シドニー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年の年始に真夏のオーストラリア、メルボルンとシドニーに行きました。メルボルンに入り、夜行列車で移動してシドニーから帰る7泊8日のスケジュール。航空券の高いこの時期でも、出発日を12月31日まで遅らせて、通常料金に戻った航空会社を選定。<br /><br />メルボルンとシドニーは、1993年以来の26年ぶり。今回は気楽な一人旅。2度目なので前回に見た、カンガルーもコアラもペンギンパレードも、羊の毛刈りもなく、トラムや蒸気機関車を求めて鉄道旅行の現地滞在正味6日間。<br /><br />0日目<br />成田から中国国際航空で上海浦東乗り継ぎ。<br /><br />1日目<br />空港からバスでメルボルン市内へ。無料区間のトラムで巡るメルボルン。トラムの全型式制覇。<br />https://4travel.jp/travelogue/11717478<br /><br />2日目午前<br />メルボルン・サザンクロス駅から、中距離列車V/Lineでキャッスルメインへ。ヴィクトリアンゴールドフィールズ鉄道の蒸気機関車と、100年前のヴィンテージ客車。<br />https://4travel.jp/travelogue/11717704<br /><br />2日目午後<br />メルボルンの北西130kmのベンディゴ。クラシックなトラムで巡る、ゴールドラッシュの面影の残る街。<br />https://4travel.jp/travelogue/11718690<br /><br />3日目午前<br />メルボルン・フリンダースストリート駅から、メトロでベルグレーヴへ。丘陵地帯を走る蒸気機関車の牽く観光列車、保存鉄道パッフィンビリー。100以上年前の機関車とヴィンテージ客車。<br />https://4travel.jp/travelogue/11720192<br /><br />3日目午後<br />メルボルン・フリンダースストリート駅のメトロとサウスバンクプロムナード、セントパトリックス大聖堂見学後、夜行列車XPTでシドニーへ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11721569<br /><br />4日目午前<br />シドニートレインズで街歩き オペラハウスのサーキュラーキーとシティー。<br />【この旅行記です】<br /><br />4日目午後<br />トラム代行バスで行くパワーハウスミュージアムとダーリングハーバー。<br />https://4travel.jp/travelogue/11722529<br /><br />5日目午前<br />シドニーから列車とバスを乗り継いでニューサウスウェールズ鉄道博物館へ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11723906<br /><br />5日目午後<br />ピクトンから列車を乗り継ぎシドニーへ 夜のハーバーブリッジとオペラハウス。<br />https://4travel.jp/travelogue/11723999<br /><br />

オーストラリア鉄道の旅(その6 シドニートレインズの電車で街歩き サーキュラーキーとシティー)

9いいね!

2019/01/04 - 2019/01/04

1452位(同エリア3082件中)

モボ101

モボ101さん

2019年の年始に真夏のオーストラリア、メルボルンとシドニーに行きました。メルボルンに入り、夜行列車で移動してシドニーから帰る7泊8日のスケジュール。航空券の高いこの時期でも、出発日を12月31日まで遅らせて、通常料金に戻った航空会社を選定。

メルボルンとシドニーは、1993年以来の26年ぶり。今回は気楽な一人旅。2度目なので前回に見た、カンガルーもコアラもペンギンパレードも、羊の毛刈りもなく、トラムや蒸気機関車を求めて鉄道旅行の現地滞在正味6日間。

0日目
成田から中国国際航空で上海浦東乗り継ぎ。

1日目
空港からバスでメルボルン市内へ。無料区間のトラムで巡るメルボルン。トラムの全型式制覇。
https://4travel.jp/travelogue/11717478

2日目午前
メルボルン・サザンクロス駅から、中距離列車V/Lineでキャッスルメインへ。ヴィクトリアンゴールドフィールズ鉄道の蒸気機関車と、100年前のヴィンテージ客車。
https://4travel.jp/travelogue/11717704

2日目午後
メルボルンの北西130kmのベンディゴ。クラシックなトラムで巡る、ゴールドラッシュの面影の残る街。
https://4travel.jp/travelogue/11718690

3日目午前
メルボルン・フリンダースストリート駅から、メトロでベルグレーヴへ。丘陵地帯を走る蒸気機関車の牽く観光列車、保存鉄道パッフィンビリー。100以上年前の機関車とヴィンテージ客車。
https://4travel.jp/travelogue/11720192

3日目午後
メルボルン・フリンダースストリート駅のメトロとサウスバンクプロムナード、セントパトリックス大聖堂見学後、夜行列車XPTでシドニーへ。
https://4travel.jp/travelogue/11721569

4日目午前
シドニートレインズで街歩き オペラハウスのサーキュラーキーとシティー。
【この旅行記です】

4日目午後
トラム代行バスで行くパワーハウスミュージアムとダーリングハーバー。
https://4travel.jp/travelogue/11722529

5日目午前
シドニーから列車とバスを乗り継いでニューサウスウェールズ鉄道博物館へ。
https://4travel.jp/travelogue/11723906

5日目午後
ピクトンから列車を乗り継ぎシドニーへ 夜のハーバーブリッジとオペラハウス。
https://4travel.jp/travelogue/11723999

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • オーストラリア4日目。メルボルン~の夜行列車で到着したシドニー1日目。セントラル駅近くのホテルに荷物を預け、駅に戻ってきました。<br /><br />シドニーの公共交通機関の利用には、ICカードのオパールカードが必須。AU$6で買うメルボルンの Myki と違って、シドニーではオパールカード自体は無料。セブンイレブンでカードを入手して、同時にトップアップ(チャージ)。Miki がAU$1からトップアップできるのに対して、オパールカードはAU$10単位なので、結局端数を使い残して無駄にすることに。<br /><br />駅の自動改札機は、簡単には乗り越えさせないようにしっかりガードを固めた構造。<br />

    オーストラリア4日目。メルボルン~の夜行列車で到着したシドニー1日目。セントラル駅近くのホテルに荷物を預け、駅に戻ってきました。

    シドニーの公共交通機関の利用には、ICカードのオパールカードが必須。AU$6で買うメルボルンの Myki と違って、シドニーではオパールカード自体は無料。セブンイレブンでカードを入手して、同時にトップアップ(チャージ)。Miki がAU$1からトップアップできるのに対して、オパールカードはAU$10単位なので、結局端数を使い残して無駄にすることに。

    駅の自動改札機は、簡単には乗り越えさせないようにしっかりガードを固めた構造。

  • シドニー市内と近郊を運行するシドニートレインズは、二階建ての2扉車。前回26年前の訪問時は、大半がステンレス車体にコルゲートがあるこのデザイン。正面右下に型式が表示されていて、当時の主力だった抵抗制御に非冷房のS型を、チョッパ制御の冷房付きにモデルチェンジしたのがこのC型。車体は、かつてオーストラリアにあった車両メーカーのゴニナン製だが、電装品はS型も含め日本から輸出。

    シドニー市内と近郊を運行するシドニートレインズは、二階建ての2扉車。前回26年前の訪問時は、大半がステンレス車体にコルゲートがあるこのデザイン。正面右下に型式が表示されていて、当時の主力だった抵抗制御に非冷房のS型を、チョッパ制御の冷房付きにモデルチェンジしたのがこのC型。車体は、かつてオーストラリアにあった車両メーカーのゴニナン製だが、電装品はS型も含め日本から輸出。

    セントラル駅

  • 今のシドニートレインズの主力車種は、S型の置き換えとして2010年から導入されている、Waratah(ワラタ、NSW州の花)の愛称がある二階建てステンレス車のA型。2扉だけど、開口幅を大きくとれる両開きのプラグドア。設計は日本とオーストラリアの合弁会社で、中国中車長春で製造した車体と、日本製の電装品を使ってオーストラリアで最終組み立てをする国際分業。

    今のシドニートレインズの主力車種は、S型の置き換えとして2010年から導入されている、Waratah(ワラタ、NSW州の花)の愛称がある二階建てステンレス車のA型。2扉だけど、開口幅を大きくとれる両開きのプラグドア。設計は日本とオーストラリアの合弁会社で、中国中車長春で製造した車体と、日本製の電装品を使ってオーストラリアで最終組み立てをする国際分業。

  • この日はシドニーの街歩き。まずはオペラハウスに向かうため、セントラルからサーキュラーキーまで乗車。二階建ての2扉車A型で、台車上のドアから車端部はロングシート。

    この日はシドニーの街歩き。まずはオペラハウスに向かうため、セントラルからサーキュラーキーまで乗車。二階建ての2扉車A型で、台車上のドアから車端部はロングシート。

  • 都心を通るこの区間は地下路線。ロングシート部分の吊り手の形状が珍しい。

    都心を通るこの区間は地下路線。ロングシート部分の吊り手の形状が珍しい。

  • 1階と2階の客室は、3人がけと2人がけの転換式クロスシートで収容力は抜群。

    1階と2階の客室は、3人がけと2人がけの転換式クロスシートで収容力は抜群。

  • 一旦地上に出て高架になると、車窓には深く切れ込んだシドニー湾。フェリー埠頭が目の前のサーキュラーキー駅で下車。豪華客船が停泊する向こうには、湾を跨ぐハーバーブリッジ。

    一旦地上に出て高架になると、車窓には深く切れ込んだシドニー湾。フェリー埠頭が目の前のサーキュラーキー駅で下車。豪華客船が停泊する向こうには、湾を跨ぐハーバーブリッジ。

  • サーキュラーキー駅や高層ビルを背に、埠頭に停泊するフェリーや高速船。

    サーキュラーキー駅や高層ビルを背に、埠頭に停泊するフェリーや高速船。

  • 1920年代の世界不況の時期に、公共事業で建設された全長1149mのハーバーブリッジ。橋のの下に見えるのは対岸の街、ノース(北)シドニー。

    1920年代の世界不況の時期に、公共事業で建設された全長1149mのハーバーブリッジ。橋のの下に見えるのは対岸の街、ノース(北)シドニー。

  • 湾内は、フェリーや高速船が頻繁に行き交います。

    湾内は、フェリーや高速船が頻繁に行き交います。

  • 小さな岬の先端に建つ、シドニー・オペラハウス。1973年の完成だけど、もう世界文化遺産。

    小さな岬の先端に建つ、シドニー・オペラハウス。1973年の完成だけど、もう世界文化遺産。

  • 目の前を行くのは、前後対称でどちらにも航行できる両頭船のフェリー。

    目の前を行くのは、前後対称でどちらにも航行できる両頭船のフェリー。

  • オペラハウスから振り向けば、周囲を湾に囲まれた緑のシドニー王立植物園。

    オペラハウスから振り向けば、周囲を湾に囲まれた緑のシドニー王立植物園。

  • 王立植物園から見たオペラハウス。

    王立植物園から見たオペラハウス。

  • ハーバーブリッジにズームアップすると、

    ハーバーブリッジにズームアップすると、

  • ガイドツアーで高さ134mのアーチ状の鉄骨の頂部まで登る、ブリッジクライムに参加する人々の姿。

    ガイドツアーで高さ134mのアーチ状の鉄骨の頂部まで登る、ブリッジクライムに参加する人々の姿。

  • 岬の反対側はオーストラリア海軍の基地らしい。停泊中のL01は強襲揚陸艦アデレード、その左にL100は揚陸艦チョールズ。

    岬の反対側はオーストラリア海軍の基地らしい。停泊中のL01は強襲揚陸艦アデレード、その左にL100は揚陸艦チョールズ。

  • フリゲート艦ワラムンガの姿も。

    フリゲート艦ワラムンガの姿も。

  • 王立植物園を抜け、市街地へ。

    王立植物園を抜け、市街地へ。

  • そこはシドニーの中心部、シティー。見えてきたのは、ニューサウスウェールズ州立美術館。

    そこはシドニーの中心部、シティー。見えてきたのは、ニューサウスウェールズ州立美術館。

  • 暑いので街歩きの休憩を兼ね、入場無料の州立美術館へ。

    暑いので街歩きの休憩を兼ね、入場無料の州立美術館へ。

    NSW州立美術館 博物館・美術館・ギャラリー

  • 19世紀から20世紀のオーストラリアのアーティストの作品が展示。

    19世紀から20世紀のオーストラリアのアーティストの作品が展示。

  • セザンヌやゴッホ、モネなどヨーロッパの作品も。

    セザンヌやゴッホ、モネなどヨーロッパの作品も。

  • 美術館のカフェで休憩のついでに、

    美術館のカフェで休憩のついでに、

  • 外のテラスで昼食に。

    外のテラスで昼食に。

  • テラスには、こんな客もやってきます。これ、本物の鳥。

    テラスには、こんな客もやってきます。これ、本物の鳥。

  • 州立美術館から公園を横切ると、州立図書館。

    州立美術館から公園を横切ると、州立図書館。

  • 隣は、ニューサウスウェールズ州議会議議事堂。意外に質素な建物だと思ったら、19世紀のはじめに建てられたシドニー病院の一部で、1829年に最初の州議会が開かれた、現存するオーストラリア最古の議事堂だとか。

    隣は、ニューサウスウェールズ州議会議議事堂。意外に質素な建物だと思ったら、19世紀のはじめに建てられたシドニー病院の一部で、1829年に最初の州議会が開かれた、現存するオーストラリア最古の議事堂だとか。

  • その右隣の工事現場のシートで覆われている部分が、今もシドニー病院。正面にはイノシシの銅像。20世紀のもので、鼻を撫でるといいことがあるというのでいつもピカピカ。

    その右隣の工事現場のシートで覆われている部分が、今もシドニー病院。正面にはイノシシの銅像。20世紀のもので、鼻を撫でるといいことがあるというのでいつもピカピカ。

    シドニーホスピタル 建造物

  • さらに右隣も、もとシドニー病院で、門の鉄柵に SYDNEY MINT 1855 の文字。MINT とは造幣局で、今はリビングミュージアム。

    さらに右隣も、もとシドニー病院で、門の鉄柵に SYDNEY MINT 1855 の文字。MINT とは造幣局で、今はリビングミュージアム。

  • さらに隣の煉瓦造りの三階建ては、ハイドパークバラックス博物館。19世紀前半に囚人収容施設として建てられ、その後は法廷や政府の施設として用途が変わり、今では世界遺産“オーストラリアの囚人遺跡群”を構成する史跡の一つ。

    さらに隣の煉瓦造りの三階建ては、ハイドパークバラックス博物館。19世紀前半に囚人収容施設として建てられ、その後は法廷や政府の施設として用途が変わり、今では世界遺産“オーストラリアの囚人遺跡群”を構成する史跡の一つ。

  • その向かいには聖ジェームス教会。中には入れなかった。

    その向かいには聖ジェームス教会。中には入れなかった。

  • 緑の公園、ハイドパークの向こうにそびえるのは、高さ250mのシドニータワー。

    緑の公園、ハイドパークの向こうにそびえるのは、高さ250mのシドニータワー。

  • ハイドパークの隣には、巨大な聖メアリー大聖堂。植民地時代に、英国渡ってきたカトリック教徒が建てた礼拝堂が火災で焼失した後、20世紀前半の再建。

    ハイドパークの隣には、巨大な聖メアリー大聖堂。植民地時代に、英国渡ってきたカトリック教徒が建てた礼拝堂が火災で焼失した後、20世紀前半の再建。

  • 高さ74mの2本の尖塔がそびえる正面。

    高さ74mの2本の尖塔がそびえる正面。

    セントメアリー大聖堂 寺院・教会

  • 堂内に入ったら、ミサが行われていました。

    堂内に入ったら、ミサが行われていました。

  • 祭壇の後ろに、聖母マリアの戴冠が描かれた巨大なステンドグラス。近くまで行ってみたかったけど、異教徒はミサの邪魔をしないよう、一番後ろからズームアップで1枚だけ。

    祭壇の後ろに、聖母マリアの戴冠が描かれた巨大なステンドグラス。近くまで行ってみたかったけど、異教徒はミサの邪魔をしないよう、一番後ろからズームアップで1枚だけ。

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

オーストラリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストラリア最安 470円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストラリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集