デリー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ポテトチップスにあたって、夜中に大変な思いをしました…。<br />まさかスナック菓子で食あたりとは!!!<br />弱っている身体に、油がいけなかったんでしょうね~。<br /><br />デリーの大気汚染が凄まじく、もともと呼吸器系が弱くて、さらにアレルギー体質の私は、かなり弱ってます。<br />これまで旅してきた国々の中で、断トツの大気汚染レベル!<br /><br />まあ、そんなわけで、宿で2日間、休みました。<br />トイレを独占できる個室で良かった、としみじみ思いました…。<br /><br />まだなんとなく不安は残るものの、今日は観光です!

初インド20日目。レッドフォートとジャーマーマスジット

5いいね!

2019/02/02 - 2019/02/02

1097位(同エリア1718件中)

旅行記グループ 初インド2019

0

34

chrissevenseas さん

ポテトチップスにあたって、夜中に大変な思いをしました…。
まさかスナック菓子で食あたりとは!!!
弱っている身体に、油がいけなかったんでしょうね~。

デリーの大気汚染が凄まじく、もともと呼吸器系が弱くて、さらにアレルギー体質の私は、かなり弱ってます。
これまで旅してきた国々の中で、断トツの大気汚染レベル!

まあ、そんなわけで、宿で2日間、休みました。
トイレを独占できる個室で良かった、としみじみ思いました…。

まだなんとなく不安は残るものの、今日は観光です!

PR

  • 絶食してたので、お腹が空いてヘロヘロなんだけど、胃に優しいものを食べないと、また大変なことになる!と、パハールガンジではどうやら欧米人に人気らしいBrown Bread Bakeryへ。<br />オーガニックでフェアトレードとのこと。<br /><br />朝8時頃のパハールガンジの路上では、焚火で暖をとっている人がチラホラ。<br />これがまた煙くて、朝から辛い。

    絶食してたので、お腹が空いてヘロヘロなんだけど、胃に優しいものを食べないと、また大変なことになる!と、パハールガンジではどうやら欧米人に人気らしいBrown Bread Bakeryへ。
    オーガニックでフェアトレードとのこと。

    朝8時頃のパハールガンジの路上では、焚火で暖をとっている人がチラホラ。
    これがまた煙くて、朝から辛い。

  • Brown Bread Bakery店内。<br /><br />朝食ビュッフェは350ルピー。<br />このテーブルに載っているのが、ビュッフェです。<br /><br />お客さんは、やはり欧米系が多い。

    Brown Bread Bakery店内。

    朝食ビュッフェは350ルピー。
    このテーブルに載っているのが、ビュッフェです。

    お客さんは、やはり欧米系が多い。

  • 絶食後にたくさん食べたらまたお腹を壊すので、ビュッフェではなく、Set Breakfastを。<br /><br />チャイ、卵料理、ハッシュドポテト、パン、そして、写真には写ってないけど、たっぷりのフルーツのヨーグルト掛けのセットで、235ルピー。370円ほど。<br /><br />フルーツが生なので、ビクビクなんだけど、欧米人の評価が高いお店なので、大丈夫であろうと信じて、食べました。<br /><br />ところで、インドのバターって、濃くて美味しい。<br />そして、この店のジャムも添加物なしっぽくて、美味しかったです。<br /><br />パンは食べきれないので、バターとジャムを塗ってサンドイッチにして、持参したジップロックへ。<br />今晩の食糧に。<br /><br />この店、クチコミにもよく書いてあった通り、店員さんがかなりスロー。<br />愛想もあまり良くない感じですが、とにかく安心して食べられるお店なので、多少高くても、サービスが良くなくても、許します。<br /><br />メニューは、インド料理からイタリアンなどの西洋料理まで幅広いけど、ラザニアなどは食べてみる気にはなれないなあ。<br /><br />なぜなら、前に行った時に頼んだミネストローネがあまりにも酷かった!

    絶食後にたくさん食べたらまたお腹を壊すので、ビュッフェではなく、Set Breakfastを。

    チャイ、卵料理、ハッシュドポテト、パン、そして、写真には写ってないけど、たっぷりのフルーツのヨーグルト掛けのセットで、235ルピー。370円ほど。

    フルーツが生なので、ビクビクなんだけど、欧米人の評価が高いお店なので、大丈夫であろうと信じて、食べました。

    ところで、インドのバターって、濃くて美味しい。
    そして、この店のジャムも添加物なしっぽくて、美味しかったです。

    パンは食べきれないので、バターとジャムを塗ってサンドイッチにして、持参したジップロックへ。
    今晩の食糧に。

    この店、クチコミにもよく書いてあった通り、店員さんがかなりスロー。
    愛想もあまり良くない感じですが、とにかく安心して食べられるお店なので、多少高くても、サービスが良くなくても、許します。

    メニューは、インド料理からイタリアンなどの西洋料理まで幅広いけど、ラザニアなどは食べてみる気にはなれないなあ。

    なぜなら、前に行った時に頼んだミネストローネがあまりにも酷かった!

  • キャベツの千切り入り、東南アジア風スープ…。<br /><br />スープの味付けが、コンソメやローリエじゃないんだよね…<br />絶対に西洋料理の味じゃない!<br /><br />そして、きしめんが入ってた!

    キャベツの千切り入り、東南アジア風スープ…。

    スープの味付けが、コンソメやローリエじゃないんだよね…
    絶対に西洋料理の味じゃない!

    そして、きしめんが入ってた!

  • メトロでレッドフォート近くのChandni Chowk駅へ。<br />切符代は20ルピーです。<br />これって、貧しいインド人には高いのではないでしょうか。<br />メトロに乗っている人は、みんな清潔で、街中にたくさんたむろしているインド人とは違う感じ。<br />メトロの客層は中流階級かな。<br /><br />メトロ自体も新しくて、どこにも不潔さを感じません。<br /><br />私は日中しか移動しないから、混んでもおらず、痴漢やスリらしき怪しい人もおらず、快適です。<br /><br />さて、駅からレッドフォートまで、グーグルマップで位置や方角を確認して、歩きます。<br />大した距離ではありません。<br />

    メトロでレッドフォート近くのChandni Chowk駅へ。
    切符代は20ルピーです。
    これって、貧しいインド人には高いのではないでしょうか。
    メトロに乗っている人は、みんな清潔で、街中にたくさんたむろしているインド人とは違う感じ。
    メトロの客層は中流階級かな。

    メトロ自体も新しくて、どこにも不潔さを感じません。

    私は日中しか移動しないから、混んでもおらず、痴漢やスリらしき怪しい人もおらず、快適です。

    さて、駅からレッドフォートまで、グーグルマップで位置や方角を確認して、歩きます。
    大した距離ではありません。

  • チケット売り場は、正面から見て左手。地下にあります。<br />外国人は4番窓口でした。<br /><br />入場料は、クレジットカード払いなら少し割引されて、550ルピー(美術館の入場券は含まない)。

    チケット売り場は、正面から見て左手。地下にあります。
    外国人は4番窓口でした。

    入場料は、クレジットカード払いなら少し割引されて、550ルピー(美術館の入場券は含まない)。

  • さすが赤い城塞と呼ばれるだけあって、どこもかしこも、外から見ると赤いです。<br /><br />このレッドフォートという呼称は愛称で、本当はラールキラーという名前です。<br /><br />ムガール帝国の皇帝シャージャハーン(タージマハルを建設させた人)が、アグラからデリーに遷都した時に建てられました。<br /><br />それにしても、アグラ、ジャイプール、デリーときて、どの名所も大抵ムガール帝国の時代のものです。<br />それより古い時代のものは、ムガール帝国時代に壊されちゃったのかな…。<br /><br />そして、至る所に現れるシャージャハーンの名前。<br />シャージャハーンの息子アウラングゼーブも、よく出てきます。<br /><br />往時はどれほど絶大な権力を持っていたのか…。

    さすが赤い城塞と呼ばれるだけあって、どこもかしこも、外から見ると赤いです。

    このレッドフォートという呼称は愛称で、本当はラールキラーという名前です。

    ムガール帝国の皇帝シャージャハーン(タージマハルを建設させた人)が、アグラからデリーに遷都した時に建てられました。

    それにしても、アグラ、ジャイプール、デリーときて、どの名所も大抵ムガール帝国の時代のものです。
    それより古い時代のものは、ムガール帝国時代に壊されちゃったのかな…。

    そして、至る所に現れるシャージャハーンの名前。
    シャージャハーンの息子アウラングゼーブも、よく出てきます。

    往時はどれほど絶大な権力を持っていたのか…。

  • ラホール門から入ってすぐある建物は、音楽家が1日5回、決まった時間に演奏をしていた場所。<br />皇帝の到着時にも、演奏していたそう。<br /><br />ここで、2人の皇帝が暗殺されたらしいです。

    ラホール門から入ってすぐある建物は、音楽家が1日5回、決まった時間に演奏をしていた場所。
    皇帝の到着時にも、演奏していたそう。

    ここで、2人の皇帝が暗殺されたらしいです。

  • 往時は、様々な色で装飾されていたそう。<br /><br />レッドフォート全般について言えることだけど、あまり保存状態が良くない。<br />というより、あまり修復してない、と言った方が正しいかな。

    往時は、様々な色で装飾されていたそう。

    レッドフォート全般について言えることだけど、あまり保存状態が良くない。
    というより、あまり修復してない、と言った方が正しいかな。

  • 社会科見学?修学旅行?らしい小学生も多いです。<br /><br />私が小学生の時の修学旅行は、日光東照宮に行ったなあ。<br />私がインドの小学生を撮影するように、日光では外国人観光客が日本の小学生を撮影してるのかなあ…。<br /><br />子どもたちはとてもフレンドリーで、ハロー!ハーイ!と手を振ってくれて、可愛い。<br /><br />ところで、こちらの女性って、スカートを履かないのですね。<br />女子小学生の制服も、決まってズボン。<br /><br />

    社会科見学?修学旅行?らしい小学生も多いです。

    私が小学生の時の修学旅行は、日光東照宮に行ったなあ。
    私がインドの小学生を撮影するように、日光では外国人観光客が日本の小学生を撮影してるのかなあ…。

    子どもたちはとてもフレンドリーで、ハロー!ハーイ!と手を振ってくれて、可愛い。

    ところで、こちらの女性って、スカートを履かないのですね。
    女子小学生の制服も、決まってズボン。

  • ディワニアーム(一般謁見の間)。<br /><br />ディワニアームは、これまでに見学したアグラ城やジャイプールのアンベール城、シティパレスにもあったので、ムガール帝国時代の城には必ずあるものだと分かりました。

    ディワニアーム(一般謁見の間)。

    ディワニアームは、これまでに見学したアグラ城やジャイプールのアンベール城、シティパレスにもあったので、ムガール帝国時代の城には必ずあるものだと分かりました。

  • ディワニアームの玉座なんだけど…<br />ガラスが反射して、よく見えない!<br />しかも、ガラスが汚れて曇ってるよ~。

    ディワニアームの玉座なんだけど…
    ガラスが反射して、よく見えない!
    しかも、ガラスが汚れて曇ってるよ~。

  • こちらはディワニカース(貴賓謁見の間)。<br /><br />これまた、これまで見たどの城にもありました。<br /><br />ディワニアームより豪華なのも、同様。<br /><br />ここは、上に上がって見ることはできません。

    こちらはディワニカース(貴賓謁見の間)。

    これまた、これまで見たどの城にもありました。

    ディワニアームより豪華なのも、同様。

    ここは、上に上がって見ることはできません。

  • おお!トルコにもモロッコにもあったハマム!<br />まさにイスラム文化!<br /><br />しかし、案内板はあるものの、実際のハマムを見ることは叶わず…。<br /><br />ここに限らず、入場できない場所が、レッドフォート内にはたくさんありました…。

    おお!トルコにもモロッコにもあったハマム!
    まさにイスラム文化!

    しかし、案内板はあるものの、実際のハマムを見ることは叶わず…。

    ここに限らず、入場できない場所が、レッドフォート内にはたくさんありました…。

  • 皇帝アウラングゼーブが建てたモスク。<br /><br />これもねー、外から見るだけ!<br />中は覗くことすらできず!

    皇帝アウラングゼーブが建てたモスク。

    これもねー、外から見るだけ!
    中は覗くことすらできず!

  • 庭園にも建物内にも、水路が縦横に巡らされています。<br />今は水が枯れているのが、非常に残念!

    庭園にも建物内にも、水路が縦横に巡らされています。
    今は水が枯れているのが、非常に残念!

  • 水路の南と北に、同じ形のパビリオン。

    水路の南と北に、同じ形のパビリオン。

  • 南北のパビリオンの中間にある赤い建物。<br /><br />水が張られている時は、水に浮かぶ宮殿みたいで、とても美しかったのだろうなあ…。<br /><br />夜なんて、灯りが水面に反射して、幻想的だったろうなあ…。

    南北のパビリオンの中間にある赤い建物。

    水が張られている時は、水に浮かぶ宮殿みたいで、とても美しかったのだろうなあ…。

    夜なんて、灯りが水面に反射して、幻想的だったろうなあ…。

  • 実は今回のインド旅行で、一番ハマっているのが、階段井戸!<br /><br />できれば階段井戸巡りをしたいくらい。<br /><br />レッドフォート内にもありました。<br /><br />あまり観光客が来ない閑散とした場所。

    実は今回のインド旅行で、一番ハマっているのが、階段井戸!

    できれば階段井戸巡りをしたいくらい。

    レッドフォート内にもありました。

    あまり観光客が来ない閑散とした場所。

  • 階段を地下へと降りていくと、水面があります。

    階段を地下へと降りていくと、水面があります。

  • このように小部屋がたくさんあって、暑い日に避暑に使っていたのだろうなあ、と。<br /><br />何らかの儀式にも使っていたものと思われます。

    このように小部屋がたくさんあって、暑い日に避暑に使っていたのだろうなあ、と。

    何らかの儀式にも使っていたものと思われます。

  • 水はかなり汚い。<br />昔は綺麗だったのかな。

    水はかなり汚い。
    昔は綺麗だったのかな。

  • バンガロールから来て一人旅をしているという青年に、「そこから写真撮って~!」と頼まれて撮った一枚。<br /><br />メールで送ってあげました。<br /><br />バンガロールってことは、IT関係か?<br />(夫が去年、出張でバンガロールに行ったよ)。

    バンガロールから来て一人旅をしているという青年に、「そこから写真撮って~!」と頼まれて撮った一枚。

    メールで送ってあげました。

    バンガロールってことは、IT関係か?
    (夫が去年、出張でバンガロールに行ったよ)。

  • レッドフォートから歩いて、インド最大のモスク、ジャーマーマスジットへ。<br /><br />いやもう、門前がすごい賑わい。<br />土曜日だからかな。<br /><br />

    レッドフォートから歩いて、インド最大のモスク、ジャーマーマスジットへ。

    いやもう、門前がすごい賑わい。
    土曜日だからかな。

  • これは入り口の門。<br />入ってから振り返ってみたところです。<br /><br />この門のところで、靴を脱ぎます。<br /><br />で、門をくぐろうとしたら、「カメラ、スマホの持ち込みは300ルピー」と、スタッフに呼び止められました。<br /><br />決まりは決まりなので、素直に支払って中へ入ると、スタッフが付いてきて、訛りの強いインド英語で何やら説明を始める。<br /><br />あまりにも訛りがキツく、ほとんど何を言っているのかわからない。<br /><br />写真撮影についての規則とかかなあ…と思って聞いていたら、どうやらガイドしているようだ。<br /><br />「ありがとう」と立ち去ろうとしたら、<br />「チップくれ!」<br />無視して立ち去りました。<br /><br />アンタ、カメラ持ち込みを監視する係員なのに、無理矢理ガイドして小遣い稼ぎか?!<br /><br />そもそも、カメラ持ち込み代だって、なんだか納得いかないよ!<br />インド人は誰も払ってないし。

    これは入り口の門。
    入ってから振り返ってみたところです。

    この門のところで、靴を脱ぎます。

    で、門をくぐろうとしたら、「カメラ、スマホの持ち込みは300ルピー」と、スタッフに呼び止められました。

    決まりは決まりなので、素直に支払って中へ入ると、スタッフが付いてきて、訛りの強いインド英語で何やら説明を始める。

    あまりにも訛りがキツく、ほとんど何を言っているのかわからない。

    写真撮影についての規則とかかなあ…と思って聞いていたら、どうやらガイドしているようだ。

    「ありがとう」と立ち去ろうとしたら、
    「チップくれ!」
    無視して立ち去りました。

    アンタ、カメラ持ち込みを監視する係員なのに、無理矢理ガイドして小遣い稼ぎか?!

    そもそも、カメラ持ち込み代だって、なんだか納得いかないよ!
    インド人は誰も払ってないし。

  • モスク内部。<br /><br />イスラム教徒が、熱心にお祈りしていました。<br /><br />そんなのに構わず、自由に写真を撮りまくるインド人観光客を見て、私も写真撮影。<br /><br />なんだかね~、真剣にお祈りしてる人を写真に撮るのって、いけない気がするのでね…<br />国によっては、ダメだろうし。<br /><br />だから、周囲を確かめてから。

    モスク内部。

    イスラム教徒が、熱心にお祈りしていました。

    そんなのに構わず、自由に写真を撮りまくるインド人観光客を見て、私も写真撮影。

    なんだかね~、真剣にお祈りしてる人を写真に撮るのって、いけない気がするのでね…
    国によっては、ダメだろうし。

    だから、周囲を確かめてから。

  • モスクの中心部。<br /><br />そういえば、女性は頭を隠さなくてはいけないのかと思っていたけど、そんなことないようです。<br /><br />まあ、私はいつもフード被っているんだけど。

    モスクの中心部。

    そういえば、女性は頭を隠さなくてはいけないのかと思っていたけど、そんなことないようです。

    まあ、私はいつもフード被っているんだけど。

  • これがモスク。<br /><br />ミナレットはお金を払えば登れるそう。

    これがモスク。

    ミナレットはお金を払えば登れるそう。

  • インド最大のモスク…なんだけど、単に大きさだけで言うなら、イスタンブールやクアラルンプールにもっともっと大きいのがあるので…<br /><br />ムガール帝国は、大きなモスクを作ることには、そう熱心じゃなかったのかな。

    インド最大のモスク…なんだけど、単に大きさだけで言うなら、イスタンブールやクアラルンプールにもっともっと大きいのがあるので…

    ムガール帝国は、大きなモスクを作ることには、そう熱心じゃなかったのかな。

  • 本来なら、モスクに入る前に、この水で口や手を清めるのだけど(おお、日本の神社と同じ!)、たぶんそれをやっているのはイスラム教徒のみ。<br /><br />水が汚いよ~!

    本来なら、モスクに入る前に、この水で口や手を清めるのだけど(おお、日本の神社と同じ!)、たぶんそれをやっているのはイスラム教徒のみ。

    水が汚いよ~!

  • 身体を清めているイスラム教徒。<br /><br />この後、門から出て自分の靴を探したら、置いた場所にない!<br />ま、まさか盗難…<br />しまった、持ち歩くべきだったか?!<br /><br />私の旅の相棒、革製のコンバースに、誰かが価値を見出したか?!<br />もうだいぶ古いんだけど。<br /><br />とオロオロしてたら、おじさんが「ここ、ここ」と、横にしまっておいたのを出してくれました。<br /><br />安心したのも束の間、<br />(靴の預りなんて頼んでないよ…チップを要求されるのか?)<br />と思ったんだけど、「サンキュー」と言ったら、何も言わずに解放してくれました。<br /><br />他の人のブログによると、100ルピーとか要求されている人もいるようなので、私は運が良かったのでしょう。<br /><br />靴を入れる袋を持参するのが、最も安心かと思われます。<br /><br />あのおじさん、私の笑顔のサンキューに幻惑されたか…?<br />それとも真面目なイスラム教徒として功徳を積んでいるのか?<br />

    身体を清めているイスラム教徒。

    この後、門から出て自分の靴を探したら、置いた場所にない!
    ま、まさか盗難…
    しまった、持ち歩くべきだったか?!

    私の旅の相棒、革製のコンバースに、誰かが価値を見出したか?!
    もうだいぶ古いんだけど。

    とオロオロしてたら、おじさんが「ここ、ここ」と、横にしまっておいたのを出してくれました。

    安心したのも束の間、
    (靴の預りなんて頼んでないよ…チップを要求されるのか?)
    と思ったんだけど、「サンキュー」と言ったら、何も言わずに解放してくれました。

    他の人のブログによると、100ルピーとか要求されている人もいるようなので、私は運が良かったのでしょう。

    靴を入れる袋を持参するのが、最も安心かと思われます。

    あのおじさん、私の笑顔のサンキューに幻惑されたか…?
    それとも真面目なイスラム教徒として功徳を積んでいるのか?

  • 帰りは表参道を通って、メトロのジャーマーマスジット駅へ歩きます。<br /><br />この混沌とした市場!<br />埃まみれの商品!(食べ物含む)

    帰りは表参道を通って、メトロのジャーマーマスジット駅へ歩きます。

    この混沌とした市場!
    埃まみれの商品!(食べ物含む)

  • 表参道からメトロの駅に入ると、突然、人混みから抜け出せました。<br /><br />やっぱりメトロは、中流以上の限られた人向けなんだろうなあ。<br />ここだけいきなり清潔感があるし。

    表参道からメトロの駅に入ると、突然、人混みから抜け出せました。

    やっぱりメトロは、中流以上の限られた人向けなんだろうなあ。
    ここだけいきなり清潔感があるし。

  • 帰りは違う路線に乗って、少し遠回りになったので、切符代が30ルピーでした。

    帰りは違う路線に乗って、少し遠回りになったので、切符代が30ルピーでした。

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

初インド2019

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 489円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集