会津若松旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 JRの「北海道・東日本パス」(1人連続7日間10,850円当時)を利用して、東京→福島→新潟→東京と普通列車の旅をしてきました。<br /><br /> 郡山に3泊:喜多方で蔵巡り→猪苗代湖で安積疏水関連施設の十六橋水門→会津飯盛山の栄螺堂<br /> 新潟に3泊:鮭の町村上→新潟市内・古町花街→長岡駅周辺<br /><br /> 今回の旅行記は、郡山から新潟へ磐越西線で移動中、会津若松途中下車、飯盛山の栄螺堂を訪れた時の報告です。

栄螺堂へ 2019年9月 福島・新潟④

22いいね!

2019/09/22 - 2019/09/28

254位(同エリア1104件中)

旅行記グループ 2019年9月 福島・新潟

0

39

ひよどり

ひよどりさん

 JRの「北海道・東日本パス」(1人連続7日間10,850円当時)を利用して、東京→福島→新潟→東京と普通列車の旅をしてきました。

 郡山に3泊:喜多方で蔵巡り→猪苗代湖で安積疏水関連施設の十六橋水門→会津飯盛山の栄螺堂
 新潟に3泊:鮭の町村上→新潟市内・古町花街→長岡駅周辺

 今回の旅行記は、郡山から新潟へ磐越西線で移動中、会津若松途中下車、飯盛山の栄螺堂を訪れた時の報告です。

PR

  •  会津若松駅  1<br /><br /> 会津若松の駅前には、大きな「あかべこ」と白虎隊の少年像があります。観光で来た私達は、まず、そこで足が止まりました。

     会津若松駅 1

     会津若松の駅前には、大きな「あかべこ」と白虎隊の少年像があります。観光で来た私達は、まず、そこで足が止まりました。

  •  会津若松駅  2

     会津若松駅 2

  •  子安観世音  1<br /><br /> 今日の目的地は、栄螺堂です。<br /> 会津若松駅前から東にまっすぐ伸びる大通り(白虎通り)を2km程進めば到達します。<br /> 道の両側には、ビルや大型店、住宅が続き、古い物好きには面白味に欠ける道ですが、駅から10分程、お堂を見つけました。扁額には、「子安観音堂」とあります。<br /> お堂は新しいものの、左手のいくつかの石碑が気になりました。<br /> 石碑には、「何時」や「何処」や「何故」などが記され、人の営みがダイレクトに伝わって来ます。古い年号と出会うと、レアなアイテムをゲットした気分になります。

     子安観世音 1

     今日の目的地は、栄螺堂です。
     会津若松駅前から東にまっすぐ伸びる大通り(白虎通り)を2km程進めば到達します。
     道の両側には、ビルや大型店、住宅が続き、古い物好きには面白味に欠ける道ですが、駅から10分程、お堂を見つけました。扁額には、「子安観音堂」とあります。
     お堂は新しいものの、左手のいくつかの石碑が気になりました。
     石碑には、「何時」や「何処」や「何故」などが記され、人の営みがダイレクトに伝わって来ます。古い年号と出会うと、レアなアイテムをゲットした気分になります。

  •  子安観世音  2 <br /><br /> 背の高い石柱には「古峰神社 村中安全」側面に「明治三十九年」、手前の黒っぽい自然石の姿の石碑には「湯殿山」、背面「明治十九年」とあります。<br /> 「講」による参詣成就の記念碑でしょう。古峰神社は栃木県の天狗で有名な神社、湯殿山は山形県出羽三山の一つです。<br /> 全国各地の参詣講は、現在も継続して行われているようですが、石碑を建てることは苦労が多く、廃れているようです。

     子安観世音 2 

     背の高い石柱には「古峰神社 村中安全」側面に「明治三十九年」、手前の黒っぽい自然石の姿の石碑には「湯殿山」、背面「明治十九年」とあります。
     「講」による参詣成就の記念碑でしょう。古峰神社は栃木県の天狗で有名な神社、湯殿山は山形県出羽三山の一つです。
     全国各地の参詣講は、現在も継続して行われているようですが、石碑を建てることは苦労が多く、廃れているようです。

  •  子安観世音  3<br /> <br /> 二つの石碑の後ろには、馬頭観世音があります。裏には、「大正」「村中安全」の文字が読めます。<br /> <br /> 石碑や銅像を建てる・・・購入したものに日付を記す・・・<br /> 最近は、流行らないことになってしまいましたね。

     子安観世音 3
     
     二つの石碑の後ろには、馬頭観世音があります。裏には、「大正」「村中安全」の文字が読めます。
     
     石碑や銅像を建てる・・・購入したものに日付を記す・・・
     最近は、流行らないことになってしまいましたね。

  •  会津若松駅前から、だらだら歩いて30分、飯盛山のふもとに着きました。<br /> 駐車場には、白虎隊の成立から、戊辰戦争、自刃までを描いた絵(上の写真を含めて4点)が展示してありました。

     会津若松駅前から、だらだら歩いて30分、飯盛山のふもとに着きました。
     駐車場には、白虎隊の成立から、戊辰戦争、自刃までを描いた絵(上の写真を含めて4点)が展示してありました。

  •  飯盛山のふもとは、頂上にある白虎隊の墓所を訪れる人で賑わっています。山頂までのエスカレーターもあります。

     飯盛山のふもとは、頂上にある白虎隊の墓所を訪れる人で賑わっています。山頂までのエスカレーターもあります。

  •  栄螺堂に行くには、人の流れから離れ、左に進みます。

     栄螺堂に行くには、人の流れから離れ、左に進みます。

  •  参道に、昨日、行ったばかりの十六橋の古い欄干の柱が置かれていました。<br /><br /> 戊辰戦争「十六橋の戦い」の舞台になった橋の一部なのですね。<br />

     参道に、昨日、行ったばかりの十六橋の古い欄干の柱が置かれていました。

     戊辰戦争「十六橋の戦い」の舞台になった橋の一部なのですね。

  •  ふもとの駐車場の絵の中の「十六橋の戦い」<br /><br /> 橋は、堅牢であった為、崩すことが出来ず、銃装備の差もあり、新政府軍を会津に侵攻させてしまいました。

     ふもとの駐車場の絵の中の「十六橋の戦い」

     橋は、堅牢であった為、崩すことが出来ず、銃装備の差もあり、新政府軍を会津に侵攻させてしまいました。

  •  前日訪れた現在の「十六橋」<br /><br /> 飯盛山の参道から猪苗代湖北西湖岸に近いこの橋まで西におよそ7kmの距離です。

     前日訪れた現在の「十六橋」

     飯盛山の参道から猪苗代湖北西湖岸に近いこの橋まで西におよそ7kmの距離です。

  •  参道の先には鳥居が見えています。<br /> 気になるのは、水の流れる音がすることです。

     参道の先には鳥居が見えています。
     気になるのは、水の流れる音がすることです。

  •  戸ノ口堰  1<br /><br /> 勢いよく流れています。<br /> 猪苗代湖から会津城下まで続く「戸ノ口堰」と呼ばれる水路です。

     戸ノ口堰 1

     勢いよく流れています。
     猪苗代湖から会津城下まで続く「戸ノ口堰」と呼ばれる水路です。

  •  戸ノ口堰  2<br /> <br /> 会津城下と猪苗代湖の間には飯盛山があります。水路を造ることが難工事であったことは、想像できます。<br /> 

     戸ノ口堰 2
     
     会津城下と猪苗代湖の間には飯盛山があります。水路を造ることが難工事であったことは、想像できます。
     

  •  戸ノ口堰  3<br /><br /> 江戸時代初期から普請が始まり、天保3(1832)年には、飯盛山に弁天洞穴(150m)が完成しました。

     戸ノ口堰 3

     江戸時代初期から普請が始まり、天保3(1832)年には、飯盛山に弁天洞穴(150m)が完成しました。

  •  戸ノ口堰  4 弁天洞洞穴 <br /><br /> 十六橋での敗戦の後、白虎隊が潜行した洞穴です。

     戸ノ口堰 4 弁天洞洞穴

     十六橋での敗戦の後、白虎隊が潜行した洞穴です。

  •  戸ノ口堰  5 弁天洞洞穴 <br />

     戸ノ口堰 5 弁天洞洞穴

  •  ふもとの駐車場の絵に、洞穴から出て来た白虎隊が描かれています。

     ふもとの駐車場の絵に、洞穴から出て来た白虎隊が描かれています。

  •  鳥居を抜け、水路に架かる橋を渡ると、厳島神社があります。<br /> <br /> 飯盛山には、明治になるまで、正宗寺というお寺がありました。神仏混淆の時代、この神社も、正宗寺の別当でした。栄螺堂もこの寺院のお堂でした。<br /><br /> わかりにくいと思いますが鳥居の左の階段を昇ると、栄螺堂です。

     鳥居を抜け、水路に架かる橋を渡ると、厳島神社があります。
     
     飯盛山には、明治になるまで、正宗寺というお寺がありました。神仏混淆の時代、この神社も、正宗寺の別当でした。栄螺堂もこの寺院のお堂でした。

     わかりにくいと思いますが鳥居の左の階段を昇ると、栄螺堂です。

  •  栄螺堂  1<br /> <br /> 寛政8(1796)年建立。<br /> 建てられてから200年以上経過しています。

     栄螺堂 1
     
     寛政8(1796)年建立。
     建てられてから200年以上経過しています。

  •  栄螺堂  2<br /><br /> 唐破風の入り口。3頭の龍が巻き付いています。<br />

     栄螺堂 2

     唐破風の入り口。3頭の龍が巻き付いています。

  •  栄螺堂  3<br /><br /> 「圓通三匝堂 俗稱栄螺堂<br /> 昔西國三十三観世音菩薩安置<br /> 現今皇朝二十四考絵額奉掲」とあります。

     栄螺堂 3

     「圓通三匝堂 俗稱栄螺堂
     昔西國三十三観世音菩薩安置
     現今皇朝二十四考絵額奉掲」とあります。

  •  栄螺堂  4<br /><br /> 堂の入り口には、栄螺堂を建立した郁堂禅師の像が置かれています。

     栄螺堂 4

     堂の入り口には、栄螺堂を建立した郁堂禅師の像が置かれています。

  •  栄螺堂  6<br /><br /> 堂の中心に柱が通り、隙間から、上り、下りのスロープが相互に見えます。

     栄螺堂 6

    堂の中心に柱が通り、隙間から、上り、下りのスロープが相互に見えます。

  •  栄螺堂  7<br /><br /> スロープの内側の壁には、皇朝二十四考(会津藩の道徳の教科書)の絵額が置かれています。

     栄螺堂 7

     スロープの内側の壁には、皇朝二十四考(会津藩の道徳の教科書)の絵額が置かれています。

  •  栄螺堂  8<br /><br /> 絵額の下に、お賽銭の投入口があります。

     栄螺堂 8

     絵額の下に、お賽銭の投入口があります。

  •  栄螺堂  9<br /><br /> スロープを三廻りします。

     栄螺堂 9

     スロープを三廻りします。

  •  栄螺堂  10<br /><br /> 外壁は、板材が張られているだけ、所々欠損しています。<br /> 200年以上持ちこたえことに感心します。

     栄螺堂 10

     外壁は、板材が張られているだけ、所々欠損しています。
     200年以上持ちこたえことに感心します。

  •  栄螺堂  11<br /><br /> スロープに打ち付けるられた横木の間隔が不規則の為、思いの外、足が運びにくいです。

     栄螺堂 11

     スロープに打ち付けるられた横木の間隔が不規則の為、思いの外、足が運びにくいです。

  •  栄螺堂  12<br /><br /> 栄螺堂正面にある券売所が見えました。

     栄螺堂 12

     栄螺堂正面にある券売所が見えました。

  •  栄螺堂  13<br /><br /> 最頂部です。<br /> 上りのスロープから、下りのスロープに移るには、太鼓橋を渡ります。

     栄螺堂 13

     最頂部です。
     上りのスロープから、下りのスロープに移るには、太鼓橋を渡ります。

  •  栄螺堂  14<br /><br />  この太鼓橋の両端が、三角形になっており、手摺りもやや遠く、足腰の弱い方にはちょっとつらい状態です。<br /><br /> ここまでたどり着く途中で、老夫婦とすれ違いました。「すれ違うはずない設計なのに」と、不思議に思っていたのですが、「この橋が渡れなかったんだね」と納得しました。<br /><br /> 写真は、太鼓橋上から、下りスロープを見下ろした様子。

     栄螺堂 14

     この太鼓橋の両端が、三角形になっており、手摺りもやや遠く、足腰の弱い方にはちょっとつらい状態です。

     ここまでたどり着く途中で、老夫婦とすれ違いました。「すれ違うはずない設計なのに」と、不思議に思っていたのですが、「この橋が渡れなかったんだね」と納得しました。

     写真は、太鼓橋上から、下りスロープを見下ろした様子。

  •  栄螺堂  15<br /><br /> 下ります。

     栄螺堂 15

     下ります。

  •  栄螺堂  16<br /><br /> 頭上から上りスロープの床が軋む音が聞こえてきます。

     栄螺堂 16

     頭上から上りスロープの床が軋む音が聞こえてきます。

  •  栄螺堂  17

     栄螺堂 17

  •  栄螺堂  18<br /><br /> 三廻りして出口に、正面の裏側です。

     栄螺堂 18

     三廻りして出口に、正面の裏側です。

  •  栄螺堂  19<br /><br /> 正宗寺の開祖残夢禅師の像が置かれています。雰囲気が入り口ににているので、一瞬、入り口に戻ったような気がしました。

     栄螺堂 19

     正宗寺の開祖残夢禅師の像が置かれています。雰囲気が入り口ににているので、一瞬、入り口に戻ったような気がしました。

  •  栄螺堂  20<br /><br /> 栄螺堂脇のベンチで一休み。<br /> 小学生の一団は、賑やかな声をあげて駆け上り、下っていきます。窓越しに姿も見えます。<br /> 人を動きから栄螺堂の二重螺旋構造が浮かび上がってきます。<br />

     栄螺堂 20

     栄螺堂脇のベンチで一休み。
     小学生の一団は、賑やかな声をあげて駆け上り、下っていきます。窓越しに姿も見えます。
     人を動きから栄螺堂の二重螺旋構造が浮かび上がってきます。

  •  栄螺堂  21<br /><br /> 初めて訪れて、思っていた以上に、簡素な素材で造られていることに驚きました。<br /> 世界で唯一無二の木造建物です。今後も末永く存在し続けることを切に願います。

     栄螺堂 21

     初めて訪れて、思っていた以上に、簡素な素材で造られていることに驚きました。
     世界で唯一無二の木造建物です。今後も末永く存在し続けることを切に願います。

この旅行記のタグ

22いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

会津若松の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集