ジャイプール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2018年の年末から2019年新春にかけてのインド旅。主要な目的地はラジャスタン州です。<br /><br />その8は、ウダイプールからイスラム教の聖者の墓のあるアジメール経由でジャイプールへ。アンベール城と風の宮殿ハワー・マハルの夜景を楽しみました。<br /><br />・アジメールへ<br />  オートリキシャーに乗り換えてアジメールダルガーへ<br />  喧騒の市場とダルガー<br />  ベジタリアンの昼食<br />・ジャイプールへ<br />  トラックでいっぱいの幹線道路<br />  ジャイプールは都会だった<br />  旧市街を抜けてアンベール城の裏へ<br />  階段井戸<br />  アンベール城のライトアップ<br />  風の宮殿ハワー・マハルのライトアップ<br />・ホテル タージ・ジャイマハール・パレス<br />  夕食と踊り<br />  朝のホテル<br /><br />表紙写真は、黄昏の中でライトアップされるアンベール城。

2019新春インド旅 その8~アジメール経由ジャイプールへ(アンベール城と風の宮殿の夜景)

10いいね!

2019/01/03 - 2019/01/05

235位(同エリア590件中)

旅行記グループ 2019新春インド旅

0

76

ROSARY

ROSARYさん

この旅行記のスケジュール

2019/01/03

2018年の年末から2019年新春にかけてのインド旅。主要な目的地はラジャスタン州です。

その8は、ウダイプールからイスラム教の聖者の墓のあるアジメール経由でジャイプールへ。アンベール城と風の宮殿ハワー・マハルの夜景を楽しみました。

・アジメールへ
  オートリキシャーに乗り換えてアジメールダルガーへ
  喧騒の市場とダルガー
  ベジタリアンの昼食
・ジャイプールへ
  トラックでいっぱいの幹線道路
  ジャイプールは都会だった
  旧市街を抜けてアンベール城の裏へ
  階段井戸
  アンベール城のライトアップ
  風の宮殿ハワー・マハルのライトアップ
・ホテル タージ・ジャイマハール・パレス
  夕食と踊り
  朝のホテル

表紙写真は、黄昏の中でライトアップされるアンベール城。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
4.0
交通手段
タクシー 徒歩
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行なし)
利用旅行会社
ジャルパック

PR

  • ウダイプールを出てアジメールへ。<br /><br />片側2車線の立派な道が続きます。

    ウダイプールを出てアジメールへ。

    片側2車線の立派な道が続きます。

  • こういう、インドっぽい絵柄のトラックも、以前ほどではないものの、時々見かけます。

    こういう、インドっぽい絵柄のトラックも、以前ほどではないものの、時々見かけます。

  • 荷台には女性たち。

    荷台には女性たち。

  • 立派な道でも、牛が悠然と横切ります。

    立派な道でも、牛が悠然と横切ります。

  • アジメールの近くまで来ました。<br /><br />道端でハーブを売っています。

    アジメールの近くまで来ました。

    道端でハーブを売っています。

  • こちらは箒屋さん。<br /><br />都市の郊外にはこういうスラムっぽい掘っ立て小屋も。

    こちらは箒屋さん。

    都市の郊外にはこういうスラムっぽい掘っ立て小屋も。

  • アジメールの街中で、オートリキシャーに乗り換えました。<br />真っピンクのド派手なオートリキシャーです。<br /><br />アジメールダルガーはすごい雑踏で、カメラは持ち込み禁止。カメラは車に置いてでかけます。ここからはスマホで撮影。

    イチオシ

    アジメールの街中で、オートリキシャーに乗り換えました。
    真っピンクのド派手なオートリキシャーです。

    アジメールダルガーはすごい雑踏で、カメラは持ち込み禁止。カメラは車に置いてでかけます。ここからはスマホで撮影。

  • え、こんな狭い道を通るの? すれ違えるとは思えない。

    え、こんな狭い道を通るの? すれ違えるとは思えない。

  • 途中でリキシャーを降りて、あとは徒歩で進みます。

    途中でリキシャーを降りて、あとは徒歩で進みます。

  • アジメールダルガーの横手の入口。ここからは撮影禁止。(モバイルではOKという情報もありますが、中で撮っている人はほぼ皆無)<br /><br />ここで靴を脱いで、すぐ中のお供えを売っているお店で預かってもらいました。<br />靴下も脱ぎます。大理石の床が気持ちいい。<br /><br />カメラを持っていないかどうか、しつこく尋ねられます。<br />男性は、頭を布で隠す必要があります。女性もスカーフをかぶります。<br /><br />Ajmer Sharif Dargahは、スーフィーの聖者Khwaja Moinuddin Chishtiが祀られた場所。たくさんのイスラム教徒がお参りにきます。<br /><br />お供えのお花を持って行列に並びます。さっそく、入口にいる係の人に喜捨を求められます。100ルピーじゃ少なすぎるって。<br /><br />聖者の墓にみんながお供えを投げかけます。すごい雑踏。<br />アジメールダルガーの様子は、こちらの記事を貼っておきます。<br />https://www.tourmyindia.com/states/rajasthan/ajmer-sharif-dargah.html

    イチオシ

    地図を見る

    アジメールダルガーの横手の入口。ここからは撮影禁止。(モバイルではOKという情報もありますが、中で撮っている人はほぼ皆無)

    ここで靴を脱いで、すぐ中のお供えを売っているお店で預かってもらいました。
    靴下も脱ぎます。大理石の床が気持ちいい。

    カメラを持っていないかどうか、しつこく尋ねられます。
    男性は、頭を布で隠す必要があります。女性もスカーフをかぶります。

    Ajmer Sharif Dargahは、スーフィーの聖者Khwaja Moinuddin Chishtiが祀られた場所。たくさんのイスラム教徒がお参りにきます。

    お供えのお花を持って行列に並びます。さっそく、入口にいる係の人に喜捨を求められます。100ルピーじゃ少なすぎるって。

    聖者の墓にみんながお供えを投げかけます。すごい雑踏。
    アジメールダルガーの様子は、こちらの記事を貼っておきます。
    https://www.tourmyindia.com/states/rajasthan/ajmer-sharif-dargah.html

    フワージャ ムイーヌッディーン チシュティーのダルガー (廟) 寺院・教会

  • 帰りも途中でオートリキシャーを捕まえて。

    帰りも途中でオートリキシャーを捕まえて。

  • リキシャーを降りるときも、周りからいっぱい手が出てきてお金を要求されます。<br />10ルピー札をたくさん持っていて、サクッと手渡して車に乗り込みます。<br /><br />車に乗って一安心。落ち着いて外を見ると、パイナップルを売っていました。

    リキシャーを降りるときも、周りからいっぱい手が出てきてお金を要求されます。
    10ルピー札をたくさん持っていて、サクッと手渡して車に乗り込みます。

    車に乗って一安心。落ち着いて外を見ると、パイナップルを売っていました。

  • 道端にジャイナ教の寺院もありました。

    道端にジャイナ教の寺院もありました。

  • Shahid Smarakと時計塔。

    Shahid Smarakと時計塔。

    観光案内所 (アジメール) 散歩・街歩き

  • すぐ右手はアジメール駅です。

    すぐ右手はアジメール駅です。

  • ガンジーの像がありました。

    ガンジーの像がありました。

    観光案内所 (アジメール) 散歩・街歩き

  • アジメールの街を抜けたところで遅めの昼食。<br /><br />ベジタリアンレストランです。<br />ここでもダールのカレーと、じゃがいもを炒めたものをプレーンナンと一緒に。

    アジメールの街を抜けたところで遅めの昼食。

    ベジタリアンレストランです。
    ここでもダールのカレーと、じゃがいもを炒めたものをプレーンナンと一緒に。

  • Ajmer Family Retaurantという名前のお店。<br /><br />右上に緑丸がついていて、ベジタリアンのお店だということがわかります。

    Ajmer Family Retaurantという名前のお店。

    右上に緑丸がついていて、ベジタリアンのお店だということがわかります。

    観光案内所 (アジメール) 散歩・街歩き

  • このあたりの道路には、立体交差もあります。<br /><br />ジャイプール経由、デリーに向かう道。

    このあたりの道路には、立体交差もあります。

    ジャイプール経由、デリーに向かう道。

  • ジャイプールが近づき、渋滞に巻き込まれました。<br />周り中が大型トラック。

    ジャイプールが近づき、渋滞に巻き込まれました。
    周り中が大型トラック。

  • 料金所のようですね。少しでも早く通行できるよう、係の人がハンディターミナルを持って、事前に料金を徴収しに来ました。

    料金所のようですね。少しでも早く通行できるよう、係の人がハンディターミナルを持って、事前に料金を徴収しに来ました。

  • 料金所を過ぎても渋滞。<br /><br />あ、前の車はジャガー。今はインドのタタ・モーターズの傘下にあるんですよね。

    料金所を過ぎても渋滞。

    あ、前の車はジャガー。今はインドのタタ・モーターズの傘下にあるんですよね。

  • 久しぶりに見た高層ビル。

    久しぶりに見た高層ビル。

  • 高架の鉄道も走っています。

    高架の鉄道も走っています。

  • アジメール門。ここから旧市街に入ります。

    アジメール門。ここから旧市街に入ります。

  • 赤茶っぽい色の建物が続きます。<br /><br />ピンクシティと言われる所以。

    赤茶っぽい色の建物が続きます。

    ピンクシティと言われる所以。

  • トリポリヤバザール。

    トリポリヤバザール。

  • Isarlat Sargasooli。上からの眺めはすばらしいでしょうね。

    Isarlat Sargasooli。上からの眺めはすばらしいでしょうね。

  • これがトリポリヤゲート。王族専用の入口だそうです。

    これがトリポリヤゲート。王族専用の入口だそうです。

  • 風の宮殿、ハワー・マハルです。ここは明日、ゆっくり訪問します。

    風の宮殿、ハワー・マハルです。ここは明日、ゆっくり訪問します。

    ハワー マハル (風の宮殿) 城・宮殿

  • こちらは庶民が王宮エリアに入るためのSireh Deori門。

    こちらは庶民が王宮エリアに入るためのSireh Deori門。

  • 奥にもう一つ門が見えました。

    奥にもう一つ門が見えました。

  • Jorawar Singh門から街の外に出ます。

    Jorawar Singh門から街の外に出ます。

  • 道を象が歩いています。

    道を象が歩いています。

  • アンベール城が見えてきました。ライトアップにはまだ間がありますね。

    アンベール城が見えてきました。ライトアップにはまだ間がありますね。

  • 近くに階段井戸があるというので、そこまで行ってもらうことにしました。<br /><br />途中、崩れかけた家もあります。その向こうに、城壁と見張り塔が見えています。

    近くに階段井戸があるというので、そこまで行ってもらうことにしました。

    途中、崩れかけた家もあります。その向こうに、城壁と見張り塔が見えています。

  • Bihari ji templeです。

    Bihari ji templeです。

  • そのすぐ脇に、階段井戸がありました。<br /><br />Panna Meena ka Kundです。16世紀に作られたものだそう。

    イチオシ

    地図を見る

    そのすぐ脇に、階段井戸がありました。

    Panna Meena ka Kundです。16世紀に作られたものだそう。

  • ここでも、結婚式の撮影?

    ここでも、結婚式の撮影?

  • 段々がつくり出す幾何学模様は面白いですね。

    段々がつくり出す幾何学模様は面白いですね。

  • 階段井戸の上の方に、ジャイガー・フォートが見えています。

    階段井戸の上の方に、ジャイガー・フォートが見えています。

  • 外側に螺旋状のはしごがついている塔。

    外側に螺旋状のはしごがついている塔。

  • ラブラブな様子を撮影しています。

    ラブラブな様子を撮影しています。

  • かなり暗くなってきました。

    かなり暗くなってきました。

  • アンベール城が見えるところまで戻ってきました。

    アンベール城が見えるところまで戻ってきました。

  • 丘の向こうに日が沈んでいくようです。

    丘の向こうに日が沈んでいくようです。

  • あ、その時、ライトアップが開始されました。

    あ、その時、ライトアップが開始されました。

  • アップで。<br /><br />ここにも明日ゆっくり訪れます。

    アップで。

    ここにも明日ゆっくり訪れます。

  • 帰りも渋滞の中、旧市街を抜けて。<br /><br />ハワー・マハルもライトアップされています。

    帰りも渋滞の中、旧市街を抜けて。

    ハワー・マハルもライトアップされています。

  • 明るいときよりも、夜のほうが綺麗かもしれませんね。

    イチオシ

    地図を見る

    明るいときよりも、夜のほうが綺麗かもしれませんね。

    ハワー マハル (風の宮殿) 城・宮殿

  • Badi Chopad。地下鉄を作っているとかで、工事中でした。

    Badi Chopad。地下鉄を作っているとかで、工事中でした。

  • 今度はjohri baazarを通って。

    今度はjohri baazarを通って。

  • ジャーマ・マスジッドです。

    ジャーマ・マスジッドです。

  • きれいな建物が並びます。

    イチオシ

    きれいな建物が並びます。

  • Hanuman Ji Temple。<br /><br />お参りしている人もいますね。

    Hanuman Ji Temple。

    お参りしている人もいますね。

  • 寺院のすぐそばにある、Sanganeri Gateから町の外へ。

    寺院のすぐそばにある、Sanganeri Gateから町の外へ。

  • ようやくホテルに到着。<br /><br />今日から二泊は、タージ・ジャイマハール・パレスです。

    ようやくホテルに到着。

    今日から二泊は、タージ・ジャイマハール・パレスです。

    ジャイ マハル パレス ホテル ホテル

    ゴージャスな内装に立地な気分を味わえる by ROSARYさん
  • 幾何学模様の廊下。

    幾何学模様の廊下。

  • 夕食時には、踊りも披露されていました。

    夕食時には、踊りも披露されていました。

  • ビュッフェの品数もたくさん。<br /><br />アラカルトもお願いできますが、一皿が多くなってしまうので、インドではビュッフェのほうが楽しめると感じました。

    ビュッフェの品数もたくさん。

    アラカルトもお願いできますが、一皿が多くなってしまうので、インドではビュッフェのほうが楽しめると感じました。

  • 温かいお料理はゴージャスな鍋に入っています。

    温かいお料理はゴージャスな鍋に入っています。

  • ダールのカレーは必ずありますね。

    ダールのカレーは必ずありますね。

  • 前菜。こんな感じにとってみました。<br /><br />この時期にいちじくがあるのが嬉しい。

    前菜。こんな感じにとってみました。

    この時期にいちじくがあるのが嬉しい。

  • ワインリスト。インドワインもたくさんあります。

    ワインリスト。インドワインもたくさんあります。

  • nine hillsというインドワインは初めて飲みます。

    nine hillsというインドワインは初めて飲みます。

  • 温かい前菜&いちじく。

    温かい前菜&いちじく。

  • 主菜はこんな感じ。ちょっとだけ、ノンベジのお料理も取りました。

    主菜はこんな感じ。ちょっとだけ、ノンベジのお料理も取りました。

  • デザートコーナー。この4倍ぐらいありましたが、一部だけ撮影。

    デザートコーナー。この4倍ぐらいありましたが、一部だけ撮影。

  • こんな感じ。手前の丸いGulab Jamun、甘いインドのお菓子ですが、なんだか気に入りました。

    こんな感じ。手前の丸いGulab Jamun、甘いインドのお菓子ですが、なんだか気に入りました。

  • レストランの内装。ゴージャスですね。

    レストランの内装。ゴージャスですね。

  • 風が吹き抜ける半屋外で、バンケットをやっていました。<br /><br />インドには冬に来るのがおすすめです。冬でも外で食事ができるほど寒すぎないし、もちろん日中暑すぎることもありませんから。

    風が吹き抜ける半屋外で、バンケットをやっていました。

    インドには冬に来るのがおすすめです。冬でも外で食事ができるほど寒すぎないし、もちろん日中暑すぎることもありませんから。

  • 外の風がはいる廊下。完全に夏をベースに作られた建物ですね。<br /><br />廊下には王様の肖像画などが飾られていました。

    イチオシ

    外の風がはいる廊下。完全に夏をベースに作られた建物ですね。

    廊下には王様の肖像画などが飾られていました。

  • 翌朝のホテルの外観。

    翌朝のホテルの外観。

  • ゴージャスなロビー。<br /><br />ホテルの中だけでも、フォトスポットがたくさんあります。

    ゴージャスなロビー。

    ホテルの中だけでも、フォトスポットがたくさんあります。

  • 入口には象の浮き彫りも。

    入口には象の浮き彫りも。

  • 部屋から、ホテルの広大な中庭を眺めたところ。<br /><br />さあ、1日ジャイプールの観光にでかけましょう。

    部屋から、ホテルの広大な中庭を眺めたところ。

    さあ、1日ジャイプールの観光にでかけましょう。

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2019新春インド旅

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 489円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集