鹿児島市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
概要<br />初日・徳島を出発して、佐田岬からフェリーに乗り、大分の南部まで。<br />2日目・南下して鹿児島にて、九州の最南端、佐多岬、桜島フェリーに乗り指宿の手前まで。<br />3日目・指宿から南下していくつかの岬に到達、南さつまから高速道路で一気に北上して熊本、長崎と走り、最西端の神崎鼻に到達。<br />4日目・長崎から北九州に移動し、最北端の太刀浦埠頭に到達。そこから海岸線を南下して最東端の鶴見岬に到達。<br />これにて九州のすべての端に到達\(^ワ^)/<br />5日目・香川でいくつかの四国八十八カ所巡りのお寺を巡り帰宅した。<br />【走行レポート】<br />・走行距離・2512km、平均502.4km/day<br />・走行時間・68時間、平均13.6時間/day<br />・今回のハイドラ・レアバッジ: 岬・上級バッジ<br />・・・・今回は概要のみです、詳細は後日アップいたします・・・<br />関連<br />http://mackenmov.sunnyday.jp/macken/travel_japan/2014travel/201406kyushu/1406kyushu4edge.html<br /><br />P.S.<br />それにしても、こういう一周ものは、複数の県にまたがるものだが、<br />このシステムでは、ひとつの県しか指定できない。。改善してもらいたい。

九州・東西南北の端・一周ドライブ、2512km、概要、大分、宮崎、鹿児島、熊本、長崎、福岡、佐賀

9いいね!

2014/06/13 - 2014/06/17

843位(同エリア1505件中)

もふもふP

もふもふPさん

概要
初日・徳島を出発して、佐田岬からフェリーに乗り、大分の南部まで。
2日目・南下して鹿児島にて、九州の最南端、佐多岬、桜島フェリーに乗り指宿の手前まで。
3日目・指宿から南下していくつかの岬に到達、南さつまから高速道路で一気に北上して熊本、長崎と走り、最西端の神崎鼻に到達。
4日目・長崎から北九州に移動し、最北端の太刀浦埠頭に到達。そこから海岸線を南下して最東端の鶴見岬に到達。
これにて九州のすべての端に到達\(^ワ^)/
5日目・香川でいくつかの四国八十八カ所巡りのお寺を巡り帰宅した。
【走行レポート】
・走行距離・2512km、平均502.4km/day
・走行時間・68時間、平均13.6時間/day
・今回のハイドラ・レアバッジ: 岬・上級バッジ
・・・・今回は概要のみです、詳細は後日アップいたします・・・
関連
http://mackenmov.sunnyday.jp/macken/travel_japan/2014travel/201406kyushu/1406kyushu4edge.html

P.S.
それにしても、こういう一周ものは、複数の県にまたがるものだが、
このシステムでは、ひとつの県しか指定できない。。改善してもらいたい。

同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
自家用車

PR

  • ■全体地図<br /><br />徳島から出発<br />5日で2500km

    ■全体地図

    徳島から出発
    5日で2500km

  • ■初日のルート地図<br /><br />四国の最西端の佐田岬からフェリーに乗り<br />大分県の佐賀関に到着。<br />そこから南下して車中泊。

    ■初日のルート地図

    四国の最西端の佐田岬からフェリーに乗り
    大分県の佐賀関に到着。
    そこから南下して車中泊。

  • まず、フェリーを降りてすぐ東の岬に進み<br />佐賀関半島の東の端の<br />関埼灯台を訪問。

    まず、フェリーを降りてすぐ東の岬に進み
    佐賀関半島の東の端の
    関埼灯台を訪問。

  • 関埼灯台は、あじさいの季節だった。<br />その後は延岡まで走り車中泊。

    関埼灯台は、あじさいの季節だった。
    その後は延岡まで走り車中泊。

  • ■2日目のルート地図<br /><br />延岡を出て南下。<br />鹿児島にて、九州の最南端、佐多岬に到達。<br />桜島フェリーに乗り指宿の手前まで。

    ■2日目のルート地図

    延岡を出て南下。
    鹿児島にて、九州の最南端、佐多岬に到達。
    桜島フェリーに乗り指宿の手前まで。

  • 日向岬では、細島灯台を訪問。

    日向岬では、細島灯台を訪問。

  • 細島灯台のある断崖絶壁は一見の価値あり。

    細島灯台のある断崖絶壁は一見の価値あり。

  • さらに海岸線に沿って南下。<br /><br />気温と湿度がすごく高い。熱帯だ。<br /><br />

    さらに海岸線に沿って南下。

    気温と湿度がすごく高い。熱帯だ。

  • 有名な都井岬(といみさき)の灯台を訪問。<br />ここは登れる灯台15基のうちのひとつ。<br />駐車場には、なんと馬が放し飼い。。

    有名な都井岬(といみさき)の灯台を訪問。
    ここは登れる灯台15基のうちのひとつ。
    駐車場には、なんと馬が放し飼い。。

  • さらに海岸線に沿って南下したが、かなりクネクネの急坂の難所だった。<br /><br />岬ハンターは名もなき岬をひたすら走る。

    さらに海岸線に沿って南下したが、かなりクネクネの急坂の難所だった。

    岬ハンターは名もなき岬をひたすら走る。

  • ロープみたいな枝が垂れ下がる。。こんなの見たことない。

    ロープみたいな枝が垂れ下がる。。こんなの見たことない。

  • さらに南下、どんどん暑くなるし<br />風景が熱帯地方のごとく不思議な植物が生い茂る世界になる。<br />

    さらに南下、どんどん暑くなるし
    風景が熱帯地方のごとく不思議な植物が生い茂る世界になる。

  • ついに最南端の佐多岬に到達した。<br /><br />蒸し暑くてほんとに熱帯地方という言葉がふさわしい。<br /><br />この日は風も強かった。<br />

    ついに最南端の佐多岬に到達した。

    蒸し暑くてほんとに熱帯地方という言葉がふさわしい。

    この日は風も強かった。

  • ■3日目のルート<br /><br />指宿から南下していくつかの岬に到達、<br />南さつまから高速道路で一気に北上して熊本、長崎と走り、<br />最西端の神崎鼻に到達。

    ■3日目のルート

    指宿から南下していくつかの岬に到達、
    南さつまから高速道路で一気に北上して熊本、長崎と走り、
    最西端の神崎鼻に到達。

  • 長崎鼻の岬の灯台で日の出を拝んだ。<br /><br />

    長崎鼻の岬の灯台で日の出を拝んだ。

  • そこから、海岸線に沿って、開聞岳を右に見ながら走る。<br />ところが、開聞岳の一番南端の付近で、山につきあたった。<br />詳細は後日。。

    そこから、海岸線に沿って、開聞岳を右に見ながら走る。
    ところが、開聞岳の一番南端の付近で、山につきあたった。
    詳細は後日。。

  • さらに西に走り、坊岬に灯台があるはず、という情報で、進んでみたが、<br /><br />植物が道をふさぎ、ふたたび、対向不可能な細道に入り込んだ。

    さらに西に走り、坊岬に灯台があるはず、という情報で、進んでみたが、

    植物が道をふさぎ、ふたたび、対向不可能な細道に入り込んだ。

  • 結果的にはクルマだけでは灯台までは到達不可能。さらに徒歩では身の危険をかんじるジャングルだった。バイクがほしい。

    結果的にはクルマだけでは灯台までは到達不可能。さらに徒歩では身の危険をかんじるジャングルだった。バイクがほしい。

  • そして、野間岬に進んだ。<br /><br />

    そして、野間岬に進んだ。

  • ここには、野間岬灯台があるはず。しかし、ここも手前でクルマは行けないジャングルに直面。<br />ここは自転車で行けそうなので進んでみたが、、、<br />徒歩ではヤバそうな生き物もでてきたし。<br />灯台を見つけたときの達成感は半端無かった!

    ここには、野間岬灯台があるはず。しかし、ここも手前でクルマは行けないジャングルに直面。
    ここは自転車で行けそうなので進んでみたが、、、
    徒歩ではヤバそうな生き物もでてきたし。
    灯台を見つけたときの達成感は半端無かった!

  • 鹿児島から一気に高速道路で北上し、<br /><br />熊本を越えて、長崎に入り<br /><br />さらに今度は西に走る。

    鹿児島から一気に高速道路で北上し、

    熊本を越えて、長崎に入り

    さらに今度は西に走る。

  • そしてついに最西端の神崎鼻に到達した。

    そしてついに最西端の神崎鼻に到達した。

  • 4日目・ルート<br /><br />長崎から北九州に移動し、最北端の太刀浦埠頭に到達。そこから海岸線を南下して最東端の鶴見岬に到達。<br />ついに九州すべての端を制覇。<br />その後、大分からフェリーで佐田岬に渡った。

    4日目・ルート

    長崎から北九州に移動し、最北端の太刀浦埠頭に到達。そこから海岸線を南下して最東端の鶴見岬に到達。
    ついに九州すべての端を制覇。
    その後、大分からフェリーで佐田岬に渡った。

  • 早朝、佐世保をでて一気に東に走り<br /><br />北九州に進む。<br /><br />

    早朝、佐世保をでて一気に東に走り

    北九州に進む。

  • 九州の最東端<br /><br />太刀浦埠頭に到達した。<br /><br />ここは観光地ではなく産業用の港であった。<br /><br />荷物をつんだコンテナトラックが並んでた。

    九州の最東端

    太刀浦埠頭に到達した。

    ここは観光地ではなく産業用の港であった。

    荷物をつんだコンテナトラックが並んでた。

  • 北九州から南に大分に進み<br /><br />国東半島(くにさきはんとう)をぐるりと走った。<br /><br />が、、、あんまり絶景らしきものは無し。。

    北九州から南に大分に進み

    国東半島(くにさきはんとう)をぐるりと走った。

    が、、、あんまり絶景らしきものは無し。。

  • さらに南下して、ついに九州の最東端の鶴見岬(つるみさき)に到達。<br /><br />

    さらに南下して、ついに九州の最東端の鶴見岬(つるみさき)に到達。

  • 九州のすべての端を攻略完了しました\(^ワ^)/<br /><br />鶴見岬に至る海岸線は絶景の連続でした。ここはリピートしたいです。

    九州のすべての端を攻略完了しました\(^ワ^)/

    鶴見岬に至る海岸線は絶景の連続でした。ここはリピートしたいです。

  • 5日目・概要<br /><br />愛媛県の高速道路のSAで目覚めた。<br />四国に入ると家に帰った感覚になる。<br />香川でいくつかの四国八十八カ所巡りのお寺を巡り帰宅した。

    5日目・概要

    愛媛県の高速道路のSAで目覚めた。
    四国に入ると家に帰った感覚になる。
    香川でいくつかの四国八十八カ所巡りのお寺を巡り帰宅した。

  • 五色台のお寺と、高松市内の平地のお寺をお参りして帰りました。

    五色台のお寺と、高松市内の平地のお寺をお参りして帰りました。

この旅行記のタグ

関連タグ

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • nomonomoさん 2014/10/04 22:14:35
    こういう旅行,大好きです。
    macさん,
    楽しい旅行記を読ませてもらいました。こういう旅行記だいすきです。
    ところで,GPSロガーはなにをお使いですか。(GoogleMapとの連携ではないのですか。)
    nomonomo

    もふもふP

    もふもふPさん からの返信 2014/11/14 22:18:23
    RE: こういう旅行,大好きです。
    nomonomoさん
    メッセージいただいていたのに、すみません。
    本日、ものすごくひさしぶりにログインして気づきました。すみませんでした。

    GPSロガーは特に使ってなくて
    ハイドラというスマホのアプリをGPSロガー代わりに使ってます。
    詳しくはこちらご覧ください。
    http://mackenmov.sunnyday.jp/macken/travel_japan/hidra/hidra.html
    宜しくお願いいたします。

    > macさん,
    > 楽しい旅行記を読ませてもらいました。こういう旅行記だいすきです。
    > ところで,GPSロガーはなにをお使いですか。(GoogleMapとの連携ではないのですか。)
    > nomonomo

もふもふPさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

鹿児島市の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集