大船渡旅行記(ブログ) 一覧に戻る
盛からは大船渡線のBRTに乗車します。こちらも2014年に乗車して以来ですね。あれから4年ほど、車窓の景色はどう変わったのでしょうか……。<br />前回と違い途中下車はできませんが、当時を思い出しながら乗車しました。<br />2014年の記録 https://4travel.jp/travelogue/11536884 https://4travel.jp/travelogue/11536891<br /><br />486冊目 2020/05/24投稿

2019.09 東北へ、三陸へ(7)今度は4年ぶりに大船度線BRTに乗車しよう!

45いいね!

2019/09/06 - 2019/09/08

13位(同エリア70件中)

旅行記グループ 2019.09 東北へ、三陸へ

0

141

planaly

planalyさん

盛からは大船渡線のBRTに乗車します。こちらも2014年に乗車して以来ですね。あれから4年ほど、車窓の景色はどう変わったのでしょうか……。
前回と違い途中下車はできませんが、当時を思い出しながら乗車しました。
2014年の記録 https://4travel.jp/travelogue/11536884 https://4travel.jp/travelogue/11536891

486冊目 2020/05/24投稿

同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス JRローカル

PR

  • さて、ここからは大船度線BRTなのですが、次の便までまだ時間があるので、ちょっと駅周辺の散策をしてみましょう。盛駅駅前。

    さて、ここからは大船度線BRTなのですが、次の便までまだ時間があるので、ちょっと駅周辺の散策をしてみましょう。盛駅駅前。

    盛駅

  • 駅前道路を歩いて

    駅前道路を歩いて

  • 国道45号線。市街地ですが、片側2車線。

    国道45号線。市街地ですが、片側2車線。

  • 市役所はちょっと坂を登った高台にあるようです。

    市役所はちょっと坂を登った高台にあるようです。

  • 確かGooglemapでは震災慰霊碑かなにかって書かれていたような。観音像ですね。

    確かGooglemapでは震災慰霊碑かなにかって書かれていたような。観音像ですね。

  • 駅に戻る最中に見かけた標識。感知装置、ラッパって言うんだ初めて知った。

    駅に戻る最中に見かけた標識。感知装置、ラッパって言うんだ初めて知った。

  • 散歩から盛駅へ戻ってきました。

    散歩から盛駅へ戻ってきました。

    盛駅

  • 駅前のバス停。

    駅前のバス停。

  • さて、それではそろそろホームへ行きますかね。

    さて、それではそろそろホームへ行きますかね。

  • しかし、鉄道のホームだけど路面が嵩上げされていて、やってくるのは路線バス。毎度違和感があるよなあ。跨線橋に登らなくていいのは楽でいいんだけど。<br />でもってウロウロしているうちに並ばれていました。あー、これは一番前の座席埋まりそうだな。

    しかし、鉄道のホームだけど路面が嵩上げされていて、やってくるのは路線バス。毎度違和感があるよなあ。跨線橋に登らなくていいのは楽でいいんだけど。
    でもってウロウロしているうちに並ばれていました。あー、これは一番前の座席埋まりそうだな。

  • それでは乗車するバスがやってきまして。

    それでは乗車するバスがやってきまして。

  • 切符持ってるけど、一応整理券も取って乗車。

    切符持ってるけど、一応整理券も取って乗車。

  • うーん、後ろの方に座りますか。

    うーん、後ろの方に座りますか。

  • 行き先表示。気仙沼行きです。

    行き先表示。気仙沼行きです。

  • 座席を確保したので、いつものように撮影タイム。

    座席を確保したので、いつものように撮影タイム。

    BRT大船渡線 (バス高速輸送システム) 乗り物

  • バスの車両も、BRTが運行開始した頃は各地からの中古車譲渡車のかき集めだったような覚えがありますが。今ではもうだいぶ新しい車両に置き換えられたのかな?

    バスの車両も、BRTが運行開始した頃は各地からの中古車譲渡車のかき集めだったような覚えがありますが。今ではもうだいぶ新しい車両に置き換えられたのかな?

  • それでは出発です。

    それでは出発です。

  • 元大船渡線の専用道を走っていきます。

    元大船渡線の専用道を走っていきます。

  • 盛~大船渡。このあたりはきっと大船渡市の中心市街地だったろうと思うのですが。

    盛~大船渡。このあたりはきっと大船渡市の中心市街地だったろうと思うのですが。

  • 路線名でもある大船渡は、そっけないバス停となってしまいました。でも、前回来たときよりは建物ができてるな。

    路線名でもある大船渡は、そっけないバス停となってしまいました。でも、前回来たときよりは建物ができてるな。

    大船渡駅

  • ……と思ったけれども、沿線見るとまだまだですね。

    ……と思ったけれども、沿線見るとまだまだですね。

  • 下船渡駅

    下船渡駅

    下船渡駅

  • 下船渡駅

  • 海に浮かんでいるのは……養殖用の生簀かなにかでしょうか。

    海に浮かんでいるのは……養殖用の生簀かなにかでしょうか。

  • 海岸線がジグザグと入り乱れる、海岸線。

    海岸線がジグザグと入り乱れる、海岸線。

  • そして漁港

    そして漁港

  • 公園として整備されてはいますが……。

    公園として整備されてはいますが……。

  • あ、鉄道駅時代のホームが残ってますね。

    あ、鉄道駅時代のホームが残ってますね。

  • 駅にて行違い中。

    駅にて行違い中。

  • 細浦駅にて

    細浦駅にて

    細浦駅

  • 元線路の高台を走行中。

    元線路の高台を走行中。

  • 車窓は実に鉄道路線ですね。先程まで乗っていた三陸鉄道リアス線と似た雰囲気。

    車窓は実に鉄道路線ですね。先程まで乗っていた三陸鉄道リアス線と似た雰囲気。

  • 田んぼは色づいて収穫を待っています。

    田んぼは色づいて収穫を待っています。

  • 小友駅

    小友駅

    小友駅

  • で、ここから一般道へ。

    で、ここから一般道へ。

  • このあたりの海から離れていたところは、津波の被害を受けていないのでしょうか?

    このあたりの海から離れていたところは、津波の被害を受けていないのでしょうか?

  • 脇ノ沢駅

    脇ノ沢駅

    脇ノ沢駅

  • スーパーマーケット

    スーパーマーケット

  • 以前からの集落って感じ。

    以前からの集落って感じ。

  • 一般道で対抗便と行違い。<br />やはりBRT化されて本数は多くなったんだろうなあ。一方で、専用道区間では、行違い場所で一々停車せざるを得ず、実にじれったいとも思います。

    一般道で対抗便と行違い。
    やはりBRT化されて本数は多くなったんだろうなあ。一方で、専用道区間では、行違い場所で一々停車せざるを得ず、実にじれったいとも思います。

  • で、おそらく陸前高田の元市街地部だろうなあ、海に近いところに入るとこの様子。

    で、おそらく陸前高田の元市街地部だろうなあ、海に近いところに入るとこの様子。

  • 陸前高田は高台への嵩上げとかやってましたし、このあたりは建物とか建つ予定はないのでしょうが。震災前はどんな感じだったんだろう。

    陸前高田は高台への嵩上げとかやってましたし、このあたりは建物とか建つ予定はないのでしょうが。震災前はどんな感じだったんだろう。

  • バスは街並みが整備されたエリアへ。

    バスは街並みが整備されたエリアへ。

  • 以前は市役所(仮庁舎でした)あたりが陸前高田駅となっていましたが、

    以前は市役所(仮庁舎でした)あたりが陸前高田駅となっていましたが、

  • 新しいバスターミナルが整備されていました。

    新しいバスターミナルが整備されていました。

  • 陸前高田駅に到着。以前やってきたときのプレハブ市役所横、砂埃が舞う道路の片隅にあったバス停から、だいぶ整備されました。ちなみに、以前2014年に訪れた当時「陸前高田駅」だった市役所付近。今は梅ヶ沢駅となっているみたいですね。

    陸前高田駅に到着。以前やってきたときのプレハブ市役所横、砂埃が舞う道路の片隅にあったバス停から、だいぶ整備されました。ちなみに、以前2014年に訪れた当時「陸前高田駅」だった市役所付近。今は梅ヶ沢駅となっているみたいですね。

    陸前高田駅

  • そのあたりがどうなっているのかもちょっと興味がありますが、今日はそのまま気仙沼まで乗り通します。陸前高田でだいぶ乗客が降りたので、前面展望が見られる最前列に移りました。

    そのあたりがどうなっているのかもちょっと興味がありますが、今日はそのまま気仙沼まで乗り通します。陸前高田でだいぶ乗客が降りたので、前面展望が見られる最前列に移りました。

  • 高台から海へむかって下っていきます。

    高台から海へむかって下っていきます。

  • 次は奇跡の一本松駅。

    次は奇跡の一本松駅。

  • 海辺へ降りてきました。防潮堤(でいいのかな)が見えるので向こうが海でしょう。

    海辺へ降りてきました。防潮堤(でいいのかな)が見えるので向こうが海でしょう。

    道の駅 高田松原 道の駅

  • 道の駅建設中かな? と一瞬思ったけれども、これは被災した旧道の駅高田松原の施設みたいですね。

    道の駅建設中かな? と一瞬思ったけれども、これは被災した旧道の駅高田松原の施設みたいですね。

    旧 道の駅高田松原 タピック45 名所・史跡

  • このあたり、津波にさらわれてなにもないんですが、以前は砂埃が舞う有様だったので、道路などの整備が進んだ印象。もっとも季節や天候の違いからの感じ方もありそうです。

    このあたり、津波にさらわれてなにもないんですが、以前は砂埃が舞う有様だったので、道路などの整備が進んだ印象。もっとも季節や天候の違いからの感じ方もありそうです。

  • 道の駅 高田松原 道の駅

  • 奇跡の一本松駅。前回の訪問以降で場所が変わったそうです。

    奇跡の一本松駅。前回の訪問以降で場所が変わったそうです。

  • ちなみに、以前の旅行記(https://4travel.jp/travelogue/11536891)から写真を一枚。2014年末の奇跡の一本松駅はこんな状態でした。土砂運搬用のベルトコンベアーが目立ち、ちょっと風が吹けば砂埃が舞うような感じだったかな。

    ちなみに、以前の旅行記(https://4travel.jp/travelogue/11536891)から写真を一枚。2014年末の奇跡の一本松駅はこんな状態でした。土砂運搬用のベルトコンベアーが目立ち、ちょっと風が吹けば砂埃が舞うような感じだったかな。

  • そして隣は公園でしょうか、施設の建設中でした。どうやら東日本大震災津波伝承館と言うらしい。

    そして隣は公園でしょうか、施設の建設中でした。どうやら東日本大震災津波伝承館と言うらしい。

  • ここも完成すれば、さらに雰囲気が変わるでしょうか?

    ここも完成すれば、さらに雰囲気が変わるでしょうか?

    東日本大震災津波伝承館 名所・史跡

  • まだ道路も一部整備中。そして、高台造成用土砂運搬用に架けられていた吊橋がなくなってる!

    まだ道路も一部整備中。そして、高台造成用土砂運搬用に架けられていた吊橋がなくなってる!

  • そして……

    そして……

  • 見えてきました、奇跡の一本松。

    見えてきました、奇跡の一本松。

  • 今回は車窓から眺めるだけですが、元気に(と言っても松そのものは枯死してしまっていて、現在は復興への象徴としてのオブジェとなっているわけですが)立っていますね。

    今回は車窓から眺めるだけですが、元気に(と言っても松そのものは枯死してしまっていて、現在は復興への象徴としてのオブジェとなっているわけですが)立っていますね。

    奇跡の一本松 名所・史跡

  • 付近も色んな整備が進められていることがわかります。次回訪れるときにはまた様子が変わっていることでしょうね。

    付近も色んな整備が進められていることがわかります。次回訪れるときにはまた様子が変わっていることでしょうね。

  • 気仙川の河口付近を渡ります。

    気仙川の河口付近を渡ります。

  • 川のちょうど対岸より

    川のちょうど対岸より

  • 三陸を結ぶ国道45号線を走ります。気仙沼18km,仙台までは150kmらしい。

    三陸を結ぶ国道45号線を走ります。気仙沼18km,仙台までは150kmらしい。

  • 津波浸水区間 ここまで<br />……結構高いところまで、津波来たのね……。

    津波浸水区間 ここまで
    ……結構高いところまで、津波来たのね……。

  • この看板、頻繁に現れます。

    この看板、頻繁に現れます。

  • ほんと、あんなに穏やかな海なのになあ。

    ほんと、あんなに穏やかな海なのになあ。

  • 右は三陸道、左は国道45号線。

    右は三陸道、左は国道45号線。

  • あ、こちらに入るんだ。

    あ、こちらに入るんだ。

  • 自動車専用道路、三陸復興を後押しする三陸道のトンネルで気仙沼の市街地を目指します。

    自動車専用道路、三陸復興を後押しする三陸道のトンネルで気仙沼の市街地を目指します。

  • やはり自動車専用道路、規格がいい。

    やはり自動車専用道路、規格がいい。

  • さらに延伸する工事も進んでいます。

    さらに延伸する工事も進んでいます。

  • が、現在の開通はここまででした。

    が、現在の開通はここまででした。

  • ここからまた専用道なんですね。

    ここからまた専用道なんですね。

  • 鹿折唐桑駅

    鹿折唐桑駅

    鹿折唐桑駅

  • 最後の専用道区間で、気仙沼駅を目指します。

    最後の専用道区間で、気仙沼駅を目指します。

  • 次が終点、気仙沼。

    次が終点、気仙沼。

  • おお、トンネル。

    おお、トンネル。

  • バスの待機場があり

    バスの待機場があり

  • 隣に線路が見えてきて

    隣に線路が見えてきて

  • 気仙沼駅に到着。

    気仙沼駅に到着。

  • 大船渡線BRTの旅はこれにて終了。途中下車できず乗り通しただけでしたが、前に乗ったときよりも復興は進んでいるかな。とは言え、まだまだ道半ばですね。

    大船渡線BRTの旅はこれにて終了。途中下車できず乗り通しただけでしたが、前に乗ったときよりも復興は進んでいるかな。とは言え、まだまだ道半ばですね。

  • この旅行からおよそ半年後の2020/4/1。気仙沼線の柳津~気仙沼間と大船渡線の気仙沼~盛間の鉄道事業が廃止されました。鉄道好きとしては、事業廃止には一抹の寂しさを覚えるわけですが、実際にはBRTとしての運行が続くわけでなにも変わらないとも言えるわけでして……。今後も専用道区間が随時延長されていくんでしょうね。うん、また来よう。

    この旅行からおよそ半年後の2020/4/1。気仙沼線の柳津~気仙沼間と大船渡線の気仙沼~盛間の鉄道事業が廃止されました。鉄道好きとしては、事業廃止には一抹の寂しさを覚えるわけですが、実際にはBRTとしての運行が続くわけでなにも変わらないとも言えるわけでして……。今後も専用道区間が随時延長されていくんでしょうね。うん、また来よう。

    気仙沼駅

45いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2019.09 東北へ、三陸へ

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

大船渡の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集