シドニー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年の年始に真夏のオーストラリア、メルボルンとシドニーに行きました。メルボルンに入り、夜行列車で移動してシドニーから帰る7泊8日のスケジュール。航空券の高いこの時期でも、出発日を12月31日まで遅らせて、通常料金に戻った航空会社を選定。<br /><br />メルボルンとシドニーは、1993年以来の26年ぶり。今回は気楽な一人旅。2度目なので前回に見た、カンガルーもコアラもペンギンパレードも、羊の毛刈りもなく、トラムや蒸気機関車を求めて鉄道旅行の現地滞在正味6日間。<br /><br />0日目<br />成田から中国国際航空で上海浦東乗り継ぎ。<br /><br />1日目<br />空港からバスでメルボルン市内へ。無料区間のトラムで巡るメルボルン。トラムの全型式制覇。<br />https://4travel.jp/travelogue/11717478<br /><br />2日目午前<br />メルボルン・サザンクロス駅から、中距離列車V/Lineでキャッスルメインへ。ヴィクトリアンゴールドフィールズ鉄道の蒸気機関車と、100年前のヴィンテージ客車。<br />https://4travel.jp/travelogue/11717704<br /><br />2日目午後<br />メルボルンの北西130kmのベンディゴ。クラシックなトラムで巡る、ゴールドラッシュの面影の残る街。<br />https://4travel.jp/travelogue/11718690<br /><br />3日目午前<br />メルボルン・フリンダースストリート駅から、メトロでベルグレーヴへ。丘陵地帯を走る蒸気機関車の牽く観光列車、保存鉄道パッフィンビリー。100以上年前の機関車とヴィンテージ客車。<br />https://4travel.jp/travelogue/11720192<br /><br />3日目午後<br />メルボルン・フリンダースストリート駅のメトロとサウスバンクプロムナード、セントパトリックス大聖堂見学後、夜行列車XPTでシドニーへ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11721569<br /><br />4日目午前<br />シドニートレインズで街歩き オペラハウスのサーキュラーキーとシティー。<br />https://4travel.jp/travelogue/11722491<br /><br />4日目午後<br />トラム代行バスで行くパワーハウスミュージアムとダーリングハーバー。<br />https://4travel.jp/travelogue/11722529<br /><br />5日目午前<br />シドニーから列車とバスを乗り継いでニューサウスウェールズ鉄道博物館へ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11723906<br /><br />5日目午後<br />ピクトンから列車を乗り継ぎシドニーへ 夜のハーバーブリッジとオペラハウス。<br />https://4travel.jp/travelogue/11723999<br /><br />6日目午前<br />シドニートレインズに乗ってシドニートラム博物館へ。<br />【この旅行記です】<br /><br />6日目午後<br />オーストラリア鉄道の旅(その11 シドニートレインズで渡るハーバーブリッジとシドニーライトレール)<br />https://4travel.jp/travelogue/11727329<br />シドニーから北京へ<br /><br />7日目<br />北京乗り継ぎで羽田着。<br />

オーストラリア鉄道の旅(その10 シドニートレインズに乗ってシドニートラム博物館へ)

15いいね!

2019/01/06 - 2019/01/06

977位(同エリア3080件中)

モボ101

モボ101さん

2019年の年始に真夏のオーストラリア、メルボルンとシドニーに行きました。メルボルンに入り、夜行列車で移動してシドニーから帰る7泊8日のスケジュール。航空券の高いこの時期でも、出発日を12月31日まで遅らせて、通常料金に戻った航空会社を選定。

メルボルンとシドニーは、1993年以来の26年ぶり。今回は気楽な一人旅。2度目なので前回に見た、カンガルーもコアラもペンギンパレードも、羊の毛刈りもなく、トラムや蒸気機関車を求めて鉄道旅行の現地滞在正味6日間。

0日目
成田から中国国際航空で上海浦東乗り継ぎ。

1日目
空港からバスでメルボルン市内へ。無料区間のトラムで巡るメルボルン。トラムの全型式制覇。
https://4travel.jp/travelogue/11717478

2日目午前
メルボルン・サザンクロス駅から、中距離列車V/Lineでキャッスルメインへ。ヴィクトリアンゴールドフィールズ鉄道の蒸気機関車と、100年前のヴィンテージ客車。
https://4travel.jp/travelogue/11717704

2日目午後
メルボルンの北西130kmのベンディゴ。クラシックなトラムで巡る、ゴールドラッシュの面影の残る街。
https://4travel.jp/travelogue/11718690

3日目午前
メルボルン・フリンダースストリート駅から、メトロでベルグレーヴへ。丘陵地帯を走る蒸気機関車の牽く観光列車、保存鉄道パッフィンビリー。100以上年前の機関車とヴィンテージ客車。
https://4travel.jp/travelogue/11720192

3日目午後
メルボルン・フリンダースストリート駅のメトロとサウスバンクプロムナード、セントパトリックス大聖堂見学後、夜行列車XPTでシドニーへ。
https://4travel.jp/travelogue/11721569

4日目午前
シドニートレインズで街歩き オペラハウスのサーキュラーキーとシティー。
https://4travel.jp/travelogue/11722491

4日目午後
トラム代行バスで行くパワーハウスミュージアムとダーリングハーバー。
https://4travel.jp/travelogue/11722529

5日目午前
シドニーから列車とバスを乗り継いでニューサウスウェールズ鉄道博物館へ。
https://4travel.jp/travelogue/11723906

5日目午後
ピクトンから列車を乗り継ぎシドニーへ 夜のハーバーブリッジとオペラハウス。
https://4travel.jp/travelogue/11723999

6日目午前
シドニートレインズに乗ってシドニートラム博物館へ。
【この旅行記です】

6日目午後
オーストラリア鉄道の旅(その11 シドニートレインズで渡るハーバーブリッジとシドニーライトレール)
https://4travel.jp/travelogue/11727329
シドニーから北京へ

7日目
北京乗り継ぎで羽田着。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • オーストラリア6日目、シドニー3日目はは日曜日で、オパールカードはどれだけ乗ってもAU$2.8を越えるともう課金されません(月~土曜はAU$16.1が上限、ただし空港と市内間の運賃を除く)。その他にもオフピーク時割引や乗り継ぎ割引等、日本のスイカ等に比べるとかなりお得。<br /><br />シドニーから西へ100kmの、ブルーマウンテンを往復してもわずか220円ほど。でも、この日は夜便で帰国の予定。遠出は危険なのでシドニー市内で過ごすことにして、セントラル駅へ。<br />

    オーストラリア6日目、シドニー3日目はは日曜日で、オパールカードはどれだけ乗ってもAU$2.8を越えるともう課金されません(月~土曜はAU$16.1が上限、ただし空港と市内間の運賃を除く)。その他にもオフピーク時割引や乗り継ぎ割引等、日本のスイカ等に比べるとかなりお得。

    シドニーから西へ100kmの、ブルーマウンテンを往復してもわずか220円ほど。でも、この日は夜便で帰国の予定。遠出は危険なのでシドニー市内で過ごすことにして、セントラル駅へ。

  • シドニーのトラムには、1997年に開通した中央駅と西の郊外のダルウイッチ・ヒルを結ぶシドニーライトレールがあり、訪問時には工事中だった、サーキュラーキーから都心のタウンホール、セントラル駅を経て南東に向かうランドウィック線が2019年末に開業。<br /><br />それ以前には、19世紀に開業してから1962年まで、市内を縦横に運行していた路面電車がありました。市の南の郊外に歴代の車両を保存しているトラム博物館があり、動態保存車も運行しているというので行ってみることに。<br />

    シドニーのトラムには、1997年に開通した中央駅と西の郊外のダルウイッチ・ヒルを結ぶシドニーライトレールがあり、訪問時には工事中だった、サーキュラーキーから都心のタウンホール、セントラル駅を経て南東に向かうランドウィック線が2019年末に開業。

    それ以前には、19世紀に開業してから1962年まで、市内を縦横に運行していた路面電車がありました。市の南の郊外に歴代の車両を保存しているトラム博物館があり、動態保存車も運行しているというので行ってみることに。

  • シドニートレインズのT4系統は、セントラル駅の地下ホームに発着。使用している車両は、1980年代末から90年代の登場したタンガラの愛称のある二階建て、T型の4両編成を2本併結した8連。

    シドニートレインズのT4系統は、セントラル駅の地下ホームに発着。使用している車両は、1980年代末から90年代の登場したタンガラの愛称のある二階建て、T型の4両編成を2本併結した8連。

  • ドアから車端部はロングシート。

    ドアから車端部はロングシート。

  • 一階と二階席は、階段の方を向いた固定式のクロスシート。二階側面の窓ガラスは、屋根まで回り込んだ展望に優れたデザイン。これ以降の新型式はコストダウンのためか、ガラスの回り込みを止めています。

    一階と二階席は、階段の方を向いた固定式のクロスシート。二階側面の窓ガラスは、屋根まで回り込んだ展望に優れたデザイン。これ以降の新型式はコストダウンのためか、ガラスの回り込みを止めています。

  • セントラルから南へ40分ほどでロフタスに到着。

    セントラルから南へ40分ほどでロフタスに到着。

    ロフタス駅

  • ロフタスを発車して行くT4系統タンガラ。

    ロフタスを発車して行くT4系統タンガラ。

  • 駅のホームから、茂みの向こうにトラムの姿。

    駅のホームから、茂みの向こうにトラムの姿。

  • シドニートラム博物館は、他の多くの鉄道博物館等と同様にボランティアによる運営らしく、開館日は日曜と水曜の週に2日だけ。線路の向こうに、この日運行している動態保存のトラムが2両。

    シドニートラム博物館は、他の多くの鉄道博物館等と同様にボランティアによる運営らしく、開館日は日曜と水曜の週に2日だけ。線路の向こうに、この日運行している動態保存のトラムが2両。

    シドニー トラム ミュージアム 博物館・美術館・ギャラリー

  • 紺色の制服を着たスタッフから、動態保存車の一日乗車券を兼ねた入場券を買い求めます。訪問時点でトラムの廃止から既に52年。スタッフは、現役当時の運転士や車掌の方々かも。車掌さんのカバンも現役当時のものか、年季が入っていそう。

    紺色の制服を着たスタッフから、動態保存車の一日乗車券を兼ねた入場券を買い求めます。訪問時点でトラムの廃止から既に52年。スタッフは、現役当時の運転士や車掌の方々かも。車掌さんのカバンも現役当時のものか、年季が入っていそう。

  • トラムの線路のすぐ横を、シドニートレインズが通り過ぎていきます。

    トラムの線路のすぐ横を、シドニートレインズが通り過ぎていきます。

  • この日運行していた2両のうちの1両、611号はメルボルンのY型で1930年製。ワンマン運行用に前と中の2扉で、側窓は上段が内側に折れて開き下段は下降式。わずか4両の製造のとどまり、数日前に訪問したベンディゴのトラム博物館に同型の610号がいました。

    この日運行していた2両のうちの1両、611号はメルボルンのY型で1930年製。ワンマン運行用に前と中の2扉で、側窓は上段が内側に折れて開き下段は下降式。わずか4両の製造のとどまり、数日前に訪問したベンディゴのトラム博物館に同型の610号がいました。

  • 車内の床は、乗りやすいようにドア付近を下げて、台車の上は一段高くなった構造。座席は、ドア付近にロングシートがあり、床の高くなった部分は転換式のクロスシート。

    車内の床は、乗りやすいようにドア付近を下げて、台車の上は一段高くなった構造。座席は、ドア付近にロングシートがあり、床の高くなった部分は転換式のクロスシート。

  • トラム博物館を出ると、こんな単線の専用軌道を走行。

    トラム博物館を出ると、こんな単線の専用軌道を走行。

  • 途中に幹線道路の踏切もあり、2.5kmほど走った先で行き止まりの終点。廃止された鉄道線を利用したらしく、ホームがあるけど高さが合わず、トラムは反対側のドアを開けて乗客は一旦下車。

    途中に幹線道路の踏切もあり、2.5kmほど走った先で行き止まりの終点。廃止された鉄道線を利用したらしく、ホームがあるけど高さが合わず、トラムは反対側のドアを開けて乗客は一旦下車。

  • 車掌さんが前後のポールを上げ下げして付け替え、しばし休憩の後トラム博物館に向けて折り返します。

    車掌さんが前後のポールを上げ下げして付け替え、しばし休憩の後トラム博物館に向けて折り返します。

  • 稼働していたもう一両のトラムは、ブリスベンのフェニックス型548号で、1963年製と比較的新しい。

    稼働していたもう一両のトラムは、ブリスベンのフェニックス型548号で、1963年製と比較的新しい。

  • 前後に加えて中央部に2個所の4扉車で、戸袋部を除いて窓は下降式。

    前後に加えて中央部に2個所の4扉車で、戸袋部を除いて窓は下降式。

  • 扉の部分は床が一段低くなっていて、座席はボックスシート。

    扉の部分は床が一段低くなっていて、座席はボックスシート。

  • 車両を乗せて横に移動する、トラバーサーもあります。

    車両を乗せて横に移動する、トラバーサーもあります。

  • 車両の展示館には、歴代のシドニーのトラムを保存。ここでは主な車両を数点ご紹介します。使用する写真は、なるべく重複しないようにして、別のページで詳しくご紹介しています 。<br /><br />木造車体の中に蒸気機関車を収容した蒸気トラム、1A号1879年の米国のボールドウイン製。客車を3両牽引して街中の道路を走行したのだとか。<br />

    車両の展示館には、歴代のシドニーのトラムを保存。ここでは主な車両を数点ご紹介します。使用する写真は、なるべく重複しないようにして、別のページで詳しくご紹介しています 。

    木造車体の中に蒸気機関車を収容した蒸気トラム、1A号1879年の米国のボールドウイン製。客車を3両牽引して街中の道路を走行したのだとか。

  • 両方に大きなヘッドライトがあるので、前後どちらにも走れるのでしょう。缶焚きはこちら側で行っていたようです。

    両方に大きなヘッドライトがあるので、前後どちらにも走れるのでしょう。缶焚きはこちら側で行っていたようです。

  • 足回りにはシリンダーと2軸の動輪。

    足回りにはシリンダーと2軸の動輪。

  • 1A号をはじめ一部の車両には、このような説明の看板が立っています。

    1A号をはじめ一部の車両には、このような説明の看板が立っています。

  • シドニーの2軸の木造電車、C型29号は1989年製で動態保存車。英国植民地の時代だけど、明治時代の日本の路面電車と同様に米国スタイルの電車。

    シドニーの2軸の木造電車、C型29号は1989年製で動態保存車。英国植民地の時代だけど、明治時代の日本の路面電車と同様に米国スタイルの電車。

  • 29号の運転台。左に大きな直接式の制御器。右の車体の外にはハンドブレーキのハンドル。

    29号の運転台。左に大きな直接式の制御器。右の車体の外にはハンドブレーキのハンドル。

  • 側面の窓下には、ニューサウスウェールズトラムウエーズのマーク。同型車が一昨日に訪れたパワーハウスミュージアムにも保存されていて、同じマークを付けていました。正面の行き先表示器はなかったので、29号には後付でしょう。

    側面の窓下には、ニューサウスウェールズトラムウエーズのマーク。同型車が一昨日に訪れたパワーハウスミュージアムにも保存されていて、同じマークを付けていました。正面の行き先表示器はなかったので、29号には後付でしょう。

  • 393号は1902年製のF型で、シドニーで最初のボギー車の型式。運転台とその後部が開放式、中央部が密閉式の客室を持つ構造。

    393号は1902年製のF型で、シドニーで最初のボギー車の型式。運転台とその後部が開放式、中央部が密閉式の客室を持つ構造。

  • 154号は1900年に393号と同型のF型として製造され、1926年にコンパートメントの並ぶLP型に改造。方向幕が正面窓上に移行。動態保存車。

    154号は1900年に393号と同型のF型として製造され、1926年にコンパートメントの並ぶLP型に改造。方向幕が正面窓上に移行。動態保存車。

  • 728号は1906年製のN型ボギー車。両端のオープンデッキの運転席の後ろにも座席があり、中間にはコンパートメントが6室。動態保存車。

    728号は1906年製のN型ボギー車。両端のオープンデッキの運転席の後ろにも座席があり、中間にはコンパートメントが6室。動態保存車。

  • 車体の外に吊革がぶら下がっているのは、これをつたって車掌さんが外側から各コンパートメントに検札に来たのでしょうか。

    車体の外に吊革がぶら下がっているのは、これをつたって車掌さんが外側から各コンパートメントに検札に来たのでしょうか。

  • 特殊な車廊も保存されています。134s号は1899年製のD型2軸車を、業務用の線路のクリーニングカー(スクラバーカー)に改造したもの。

    特殊な車廊も保存されています。134s号は1899年製のD型2軸車を、業務用の線路のクリーニングカー(スクラバーカー)に改造したもの。

  • 1909年製のボギー車948号には、片方の側面に窓がなく、囚人の移送に使われた、世界で唯一の刑務所トラム。

    1909年製のボギー車948号には、片方の側面に窓がなく、囚人の移送に使われた、世界で唯一の刑務所トラム。

  • 車内は片側廊下で、独房の窓には金網。

    車内は片側廊下で、独房の窓には金網。

  • トラム博物館にはバスもあります。1952年製の2619号は、ボンネットタイプの二階建ての動態保存車。

    トラム博物館にはバスもあります。1952年製の2619号は、ボンネットタイプの二階建ての動態保存車。

  • 19号は1937年製の二階建て、後輪が2軸のトロリーバス。

    19号は1937年製の二階建て、後輪が2軸のトロリーバス。

  • 見学を終えて立ち寄ったのは、シドニーのR型トラムの車体を使った売店。カレンダーを買って、会計時にレジのところで見つけたのが、日本の路面電車の写真。尋ねてみると、“ちょっと待って、見せてあげる”。

    見学を終えて立ち寄ったのは、シドニーのR型トラムの車体を使った売店。カレンダーを買って、会計時にレジのところで見つけたのが、日本の路面電車の写真。尋ねてみると、“ちょっと待って、見せてあげる”。

  • 案内してくれたスタッフの方が、非公開の建物の通用口の扉を開けると、そこは稼働中の動態保存車の車庫。メルボルンの249号の隣にいたのが、長崎電気軌道1054号。さらにもとをたどれば、仙台市電の121号

    案内してくれたスタッフの方が、非公開の建物の通用口の扉を開けると、そこは稼働中の動態保存車の車庫。メルボルンの249号の隣にいたのが、長崎電気軌道1054号。さらにもとをたどれば、仙台市電の121号

  • 集電装置をZパンタからトロリーポールに交換し、方向幕の上にポールを操作する紐の擦れどめのバーを追加、車掌さんが乗務してワンマン運行は行わないためかバックミラーを撤去したした以外は、塗色も含め長崎当時の姿。

    集電装置をZパンタからトロリーポールに交換し、方向幕の上にポールを操作する紐の擦れどめのバーを追加、車掌さんが乗務してワンマン運行は行わないためかバックミラーを撤去したした以外は、塗色も含め長崎当時の姿。

  • 車内の吊り広告も日本語、長崎時代のもの。

    車内の吊り広告も日本語、長崎時代のもの。

  • 今では、世界で唯一の稼働する仙台市電の生き残りとなった長崎の1054号は、隣のシドニーR型1740号など、他の動態保存車とともに定期的に運行されているとのことです。<br /><br />シドニートラム博物館については、こちらで詳しく紹介しています。<br />https://4travel.jp/travelogue/11617304

    今では、世界で唯一の稼働する仙台市電の生き残りとなった長崎の1054号は、隣のシドニーR型1740号など、他の動態保存車とともに定期的に運行されているとのことです。

    シドニートラム博物館については、こちらで詳しく紹介しています。
    https://4travel.jp/travelogue/11617304

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

オーストラリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストラリア最安 470円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストラリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集