耶馬溪・中津・玖珠旅行記(ブログ) 一覧に戻る
1日目は、新鳥栖駅前でレンタカーを借り、呼子の近くでイカの活き造りランチを頂いてから、広大な名護屋城城址、唐津城を訪れ、太宰府に泊まりました<br /><br />2日目は、太宰府天満宮に参拝してから、一度見てみたかった王塚装飾古墳群、中津城、宇佐神宮をまわり、杵築の旅館で美味しいオコゼをいただきました<br /><br />3日目は、杵築城、素敵な城下町を歩いてから、別府ロープウェイで山頂に向かい、由布岳などの景観を楽しんでから、湯布院の旅館に移動<br /><br />最終日は、雰囲気のある羅漢寺、古羅漢を訪れ、耶馬溪に移動して珍しい風景を眺め、最後に地球の歴史が生み出した奇岩の続く魔林峡、念仏橋、猿飛甌穴群を歩いてから、新鳥栖駅に戻りました<br /><br />北九州で訪れてみたかった場所を一筆書きで効率よくまわれ、良い旅となりました

北九州を巡る旅 Vol.2 大宰府、王塚装飾古墳、中津城、宇佐神宮

21いいね!

2021/04/05 - 2021/04/08

282位(同エリア542件中)

0

163

toroppe

toroppeさん

1日目は、新鳥栖駅前でレンタカーを借り、呼子の近くでイカの活き造りランチを頂いてから、広大な名護屋城城址、唐津城を訪れ、太宰府に泊まりました

2日目は、太宰府天満宮に参拝してから、一度見てみたかった王塚装飾古墳群、中津城、宇佐神宮をまわり、杵築の旅館で美味しいオコゼをいただきました

3日目は、杵築城、素敵な城下町を歩いてから、別府ロープウェイで山頂に向かい、由布岳などの景観を楽しんでから、湯布院の旅館に移動

最終日は、雰囲気のある羅漢寺、古羅漢を訪れ、耶馬溪に移動して珍しい風景を眺め、最後に地球の歴史が生み出した奇岩の続く魔林峡、念仏橋、猿飛甌穴群を歩いてから、新鳥栖駅に戻りました

北九州で訪れてみたかった場所を一筆書きで効率よくまわれ、良い旅となりました

旅行の満足度
5.0
観光
4.5
ホテル
5.0
グルメ
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 二日目<br /><br />太宰府から王塚装飾古墳、中津城、宇佐神宮を経由して杵築の旅館へ移動しました

    二日目

    太宰府から王塚装飾古墳、中津城、宇佐神宮を経由して杵築の旅館へ移動しました

  • 朝食はバイキング<br /><br />仕事で泊まっている人がほとんどでした<br /><br />スイスでよく食べるラウゲンロールのパンがあり驚きでした

    朝食はバイキング

    仕事で泊まっている人がほとんどでした

    スイスでよく食べるラウゲンロールのパンがあり驚きでした

    太宰府天然温泉ルートイングランティア太宰府 宿・ホテル

    2名1室合計 11,790円~

    コスパには見合わない内容かな by toroppeさん
  • 太宰府駅の近くのコインパーキングに車を駐車しました<br /><br />太宰府駅はデザインが楽しい<br /><br />早朝だったので学生が沢山出てきました

    太宰府駅の近くのコインパーキングに車を駐車しました

    太宰府駅はデザインが楽しい

    早朝だったので学生が沢山出てきました

    太宰府駅

  • 太宰府の街の説明<br /><br />菅原道真が左遷されて発展した街ですね

    太宰府の街の説明

    菅原道真が左遷されて発展した街ですね

  • 駅前の「天神さま通り」から<br /><br />太宰府天満宮に向かいました

    駅前の「天神さま通り」から

    太宰府天満宮に向かいました

  • まずは最初の鳥居をくぐります<br /><br />まだ人通りはほとんどありません

    まずは最初の鳥居をくぐります

    まだ人通りはほとんどありません

  • 梅ケ枝餅は太宰府の名物<br /><br />いくつものお店が通りにありました<br /><br />5個入りを買って後でいただきました

    梅ケ枝餅は太宰府の名物

    いくつものお店が通りにありました

    5個入りを買って後でいただきました

  • スターバックスが珍しいデザイン<br /><br />後で調べたら<br /><br />やはり隈研吾さんでした

    スターバックスが珍しいデザイン

    後で調べたら

    やはり隈研吾さんでした

    スターバックス コーヒー 太宰府天満宮表参道店 グルメ・レストラン

    隈研吾さんデザインの外観が目を引く by toroppeさん
  • 中も木がふんだんに使われてます<br /><br />帰りにカプチーノを買って行きました

    中も木がふんだんに使われてます

    帰りにカプチーノを買って行きました

  • 境内に入る鳥居<br /><br />近くにトイレもあります<br /><br />朝の掃除をしている人達が多かったです

    境内に入る鳥居

    近くにトイレもあります

    朝の掃除をしている人達が多かったです

    太宰府天満宮 寺・神社

    早朝の参拝がおすすめです by toroppeさん
  • 案内板<br /><br />予想以上に広大なので今回は全部は回れませんでした<br /><br />京都の北野天満宮よりかなり規模が大きいと感じました

    案内板

    予想以上に広大なので今回は全部は回れませんでした

    京都の北野天満宮よりかなり規模が大きいと感じました

  • まずは鳥居を入って右へ<br /><br />浮殿があります

    まずは鳥居を入って右へ

    浮殿があります

  • 鳥居をくぐった正面は<br /><br />御神牛<br /><br />学問の神様だけに<br /><br />頭ばかり撫でられて色が禿げてます

    鳥居をくぐった正面は

    御神牛

    学問の神様だけに

    頭ばかり撫でられて色が禿げてます

  • 御本殿に向かう参道の石鳥居

    御本殿に向かう参道の石鳥居

  • 石鳥居の説明<br /><br />約700年前の建立<br /><br />九州では最古です

    石鳥居の説明

    約700年前の建立

    九州では最古です

  • 太鼓橋<br /><br />なんともフォルムがいいですね

    太鼓橋

    なんともフォルムがいいですね

  • 心という字を形取った心字池<br /><br />亀もいました

    心という字を形取った心字池

    亀もいました

  • 太鼓橋と心字橋<br /><br />太鼓橋、直橋、太鼓橋の三つの神橋は<br /><br />過去、現在、未来を現しており<br /><br />渡る参拝者の三世の邪念を祓うようです<br />

    太鼓橋と心字橋

    太鼓橋、直橋、太鼓橋の三つの神橋は

    過去、現在、未来を現しており

    渡る参拝者の三世の邪念を祓うようです

  • 新緑の中を三つの橋を渡って歩くと<br /><br />御本殿に吸い込まれそうな空間でした

    新緑の中を三つの橋を渡って歩くと

    御本殿に吸い込まれそうな空間でした

  • 直橋と最後の太鼓橋の間には<br /><br />志賀社があります

    直橋と最後の太鼓橋の間には

    志賀社があります

  • 海上安全は昔は重要ですからね<br /><br />当時は金製金具をふんだんに使ってあったようです<br /><br />取手のところだけ金メッキ ? なってますね

    海上安全は昔は重要ですからね

    当時は金製金具をふんだんに使ってあったようです

    取手のところだけ金メッキ ? なってますね

  • 最後の鳥居をくぐって<br /><br />いよいよ御本殿へ<br />

    最後の鳥居をくぐって

    いよいよ御本殿へ

  • その前に左手に<br /><br />三角に積もっているのが気になりました<br /><br />「くすかき」<br /><br />千年樟(くす)が新芽を芽吹く春<br /><br />古い葉が落ちるのを集めるそうです<br /><br />一般人が参加できる日もあります

    その前に左手に

    三角に積もっているのが気になりました

    「くすかき」

    千年樟(くす)が新芽を芽吹く春

    古い葉が落ちるのを集めるそうです

    一般人が参加できる日もあります

  • 京都お寺でよく見かける箒の跡が美しい<br /><br />千年樟も見事です

    京都お寺でよく見かける箒の跡が美しい

    千年樟も見事です

  • 横には絵馬堂があります

    横には絵馬堂があります

  • 石碑がありましたが<br /><br />意味わからんし読めません

    石碑がありましたが

    意味わからんし読めません

  • 徳富蘇峰の詩碑でした

    徳富蘇峰の詩碑でした

  • 麒麟と鷽(うそ)像<br /><br />麒麟は大河ドラマでその名をあげましたね<br /><br />

    麒麟と鷽(うそ)像

    麒麟は大河ドラマでその名をあげましたね

  • 手水舎が綺麗に飾られてました<br /><br />季節ごとに花手水にするそうです

    手水舎が綺麗に飾られてました

    季節ごとに花手水にするそうです

  • 手水舎の岩が一枚岩とは驚き

    手水舎の岩が一枚岩とは驚き

  • 手水舎の奥にも御神牛があり<br /><br />コチラも頭はテカテカ<br /><br />私は脱臼したままの肩の痛みがマシになるよう<br /><br />さすっておきました

    手水舎の奥にも御神牛があり

    コチラも頭はテカテカ

    私は脱臼したままの肩の痛みがマシになるよう

    さすっておきました

  • いよいよ御本殿に向かう前の桜門(おうもん)<br /><br />以前が安楽寺天満宮という寺だった名残のようです<br /><br />表側は上下に屋根がある二重門<br /><br />裏側から見ると下層に屋根がない一重門<br /><br />という珍しい作り

    いよいよ御本殿に向かう前の桜門(おうもん)

    以前が安楽寺天満宮という寺だった名残のようです

    表側は上下に屋根がある二重門

    裏側から見ると下層に屋根がない一重門

    という珍しい作り

  • ようやく御本殿に向かいます<br /><br />長かったなぁー<br /><br />広いなぁー<br /><br />

    ようやく御本殿に向かいます

    長かったなぁー

    広いなぁー

  • 太宰府天満宮の説明<br /><br />祭神は<br /><br />言わずと知れた菅原道真公<br /><br />その亡骸の上に建てられていてます

    太宰府天満宮の説明

    祭神は

    言わずと知れた菅原道真公

    その亡骸の上に建てられていてます

  • 檜皮(ひわだ)ご奉賛のお願いがありました<br /><br />今度来るのはいつになるかわからないし<br /><br />一口させていただきました

    檜皮(ひわだ)ご奉賛のお願いがありました

    今度来るのはいつになるかわからないし

    一口させていただきました

  • 振り返ると<br /><br />桜門が一重だとわかります<br />

    振り返ると

    桜門が一重だとわかります

  • 御本殿に向かって右側に<br /><br />有名な「飛梅」があります

    御本殿に向かって右側に

    有名な「飛梅」があります

  • 梅が御神木というのもここだけでしょうね<br /><br />京都から飛んでくるとは・・・<br /><br />道真の無念さが伝わるエピソードです<br /><br />能ある鷹は爪隠さないと疎まれるのは(日本では)世の常

    梅が御神木というのもここだけでしょうね

    京都から飛んでくるとは・・・

    道真の無念さが伝わるエピソードです

    能ある鷹は爪隠さないと疎まれるのは(日本では)世の常

  • 宝物殿に映る新緑が綺麗<br /><br />時間がないので今回はパス<br /><br />あと通路を奥に行けばある九州国立博物館では<br /><br />「正倉院宝物展」を6月までやってるようなので<br /><br />それまでに再訪したいと思います<br /><br />1時間弱で駐車場に戻りました

    宝物殿に映る新緑が綺麗

    時間がないので今回はパス

    あと通路を奥に行けばある九州国立博物館では

    「正倉院宝物展」を6月までやってるようなので

    それまでに再訪したいと思います

    1時間弱で駐車場に戻りました

  • 太宰府から車で40分ほど走り<br /><br />王塚装飾古墳へ<br /><br />BSのTV番組で紹介されていて<br /><br />壁画ほかを見たくなりました<br /><br /><br /><br />

    太宰府から車で40分ほど走り

    王塚装飾古墳へ

    BSのTV番組で紹介されていて

    壁画ほかを見たくなりました



    王塚装飾古墳館 美術館・博物館

    古墳好きなら必見の装飾の数々 by toroppeさん
  • まずは王塚装飾古墳館へ入りました

    まずは王塚装飾古墳館へ入りました

  • 入って左側に展示物とビデオがあります<br /><br />1番と2番のビデオを見て予習

    入って左側に展示物とビデオがあります

    1番と2番のビデオを見て予習

  • 展示物も見て行きました

    展示物も見て行きました

  • 文様が可愛い

    文様が可愛い

  • 中に入るのは有料(大人330円:JAF会員なので270円でした)<br /><br />石室のレプリカが見たかったので<br /><br />入らないという選択肢はありません

    中に入るのは有料(大人330円:JAF会員なので270円でした)

    石室のレプリカが見たかったので

    入らないという選択肢はありません

  • 受付で入場料を支払い<br /><br />双脚輪状文のキーホルダーを購入

    受付で入場料を支払い

    双脚輪状文のキーホルダーを購入

  • 万華鏡みたいなトンネルを通って内部へ

    万華鏡みたいなトンネルを通って内部へ

  • 館内は撮影OKの所を過ぎると<br /><br />一部禁止になっています

    館内は撮影OKの所を過ぎると

    一部禁止になっています

  • 6世紀の頃に作られた古墳とのこと

    6世紀の頃に作られた古墳とのこと

  • 全国の装飾古墳の中で<br /><br />特別史跡に指定されているのは<br /><br />奈良県の高松塚古墳、キトラ古墳とコチラの3箇所のみ<br /><br />石室内の装飾は個人的にはコチラが一番素敵だと思います<br /><br />キーホルダーを買ったのはこのパネルの模様

    全国の装飾古墳の中で

    特別史跡に指定されているのは

    奈良県の高松塚古墳、キトラ古墳とコチラの3箇所のみ

    石室内の装飾は個人的にはコチラが一番素敵だと思います

    キーホルダーを買ったのはこのパネルの模様

  • 春、秋には石室の実物の特別公開がありますが<br /><br />この春はコロナ禍で中止になりました<br /><br />この模型のように観察室から覗けるようです<br /><br />TVの番組ではこの観察室に入れてもらっていました<br /><br />いいなぁー

    春、秋には石室の実物の特別公開がありますが

    この春はコロナ禍で中止になりました

    この模型のように観察室から覗けるようです

    TVの番組ではこの観察室に入れてもらっていました

    いいなぁー

  • いよいよ石室再現室へ

    いよいよ石室再現室へ

  • まずは正面から<br /><br />がびーんの衝撃

    まずは正面から

    がびーんの衝撃

  • 奥の石室に入ると<br /><br />さらに美しい !!

    奥の石室に入ると

    さらに美しい !!

  • 現代アートのようなカラフルな模様には<br /><br />感嘆しかありません

    現代アートのようなカラフルな模様には

    感嘆しかありません

  • 天井は星空そのもの<br /><br />昔は夜は星くらいしか見るものないし<br /><br />綺麗だったろうし<br /><br />描きたくなりますよねー

    天井は星空そのもの

    昔は夜は星くらいしか見るものないし

    綺麗だったろうし

    描きたくなりますよねー

  • 石室の右側<br /><br />矢筒と弓<br /><br />背景には<br /><br />双脚輪状文、わらび手文<br /><br />素晴らしいアート感ですよね

    石室の右側

    矢筒と弓

    背景には

    双脚輪状文、わらび手文

    素晴らしいアート感ですよね

  • 左の壁面<br /><br />盾<br /><br />鉄鋲まで盾の周囲に描かれていて<br /><br />芸が細かい

    左の壁面



    鉄鋲まで盾の周囲に描かれていて

    芸が細かい

  • 右の壁面<br /><br />矢が出ていない矢筒

    右の壁面

    矢が出ていない矢筒

  • 全室の左<br /><br />騎馬像<br /><br />オスの性器も描かれてます

    全室の左

    騎馬像

    オスの性器も描かれてます

  • 全室の右<br /><br />騎馬像<br /><br />コチラはメスのようです

    全室の右

    騎馬像

    コチラはメスのようです

  • 石室の壁面<br /><br />三角文が一番多く占めています<br /><br />呪術的な意味合いでは ? という解釈と<br /><br />装飾的意義が高いという解釈があるようです<br /><br />いずれにしろ<br /><br />全てのデザインや色使いなどには<br /><br />古代人のセンスを感じます

    石室の壁面

    三角文が一番多く占めています

    呪術的な意味合いでは ? という解釈と

    装飾的意義が高いという解釈があるようです

    いずれにしろ

    全てのデザインや色使いなどには

    古代人のセンスを感じます

  • 全室の入口上部に意味がわかっていない小窓があり<br /><br />そこから中を覗くとこんな感じでした

    全室の入口上部に意味がわかっていない小窓があり

    そこから中を覗くとこんな感じでした

  • 展示コーナーに戻りました<br /><br />顔料やその原料の解説がありました

    展示コーナーに戻りました

    顔料やその原料の解説がありました

  • 装飾古墳の文様の解説<br /><br />大陸で一般的な肖像画よりも<br /><br />コチラのような幾何学文様の方が<br /><br />アート感が高いと個人的には思いました

    装飾古墳の文様の解説

    大陸で一般的な肖像画よりも

    コチラのような幾何学文様の方が

    アート感が高いと個人的には思いました

  • ここからしばらく<br /><br />展示物の撮影は禁止

    ここからしばらく

    展示物の撮影は禁止

  • こんなに装飾古墳があるとは<br /><br />知りませんでした

    こんなに装飾古墳があるとは

    知りませんでした

  • 装飾古墳は<br /><br />圧倒的に九州に多いんですよね<br /><br />他も機会を見つけて訪れたいです<br /><br />

    装飾古墳は

    圧倒的に九州に多いんですよね

    他も機会を見つけて訪れたいです

  • 王塚古墳を上から見ると<br /><br />こんな前方後円墳です

    王塚古墳を上から見ると

    こんな前方後円墳です

  • 入口から出る際には<br /><br />正面に古墳が見えます

    入口から出る際には

    正面に古墳が見えます

  • 外に出る前に<br /><br />無料の企画展示も見ました

    外に出る前に

    無料の企画展示も見ました

  • コノマ遺跡の解説

    コノマ遺跡の解説

  • 横穴墓というのは初めて見ました

    横穴墓というのは初めて見ました

  • 古墳時代って<br /><br />結構平均身長が高かったんですね<br /><br />横穴もかなり立派

    古墳時代って

    結構平均身長が高かったんですね

    横穴もかなり立派

  • 桂川に沿って多くの古墳があります<br /><br />こういうの見ると<br /><br />邪馬台国もやっぱり九州だったのかな ?<br /><br />って思いたくなります

    桂川に沿って多くの古墳があります

    こういうの見ると

    邪馬台国もやっぱり九州だったのかな ?

    って思いたくなります

  • 建物を出ると<br /><br />芝桜と古墳が見えました

    建物を出ると

    芝桜と古墳が見えました

  • 階段を登ります

    階段を登ります

  • 立派な入口がついています<br /><br />観察室はこの内部ですね

    立派な入口がついています

    観察室はこの内部ですね

  • 解説<br /><br />中の様子や色使いがわかります

    解説

    中の様子や色使いがわかります

  • 裏側から見た所

    裏側から見た所

  • 裏側を下までくだると<br /><br />バス停がありました

    裏側を下までくだると

    バス停がありました

  • 古墳側から古墳館を眺める<br /><br />これだけの施設なのに<br /><br />平日とはいえ人が少ないのが残念<br /><br />観光スポット巡りのライン上にないからでしょうね<br /><br />約1時間30分で駐車場に戻りました

    古墳側から古墳館を眺める

    これだけの施設なのに

    平日とはいえ人が少ないのが残念

    観光スポット巡りのライン上にないからでしょうね

    約1時間30分で駐車場に戻りました

  • 中津への移動途中で<br /><br />「おじゅごんち市場からすお」へ<br /><br />農産物やお土産、お弁当が豊富でした<br /><br />軽いもので食事を済ませました

    中津への移動途中で

    「おじゅごんち市場からすお」へ

    農産物やお土産、お弁当が豊富でした

    軽いもので食事を済ませました

  • 中津城に移動しましたが<br /><br />駐車場らしきものが見当たらず<br /><br />広場的なところにとめました<br /><br />車を降りたところから見たお城

    中津城に移動しましたが

    駐車場らしきものが見当たらず

    広場的なところにとめました

    車を降りたところから見たお城

    中津城(奥平家歴史資料館) 名所・史跡

    石垣からのはみ出し感が半端ない城 by toroppeさん
  • 入口方向に歩いていくと石碑があり<br /><br />ここから眺めると<br /><br />石垣から城のはみ出し感が<br /><br />ハンパないんですけど~ !!<br /><br />石垣登ってきた敵への<br /><br />石落としがあるのかな ??

    入口方向に歩いていくと石碑があり

    ここから眺めると

    石垣から城のはみ出し感が

    ハンパないんですけど~ !!

    石垣登ってきた敵への

    石落としがあるのかな ??

  • 堀の解説<br /><br />底がV字型の薬研堀<br /><br />祇園祭後に車輪を沈めるようです<br /><br />木の棒が出ている所の下に車輪があるようです

    堀の解説

    底がV字型の薬研堀

    祇園祭後に車輪を沈めるようです

    木の棒が出ている所の下に車輪があるようです

  • 城下町の案内<br /><br />よく見ておけば良かったと<br /><br />後で反省することになりました

    城下町の案内

    よく見ておけば良かったと

    後で反省することになりました

  • まずは奥平神社の鳥居をくぐります

    まずは奥平神社の鳥居をくぐります

  • 中津城天守閣へ<br />

    中津城天守閣へ

  • 中津城の正面観

    中津城の正面観

  • 入口で入場料200円を払って入場<br /><br />中身はほぼ奥平家歴史資料館です<br /><br />元々は中津城には天守閣は存在しなかったという説も

    入口で入場料200円を払って入場

    中身はほぼ奥平家歴史資料館です

    元々は中津城には天守閣は存在しなかったという説も

  • 築城した黒田官兵衛の兜をかぶって<br /><br />記念写真が撮れます<br /><br />当然撮りました

    築城した黒田官兵衛の兜をかぶって

    記念写真が撮れます

    当然撮りました

  • 昔の地図<br /><br />

    昔の地図

  • 奥平家とゆかりの深い<br /><br />徳川家康公の鎧がありました

    奥平家とゆかりの深い

    徳川家康公の鎧がありました

  • 黒田官兵衛が築城した城です<br /><br />これからの人生で勝利できるように<br /><br />お守りを買ってみました<br /><br />勝つぞー !!

    黒田官兵衛が築城した城です

    これからの人生で勝利できるように

    お守りを買ってみました

    勝つぞー !!

  • 長篠の戦いで<br /><br />奥平家が堀のたにしを食べて<br /><br />飢えを凌いだのに因み<br /><br />たにし祭りというのがあるようです

    長篠の戦いで

    奥平家が堀のたにしを食べて

    飢えを凌いだのに因み

    たにし祭りというのがあるようです

  • 中津川を含めた眺めが良いです

    中津川を含めた眺めが良いです

  • 見える山の説明<br /><br />知らない山ばかりでした

    見える山の説明

    知らない山ばかりでした

  • お城の横に奥平神社があります

    お城の横に奥平神社があります

    奥平神社 寺・神社

  • 御祭神は奥平家の三柱

    御祭神は奥平家の三柱

  • 奥平神社からまっすぐ下に降りると<br /><br />大きな駐車場がありました<br /><br />コチラが正面だったようです<br /><br />ナビで来たので横の方に来てしまいました

    奥平神社からまっすぐ下に降りると

    大きな駐車場がありました

    コチラが正面だったようです

    ナビで来たので横の方に来てしまいました

  • 中津城の歴史<br /><br />1587年に黒田官兵衛が領主となり<br /><br />翌年から築城を始めたようです

    中津城の歴史

    1587年に黒田官兵衛が領主となり

    翌年から築城を始めたようです

  • 三斎池<br /><br />細川忠興が中津城に移った際に<br /><br />水不足を補うために作ったとのこと

    三斎池

    細川忠興が中津城に移った際に

    水不足を補うために作ったとのこと

  • 川の方にまわって行くと<br /><br />こんな看板がありました

    川の方にまわって行くと

    こんな看板がありました

  • コチラの石垣がそうです

    コチラの石垣がそうです

  • 石垣の説明<br /><br />黒田時代と細川時代の石垣の違いがわかります

    石垣の説明

    黒田時代と細川時代の石垣の違いがわかります

  • 車をとめた方に戻ると<br /><br />黒田官兵衛(如水)と正室光姫の石碑

    車をとめた方に戻ると

    黒田官兵衛(如水)と正室光姫の石碑

  • コチラの石垣もはっきりわかります<br /><br />右が黒田時代<br /><br />左が細川時代

    コチラの石垣もはっきりわかります

    右が黒田時代

    左が細川時代

  • ここの石垣の説明<br /><br />約1時間で駐車場に戻りました

    ここの石垣の説明

    約1時間で駐車場に戻りました

  • 少し移動して<br /><br />福沢諭吉宅跡へ

    少し移動して

    福沢諭吉宅跡へ

    福澤諭吉旧居 名所・史跡

    福沢諭吉の功績を再認識できる by toroppeさん
  • 内部の案内図

    内部の案内図

  • 最初から来るつもりなら<br /><br />共通券を買っておくべきでした(泣)<br /><br />予習が足りないのはいつものこと<br /><br />反省 !!

    最初から来るつもりなら

    共通券を買っておくべきでした(泣)

    予習が足りないのはいつものこと

    反省 !!

  • 福沢諭吉の銅像<br /><br />記念館は撮影禁止<br /><br />やはり色々と凄い人ですわ !!

    福沢諭吉の銅像

    記念館は撮影禁止

    やはり色々と凄い人ですわ !!

  • 旧居の内部は部屋数も多いです

    旧居の内部は部屋数も多いです

  • 庭から見た部屋

    庭から見た部屋

  • 土蔵の解説<br /><br />米をつくことが<br /><br />体力増強に繋がったことは<br /><br />TVの歴史番組でも言ってました

    土蔵の解説

    米をつくことが

    体力増強に繋がったことは

    TVの歴史番組でも言ってました

  • 次は宇佐神宮へ移動しました<br /><br />境内案内図を見ると<br /><br />かなり広大なので驚きでした<br /><br />時間が足りなさそう<br /><br />コチラも予習不足でした

    次は宇佐神宮へ移動しました

    境内案内図を見ると

    かなり広大なので驚きでした

    時間が足りなさそう

    コチラも予習不足でした

  • まずは立派な鳥居をくぐります<br /><br />

    まずは立派な鳥居をくぐります

    宇佐神宮 寺・神社

    伊勢神宮に次ぐ格式だけの重厚さを感じる by toroppeさん
  • 全国の八幡社の総本宮<br /><br />くらいしか知りませんでした<br /><br />伊勢神宮に次ぐ格式なんですね<br /><br />失礼しました !

    全国の八幡社の総本宮

    くらいしか知りませんでした

    伊勢神宮に次ぐ格式なんですね

    失礼しました !

  • 橋を渡って境内に進むのは<br /><br />伊勢神宮と同じ感じ

    橋を渡って境内に進むのは

    伊勢神宮と同じ感じ

  • コチラの鳥居をくぐります

    コチラの鳥居をくぐります

  • 宝物館は時間もないのでパス

    宝物館は時間もないのでパス

    宇佐神宮宝物館 美術館・博物館

  • 上宮と下宮の分岐点で上宮へ

    上宮と下宮の分岐点で上宮へ

  • 石段を登ります

    石段を登ります

  • 最後の鳥居をくぐります

    最後の鳥居をくぐります

  • 立派な西大門を通って入ります

    立派な西大門を通って入ります

  • 御祭神は三神

    御祭神は三神

  • 総本宮だけあって<br /><br />格式の高さを感じさせます

    総本宮だけあって

    格式の高さを感じさせます

  • 参拝の方法も別格

    参拝の方法も別格

  • 御神木も立派

    御神木も立派

  • コチラの枠内から山を見るようになっていました

    コチラの枠内から山を見るようになっていました

  • 若宮神社の前から下宮に向かいます<br /><br />

    若宮神社の前から下宮に向かいます

  • 片参りはしないように !!<br /><br />という案内がいくつもあり<br /><br />ちょっと嫌な感じ

    片参りはしないように !!

    という案内がいくつもあり

    ちょっと嫌な感じ

  • 長い通路を行けば下宮へ

    長い通路を行けば下宮へ

  • 最後に鳥居をくぐります

    最後に鳥居をくぐります

  • 下宮は小規模ですが<br /><br />それでも格式ある感じです

    下宮は小規模ですが

    それでも格式ある感じです

  • 下宮も同じ御祭神です

    下宮も同じ御祭神です

  • 兆竹(さましただけ)の説明<br /><br />昔、占いに使った竹だそうです

    兆竹(さましただけ)の説明

    昔、占いに使った竹だそうです

  • この隣にあった弥勒寺の守護神だった八坂神社

    この隣にあった弥勒寺の守護神だった八坂神社

  • コチラが弥勒寺跡

    コチラが弥勒寺跡

  • 行きとは違う橋を渡って<br /><br />川沿いを歩き駐車場に戻りました

    行きとは違う橋を渡って

    川沿いを歩き駐車場に戻りました

  • 門前のお店は<br /><br />終了だからかほとんど閉まってました<br /><br />ささっとまわったので<br /><br />約50分で駐車場に戻りました

    門前のお店は

    終了だからかほとんど閉まってました

    ささっとまわったので

    約50分で駐車場に戻りました

  • 宇佐神宮を後にして車を走らせると<br /><br />山にUSAの文字が<br /><br />ハリウッドの真似か ? と思ったら<br /><br />ユーエスエーじゃなくて<br /><br />ウサでした(笑)

    宇佐神宮を後にして車を走らせると

    山にUSAの文字が

    ハリウッドの真似か ? と思ったら

    ユーエスエーじゃなくて

    ウサでした(笑)

  • 今夜の旅館は<br /><br />杵築市外から少し国東半島に入った海の近く<br /><br />「日向屋」

    今夜の旅館は

    杵築市外から少し国東半島に入った海の近く

    「日向屋」

    日向屋 宿・ホテル

    2名1室合計 19,800円~

    オコゼが美味しい家族的な旅館 by toroppeさん
  • 親戚のおばちゃんの家みたいな感じです<br /><br />我が家2人だけの宿泊だったのに<br /><br />3階の一番広い部屋でした

    親戚のおばちゃんの家みたいな感じです

    我が家2人だけの宿泊だったのに

    3階の一番広い部屋でした

  • トイレは廊下の外<br /><br />ウォシュレットはついてます

    トイレは廊下の外

    ウォシュレットはついてます

  • 洗面所は昔の家にある感じ

    洗面所は昔の家にある感じ

  • 3階への階段は狭くて急です<br /><br />自分で荷物は運びました

    3階への階段は狭くて急です

    自分で荷物は運びました

  • その階段の横<br /><br />やはり急な階段を下るとお風呂

    その階段の横

    やはり急な階段を下るとお風呂

  • 洋風浴室の方でした<br /><br />隣は和風浴室(どんなんやろなー ? )

    洋風浴室の方でした

    隣は和風浴室(どんなんやろなー ? )

  • 洋風風呂はこんな感じ<br /><br />2人で入るには十分広い

    洋風風呂はこんな感じ

    2人で入るには十分広い

  • 脱衣所は狭いけど

    脱衣所は狭いけど

  • 夕食は部屋食<br /><br />食事だけ運べるエレベーターがありました<br /><br />お酒のメニュー

    夕食は部屋食

    食事だけ運べるエレベーターがありました

    お酒のメニュー

  • 生ビールと<br /><br />日本酒1合いただきました

    生ビールと

    日本酒1合いただきました

  • 最初の料理<br /><br />おばちゃんが作った感が満載です<br /><br />刺身はとても美味しかったなぁ

    最初の料理

    おばちゃんが作った感が満載です

    刺身はとても美味しかったなぁ

  • これが食べたくて<br /><br />この旅館にしました<br /><br />おこぜのお造り<br /><br />キモを混ぜて食べるとめちゃ美味い<br /><br />海老もついてました

    これが食べたくて

    この旅館にしました

    おこぜのお造り

    キモを混ぜて食べるとめちゃ美味い

    海老もついてました

  • 途中で山焼きが始まったと教えてもらい<br /><br />窓から眺めました<br /><br />尖った山(由布岳)の下の方の斜面が<br /><br />扇状に火が登っていくので<br /><br />扇の火祭りというそうです

    途中で山焼きが始まったと教えてもらい

    窓から眺めました

    尖った山(由布岳)の下の方の斜面が

    扇状に火が登っていくので

    扇の火祭りというそうです

  • 唐揚げとちらし寿司と茶碗蒸し<br /><br />唐揚げとちらし寿司は食べきれないので<br /><br />一人分は明日の昼ごはん用に<br /><br />おにぎりにして持っていきました

    唐揚げとちらし寿司と茶碗蒸し

    唐揚げとちらし寿司は食べきれないので

    一人分は明日の昼ごはん用に

    おにぎりにして持っていきました

  • 鯛のあら炊きもあり<br /><br />お腹パンパンです

    鯛のあら炊きもあり

    お腹パンパンです

  • 刺身の海老は<br /><br />お頭で味噌汁にしてくれました

    刺身の海老は

    お頭で味噌汁にしてくれました

  • デザートもありました<br /><br />もう満腹ですわー !<br /><br />これで2食付き2人で20,900円は安すぎます

    デザートもありました

    もう満腹ですわー !

    これで2食付き2人で20,900円は安すぎます

  • 2階は大広間と個室が2つ<br /><br />旅館のホームページに綺麗な部屋が出てましたので<br /><br />この階の個室だと思います

    2階は大広間と個室が2つ

    旅館のホームページに綺麗な部屋が出てましたので

    この階の個室だと思います

  • 階段に有名人などの色紙がたくさんありました

    階段に有名人などの色紙がたくさんありました

21いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

耶馬溪・中津・玖珠の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集