湖東三山・多賀・東近江旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2020年の日本紅葉巡りドライブの最後は、滋賀&京都へ。紅葉シーズンでは、京都は2010年以来10年ぶり、滋賀は2002年以来18年ぶりだ。滋賀県内は、見どころが分散しているので、ほとんど車で移動。京都市内は、車で走り回るのはかなりハードルが高いので、滋賀に車を置いて電車で入ることに。八幡平に続いて友人を連れての3人旅だったが、京都の日曜日がものすごい混雑だった以外は、どこも比較的空いていて、久しぶりの滋賀・京都観光を堪能することが出来た。滋賀の第二部は、二日目の最初に、2002年以来18年ぶりに訪れた永源寺です。(表紙写真は、永源寺山門前の紅葉)<br /><br />全旅程<br /><br />11/12  東京ー(中央道/名神)->湖東三山PA->西明寺ー>八日市駅前<br />                     (ホテルルートイン泊) <br /><br />11/13  八日市駅前ー>永源寺ー>金剛輪寺ー>八日市IC-(名神)ー><br />       竜王IC-> 長寿寺ー>常楽寺ー>瀬田 (ニューびわこホテル泊)<br /><br />11/14  瀬田ー>石山寺ー>日吉大社&旧竹林寺ー>奥比叡ドライブウェイ<br />   ->横川ー>延暦寺ー>比叡山ドライブウェイー>大津京駅<br />   (車を駅前の駐車場に置く)-(JR)ー>京都ー(地下鉄)ー>烏丸四条<br />                    (グリッズ京都四条河原町泊)<br /><br />11/15 烏丸四条―(バス)ー>高雄(神護寺から清滝へ)<br />   清滝ー(バス)ー>嵐山(宝厳院)-(嵐電/地下鉄)ー>蹴上ー><br />   永観堂ー> 蹴上ー(地下鉄)ー>京都市役所前 <br />                   (ホテルビスタプレミオ和邸泊)<br /><br />11/16 烏丸四条ー(地下鉄/JR)ー>東福寺駅ー>東福寺―(京阪)ー><br />   祇園四条->ホテルで荷物をピックアップして京都駅へ<br />   京都ー(JR)->大津京(車をピックアップ)ー>大津ICー<br />   (名神)->八日市ICー>教林坊ー>八日市IC-(名神)ー><br />   彦根ICー>彦根           (ホテルサンルート泊)<br /><br />11/17  彦根ー>(名神/中央道)->東京<br /><br /><br />

団塊夫婦の2020年日本紅葉巡りドライブー(滋賀2)18年ぶりの永源寺へ

13いいね!

2020/11/13 - 2020/11/13

307位(同エリア521件中)

miharashi

miharashiさん

2020年の日本紅葉巡りドライブの最後は、滋賀&京都へ。紅葉シーズンでは、京都は2010年以来10年ぶり、滋賀は2002年以来18年ぶりだ。滋賀県内は、見どころが分散しているので、ほとんど車で移動。京都市内は、車で走り回るのはかなりハードルが高いので、滋賀に車を置いて電車で入ることに。八幡平に続いて友人を連れての3人旅だったが、京都の日曜日がものすごい混雑だった以外は、どこも比較的空いていて、久しぶりの滋賀・京都観光を堪能することが出来た。滋賀の第二部は、二日目の最初に、2002年以来18年ぶりに訪れた永源寺です。(表紙写真は、永源寺山門前の紅葉)

全旅程

11/12 東京ー(中央道/名神)->湖東三山PA->西明寺ー>八日市駅前
                     (ホテルルートイン泊) 

11/13 八日市駅前ー>永源寺ー>金剛輪寺ー>八日市IC-(名神)ー>
 竜王IC-> 長寿寺ー>常楽寺ー>瀬田 (ニューびわこホテル泊)

11/14 瀬田ー>石山寺ー>日吉大社&旧竹林寺ー>奥比叡ドライブウェイ
   ->横川ー>延暦寺ー>比叡山ドライブウェイー>大津京駅
   (車を駅前の駐車場に置く)-(JR)ー>京都ー(地下鉄)ー>烏丸四条
                    (グリッズ京都四条河原町泊)

11/15 烏丸四条―(バス)ー>高雄(神護寺から清滝へ)
   清滝ー(バス)ー>嵐山(宝厳院)-(嵐電/地下鉄)ー>蹴上ー>
   永観堂ー> 蹴上ー(地下鉄)ー>京都市役所前 
                   (ホテルビスタプレミオ和邸泊)

11/16 烏丸四条ー(地下鉄/JR)ー>東福寺駅ー>東福寺―(京阪)ー>
   祇園四条->ホテルで荷物をピックアップして京都駅へ
   京都ー(JR)->大津京(車をピックアップ)ー>大津ICー
   (名神)->八日市ICー>教林坊ー>八日市IC-(名神)ー>
   彦根ICー>彦根           (ホテルサンルート泊)

11/17 彦根ー>(名神/中央道)->東京


旅行の満足度
4.5
同行者
その他
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 紅葉の旅2日目の最初は、湖東でも屈指の紅葉の名所永源寺へ。快晴の天気に恵まれ、美しい紅葉を見ることができた。(写真は、永源寺山門)

    紅葉の旅2日目の最初は、湖東でも屈指の紅葉の名所永源寺へ。快晴の天気に恵まれ、美しい紅葉を見ることができた。(写真は、永源寺山門)

  • 2002年には、石山寺、永源寺、日吉大社を訪れた。どこも紅葉がきれいだったが、その中でも永源寺の紅葉が際立って素晴らしかった。今回は2度目ということもあり、全体的には最初ほどの感動はなかったが、一部の紅葉は依然として素晴らしく、感動ものだった。

    2002年には、石山寺、永源寺、日吉大社を訪れた。どこも紅葉がきれいだったが、その中でも永源寺の紅葉が際立って素晴らしかった。今回は2度目ということもあり、全体的には最初ほどの感動はなかったが、一部の紅葉は依然として素晴らしく、感動ものだった。

  • 11月13日(金)、紅葉巡り2日目は、永源寺からスタート。この地域では最も有名なところなので、混みあう前に訪れるためだった。6時半から朝食を食べ、8時前には出発。永源寺は、八日市駅から421号線をそのまま12キロ位南に走ったところにあるので、すぐかと思ったが、421号線が意外に混んでいて、30分近くかかってしまった。それでも8時半には、永源寺の川向いの民間駐車場に到着(500円)。駐車場はまだがらがら。お寺は写真の橋を渡ってから右方向にあった。なお、永源寺の駐車場は2カ所あり、もう片方は、写真の橋を渡ってから左側にあった。

    11月13日(金)、紅葉巡り2日目は、永源寺からスタート。この地域では最も有名なところなので、混みあう前に訪れるためだった。6時半から朝食を食べ、8時前には出発。永源寺は、八日市駅から421号線をそのまま12キロ位南に走ったところにあるので、すぐかと思ったが、421号線が意外に混んでいて、30分近くかかってしまった。それでも8時半には、永源寺の川向いの民間駐車場に到着(500円)。駐車場はまだがらがら。お寺は写真の橋を渡ってから右方向にあった。なお、永源寺の駐車場は2カ所あり、もう片方は、写真の橋を渡ってから左側にあった。

  • 最初はやや急な階段を登る。

    最初はやや急な階段を登る。

  • 階段途中のお地蔵さん。

    階段途中のお地蔵さん。

  • 丸い眼鏡にマスクを着けていた。

    丸い眼鏡にマスクを着けていた。

  • 120段の階段脇の岩山には16羅漢の石仏などがあり、それぞれがちがう表情をしていておもしろかった。

    120段の階段脇の岩山には16羅漢の石仏などがあり、それぞれがちがう表情をしていておもしろかった。

  • 最初に現れた総門。2002年に来た時より、境内の赤味は少なく思えた。ここで拝観料500円を払う。

    最初に現れた総門。2002年に来た時より、境内の赤味は少なく思えた。ここで拝観料500円を払う。

  • 総門を入ってしばらく歩いてから後ろを振り返ると、色鮮やかな紅葉が陽の光を浴びていた。

    総門を入ってしばらく歩いてから後ろを振り返ると、色鮮やかな紅葉が陽の光を浴びていた。

  • 総門から山門にかけての紅葉のトンネル。

    総門から山門にかけての紅葉のトンネル。

  • 4色のグラデーションがすばらしい。

    4色のグラデーションがすばらしい。

  • 永源寺の案内図。室町時代初めに創建された臨済宗のお寺だ。境内は細長く、入り口から奥までは結構な距離がある。

    永源寺の案内図。室町時代初めに創建された臨済宗のお寺だ。境内は細長く、入り口から奥までは結構な距離がある。

  • 見事な紅葉のトンネルの下を次の門(山門)に向かって歩いて行く。

    見事な紅葉のトンネルの下を次の門(山門)に向かって歩いて行く。

  • ここは黄色のもみじがきれいだ。

    ここは黄色のもみじがきれいだ。

  • 二番目の山門が見えてきた。

    二番目の山門が見えてきた。

  • 山門の手前の見事な紅葉。

    山門の手前の見事な紅葉。

  • 参道脇の河岸にも見事な紅葉。ちょうど陽の光が当たって幻想的な色合いだ。

    参道脇の河岸にも見事な紅葉。ちょうど陽の光が当たって幻想的な色合いだ。

  • 山門前。

    山門前。

  • 再び山門前河岸の見事な紅葉、その1。

    再び山門前河岸の見事な紅葉、その1。

  • その2.

    その2.

  • その3.

    その3.

  • 山門の中。

    山門の中。

  • 門をくぐった先。

    門をくぐった先。

  • 門をくぐった直後。

    門をくぐった直後。

  • 山門を振り返って。

    山門を振り返って。

  • さらに先に行くと本堂の前に出た(本堂は写っていないが写真の左側にある)。2002年当時では、本堂前の紅葉(写真右)が真っ赤だったが、今年は同じ赤でもややくすんだ色合いだった。今年は時期が若干早いのか?<br />

    さらに先に行くと本堂の前に出た(本堂は写っていないが写真の左側にある)。2002年当時では、本堂前の紅葉(写真右)が真っ赤だったが、今年は同じ赤でもややくすんだ色合いだった。今年は時期が若干早いのか?

  • 本堂の中にあった竹灯籠の工房。

    本堂の中にあった竹灯籠の工房。

  • 本堂前を通り過ぎ、さらに奥へ歩くと、開山堂の前に出る。写真はお堂前の真っ赤な紅葉。2002年もこのあたりの紅葉はすばらしかったが、色合いはかなりオレンジがかっていた。年により色合いも変わるのだろうか?

    本堂前を通り過ぎ、さらに奥へ歩くと、開山堂の前に出る。写真はお堂前の真っ赤な紅葉。2002年もこのあたりの紅葉はすばらしかったが、色合いはかなりオレンジがかっていた。年により色合いも変わるのだろうか?

  • 上記の紅葉の前を通り過ぎてから振り返る。

    上記の紅葉の前を通り過ぎてから振り返る。

  • 同じ紅葉を下から見上げて。

    同じ紅葉を下から見上げて。

  • 開山堂からさらに奥へと登っていく。もうすぐ終点だ。

    開山堂からさらに奥へと登っていく。もうすぐ終点だ。

  • 坂を登りきったところから、歩いてきた方向を見る。

    坂を登りきったところから、歩いてきた方向を見る。

  • 上記の写真の坂道を上がった先の駐車場から撮影。

    上記の写真の坂道を上がった先の駐車場から撮影。

  • このあたりの紅葉は2002年当時と変わらず、見事だった。

    このあたりの紅葉は2002年当時と変わらず、見事だった。

  • 同上。

    同上。

  • 坂道の入り口で記念撮影。

    坂道の入り口で記念撮影。

  • 上記写真の向かい側。この先の道はどんどん下り、入り口と反対の裏口に出るようになっていた。

    上記写真の向かい側。この先の道はどんどん下り、入り口と反対の裏口に出るようになっていた。

  • 入り口へと戻る途中、再び開山堂前。

    入り口へと戻る途中、再び開山堂前。

  • 本堂へと戻っていく途中。

    本堂へと戻っていく途中。

  • 同上。

    同上。

  • 赤と緑の競演。

    赤と緑の競演。

  • このあたりの紅葉は若干早めのようだ。

    このあたりの紅葉は若干早めのようだ。

  • 同上。

    同上。

  • 本堂前にもどってきた。

    本堂前にもどってきた。

  • 山門の前に立つ鐘楼。

    山門の前に立つ鐘楼。

  • 山門を抜けて、再び紅葉のトンネル下を総門へともどる。

    山門を抜けて、再び紅葉のトンネル下を総門へともどる。

  • 再び河岸の幻想的な紅葉。

    再び河岸の幻想的な紅葉。

  • 枝の一部を拡大して。

    枝の一部を拡大して。

  • 総門を出て、階段を下る。<br />

    総門を出て、階段を下る。

  • 橋を渡って駐車場へ。永源寺の背後の山肌に陽が当たり、その姿が水面にも写っていた。時刻はまだ9時半を過ぎたばかりだが、今日は、最低でも4か所回るので、次の目的地、金剛輪寺へと車を走らせた。(滋賀3へ続く)

    橋を渡って駐車場へ。永源寺の背後の山肌に陽が当たり、その姿が水面にも写っていた。時刻はまだ9時半を過ぎたばかりだが、今日は、最低でも4か所回るので、次の目的地、金剛輪寺へと車を走らせた。(滋賀3へ続く)

この旅行記のタグ

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

湖東三山・多賀・東近江の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集