も、エキサイトしているにも関わらず、スタジアムはかなり寒かった程、今月の夜は肌寒いです。
    例年でも8月ともなると十分涼しい(日本から来れば肌寒い)ので、8月のご旅行なら、事前の気温予報で、服装ご留意下さい。

    ココア

    【参考URL】http://www.yr.no/place/Germany/

  • ドイツ5泊7日旅行を計画しています。

     5泊7日でドイツを旅行したいと思っています。ジャーマンレイルパス(1等5日間)を持っているので、最大限、利用したいと思っています。一応、旅程を考えてみたのですが、この街なら、ココのホテルがいいとか、...もっと見る

    この回答は0人の人に役立ちました

    • 回答日:2011/06/10 01:43:30
    • 回答者: ココアさん
    • 経験:あり

    タヌキ猫さん、下記ご参考になれば。

    初日、フランクフルトに泊まるのであれば、中央駅前に沢山有る小さめの各ホテルが便利で安いですが、これまで幾度も泊まりましたが、決して綺麗だとか、リッチな感じの良いホテルはありません。駅前にあるアイリッシュ・パブは夜遅くまで、一種の若者向けカラオケ(ステージに上って歌う)で、結構へたくちょな人達が歌いまくっていて、煩くて眠り難いです。フランクフルトに泊まるのであれば、ツウならば、中央駅からU Bahnという地下鉄で移動して、U Bahnの各駅に最寄の各種ホテルに泊まるのが懸命です。
    リューデスハイムに泊まるのであれば、如何にも100%観光客の街でして、街にいる多くの人がアメリカ人・中国人観光客です。ドイツ語は必要無く、どこのお店・ホテルでも英語で通じるのが観光客には利点。とっても小さな街で、色んな観光客向け屋外テーブルが一杯のレストランでワインをガブ飲みしながら過ごすならこちらがベストです。(観光客向けの街なので、ドイツ100%の街ではありません。)
    マインツに泊まるならば、ガラッと雰囲気が変わります。マインツ大空襲で破壊された街なので、戦後の新しい街です。生活の街で、観光色ゼロでして、治安は最高です。夜、出歩いている人がいないところが、生活の街らしい所です。いかにもヨーロッパという雰囲気の、静かな街です。街の夜景は美しいです(ライン川に掛かる橋だとか、ライトアップされた、各ランドマーク的な建物や教会が綺麗)。相当大きな街なので、歩いての移動には、かなり時間を要しますのでご注意を。もし、観るならば、ザンクトシュテファン教会と、ごく限られた数ですが、古い木組みの家屋が残っているKIRCHGARTENというエリアを観るだけにして、二日目のライン川エリアには、もっと見所が沢山詰まっているので、そちらに時間を掛けた方が良いです。

    ライン川下りは、時間の掛からない、下りの船にして、帰りの上り(電車でしょうが)、途中、バッハラッハの街に寄られる事を強くお薦めします。ライン川エリアで最も、中世のドイツらしい雰囲気を醸し出していて、かつリューデスハイムみたいに、いかにも観光客向けといった色彩が無い街だからです。多くの日本人をバッハラッハにお連れしましたが、やはり、ローテンブルクよりもこっちの街の方がいいじゃないかという感想を、皆さんから頂きました。勿論、お土産屋さんもあります。塔が立ち並ぶ、厳かな雰囲気もあります。葡萄畑の斜面に見晴らし塔から、お城を見上げ、街とライン川を俯瞰すると最高です。街の殆どが中世の木組みの家で、どの家も窓辺を飾る花が素晴らしいです。
    ボッパルト(Boppart)のリフトに乗って、ライン川の大蛇行を俯瞰するのももう一つの手かも。朝一からライン川下りをすれば、ボッパルトとバッハラッハ双方に立ち寄る時間は何とかつくれるかもしれません。

    ハイデルベルクに立ち寄る事、時間を考えると悩ましいですね。街の入り口から、お城までは、目抜き通りのハウプト通りを行きますが、この大通りは、新宿・伊勢丹通りみたいに(あそこまでのビル群が立つ大通りではありませんが)買い物客でごった返していて、買い物にお店に立ち寄ろうものなら、あっという間に時間が経過しますのでご注意下さい。お城まではかなり遠いです。
    ハイデルベルクでの時間は最小限にして、少しでも早くローテンブルクに入られる事をお薦めします。各お土産屋さんに立ち寄る時間が無くなるからです。ドイツは、どのお店も19時には閉まりますから。ローテンブルクでは、市庁舎の塔にも登って街を眺めて観て下さい。これも結構時間を費やします。
    ローテンブルクで、個人で泊まる場合のホテルでは、昔Romantik Hotel Markusturmに泊まって良かったです。ローテンブルクの街の象徴と言えるマルクス塔にくっ付いて建っているホテルなので、それだけで、ローテンブルクを満喫した気になれますから。
    http://www.markusturm.de/?cid=43&language=en
    ローテンブルクは大戦で、街の4割以上が破壊されました。このマルクストゥルム辺りも戦後の再建の筈ですが、各国からの寄付で、この街は見事に中世の趣を復築しています。多くの木組みの家々のお店が、見事に花で飾っているので、見応え十分です。また、鉄看板の充実度も、他の街を抜きん出ています。
    ミュンヘンの時間もたっぷりととられた方が良いでしょう。個人的にどの街がドイツで見事か、食事が一番か、と聞かれたら、迷う事無くミュンヘンと答えます。やっぱり、マリエン広場は見応え十分。各街の市庁舎に設けられているラーツケラーは、安くて美味しい郷土料理が食べれるとのイメージですが、正直不味いラーツケラーもあります。ですが、ミュンヘンのラーツケラーは、(値段高めですが)十分美味しい位、ミュンヘンの食事は良いですよ。そして、新市庁舎の前に建つ、ペーター教会の塔には是非登って下さい。ここから俯瞰する、新市庁舎と街並みが一番美しいです。ただ、新市庁舎のからくり時計が始まる前には、この塔に人が殺到するからご注意下さい。からくり時計が始まる前に降りようとしても、登ってくる人が一杯でなかなか降りられず、時間のロスとなります。また、塔の上に留まろうとしても、あそこはとても狭くて。。。

    ドイツは、日曜日は、大抵のお店は閉まっています(観光地の夏場だけ開けています)。レストランは日曜日を開けている所が多い反面、月曜日はお休みが多いので注意が必要です。日曜日の教会は大抵サービスタイムで、地元の人達がお祈りをしているので(午前中一杯の所が多いかな)、一般客が入るのは良くない事なので、旅程を考える時、そういった点もお気をつけ下さい。

    ココア

回答をもっと見る

質問(1件)

  • Hotel Le Marechal宿泊経験者の方教えて下さい

    • 質問日時:2009/02/24 01:49:27
    • 締切:2009/03/06
    • 緊急度:早めに!
    • 回答数:1件

    コルマールの街並みの定番でもある当ホテルですが、過日、クリスマスの時にコルマールを散策していましたら、沢山の白クマのぬいぐるみで屋根が飾られていました。雑誌の特集を見ていると、当ホテルは相当敷居が高いのかなぁと懸念していたのですが、その装飾志向から、女性や子供までもターゲットにしているのかとも勝手に想像しました。
    我が家の娘は小学生なのですが、ここに泊まるのは常識的に考えて許容されるレベルのなのでしょうか、ご教授下さい。(欧州での外食には連れて出ておりますので、最低限のテーブルマナーは習得しています。)実は、下記の情報を観ると、子供は場違いと書かれているコメントが結構あり、やはりまずいのかなぁと悩んでおります。
    http://france-tourisme.net/hotel-list-colmar/marechal.htm
    Booking.comからの予約では、子連れ条件で予約が取れるのですが。。。また、子供連れの場合、ベッドで添い寝だと狭いのでしょうか。エキストラベッド依頼の方が賢明なのか悩みます。当ホテルへメールで質問しましたところ、犬の宿泊はOKと即返信が来ました。ただ、子供についての質問は、何も言及がなされませんでした。
    フランスのホテルでの常識的行為について疎いものですので、是非ともお教え下さい。

ココアさん

ココアさん 写真

8国・地域渡航

0都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

ココアさんにとって旅行とは

綺麗な風景を観て、純粋に感動すること

自分を客観的にみた第一印象

内緒だけど、実はナマケモノ

大好きな場所

フランス;(1)アルザス − コルマール、ストラスブール、リボーヴィレ、リクヴィル、ケゼルスベール(カイゼルスベルク)、エギスアイム、ニーデルモルシュヴィル、オベルネ、ヴィッサンブール。(2)なんといってもアヌシー。(3)レマン湖畔のイヴォワール。(3)ロワールのお城と街、特に、ショーモン城、シュノンソー城、ユッセ城。(4)ランス・ノートルダム大聖堂とシャルトル大聖堂は格別に素晴らしい、モン・サン=ミシェル修道院も結構良いかも。

イタリア: カプリ島、アマルフィー海岸(ポジターノ)、アルベロベッロ、ヴェネチア(およびムラーノ島とブラーノ島)。

ドイツ: (1)ヘッセン州やバーデン・ヴュルテンベルク州の、平原や丘の風景、そこに拡がる、緑の畑・草原、そして、どこまでも続く桜の花や菜の花。
(2)ラインラント=プファルツ州南部の、アルザスに接するエリアの、どこまでも連なる丘や菜の花畑。
(3)ドイツ木組みの家街道の街。
(4)ベルクシュトラーセの小さな街・村(ヘッペンハイムなど)。
(5)オーデンの森の街(ヴェルトハイム、ミッヒェルシュタット、Gross-Umstadt、Heubachなど)。
(6)バーデン・ヴュルテンベルク州の、Gengenbachやエスリンゲンなど。

ポルトガル: 食事は世界一日本人の口に合うのでは。オビドスとシントラは、こじんまりとして、平和で、最高でした。

ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタル、ポチテリ、素敵な所でした。ドゥブロヴニクの街の俯瞰も良いけれど、モンテネグロのコトルもたまりませんね。

チュニジアのジェルバ島も、かなりお気に入りとなりました。

スイス: レマン湖畔のラヴォー地区の景観は、いつまでもじっと見入っていたいですね。

ベルギー: 神秘の「ブルーベルの森」(アルの森)、ブルージュやディナンも美しいですね。

大好きな理由

木骨組作りの家々やお花などに囲まれたり、南イタリア特有の、海の青とレモンの黄色に象徴される色を感じながら穏やかな海岸の田舎の風景の中に居るのが至福の時

行ってみたい場所

フランスのサン・シルク・ラポピーやコルド・シュル・シエル

現在8の国と地域に訪問しています

現在0都道府県に訪問しています