北京旅行記(ブログ) 一覧に戻る
妻も子供も今年の夏の旅行は国内がいいと言ったので、海外旅行の機会を失ってしまったのですが、マイレージがそこそこ貯まっていたので、妻と交渉の結果、北京なら行っていいとなったので、初めての北京観光一人旅に行ってきました。<br /><br />【旅程】<br />今回の旅行記★印<br />●6/6 出国→北京(天壇、北海公園、什刹海、南鑼鼓巷)<br />★6/7 北京(天安門、紫禁城・故宮)<br />●6/8 北京(居庸関、明十三陵・神道)<br />●6/9 北京(動物園)→帰国<br /><br />2日目はそもそも北京に旅行と決めたときから、絶対に外せないと思っていた紫禁城・故宮に行ってきました。以前訪れた瀋陽故宮と比べるとかなり広いので、紫禁城・故宮の外朝と内朝に分けて投稿となります。<br /><br />◆印の説明は故宮博物院サイト<br /> https://www.dpm.org.cn/<br />から主に拝借していますが、誤訳がありましたら、ご容赦ください。<br /><br />◆外朝<br /> 紫禁城南部の広大な区域を占めています。ここの宮殿は壮大荘厳で、中庭は壮大で開放的です。禁門午門・宮門太和門より、太和、中和、保和三大殿が中央軸線上にあり、体仁閣、弘義閣、文華殿、武英殿東西翼護、皇帝が重大な儀礼をおこない、群臣が皇帝に朝見する厳粛な場所です。

初めての北京観光:紫禁城(故宮博物院)・外朝★さすが皇帝の城は広かった前編★

53いいね!

2019/06/07 - 2019/06/07

96位(同エリア5113件中)

旅行記グループ 初めての北京観光

0

119

walker2000

walker2000さん

妻も子供も今年の夏の旅行は国内がいいと言ったので、海外旅行の機会を失ってしまったのですが、マイレージがそこそこ貯まっていたので、妻と交渉の結果、北京なら行っていいとなったので、初めての北京観光一人旅に行ってきました。

【旅程】
今回の旅行記★印
●6/6 出国→北京(天壇、北海公園、什刹海、南鑼鼓巷)
★6/7 北京(天安門、紫禁城・故宮)
●6/8 北京(居庸関、明十三陵・神道)
●6/9 北京(動物園)→帰国

2日目はそもそも北京に旅行と決めたときから、絶対に外せないと思っていた紫禁城・故宮に行ってきました。以前訪れた瀋陽故宮と比べるとかなり広いので、紫禁城・故宮の外朝と内朝に分けて投稿となります。

◆印の説明は故宮博物院サイト
 https://www.dpm.org.cn/
から主に拝借していますが、誤訳がありましたら、ご容赦ください。

◆外朝
 紫禁城南部の広大な区域を占めています。ここの宮殿は壮大荘厳で、中庭は壮大で開放的です。禁門午門・宮門太和門より、太和、中和、保和三大殿が中央軸線上にあり、体仁閣、弘義閣、文華殿、武英殿東西翼護、皇帝が重大な儀礼をおこない、群臣が皇帝に朝見する厳粛な場所です。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • この日は早朝から天安門広場を散策した後、天安門から紫禁城・故宮に向かいます。天安門と天安門広場については、また別の旅行記で。

    この日は早朝から天安門広場を散策した後、天安門から紫禁城・故宮に向かいます。天安門と天安門広場については、また別の旅行記で。

    天安門 建造物

    中国の国章に描かれる天安門 by walker2000さん
  • 故宮に向かうには、まずは天安門の前に架かる一番右側の橋を渡っていきます。すべての橋の真ん中には武警が目を光らせています。

    故宮に向かうには、まずは天安門の前に架かる一番右側の橋を渡っていきます。すべての橋の真ん中には武警が目を光らせています。

  • 振り返った天安門の眺め。後からもぞくぞくと人が訪れます。

    振り返った天安門の眺め。後からもぞくぞくと人が訪れます。

  • 天安門を越えた先にまた門楼が見えます。

    天安門を越えた先にまた門楼が見えます。

  • さすがに中国だけあって、門一つとっても壮大。

    さすがに中国だけあって、門一つとっても壮大。

  • 天安門を越えたこちらの門楼は端門

    天安門を越えたこちらの門楼は端門

  • 端門

    端門

  • 端門の門をくぐります

    端門の門をくぐります

  • 門をくぐると並木道が続いていて、その先にまた門楼が見えます。故宮の入場口に到達するだけでも遠いです。

    門をくぐると並木道が続いていて、その先にまた門楼が見えます。故宮の入場口に到達するだけでも遠いです。

  • 故宮博物院の平面図。いるのはまだ、一番下。

    故宮博物院の平面図。いるのはまだ、一番下。

  • とりあえず人の波についていきます

    とりあえず人の波についていきます

  • 事前情報では、インターネットでチケット購入できない人たち(我々外国人も)は、右手にある窓口で購入らしいので、まずはそちらへ向かいます。

    事前情報では、インターネットでチケット購入できない人たち(我々外国人も)は、右手にある窓口で購入らしいので、まずはそちらへ向かいます。

  • チケット売り場はこちら。手前には警備員もいますが、特に止められることはないです。窓口でパスポートとお金を無言で渡しましたが、窓口の人がパスポート番号を登録した後、パスポートとおつりが返ってきます。パスポートがチケット代わりになると英語で言われます。

    チケット売り場はこちら。手前には警備員もいますが、特に止められることはないです。窓口でパスポートとお金を無言で渡しましたが、窓口の人がパスポート番号を登録した後、パスポートとおつりが返ってきます。パスポートがチケット代わりになると英語で言われます。

  • 目の前の門楼が午門です。真下に紫禁城・故宮への入口があります。

    目の前の門楼が午門です。真下に紫禁城・故宮への入口があります。

  • 入口を抜けてもまだ、午門はくぐっていません。午門下のこちらの建物で音声ガイダンス機を貸し出しています。

    入口を抜けてもまだ、午門はくぐっていません。午門下のこちらの建物で音声ガイダンス機を貸し出しています。

  • せっかくなので音声ガイダンスを借りました。ガイダンス箇所に来ると、自動的に流れますが、建物が大きいので、ガイダンスの内容の場所を見ようと思っても、人が多くてこちらが追い付かず。

    せっかくなので音声ガイダンスを借りました。ガイダンス箇所に来ると、自動的に流れますが、建物が大きいので、ガイダンスの内容の場所を見ようと思っても、人が多くてこちらが追い付かず。

  • ◆午門<br /> 紫禁城の正門で南北軸上にあり、前には端門、天安門、大清門、後ろには太和門があります。各門の内、両側に配置された回廊が広場を囲み、中国古代「五門三朝」(外朝・治朝・燕朝という「三朝」と皋門・庫門・雉門・応門・路門の「五門」が南北に一直線上に並ぶのが理想の宮殿 )の影響を受けています。<br /> 明の永楽18年(1420年)に造営。清の順治4年(1647年)に改修され、嘉慶6年(1801年)再び改修されました。<br /> 午門は上下に分かれており、下は基台で高さ12m、真ん中に3つの門があり、両側には掖門(小さな門、旁門)があります。俗に「明三暗五」と呼ばれています(南側からは門が3つ見え、北側からは門が5つ見えます)。5つの門には用途があり、中門は皇帝専用ですが、その他には、皇帝が結婚するとき、皇后が乗った輿(喜轎)は中門から入ることができ、また殿試(科挙最終試験)で選ばれた状元(首席)、榜眼(次席)、探花(第三位)は殿試の結果の発表後、中門から出ることができました。東側の門は文武百官の出入りに使われ、西側の門は宗室王公の出入りに利用されました。また両側の掖門は大規模イベントが行われる時だけ開きました。<br /> 基台の上には 正中門楼(主楼)があり、幅9間(60.05m)、奥行き5間(25.00m)で、屋根は重檐廡殿頂(重層寄棟造り)。基台両翼には各回廊が1あり、俗に雁翅楼と呼ばれています。回廊の両端には重檐攅尖頂(重層宝形造り)の方亭が建っています。本殿左右には鐘鼓亭があり、 皇帝が天壇や地壇、太廟での祭祀や主なイベントでは鐘と太鼓が鳴りました。<br /> 毎年旧暦12月1日に翌年のカレンダーの「頒朔(頒布)」儀礼を午門で行いました。また、大規模な戦争からの凱旋時、午門にて、皇帝に対して捕虜を献上する「献俘礼」が行われました。<br /> 一方、明代の皇帝による大臣処罰の「廷杖(尻叩きの刑)」も午門で執り行われました。しかし、「推出午門斬首(午門で死刑犯を処刑)」もこの場所を指していますが、ここは重要な場所で、実際には処刑場ではなかったようです。

    ◆午門
     紫禁城の正門で南北軸上にあり、前には端門、天安門、大清門、後ろには太和門があります。各門の内、両側に配置された回廊が広場を囲み、中国古代「五門三朝」(外朝・治朝・燕朝という「三朝」と皋門・庫門・雉門・応門・路門の「五門」が南北に一直線上に並ぶのが理想の宮殿 )の影響を受けています。
     明の永楽18年(1420年)に造営。清の順治4年(1647年)に改修され、嘉慶6年(1801年)再び改修されました。
     午門は上下に分かれており、下は基台で高さ12m、真ん中に3つの門があり、両側には掖門(小さな門、旁門)があります。俗に「明三暗五」と呼ばれています(南側からは門が3つ見え、北側からは門が5つ見えます)。5つの門には用途があり、中門は皇帝専用ですが、その他には、皇帝が結婚するとき、皇后が乗った輿(喜轎)は中門から入ることができ、また殿試(科挙最終試験)で選ばれた状元(首席)、榜眼(次席)、探花(第三位)は殿試の結果の発表後、中門から出ることができました。東側の門は文武百官の出入りに使われ、西側の門は宗室王公の出入りに利用されました。また両側の掖門は大規模イベントが行われる時だけ開きました。
     基台の上には 正中門楼(主楼)があり、幅9間(60.05m)、奥行き5間(25.00m)で、屋根は重檐廡殿頂(重層寄棟造り)。基台両翼には各回廊が1あり、俗に雁翅楼と呼ばれています。回廊の両端には重檐攅尖頂(重層宝形造り)の方亭が建っています。本殿左右には鐘鼓亭があり、 皇帝が天壇や地壇、太廟での祭祀や主なイベントでは鐘と太鼓が鳴りました。
     毎年旧暦12月1日に翌年のカレンダーの「頒朔(頒布)」儀礼を午門で行いました。また、大規模な戦争からの凱旋時、午門にて、皇帝に対して捕虜を献上する「献俘礼」が行われました。
     一方、明代の皇帝による大臣処罰の「廷杖(尻叩きの刑)」も午門で執り行われました。しかし、「推出午門斬首(午門で死刑犯を処刑)」もこの場所を指していますが、ここは重要な場所で、実際には処刑場ではなかったようです。

    午門 史跡・遺跡

    午門に登って門楼内で展示を見ることができます by walker2000さん
  • さっそく皇帝専用の中門をくぐります

    さっそく皇帝専用の中門をくぐります

  • 門をくぐると目の前は広大な広場

    門をくぐると目の前は広大な広場

  • 目の前は太和門ですが、一旦、後回し

    目の前は太和門ですが、一旦、後回し

  • 門をくぐって、左に門壁に沿って歩きます

    門をくぐって、左に門壁に沿って歩きます

  • 午門に登るところは門の左右にありますが、皆さんこちらから一方通行で上がっておられます

    午門に登るところは門の左右にありますが、皆さんこちらから一方通行で上がっておられます

  • 広大なので、城壁からの眺めがいいです

    広大なので、城壁からの眺めがいいです

  • 城壁からの眺め

    城壁からの眺め

  • 城壁の板張りの通路を歩きます。こちら側は行き止まり。

    城壁の板張りの通路を歩きます。こちら側は行き止まり。

  • 黄色の瑠璃瓦の屋根の連なり。さすが皇帝の城です。

    黄色の瑠璃瓦の屋根の連なり。さすが皇帝の城です。

  • 午門の城楼から端門の眺め

    午門の城楼から端門の眺め

  • こちらが真正面。ちょうど左下が入場口にあたります。

    こちらが真正面。ちょうど左下が入場口にあたります。

  • 城楼にも多くの人

    城楼にも多くの人

  • ここも綺麗な装飾

    ここも綺麗な装飾

  • いきなり時計ですが、午門の回廊は一部展示室になっており、この日は時計の展示です。ただ、部屋が暗くて、ぶれてしまって、綺麗に写真が撮れません。

    いきなり時計ですが、午門の回廊は一部展示室になっており、この日は時計の展示です。ただ、部屋が暗くて、ぶれてしまって、綺麗に写真が撮れません。

  • 愛新覚羅載掄という方が所持していたカルティエの時計

    愛新覚羅載掄という方が所持していたカルティエの時計

  • 展示室を出てきました。午門の外側は木々が茂っています。

    展示室を出てきました。午門の外側は木々が茂っています。

  • こちら側の城壁は結構先まで歩けるようなので、しばらく上を歩きます

    こちら側の城壁は結構先まで歩けるようなので、しばらく上を歩きます

  • こちらの城壁から太和門を望みます。広場が工事中なのが、少し残念。

    こちらの城壁から太和門を望みます。広場が工事中なのが、少し残念。

  • 城壁からの眺め

    城壁からの眺め

  • 城壁の先にある角楼を目指します

    城壁の先にある角楼を目指します

  • ◆角楼<br /> 紫禁城垣四隅の上の角楼で、明の永来18年(1420年)造営、清代に再建。角楼は紫禁城池の城壁の一部で、城門楼や護城河同様、皇宮の防衛施設です。<br /> 角楼楼閣は須弥座の上にあり、石欄で囲まれています。中は方亭、面闊(桁行)、進深(梁間)は各3間、毎面8.73m。明間(各面中央の4本柱の内部空間)には各々1間の抱厦(母屋からに続く庇のある広間)がついています。ただし、城壁外側の地形は狭いため、外側が狭くて深さ1.6m、内側は3.98mです。<br /> 角楼は墩台の下地面から宝頂まで27.5m。多層歇山(重層入母屋造り)の複合式屋根で、黄色い瑠璃瓦で覆われています。上屋根は縦横四面交差の山型の歇山頂。正脊(大棟)には銅鍍金宝頂がついています。

    ◆角楼
     紫禁城垣四隅の上の角楼で、明の永来18年(1420年)造営、清代に再建。角楼は紫禁城池の城壁の一部で、城門楼や護城河同様、皇宮の防衛施設です。
     角楼楼閣は須弥座の上にあり、石欄で囲まれています。中は方亭、面闊(桁行)、進深(梁間)は各3間、毎面8.73m。明間(各面中央の4本柱の内部空間)には各々1間の抱厦(母屋からに続く庇のある広間)がついています。ただし、城壁外側の地形は狭いため、外側が狭くて深さ1.6m、内側は3.98mです。
     角楼は墩台の下地面から宝頂まで27.5m。多層歇山(重層入母屋造り)の複合式屋根で、黄色い瑠璃瓦で覆われています。上屋根は縦横四面交差の山型の歇山頂。正脊(大棟)には銅鍍金宝頂がついています。

    角楼 建造物

  • 角楼の中は角楼の模型など、説明展示もあります。ここの天花は蓮の花が描かれていて、かわいいですね。

    角楼の中は角楼の模型など、説明展示もあります。ここの天花は蓮の花が描かれていて、かわいいですね。

  • 角楼を出て北側からの眺め。抱厦の深さが違い、城壁内側の方が庇が長いのが判ります。

    角楼を出て北側からの眺め。抱厦の深さが違い、城壁内側の方が庇が長いのが判ります。

  • 城壁からは霞む北京の街並み

    城壁からは霞む北京の街並み

  • 城壁を北に歩いていきます

    城壁を北に歩いていきます

  • 次に訪れたのは東華門の城楼

    次に訪れたのは東華門の城楼

  • 楼閣の中はかなり広い空間で、こちらは紫禁城の建築に関しての展示がされています。

    楼閣の中はかなり広い空間で、こちらは紫禁城の建築に関しての展示がされています。

  • 中には柱がない、かなり広い空間です

    中には柱がない、かなり広い空間です

  • こちらも花の可愛らしい天花

    こちらも花の可愛らしい天花

  • 紫禁城の造営を担当した建築家一族の説明。様式雷と呼ばれているそうです。

    紫禁城の造営を担当した建築家一族の説明。様式雷と呼ばれているそうです。

  • 東華門を出てまだ先に進めそうですが、前三殿へ行けなくなると困るので、この辺りで太和門の方へ戻ろうかと。

    東華門を出てまだ先に進めそうですが、前三殿へ行けなくなると困るので、この辺りで太和門の方へ戻ろうかと。

  • ちなみに靄も少し晴れてきて、ここからも遠く北海公園の白塔も見えます

    ちなみに靄も少し晴れてきて、ここからも遠く北海公園の白塔も見えます

  • 河を挟んで城壁外の眺め

    河を挟んで城壁外の眺め

  • 東華門の南側から下へ降ります

    東華門の南側から下へ降ります

  • ◆東華門<br /> 紫禁城の東門。明の永楽18年(1420年)造営。東華門は東向きで、西華門と相対しています。門外には下馬碑石(「官員人等至此下馬」が刻まれています)が設置されており、門内には内金水河が南北に流れ、石橋が一つ架かり、橋の北には三座門があります。<br /> 東華門は西に文華殿、南に鑾儀衛大庫。東華門と西華門は同じ形で、平面長方形、紅色城台、白玉須弥座、3つのアーチ門があり、外は方形、内は円形のアーチ形。城台の上は城楼が建てられており、黄色の瑠璃瓦の重檐廡殿頂(重層寄棟造り)、基座は漢白玉欄干で囲まれています。城楼は面闊(桁行)5間、進深(梁間)3間、周りを廊、梁の絵は墨線大点金の旋子彩画です。<br /> 東面の軒下に「東華門」の扁額が元々は満州文字、モンゴル文字、漢字の三種類の文字で書かれ、後に満州文字と漢字に減り、辛亥革命の後、銅質漢字だけになりました。<br /> 清初、東華門は内閣官僚のみ出入りが許可され、乾隆中期、特別に許可された年齢の高い、大臣が出入りしました。また、清代、亡くなった皇帝、皇后、皇太后の棺はすべて東華門から出されたので、俗に「鬼門」と呼ばれています。<br /> 東華門の門釘はその他三門の九路九顆(横縦9×9)ではなく、八路九顆(横縦8×9)で、陰数を含んでおり、これには様々な伝説(東宮に近く、皇帝より身分が低いから。門釘が大きくて、レイアウトの観点で。出棺の門だから。)が伝わっています。<br /> 嘉慶年間、林清(癸酉)の変の際、農民軍を太監劉得才らが東華門から紫禁城に引き入れました。しかし、門前では石炭売りとの騒動があり、守門官兵に察知され、東華門が閉められたため、十数人のみの侵入で、蜂起はすぐに失敗しました。

    ◆東華門
     紫禁城の東門。明の永楽18年(1420年)造営。東華門は東向きで、西華門と相対しています。門外には下馬碑石(「官員人等至此下馬」が刻まれています)が設置されており、門内には内金水河が南北に流れ、石橋が一つ架かり、橋の北には三座門があります。
     東華門は西に文華殿、南に鑾儀衛大庫。東華門と西華門は同じ形で、平面長方形、紅色城台、白玉須弥座、3つのアーチ門があり、外は方形、内は円形のアーチ形。城台の上は城楼が建てられており、黄色の瑠璃瓦の重檐廡殿頂(重層寄棟造り)、基座は漢白玉欄干で囲まれています。城楼は面闊(桁行)5間、進深(梁間)3間、周りを廊、梁の絵は墨線大点金の旋子彩画です。
     東面の軒下に「東華門」の扁額が元々は満州文字、モンゴル文字、漢字の三種類の文字で書かれ、後に満州文字と漢字に減り、辛亥革命の後、銅質漢字だけになりました。
     清初、東華門は内閣官僚のみ出入りが許可され、乾隆中期、特別に許可された年齢の高い、大臣が出入りしました。また、清代、亡くなった皇帝、皇后、皇太后の棺はすべて東華門から出されたので、俗に「鬼門」と呼ばれています。
     東華門の門釘はその他三門の九路九顆(横縦9×9)ではなく、八路九顆(横縦8×9)で、陰数を含んでおり、これには様々な伝説(東宮に近く、皇帝より身分が低いから。門釘が大きくて、レイアウトの観点で。出棺の門だから。)が伝わっています。
     嘉慶年間、林清(癸酉)の変の際、農民軍を太監劉得才らが東華門から紫禁城に引き入れました。しかし、門前では石炭売りとの騒動があり、守門官兵に察知され、東華門が閉められたため、十数人のみの侵入で、蜂起はすぐに失敗しました。

  • 東華門から紫禁城には入れないですが(出口専用)、トラックなどはここから入ってくるようです。

    東華門から紫禁城には入れないですが(出口専用)、トラックなどはここから入ってくるようです。

  • 太和門に戻る前に次に訪れたのは文華殿

    太和門に戻る前に次に訪れたのは文華殿

  • ◆文華殿<br /> 紫禁城外朝東路の正殿、西路の武英殿と相対しています。明の永楽年(15世紀初)に造営、文華殿はかつて太子の宮殿として作られ、そのため、屋根は緑色の瑠璃瓦で覆われました。明の嘉靖15年(1536年)、皇帝の便殿(休息所)に改め、屋根は黄色の瑠璃瓦に変えられました。明末、李自成が紫禁城に攻めた日に文華殿は全焼し、清の康熙22年(1683年)に武英殿に基づき再建されました。<br /> 明清両朝皇帝の経筵、殿試後の採点は文華殿で行われ、内閣で重要な補佐儒臣である文華殿大学士の肩書に冠されています。<br /><br />

    ◆文華殿
     紫禁城外朝東路の正殿、西路の武英殿と相対しています。明の永楽年(15世紀初)に造営、文華殿はかつて太子の宮殿として作られ、そのため、屋根は緑色の瑠璃瓦で覆われました。明の嘉靖15年(1536年)、皇帝の便殿(休息所)に改め、屋根は黄色の瑠璃瓦に変えられました。明末、李自成が紫禁城に攻めた日に文華殿は全焼し、清の康熙22年(1683年)に武英殿に基づき再建されました。
     明清両朝皇帝の経筵、殿試後の採点は文華殿で行われ、内閣で重要な補佐儒臣である文華殿大学士の肩書に冠されています。

    文華殿 建造物

  • 訪れたときは書画の展示が開催されていました。6月の早朝でもそれなりに暑かったので、ひんやりとした室内は助かります。

    訪れたときは書画の展示が開催されていました。6月の早朝でもそれなりに暑かったので、ひんやりとした室内は助かります。

  • 今回は乾隆帝時代の書の特別展。ただ、書には詳しくないので、写真だけをアップ。

    今回は乾隆帝時代の書の特別展。ただ、書には詳しくないので、写真だけをアップ。

  • 展示品

    展示品

  • 展示品

    展示品

  • 展示品

    展示品

  • 展示品

    展示品

  • 筆・硯・紙・墨の文房四宝について書かれているようです。<br /><br />正直、ここで時間を費やしていると、紫禁城見て回るのに何時間あっても足りないので、そろそろ次へ。

    筆・硯・紙・墨の文房四宝について書かれているようです。

    正直、ここで時間を費やしていると、紫禁城見て回るのに何時間あっても足りないので、そろそろ次へ。

  • ◆協和門<br /> 紫禁城の外朝中路に位置し、太和門東側廊廡(回廊)の真ん中にあります。明の永楽18年(1420年)造営。初めの名は左順門。嘉靖36年(1557年)4月、三大殿(奉天、謹身、華蓋)が落雷により失火、左右順門に延焼し、翌年再建。嘉靖41年(1562年)9月改称し、会極門。万歴25年(1597年)6月、「三殿又災」(皇極、中極、建極三殿)の火災が会極門にも及び、天啓年間に再び再建。清の順治初年に改修し、今の協和門に改称しました。<br /> 協和門は紫禁城外朝中路と東路文華路区域の要で、東華門を出入りする唯一の経路です。明の正統元年(1436年)2月文華殿に経筵を開設し、経書の講義終わりに、この門で酒宴を賜りました。明の景泰初年、戦争の情勢から一度ここに午朝が設けられ、玉座が南向き設置されました。文武執事奏事官がここに出仕、奏上しました。<br /> 明代ここには実録館(官修史書機関)、玉牒館(歴代皇族家系図の編纂専門機関)と起居注館(皇帝の側近にいて言行を記録する機関)が置かれました。清初、北側の部屋には稽察欽奉上ロ諭事件処、南側には内閣誥敕房が設けられました。

    ◆協和門
     紫禁城の外朝中路に位置し、太和門東側廊廡(回廊)の真ん中にあります。明の永楽18年(1420年)造営。初めの名は左順門。嘉靖36年(1557年)4月、三大殿(奉天、謹身、華蓋)が落雷により失火、左右順門に延焼し、翌年再建。嘉靖41年(1562年)9月改称し、会極門。万歴25年(1597年)6月、「三殿又災」(皇極、中極、建極三殿)の火災が会極門にも及び、天啓年間に再び再建。清の順治初年に改修し、今の協和門に改称しました。
     協和門は紫禁城外朝中路と東路文華路区域の要で、東華門を出入りする唯一の経路です。明の正統元年(1436年)2月文華殿に経筵を開設し、経書の講義終わりに、この門で酒宴を賜りました。明の景泰初年、戦争の情勢から一度ここに午朝が設けられ、玉座が南向き設置されました。文武執事奏事官がここに出仕、奏上しました。
     明代ここには実録館(官修史書機関)、玉牒館(歴代皇族家系図の編纂専門機関)と起居注館(皇帝の側近にいて言行を記録する機関)が置かれました。清初、北側の部屋には稽察欽奉上ロ諭事件処、南側には内閣誥敕房が設けられました。

  • 協和門をくぐり、ふたたび午門が見える太和門広場まで無事帰ってきました。ここから午門が「明三暗五」と呼ばれているように北側に5つの門が見えます。

    協和門をくぐり、ふたたび午門が見える太和門広場まで無事帰ってきました。ここから午門が「明三暗五」と呼ばれているように北側に5つの門が見えます。

  • 太和門広場の真ん中に架かっている内金水橋を渡ります

    太和門広場の真ん中に架かっている内金水橋を渡ります

  • ◆内金水橋<br /> 内金水橋は太和門広場を弓型にうねって流れています。広場中央には5つの漢白玉石の橋が河に架かっており、太和門の方向に向いています。<br /> 真ん中の主柱は皇帝専用の「御路橋」で、欄干は龍の柱頭が彫られています。両脇の4つの賓橋はみな二十四気の柱頭を飾っており、主橋脇の2つは宗室王公が歩くので、「王公橋」と名付けられ、さらに次の2つは三品以上の文武大臣が歩くので、「品極橋」と名付けられています。

    ◆内金水橋
     内金水橋は太和門広場を弓型にうねって流れています。広場中央には5つの漢白玉石の橋が河に架かっており、太和門の方向に向いています。
     真ん中の主柱は皇帝専用の「御路橋」で、欄干は龍の柱頭が彫られています。両脇の4つの賓橋はみな二十四気の柱頭を飾っており、主橋脇の2つは宗室王公が歩くので、「王公橋」と名付けられ、さらに次の2つは三品以上の文武大臣が歩くので、「品極橋」と名付けられています。

    内金水橋 史跡・遺跡

    ほぼ全員が皇帝専用の橋「御路橋」を渡ります by walker2000さん
  • 御路橋を渡ります。ほかの入場者も全員ここを渡るということで、全員皇帝です。誰も王公橋、品極橋を渡らないですね。

    御路橋を渡ります。ほかの入場者も全員ここを渡るということで、全員皇帝です。誰も王公橋、品極橋を渡らないですね。

  • ◆太和門<br /> 紫禁城内最大の宮門で、外朝宮殿の正門です。明の永楽18年(1420年)造営で、当時の名は奉天門。嘉靖41年(1562年)皇極門と改称し、清の順治2年(1645年)に今の名前に改めました。順治3年(1646年)、嘉慶7年(1802年)に再建、光緒14年(1888年)全焼により、翌年再建。<br /> 太和門は明代に御門听政(文武官員は早朝太和門に出仕し、皇帝は拝謁を受け、政務を処理)の処。皇帝はここで臣下の拝礼と上奏を受け、頒発詔令、政事を処理しました。<br /> 清代初期の皇帝も太和門で听政や賜宴を催しましたが、後に「御門听政」は乾清門に移りました。順治元年(1644年)9月、北京を都に定めた後の初代皇帝福臨(順治帝)は太和門で大赦令を発布しました。<br /><br />

    ◆太和門
     紫禁城内最大の宮門で、外朝宮殿の正門です。明の永楽18年(1420年)造営で、当時の名は奉天門。嘉靖41年(1562年)皇極門と改称し、清の順治2年(1645年)に今の名前に改めました。順治3年(1646年)、嘉慶7年(1802年)に再建、光緒14年(1888年)全焼により、翌年再建。
     太和門は明代に御門听政(文武官員は早朝太和門に出仕し、皇帝は拝謁を受け、政務を処理)の処。皇帝はここで臣下の拝礼と上奏を受け、頒発詔令、政事を処理しました。
     清代初期の皇帝も太和門で听政や賜宴を催しましたが、後に「御門听政」は乾清門に移りました。順治元年(1644年)9月、北京を都に定めた後の初代皇帝福臨(順治帝)は太和門で大赦令を発布しました。

    太和門 城・宮殿

    紫禁城最大の宮門 by walker2000さん
  • 太和門の前には一対の青銅の獅子がいます。こちらは西側の獅子で足に小獅子を踏んでいるので雌獅子。

    太和門の前には一対の青銅の獅子がいます。こちらは西側の獅子で足に小獅子を踏んでいるので雌獅子。

  • こちらは鞠を踏んでいる東側の雄獅子

    こちらは鞠を踏んでいる東側の雄獅子

  • 獅子と太和門

    イチオシ

    獅子と太和門

  • ちなみに後ろ姿も。皇帝はこちらからの後姿を見ることが多かったのでは。。。

    ちなみに後ろ姿も。皇帝はこちらからの後姿を見ることが多かったのでは。。。

  • 獅子と午門

    イチオシ

    獅子と午門

  • 太和門に登る前に周りを散策。千龍吐水。

    太和門に登る前に周りを散策。千龍吐水。

  • 千龍吐水と太和門

    千龍吐水と太和門

  • 太和門にあがるにも人の多さで一苦労

    太和門にあがるにも人の多さで一苦労

  • 太和門の龍陛

    太和門の龍陛

  • 太和門の上は人でごった返していますが、ここの天井の装飾も立派です

    太和門の上は人でごった返していますが、ここの天井の装飾も立派です

  • 太和門正面の扉は閉じられていますが

    太和門正面の扉は閉じられていますが

  • 皆さん同様、門の隙間から太和殿を撮影

    皆さん同様、門の隙間から太和殿を撮影

  • 太和門をくぐると目の前は太和殿

    太和門をくぐると目の前は太和殿

  • 平日午前でもこの混み具合

    平日午前でもこの混み具合

  • 後ろを振り返って、太和門のもう一方の龍陛

    後ろを振り返って、太和門のもう一方の龍陛

  • ◆太和殿<br /> 太和殿は俗称「金鑾殿」。明の永楽18年(1420年)造営。初めは奉天殿、明の嘉靖年に皇極殿と改称。清の順治年に太和殿と改称。清の康熙34年(1695年)再建。<br /> 殿高35.05m、重檐廡殿式(重層寄棟造り)で、面積2377㎡、55間、72本の大柱があり、その内6本は纏龍金柱、宮中最高の建築です。<br /> 太和殿は明清両代皇帝が大典を行う場所です。皇帝の即位、婚礼、皇后冊立(立后)、毎年万寿節(誕生日)・元旦・冬至の三大節や進士(科挙試験最高等級)黄榜(皇帝の公布)公布、将帥出征、宴会などの慶典がここで行われました。<br /> 毎回大典の日、太和殿から天安門外まで、壮大な儀仗を設け、太和殿前下では中和韶楽(宮廷雅楽)を、太和門内は丹陛大楽を設け、王公は丹陛(太和殿の台基)の上で、丹&#22656;(太和殿広場)には一品から九品の文武百官が「品極山」と呼ばれるように御道両脇に居並びます。皇帝が太和殿を出られると、午門は鐘と鼓が鳴らされ、宮廷楽隊が次々に演奏し、殿の内外はお香が焚かれ、厳粛な雰囲気で以て、皇帝の威信を表していました。

    ◆太和殿
     太和殿は俗称「金鑾殿」。明の永楽18年(1420年)造営。初めは奉天殿、明の嘉靖年に皇極殿と改称。清の順治年に太和殿と改称。清の康熙34年(1695年)再建。
     殿高35.05m、重檐廡殿式(重層寄棟造り)で、面積2377㎡、55間、72本の大柱があり、その内6本は纏龍金柱、宮中最高の建築です。
     太和殿は明清両代皇帝が大典を行う場所です。皇帝の即位、婚礼、皇后冊立(立后)、毎年万寿節(誕生日)・元旦・冬至の三大節や進士(科挙試験最高等級)黄榜(皇帝の公布)公布、将帥出征、宴会などの慶典がここで行われました。
     毎回大典の日、太和殿から天安門外まで、壮大な儀仗を設け、太和殿前下では中和韶楽(宮廷雅楽)を、太和門内は丹陛大楽を設け、王公は丹陛(太和殿の台基)の上で、丹墀(太和殿広場)には一品から九品の文武百官が「品極山」と呼ばれるように御道両脇に居並びます。皇帝が太和殿を出られると、午門は鐘と鼓が鳴らされ、宮廷楽隊が次々に演奏し、殿の内外はお香が焚かれ、厳粛な雰囲気で以て、皇帝の威信を表していました。

    太和殿 寺院・教会

    紫禁城内で最高の建築 by walker2000さん
  • 太和殿の龍陛

    太和殿の龍陛

  • 太和殿まであがってきました

    太和殿まであがってきました

  • 太和殿の前にはいろいろなものが設置されており、こちらは日時計

    太和殿の前にはいろいろなものが設置されており、こちらは日時計

  • 皇帝の長寿と国の繁栄を願い、亀の像と

    皇帝の長寿と国の繁栄を願い、亀の像と

  • 鶴の像が置かれています

    鶴の像が置かれています

  • ちなみに太和殿はすぐ近くまで近づくことができません

    ちなみに太和殿はすぐ近くまで近づくことができません

  • それでも正面はかなりの人だかりで

    それでも正面はかなりの人だかりで

  • 内部の玉座の様子はあまり見えません

    内部の玉座の様子はあまり見えません

  • 写真でもこれが限界

    写真でもこれが限界

  • 外はしっかり見えるので、建物の周りは龍の図柄をたくさん目にします

    外はしっかり見えるので、建物の周りは龍の図柄をたくさん目にします

  • 歩く姿の行龍の図柄

    歩く姿の行龍の図柄

  • 太和殿で見ておくべきものはこの走獣。走獣は魔よけの飾りですが、この走獣の数で建物の格式が判り、太和殿だけが唯一10体載っており、最高の格式です。

    太和殿で見ておくべきものはこの走獣。走獣は魔よけの飾りですが、この走獣の数で建物の格式が判り、太和殿だけが唯一10体載っており、最高の格式です。

  • 鳳凰に乗った仙人(仙人騎凰)先頭に、麒麟、鳳凰、獅子、海馬、天馬、押魚、&#29435;猊(サンゲイ)、&#29548;豸(カイチ)、斗牛(トギュウ)、行什の10体

    鳳凰に乗った仙人(仙人騎凰)先頭に、麒麟、鳳凰、獅子、海馬、天馬、押魚、狻猊(サンゲイ)、獬豸(カイチ)、斗牛(トギュウ)、行什の10体

  • 他にも嘉量(円筒筒形の銅製枡)という容積の標準器。さきの日時計とともに、皇帝として時間や度量衡を制することの重要性を表しているようです。

    他にも嘉量(円筒筒形の銅製枡)という容積の標準器。さきの日時計とともに、皇帝として時間や度量衡を制することの重要性を表しているようです。

  • これは銅缸。落雷による失火が多かった紫禁城。そのための防火設備の一つです。

    これは銅缸。落雷による失火が多かった紫禁城。そのための防火設備の一つです。

  • まだまだじっくり見たく名残惜しいですが、太和殿から太和門、午門を眺めてから、次へ。

    まだまだじっくり見たく名残惜しいですが、太和殿から太和門、午門を眺めてから、次へ。

  • 太和殿の脇からさらに進みますが

    太和殿の脇からさらに進みますが

  • 横の門の走獣が気になりました。近くでよく見えますが、こちらは5つですね。

    横の門の走獣が気になりました。近くでよく見えますが、こちらは5つですね。

  • 太和殿の後ろに回り込み、中和殿・保和殿が見えるところに来ました

    太和殿の後ろに回り込み、中和殿・保和殿が見えるところに来ました

  • ◆中和殿<br /> 明の永楽18年(1420年)造営。かつて三度火災にあい、現存するのは明の天啓7年(1627年)再建。初めは華蓋殿と名付けられ、後に中極殿に改称、清の順治2年(1645年)に始めて、中和殿と名付けられました。<br /> すべての皇帝は太和殿での典礼前に、先にここで休憩し、官員の跪拜礼を受けました。毎年春の先農壇や祭祀地壇、太廟、社稷壇の祭文・祝版もここで読まれました。

    ◆中和殿
     明の永楽18年(1420年)造営。かつて三度火災にあい、現存するのは明の天啓7年(1627年)再建。初めは華蓋殿と名付けられ、後に中極殿に改称、清の順治2年(1645年)に始めて、中和殿と名付けられました。
     すべての皇帝は太和殿での典礼前に、先にここで休憩し、官員の跪拜礼を受けました。毎年春の先農壇や祭祀地壇、太廟、社稷壇の祭文・祝版もここで読まれました。

    中和殿 寺院・教会

    太和殿での典礼前の休憩所 by walker2000さん
  • 中和殿の走獣は7つ

    中和殿の走獣は7つ

  • 中和殿も真正面は近づけません

    中和殿も真正面は近づけません

  • ただ、太和殿よりは玉座がよく見えます

    ただ、太和殿よりは玉座がよく見えます

  • 中和殿玉座

    中和殿玉座

  • 中和殿脇の扉にも龍の文様

    中和殿脇の扉にも龍の文様

  • 扉にガラスがはまっていますが

    扉にガラスがはまっていますが

  • 何とか玉座を横から見られますが、ガラスの汚れと反射で写真は綺麗に撮れません。<br /><br />次にすぐ後ろに控えている保和殿に。

    何とか玉座を横から見られますが、ガラスの汚れと反射で写真は綺麗に撮れません。

    次にすぐ後ろに控えている保和殿に。

  • ◆保和殿<br /> 明の永楽18年(1420年)造営。清の乾隆時に再建。もとは謹身殿と名付けられ、明の嘉靖年に火災にあい、再建後、建極殿に改称。清の順治2年に、保和殿と改称されました。<br /> 清代は毎年大晦日と正月十五(元宵節)に、外藩蒙古(モンゴル諸侯)、王公及び一二品大臣との饗宴が行われました。また、乾隆後期より、ここは殿試(科挙最終試験)の試験会場で、三年毎に開催されました。

    ◆保和殿
     明の永楽18年(1420年)造営。清の乾隆時に再建。もとは謹身殿と名付けられ、明の嘉靖年に火災にあい、再建後、建極殿に改称。清の順治2年に、保和殿と改称されました。
     清代は毎年大晦日と正月十五(元宵節)に、外藩蒙古(モンゴル諸侯)、王公及び一二品大臣との饗宴が行われました。また、乾隆後期より、ここは殿試(科挙最終試験)の試験会場で、三年毎に開催されました。

    保和殿 寺院・教会

    殿試(科挙最終試験)の試験会場 by walker2000さん
  • 保和殿の走獣は九匹。太和殿に次ぐ格式ですね。

    保和殿の走獣は九匹。太和殿に次ぐ格式ですね。

  • 保和殿も近くに近づけないので、遠くから眺めます

    保和殿も近くに近づけないので、遠くから眺めます

  • そろそろ外朝から内朝に向かおうと思いますが

    そろそろ外朝から内朝に向かおうと思いますが

  • 暑い中歩き回ったので、疲れてきたときに、こちらを発見

    暑い中歩き回ったので、疲れてきたときに、こちらを発見

  • この模様は乾隆時代の冷蔵庫を模したみたいです

    この模様は乾隆時代の冷蔵庫を模したみたいです

  • 無事にアイスクリームをゲットです

    無事にアイスクリームをゲットです

  • 中和殿と保和殿を眺めながら、アイスクリームを食べつつ、一旦、休憩です。<br /><br />外朝の投稿も長くなったので、内朝は次の旅行記で。<br /><br /><br />皆さん、お付き合いいただきありがとうございました

    中和殿と保和殿を眺めながら、アイスクリームを食べつつ、一旦、休憩です。

    外朝の投稿も長くなったので、内朝は次の旅行記で。


    皆さん、お付き合いいただきありがとうございました

53いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 301円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集