シドニー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年の年始に真夏のオーストラリア、メルボルンとシドニーに行きました。メルボルンに入り、夜行列車で移動してシドニーから帰る7泊8日のスケジュール。航空券の高いこの時期でも、出発日を12月31日まで遅らせて、通常料金に戻った航空会社を選定。<br /><br />メルボルンとシドニーは、1993年以来の26年ぶり。今回は気楽な一人旅。2度目なので前回に見た、カンガルーもコアラもペンギンパレードも、羊の毛刈りもなく、トラムや蒸気機関車を求めて鉄道旅行の現地滞在正味6日間。<br /><br />0日目<br />成田から中国国際航空で上海浦東乗り継ぎ。<br /><br />1日目<br />空港からバスでメルボルン市内へ。無料区間のトラムで巡るメルボルン。トラムの全型式制覇。<br />https://4travel.jp/travelogue/11717478<br /><br />2日目午前<br />メルボルン・サザンクロス駅から、中距離列車V/Lineでキャッスルメインへ。ヴィクトリアンゴールドフィールズ鉄道の蒸気機関車と、100年前のヴィンテージ客車。<br />https://4travel.jp/travelogue/11717704<br /><br />2日目午後<br />メルボルンの北西130kmのベンディゴ。クラシックなトラムで巡る、ゴールドラッシュの面影の残る街。<br />https://4travel.jp/travelogue/11718690<br /><br />3日目午前<br />メルボルン・フリンダースストリート駅から、メトロでベルグレーヴへ。丘陵地帯を走る蒸気機関車の牽く観光列車、保存鉄道パッフィンビリー。100以上年前の機関車とヴィンテージ客車。<br />https://4travel.jp/travelogue/11720192<br /><br />3日目午後<br />メルボルン・フリンダースストリート駅のメトロとサウスバンクプロムナード、セントパトリックス大聖堂見学後、夜行列車XPTでシドニーへ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11721569<br /><br />4日目午前<br />シドニートレインズで街歩き オペラハウスのサーキュラーキーとシティー。<br />https://4travel.jp/travelogue/11722491<br /><br />4日目午後<br />トラム代行バスで行くパワーハウスミュージアムとダーリングハーバー。<br />https://4travel.jp/travelogue/11722529<br /><br />5日目午前<br />シドニーから列車とバスを乗り継いでニューサウスウェールズ鉄道博物館へ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11723906<br /><br />5日目午後<br />ピクトンから列車を乗り継ぎシドニーへ 夜のハーバーブリッジとオペラハウス。<br />https://4travel.jp/travelogue/11723999<br /><br />6日目午前<br />シドニートレインズに乗ってシドニートラム博物館へ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11727155<br /><br />6日目午後<br />オーストラリア鉄道の旅(その11 シドニートレインズで渡るハーバーブリッジとシドニーライトレール)<br />【この旅行記です】<br />シドニーから北京へ<br /><br />7日目<br />北京乗り継ぎで羽田着。

オーストラリア鉄道の旅(その11 シドニートレインズで渡るハーバーブリッジとシドニーライトレール)

6いいね!

2019/01/06 - 2019/01/06

1810位(同エリア3080件中)

モボ101

モボ101さん

2019年の年始に真夏のオーストラリア、メルボルンとシドニーに行きました。メルボルンに入り、夜行列車で移動してシドニーから帰る7泊8日のスケジュール。航空券の高いこの時期でも、出発日を12月31日まで遅らせて、通常料金に戻った航空会社を選定。

メルボルンとシドニーは、1993年以来の26年ぶり。今回は気楽な一人旅。2度目なので前回に見た、カンガルーもコアラもペンギンパレードも、羊の毛刈りもなく、トラムや蒸気機関車を求めて鉄道旅行の現地滞在正味6日間。

0日目
成田から中国国際航空で上海浦東乗り継ぎ。

1日目
空港からバスでメルボルン市内へ。無料区間のトラムで巡るメルボルン。トラムの全型式制覇。
https://4travel.jp/travelogue/11717478

2日目午前
メルボルン・サザンクロス駅から、中距離列車V/Lineでキャッスルメインへ。ヴィクトリアンゴールドフィールズ鉄道の蒸気機関車と、100年前のヴィンテージ客車。
https://4travel.jp/travelogue/11717704

2日目午後
メルボルンの北西130kmのベンディゴ。クラシックなトラムで巡る、ゴールドラッシュの面影の残る街。
https://4travel.jp/travelogue/11718690

3日目午前
メルボルン・フリンダースストリート駅から、メトロでベルグレーヴへ。丘陵地帯を走る蒸気機関車の牽く観光列車、保存鉄道パッフィンビリー。100以上年前の機関車とヴィンテージ客車。
https://4travel.jp/travelogue/11720192

3日目午後
メルボルン・フリンダースストリート駅のメトロとサウスバンクプロムナード、セントパトリックス大聖堂見学後、夜行列車XPTでシドニーへ。
https://4travel.jp/travelogue/11721569

4日目午前
シドニートレインズで街歩き オペラハウスのサーキュラーキーとシティー。
https://4travel.jp/travelogue/11722491

4日目午後
トラム代行バスで行くパワーハウスミュージアムとダーリングハーバー。
https://4travel.jp/travelogue/11722529

5日目午前
シドニーから列車とバスを乗り継いでニューサウスウェールズ鉄道博物館へ。
https://4travel.jp/travelogue/11723906

5日目午後
ピクトンから列車を乗り継ぎシドニーへ 夜のハーバーブリッジとオペラハウス。
https://4travel.jp/travelogue/11723999

6日目午前
シドニートレインズに乗ってシドニートラム博物館へ。
https://4travel.jp/travelogue/11727155

6日目午後
オーストラリア鉄道の旅(その11 シドニートレインズで渡るハーバーブリッジとシドニーライトレール)
【この旅行記です】
シドニーから北京へ

7日目
北京乗り継ぎで羽田着。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • トラム博物館の見学を終え、ロフタスからT4系統のシドニートレインズで都心方面に戻ります。

    トラム博物館の見学を終え、ロフタスからT4系統のシドニートレインズで都心方面に戻ります。

    ロフタス駅

  • セントラルから地下路線になり、次の駅タウンホールで下車。地上に出ると、ここはシティーの中心地。

    セントラルから地下路線になり、次の駅タウンホールで下車。地上に出ると、ここはシティーの中心地。

  • 市街地のランドマーク、高さ55mの時計塔のある市役所、タウンホールは19世紀後半のオーストラリアを代表する建築物。

    市街地のランドマーク、高さ55mの時計塔のある市役所、タウンホールは19世紀後半のオーストラリアを代表する建築物。

  • タウンホールの隣には、ゴシック様式のセント・アンドリュース大聖堂。

    タウンホールの隣には、ゴシック様式のセント・アンドリュース大聖堂。

  • オーストラリアの大聖堂では最も古いといわれ、19世紀前半に建設開始。現在の姿となったのは1868年。ジョージストリートに面した入口から堂内へ。

    オーストラリアの大聖堂では最も古いといわれ、19世紀前半に建設開始。現在の姿となったのは1868年。ジョージストリートに面した入口から堂内へ。

  • 内部は壮麗なステンドグラス。

    内部は壮麗なステンドグラス。

  • 入り口の上のステンドグラス。

    入り口の上のステンドグラス。

  • 大聖堂側面のステンドグラス。

    大聖堂側面のステンドグラス。

  • 祭壇と背後のステンドグラス。

    祭壇と背後のステンドグラス。

  • カラフルなパイプオルガンも美しい。

    カラフルなパイプオルガンも美しい。

  • 大聖堂やタウンホール前のジョージストリートでは、建設中のトラムの線路がほぼできあがり、開通前の通りにはクルマが進入できないようにブロックが置かれて歩行者天国に。

    大聖堂やタウンホール前のジョージストリートでは、建設中のトラムの線路がほぼできあがり、開通前の通りにはクルマが進入できないようにブロックが置かれて歩行者天国に。

  • この区間も架線レスになるのか、2本のレールの真ん中には給電用の接点のようなものが。

    この区間も架線レスになるのか、2本のレールの真ん中には給電用の接点のようなものが。

  • 交差点の向こうに建つのはQVB、クイーンヴィクトリアビルディング。19世紀末に建てられた、オーストラリアの有名店がそろう、ヴィクトリア様式の建物。

    交差点の向こうに建つのはQVB、クイーンヴィクトリアビルディング。19世紀末に建てられた、オーストラリアの有名店がそろう、ヴィクトリア様式の建物。

  • 内部は豪華な吹き抜け構造。

    内部は豪華な吹き抜け構造。

  • 日曜日のオパールカードは、どれだけ乗っても1日の上限が2.8AU$。ロフタスを往復したので、既に一日乗車券相当に。

    日曜日のオパールカードは、どれだけ乗っても1日の上限が2.8AU$。ロフタスを往復したので、既に一日乗車券相当に。

  • タウンホール駅からT1系統のシドニートレインズに乗れば、地上に出てバーバーブリッジを渡り始めます。左手の車窓には、対岸のノースシドニーの街。

    タウンホール駅からT1系統のシドニートレインズに乗れば、地上に出てバーバーブリッジを渡り始めます。左手の車窓には、対岸のノースシドニーの街。

  • 渡り終える直前に上から見下ろす、橋のたもとの遊園地ルナパーク。

    渡り終える直前に上から見下ろす、橋のたもとの遊園地ルナパーク。

  • 線路は大きくカーブして、振り返る車窓に今渡ってきたハーバーブリッジの姿。

    線路は大きくカーブして、振り返る車窓に今渡ってきたハーバーブリッジの姿。

  • 2つ目の停車駅、ノースシドニーで下車。そのままセントラルに折り返します。シドニートレインズの二階席は、なかなかの眺望。

    2つ目の停車駅、ノースシドニーで下車。そのままセントラルに折り返します。シドニートレインズの二階席は、なかなかの眺望。

  • 帰りは左側にオペラハウスがあるけど、8車線の車道と歩道を隔てた向こう側なので、二階の車窓からでも見えるのは上半分だけ。

    帰りは左側にオペラハウスがあるけど、8車線の車道と歩道を隔てた向こう側なので、二階の車窓からでも見えるのは上半分だけ。

  • シティーの地下を抜け、セントラルに戻ってきました。

    シティーの地下を抜け、セントラルに戻ってきました。

  • 今度はセントラル駅からの代行バスで既存のトラム、シドニーライトレールのダルウィッチ・ヒル線に乗りに行くことに。

    今度はセントラル駅からの代行バスで既存のトラム、シドニーライトレールのダルウィッチ・ヒル線に乗りに行くことに。

  • 代行バスは、トラムの暫定的な折り返しのコンベンションを経て、ジョン・ストリート・スクエアまで運行。ここでトラムに乗り換えることに。ホームがあるのはビルの地下。

    代行バスは、トラムの暫定的な折り返しのコンベンションを経て、ジョン・ストリート・スクエアまで運行。ここでトラムに乗り換えることに。ホームがあるのはビルの地下。

  • トンネルの向こうから、ダルウィッチ・ヒル行きが入線。<br /><br /><br />

    トンネルの向こうから、ダルウィッチ・ヒル行きが入線。


  • この先の専用軌道は、貨物線を転用したらしい。<br /><br /><br />

    この先の専用軌道は、貨物線を転用したらしい。


  • 車両はスペインCAF社製、5車体連節の全低床車ウルボス。2021年の秋に設計不良による台車の亀裂が稼働中12編成の全から見つかり、修理が完了するまで1年半運休して全線バス代行とはお粗末。<br /><br />ウルボスは世界各国に輸出されていて、果たして他の国までこの問題が波及するのか、注目が集まっているとか。

    車両はスペインCAF社製、5車体連節の全低床車ウルボス。2021年の秋に設計不良による台車の亀裂が稼働中12編成の全から見つかり、修理が完了するまで1年半運休して全線バス代行とはお粗末。

    ウルボスは世界各国に輸出されていて、果たして他の国までこの問題が波及するのか、注目が集まっているとか。

  • 適当なところで折り返そうと、ジュビリー・パークで下車。

    適当なところで折り返そうと、ジュビリー・パークで下車。

  • 代行バスと接続する、コンベンションまで戻ります。<br /><br /><br />

    代行バスと接続する、コンベンションまで戻ります。


  • 土産を買いに、昨日に続いて今日も中華街のマーケットシティーへ。

    土産を買いに、昨日に続いて今日も中華街のマーケットシティーへ。

  • ここは香港の露店の雰囲気。衣料品や雑貨から、

    ここは香港の露店の雰囲気。衣料品や雑貨から、

  • 食料品まで何でもそろう。

    食料品まで何でもそろう。

  • 2階のフードコートで、フライドヌードルを注文。

    2階のフードコートで、フライドヌードルを注文。

  • 中華街から近いワインの専門店で、土産にどれがいいのか尋ねたら、強く勧められたのはニュージーランド産。それほど言うならと、オーストラリアからニュージーランドワインをトランクに入れて帰ることに。

    中華街から近いワインの専門店で、土産にどれがいいのか尋ねたら、強く勧められたのはニュージーランド産。それほど言うならと、オーストラリアからニュージーランドワインをトランクに入れて帰ることに。

  • セントラルからシドニートレインのT4系統で空港に向かいます。空港線はAU$15近い付加運賃が上乗せされているらしく、日曜日の1日AU$2.8の上限も適用外でぼったくり。やむなく、オパールカードに追加チャージ。<br /><br />エアチャイナの北京便は、最終日も1日が有効に使える現地夜発で、翌朝に北京着。往路の上海乗り継ぎとは違って、北京からでの乗り継ぎは接続も良く、昼頃にはもう羽田。年末年始のこの時期に真夏のオーストラリアへ、成田→メルボルン、シドニー→羽田の航空運賃が、全部込みで8万円と少々に感謝。<br /><br />ここまでご覧いただき、ありがとうございました。<br />

    セントラルからシドニートレインのT4系統で空港に向かいます。空港線はAU$15近い付加運賃が上乗せされているらしく、日曜日の1日AU$2.8の上限も適用外でぼったくり。やむなく、オパールカードに追加チャージ。

    エアチャイナの北京便は、最終日も1日が有効に使える現地夜発で、翌朝に北京着。往路の上海乗り継ぎとは違って、北京からでの乗り継ぎは接続も良く、昼頃にはもう羽田。年末年始のこの時期に真夏のオーストラリアへ、成田→メルボルン、シドニー→羽田の航空運賃が、全部込みで8万円と少々に感謝。

    ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

オーストラリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストラリア最安 470円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストラリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集