丹沢・大山旅行記(ブログ) 一覧に戻る
GW前半戦、今年は山づくしの予定。その第一弾は「丹沢山」。<br />丹沢山系唯一の百名山である。<br />しかし「奥座敷」とでもいうのか、山頂までの道のりにはいくつかのピークがあり、当然時間もかかる。<br />従って、日帰りを強行するとなれば、日の長い時期限定。<br />もちろん、ここまで難なく日帰りできてしまう人たちもいるのだが、我々夫婦はそんなに若くない(笑)。冬には行けない山なのだ。<br />しかも、丹沢は名うてのヤマビル発生地。<br />ヤマビル最盛期の夏場を避けるとすれば、春先か晩秋しかない。<br /><br />と言うわけで、以前から「行くならGW」と決めていた山行を決行!<br /><br />早朝4時起床、5時出発。トホホである。

丹沢山系唯一の百名山、丹沢山 ~日帰り強行~

31いいね!

2013/04/28 - 2013/04/28

75位(同エリア564件中)

旅行記グループ 山 丹沢

2

39

琉球熱

琉球熱さん

GW前半戦、今年は山づくしの予定。その第一弾は「丹沢山」。
丹沢山系唯一の百名山である。
しかし「奥座敷」とでもいうのか、山頂までの道のりにはいくつかのピークがあり、当然時間もかかる。
従って、日帰りを強行するとなれば、日の長い時期限定。
もちろん、ここまで難なく日帰りできてしまう人たちもいるのだが、我々夫婦はそんなに若くない(笑)。冬には行けない山なのだ。
しかも、丹沢は名うてのヤマビル発生地。
ヤマビル最盛期の夏場を避けるとすれば、春先か晩秋しかない。

と言うわけで、以前から「行くならGW」と決めていた山行を決行!

早朝4時起床、5時出発。トホホである。

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
高速・路線バス JRローカル 私鉄 徒歩

PR

  • 5時に家を出ても、登山口のヤビツ峠に到着するのは8時15分。<br />毎度のことながら、これには泣けてくる。<br />いつ来ても多くの登山客で賑わうヤビツ峠だが、今回もバスの起点である秦野駅前は、始発からバス待ちの長蛇の列。<br />当然、終点はこんな感じで大賑わい。<br />この日、私が見ただけでも3本の臨時便が出されたが、どれもぎゅう詰めだった・・・

    5時に家を出ても、登山口のヤビツ峠に到着するのは8時15分。
    毎度のことながら、これには泣けてくる。
    いつ来ても多くの登山客で賑わうヤビツ峠だが、今回もバスの起点である秦野駅前は、始発からバス待ちの長蛇の列。
    当然、終点はこんな感じで大賑わい。
    この日、私が見ただけでも3本の臨時便が出されたが、どれもぎゅう詰めだった・・・

  • 丹沢山を目指すには、まずは塔ノ岳である。<br />コース序盤はガレ場。<br /><br />それにしても空が青い。

    丹沢山を目指すには、まずは塔ノ岳である。
    コース序盤はガレ場。

    それにしても空が青い。

  • 最初のピーク、二ノ塔。<br />ここからの眺望もまたよし。

    最初のピーク、二ノ塔。
    ここからの眺望もまたよし。

  • 富士山がきれいだ〜

    富士山がきれいだ〜

  • 山の連なりも、この時間ならまだはっきり見える

    山の連なりも、この時間ならまだはっきり見える

  • これから目指す三ノ塔<br />待ってろよ

    これから目指す三ノ塔
    待ってろよ

  • 三ノ塔山頂<br />休憩小屋がある<br />そしてかなり広いピーク<br />一息入れる人たちも多い

    三ノ塔山頂
    休憩小屋がある
    そしてかなり広いピーク
    一息入れる人たちも多い

  • ここからの眺めも絶景。<br />目指す塔ノ岳、金冷シ、鍋割山などが一望。<br />一息入れたくなるのも当然。しかし今日は長丁場。<br />腰を落ち着けるわけにはいかない。

    ここからの眺めも絶景。
    目指す塔ノ岳、金冷シ、鍋割山などが一望。
    一息入れたくなるのも当然。しかし今日は長丁場。
    腰を落ち着けるわけにはいかない。

  • きょうは冬でもないのに遠望が利く。<br />富士山の右側には、南アルプスの山々が見えた。

    きょうは冬でもないのに遠望が利く。
    富士山の右側には、南アルプスの山々が見えた。

  • 1205mのピーク<br />写真を撮ったらすぐ出発。

    1205mのピーク
    写真を撮ったらすぐ出発。

  • 烏尾山、行者ヶ岳という2つのピークを越え、新大日へ<br />明るい尾根道だ。

    烏尾山、行者ヶ岳という2つのピークを越え、新大日へ
    明るい尾根道だ。

  • 【上の写真のズームアップ】<br />その斜面に取り付く人々(笑)<br />この木段が意外ときつい・・・

    【上の写真のズームアップ】
    その斜面に取り付く人々(笑)
    この木段が意外ときつい・・・

  • さて、表尾根コースの最大のハイライトはこの鎖場。<br />写真では見えないが、崖のような場所を鎖を頼りに降りる。<br />その高さは5mくらいか。<br />見た目ほど危険ではないと思うが、経のような人が多い時は御覧のような渋滞が起こる。<br />実はこのおかげで、かなりの時間をロスしてしまった。

    さて、表尾根コースの最大のハイライトはこの鎖場。
    写真では見えないが、崖のような場所を鎖を頼りに降りる。
    その高さは5mくらいか。
    見た目ほど危険ではないと思うが、経のような人が多い時は御覧のような渋滞が起こる。
    実はこのおかげで、かなりの時間をロスしてしまった。

  • こんな鎖場がいくつか出現する。<br />空が青いね〜

    こんな鎖場がいくつか出現する。
    空が青いね〜

  • 新大日に到着。ここまで来れば塔ノ岳まではあと一息!<br />山桜をパチリ。

    新大日に到着。ここまで来れば塔ノ岳まではあと一息!
    山桜をパチリ。

  • 塔ノ岳までの穏やかな尾根道、登山道脇を見ると鹿だ。<br />4頭いたが、まとまっているのを見るのは初めて。<br />この後、3回ほど遭遇する。<br />彼らも今や害獣。<br />それはそれでちょっと可哀想な気もする…

    塔ノ岳までの穏やかな尾根道、登山道脇を見ると鹿だ。
    4頭いたが、まとまっているのを見るのは初めて。
    この後、3回ほど遭遇する。
    彼らも今や害獣。
    それはそれでちょっと可哀想な気もする…

  • 塔ノ岳山頂到着。<br />ここまで約3時間半。

    塔ノ岳山頂到着。
    ここまで約3時間半。

  • 相変わらず多くの人で賑わう山頂。<br />広いし眺めも良いし、ルートも変化に富んでいて、人気があるのもうなづける。<br /><br />ここで昼食。40分ほどの大休止

    相変わらず多くの人で賑わう山頂。
    広いし眺めも良いし、ルートも変化に富んでいて、人気があるのもうなづける。

    ここで昼食。40分ほどの大休止

  • 気合いを入れ直して、いよいよ丹沢山へ。<br />ほぼ中間地点の日高。もうちょっとだ〜

    気合いを入れ直して、いよいよ丹沢山へ。
    ほぼ中間地点の日高。もうちょっとだ〜

  • ここで見かけた綺麗な花。<br />残念ながら名前がわからない。

    ここで見かけた綺麗な花。
    残念ながら名前がわからない。

  • これは同じ種の白バージョンか?<br />それとも違う種か?

    これは同じ種の白バージョンか?
    それとも違う種か?

  • こんな素敵な尾根道を歩く。<br />眺めもよく、風は涼やか<br />汗ばんだ体に心地よい

    こんな素敵な尾根道を歩く。
    眺めもよく、風は涼やか
    汗ばんだ体に心地よい

  • 大山方面の眺望<br />下方に見えるのは枯れかけた川<br />----------

    大山方面の眺望
    下方に見えるのは枯れかけた川
    ----------

  • ついに到着!<br />14:09

    ついに到着!
    14:09

  • ここには、塔ノ岳同様、山小屋がある。<br />とてもきれいな山小屋だ。

    ここには、塔ノ岳同様、山小屋がある。
    とてもきれいな山小屋だ。

  • 塔ノ岳ほどではないが充分な広さの山頂。<br />ここまで足を延ばす人は多くはないので、空いているのもイイ。<br /><br />これで『丹沢主脈』を半分ほど縦走したことになる。<br />ここから丹沢最高峰の蛭ヶ岳を経由して檜洞丸方面に向かうコースは『丹沢主稜』<br />いつかは挑戦してみたいものだ。<br /><br />30分ほど休憩しているうちに、なんだかここでもっとのんびりしたくなり、このままここに泊まっちまうか!?と言うことになったが…<br />やはり人気のエリア、山小屋は満員でした。ガックリ

    塔ノ岳ほどではないが充分な広さの山頂。
    ここまで足を延ばす人は多くはないので、空いているのもイイ。

    これで『丹沢主脈』を半分ほど縦走したことになる。
    ここから丹沢最高峰の蛭ヶ岳を経由して檜洞丸方面に向かうコースは『丹沢主稜』
    いつかは挑戦してみたいものだ。

    30分ほど休憩しているうちに、なんだかここでもっとのんびりしたくなり、このままここに泊まっちまうか!?と言うことになったが…
    やはり人気のエリア、山小屋は満員でした。ガックリ

  • 再び気持ちを奮い立たせて、帰路<br />笹原の木道を戻ることにする。

    再び気持ちを奮い立たせて、帰路
    笹原の木道を戻ることにする。

  • 丹沢山と塔ノ岳の間に横たわる最大のピーク、龍ケ馬場。<br />同じ道を戻るのだが、こんな素敵な尾根道なら気分は上々。

    丹沢山と塔ノ岳の間に横たわる最大のピーク、龍ケ馬場。
    同じ道を戻るのだが、こんな素敵な尾根道なら気分は上々。

  • 遠くにかすんで見えるのは厚木市街か?

    遠くにかすんで見えるのは厚木市街か?

  • 塔ノ岳もすっ飛ばし、分岐の金冷シもノンストップで通過。<br />復路の大倉尾根てっぺんに到着。<br />ここは恐ろしいくらいに前方が開けていて、秦野・平塚市街が一望。遠く江の島まで見渡せる。

    塔ノ岳もすっ飛ばし、分岐の金冷シもノンストップで通過。
    復路の大倉尾根てっぺんに到着。
    ここは恐ろしいくらいに前方が開けていて、秦野・平塚市街が一望。遠く江の島まで見渡せる。

  • 確かに眺めは良いが、登山道はこの通りのガレ場。<br />でかい石がゴロゴロしていて、景色に目を奪われていると足元をすくわれる。<br />既に10km以上歩いた足には、この下りが滅法きつい!

    確かに眺めは良いが、登山道はこの通りのガレ場。
    でかい石がゴロゴロしていて、景色に目を奪われていると足元をすくわれる。
    既に10km以上歩いた足には、この下りが滅法きつい!

  • 途中のヤセ尾根。<br />いまだに崩落が続いているような場所。<br />そのうち通れなくなる日も来るんじゃなかろうか?

    途中のヤセ尾根。
    いまだに崩落が続いているような場所。
    そのうち通れなくなる日も来るんじゃなかろうか?

  • かと思うと、こんな平坦な道も。<br />正直、ほっとする。

    かと思うと、こんな平坦な道も。
    正直、ほっとする。

  • モミジの並木<br />夕日が当たってキレイ。<br />秋はもっと素晴らしい光景になるんだろう。

    モミジの並木
    夕日が当たってキレイ。
    秋はもっと素晴らしい光景になるんだろう。

  • さてさて、地獄の下りも終盤。<br />路肩で見つけた白い花。<br />無論、名前はわからない。

    さてさて、地獄の下りも終盤。
    路肩で見つけた白い花。
    無論、名前はわからない。

  • こちらも、とてもきれいな淡い青の小さな花。

    こちらも、とてもきれいな淡い青の小さな花。

  • 大倉に到着。18:27<br />バス停にはすでに長蛇の列…<br /><br />膝も腿もガタガタ(笑)<br /><br />一本やり過ごし、次のバスに乗る。<br />渋沢駅までは20分ほどだ。

    大倉に到着。18:27
    バス停にはすでに長蛇の列…

    膝も腿もガタガタ(笑)

    一本やり過ごし、次のバスに乗る。
    渋沢駅までは20分ほどだ。

  • 本日の戦利品、丹沢山頂の山小屋、みやま山荘の手ぬぐい。<br /><br />いやはや、確かに疲労度は今までで最高だったが、天候にも恵まれ、最高の景色を眺めながらの山行は、気分も最高。<br />疲れるけれど飽きない、この表尾根ルートの最大の魅力だろう。<br />秋に(ヤマビルがいなくなったら)再訪したいものだ。その時は山小屋泊で縦走かな?

    本日の戦利品、丹沢山頂の山小屋、みやま山荘の手ぬぐい。

    いやはや、確かに疲労度は今までで最高だったが、天候にも恵まれ、最高の景色を眺めながらの山行は、気分も最高。
    疲れるけれど飽きない、この表尾根ルートの最大の魅力だろう。
    秋に(ヤマビルがいなくなったら)再訪したいものだ。その時は山小屋泊で縦走かな?

  • 本日の記録<br /><br />最大標高:1567m(丹沢山)<br />最大標高差:1280m<br />歩行距離:18.7km<br />所要時間:9時間52分

    本日の記録

    最大標高:1567m(丹沢山)
    最大標高差:1280m
    歩行距離:18.7km
    所要時間:9時間52分

この旅行記のタグ

31いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

山 丹沢

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • norisaさん 2013/05/01 06:23:10
    ヤセ尾根!
    琉球熱さん

    日帰りの強行でしたか!
    お疲れ様でした。

    天気も良く富士山もキレイだったのはなによりでした。

    ただ写真にあるヤセ尾根、かなり危なそうですね。
    おっしゃるとおり100年後も通れるかわかりませんね。
    整備して欲しい所です。

    このGWは明日から甲斐の国めぐりをしますがとにかく渋滞に巻き込まれないことを祈るばかりです(笑)

    norisa

    琉球熱

    琉球熱さん からの返信 2013/05/02 07:35:59
    RE: ヤセ尾根!
    norisaさん、こんにちは

    投票&書き込み、ありがとうございます。

    丹沢に惚れ直した山行でしたよ。

    しかし丹沢は地層がもろいと言うのか、雨が降ればすぐ通行止めになるという場所も多く、崩落個所がとても多いです。

    これからの時期、丹沢はいよいよヤマビル・シーズンに突入です(笑)
    なのでしばらくお休み、秋までは奥多摩に移動です。

    追伸:渋滞に巻き込まれませんように!(笑)

琉球熱さんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

丹沢・大山の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集