新横浜旅行記(ブログ) 一覧に戻る
3月、花粉症に負けずに引き籠ってないで外に出て、地元横浜の小ネタ探しを行おうという事で、3/4滝頭の横浜市電保存館編(https://4travel.jp/travelogue/11336045)に続く第2弾となります。(何弾まで続く?という疑問には答えず。)<br /><br />実は横浜にも城跡があるみたいで、遺構として残されているのが4つ程あるらしく、そのうちの1つ小机城址が今回の小ネタターゲット。<br /><br />日本百名城から漏れた城がブーブー文句言ったのでしょうか、昨年「続・日本百名城」なるものが選定されたらしく、その中の一つとしてここが選ばれたとの事。まぁ特に続日本百名城だからといって、日本百名城スタンプのような制覇した時のご褒美のようなものはないのですが、まぁ近いんで行ってみました。<br />城址回った後は、港北インターの方まで歩を進めた所までをご覧いただければと思います。<br /><br />表紙の写真は竹林なんですが、れっきとした城址です。

横浜ブラブラ小ネタ探し ~「続」日本百名城に選定された横浜の城、小机城址へ~

79いいね!

2018/03/18 - 2018/03/18

13位(同エリア340件中)

旅行記グループ 横浜ブラブラ散歩

4

58

3月、花粉症に負けずに引き籠ってないで外に出て、地元横浜の小ネタ探しを行おうという事で、3/4滝頭の横浜市電保存館編(https://4travel.jp/travelogue/11336045)に続く第2弾となります。(何弾まで続く?という疑問には答えず。)

実は横浜にも城跡があるみたいで、遺構として残されているのが4つ程あるらしく、そのうちの1つ小机城址が今回の小ネタターゲット。

日本百名城から漏れた城がブーブー文句言ったのでしょうか、昨年「続・日本百名城」なるものが選定されたらしく、その中の一つとしてここが選ばれたとの事。まぁ特に続日本百名城だからといって、日本百名城スタンプのような制覇した時のご褒美のようなものはないのですが、まぁ近いんで行ってみました。
城址回った後は、港北インターの方まで歩を進めた所までをご覧いただければと思います。

表紙の写真は竹林なんですが、れっきとした城址です。

旅行の満足度
2.5
観光
2.5
交通
2.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
高速・路線バス JRローカル 私鉄 徒歩

PR

  • 始まりはJR横浜線、新横浜の隣にある小机駅。<br />駅名標にも書かれている通り、日産スタジアムへは新横浜よりもここの方が近いです。横浜・F・マリノスの試合を見に来られる方は是非。<br />ちなみにこの「F」の意味って、今の若い人知ってるのかなぁ~?<br />「フットボール」じゃないんですよねぇ~。

    始まりはJR横浜線、新横浜の隣にある小机駅。
    駅名標にも書かれている通り、日産スタジアムへは新横浜よりもここの方が近いです。横浜・F・マリノスの試合を見に来られる方は是非。
    ちなみにこの「F」の意味って、今の若い人知ってるのかなぁ~?
    「フットボール」じゃないんですよねぇ~。

  • 続日本百名城なんて選ばれて喜ぶんかな、な~んて思ってましたが結構喜んでます。改札出たちょうど正面に貼ってありました。

    続日本百名城なんて選ばれて喜ぶんかな、な~んて思ってましたが結構喜んでます。改札出たちょうど正面に貼ってありました。

    小机駅

  • そういや来年はこれがあるんでしたね。<br />なんか横浜メチャメチャいいカードばかり。<br />アイルランドvsスコットランドなんか、試合よりも観客見てるだけで面白そう。<br />今からチケット取れるんかな?

    そういや来年はこれがあるんでしたね。
    なんか横浜メチャメチャいいカードばかり。
    アイルランドvsスコットランドなんか、試合よりも観客見てるだけで面白そう。
    今からチケット取れるんかな?

    小机駅

  • 北口から、日産スタジアムじゃない方に向かいます。

    北口から、日産スタジアムじゃない方に向かいます。

  • 駅から歩いて数十秒ですが、こんなにのどかな小机駅周辺。<br />ホントに16年前この近くで、W杯決勝が行われたのかっていう感じ。

    駅から歩いて数十秒ですが、こんなにのどかな小机駅周辺。
    ホントに16年前この近くで、W杯決勝が行われたのかっていう感じ。

  • その決勝が行われた会場は、振り向けば見える位置にあります。<br />この日J1のマッチデーでしたが、マリノスはアウェーで浦和戦だったので、こっちの方は全く人気無し。

    その決勝が行われた会場は、振り向けば見える位置にあります。
    この日J1のマッチデーでしたが、マリノスはアウェーで浦和戦だったので、こっちの方は全く人気無し。

  • さて、プラプラ歩いていたら、小机城址市民の森との案内図発見。<br />地図はまぁいいのだが、「土地所有者十九名」の記述が気になってたまらん。

    さて、プラプラ歩いていたら、小机城址市民の森との案内図発見。
    地図はまぁいいのだが、「土地所有者十九名」の記述が気になってたまらん。

  • 横浜線が走る線路沿いを進みます。<br />誰もいないと思ってましたが、2・3名程城に向けて私の前を歩いてました。<br />皆さん他に行く所ないんでしょうか(お前もな!)。

    横浜線が走る線路沿いを進みます。
    誰もいないと思ってましたが、2・3名程城に向けて私の前を歩いてました。
    皆さん他に行く所ないんでしょうか(お前もな!)。

  • 城に近づくにつれてやたらとこの案内目にしました。<br />一般の住宅の柵にがっつり貼られています。<br />案内がこれだけあるって事は、訪れている人増えているってことなんでしょうね。

    城に近づくにつれてやたらとこの案内目にしました。
    一般の住宅の柵にがっつり貼られています。
    案内がこれだけあるって事は、訪れている人増えているってことなんでしょうね。

  • 城址への入口はここ。普通の住宅街ですね。

    城址への入口はここ。普通の住宅街ですね。

  • 突当りのこの辺りが、小机城址市民の森入口。<br />早速、竹林がせり出してきています。

    突当りのこの辺りが、小机城址市民の森入口。
    早速、竹林がせり出してきています。

  • 石段登った所にある根古屋広場。写真に写ってませんが右にはトイレあります。<br />それにしても、なかなか立派な竹林ですね。

    石段登った所にある根古屋広場。写真に写ってませんが右にはトイレあります。
    それにしても、なかなか立派な竹林ですね。

  • ここだけ切り取ってみると、ここは京都の竹林・・・とはちょっと言い過ぎ。<br />でも散歩するにはいい感じの場所ですね。

    イチオシ

    地図を見る

    ここだけ切り取ってみると、ここは京都の竹林・・・とはちょっと言い過ぎ。
    でも散歩するにはいい感じの場所ですね。

  • 小さな丘の上に建てられた城跡なので、そこそこのアップダウンもあっていい運動になりそう。

    小さな丘の上に建てられた城跡なので、そこそこのアップダウンもあっていい運動になりそう。

  • これだけの高さと数の竹があると、思わず上を見上げたくなってしまいます。<br />竹林の中にいると気のせいか花粉症の症状がすっと引いて行く感じがします(多分気のせい)。<br />

    これだけの高さと数の竹があると、思わず上を見上げたくなってしまいます。
    竹林の中にいると気のせいか花粉症の症状がすっと引いて行く感じがします(多分気のせい)。

  • だそうです。<br />同じ捕まるのでも、筍泥棒で捕まりたくはないです。<br /><br />要は、数枚前の地図に記載のあった土地所有者十九名のご厚意でここを市民の森として開放しているとの事。皆さんありがたく享受しましょう。

    だそうです。
    同じ捕まるのでも、筍泥棒で捕まりたくはないです。

    要は、数枚前の地図に記載のあった土地所有者十九名のご厚意でここを市民の森として開放しているとの事。皆さんありがたく享受しましょう。

  • 一応「続」日本百名城巡りというのがメインなので、そっちに視線を向けてみますと、小机城が造られた時期はよくわかっておらず15世紀の半ばだろうというのがもっぱらの説。<br />

    一応「続」日本百名城巡りというのがメインなので、そっちに視線を向けてみますと、小机城が造られた時期はよくわかっておらず15世紀の半ばだろうというのがもっぱらの説。

  • 柵に囲まれた道を進むと奥の方には木の門があって、あの先が本丸跡。<br />一時北条氏の勢力下になったものの、小田原で北条氏が滅びた後は廃城になったそうです。

    柵に囲まれた道を進むと奥の方には木の門があって、あの先が本丸跡。
    一時北条氏の勢力下になったものの、小田原で北条氏が滅びた後は廃城になったそうです。

  • 本丸前には橋が掛けられていて、その下に空堀跡がありました。<br />こうして見ると結構な深さ。

    本丸前には橋が掛けられていて、その下に空堀跡がありました。
    こうして見ると結構な深さ。

  • では、本丸の方へ。といってもこんな簡単な柵があるだけ。

    では、本丸の方へ。といってもこんな簡単な柵があるだけ。

  • 門の脇には小机城址の石碑。<br /><br />門脇麦。<br /><br />すみません。門の脇って書いたら、ふと頭に浮かんで書いてしまいました。

    門の脇には小机城址の石碑。

    門脇麦。

    すみません。門の脇って書いたら、ふと頭に浮かんで書いてしまいました。

  • 本丸は只々だだっ広い土地があるだけでした。<br />

    本丸は只々だだっ広い土地があるだけでした。

  • っていうか、この緑のネットって、絶対ここで野球の練習してるじゃん。<br />約600年前の城跡も、今や子供たちの野球練習場でした。<br />史跡指定されてないから、特に保護もされず普通の公園扱いなんですね。

    っていうか、この緑のネットって、絶対ここで野球の練習してるじゃん。
    約600年前の城跡も、今や子供たちの野球練習場でした。
    史跡指定されてないから、特に保護もされず普通の公園扱いなんですね。

  • まぁ市民の森ですから、市民に有効活用してもらえるのが一番ですよね。<br />と、ペラッペラの意見を述べて本丸広場を後にする。

    まぁ市民の森ですから、市民に有効活用してもらえるのが一番ですよね。
    と、ペラッペラの意見を述べて本丸広場を後にする。

  • 本丸から別の階段を降りると、そこにはまた竹林が広がっていました。<br />看板には、年々少なくなってきた竹林を大切に保存しましょうとのお言葉。<br /><br />はい!わかりました!

    本丸から別の階段を降りると、そこにはまた竹林が広がっていました。
    看板には、年々少なくなってきた竹林を大切に保存しましょうとのお言葉。

    はい!わかりました!

  • 本丸から二の丸広場につながる道なんですが、ここだけ見ると、時代劇のロケやってもおかしくないような雰囲気ありますね。<br /><br />

    イチオシ

    地図を見る

    本丸から二の丸広場につながる道なんですが、ここだけ見ると、時代劇のロケやってもおかしくないような雰囲気ありますね。

  • この辺り谷の底、一番低いポイントから見上げた所。<br />両脇にズラッと立派な孟宗竹が並んでそびえ立つ姿、これも横浜です。<br />

    イチオシ

    地図を見る

    この辺り谷の底、一番低いポイントから見上げた所。
    両脇にズラッと立派な孟宗竹が並んでそびえ立つ姿、これも横浜です。

  • 秋にはここで竹灯籠まつりなるイベントが開かれるようで、この竹林の中に灯籠を配してライトアップさせるという幻想的な風景が見られるとの事。<br />ばれる前にと思ってましたが、結構ばれてるみたいです。

    秋にはここで竹灯籠まつりなるイベントが開かれるようで、この竹林の中に灯籠を配してライトアップさせるという幻想的な風景が見られるとの事。
    ばれる前にと思ってましたが、結構ばれてるみたいです。

  • こちらは二ノ丸広場。特に何もなし。<br />本丸は野球場と化してましたが、こちらは地元のオジサンがホルン(?)のような管楽器練習の場と化してました。<br />近くを通りましたが、全く気にせず集中していました。

    こちらは二ノ丸広場。特に何もなし。
    本丸は野球場と化してましたが、こちらは地元のオジサンがホルン(?)のような管楽器練習の場と化してました。
    近くを通りましたが、全く気にせず集中していました。

  • 近くの看板には、実は二の丸では無かったかもといったような微妙な解説。<br />この白い花はなんですかね?(植物オンチ)<br />

    近くの看板には、実は二の丸では無かったかもといったような微妙な解説。
    この白い花はなんですかね?(植物オンチ)

    小机城址市民の森 名所・史跡

  • 井楼跡と書いて「せいろうあと」と読むようです。<br />この道、落ち葉などのクッションが効いていて歩きやすいのですが、一方で結構虫が飛んでいました。<br />憶測ですが、ペットの散歩道にもなっているから・・・ってことか?

    井楼跡と書いて「せいろうあと」と読むようです。
    この道、落ち葉などのクッションが効いていて歩きやすいのですが、一方で結構虫が飛んでいました。
    憶測ですが、ペットの散歩道にもなっているから・・・ってことか?

  • 土塁も残っていました。ここが城跡である事を示す証です。<br />

    土塁も残っていました。ここが城跡である事を示す証です。

  • 土塁上がった所から見ると結構な起伏有。<br />自然の状態を上手く生かして造られた城です。まぁ大体そういう場所を狙って城を建てるんですけどね。

    土塁上がった所から見ると結構な起伏有。
    自然の状態を上手く生かして造られた城です。まぁ大体そういう場所を狙って城を建てるんですけどね。

  • 空堀の底。甲冑姿の兵士がこの斜面登るのはキツイだろうなぁ~。<br />

    空堀の底。甲冑姿の兵士がこの斜面登るのはキツイだろうなぁ~。

  • ほぼほぼ城跡を一周。後は、少し離れた場所に城の史跡が残されているとの事なので、そちらの方に行ってみる。<br />

    ほぼほぼ城跡を一周。後は、少し離れた場所に城の史跡が残されているとの事なので、そちらの方に行ってみる。

  • 右の案内に書かれた富士仙元というのが、その史跡。<br />この先を真っ直ぐ進めばあるとの事だが・・・

    右の案内に書かれた富士仙元というのが、その史跡。
    この先を真っ直ぐ進めばあるとの事だが・・・

  • 見えてきたのは高速道路。<br />最初の方の地図に描かれていましたが、小机城址はこの第三京浜で東西にぶった切られております。<br /><br />こんな扱いでは百名城はおろか、続百名城もどうかと思うが、そういえば百名城に登録されている甲府城は線路でぶった切られているし、新発田城は一部自衛隊に接収されているという事から考えると、これ位は問題じゃないんかな。

    見えてきたのは高速道路。
    最初の方の地図に描かれていましたが、小机城址はこの第三京浜で東西にぶった切られております。

    こんな扱いでは百名城はおろか、続百名城もどうかと思うが、そういえば百名城に登録されている甲府城は線路でぶった切られているし、新発田城は一部自衛隊に接収されているという事から考えると、これ位は問題じゃないんかな。

  • ぶった切られた向こう側に行くために、一度階段を降りて、高速の下を通って

    ぶった切られた向こう側に行くために、一度階段を降りて、高速の下を通って

  • この階段を登るという事、あ~しんど。<br />当初はこの城を史跡としては重要視してなかったという事なんですかね。

    この階段を登るという事、あ~しんど。
    当初はこの城を史跡としては重要視してなかったという事なんですかね。

  • 階段登って富士仙元なるものを探すも、案内が無いため中々見つからず、しばらくウロチョロした挙句、ようやくそれっぽい道を発見。

    階段登って富士仙元なるものを探すも、案内が無いため中々見つからず、しばらくウロチョロした挙句、ようやくそれっぽい道を発見。

  • 小高い丘の頂上にあった、この石碑に富士仙元大菩薩の文字。<br />ここで間違いありません。<br /><br />で、富士仙元って何?<br />ここから富士山が見えるからかなと思ったが、全く見える気配は無く、どうやらこの小高い丘が富士山ぽいから付けられたらしいです。

    小高い丘の頂上にあった、この石碑に富士仙元大菩薩の文字。
    ここで間違いありません。

    で、富士仙元って何?
    ここから富士山が見えるからかなと思ったが、全く見える気配は無く、どうやらこの小高い丘が富士山ぽいから付けられたらしいです。

  • こんな感じの丘になっています。昔は物見台だったそうな。

    こんな感じの丘になっています。昔は物見台だったそうな。

  • 草木が覆い茂っていて視界はそれ程いいとも言えないのですが、丁度遮るものがない場所からみた新横浜の街。<br />日産スタジアムと奥には新横浜プリンスのビルが見えます。

    草木が覆い茂っていて視界はそれ程いいとも言えないのですが、丁度遮るものがない場所からみた新横浜の街。
    日産スタジアムと奥には新横浜プリンスのビルが見えます。

  • 一通りポイントを見たので撤収します。<br />さっき登ったこの階段を降りても良かったのですが、少し冒険気味に別の出口を求めてさまよいます。

    一通りポイントを見たので撤収します。
    さっき登ったこの階段を降りても良かったのですが、少し冒険気味に別の出口を求めてさまよいます。

  • 工事関連の用具置き場のような場所を抜けたら、とあるマンションの駐車場があり、そこから住宅街の道をすすんでいくと、ようやく幹線道路っぽい道にぶつかる。

    工事関連の用具置き場のような場所を抜けたら、とあるマンションの駐車場があり、そこから住宅街の道をすすんでいくと、ようやく幹線道路っぽい道にぶつかる。

  • ここからまたちょっと歩いてみます。<br />とりあえずは鶴見川の方へ。

    ここからまたちょっと歩いてみます。
    とりあえずは鶴見川の方へ。

  • 途中にあった横浜線の踏切。<br />トンネルの上の雑木林も小机城の一部であったとされる場所のようです。

    途中にあった横浜線の踏切。
    トンネルの上の雑木林も小机城の一部であったとされる場所のようです。

  • 鶴見川の川岸まで歩いてきました。<br />堤防の上を歩いていると、金八先生のような気分になります(年がばれる)。<br />

    鶴見川の川岸まで歩いてきました。
    堤防の上を歩いていると、金八先生のような気分になります(年がばれる)。

  • 向こう側に見えるは港北インター。新しい道路作ってるんかな。<br />あそこまで歩いて行きます。

    向こう側に見えるは港北インター。新しい道路作ってるんかな。
    あそこまで歩いて行きます。

  • あの雑木林が、先程までいた小机城址市民の森。<br />離れた所から見ると、そこそこの大きさがある城だったんだなという事を実感。

    あの雑木林が、先程までいた小机城址市民の森。
    離れた所から見ると、そこそこの大きさがある城だったんだなという事を実感。

  • さてなぜ港北インターまでという事なんですが、その目的が見えて来ました。<br />港北インター下?にある崎陽軒の工場に向かってます。

    さてなぜ港北インターまでという事なんですが、その目的が見えて来ました。
    港北インター下?にある崎陽軒の工場に向かってます。

  • ちょっと遠回りしましたが、鶴見川にかかるこの小机大橋を渡りきった所に

    ちょっと遠回りしましたが、鶴見川にかかるこの小机大橋を渡りきった所に

  • まずは崎陽軒のショップ。

    まずは崎陽軒のショップ。

    崎陽軒 港北インター店 グルメ・レストラン

  • そして崎陽軒の工場。その1Fにあるミュージアムショップを見てみようかと、わざわざ歩いてきたのですが、扉を開けたその先から聞こえてきた言葉は「16時で閉館です。」<br />16時クローズは早くね?

    そして崎陽軒の工場。その1Fにあるミュージアムショップを見てみようかと、わざわざ歩いてきたのですが、扉を開けたその先から聞こえてきた言葉は「16時で閉館です。」
    16時クローズは早くね?

    崎陽軒 横浜工場 名所・史跡

  • まぁノープランで時間調べずに来たから文句は言えねぇな。<br />工場だから仕方ないんかな。という事で土産でも買って帰ろうかと思ったが、特に特別の品というのも無かったので、何も買わずに外へ。<br /><br />この「シウマイの崎陽軒」と書かれた赤い看板、高速から見える用かな?<br />横浜から羽田方面の湾岸線で東扇島のトンネル入る前に見える「赤いきつね」の看板を思い出しました。

    まぁノープランで時間調べずに来たから文句は言えねぇな。
    工場だから仕方ないんかな。という事で土産でも買って帰ろうかと思ったが、特に特別の品というのも無かったので、何も買わずに外へ。

    この「シウマイの崎陽軒」と書かれた赤い看板、高速から見える用かな?
    横浜から羽田方面の湾岸線で東扇島のトンネル入る前に見える「赤いきつね」の看板を思い出しました。

  • その裏には「緑のたぬき」と書かれているという都市伝説もありましたが、そんなことはさておきもう帰ります。<br />港北インター近くといえばこのIKEA。そういやまだIKEA入った事ないかも。

    その裏には「緑のたぬき」と書かれているという都市伝説もありましたが、そんなことはさておきもう帰ります。
    港北インター近くといえばこのIKEA。そういやまだIKEA入った事ないかも。

  • 最寄りのバス停「新開橋」からバスに乗ります。<br />地下鉄新羽駅、東横線大倉山駅、JR新横浜駅・菊名駅・鶴見駅と選択肢沢山。

    最寄りのバス停「新開橋」からバスに乗ります。
    地下鉄新羽駅、東横線大倉山駅、JR新横浜駅・菊名駅・鶴見駅と選択肢沢山。

  • 疲れたんで一番近い、横浜市営地下鉄の新羽駅で下車。地下鉄に乗って帰ります。<br /><br />今回訪れた小机城、城としては微妙でしたが、竹林としては中々の場所でした。<br />横浜もまだ訪れた事無い場所多いので、これからも色々ネタを探してさまよいたいと思います。

    疲れたんで一番近い、横浜市営地下鉄の新羽駅で下車。地下鉄に乗って帰ります。

    今回訪れた小机城、城としては微妙でしたが、竹林としては中々の場所でした。
    横浜もまだ訪れた事無い場所多いので、これからも色々ネタを探してさまよいたいと思います。

    新羽駅

79いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

横浜ブラブラ散歩

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • fuzzさん 2018/04/08 14:56:47
    閉館でしたか~・・・
    winnigさん、こんにちは。

    横浜散歩、私のイメージとする大都会な横浜と違った側面が見れて楽しかったです。
    それにしても崎陽軒のショップ、閉館時間が早すぎますよね(笑)
    もしや工場見学か!?と期待してたんですけど(;´∀`)
    私も横浜へ行った時、行く先々ほとんどが閉館でした。
    ま、事前調査が甘かったから仕方ないか~と私も諦めましたが。
    横浜は、まだまだ行ってみたい所が多くて!
    また、そのうちお邪魔しようと思います。

    fuzz

    winning

    winningさん からの返信 2018/04/12 00:21:36
    RE: 閉館でしたか?・・・
    fuzzさん

    メッセージありがとうございます。
    実は薄々16時で閉館だったような事を聞いたような聞かなかったような感じだったのですが、やっぱり閉館でした。事前調査必要ですね。
    横浜って意外と緑が多いんですよ。私もまだまだ知らない所があるので、色々歩いて情報出していきます。
    それではまた。

    > winnigさん、こんにちは。
    >
    > 横浜散歩、私のイメージとする大都会な横浜と違った側面が見れて楽しかったです。
    > それにしても崎陽軒のショップ、閉館時間が早すぎますよね(笑)
    > もしや工場見学か!?と期待してたんですけど(;´∀`)
    > 私も横浜へ行った時、行く先々ほとんどが閉館でした。
    > ま、事前調査が甘かったから仕方ないか?と私も諦めましたが。
    > 横浜は、まだまだ行ってみたい所が多くて!
    > また、そのうちお邪魔しようと思います。
    >
    > fuzz
  • タビガラスさん 2018/04/07 10:55:17
    竹林いいですね
    winningさん、こんにちは。
    続日本百名城の小机城址、横浜市内で自然で触れ合える場所なのですね、自然たっぷりの雑木林・竹林の中を歩くのいいですね、素敵な竹林、気に入りました、しかも土の上を歩くるのがいいですね、今は一昨日行った浦和でも少ないですね、今は歩くのに丁度良い季節です、これからも横浜のいい場所歩いて紹介してください。

    美味しいシュウマイの崎陽軒の工場、見ることが出来なくて残念でしたね、郊外にあったのですね、神奈川県内で販売されているシュウマイはここの工場から出ていたのですね、崎陽軒のシュウマイ食べたくなりました。
                                    タビガラス

    winning

    winningさん からの返信 2018/04/12 00:17:18
    RE: 竹林いいですね
    タビガラスさん

    メッセージありがとうございます。
    意外と言っては何ですが、結構な竹林だったのでビックリしました。
    暇な週末はこんな感じでどこかに出掛けるようにします。

    崎陽軒の工場は薄々もう閉まってるかなと覚悟はしてました。
    郊外といっても港北インターの真下なので、意外と交通の便はいい場所なのかなと思います。

    > winningさん、こんにちは。
    > 続日本百名城の小机城址、横浜市内で自然で触れ合える場所なのですね、自然たっぷりの雑木林・竹林の中を歩くのいいですね、素敵な竹林、気に入りました、しかも土の上を歩くるのがいいですね、今は一昨日行った浦和でも少ないですね、今は歩くのに丁度良い季節です、これからも横浜のいい場所歩いて紹介してください。
    >
    > 美味しいシュウマイの崎陽軒の工場、見ることが出来なくて残念でしたね、郊外にあったのですね、神奈川県内で販売されているシュウマイはここの工場から出ていたのですね、崎陽軒のシュウマイ食べたくなりました。
    >                                 タビガラス
    >

winningさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

新横浜の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集