男鹿旅行記(ブログ) 一覧に戻る
夫が9月末で定年退職を迎えるにあたり、少しばかり年休消化ができそうなので、念願だった温泉巡りに出かけました。<br />今回の旅も、温泉宿でゆっくりしたいので 観光は少な目といういつものスタイルです。温泉に浸かって美味しい地酒をいただく贅沢な時間を過ごすことが出来ました。<br /><br />3日目は、秋田男鹿温泉郷にある雄山閣に宿泊しました。<br />夜には、なまはげ太鼓ライブを鑑賞してその迫力に圧倒されました。<br /><br /><br />秋田男鹿温泉郷 元湯 雄山閣<br />https://yuuzankaku.co.jp/<br /><br /><br /><br />10泊旅の宿泊施設と客室<br /> <br /> 新潟県 寺泊温泉  北新館<br />       源泉掛け流し 半露天風呂付 2間続きの客室「のどか」<br /> 山形県 湯野浜温泉 海辺のお宿 一久<br />       源泉風呂(陶器)和室10畳+和室6畳<br /> 秋田県 秋田男鹿温泉 元湯 雄山閣<br />       和室8畳<br /> 青森県 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル<br />       渓流和室<br /> 青森県 星野リゾート 青森屋<br />       和室 いてくら<br /> 秋田県 須川温泉  栗駒山荘<br />       和室10畳<br /> 福島県 高湯温泉 旅館ひげの家<br />       源泉掛け流し露天付スイートルーム(利休梅)<br /> 栃木県 奥日光 森のホテル<br />       露天風呂付和洋室<br /> 群馬県 伊香保温泉 旅邸 諧暢楼 <br />          庭園・露天風呂付特別室(本間10畳)<br /> 山梨県 笛吹川温泉 別邸 坐忘<br />       本館離れ(朝日)        

総走行距離2650km 温泉宿に泊まって地酒を楽しむ10泊旅 (3)寒風山~入道崎灯台~なまはげ太鼓ライブ~元湯 雄山閣 宿泊

2いいね!

2020/09/11 - 2020/09/12

308位(同エリア359件中)

ひろかな

ひろかなさん

この旅行記スケジュールを元に

夫が9月末で定年退職を迎えるにあたり、少しばかり年休消化ができそうなので、念願だった温泉巡りに出かけました。
今回の旅も、温泉宿でゆっくりしたいので 観光は少な目といういつものスタイルです。温泉に浸かって美味しい地酒をいただく贅沢な時間を過ごすことが出来ました。

3日目は、秋田男鹿温泉郷にある雄山閣に宿泊しました。
夜には、なまはげ太鼓ライブを鑑賞してその迫力に圧倒されました。


秋田男鹿温泉郷 元湯 雄山閣
https://yuuzankaku.co.jp/



10泊旅の宿泊施設と客室
 
 新潟県 寺泊温泉 北新館
       源泉掛け流し 半露天風呂付 2間続きの客室「のどか」
 山形県 湯野浜温泉 海辺のお宿 一久
       源泉風呂(陶器)和室10畳+和室6畳
 秋田県 秋田男鹿温泉 元湯 雄山閣
       和室8畳
 青森県 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
       渓流和室
 青森県 星野リゾート 青森屋
       和室 いてくら
 秋田県 須川温泉 栗駒山荘
       和室10畳
 福島県 高湯温泉 旅館ひげの家
       源泉掛け流し露天付スイートルーム(利休梅)
 栃木県 奥日光 森のホテル
       露天風呂付和洋室
 群馬県 伊香保温泉 旅邸 諧暢楼 
       庭園・露天風呂付特別室(本間10畳)
 山梨県 笛吹川温泉 別邸 坐忘
       本館離れ(朝日)        

同行者
カップル・夫婦
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • この日も 道の駅にちょこちょこ寄りながら 下道をのんびりドライブします。<br />なまはげが迎えてくれました。<br />

    この日も 道の駅にちょこちょこ寄りながら 下道をのんびりドライブします。
    なまはげが迎えてくれました。

  • チェックインの時間までまだ早かったので寒風山へ。

    チェックインの時間までまだ早かったので寒風山へ。

  • 駐車場は山頂へ向かう途中にあり、そこから少し歩いて上ることになるのですが、

    駐車場は山頂へ向かう途中にあり、そこから少し歩いて上ることになるのですが、

  • 山頂には6台分ほどの駐車スペースもあります。<br />運よく空いていてラッキーでした☆

    山頂には6台分ほどの駐車スペースもあります。
    運よく空いていてラッキーでした☆

  • 寒風山に到着。

    寒風山に到着。

    寒風山 自然・景勝地

  • 寒風山展望台に入ります。<br /><br />1階にあるレストランは入館無料ですが、<br />展望台へは大人550円(JAF会員証提示で50円引き)が必要です。<br />(エレベーターなし)

    寒風山展望台に入ります。

    1階にあるレストランは入館無料ですが、
    展望台へは大人550円(JAF会員証提示で50円引き)が必要です。
    (エレベーターなし)

    スカイパーク寒風山回転展望台 グルメ・レストラン

  • 入館料を払って入ると 早速なまはげがお出迎え。<br />2階は 男鹿半島・大潟ジオパーク展示室、<br />3階は 男鹿半島なるほど展示室ということで、男鹿の歴史や自然、生活などが紹介されていました。

    入館料を払って入ると 早速なまはげがお出迎え。
    2階は 男鹿半島・大潟ジオパーク展示室、
    3階は 男鹿半島なるほど展示室ということで、男鹿の歴史や自然、生活などが紹介されていました。

  • そして、4階が回転展望室になっています。<br />1回転13分、360度ガラス張りの回転展望室です。

    そして、4階が回転展望室になっています。
    1回転13分、360度ガラス張りの回転展望室です。

  • 絶景が望めました(^^)

    絶景が望めました(^^)

  • 続いて、入道崎灯台へも行きました。

    続いて、入道崎灯台へも行きました。

    入道崎 自然・景勝地

  • 参観寄付金300円を払って灯台にのぼりました。<br />灯台から駐車場が見えましたが、ガラガラですね.....(^^;

    参観寄付金300円を払って灯台にのぼりました。
    灯台から駐車場が見えましたが、ガラガラですね.....(^^;

  • 灯台からの眺望<br /><br />上の写真は 青森方面です。

    灯台からの眺望

    上の写真は 青森方面です。

  • この日のお宿は、<br />秋田男鹿温泉郷 元湯 雄山閣 です。<br />日本秘湯を守る会の会員宿になります。

    この日のお宿は、
    秋田男鹿温泉郷 元湯 雄山閣 です。
    日本秘湯を守る会の会員宿になります。

    男鹿温泉郷 元湯雄山閣 宿・ホテル

    2名1室合計 30,800円~

  • フロント

    フロント

  • お土産コーナー

    お土産コーナー

  • ロビー

    ロビー

  • フロントでチェクインを済ませ部屋に案内していただきました。<br />(館内エレベーターなし)<br /><br />お部屋は2階の「桐」でした。<br />失礼ながら、ちょっと古いお宿をイメージしていたのですが、良い意味で期待を裏切られました.....(^^)<br />

    フロントでチェクインを済ませ部屋に案内していただきました。
    (館内エレベーターなし)

    お部屋は2階の「桐」でした。
    失礼ながら、ちょっと古いお宿をイメージしていたのですが、良い意味で期待を裏切られました.....(^^)

  • 踏込み

    踏込み

  • トイレ

    トイレ

  • 洗面

    洗面

  • 8畳のお部屋を予約していました。<br />広縁の部分が琉球畳になっています。<br />和畳4畳分くらいあるかな?<br />段差もないため 広く使えます。<br />リノベ済みのようで、キレイなお部屋でした。<br />

    8畳のお部屋を予約していました。
    広縁の部分が琉球畳になっています。
    和畳4畳分くらいあるかな?
    段差もないため 広く使えます。
    リノベ済みのようで、キレイなお部屋でした。

  • 和室

    和室

  • 広縁<br /> <br />冷蔵庫内は有料の瓶ビールが3本入っていました。<br /><br />

    広縁
     
    冷蔵庫内は有料の瓶ビールが3本入っていました。

  • 浴衣<br />バスタオル<br />サービスタオル<br /><br />浴衣は「中」が人数分と、「小」「大」が一枚ずつありました。

    浴衣
    バスタオル
    サービスタオル

    浴衣は「中」が人数分と、「小」「大」が一枚ずつありました。

  • お茶請けは、種なし梅と秋田銘菓のなまはげ太鼓でした。

    お茶請けは、種なし梅と秋田銘菓のなまはげ太鼓でした。

  • お茶セット(茶葉)

    お茶セット(茶葉)

  • 女性のみ DHCスキンケアセットがいただけました。

    女性のみ DHCスキンケアセットがいただけました。

  • 部屋からの眺望<br />日本海と・・・男湯の露天風呂が少し見えました(≧◇≦)

    部屋からの眺望
    日本海と・・・男湯の露天風呂が少し見えました(≧◇≦)

  • 写真は部屋の前から撮っています。<br />突き当りを下りていくと大浴場になります。<br /><br />左手には洗面台が 4台くらいありました。<br />昔は洗面所のないお部屋があったのでしょうかね。

    写真は部屋の前から撮っています。
    突き当りを下りていくと大浴場になります。

    左手には洗面台が 4台くらいありました。
    昔は洗面所のないお部屋があったのでしょうかね。

  • お隣の「紅葉」のお部屋はリノベ中だったので、<br />2階の部屋の中では、私たちの部屋が最も大浴場に近い客室だったようです。

    お隣の「紅葉」のお部屋はリノベ中だったので、
    2階の部屋の中では、私たちの部屋が最も大浴場に近い客室だったようです。

  • といっても、2階からは大浴場まで60段ほどの階段を下りなければなりません。<br />当然ですが 帰りは上りです(&gt;_&lt;)<br />エレベーターがないので、できれば1階の客室の方が良いかと思います。<br />1階からでも30段はありますが(^^;

    といっても、2階からは大浴場まで60段ほどの階段を下りなければなりません。
    当然ですが 帰りは上りです(>_<)
    エレベーターがないので、できれば1階の客室の方が良いかと思います。
    1階からでも30段はありますが(^^;

  • この自販機は1階に下りてきたところにあったかと?

    この自販機は1階に下りてきたところにあったかと?

  • そこから少し歩いてーーー

    そこから少し歩いてーーー

  • 最後の階段を下りましょう~ガンバレ!

    最後の階段を下りましょう~ガンバレ!

  • 大浴場に到着!<br /><br />行きも帰りも、くれぐれも 忘れ物などをしないようにしましょう~(^^)<br />

    大浴場に到着!

    行きも帰りも、くれぐれも 忘れ物などをしないようにしましょう~(^^)

  • 女湯 脱衣所

    女湯 脱衣所

  • 女湯 洗い場

    女湯 洗い場

  • 内湯<br /><br />泉質:ナトリウム塩化物泉<br />源泉かけ流し 加水・加温なし

    内湯

    泉質:ナトリウム塩化物泉
    源泉かけ流し 加水・加温なし

  • なまはげ面から勢いよくお湯が噴出しています!<br />季節や気温によって 湯色が茶褐色、緑、白色と変わるようです。<br /><br />湯温が少し熱めだったので、露天風呂に行ってみます。

    なまはげ面から勢いよくお湯が噴出しています!
    季節や気温によって 湯色が茶褐色、緑、白色と変わるようです。

    湯温が少し熱めだったので、露天風呂に行ってみます。

  • 内湯から外に出ますが、またもや階段です。

    内湯から外に出ますが、またもや階段です。

  • ちょっと怖いような・・・

    ちょっと怖いような・・・

  • 半露天なので冬も安心して入れそうですね。<br />こちらも勢いよくお湯が出ていました。

    半露天なので冬も安心して入れそうですね。
    こちらも勢いよくお湯が出ていました。

  • 露天風呂の方は適温だったのでゆっくり入ることが出来ました。<br />それにしても、すっごい析出物ですね(@_@)

    露天風呂の方は適温だったのでゆっくり入ることが出来ました。
    それにしても、すっごい析出物ですね(@_@)

  • 独泉を満喫した後は、頑張ってお部屋に戻りましょう~┗|`O′|┛

    独泉を満喫した後は、頑張ってお部屋に戻りましょう~┗|`O′|┛

  • 夕食は1階の食事処でいただきました。<br />18:00/19:00

    夕食は1階の食事処でいただきました。
    18:00/19:00

  • 私たちが案内されたのは小あがりスペースでした。

    私たちが案内されたのは小あがりスペースでした。

  • お品書き

    お品書き

  • この日のお酒は<br />刈穂 吟醸生 六舟 にしました。

    この日のお酒は
    刈穂 吟醸生 六舟 にしました。

  • (*^-^)ノ■☆■ヾ(^-^*)乾杯!

    (*^-^)ノ■☆■ヾ(^-^*)乾杯!

  • 手前の前菜は<br /> 烏賊酒盗和え<br /> 寿司ハタハタ<br /> クロモ酢<br /><br />造り<br /> 鯛 スズキ タコ 甘海老<br /><br />酢物<br /> とろろ若布 海老<br /><br />香物<br /> いぶりがっこ 割り干し大根<br />

    手前の前菜は
     烏賊酒盗和え
     寿司ハタハタ
     クロモ酢

    造り
     鯛 スズキ タコ 甘海老

    酢物
     とろろ若布 海老

    香物
     いぶりがっこ 割り干し大根

  • 陶板<br /> 豚肉の秋田味噌チャンチャン焼き

    陶板
     豚肉の秋田味噌チャンチャン焼き

  • 椀<br /> 男鹿の田舎料理 あんぷら餅<br />  (あんぷらはすりおろしたじゃがいもに片栗粉などを加え餅状にしたもの)<br />  <br />


     男鹿の田舎料理 あんぷら餅
      (あんぷらはすりおろしたじゃがいもに片栗粉などを加え餅状にしたもの)
      

  • 煮物<br /> 男鹿産 サザエ煮

    煮物
     男鹿産 サザエ煮

  • 焼物<br /> カラス鰈幽庵焼き

    焼物
     カラス鰈幽庵焼き

  • 男鹿名物 石焼料理の実演がありました。<br /><br />真っ赤になるまで焼いた溶結凝灰岩(ようけつぎょうかいがん)という男鹿の石を、新鮮な魚介と汁を入れた木桶に投げ込み、短時間で一気に加熱することで、魚介に旨味を閉じ込め、しっかりとした身の食感が味わえます。<br /><br />

    男鹿名物 石焼料理の実演がありました。

    真っ赤になるまで焼いた溶結凝灰岩(ようけつぎょうかいがん)という男鹿の石を、新鮮な魚介と汁を入れた木桶に投げ込み、短時間で一気に加熱することで、魚介に旨味を閉じ込め、しっかりとした身の食感が味わえます。

  • カワハギ、ワタリガニ、海老、ワカメ、ネギなどたっぷり入っています。<br />いいお出汁が出て美味しかったです。<br /><br />石焼料理はかなりの高温の為、普通のお椀だと熱くて持てないので、木桶の椀で提供されるのだそうです。

    カワハギ、ワタリガニ、海老、ワカメ、ネギなどたっぷり入っています。
    いいお出汁が出て美味しかったです。

    石焼料理はかなりの高温の為、普通のお椀だと熱くて持てないので、木桶の椀で提供されるのだそうです。

  • 御飯<br /> あきたこまち

    御飯
     あきたこまち

  • 水菓子<br /> 男鹿梨 レモン蜜煮<br /><br />1時間かからず夕食は終了。<br />配膳はちょっと早めのペースでしたが、この後予定があるのでそれも良かったです。

    水菓子
     男鹿梨 レモン蜜煮

    1時間かからず夕食は終了。
    配膳はちょっと早めのペースでしたが、この後予定があるのでそれも良かったです。

  • 部屋に戻ると冷水が置かれていました。

    部屋に戻ると冷水が置かれていました。

  • 夕食後は男鹿温泉交流会館「五風」で開催される &quot; なまはげふれあい太鼓ライブ &quot; を見に行きます。<br />宿で600円を払いチケットをもらいます。<br />歩いても行ける距離ですが、宿のバスで送迎してもらえました。

    夕食後は男鹿温泉交流会館「五風」で開催される " なまはげふれあい太鼓ライブ " を見に行きます。
    宿で600円を払いチケットをもらいます。
    歩いても行ける距離ですが、宿のバスで送迎してもらえました。

  • 2分かからず男鹿温泉交流会館に到着しました。<br />8時半開演ですが、8時10分頃には到着していたので、前方の席に座ることが出来ました。

    2分かからず男鹿温泉交流会館に到着しました。
    8時半開演ですが、8時10分頃には到着していたので、前方の席に座ることが出来ました。

    男鹿温泉交流会館五風 温泉

  • なまはげが客席の間を通って登場するのですが、ちょうど私の横を通って行きました(@_@)<br />初めて見るなまはげ.......(&gt;ω&lt; )<br />テレビで「泣く子はいねぇがー」っとなまはげが地域の家々をまわり、小さな子供たちが泣いている映像を見ますが、大人の私でも十分怖かったです{{{(&gt;_&lt;)}}}<br />

    なまはげが客席の間を通って登場するのですが、ちょうど私の横を通って行きました(@_@)
    初めて見るなまはげ.......(>ω< )
    テレビで「泣く子はいねぇがー」っとなまはげが地域の家々をまわり、小さな子供たちが泣いている映像を見ますが、大人の私でも十分怖かったです{{{(>_<)}}}

  • お腹に響く太鼓の迫力ある音とパフォーマンスに感動しました!!

    お腹に響く太鼓の迫力ある音とパフォーマンスに感動しました!!

  • メンバーの方々はプロではなく、それぞれ仕事をもたれているそうです。<br />30分ほどでしたが 素晴らしいライブでした。<br />男鹿に行かれたら、是非足を運んでみてください♪

    メンバーの方々はプロではなく、それぞれ仕事をもたれているそうです。
    30分ほどでしたが 素晴らしいライブでした。
    男鹿に行かれたら、是非足を運んでみてください♪

  • ライブの余韻に浸りながら就寝~

    ライブの余韻に浸りながら就寝~

  • 朝一は露天風呂へ~

    朝一は露天風呂へ~

  • 今日も湯の花いっぱいの温泉☆

    今日も湯の花いっぱいの温泉☆

  • 朝食<br /><br />食事処に入る前に検温がありました。<br />二日目にも検温があったのは、こちらのお宿だけでした。<br />確かに必要かもしれませんね。

    朝食

    食事処に入る前に検温がありました。
    二日目にも検温があったのは、こちらのお宿だけでした。
    確かに必要かもしれませんね。

  • ご飯はあきたこまち、<br />味噌汁のお味噌は隣町の小玉醸造の秋田味噌、<br />ハタハタ生姜煮、<br />その他、三種町のジュンサイや八郎潟の佃煮、男鹿産ギバザ(海藻)などがありました。

    ご飯はあきたこまち、
    味噌汁のお味噌は隣町の小玉醸造の秋田味噌、
    ハタハタ生姜煮、
    その他、三種町のジュンサイや八郎潟の佃煮、男鹿産ギバザ(海藻)などがありました。

  • 湯豆腐(男鹿 武田豆腐店)<br /><br />玉子焼きが甘かった(^^;のだけは残念でしたが、<br />お味噌汁は、秋田の食事の醤油辛いイメージを覆す美味しいものでした(^_-)

    湯豆腐(男鹿 武田豆腐店)

    玉子焼きが甘かった(^^;のだけは残念でしたが、
    お味噌汁は、秋田の食事の醤油辛いイメージを覆す美味しいものでした(^_-)

  • 食事を終えて食事処を出ると、サービスのコーヒーが置かれていました。<br />地元 秋田ブランドの「ナガハマコーヒー」だそうです。<br />とても美味しいコーヒーでした。<br /><br />ゆっくりコーヒーをいただいて、今日は青森に向かって出発します。<br />

    食事を終えて食事処を出ると、サービスのコーヒーが置かれていました。
    地元 秋田ブランドの「ナガハマコーヒー」だそうです。
    とても美味しいコーヒーでした。

    ゆっくりコーヒーをいただいて、今日は青森に向かって出発します。

2いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

男鹿の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集