インドに着いてまる1週間が経った今日は、アグラからジャイプルへ移動!<br /><br />先日、アグラフォート駅まで歩いて予約購入したチケットがあるので、安心。<br />ところで、インドの携帯電話番号さえあれば、ネットで予約購入できるはずなんだけど…<br />そのためもあって、エアテルのSIMカードを買ったんだけど…<br />うーん、登録したのに、なぜか予約ができない!<br />そんな訳で、窓口でアナログな購入です。<br /><br />乗る列車は、早朝6時35分にアグラフォート駅発。<br />…の筈だけど、どうせ遅れるんだよね?<br />列車は前日バラナシを出て、アグラ、ジャイプルを通って、さらに先のどこかへ行きます(自分に関係ない地名は覚えられない)。<br /><br />インドの列車の運行状況が見られるアプリをダウンロードしてあるので、どれくらい遅延してるかチェック…<br />って、エラーになってしまいます。<br />もう!役立たず~!<br /><br />昨夜、宿泊先のホストに、予約してある列車のことを伝えて、トゥクトゥクを予約しておいてもらいました。<br /><br />早朝5時45分。5泊もお世話になった宿で最後のチャイを振舞ってもらい、出発!<br />宿については、帰国後にまとめて書くつもり。<br /><br />宿の周辺はタージマハルがある車両通行制限区域なので、来るときは宿のだいぶ手前でトゥクトゥクを降りたのだけど、宿のホストに呼んでもらったトゥクトゥクは、すぐ近くで待ってくれてました。<br />ただ、お値段も、宿からアグラフォート駅まで、200ルピーと、来た時の倍払いました。早朝料金とか、迎車料金なんかも含まれているのでしょうか…?<br /><br />降りるときにチップくれ、と言われましたが、断りました。<br />これ、どうするのが正解なんだろう?<br /><br />6時過ぎ、アグラフォート駅は日の出前でまだ暗いにもかかわらず、沢山の人がいました。<br /><br />まずは電光掲示板で、自分の乗る列車の時刻とプラットホームの番号をチェック。<br />7時半、プラットホーム2番か…。<br /><br />1時間以上あります。<br />これは想定内。というか、3時間や4時間の遅延も覚悟していただけに、ホッとしました。

初インド8日目。アグラから鉄道でジャイプルへ

11いいね!

2019/01/21 - 2019/01/21

197位(同エリア575件中)

旅行記グループ 初インド2019

0

5

chrissevenseas さん

インドに着いてまる1週間が経った今日は、アグラからジャイプルへ移動!

先日、アグラフォート駅まで歩いて予約購入したチケットがあるので、安心。
ところで、インドの携帯電話番号さえあれば、ネットで予約購入できるはずなんだけど…
そのためもあって、エアテルのSIMカードを買ったんだけど…
うーん、登録したのに、なぜか予約ができない!
そんな訳で、窓口でアナログな購入です。

乗る列車は、早朝6時35分にアグラフォート駅発。
…の筈だけど、どうせ遅れるんだよね?
列車は前日バラナシを出て、アグラ、ジャイプルを通って、さらに先のどこかへ行きます(自分に関係ない地名は覚えられない)。

インドの列車の運行状況が見られるアプリをダウンロードしてあるので、どれくらい遅延してるかチェック…
って、エラーになってしまいます。
もう!役立たず~!

昨夜、宿泊先のホストに、予約してある列車のことを伝えて、トゥクトゥクを予約しておいてもらいました。

早朝5時45分。5泊もお世話になった宿で最後のチャイを振舞ってもらい、出発!
宿については、帰国後にまとめて書くつもり。

宿の周辺はタージマハルがある車両通行制限区域なので、来るときは宿のだいぶ手前でトゥクトゥクを降りたのだけど、宿のホストに呼んでもらったトゥクトゥクは、すぐ近くで待ってくれてました。
ただ、お値段も、宿からアグラフォート駅まで、200ルピーと、来た時の倍払いました。早朝料金とか、迎車料金なんかも含まれているのでしょうか…?

降りるときにチップくれ、と言われましたが、断りました。
これ、どうするのが正解なんだろう?

6時過ぎ、アグラフォート駅は日の出前でまだ暗いにもかかわらず、沢山の人がいました。

まずは電光掲示板で、自分の乗る列車の時刻とプラットホームの番号をチェック。
7時半、プラットホーム2番か…。

1時間以上あります。
これは想定内。というか、3時間や4時間の遅延も覚悟していただけに、ホッとしました。

PR

  • アグラには鉄道駅が2つあり、大きな方がアグラカント駅。小さな方が、アグラ城のすぐ目の前にあるアグラフォート駅です。<br />アグラカント駅とアグラフォート駅は、線路で繋がってません。<br />隣り合った駅ではないので、これから乗る人は要注意。<br /><br />さて、早朝のアグラ駅。<br />1時間ちょっと待つために、1番プラットホームの待合室へ。<br /><br />そんなに広くないけど、混んでもいなくて、座れました。<br />寒くて座席が冷たいせいか、トイレに行きたくなってしまった…。<br /><br />待合室に併設されたトイレに入ろうとすると、係員(には見えないけど、受付デスクに座っている)に、10ルピー(16円)と言われました。<br />これは、インド人も外国人も、同じ値段でした。<br /><br />トイレには、シャワー室もありますが、男女共用…ってホントか?!<br />行列すら男女別なこの国で…?<br />しかし、しのごの言っている場合じゃありません。<br />個室だから、男女共用トイレでも構わない!<br /><br />手早く用を済ませて、待合室に戻ると、インド人男性に、「トイレに行くから、荷物を見ていてくれないか」と頼まれました。<br /><br />その人がトイレから出てくると、「どこに行くの?」と尋ねてきたので、「ジャイプル。でも列車が遅れてるんだ」と答えつつ、切符を見せました。<br />切符を見た男性、「この待合室は、ジェネラル(一番安い自由席)用だよ。あっちにアッパークラス用の待合室がある。君はあっちに行くべきだ」とな。<br /><br />そうだったのか…!<br />教えてくれて、どうもありがとう!!!<br /><br />で、示された方へと向かうと…「アッパークラス、男性」とある。<br />その先に「アッパークラス、女性」とある。<br />おお、さすがアッパー。男女別なんだ!<br />と思ったのも束の間、女性用待合室は工事中でした。<br />どうりで、男性用の部屋を覗いてみた時、女性がいるなあと思ったんだよ。<br /><br />さて、アッパークラスの待合室と言っても、さっき入ったジェネラル用より豪華とか綺麗とか清潔ということは、全くなく、座席仕様も同じでした。<br />しかも、切符の確認してないよ?誰でも入れるんじゃないの、これ?<br /><br />7時を過ぎて、そろそろ乗車するプラットホームへ行く準備をしようかな、などと、切符を見て車輌番号と座席番号を確認…<br />と、思いきや!<br />うーむ、どれが車輌でどれが座席なのか…。デリーからアグラ行きの列車の切符と、なんだか違う…。<br />間違いなく、二等寝台車と書いてあるけど、車両と座席が判別できない!<br /><br />アッパークラスの係員に切符を見せて、「これ、私の車両はどこに書いてあるのかしら?」<br />すると…うーむ、英語が通じてない。<br />「オーケー。プラットホーム、ナンバー2」<br />「コーチのナンバーは?シートのナンバーは?」と尚も尋ねると、困った様子の係員に、待合室にいた乗客が助け船…<br /><br />かと思いきや!<br />この人も英語が通じない。<br />私の切符を見て、彼のスマホで、予約がキチンと取れていることを確認し(この時、私の電話番号が必要)、私のスマホに「二等寝台車の予約を確認しました」というSMSが、インド鉄道から届きました。<br /><br />うん…<br />でも、やっぱり車輌番号も座席番号も、わからないままなんだよ。<br />しかし、わざわざ調べてくれたインドの方々の、「良かったね、もう心配ないよ!」という表情を見ると、何も言えなくなってしまいました。<br />どうせ通じないし…。<br /><br />ありがとう!と笑顔で感謝して、とりあえず時間が迫ってきたので、2番ホームへ。<br /><br />どの辺で待てば、二等寝台車に乗れるのか、皆目分からないまま。<br />ニューデリー駅では、ホームに車輌番号も出ていたのだけど…ここでは出ていません。<br /><br />とにかく、乗り込んでから探すしかなさそう。

    アグラには鉄道駅が2つあり、大きな方がアグラカント駅。小さな方が、アグラ城のすぐ目の前にあるアグラフォート駅です。
    アグラカント駅とアグラフォート駅は、線路で繋がってません。
    隣り合った駅ではないので、これから乗る人は要注意。

    さて、早朝のアグラ駅。
    1時間ちょっと待つために、1番プラットホームの待合室へ。

    そんなに広くないけど、混んでもいなくて、座れました。
    寒くて座席が冷たいせいか、トイレに行きたくなってしまった…。

    待合室に併設されたトイレに入ろうとすると、係員(には見えないけど、受付デスクに座っている)に、10ルピー(16円)と言われました。
    これは、インド人も外国人も、同じ値段でした。

    トイレには、シャワー室もありますが、男女共用…ってホントか?!
    行列すら男女別なこの国で…?
    しかし、しのごの言っている場合じゃありません。
    個室だから、男女共用トイレでも構わない!

    手早く用を済ませて、待合室に戻ると、インド人男性に、「トイレに行くから、荷物を見ていてくれないか」と頼まれました。

    その人がトイレから出てくると、「どこに行くの?」と尋ねてきたので、「ジャイプル。でも列車が遅れてるんだ」と答えつつ、切符を見せました。
    切符を見た男性、「この待合室は、ジェネラル(一番安い自由席)用だよ。あっちにアッパークラス用の待合室がある。君はあっちに行くべきだ」とな。

    そうだったのか…!
    教えてくれて、どうもありがとう!!!

    で、示された方へと向かうと…「アッパークラス、男性」とある。
    その先に「アッパークラス、女性」とある。
    おお、さすがアッパー。男女別なんだ!
    と思ったのも束の間、女性用待合室は工事中でした。
    どうりで、男性用の部屋を覗いてみた時、女性がいるなあと思ったんだよ。

    さて、アッパークラスの待合室と言っても、さっき入ったジェネラル用より豪華とか綺麗とか清潔ということは、全くなく、座席仕様も同じでした。
    しかも、切符の確認してないよ?誰でも入れるんじゃないの、これ?

    7時を過ぎて、そろそろ乗車するプラットホームへ行く準備をしようかな、などと、切符を見て車輌番号と座席番号を確認…
    と、思いきや!
    うーむ、どれが車輌でどれが座席なのか…。デリーからアグラ行きの列車の切符と、なんだか違う…。
    間違いなく、二等寝台車と書いてあるけど、車両と座席が判別できない!

    アッパークラスの係員に切符を見せて、「これ、私の車両はどこに書いてあるのかしら?」
    すると…うーむ、英語が通じてない。
    「オーケー。プラットホーム、ナンバー2」
    「コーチのナンバーは?シートのナンバーは?」と尚も尋ねると、困った様子の係員に、待合室にいた乗客が助け船…

    かと思いきや!
    この人も英語が通じない。
    私の切符を見て、彼のスマホで、予約がキチンと取れていることを確認し(この時、私の電話番号が必要)、私のスマホに「二等寝台車の予約を確認しました」というSMSが、インド鉄道から届きました。

    うん…
    でも、やっぱり車輌番号も座席番号も、わからないままなんだよ。
    しかし、わざわざ調べてくれたインドの方々の、「良かったね、もう心配ないよ!」という表情を見ると、何も言えなくなってしまいました。
    どうせ通じないし…。

    ありがとう!と笑顔で感謝して、とりあえず時間が迫ってきたので、2番ホームへ。

    どの辺で待てば、二等寝台車に乗れるのか、皆目分からないまま。
    ニューデリー駅では、ホームに車輌番号も出ていたのだけど…ここでは出ていません。

    とにかく、乗り込んでから探すしかなさそう。

  • 気がつくと、日が昇って明るくなってました。<br /><br />駅構内からアグラ城が見えます。<br /><br />7時40分ごろ、列車はようやく駅に到着。<br /><br />長い長い列車の各車両に、「スリーパー」とか「二等」とか表示してあります。<br />二等寝台車は2輌しかないはずで、しかも端っこの方。<br /><br />ここ、と狙いを定めた車両に乗り込んたんだけど…<br />オカシイ。<br />ものすごく混んでる!<br />しかも、どう見ても、寝台が3段ある!<br />そして私、薄汚れてるとはいえ、完全に場違い!<br />だってここ、インド人しかいないもん!それもおそらくかなり貧しい感じの…。<br /><br />みんな私を見て不思議に思ったのか、英語ではない言葉で口々に何かを尋ねてきます。<br />さしずめ、「お前の席はここじゃないんじゃないか?間違ってないか?」って感じでしょうか。<br /><br />それにしても、思ったより、英語が喋れる人はインドには少ないのね…。<br />それでも、こんな訳わからない外国人旅行者の私に、とても親切です。<br />2人の人が、「あっちだ。付いて来い」と、わざわざ二等寝台車まで連れて行ってくれました。<br /><br />ホントに、言葉が通じなくても親切なインド人に感謝です。<br />チートしようとするインド人ばかりじゃないんだよね。こういう人の方が多いんだよね。

    気がつくと、日が昇って明るくなってました。

    駅構内からアグラ城が見えます。

    7時40分ごろ、列車はようやく駅に到着。

    長い長い列車の各車両に、「スリーパー」とか「二等」とか表示してあります。
    二等寝台車は2輌しかないはずで、しかも端っこの方。

    ここ、と狙いを定めた車両に乗り込んたんだけど…
    オカシイ。
    ものすごく混んでる!
    しかも、どう見ても、寝台が3段ある!
    そして私、薄汚れてるとはいえ、完全に場違い!
    だってここ、インド人しかいないもん!それもおそらくかなり貧しい感じの…。

    みんな私を見て不思議に思ったのか、英語ではない言葉で口々に何かを尋ねてきます。
    さしずめ、「お前の席はここじゃないんじゃないか?間違ってないか?」って感じでしょうか。

    それにしても、思ったより、英語が喋れる人はインドには少ないのね…。
    それでも、こんな訳わからない外国人旅行者の私に、とても親切です。
    2人の人が、「あっちだ。付いて来い」と、わざわざ二等寝台車まで連れて行ってくれました。

    ホントに、言葉が通じなくても親切なインド人に感謝です。
    チートしようとするインド人ばかりじゃないんだよね。こういう人の方が多いんだよね。

  • 車両番号と座席番号がわからないまま、切符を確認しに車掌さんが来たら尋ねれば良いと、空いているベッドに陣取ります。<br /><br />カーテンを閉めれば完全なる個室。<br />二等寝台車には、枕、毛布、シーツもついてます。<br /><br />古くて汚い列車だけど、身体を伸ばして寝られるのはありがたい!<br /><br />カーテン越しに、通路を何度も、「チャーイ、チャーイ!」と、チャイ売り屋さんが通ります。<br />結構たくさんの乗客が買ってるよう。<br /><br />列車は予定より1時間25分遅れの午前8時に、アグラフォート駅を出発!<br /><br />ジャイプール駅の到着予定は、本来なら午後12時5分だけど、さあ、何時に着くでしょうか?

    車両番号と座席番号がわからないまま、切符を確認しに車掌さんが来たら尋ねれば良いと、空いているベッドに陣取ります。

    カーテンを閉めれば完全なる個室。
    二等寝台車には、枕、毛布、シーツもついてます。

    古くて汚い列車だけど、身体を伸ばして寝られるのはありがたい!

    カーテン越しに、通路を何度も、「チャーイ、チャーイ!」と、チャイ売り屋さんが通ります。
    結構たくさんの乗客が買ってるよう。

    列車は予定より1時間25分遅れの午前8時に、アグラフォート駅を出発!

    ジャイプール駅の到着予定は、本来なら午後12時5分だけど、さあ、何時に着くでしょうか?

  • 結論を言うと、車掌による切符の検札はないまま、ジャイプール駅に着いてしまいました。<br />タダ乗りできちゃうじゃん?!!<br /><br />そして、アグラを出た時の遅れをなんとか少し取り戻し、12時40分頃ジャイプール駅に到着!<br />スゴイ!<br />たった35分の遅延まで縮めたよ!<br />なかなか優秀。<br /><br />乗車時間、4時間40分。朝早く起きたので途中眠っちゃいましたが、誰に邪魔されることもなく、危険なこともなく、無事にジャイプールに着けてホッとしました。<br /><br />さて。<br />車掌が来なかったため、自分の指定席がわからないままでしたが…<br /><br />後でネットで調べてみたところ、なんと私の席は、「ウェイティングリスト9番目」ということで、キャンセル待ちだったのです!<br />えー、指定席が売り切れの切符、販売しちゃうんだ?!全額前払いで!<br />日本ならば、キャンセルが出て指定席が確保できたところで、初めて支払うものだよねー。<br /><br />幸いにも、キャンセルが出ていたようで、空席があったから良かったものの、満席だったら、お金を払ったのに二等寝台車に乗れないところだったよ…。<br />無知って怖い…。<br /><br />でも、切符買う時に、窓口の人は何も言ってくれなかったよなあ。<br />まあ、国鉄のサービスってこんなもんなのかなあ。<br /><br />というわけで、チケットの座席は、たとえ指定席を買っても、車両や座席の欄にWLRLなどと書いてあったら、実は売り切れていてキャンセル待ちとのことです。

    結論を言うと、車掌による切符の検札はないまま、ジャイプール駅に着いてしまいました。
    タダ乗りできちゃうじゃん?!!

    そして、アグラを出た時の遅れをなんとか少し取り戻し、12時40分頃ジャイプール駅に到着!
    スゴイ!
    たった35分の遅延まで縮めたよ!
    なかなか優秀。

    乗車時間、4時間40分。朝早く起きたので途中眠っちゃいましたが、誰に邪魔されることもなく、危険なこともなく、無事にジャイプールに着けてホッとしました。

    さて。
    車掌が来なかったため、自分の指定席がわからないままでしたが…

    後でネットで調べてみたところ、なんと私の席は、「ウェイティングリスト9番目」ということで、キャンセル待ちだったのです!
    えー、指定席が売り切れの切符、販売しちゃうんだ?!全額前払いで!
    日本ならば、キャンセルが出て指定席が確保できたところで、初めて支払うものだよねー。

    幸いにも、キャンセルが出ていたようで、空席があったから良かったものの、満席だったら、お金を払ったのに二等寝台車に乗れないところだったよ…。
    無知って怖い…。

    でも、切符買う時に、窓口の人は何も言ってくれなかったよなあ。
    まあ、国鉄のサービスってこんなもんなのかなあ。

    というわけで、チケットの座席は、たとえ指定席を買っても、車両や座席の欄にWLRLなどと書いてあったら、実は売り切れていてキャンセル待ちとのことです。

  • これは、Indian Railwayのアプリで事前に調べていた列車。<br /><br />この画面の右側に2A、はてなマーク、700ルピーなどと表示されているでしょう。<br />このはてなマークが、切符が売り切れており、キャンセル待ちが何人いるかわからない状態を示しているようです。<br /><br />確実に指定席を購入できるときは、緑色で数字が表示されます。この数字が残席数。<br /><br />赤字でWL[数字]と表示されている時は、キャンセル待ちの人数を示しているようです。<br /><br />なるほど…。<br />つまり、赤字のときは要注意なわけね。

    これは、Indian Railwayのアプリで事前に調べていた列車。

    この画面の右側に2A、はてなマーク、700ルピーなどと表示されているでしょう。
    このはてなマークが、切符が売り切れており、キャンセル待ちが何人いるかわからない状態を示しているようです。

    確実に指定席を購入できるときは、緑色で数字が表示されます。この数字が残席数。

    赤字でWL[数字]と表示されている時は、キャンセル待ちの人数を示しているようです。

    なるほど…。
    つまり、赤字のときは要注意なわけね。

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

初インド2019

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 489円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集