1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 九州地方
  4. 大分県
  5. 臼杵・津久見
  6. 臼杵・津久見 観光
  7. 龍源寺三重塔
臼杵・津久見×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
航空券
旅行記
Q&A

龍源寺三重塔

名所・史跡

臼杵・津久見

このスポットの情報をシェアする

龍源寺三重塔 https://4travel.jp/dm_shisetsu/11325028

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
龍源寺三重塔
住所
  • 大分県臼杵市福良平清水134
公式ページ
詳細情報
カテゴリ
  1. 観光・遊ぶ
  2. 名所・史跡
登録者
kame さん

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(9件)

臼杵・津久見 観光 満足度ランキング 10位
3.31
アクセス:
3.71
人混みの少なさ:
3.90
バリアフリー:
0.00
見ごたえ:
3.92
  • 江戸時代の木造の三重塔

    • 3.0
    • 旅行時期:2020/07(約12ヶ月前)
    • 0

    臼杵石仏から臼杵行きのバスに乗っていると三重塔が見えたので降りてみました。1858年に建てられた九州では珍しい江戸時代の木...  続きを読む造の三重塔で京都か奈良のような雰囲気を醸し出しています。一階の軒下に屋根を支えるようなポーズの邪鬼が彫られているので探してみてください。  閉じる

    投稿日:2021/01/22

  • 均整の取れた美しい三重塔です。

    • 5.0
    • 旅行時期:2020/01(約1年前)
    • 0

    臼杵の二王座を道を抜けて臼杵側方面に向かった穂を進めると、龍源寺の三重塔が見えて来ました。軒先の構造を見ると技術の高さをう...  続きを読むかがわせる扇垂木の構造となっていました。江戸時代末期に京都などの建築を研究して上で建てられたとのことで、均整の取れた美しい塔でした。  閉じる

    投稿日:2020/05/01

  • 武家屋敷とお寺が軒を連ねる臼杵の二王座の道を抜けてしばらく行くと、立派な三重塔のある龍原寺があります。
    この三重塔は太子...  続きを読む塔とも呼ばれ聖徳太子を祀る江戸末期の安政年間に建てられたもので、城下町の趣ある街並みに溶け込んでいました。                    閉じる

    投稿日:2018/09/06

  • 龍源寺は慶長5(1600)年藩主稲葉貞通の創建、円誉上人により開山。寺は西南戦争で消失しましたが三重塔と山門は焼失を免れま...  続きを読むした。その三重塔は安政5(1858)年に建てられたもので聖徳太子を祀っており内部に太子像が安置されていることから太子堂と呼ばれており、大分県指定重要文化財に指定されています。
    p://poreporetraveler.blog.fc2.com/blog-entry-555.html?sp
    なんと江戸末期の三重塔 しかしすっきりした塔だ.興福寺に三重塔があるが,それよりは装飾が多い(五重塔ではなく南円堂のそばにある三重塔)がなかなかの佳品 江戸末期にこんなもの建てたとはすごいね.1858年というと慶応義塾ができた年だよね  閉じる

    投稿日:2017/05/26

  • 聖徳太子を祀る塔

    • 3.5
    • 旅行時期:2016/10(約5年前)
    • 0

    八町大路の西の端の臼杵川にも近い場所に三重塔があります。まわりに高い建物がないためもあり、その高さがよく引き立ちます。三重...  続きを読む塔は龍源寺の境内にあり、太子塔とも呼ばれ、聖徳太子を祀る塔です。塔のなかは見学はできないようですが、外観だけでも見る価値があります。  閉じる

    投稿日:2016/10/14

  • 県指定有形文化財

    • 3.0
    • 旅行時期:2015/12(約6年前)
    • 0

    聖徳太子を祀る塔であるため太子塔とも呼ばれる塔で、
    内部には聖徳太子像が安置されているということです。
    塔としては、九...  続きを読む州には2つしかない江戸期の木造三重塔のひとつで貴重なもの。
    塔の軒を支える天邪鬼にも注目です。
      閉じる

    投稿日:2015/12/27

  • 立派な三重塔

    • 5.0
    • 旅行時期:2015/10(約6年前)
    • 0

    臼杵の町を散策していると一際目立つ三重塔があります、龍原寺というお寺の境内に建っています。
    龍原寺は慶長5年(1600年...  続きを読む)創建、本堂は西南戦争で消失、三重塔と山門は残ったそうです。
    山門をくぐり境内に入ると、立派な三重塔がありました。
    屋根も組物も素晴らしかったです。
      閉じる

    投稿日:2015/12/17

  • 臼杵の古い町なみの入口にそびえる塔

    • 4.0
    • 旅行時期:2015/07(約6年前)
    • 1

    臼杵インターで高速を降り、市街地中心部に向かって車を進めていくと、三重塔が目に入ってきました。
    臼杵の古い町なみの入口に...  続きを読む門番の如くそびえ立つこの塔は、江戸時代に造られたのだとか。
    林業が盛んな土地柄だけあって、太い材木がふんだんに用いられており、武骨ながらも趣のある姿でした
      閉じる

    投稿日:2015/07/16

  • 江戸時代の木造の三重の塔です。

    • 3.5
    • 旅行時期:2014/11(約7年前)
    • 0

    臼杵城址からは西南に位置しています。臼杵川の東は平清水(ひらそうず)という地域でそこは寺が多く建立されています。その寺の中...  続きを読むでも三重の塔は目印になるぐらい大きくたっています。幕末のころに建てられました。この塔は聖徳太子を祀るもので太子塔とも呼ばれているそうです。この塔は九州地区の中で江戸時代に建てられた木造の三重の2つの塔の一つです。遠くからの姿が美しく感じました。  閉じる

    投稿日:2014/12/15

1件目~9件目を表示(全9件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

龍源寺三重塔について質問してみよう!

臼杵・津久見に行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • ろたみこさん

    ろたみこさん

  • ナツメロ大王さん

    ナツメロ大王さん

  • ぬいぬいさん

    ぬいぬいさん

  • SUOMITAさん

    SUOMITAさん

  • lion3さん

    lion3さん

  • umaro64さん

    umaro64さん

  • …他

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

大分県の人気ホテルランキング

PAGE TOP