シウダー・デル・エステ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
イグアス日本人移住地集落から約10km西にある民宿小林での滞在記録を順不同で紹介。<br />後半は、民宿小林から路線バスで行ってきたイタイプダムとシウダー・デル・エステ観光記。

パラグアイ イグアス日本人移住地②・シウダーデルエステ

7いいね!

2020/03/05 - 2020/03/08

21位(同エリア52件中)

fromatozさん

この旅行記のスケジュール

2020/03/05

  • 41km地点(路線バス)53km地点

2020/03/07

  • 53km地点(路線バス)イタイプ

  • イタイプ(路線バス)シウダー・デル・エステ

  • シウダー・デル・エステ(路線バス)53km地点

イグアス日本人移住地集落から約10km西にある民宿小林での滞在記録を順不同で紹介。
後半は、民宿小林から路線バスで行ってきたイタイプダムとシウダー・デル・エステ観光記。

同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • イグアス日本人移住地の41km地点のバス停から路線バスに乗車し、53km地点で降りる。料金は5000グアラニー。41km、53kmはシウダー・デル・エステからの距離。

    イグアス日本人移住地の41km地点のバス停から路線バスに乗車し、53km地点で降りる。料金は5000グアラニー。41km、53kmはシウダー・デル・エステからの距離。

  • 民宿小林は53km地点から数100m南に行った場所にあり、すぐ向こうには広大な農地が見渡せる。周辺に民家はほとんどない。

    民宿小林は53km地点から数100m南に行った場所にあり、すぐ向こうには広大な農地が見渡せる。周辺に民家はほとんどない。

  • 民宿小林の屋上からの景色。手前は民宿小林の庭。

    民宿小林の屋上からの景色。手前は民宿小林の庭。

  • 向こうの林の方まで行ってみる。この道は宿で飼っている犬の散歩コースにもなっている。

    向こうの林の方まで行ってみる。この道は宿で飼っている犬の散歩コースにもなっている。

  • 赤土の道を上りきった場所で道路は左折し、林の方はトウモロコシ畑が広がっており、林までは意外と遠い。トウモロコシ畑は歩けそうにないので、ここで引き返す。<br />※2つ上の写真はズームで撮影したため、実際に見えるより林が大きく写っている。

    赤土の道を上りきった場所で道路は左折し、林の方はトウモロコシ畑が広がっており、林までは意外と遠い。トウモロコシ畑は歩けそうにないので、ここで引き返す。
    ※2つ上の写真はズームで撮影したため、実際に見えるより林が大きく写っている。

  • 民宿小林の西の方に小さな学校があり、中を覗かせてもらう。民宿小林は日本人移住地集落から約10km離れており、この辺りに日系人はほとんど住んでいないようだ。

    民宿小林の西の方に小さな学校があり、中を覗かせてもらう。民宿小林は日本人移住地集落から約10km離れており、この辺りに日系人はほとんど住んでいないようだ。

  • シウダー・デル・エステとアスンシオンを結ぶ幹線道路。うねるような地形。

    シウダー・デル・エステとアスンシオンを結ぶ幹線道路。うねるような地形。

  • 民宿小林では犬の他に猫も飼っている。

    民宿小林では犬の他に猫も飼っている。

  • 子猫が多いが、警戒して懐いてはくれない。

    子猫が多いが、警戒して懐いてはくれない。

  • 犬は4匹。もっといたのだが、ウイルス性の感染症で次々に死んでしまったとのこと。

    犬は4匹。もっといたのだが、ウイルス性の感染症で次々に死んでしまったとのこと。

  • 犬はすぐに懐く。どの犬もお腹をさすられるのが好き。

    犬はすぐに懐く。どの犬もお腹をさすられるのが好き。

  • 夕方には宿泊者と散歩するのが日課。

    夕方には宿泊者と散歩するのが日課。

  • 散歩コースから眺める夕日。

    散歩コースから眺める夕日。

  • 別の日の日の入り後。空気が澄んでいるので上空が紫っぽく写る。<br />星空も綺麗で、日本からは見られない南十字星も見えた。

    別の日の日の入り後。空気が澄んでいるので上空が紫っぽく写る。
    星空も綺麗で、日本からは見られない南十字星も見えた。

  • リクエストすれば釣りに連れて行ってくれることもある。運良く滞在中、釣りに出かける日があり、私も参加。場所は数km離れた釣り堀で、車で向かう。竿はシンプルな竹の竿で浮きは付いていない。

    リクエストすれば釣りに連れて行ってくれることもある。運良く滞在中、釣りに出かける日があり、私も参加。場所は数km離れた釣り堀で、車で向かう。竿はシンプルな竹の竿で浮きは付いていない。

  • 餌は穀物か何かの粉末を水に溶かし丸めて乾燥させたもの。乾燥しているので固く、そのままだと針に刺さりづらいので、水に浸して表面をふやけさせてから針に刺す。

    餌は穀物か何かの粉末を水に溶かし丸めて乾燥させたもの。乾燥しているので固く、そのままだと針に刺さりづらいので、水に浸して表面をふやけさせてから針に刺す。

  • 釣り堀といってもコンクリートは一切ない人工的な池。<br />周りの民宿小林宿泊者が次々に釣れる中、なかなか釣れないが一匹だけ釣れた。

    釣り堀といってもコンクリートは一切ない人工的な池。
    周りの民宿小林宿泊者が次々に釣れる中、なかなか釣れないが一匹だけ釣れた。

  • 別の池にパラグアイ人の家族がおり、次々に釣っているのでしばし見学。こんな小さな子供も釣り上げる。ここで釣れる魚のほとんどが食用に適したティラピアという魚。

    別の池にパラグアイ人の家族がおり、次々に釣っているのでしばし見学。こんな小さな子供も釣り上げる。ここで釣れる魚のほとんどが食用に適したティラピアという魚。

  • 6人でこれだけの数を釣っていた。<br />釣り堀なので無料ではなく、釣った分(持ち帰る分)は有料と思われる。我々の分は一緒に釣りをした民宿小林のご主人が払ってくれており、参加者は無料で釣りをさせてもらえたことになる。

    6人でこれだけの数を釣っていた。
    釣り堀なので無料ではなく、釣った分(持ち帰る分)は有料と思われる。我々の分は一緒に釣りをした民宿小林のご主人が払ってくれており、参加者は無料で釣りをさせてもらえたことになる。

  • 釣った魚の一部は当日の夕食に。

    釣った魚の一部は当日の夕食に。

  • この日はアサード(焼き肉)も。豪華な夕食。

    この日はアサード(焼き肉)も。豪華な夕食。

  • 民宿小林では、様々なメニューの夕食が食べられる。この日はすき焼き。他にそうめんの日もあった。

    民宿小林では、様々なメニューの夕食が食べられる。この日はすき焼き。他にそうめんの日もあった。

  • 朝食は、だいたい前日の余り物。ご飯が少ないときは、サービスで追加してくれることもある。卵も付く。この日はキュウリの漬物も出してくれた。それと、毎日午前中に、約10km離れた場所にあるイグアス移住地集落のスーパーへ車で連れて行ってもらえるので、各人お好みで昼食やら、翌朝に追加で食べるものやビール等を購入しておく。

    朝食は、だいたい前日の余り物。ご飯が少ないときは、サービスで追加してくれることもある。卵も付く。この日はキュウリの漬物も出してくれた。それと、毎日午前中に、約10km離れた場所にあるイグアス移住地集落のスーパーへ車で連れて行ってもらえるので、各人お好みで昼食やら、翌朝に追加で食べるものやビール等を購入しておく。

  • 民宿小林の料金表(2020年3月現在)

    民宿小林の料金表(2020年3月現在)

  • ここからは、イタイプダム、シウダー・デル・エステ観光に行った記録。<br />事前に宿のお母さんに行き方を確認。4km地点で降り、バスを乗り換えて行くとのこと。<br />民宿小林最寄りの53km地点からシウダー・デル・エステ行きのバスに乗る。53km地点は、標識もない場所。アスンシオン方面から来るバスを手を横に挙げて停めて、運転手にイタイプダムに行きたいことを伝える。料金は15000グアラニー。

    ここからは、イタイプダム、シウダー・デル・エステ観光に行った記録。
    事前に宿のお母さんに行き方を確認。4km地点で降り、バスを乗り換えて行くとのこと。
    民宿小林最寄りの53km地点からシウダー・デル・エステ行きのバスに乗る。53km地点は、標識もない場所。アスンシオン方面から来るバスを手を横に挙げて停めて、運転手にイタイプダムに行きたいことを伝える。料金は15000グアラニー。

  • バスは意外と混んでいて、座ることができなかった。右の人がマテ茶というパラグアイではポピュラーなお茶を飲んでいる。専用の茶器にマテ茶の葉っぱを入れ、水を注ぎ(フロントに水筒が置かれている)、ボンビーリャと呼ばれる茶こしの付いた専用のストローで飲む。なお、ブラジルやアルゼンチンでは温かいマテ茶を飲むが、パラグアイでは冷たい(常温の)マテ茶を好んで飲むとのこと。

    バスは意外と混んでいて、座ることができなかった。右の人がマテ茶というパラグアイではポピュラーなお茶を飲んでいる。専用の茶器にマテ茶の葉っぱを入れ、水を注ぎ(フロントに水筒が置かれている)、ボンビーリャと呼ばれる茶こしの付いた専用のストローで飲む。なお、ブラジルやアルゼンチンでは温かいマテ茶を飲むが、パラグアイでは冷たい(常温の)マテ茶を好んで飲むとのこと。

  • 4km地点でバスを降り、道路を渡って反対側にあるバス停からHernandarias行きバスに乗る。料金は3000グアラニー。

    4km地点でバスを降り、道路を渡って反対側にあるバス停からHernandarias行きバスに乗る。料金は3000グアラニー。

  • バスはイタイプダムまでは行かず、運転手から降りるよう言われた場所で降りる。向こうへ歩いて行くよう身振り交じりで言われ、地図アプリのMAP.MEを頼りに歩いて行く。数100m歩いた場所で料金所みたいな小屋のある写真の場所に着き、右画面外にある建物の守衛さんに確認すると、その建物に行くよう言われる。

    バスはイタイプダムまでは行かず、運転手から降りるよう言われた場所で降りる。向こうへ歩いて行くよう身振り交じりで言われ、地図アプリのMAP.MEを頼りに歩いて行く。数100m歩いた場所で料金所みたいな小屋のある写真の場所に着き、右画面外にある建物の守衛さんに確認すると、その建物に行くよう言われる。

  • この建物の中に受付があり、パスポートを見せ、次の時間のダム見学ツアーを予約。ツアーは無料。

    この建物の中に受付があり、パスポートを見せ、次の時間のダム見学ツアーを予約。ツアーは無料。

  • イタイプダム見学ツアースケジュール。上が平日、下が土日祝日。9:30過ぎに到着したので、10:00からのツアーに参加。

    イタイプダム見学ツアースケジュール。上が平日、下が土日祝日。9:30過ぎに到着したので、10:00からのツアーに参加。

  • 受付のある建物の2階にシアターがあり、10:00からここで10数分程度のイタイプダム建造の歴史等の映画を見る。このシアターがほぼ満員になっていた。

    受付のある建物の2階にシアターがあり、10:00からここで10数分程度のイタイプダム建造の歴史等の映画を見る。このシアターがほぼ満員になっていた。

  • 続いて、建物の外にあるバス乗場からバスに乗ってイタイプダムへ。

    続いて、建物の外にあるバス乗場からバスに乗ってイタイプダムへ。

  • 10:40頃、イタイプダムの展望台で下車観光。手前のダムは形状が想像していたダムと違い、緩傾斜。これは水量調整の放流用で、常時放流しているのではないらしく、残念ながら訪問した日時は放流されてなかった。メインのダムは右奥に見えるもので、そこでは常時放流し、発電もしているようだ。

    10:40頃、イタイプダムの展望台で下車観光。手前のダムは形状が想像していたダムと違い、緩傾斜。これは水量調整の放流用で、常時放流しているのではないらしく、残念ながら訪問した日時は放流されてなかった。メインのダムは右奥に見えるもので、そこでは常時放流し、発電もしているようだ。

  • ダムはパラナ川の流域にあり、この下流にシウダー・デル・エステとブラジルのフォス・ド・イグアス間の国境に架かる友情の橋がある。この川にブラジルとの国境があり、向こう岸はブラジル。さらに下流でイグアスの滝を通るイグアス川と合流し、ブエノスアイレス付近でウルグアイ川と合流し、ラプラタ川になる。

    ダムはパラナ川の流域にあり、この下流にシウダー・デル・エステとブラジルのフォス・ド・イグアス間の国境に架かる友情の橋がある。この川にブラジルとの国境があり、向こう岸はブラジル。さらに下流でイグアスの滝を通るイグアス川と合流し、ブエノスアイレス付近でウルグアイ川と合流し、ラプラタ川になる。

  • 10:50頃、バスに再び乗り、メインのダムの真横(下の写真の白い送水管が並んでいる場所)を通り抜け、ブラジル側からダムの堤防に上がり、折り返し、堤防の上の道を戻る。堤防の上流側もパラナ川なのだが、貯水湖になっている。

    10:50頃、バスに再び乗り、メインのダムの真横(下の写真の白い送水管が並んでいる場所)を通り抜け、ブラジル側からダムの堤防に上がり、折り返し、堤防の上の道を戻る。堤防の上流側もパラナ川なのだが、貯水湖になっている。

    イタイプー ダム 滝・河川・湖

  • 堤防の上からメインのダムが見える。ここで発電に使われた水が放流され、パラナ川の続きとなって流れていく。

    堤防の上からメインのダムが見える。ここで発電に使われた水が放流され、パラナ川の続きとなって流れていく。

  • 展望台から見えた放流用ダムの上を通る。下車しないまま11:15頃に出発した場所に戻り、その場で解散。

    展望台から見えた放流用ダムの上を通る。下車しないまま11:15頃に出発した場所に戻り、その場で解散。

  • イタイプダム近くのバス乗場から路線バスでシウダー・デル・エステの中心街へ(料金3000グアラニー)。中心街西の端にある近距離バスターミナル(Terminal Bus Urbano)で途中下車。

    イタイプダム近くのバス乗場から路線バスでシウダー・デル・エステの中心街へ(料金3000グアラニー)。中心街西の端にある近距離バスターミナル(Terminal Bus Urbano)で途中下車。

  • 近距離バスターミナルの近くにある「地球の歩き方」に紹介されていたNEW TOKIOで昼食。重さで料金が決まるポルキロ(1kg当たり65000グアラニー)のビュッフェで、今回食べた量は592gで38450グアラニー。

    近距離バスターミナルの近くにある「地球の歩き方」に紹介されていたNEW TOKIOで昼食。重さで料金が決まるポルキロ(1kg当たり65000グアラニー)のビュッフェで、今回食べた量は592gで38450グアラニー。

    ニュー トーキョー 和食

  • ビルが建ち並ぶ中心街の北側の居住地は、粗末な民家が多く、少し危険な感じがしたので、これ以上進むのはやめておいた。

    ビルが建ち並ぶ中心街の北側の居住地は、粗末な民家が多く、少し危険な感じがしたので、これ以上進むのはやめておいた。

  • 衣類、食品、電化製品、生活用品等々、雑多な店舗が建ち並んでいる。

    衣類、食品、電化製品、生活用品等々、雑多な店舗が建ち並んでいる。

  • ブラジルとの国境へ続く道は大渋滞。一番奥に見える屋根がある場所が、パラグアイのイミグレ。

    ブラジルとの国境へ続く道は大渋滞。一番奥に見える屋根がある場所が、パラグアイのイミグレ。

  • ショッピングモールにも入ってみる。電化製品、食器、照明、雑貨等々、中流階級以上向けと思われる商品を扱う店舗が数フロアにかけて入っている。

    ショッピングモールにも入ってみる。電化製品、食器、照明、雑貨等々、中流階級以上向けと思われる商品を扱う店舗が数フロアにかけて入っている。

  • 道端にあったマテ茶用の水筒、茶器、ボンビーリャを売る店舗。パラグアイではしばしば見かける。

    道端にあったマテ茶用の水筒、茶器、ボンビーリャを売る店舗。パラグアイではしばしば見かける。

  • 街角で見かけた子供達。先住民族系(グアラニー族か)の顔立ち。

    街角で見かけた子供達。先住民族系(グアラニー族か)の顔立ち。

  • アサイーのアイス屋台で休憩。この人はラテン系の顔立ち。

    アサイーのアイス屋台で休憩。この人はラテン系の顔立ち。

  • 中心街から長距離バスターミナル(Terminal de Omnibus Ciudad del Este)の近くまで路線バスで移動し、長距離バスターミナルから民宿小林の最寄りの53km地点へ。所要2時間弱。料金は15000グアラニー。

    中心街から長距離バスターミナル(Terminal de Omnibus Ciudad del Este)の近くまで路線バスで移動し、長距離バスターミナルから民宿小林の最寄りの53km地点へ。所要2時間弱。料金は15000グアラニー。

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

パラグアイで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
パラグアイ最安 780円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

パラグアイの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集