シドニー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年の年始に真夏のオーストラリア、メルボルンとシドニーに行きました。メルボルンに入り、夜行列車で移動してシドニーから帰る7泊8日のスケジュール。航空券の高いこの時期でも、出発日を12月31日まで遅らせて、通常料金に戻った航空会社を選定。<br /><br />メルボルンとシドニーは、1993年以来の26年ぶり。今回は気楽な一人旅。2度目なので前回に見た、カンガルーもコアラもペンギンパレードも、羊の毛刈りもなく、トラムや蒸気機関車を求めて鉄道旅行の現地滞在正味6日間。<br /><br />0日目<br />成田から中国国際航空で上海浦東乗り継ぎ。<br /><br />1日目<br />空港からバスでメルボルン市内へ。無料区間のトラムで巡るメルボルン。トラムの全型式制覇。<br />https://4travel.jp/travelogue/11717478<br /><br />2日目午前<br />メルボルン・サザンクロス駅から、中距離列車V/Lineでキャッスルメインへ。ヴィクトリアンゴールドフィールズ鉄道の蒸気機関車と、100年前のヴィンテージ客車。<br />https://4travel.jp/travelogue/11717704<br /><br />2日目午後<br />メルボルンの北西130kmのベンディゴ。クラシックなトラムで巡る、ゴールドラッシュの面影の残る街。<br />https://4travel.jp/travelogue/11718690<br /><br />3日目午前<br />メルボルン・フリンダースストリート駅から、メトロでベルグレーヴへ。丘陵地帯を走る蒸気機関車の牽く観光列車、保存鉄道パッフィンビリー。100以上年前の機関車とヴィンテージ客車。<br />https://4travel.jp/travelogue/11720192<br /><br />3日目午後<br />メルボルン・フリンダースストリート駅のメトロとサウスバンクプロムナード、セントパトリックス大聖堂見学後、夜行列車XPTでシドニーへ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11721569<br /><br />4日目午前<br />シドニートレインズで街歩き オペラハウスのサーキュラーキーとシティー。<br />https://4travel.jp/travelogue/11722491<br /><br />4日目午後<br />トラム代行バスで行くパワーハウスミュージアムとダーリングハーバー。<br />https://4travel.jp/travelogue/11722529<br /><br />5日目午前<br />シドニーから列車とバスを乗り継いでニューサウスウェールズ鉄道博物館へ。<br />【この旅行記です】<br /><br />5日目午後<br />ピクトンから列車を乗り継ぎシドニーへ 夜のハーバーブリッジとオペラハウス。<br />https://4travel.jp/travelogue/11723999<br /><br />

オーストラリア鉄道の旅(その8 シドニーから列車とバスを乗り継いでニューサウスウェールズ鉄道博物館へ)

15いいね!

2019/01/05 - 2019/01/05

976位(同エリア3082件中)

モボ101

モボ101さん

2019年の年始に真夏のオーストラリア、メルボルンとシドニーに行きました。メルボルンに入り、夜行列車で移動してシドニーから帰る7泊8日のスケジュール。航空券の高いこの時期でも、出発日を12月31日まで遅らせて、通常料金に戻った航空会社を選定。

メルボルンとシドニーは、1993年以来の26年ぶり。今回は気楽な一人旅。2度目なので前回に見た、カンガルーもコアラもペンギンパレードも、羊の毛刈りもなく、トラムや蒸気機関車を求めて鉄道旅行の現地滞在正味6日間。

0日目
成田から中国国際航空で上海浦東乗り継ぎ。

1日目
空港からバスでメルボルン市内へ。無料区間のトラムで巡るメルボルン。トラムの全型式制覇。
https://4travel.jp/travelogue/11717478

2日目午前
メルボルン・サザンクロス駅から、中距離列車V/Lineでキャッスルメインへ。ヴィクトリアンゴールドフィールズ鉄道の蒸気機関車と、100年前のヴィンテージ客車。
https://4travel.jp/travelogue/11717704

2日目午後
メルボルンの北西130kmのベンディゴ。クラシックなトラムで巡る、ゴールドラッシュの面影の残る街。
https://4travel.jp/travelogue/11718690

3日目午前
メルボルン・フリンダースストリート駅から、メトロでベルグレーヴへ。丘陵地帯を走る蒸気機関車の牽く観光列車、保存鉄道パッフィンビリー。100以上年前の機関車とヴィンテージ客車。
https://4travel.jp/travelogue/11720192

3日目午後
メルボルン・フリンダースストリート駅のメトロとサウスバンクプロムナード、セントパトリックス大聖堂見学後、夜行列車XPTでシドニーへ。
https://4travel.jp/travelogue/11721569

4日目午前
シドニートレインズで街歩き オペラハウスのサーキュラーキーとシティー。
https://4travel.jp/travelogue/11722491

4日目午後
トラム代行バスで行くパワーハウスミュージアムとダーリングハーバー。
https://4travel.jp/travelogue/11722529

5日目午前
シドニーから列車とバスを乗り継いでニューサウスウェールズ鉄道博物館へ。
【この旅行記です】

5日目午後
ピクトンから列車を乗り継ぎシドニーへ 夜のハーバーブリッジとオペラハウス。
https://4travel.jp/travelogue/11723999

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • オーストラリア5日目、シドニー2日目は、ニューサウスウェールズ州の鉄道の歴史を伝える鉄道博物館へ。これがシドニーからちょっと遠くて1日がかりの行程。まずはセントラル駅からシドニートレインズで、キャンベルタウンへ向かいます。メルボルンからシドニー行きの夜行列車に乗っている時、前日の朝に停車した駅です。

    オーストラリア5日目、シドニー2日目は、ニューサウスウェールズ州の鉄道の歴史を伝える鉄道博物館へ。これがシドニーからちょっと遠くて1日がかりの行程。まずはセントラル駅からシドニートレインズで、キャンベルタウンへ向かいます。メルボルンからシドニー行きの夜行列車に乗っている時、前日の朝に停車した駅です。

    セントラル駅

  • 発車時刻まで、まだ少し余裕があるので、セントラル駅の頭端式の地平ホームで列車見物。今朝もメルボルンをはじめ各地からXPTが到着。その隣にいるのは、DC1500Vの電化区間をシドニートレインズの運行区間を越えて先まで行く、NSWトレインリンクが運行するインターシティーの電車。

    発車時刻まで、まだ少し余裕があるので、セントラル駅の頭端式の地平ホームで列車見物。今朝もメルボルンをはじめ各地からXPTが到着。その隣にいるのは、DC1500Vの電化区間をシドニートレインズの運行区間を越えて先まで行く、NSWトレインリンクが運行するインターシティーの電車。

  • ステンレス製の二階建て。26年前のシドニー訪問時にはブルーマウンテンのあるカトゥーンバまで、このV型電車に乗った記憶があります。車内はゆったりとした転換式のクロスシートで、床下から吊りかけモーター音が響いていたような。<br /><br />1970年から1989年まで、コメンジの車体に日本のメーカーの電機品の組み合わせで長きにわたって増備され、同一型式内に抵抗制御車とチョッパ制御車があるらしい。屋根上には、日本以外では見かけない下枠交差型のパンタグラフ。下に写真のあるH型の導入で、初期のV型は既に廃車済み。今後、韓国製の車体に、日本の電機品の新型式、D型が大量に導入されると引退予定だとか。<br />

    ステンレス製の二階建て。26年前のシドニー訪問時にはブルーマウンテンのあるカトゥーンバまで、このV型電車に乗った記憶があります。車内はゆったりとした転換式のクロスシートで、床下から吊りかけモーター音が響いていたような。

    1970年から1989年まで、コメンジの車体に日本のメーカーの電機品の組み合わせで長きにわたって増備され、同一型式内に抵抗制御車とチョッパ制御車があるらしい。屋根上には、日本以外では見かけない下枠交差型のパンタグラフ。下に写真のあるH型の導入で、初期のV型は既に廃車済み。今後、韓国製の車体に、日本の電機品の新型式、D型が大量に導入されると引退予定だとか。

  • シティートレインズのA型をはじめとする、M型以降の各形式とよく似た二階建て車体で青い顔は、オスカーの愛称があるNSWトレインリンクのH型。上のV型の置き換えとして2006年から2012年に導入された、車体はオーストラリアのEDIレール、電機品は日本のVVVFインバータ制御。近郊用のM型やA形等との違いは、メーカー以外にインターシティー用としてのトイレの設置。

    シティートレインズのA型をはじめとする、M型以降の各形式とよく似た二階建て車体で青い顔は、オスカーの愛称があるNSWトレインリンクのH型。上のV型の置き換えとして2006年から2012年に導入された、車体はオーストラリアのEDIレール、電機品は日本のVVVFインバータ制御。近郊用のM型やA形等との違いは、メーカー以外にインターシティー用としてのトイレの設置。

  • 発車待ちのステンレス車体のディーゼルカーは、ニューサウスウェールズ・エクスプローラー。コメンジを引き継いだABBトランスポーテーション(現在はボンバルディア)が1990年代に製造したオーストラリア製、米国カミンズのエンジンを搭載した液体式ディーゼルカー。回転式クロスシートの長距離用のアコモデーションを備え、シドニーと州内の各方面や首都キャンベラ間の非電化区間まで直通運行。<br /><br />手前の運転室付きで車体側面の窓にルーバーのある車両は、エコノミークラスと荷物室の合造車。窓の塞がれているところは荷物室でしょう。エコノミークラスの中間車と、運転室付きでファーストクラスとビュッフェの合造車の3車種で編成を組むのだとか。<br />

    発車待ちのステンレス車体のディーゼルカーは、ニューサウスウェールズ・エクスプローラー。コメンジを引き継いだABBトランスポーテーション(現在はボンバルディア)が1990年代に製造したオーストラリア製、米国カミンズのエンジンを搭載した液体式ディーゼルカー。回転式クロスシートの長距離用のアコモデーションを備え、シドニーと州内の各方面や首都キャンベラ間の非電化区間まで直通運行。

    手前の運転室付きで車体側面の窓にルーバーのある車両は、エコノミークラスと荷物室の合造車。窓の塞がれているところは荷物室でしょう。エコノミークラスの中間車と、運転室付きでファーストクラスとビュッフェの合造車の3車種で編成を組むのだとか。

  • 黄色のA型と同じ顔つきで色違いのオレンジ色は、2018年から導入されているシドニートレインズ最新のB型。メーカーはA型と同じ、中国の車体に日本の電機品。

    黄色のA型と同じ顔つきで色違いのオレンジ色は、2018年から導入されているシドニートレインズ最新のB型。メーカーはA型と同じ、中国の車体に日本の電機品。

  • キャンベルタウンに向かうために乗車した、T8系統のマッカーサー行きもB型。

    キャンベルタウンに向かうために乗車した、T8系統のマッカーサー行きもB型。

  • ドアから車端部はロングシート、一階と二階の部分は転換式クロスシートの座席配置はA型と同じ。8両編成の車内は、ご覧のように空席が目立ちます。

    ドアから車端部はロングシート、一階と二階の部分は転換式クロスシートの座席配置はA型と同じ。8両編成の車内は、ご覧のように空席が目立ちます。

  • 車内の窓上に、最新型をPRするオレンジ色のステッカー。A型の愛称は Waratah でB型は Waratah 2 らしい。

    車内の窓上に、最新型をPRするオレンジ色のステッカー。A型の愛称は Waratah でB型は Waratah 2 らしい。

  • 途中のT2、T5系統との接続駅、グレンフィールドで黄色い顔のA形との出会い。乗務員室扉もプラグドアになっているんだ。

    途中のT2、T5系統との接続駅、グレンフィールドで黄色い顔のA形との出会い。乗務員室扉もプラグドアになっているんだ。

  • 複線電化のシドニートレインズが走る線路の隣、単線非電化の線路を並走する舶用コンテナを積載した貨物列車。よく見ると、貨車は2車体の間に台車のある連接車。

    複線電化のシドニートレインズが走る線路の隣、単線非電化の線路を並走する舶用コンテナを積載した貨物列車。よく見ると、貨車は2車体の間に台車のある連接車。

  • セントラルから55分でキャンベルタウンに到着。電車はもう1駅先まで行くけど、ここでディーゼルカーに乗り継ぐために下車。<br /><br />この駅には車両の留置線があり、乗務員の基地もあるのか、終点まであと1駅を残して運転士が交代。

    セントラルから55分でキャンベルタウンに到着。電車はもう1駅先まで行くけど、ここでディーゼルカーに乗り継ぐために下車。

    この駅には車両の留置線があり、乗務員の基地もあるのか、終点まであと1駅を残して運転士が交代。

  • 隣駅のマッカーサーから先、非電化区間に直通する、始発のモス・ヴェール行きディーゼルカーに乗り換え。

    隣駅のマッカーサーから先、非電化区間に直通する、始発のモス・ヴェール行きディーゼルカーに乗り換え。

  • しばし停車後、シドニートレインズが発車していきます。

    しばし停車後、シドニートレインズが発車していきます。

  • 行き止まり式の4番線で乗り換え客を待つのは、この先のサザンハイランズ線を運行する、コルゲートのあるステンレス車体のエンデヴァー型。ABBトランスポーテーションが1990年代に製造したオーストラリア製、米国カミンズのエンジンを搭載した液体式ディーゼルカーの2両編成。<br /><br />今朝セントラル駅で見かけた、長距離用のニューサウスウェールズ・エクスプローラーとの差異は、塗り分けとローカル用の車内設備で、性能は共通らしい。

    行き止まり式の4番線で乗り換え客を待つのは、この先のサザンハイランズ線を運行する、コルゲートのあるステンレス車体のエンデヴァー型。ABBトランスポーテーションが1990年代に製造したオーストラリア製、米国カミンズのエンジンを搭載した液体式ディーゼルカーの2両編成。

    今朝セントラル駅で見かけた、長距離用のニューサウスウェールズ・エクスプローラーとの差異は、塗り分けとローカル用の車内設備で、性能は共通らしい。

  • 本線に並行する留置線は、シドニートレインズの旧型車のオンパレード。26年前のシドニー訪問時は、このスタイルの車両が主力でした。<br /><br />乗り継ぎの列車の発車までまだ20分余りあるので、今やシドニーのセントラル駅ではほとんど見かけなくなってしまった旧型車を、ホームからじっくり観察することに 。

    本線に並行する留置線は、シドニートレインズの旧型車のオンパレード。26年前のシドニー訪問時は、このスタイルの車両が主力でした。

    乗り継ぎの列車の発車までまだ20分余りあるので、今やシドニーのセントラル駅ではほとんど見かけなくなってしまった旧型車を、ホームからじっくり観察することに 。

  • 旧型車は、4両+4両で8両編成を組んでいるようです。乗務員室扉にユニークな真ん丸の窓、開閉できないでしょうね。その前の乗務員室の窓が横引きの開閉式で、エアコン装備車の客室は固定窓。

    旧型車は、4両+4両で8両編成を組んでいるようです。乗務員室扉にユニークな真ん丸の窓、開閉できないでしょうね。その前の乗務員室の窓が横引きの開閉式で、エアコン装備車の客室は固定窓。

  • K型は、大量に投入され一世を風靡したS型の後継車種。1980年代前半のゴニナン製の車体で、電機品は日本のMTTMの4両編成。標準軌で車体の断面は大きいとはいえ、オール二階建てでJRの215系のような一階の機器スペースはないため、台車の後部のわずかな空間以外は、屋根上に機器類を集中して装備しているのでしょう。

    K型は、大量に投入され一世を風靡したS型の後継車種。1980年代前半のゴニナン製の車体で、電機品は日本のMTTMの4両編成。標準軌で車体の断面は大きいとはいえ、オール二階建てでJRの215系のような一階の機器スペースはないため、台車の後部のわずかな空間以外は、屋根上に機器類を集中して装備しているのでしょう。

  • 抵抗制御車に必須の抵抗器は、運転台後部屋根の進行右側の半分だけ、放熱のためカバーがなく、オープンにしている部分に搭載しているようです。

    抵抗制御車に必須の抵抗器は、運転台後部屋根の進行右側の半分だけ、放熱のためカバーがなく、オープンにしている部分に搭載しているようです。

  • ドアの上部にはエアコンを搭載したため、下枠交差型のパンタグラフは隣の付随車の屋根上へ。連結面に貫通扉はあっても幌がなく、通り抜けは非常時だけ。<br /><br />乗客の安全性を考慮してか、その後のM型は幌付きの4両貫通、A型やB型は8両貫通編成に。

    ドアの上部にはエアコンを搭載したため、下枠交差型のパンタグラフは隣の付随車の屋根上へ。連結面に貫通扉はあっても幌がなく、通り抜けは非常時だけ。

    乗客の安全性を考慮してか、その後のM型は幌付きの4両貫通、A型やB型は8両貫通編成に。

  • K型は4両を2組併結した8両での運用らしく、運転室側を突き合せた連結面。

    K型は4両を2組併結した8両での運用らしく、運転室側を突き合せた連結面。

  • キャンベルタウンを発車したディーゼルカーの車窓から見た側線のK型編成。その左にいるのはS型。

    キャンベルタウンを発車したディーゼルカーの車窓から見た側線のK型編成。その左にいるのはS型。

  • 側窓の上部が開いているのは、エアコンを装備していないS型。コメンジまたはゴニナンの車体に日本の電機品を装備して、1970年代に登場した抵抗制御車で、現役最古の車種。<br /><br />撮影時点では、電動車に装備したパンタグラフが上がっているので、まだ生きているようですが、その後B形の増備に伴い型式消滅したとか。

    側窓の上部が開いているのは、エアコンを装備していないS型。コメンジまたはゴニナンの車体に日本の電機品を装備して、1970年代に登場した抵抗制御車で、現役最古の車種。

    撮影時点では、電動車に装備したパンタグラフが上がっているので、まだ生きているようですが、その後B形の増備に伴い型式消滅したとか。

  • エンデヴァー型ディーゼルカーの車内は、2人がけと3人がけの転換式クロスシート。この先、昼間の運転間隔は2時間程度に開くけど、乗客の姿はほとんどなし。

    エンデヴァー型ディーゼルカーの車内は、2人がけと3人がけの転換式クロスシート。この先、昼間の運転間隔は2時間程度に開くけど、乗客の姿はほとんどなし。

  • 電化区間は次のシドニートレインズの終点、マッカーサー駅まで。A型はここで折り返し。

    電化区間は次のシドニートレインズの終点、マッカーサー駅まで。A型はここで折り返し。

  • この先のサウスハイランズ線は、こんな丘陵地帯の長閑な車窓。

    この先のサウスハイランズ線は、こんな丘陵地帯の長閑な車窓。

  • セメント工場なのか、重連のディーゼル機関車がホッパー車を連結。

    セメント工場なのか、重連のディーゼル機関車がホッパー車を連結。

  • ピクトン駅を過ぎた先で、進行方向右側に分かれていく単線の線路。鉄道博物館に続く、営業を廃止した路線で、ここを博物館列車が走ることもあるらしい。

    ピクトン駅を過ぎた先で、進行方向右側に分かれていく単線の線路。鉄道博物館に続く、営業を廃止した路線で、ここを博物館列車が走ることもあるらしい。

  • キャンベルタウンから35分で、NSW鉄道博物館の最寄り駅タフムアに到着。駅は新しいようだが簡素なつくり。

    キャンベルタウンから35分で、NSW鉄道博物館の最寄り駅タフムアに到着。駅は新しいようだが簡素なつくり。

  • ここまで、シドニーのセントラル駅を出発して、乗り継ぎの待ち時間も含め2時間。

    ここまで、シドニーのセントラル駅を出発して、乗り継ぎの待ち時間も含め2時間。

  • 下車時には、オパールカードをホームに立っている読み取り機にタッチ。

    下車時には、オパールカードをホームに立っている読み取り機にタッチ。

  • 駅前には何もないけど、幹線道路まで出れば複数のスーパーマーケットなどが立ち並ぶ、ショッピングセンターのようななものやレストランもあります。鉄道博物館の看板も出ているけど、まだここから4km以上先。

    駅前には何もないけど、幹線道路まで出れば複数のスーパーマーケットなどが立ち並ぶ、ショッピングセンターのようななものやレストランもあります。鉄道博物館の看板も出ているけど、まだここから4km以上先。

  • 幹線沿いのKFCやガソリンスタンドの前にバス停のポールが立ち、ベンチではバスを待つ乗客らしき女性の姿。バス停には停留所名の表示も時刻表も何も無し。

    幹線沿いのKFCやガソリンスタンドの前にバス停のポールが立ち、ベンチではバスを待つ乗客らしき女性の姿。バス停には停留所名の表示も時刻表も何も無し。

  • この日は土曜日。事前にネットで調べたところでは、土曜ダイヤの場合11時にここから鉄道博物館経由のピクトン駅行きのバスがあるはず。時間になっても来ないけど、スーパーで買い物をして帰る客が待っているので安心、と思っていたら反対方向に走り去るバスの後ろ姿。

    この日は土曜日。事前にネットで調べたところでは、土曜ダイヤの場合11時にここから鉄道博物館経由のピクトン駅行きのバスがあるはず。時間になっても来ないけど、スーパーで買い物をして帰る客が待っているので安心、と思っていたら反対方向に走り去るバスの後ろ姿。

  • この先が終点なのかすぐに折り返して来たバス。912系統のピクトン行きのはずが、表示している系統番号は900で行き先も違う。

    この先が終点なのかすぐに折り返して来たバス。912系統のピクトン行きのはずが、表示している系統番号は900で行き先も違う。

  • 運転士にレイルウェイミュージアムに行くか尋ねると、乗れとのこと。バスはすぐに交差点を左折。うん、方向は合っている。

    運転士にレイルウェイミュージアムに行くか尋ねると、乗れとのこと。バスはすぐに交差点を左折。うん、方向は合っている。

  • 運転士にここだと言われて、サールミアで下車したのは私一人。バスは1日に数本だけ。念のために、帰りのピクトン駅行きの時刻と乗車する停留所を確認すると、&quot;また後で俺が来るから&quot;とのこと。<br /><br />ちなみに、タフムア-サールミア-ピクトンのバスは平日と土曜日で時刻が大きく異なり、日曜日には運行がありません<br />

    運転士にここだと言われて、サールミアで下車したのは私一人。バスは1日に数本だけ。念のために、帰りのピクトン駅行きの時刻と乗車する停留所を確認すると、"また後で俺が来るから"とのこと。

    ちなみに、タフムア-サールミア-ピクトンのバスは平日と土曜日で時刻が大きく異なり、日曜日には運行がありません

  • NSW鉄道博物館の前の駐車場。みんなここまでクルマで来るようで、シドニーから公共交通機関を乗り継ぎ、2時間半近くかけて来たのは一人だけのよう。

    NSW鉄道博物館の前の駐車場。みんなここまでクルマで来るようで、シドニーから公共交通機関を乗り継ぎ、2時間半近くかけて来たのは一人だけのよう。

  • NSW鉄道博物館は廃止された路線上のサールミア駅を整備して、1976年にこの地に移転。ニューサウスウェールズ(NSW)州の鉄道の歴史に関連する、100両以上の機関車や客車等の車両や関連する機器類を展示しています。

    NSW鉄道博物館は廃止された路線上のサールミア駅を整備して、1976年にこの地に移転。ニューサウスウェールズ(NSW)州の鉄道の歴史に関連する、100両以上の機関車や客車等の車両や関連する機器類を展示しています。

    ニューサウスウェールズ鉄道交通博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  • 英国のニューサウスウェールズ植民地に、標準軌の鉄道が開通したのは1855年。メインの展示館では、19世紀の車両や鉄道関連の設備等を展示。<br /><br />軸配置Cのテンダ型蒸気機関車E18は、1865年の英国ロバートスチーブンソン会社の製造。この博物館で一番古い車両。<br />

    英国のニューサウスウェールズ植民地に、標準軌の鉄道が開通したのは1855年。メインの展示館では、19世紀の車両や鉄道関連の設備等を展示。

    軸配置Cのテンダ型蒸気機関車E18は、1865年の英国ロバートスチーブンソン会社の製造。この博物館で一番古い車両。

  • E18号機が連結している木造客車は、1891年製のHKL360型郵便車。オール板バネのボギー台車に、バッファとねじ式の連結器。

    E18号機が連結している木造客車は、1891年製のHKL360型郵便車。オール板バネのボギー台車に、バッファとねじ式の連結器。

  • 軸配置2Bのテンダ機関車Z17型1709号機は、1887年の英国製。1676mmの当時としては大直径の動輪を持ち、動態保存機らしい。

    軸配置2Bのテンダ機関車Z17型1709号機は、1887年の英国製。1676mmの当時としては大直径の動輪を持ち、動態保存機らしい。

  • 1709号機が連結している客車はGG(The Governor-General&#39;scarriage)、オーストラリア総督用の車両としてNSWレイルが1900年に製造した、木造3軸ボギー車。

    1709号機が連結している客車はGG(The Governor-General'scarriage)、オーストラリア総督用の車両としてNSWレイルが1900年に製造した、木造3軸ボギー車。

  • 車内にはリビングルームやダイニングルーム、ベッドルームが設けられています。

    車内にはリビングルームやダイニングルーム、ベッドルームが設けられています。

  • この客車は1901年から1970年まで、多くのロイヤルツアーに使用され、1954年には英国のエリザベス2世女王とエディンバラ公を乗せたロイヤルトレインとして、NSW州内を運行したのだとか。

    この客車は1901年から1970年まで、多くのロイヤルツアーに使用され、1954年には英国のエリザベス2世女王とエディンバラ公を乗せたロイヤルトレインとして、NSW州内を運行したのだとか。

  • 煙突にナンバーを付けた軸配置B2のテンダ機、M36型蒸気機関車78号機は、1877年にシドニーで製造された、オーストラリアの国産機。

    煙突にナンバーを付けた軸配置B2のテンダ機、M36型蒸気機関車78号機は、1877年にシドニーで製造された、オーストラリアの国産機。

  • 78号機が連結している窓の少ない木造ボギー客車は、PrisonVan(刑務所車)。州内の刑務所間で受刑者を輸送するための車両で、1867年から1950年代まで運用されていたらしい。

    78号機が連結している窓の少ない木造ボギー客車は、PrisonVan(刑務所車)。州内の刑務所間で受刑者を輸送するための車両で、1867年から1950年代まで運用されていたらしい。

  • 車内の前後には、鉄格子のはまった監房。高い位置に明り取りの小窓があるだけで、外は見えません。中央の出入り口付近は看守席。

    車内の前後には、鉄格子のはまった監房。高い位置に明り取りの小窓があるだけで、外は見えません。中央の出入り口付近は看守席。

  • 軸配置Bで、クレーンを装備したタンク式蒸気機関車1034号は、1886年の英国製。吊り上げ能力は4トン。

    軸配置Bで、クレーンを装備したタンク式蒸気機関車1034号は、1886年の英国製。吊り上げ能力は4トン。

  • 訪問時には年末年始の週末のみ、廃止された路線を活用したクラシックなディーゼルカーの運行、&quot;SUMMER RAIL MOTORRIDES&quot;を実施していたので、旧型のディーゼルカーへの乗車とセットになった入場券を購入しました。<br /><br />発車時刻が近づいてきたので、博物館の構内の片隅にあるサールミア駅へ。

    訪問時には年末年始の週末のみ、廃止された路線を活用したクラシックなディーゼルカーの運行、"SUMMER RAIL MOTORRIDES"を実施していたので、旧型のディーゼルカーへの乗車とセットになった入場券を購入しました。

    発車時刻が近づいてきたので、博物館の構内の片隅にあるサールミア駅へ。

  • RAIL MOTORは、ローカル線の小運転に使用するディーゼルカーやガソリンカー。片側の屋根上のラジエターが特徴的なCPH型は、1923年から州内各地のローカル支線のフィーダーサービス用に37両(他にエンジンのない付随車が5両)製造された、電気溶接で組み立てた軽量台枠上に木造車体を乗せた機械式のガソリンカー。戦後はディーゼルエンジンと油圧トランスミッションに換装。

    RAIL MOTORは、ローカル線の小運転に使用するディーゼルカーやガソリンカー。片側の屋根上のラジエターが特徴的なCPH型は、1923年から州内各地のローカル支線のフィーダーサービス用に37両(他にエンジンのない付随車が5両)製造された、電気溶接で組み立てた軽量台枠上に木造車体を乗せた機械式のガソリンカー。戦後はディーゼルエンジンと油圧トランスミッションに換装。

  • 運転席は中央。運転士や車掌、駅務などは鉄道員のOBの方々なのか、お歳をめしたボランティアのよう。

    運転席は中央。運転士や車掌、駅務などは鉄道員のOBの方々なのか、お歳をめしたボランティアのよう。

  • 博物館を出ると、こんな何もない田舎に単線の線路が続いています。

    博物館を出ると、こんな何もない田舎に単線の線路が続いています。

  • 車内は、通路をはさんで2人がけと3人がけの転換式クロスシート。

    車内は、通路をはさんで2人がけと3人がけの転換式クロスシート。

  • 途中一ヵ所の駅を通過して、サールミアから15分ほどで2駅目、ホーム片面だけのバックストンに到着。機関車が客車を牽引する博物館列車も運行されることもあるそうで、駅には機関車を付け替えるための機回り線を設置。

    途中一ヵ所の駅を通過して、サールミアから15分ほどで2駅目、ホーム片面だけのバックストンに到着。機関車が客車を牽引する博物館列車も運行されることもあるそうで、駅には機関車を付け替えるための機回り線を設置。

  • しばし休暇の後、今来た道をサールミアの博物館に戻ります。

    しばし休暇の後、今来た道をサールミアの博物館に戻ります。

  • 到着の直前、博物館の構内に、動態保存のディーゼル機関車や客車の姿。これらを使った博物館列車も運行されるのでしょう。

    到着の直前、博物館の構内に、動態保存のディーゼル機関車や客車の姿。これらを使った博物館列車も運行されるのでしょう。

  • レイルモーターの乗車を終え、メインの展示館に戻ってきました。そこから外に出ると、多数の保存車両が並ぶ展示スペースのグレート・トレイン・ホール。サールミア駅構内の留置線に屋根を設置し、線路の周囲を舗装して整備したものと思われます。<br /><br />ここでは、グレート・トレイン・ホールに保存展示されている車両から、主なものを数点ご紹介します。まずは、2組の動輪を持つ巨大なガーラット型蒸気機関車。1956年の英国製。<br />

    レイルモーターの乗車を終え、メインの展示館に戻ってきました。そこから外に出ると、多数の保存車両が並ぶ展示スペースのグレート・トレイン・ホール。サールミア駅構内の留置線に屋根を設置し、線路の周囲を舗装して整備したものと思われます。

    ここでは、グレート・トレイン・ホールに保存展示されている車両から、主なものを数点ご紹介します。まずは、2組の動輪を持つ巨大なガーラット型蒸気機関車。1956年の英国製。

  • 20世紀初頭の英国製テンダ機(左)とオーストラリア製タンク機(右)。

    20世紀初頭の英国製テンダ機(左)とオーストラリア製タンク機(右)。

  • 1920年代にオーストラリアで製造された貨物用の標準型(左)と戦後の米国製貨物機(右)。

    1920年代にオーストラリアで製造された貨物用の標準型(左)と戦後の米国製貨物機(右)。

  • 20世紀初頭の英国製旅客機(左)と1910年代の州知事視察旅行用の豪華客車の編成(右)。

    20世紀初頭の英国製旅客機(左)と1910年代の州知事視察旅行用の豪華客車の編成(右)。

  • 蒸気機関車に取って代わったディーゼル機関車。1950年代のオーストラリア製。

    蒸気機関車に取って代わったディーゼル機関車。1950年代のオーストラリア製。

  • 1930年代のレールバス。その後ろは、1970年代のディーゼル機関車。

    1930年代のレールバス。その後ろは、1970年代のディーゼル機関車。

  • 1930年代から50年も高速列車に活躍したディーゼルカー。

    1930年代から50年も高速列車に活躍したディーゼルカー。

  • 今はオール二階建て車で運行されている、シドニートレインズの元祖H型。1920年代の木造車で、二階建てのステンレス車に置き換わるまで50年使用。

    今はオール二階建て車で運行されている、シドニートレインズの元祖H型。1920年代の木造車で、二階建てのステンレス車に置き換わるまで50年使用。

  • 座席数を増やすため、1968年に試作したシドニートレインズの最初の二階建て車。リベット止めのアルミ車体だが、量産車はステンレス製に。

    座席数を増やすため、1968年に試作したシドニートレインズの最初の二階建て車。リベット止めのアルミ車体だが、量産車はステンレス製に。

  • 各種貨車も多数保存展示。<br /><br />別途、NSW鉄道博物館の詳細な紹介を、こちらに用意しています。<br /><br />https://4travel.jp/travelogue/11694173<br /><br />また、クラシックなディーゼルカーの運行、&quot;SUMMER RAIL MOTORRIDES&quot;の動画も含めた詳細な紹介を、こちらに用意しています。<br /><br />https://4travel.jp/travelogue/11695258

    各種貨車も多数保存展示。

    別途、NSW鉄道博物館の詳細な紹介を、こちらに用意しています。

    https://4travel.jp/travelogue/11694173

    また、クラシックなディーゼルカーの運行、"SUMMER RAIL MOTORRIDES"の動画も含めた詳細な紹介を、こちらに用意しています。

    https://4travel.jp/travelogue/11695258

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

オーストラリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストラリア最安 470円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストラリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集