ベルリン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
蚤の市にバザールにスーク、魅力的な市場、マーケットについての第1弾!<br />アパート泊をきっかけに魅了された市場と利用のコツと楽しかった各国の市場についてご紹介。<br />--------------------------<br /><br />その地域の暮らしがひと目でわかるのが市場の魅力である。旅の醍醐味とも言える訪問先の息吹がそのまま感じられる為、市場巡りは実に楽しい。<br />そして、旅先での寝泊まりにおいて、ホテルではなくアパートを借りるようになってから、とみに市場の魅力にはとりつかれている。やはり、逗留した地の住宅地で暮らすと観光地を周っているだけでは見えてこない世界が見えてくるし、生活の延長上で市場に通うとより街への親近感も増す。<br />また、雑貨類の市場や蚤の市などもその国の事情を知るにはうってつけだ。なにが大切にされているのか特産品や古物から垣間見ることができるし、時代がかった骨董品からはその国の歴史を感じることもある。今回は市場の放つ魅力とともに欧州や各国のユニークな市場の魅力も写真でつづってみた。<br /><br />● アパート泊をきっかけに魅了された市場と利用のコツ<br />● 思い出のユニークな市場<br />・フランス パリ クリニャンクール 蚤の市(March&#233; de Clignancourt)<br />・フランス パリ ヴィラージュ サンポール 蚤の市(village saint paul)<br />・ドイツ ベルリン クロイツベルク トルコマーケット(T&#252;rkischer Markt Neuk&#246;lln Maybachufer)<br />・ドイツ ベルリン ヴィンターフェルト広場(Winterfeldt markt)<br />・オーストリア ウィーン ナッシュマルクト 市場と蚤の市(Flohmark beim Naschmarkt)<br />・ポーランド ワルシャワ ルジツキ市場(Bazar R&#243;&#380;yckiego)<br />・ポーランド ワルシャワ コウォ バザール(Kolo Bazar)<br />・スペイン マドリード ラストロ 蚤の市(El Rastro)<br />・ヨルダン アンマン ダウンタウン スーク(Amman souk)<br />・シリア ダマスカス スーク(Souqs of Damascus)<br /><br />このところ旅先でアパートを借りるようになって、いっそう市場が身近になった感じがある。アパートならば、安くて新鮮な食材を使って自炊もできるし、冷蔵庫に買い置きもできる。そして、美味しい果物やケーキなどデザートや、その土地ならではの惣菜が市場にはふんだんに売っている。それらは調理せずともアパートに戻り、盛りつけるだけで食事を楽しむことができる。<br /><br />また、市場は毎日開いているわけではない。特に青空市場は週に2日であったり、週末だけの開催だったりすることも多い。その為、アパートを利用した逗留旅でなければ、市場との出会いを楽しめないことも多い。そもそも、その土地を堪能するにはやはり数日は街に滞在する必要がある。逗留して、その街の日常に触れ、市場でそこに住む人々の食べるもの、身につけるものを見ると、その地方の特性をより身近なものに感じる。<br /><br /><br />詳細はコチラ↓ <br />https://jtaniguchi.com/beautiful-market-markt-marche-souk/

市場の醍醐味と思い出のユニークな市場 / 海外旅行での市場の楽しみ 1

80いいね!

2021/07/21 - 2021/07/22

32位(同エリア2299件中)

旅行記グループ 旅の便利情報

0

0

ごーふぁー

ごーふぁーさん

蚤の市にバザールにスーク、魅力的な市場、マーケットについての第1弾!
アパート泊をきっかけに魅了された市場と利用のコツと楽しかった各国の市場についてご紹介。
--------------------------

その地域の暮らしがひと目でわかるのが市場の魅力である。旅の醍醐味とも言える訪問先の息吹がそのまま感じられる為、市場巡りは実に楽しい。
そして、旅先での寝泊まりにおいて、ホテルではなくアパートを借りるようになってから、とみに市場の魅力にはとりつかれている。やはり、逗留した地の住宅地で暮らすと観光地を周っているだけでは見えてこない世界が見えてくるし、生活の延長上で市場に通うとより街への親近感も増す。
また、雑貨類の市場や蚤の市などもその国の事情を知るにはうってつけだ。なにが大切にされているのか特産品や古物から垣間見ることができるし、時代がかった骨董品からはその国の歴史を感じることもある。今回は市場の放つ魅力とともに欧州や各国のユニークな市場の魅力も写真でつづってみた。

● アパート泊をきっかけに魅了された市場と利用のコツ
● 思い出のユニークな市場
・フランス パリ クリニャンクール 蚤の市(Marché de Clignancourt)
・フランス パリ ヴィラージュ サンポール 蚤の市(village saint paul)
・ドイツ ベルリン クロイツベルク トルコマーケット(Türkischer Markt Neukölln Maybachufer)
・ドイツ ベルリン ヴィンターフェルト広場(Winterfeldt markt)
・オーストリア ウィーン ナッシュマルクト 市場と蚤の市(Flohmark beim Naschmarkt)
・ポーランド ワルシャワ ルジツキ市場(Bazar Różyckiego)
・ポーランド ワルシャワ コウォ バザール(Kolo Bazar)
・スペイン マドリード ラストロ 蚤の市(El Rastro)
・ヨルダン アンマン ダウンタウン スーク(Amman souk)
・シリア ダマスカス スーク(Souqs of Damascus)

このところ旅先でアパートを借りるようになって、いっそう市場が身近になった感じがある。アパートならば、安くて新鮮な食材を使って自炊もできるし、冷蔵庫に買い置きもできる。そして、美味しい果物やケーキなどデザートや、その土地ならではの惣菜が市場にはふんだんに売っている。それらは調理せずともアパートに戻り、盛りつけるだけで食事を楽しむことができる。

また、市場は毎日開いているわけではない。特に青空市場は週に2日であったり、週末だけの開催だったりすることも多い。その為、アパートを利用した逗留旅でなければ、市場との出会いを楽しめないことも多い。そもそも、その土地を堪能するにはやはり数日は街に滞在する必要がある。逗留して、その街の日常に触れ、市場でそこに住む人々の食べるもの、身につけるものを見ると、その地方の特性をより身近なものに感じる。


詳細はコチラ↓
https://jtaniguchi.com/beautiful-market-markt-marche-souk/

旅行の満足度
5.0
観光
4.5
同行者
一人旅
交通手段
レンタカー 徒歩

PR

80いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

旅の便利情報

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集