1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 東北地方
  4. 山形県
  5. 鶴岡
  6. 鶴岡 観光
  7. 鶴岡カトリック教会天主堂
鶴岡×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
航空券
旅行記
Q&A

鶴岡カトリック教会天主堂

寺・神社

鶴岡

このスポットの情報をシェアする

鶴岡カトリック教会天主堂 https://4travel.jp/dm_shisetsu/10003526

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

明治建築のロマネスク型天主堂として貴重なもの。独特の技法で作られた窓絵や黒いマリア像は世界的にも珍しい。 ※毎週日曜日は午前9時よりミサが開催されるため、見学できない場合があります。

施設名
鶴岡カトリック教会天主堂
住所
  • 山形県鶴岡市馬場町7-19
電話番号
0235-22-0292
アクセス
1) 鶴岡駅からバスで10分
2) 鶴岡市役所から徒歩で3分
予算
無料
その他
建築年代1: 明治36年
文化財: 国指定重要文化財
公式ページ
詳細情報
カテゴリ
  1. 観光・遊ぶ
  2. 寺・神社

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(47件)

鶴岡 観光 満足度ランキング 5位
3.41
アクセス:
3.66
鶴岡公園から近い by たんきちさん
人混みの少なさ:
4.07
見学に不自由しないほどの混み具合だった by たんきちさん
バリアフリー:
3.08
外観を見るだけなら問題ないです。 by hannibalさん
見ごたえ:
4.00
黒い聖母は必見 by ウェンディさん
  • 満足度の高いクチコミ(35件)

    黒い聖母マリアの肌色は何故に、褐色なのか

    4.5

    • 旅行時期:2017/07
    • 投稿日:2021/04/06

    日本にただ一体しかない聖母マリアの像があるのは、山形県鶴岡市の鶴岡カトリック教会。 静岡カトリック教会の聖堂に安置されて...  続きを読むいるマリア像は、他の地域で見かけるマリア像とは異なる特徴を持っている。 異なるのは、肌の色。 聖母マリアの顔の色はいわゆる欧州人系の白に近い肌色ではなく、日に焼けた様な褐色の肌。 故に、このマリアは黒い聖母とも呼ばれている。 マリアの肌色が褐色の理由には様々な説があり、教会の公式見解は旧約聖書の雅歌にのこされた下記のフレーズで、もともとマリアのモデルとなった民族の肌色が褐色だったとする説だ。 「イスラエルの娘たちよ、わたしは黒いけれども美しい。ケダルの天幕のように、ソロモンのとばりのように」 そして、他にも説があり、その一つがコンキスタドール(征服者)たちによる強制改宗の為のツールとしての褐色の聖母マリアが作られたとする説/於南米だ。 また、欧州の山間部では昔から褐色の肌のマリア像を信仰する地域もあるという。 日本にたった一つしかない黒いマリア像。 その背景に隠れているのは、一筋縄ではいかない宗教の黒い渦かも知れない。   閉じる

    ウェンディ

    by ウェンディさん(女性)

    鶴岡 クチコミ:3件

  • 珍しい黒いマリア様

    • 3.0
    • 旅行時期:2020/09(約7ヶ月前)
    • 2

    フランスのデリブランド教会をまねて、明治36年にフランス人の神父が建てた教会です

    白い教会に赤い尖塔があり遠くからも...  続きを読む目立ちます。

    教会には珍しい黒いマリア様がいます。

    こちらの教会のステンドグラス(大きい方)は、透明な紙に書かれた画をガラスで挟んだ「窓絵」と呼ばれるもので日本ではここでしか見る事が出来ません。  閉じる

    投稿日:2021/02/01

  • 鶴岡カトリック教会天主堂

    • 4.0
    • 旅行時期:2020/07(約9ヶ月前)
    • 1

    鶴岡市内の中心部、鶴ヶ丘城址のすぐ近くにある鶴岡カトリック教会てんしゅどう。建設されたのが1903年と歴史があり、当時の建...  続きを読む物が残っている日本の教会としては非常に珍しい教会だ。教会は白亜の壁、聖楼も細く高いので、とても美しい建物だ。  閉じる

    投稿日:2020/07/16

  • 秋田駅から南西のエリアにあります。

    • 3.0
    • 旅行時期:2020/07(約9ヶ月前)
    • 0

    この鶴岡カトリック教会天主堂は秋田駅から鶴岡城址に向かう途中にあります。鶴岡駅からは20分程度です。明治時代に建造された木...  続きを読む造作りの教会です。木造の良さが今もその姿を見せてくれたいます。鶴岡の町には多くの洋式建造物がつくられたのです。その一つです。技術の高さを感じます。  閉じる

    投稿日:2020/07/11

  • 日曜礼拝中で中にはいれず

    • 3.5
    • 旅行時期:2019/11(約1年前)
    • 25

    鶴岡城址から徒歩で5分強くらいの距離にあるカソリックの教会です。白い外壁に屋根が赤いロマネスク様式の木造建物です。屋内には...  続きを読む「黒いマリア像」があるとの話ですが、訪れた時間が日曜の9時過ぎと礼拝の時間にぶつかってしまい、中を覗くことは出来ませんでした。ただ、賛美歌が中から聞こえたことで本来の教会の姿を視覚ではなく、聴覚で触れることが出来ました。  閉じる

    投稿日:2019/12/10

  • 古い城下町の中で目立つ尖塔

    • 3.0
    • 旅行時期:2019/10(約2年前)
    • 0

    赤い尖塔が目印。幼稚園とつながった敷地に、神父さんの宿舎と並んでいる。明治の建物でロマネスク様式らしい、国の重要文化財との...  続きを読むこと。世界的にも珍しいといわれる「黒い聖母マリア像」があるが、教会に詳しくないものとしては・・・。白中心の簡素できれいな天井と祭壇がある内部の雰囲気はやはり厳かではあった。  閉じる

    投稿日:2019/10/11

  • 白い壁と尖塔が美しい

    • 4.0
    • 旅行時期:2019/10(約2年前)
    • 0

    鶴岡カトリック教会天主堂は鶴岡城址公園のすぐ近くにある教会です。白いペンキの木造建築の建物で、赤い尖塔が美しい教会です。ロ...  続きを読むマネスク様式の3廊式の建物です。床には畳敷きの場所もあり、日本らしい雰囲気もあります。訪れた時は誰もいなくてゆっくり見学できました。となりは幼稚園で、子供たちの声を聴きながらの見学でした。  閉じる

    投稿日:2019/10/06

  • 実は3度目の訪問 全国のカトリック教会はたぶん70-80は行っていると思うが,一番印象的なカトリック教会だ.畳がしかれて,...  続きを読む窓絵がある.日本らしい教会 でも建物自体はロマネスク様式(側廊に上に丸窓,下に半円形の窓枠がある)ですばらしい重要文化財だ.天主堂という言葉に歴史が示される.窓絵もいい 感動する教会だ  閉じる

    投稿日:2019/08/14

  • 教会の中も見学できる

    • 3.5
    • 旅行時期:2019/05(約2年前)
    • 0

    鶴岡公園から近い場所にありますので立ち寄ってみました。観光客にも開放されている施設で、教会の中にも入れました。訪れたときは...  続きを読む他にも見学している人が数人いて、教会を紹介する音声ガイドが流れてました。
    教会の内部は真っ白でシンプルでしたが、大きなパイプオルガンが印象的でした。  閉じる

    投稿日:2019/05/19

  • 青空に映える白い建築物

    • 3.5
    • 旅行時期:2019/04(約2年前)
    • 1

    鶴岡城址公園から歩いてすぐの場所にある教会、現役の建物です。

    ミサがない日は中に入ることができます。明治36年に建て...  続きを読むられたもの。

    中に入ると、パイプいすがずらりと並んでいました。ミサの時にはたくさんの人がここでお祈りをするのでしょうね。  閉じる

    投稿日:2019/05/19

  • 内部がとても特徴的で美しい天主堂

    • 4.0
    • 旅行時期:2019/04(約2年前)
    • 5

    このカトリック教会天主堂は国指定・重要文化財になっています。
    20世紀初頭(1903/明治36年)に完成したそうです。
    ...  続きを読む
    白い壁(木造)と朱色の尖塔は鶴岡市のシンボルだと思います。
    内部はリブ・ヴォールト(こうもり傘)天井と呼ばれるアーチが美しい空間です。
    窓絵は日本でここだけの様式ですので、訪れた際は是非見てください。  閉じる

    投稿日:2019/05/18

  • 正門が重厚です

    • 3.0
    • 旅行時期:2019/04(約2年前)
    • 0

    四月の土曜に、鶴岡公園に向かう途中訪問しました。
    遠くからも、赤いとんがり屋根が目立ちます。

    教会なのに正門が、武...  続きを読む家屋敷のような立派な黒塀なのが、
    珍しかったです。

    敷地内には、幼稚園も併設されていました。
    脇に、駐車場もありました。

      閉じる

    投稿日:2019/04/16

  • 鶴ヶ丘城址公園から近く、庄内藩の家老屋敷跡地にある国指定の重要文化財。
    明治36年築の建物が保存されているだけでなく教会...  続きを読むとして実際に使用され、内部を見学することもできます(入場無料)。
    白亜の壁と赤い屋根の外観に目を引かれるほか、建物内の開放的な天井、窓絵のように意匠を凝らした装飾などデザインの奥深さを感じるスポットです。  閉じる

    投稿日:2018/12/13

  • 黒いマリア像

    • 3.5
    • 旅行時期:2018/09(約3年前)
    • 0

    こじんまりとしていますが、国指定重要文化財に指定された教会です。バジリカ型三廊式とよばれる造りだそうです。旧庄内藩家老に建...  続きを読むてられた和洋折衷の教会です。日本で唯一(世界的にも珍しいようです)の黒いマリア像を見ることができます。  閉じる

    投稿日:2018/09/20

  • 日本的な木造の教会

    • 4.0
    • 旅行時期:2018/09(約3年前)
    • 0

    板張りの白い壁と赤い尖塔は洋風建築でありながら、瓦の門構えなどところどころに日本を感じる小さくて美しい教会です。敷地内で幼...  続きを読む稚園を運営していました。施設は無料で開放されており、内部も自由に見学できます。  閉じる

    投稿日:2018/09/18

  • 門は武家屋敷で教会は洋風

    • 4.0
    • 旅行時期:2018/07(約3年前)
    • 0

    鶴岡公園の正面口をしばらく歩くとこちらの鶴岡カトリック教会天主堂がありました。
    鶴岡カトリック教会は、旧庄内藩家老の屋敷...  続きを読む跡に建てられたもので、入り口の門は当時の武家屋敷風なんですがその奥に和洋折衷の教会が建っていてとても面白い姿で、このような教会は初めてみました。  閉じる

    投稿日:2018/11/05

  • 見事な木造洋風建築

    • 4.0
    • 旅行時期:2018/07(約3年前)
    • 0

    明治期に日本人大工によって建築された洋風建築。外観は可愛い教会だが、中に入ると、柱がカ-ブしながらド-ムを支える様に伸び、...  続きを読む荘厳なゴシック教会に居る気分になれる。又、門は武家屋敷の黒門をそのまま使っているのか、教会とのコントラストが面白い。  閉じる

    投稿日:2018/07/03

  • 世界的に貴重な黒い聖母マリア像があると聞き、今回訪問

    入り口は武家門になっていて、その奥に教会があります

    19...  続きを読む03年築の明治ロマネスク様式建築

    青い空に赤いとんがり屋根が映えます

    今回ミサの最中で、教会内に入ることはできなかったものの、遠目に黒い聖母マリア像、ミサの厳粛な雰囲気、オルガンの荘厳な響きと、日常とは異なる時間の流れ感じました

    ステンドグラスとは異なる独自の技法で作られた「窓絵」がある日本で唯一の建物らしく、今度はゆっくり教会の中見学してみたいです  閉じる

    投稿日:2018/06/25

  • 和洋折衷の教会

    • 3.0
    • 旅行時期:2017/09(約4年前)
    • 0

    明治三十六年に建てられた木造教会。さほど大きくはありませんがいいデザインの教会です。聖堂内も素朴な印象を受けました。造りは...  続きを読む洋風なのに畳敷きというのが面白い。ただ、畳の上にパイプ椅子が並べられていたのは見栄えとして残念。もっとも、実際にミサに出席する人にとっては正座というのは大変でしょうが。
    黒い聖母マリア像は珍しく、日本ではここだけに残るものだそうです。  閉じる

    投稿日:2017/10/06

  • 黒い聖母マリアの肌色は何故に、褐色なのか

    • 4.5
    • 旅行時期:2017/07(約4年前)
    • 6

    日本にただ一体しかない聖母マリアの像があるのは、山形県鶴岡市の鶴岡カトリック教会。
    静岡カトリック教会の聖堂に安置されて...  続きを読むいるマリア像は、他の地域で見かけるマリア像とは異なる特徴を持っている。

    異なるのは、肌の色。
    聖母マリアの顔の色はいわゆる欧州人系の白に近い肌色ではなく、日に焼けた様な褐色の肌。
    故に、このマリアは黒い聖母とも呼ばれている。

    マリアの肌色が褐色の理由には様々な説があり、教会の公式見解は旧約聖書の雅歌にのこされた下記のフレーズで、もともとマリアのモデルとなった民族の肌色が褐色だったとする説だ。
    「イスラエルの娘たちよ、わたしは黒いけれども美しい。ケダルの天幕のように、ソロモンのとばりのように」

    そして、他にも説があり、その一つがコンキスタドール(征服者)たちによる強制改宗の為のツールとしての褐色の聖母マリアが作られたとする説/於南米だ。
    また、欧州の山間部では昔から褐色の肌のマリア像を信仰する地域もあるという。

    日本にたった一つしかない黒いマリア像。
    その背景に隠れているのは、一筋縄ではいかない宗教の黒い渦かも知れない。
      閉じる

    投稿日:2017/09/26

  • ロマネスク様式の教会

    • 4.0
    • 旅行時期:2017/06(約4年前)
    • 0

    中世に建てられたヨーロッパの大寺院をそのまま模して造られたロマネスク様式の教会です
    鶴岡市役所の近くにあり 車の方は市役...  続きを読む所の駐車場(有料)に駐車し、少し距離があるが藩校致道館と一緒に徒歩で行くとよいでしょう
    教会に到着して最初に感じた事はロマネスク様式の教会の入口は武家門 日本の中のカトリック教会って感じがおもしろい
    訪問日は幼稚園の園児が教会の前で先生と一緒におられたが どの子も先に「こんにちは~」って挨拶してくれた

    さて 教会の内部だが この教会にはふたつの日本唯一がある

    ・フランスのデリヴランド修道院から贈られた「黒いマリア像」 スペインやチェコを旅した時に見たことがあるが 日本にある「黒いマリア像」はこの一体のみだそうだ
    キリストを抱いたマリア様は優しいまなざしで前をみつめられてます

    ・ステンドグラスに代り、絵が描かれた透明な紙を二枚のガラスで挟んだ絵窓と呼ばれるものがある 日本で絵窓が使われているのはこの建物が唯一だそうです
    派手なものではないがとても素敵なものです

    ゆっくりと時間をとってぜひ見ていただきたい  閉じる

    投稿日:2017/08/12

1件目~20件目を表示(全47件中)

  1. 1
  2. 2
  3. 3

このスポットに関するQ&A(0件)

鶴岡カトリック教会天主堂について質問してみよう!

鶴岡に行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • まつかこさん

    まつかこさん

  • worldspanさん

    worldspanさん

  • ゲンさん

    ゲンさん

  • てくてくさん

    てくてくさん

  • ひろちゃんHYKさん

    ひろちゃんHYKさん

  • lion3さん

    lion3さん

  • …他

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

山形県の人気ホテルランキング

PAGE TOP