嵐山・嵯峨野・太秦・桂旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2020年の日本紅葉巡りドライブの最後は、滋賀&京都へ。紅葉シーズンでは、京都は2010年以来10年ぶり、滋賀は2002年以来18年ぶりだ。滋賀県内はほとんど車で移動したが、京都市内は、車で走り回るのはかなりハードルが高いので、滋賀に車を置いて電車で入ることに。京都の日曜日がものすごい混雑だった以外は、どこも比較的空いていて、久しぶりの滋賀・京都観光を堪能することが出来た。<br />京都第ニ部は、京都の初日、神護寺を見てから清滝まで歩いた後、バスで嵐山に出て、宝厳院を訪れた時の旅行記です。ちょうど日曜日で、嵐山は激混みだったので、宝厳院を見ただけで、早々に退散してしまいました。(表紙写真は、宝厳院・獅子吼の庭のもみじ)<br /><br />全旅程<br /><br />11/12 東京ー(中央道/名神)->湖東三山PA->西明寺ー>八日市駅前<br />                     (ホテルルートイン泊) <br /><br />11/13 八日市駅前ー>永源寺ー>金剛輪寺ー>八日市IC-(名神)ー><br /><br />11/14 瀬田ー>石山寺ー>日吉大社&旧竹林寺ー>奥比叡ドライブウェイ<br />   ->横川ー>延暦寺ー>比叡山ドライブウェイー>大津京駅<br />   (車を駅前の駐車場に置く)-(JR)ー>京都ー(地下鉄)ー>烏丸四条<br />                    (グリッズ京都四条河原町泊)<br /><br />11/15 烏丸四条―(バス)ー>高雄(神護寺から清滝へ)<br />   清滝ー(バス)ー>嵐山(宝厳院)-(嵐電/地下鉄)ー>蹴上ー><br />   永観堂ー> 蹴上ー(地下鉄)ー>京都市役所前 <br />                   (ホテルビスタプレミオ和邸泊)<br /><br />11/16 烏丸四条ー(地下鉄/JR)ー>東福寺駅ー>東福寺―(京阪)ー><br />   祇園四条->ホテルで荷物をピックアップして京都駅へ<br />   京都ー(JR)->大津京(車をピックアップ)ー>大津ICー<br />   (名神)->八日市ICー>教林坊ー>八日市IC-(名神)ー><br />   彦根ICー>彦根           (ホテルサンルート泊)<br /><br />11/17 彦根ー>(名神/中央道)->東京<br />

団塊夫婦の2020年日本紅葉巡りドライブー(京都2)激混みの嵐山・拝観は宝厳院のみ

12いいね!

2020/11/15 - 2020/11/15

1872位(同エリア3964件中)

miharashi

miharashiさん

2020年の日本紅葉巡りドライブの最後は、滋賀&京都へ。紅葉シーズンでは、京都は2010年以来10年ぶり、滋賀は2002年以来18年ぶりだ。滋賀県内はほとんど車で移動したが、京都市内は、車で走り回るのはかなりハードルが高いので、滋賀に車を置いて電車で入ることに。京都の日曜日がものすごい混雑だった以外は、どこも比較的空いていて、久しぶりの滋賀・京都観光を堪能することが出来た。
京都第ニ部は、京都の初日、神護寺を見てから清滝まで歩いた後、バスで嵐山に出て、宝厳院を訪れた時の旅行記です。ちょうど日曜日で、嵐山は激混みだったので、宝厳院を見ただけで、早々に退散してしまいました。(表紙写真は、宝厳院・獅子吼の庭のもみじ)

全旅程

11/12 東京ー(中央道/名神)->湖東三山PA->西明寺ー>八日市駅前
                     (ホテルルートイン泊) 

11/13 八日市駅前ー>永源寺ー>金剛輪寺ー>八日市IC-(名神)ー>

11/14 瀬田ー>石山寺ー>日吉大社&旧竹林寺ー>奥比叡ドライブウェイ
   ->横川ー>延暦寺ー>比叡山ドライブウェイー>大津京駅
   (車を駅前の駐車場に置く)-(JR)ー>京都ー(地下鉄)ー>烏丸四条
                    (グリッズ京都四条河原町泊)

11/15 烏丸四条―(バス)ー>高雄(神護寺から清滝へ)
   清滝ー(バス)ー>嵐山(宝厳院)-(嵐電/地下鉄)ー>蹴上ー>
   永観堂ー> 蹴上ー(地下鉄)ー>京都市役所前 
                   (ホテルビスタプレミオ和邸泊)

11/16 烏丸四条ー(地下鉄/JR)ー>東福寺駅ー>東福寺―(京阪)ー>
   祇園四条->ホテルで荷物をピックアップして京都駅へ
   京都ー(JR)->大津京(車をピックアップ)ー>大津ICー
   (名神)->八日市ICー>教林坊ー>八日市IC-(名神)ー>
   彦根ICー>彦根           (ホテルサンルート泊)

11/17 彦根ー>(名神/中央道)->東京

旅行の満足度
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
高速・路線バス 私鉄
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 11月15日(日)。京都紅葉巡り初日。日曜日ということで、どこも混雑が予想されるので、朝一番で高雄の神護寺へ。神護寺の紅葉はちょうど見頃で、幸いそれほどの混雑にも会わず、紅葉狩りを楽しむことができた。その後は、東海自然歩道を清滝まで歩いた(旅行記は京都1を参照)。

    11月15日(日)。京都紅葉巡り初日。日曜日ということで、どこも混雑が予想されるので、朝一番で高雄の神護寺へ。神護寺の紅葉はちょうど見頃で、幸いそれほどの混雑にも会わず、紅葉狩りを楽しむことができた。その後は、東海自然歩道を清滝まで歩いた(旅行記は京都1を参照)。

  • 清滝からはバスで嵐山へ。ところが、嵐山に近づくと道路は渋滞。今日は七五三の日で、嵐山周辺はものすごく混雑していて、規制がかかりバスも中まで入れないとのこと。仕方なく、渡月橋の手前でバスを降りた。時刻は12時15分ごろ。写真は、バスを降りたところから見た渡月橋。橋の向こうには嵐山。

    清滝からはバスで嵐山へ。ところが、嵐山に近づくと道路は渋滞。今日は七五三の日で、嵐山周辺はものすごく混雑していて、規制がかかりバスも中まで入れないとのこと。仕方なく、渡月橋の手前でバスを降りた。時刻は12時15分ごろ。写真は、バスを降りたところから見た渡月橋。橋の向こうには嵐山。

  • 今日はとにかく季節外れの暑さなので、近くのお店で抹茶ソフトクリームを食べたいと思い、お店に入ろうしたが、入口は長蛇の列。店内で食べるのをあきらめ、店頭で買い、川べりで嵐山を見ながら一休み。嵐山の紅葉はいまいちだった。逆光のせいかも。

    今日はとにかく季節外れの暑さなので、近くのお店で抹茶ソフトクリームを食べたいと思い、お店に入ろうしたが、入口は長蛇の列。店内で食べるのをあきらめ、店頭で買い、川べりで嵐山を見ながら一休み。嵐山の紅葉はいまいちだった。逆光のせいかも。

  • 橋の上はものすごい人だかり。これでは橋を渡るのも簡単ではなさそう。

    橋の上はものすごい人だかり。これでは橋を渡るのも簡単ではなさそう。

  • 休んだ後は、渡月橋のたもとから天龍寺方面へと向かう。振り返ると、渡月橋へ続く道の両側はもの凄い人の行列。外国人はほとんどいないはずなのに、この混みようは何だと思ってしまった。行列の中は、若者が多かった。

    休んだ後は、渡月橋のたもとから天龍寺方面へと向かう。振り返ると、渡月橋へ続く道の両側はもの凄い人の行列。外国人はほとんどいないはずなのに、この混みようは何だと思ってしまった。行列の中は、若者が多かった。

  • 何も見ないで嵐山を去るのもしゃくなので、ネットの旅行記で穴場と紹介されていた宝厳院を訪れることにした。天龍寺への入り口を入ると、まもなく宝厳院の案内が出ていたので、それに従って、左方向に歩いて行くと、10分たらずで宝厳院に着いた。天龍寺は以前訪れているので今回はパス。写真は、天龍寺へ入る道の曲がり角にあった茶室の中の見事なイチョウの黄葉。

    何も見ないで嵐山を去るのもしゃくなので、ネットの旅行記で穴場と紹介されていた宝厳院を訪れることにした。天龍寺への入り口を入ると、まもなく宝厳院の案内が出ていたので、それに従って、左方向に歩いて行くと、10分たらずで宝厳院に着いた。天龍寺は以前訪れているので今回はパス。写真は、天龍寺へ入る道の曲がり角にあった茶室の中の見事なイチョウの黄葉。

  • 宝厳院(ほうごんいん)はちょうど秋の特別拝観中。宝厳院は天龍寺の境内にある10か所ある塔頭(たっちゅう)のうちの一つで、最大の広さがあるという。

    宝厳院(ほうごんいん)はちょうど秋の特別拝観中。宝厳院は天龍寺の境内にある10か所ある塔頭(たっちゅう)のうちの一つで、最大の広さがあるという。

  • 宝厳院の前にあった変わった面白い仏像群。嵐山羅漢と呼ばれ、宝厳院の呼び掛けで、日本各地の個人や企業がそれぞれ思いを石仏に託し奉納したものだそうだ。

    宝厳院の前にあった変わった面白い仏像群。嵐山羅漢と呼ばれ、宝厳院の呼び掛けで、日本各地の個人や企業がそれぞれ思いを石仏に託し奉納したものだそうだ。

  • 宝厳院は、普段は非公開で、春と秋のみ公開されている(2020年は9月21日から12月6日まで)。庭園の入場料は500円。入り口から入ると、獅子吼(ししく)の庭と呼ばれる庭園にそのまま出るようになっていた。

    宝厳院は、普段は非公開で、春と秋のみ公開されている(2020年は9月21日から12月6日まで)。庭園の入場料は500円。入り口から入ると、獅子吼(ししく)の庭と呼ばれる庭園にそのまま出るようになっていた。

  • こちらの庭は嵐山を借景とする回遊式の庭園。

    こちらの庭は嵐山を借景とする回遊式の庭園。

  • 紅葉はまさに見ごろ。

    紅葉はまさに見ごろ。

  • これ以上赤くなれないというくらいの赤さだ。

    これ以上赤くなれないというくらいの赤さだ。

  • 深紅のもみじ。

    深紅のもみじ。

  • 赤い紅葉でもいろいろあるようで、こちらはオレンジがかっている。

    赤い紅葉でもいろいろあるようで、こちらはオレンジがかっている。

  • 苦界と三尊石のお庭。小さな丸い石が何を意味しているのか、わからなかったが、あとで調べてみたら石一つ一つは苦しみを、全体が苦界を表しているという。写真でははっきりしないが、釈迦三尊を表す3つの石も奥にあったようだ。

    苦界と三尊石のお庭。小さな丸い石が何を意味しているのか、わからなかったが、あとで調べてみたら石一つ一つは苦しみを、全体が苦界を表しているという。写真でははっきりしないが、釈迦三尊を表す3つの石も奥にあったようだ。

  • ここの庭は紅葉ばかりでなく、苔も美しかった。

    ここの庭は紅葉ばかりでなく、苔も美しかった。

  • 真っ赤なもみじの木と緑の苔のコントラストも見事。

    真っ赤なもみじの木と緑の苔のコントラストも見事。

  • 縦長に。

    縦長に。

  • 京都はレンタルの着物を着た若い女の子が多く見うけられ、紅葉のお庭を引き立たせていた。

    京都はレンタルの着物を着た若い女の子が多く見うけられ、紅葉のお庭を引き立たせていた。

  • 真っ赤な紅葉その1.

    真っ赤な紅葉その1.

  • その2.

    その2.

  • その3.

    その3.

  • 庭には小さな流れ。流れに浮かぶ紅葉の葉が粋だ。

    庭には小さな流れ。流れに浮かぶ紅葉の葉が粋だ。

  • 流れのそばに立つもみじの大木。ここから落ち葉が流れに落ちてきているようだ。<br />

    流れのそばに立つもみじの大木。ここから落ち葉が流れに落ちてきているようだ。

  • 流れの中に浮かぶ一枚のもみじ。

    流れの中に浮かぶ一枚のもみじ。

  • 互いに重なり合うもみじ。

    互いに重なり合うもみじ。

  • 園内を流れる小さな川。

    園内を流れる小さな川。

  • 苔と流れ。

    苔と流れ。

  • もみじと川の流れ。

    もみじと川の流れ。

  • 奥に見える建物が書院か?

    奥に見える建物が書院か?

  • 大きなもみじの古木と小川のまわりは絶好の撮影スポット。人が切れなかった。

    大きなもみじの古木と小川のまわりは絶好の撮影スポット。人が切れなかった。

  • 上記のもみじを別の角度から撮影。木の下には大きな岩も。庭園内には三つの巨岩(獅子岩、碧岩、響岩)があるそうだが、その内の一つか?

    上記のもみじを別の角度から撮影。木の下には大きな岩も。庭園内には三つの巨岩(獅子岩、碧岩、響岩)があるそうだが、その内の一つか?

  • あまり広い庭ではなかったが、小さくまとまり、紅葉がずばらしかった。人もあまりいなかったので、のんびりと鑑賞できてよかった。ここはお勧めできるところだった。

    あまり広い庭ではなかったが、小さくまとまり、紅葉がずばらしかった。人もあまりいなかったので、のんびりと鑑賞できてよかった。ここはお勧めできるところだった。

  • 宝厳院を出て、メインストリートにもどるとき、門の窓から垣間見た紅葉。

    宝厳院を出て、メインストリートにもどるとき、門の窓から垣間見た紅葉。

  • きれいだったので、拡大して撮影。

    きれいだったので、拡大して撮影。

  • 右側も拡大して。

    右側も拡大して。

  • 全体。もしかするとここも宝厳院のお庭の続きだったかもしれない。

    全体。もしかするとここも宝厳院のお庭の続きだったかもしれない。

  • 天龍寺の門までもどってきた。

    天龍寺の門までもどってきた。

  • 来るときも見かけたイチョウの木。他の観光客に紛れて、門の中に入り、撮影。

    来るときも見かけたイチョウの木。他の観光客に紛れて、門の中に入り、撮影。

  • 奥には竹藪も。

    奥には竹藪も。

  • 嵐電嵐山の駅に向かう道は相変わらず混んでいた。

    嵐電嵐山の駅に向かう道は相変わらず混んでいた。

  • 嵐山電鉄の始発の嵐山駅に到着。これから、嵐電天神川駅で地下鉄に乗り換えて蹴上まで行き、永観堂を見ることにした。山道を歩いた後なので疲れてはいたが、京都一ともいわれる紅葉の名所永観堂を友人に見せてあげたいと思ったからだ。永観堂は2010年にも訪れていて、紅葉が本当にすばらしいところだった。

    嵐山電鉄の始発の嵐山駅に到着。これから、嵐電天神川駅で地下鉄に乗り換えて蹴上まで行き、永観堂を見ることにした。山道を歩いた後なので疲れてはいたが、京都一ともいわれる紅葉の名所永観堂を友人に見せてあげたいと思ったからだ。永観堂は2010年にも訪れていて、紅葉が本当にすばらしいところだった。

  • 嵐山駅のホームはユニークな装飾が施されていた。ホームそばの券売機は、コロナの影響か閉鎖され、運賃は車内か降車駅で払うようにと書かれていたので、折り返しで入ってきた電車にそのまま乗車。

    嵐山駅のホームはユニークな装飾が施されていた。ホームそばの券売機は、コロナの影響か閉鎖され、運賃は車内か降車駅で払うようにと書かれていたので、折り返しで入ってきた電車にそのまま乗車。

  • 向かいのホーム沿いも同様。外国人が喜ぶような装飾だった。嵐山電鉄は昔ながらの路面電車のような電車で、途中はところどころ無人駅で、降りるとき車内で清算しなければならなかった。乗換駅の嵐電天神川駅も同様で、降りるときにあわてて小銭を探して払う羽目に。そのあと地下鉄で蹴上まで行き、永観堂へと向かった。(京都3に続く)

    向かいのホーム沿いも同様。外国人が喜ぶような装飾だった。嵐山電鉄は昔ながらの路面電車のような電車で、途中はところどころ無人駅で、降りるとき車内で清算しなければならなかった。乗換駅の嵐電天神川駅も同様で、降りるときにあわてて小銭を探して払う羽目に。そのあと地下鉄で蹴上まで行き、永観堂へと向かった。(京都3に続く)

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

嵐山・嵯峨野・太秦・桂の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集