チャンタブリー 旅行 クチコミガイド

ピックアップ特集

チャンタブリー旅行予約

最安値を比較♪ JTB HIS 阪急交通社…他

最安値

ツアー

Wi-Fiレンタル

1日あたり230円~

ツアー検索

ホテル クチコミ人気ランキング 21 件

観光 クチコミ人気ランキング 6 件

グルメ・レストラン クチコミ人気ランキング 3 件

タイでおすすめのテーマ

海外のテーマをすべて見る

旅行記 58 件

  • タイ中部7都市を巡るロードトリップ in Thailand★2019-2020 04 3日目【チャンタブリー】

    • 同行者:カップル・夫婦
    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2019/12/26 -  2020/01/02 (約1年前)

      旅行3日目、後編。チャンタブリー産の美味しい海鮮ランチを楽しんだ後は、食後の散歩を兼ねてチャンタブーン・ウォターフロント・コミュニティと、その周辺寺院を見て周る。チャンタブーン・ウォターフロント・コミュニティ周辺は、歩けば猫に当たると言っても過言じゃない程、多くの飼い猫・自由猫が暮らしていて、猫は人間を見ても逃げない代わりに変に人慣れしていなく、適度な距離感で共存しているようで居心地が良かった。昔ながらの可愛い街並みは狭い1本道だけど、レトロな可愛さがてんこ盛りで若者らを中心に、バンコクやその近郊からのショートトリップで人気なのも頷ける。実際、外国人観光客よりも圧倒的にタイ人観光客ばかりだった... もっと見る(写真67枚)

    • タイ中部7都市を巡るロードトリップ in Thailand★2019-2020 03 3日目【チャンタブリー】

      • 同行者:カップル・夫婦
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2019/12/26 -  2020/01/02 (約1年前)

        旅行3日目。 今日もチャンタブリーに滞在するけどHOTELは移動するので、午前中にチェックアウトを済ませて、次のHOTELに車を置いてから観光スタート。まず最初に向かったのは、様々な原石が世界中から集まるため世界各地からバイヤーが買い付けに訪れる宝石市場。土曜日だったこの日はSi Chan通りとThetsaban通りの交差点で、即興の宝石交渉・売買が行われていて、布を敷いただけの会議机に素っ気なく山積みされた屑宝石や、見やすいようきちんと色分けされた露店の他、鑑定士が常駐してその場で値段交渉するテーブルもあり混雑していた。狭いSi Chan 通りには数十のディーラーショプが立ち並んでいて、電気... もっと見る(写真61枚)

      • タイ中部7都市を巡るロードトリップ in Thailand★2019-2020 02 2日目【チャンタブリー】

        • 同行者:カップル・夫婦
        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2019/12/26 -  2020/01/02 (約1年前)

          旅行2日目。スワンナプーム空港で手配しておいたレンタカーで到着したのは、有名な宝石市場があるため、世界各地から宝石商が買い付けに訪れる宝石の街:東部のチャンタブリー。私がチャンタブリーの名前を耳にしたのは、宝石じゃなく「BKKから1泊程度で行ける小さな街の川沿いに、レトロ可愛い街並みが広がっている」という情報。歴史や伝統が生活に溶け込んだ街並みに目が無い私は、その場所がチャンタブリー川沿いのチャンタブーン集落(Chantabun Riverside Community)と呼ばれることを知り、調べてみると歴史的な建造物の保護を行うオールドタウンとして、外国人にはマイナーだけど、タイの若者らを中心... もっと見る(写真69枚)

        • タイの東部【5】チャンタブリーの夜ってどんなだろ

          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2015/12/03 -  2015/12/03 (約6年前)

            旧市街の街中を歩いてみました。そこには外国人向けの媚びた店も無く、タイ人の普通の暮らしが見えました。普段着の風景だけど、今は遠く手の届かない場所です。 もっと見る(写真36枚)

          • タイの東部【4】大昔のタイへタイムスリップ⁈ チャンタブリーのオールドタウン昼間編

            • 関連タグ:

              • 旅行時期: 2015/12/02 -  2015/12/02 (約6年前)

              チャンタブリーのオールドタウンを歩いてみました。川沿いでなくて中心街の方です。50年以上前に建てられたであろう映画館やショッピングセンターなどがそのまま残っていて、タイ版「三丁目の夕日」みたいです。タイ国内でこの様な古き良き街並みを見れるのはそんなに無いように思います。 もっと見る(写真28枚)

            旅行記を投稿してみよう!

            旅行記を投稿する

            Q&A掲示板 1

            チャンタブリーについて質問してみよう!

            行ったことのある皆さんに、一斉に質問することができます。

            バンコク大好き

            桜-sakura-

            トモヤ

            旅ねずみ

            rollingドロン

            えーき

            茶柱タツ子

            ちんちくりん

            koikei

            Junko

            せいたろうちゃん

            ブヒブヒ

            bubusan

            RiE

            ないはん男前

            …他

            • ボリュームがあって美味しい人気レストラン:Chantorn Pochana

              4.0 旅行時期:2019/12 (1ヶ月以内)

              RiE

              RiEさん(女性)

              Chantorn Pochanaのクチコミ

              ガセムサン・ホテル・チャンタブリーと同じ通りの、ソイを挟んだ徒歩30秒ほどの場所に、チャンタブリーで人気のレストラン“Chantorn Pochana”があります。店内は広いけど扇風機のみで、屋内席の他に屋外席も用意されていますが、早い時間に席を確保しないとすぐに混んでしまうため、夕暮れ前には訪れた方が良さそうです。今回はテイクアウトを利用しましたが、ボリュームがあって美味しいのでお酒が進みました。店の半分弱はチャンタブリー名産の土産物を販売しているので、土産物を色々見比べて選びたい人にはお勧めです。

            • チャンタブーン・ウォターフロント・コミュニティ入口手前の車も通過する大きな橋から望むと、チャンタブーン・ウォターフロント・コミュニティの奥にチェディがヒョコっと覗く寺院が見えます。チャンタブーン・ウォターフロント・コミュニティの道沿いを進むと急階段があり、そこから境内に入るとなぜか鶏の鳴き声ばかりが聞こえてきて、我が物顔でたくさんの鶏が歩き回っており、川から見えたチェディは1基だけかと思ったら、左右に小さなチェディが並んでいました。本堂では僧侶を中心に新年を迎える準備中で、サーイシン(聖糸)と呼ばれる紐を本堂内に張りめぐらしていて、私たち以外の参拝者に会うことはありませんでした。表玄関にあたる道路沿いの入口側には僧房があり、その向かいには道路を挟んでWat Klangという寺院が建っています。

            • チャンタブーン・ウォターフロント・コミュニティと呼ばれるエリアには、車が譲り合わないとすれ違えないような道幅の1本道に昔ながらの懐かしい街並みが続いていて、若者らを中心にレトロな可愛さが話題となり、バンコクやその近郊からのショートトリップとして人気です。実際、外国人観光客よりも圧倒的にタイ人観光客ばかりで、自撮りをしたり、チャンタブリ名物の菓子を購入する買い物客でにぎわっていました。昔ながらの古い町並みがメインですが、Baan Luang Rajamaitri Historic Innを越えた辺りから、カフェなど観光客向けの小さな店が増え始めます。チャンタブーン・ウォターフロント・コミュニティ周辺は、歩けば猫にあたると言っても過言じゃない程、多くの飼い猫・自由猫が暮らしていて、適度な距離感で共存しているため、猫好きにはたまらないと思います。

            • ランチタイムは店外まで行列が連なっていたので、先に観光を済ませてから13:30過ぎに寄ってみましたが、ランチタイムのピークを過ぎても混んでいました。鰻の寝床式の奥行ある店内にはお世辞にもキレイとは言えませんが、タイ人観光客・外国人観光客が次々に訪れるため、相席必須です。チャンタブリーの漁港で採れる蟹・蝦蛄・イカ・海老料理が安価に味わえるご当地グルメが食べられますが、アルコール類の取り扱いはありませんでした。スタッフは忙しなく動き回っているし、回転率も良いのに注文後、待てど暮らせど料理が運ばれる気配が無く、結局25分かかってようやく1品目が運ばれてきて、夫のは40分待ちしましたが、それでも食べる価値ありの贅沢な海鮮三昧!食べやすいよう処理された蟹の爪と、殻が外された蟹のみ身が山盛りで、これでもか!って程入っていて満足度は高いです。ただ、とても混んでいるので待つ覚悟があるなら(笑。

            • アユタヤー時代に建立されたチャンタブリ最大の寺院で、第3級王室寺院として王室の認定を受けています。最大というだけあり敷地が広いせいか、本堂が見当たらなかったため、お堂だけ見学しました。建物に入ると巨大な涅槃物を囲うように一定間隔で黄金色の大きな球体が配置されており、金色の正体はよく見ると貼られた金箔で、隅に置かれた仏足石の中には、粉のように細かな屑宝石がたくさん供えられていて、チャンタブリーらしさを感じました。カトリック大聖堂周辺までは外国人観光客も多かったのですが、この寺院はタイ人参拝客以外見かけませんでした。

            チャンタブリー のクチコミ一覧(27)


            PAGE TOP