パルミラ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
旅で重宝するオリーブ石鹸、以前中東に旅に出かけていた時から愛用するようになった。 池袋の古代オリエント博物館でパルミラ遺跡の大きなジオラマを見て、内戦で荒廃し様変わりしてしまったであろうシリアに想いを寄せた。そして、書籍『イスラム技術の歴史』から世界中で多くイスラム起源の技術が活かされており、シリアのアレッポの名産となっている石鹸もイスラムの技術の1つであることを知った。また、古代オリエント博物館 企画展「ヨルダン川の彼方の考古学 ?ヨルダン考古学最新事情?」からヨルダンを3度にわたって訪れたことも振り返ってみた。<br /><br />● 洗顔にも洗濯にもにも使える便利な旅行用石鹸、オリーブ石鹸<br />● 『イスラム技術の歴史』アフマド・Y・アルハサン,ドナルド・R・ヒル 著からイスラムの高度な化学技術を知る<br />● シリア パルミラ遺跡(Palmyra)の思い出<br />● シリアの首都 ダマスカス(Damascus)の活気<br />● 古代オリエント博物館でパルミラの遺跡に再会する<br />● 古代オリエント博物館 企画展の「ヨルダン川の彼方の考古学 ?ヨルダン考古学最新事情?」<br /><br />旅の準備はオリーブ石鹸(アレッポ石鹸/マルセイユ石鹸)の切出しから始まる。マルセイユ石鹸は洗顔石鹸、入浴石鹸としてだけでなく、シャンプーにも洗濯石鹸にもなる。これ一個ですべてこなす優れものなので、旅行に最適な旅石鹸である。<br /><br />そこで、大きなオリーブ石鹸を買ってきて、毎回旅の日程に合わせた大きさにソープカッターで切り出す。写真のように石鹸の下から針金を通すと、スィーと切れ、宿泊日数に応じて切り分けられる。万能石鹸なので重宝この上ないのがオリーブ石鹸。<br /><br />以前、中東旅にはまっていた際には、その度に良質安価なアレッポ石鹸を大量に買い込んでいた。それ以来、アレッポ石鹸などのオリーブ石鹸が旅の常備品になっている。<br /><br />● 『イスラム技術の歴史』アフマド・Y・アルハサン,ドナルド・R・ヒル 著からイスラムの高度な化学技術を知る<br />オリーブ石鹸の歴史は、イスラムの知恵と技術から生まれた。書籍『イスラム技術の歴史』 アフマド・Y・アルハサン,ドナルド・R・ヒル 著の化学技術の章に詳しく記載がされている。<br /><br />この本は面白い内容が満載であり、西洋起源と思いがちな技術の数々が、実はイスラム圏の発見や発明に基づくものだと気がつかされる。例えば「船舶と航海術」の章ではイスラム技術に特化した造船技術やラティーノ(三角帆)について特長含めてしっかり触れておりイスラム目線なのが新鮮に感じる。また、火薬を含めて軍事技術が極めて発達し、十字軍を打ち負かし続けたイスラム故にこれら化学技術には優れたものが多い。<br /><br />蒸留器を「アランビック」と言うが、この言葉も蒸留技術もイスラム起源で、この技術が原油の精製につながり先の軍事技術の発展に大きく寄与しているし、香水精製という世界初の産業をも生み出したりもしている。<br /><br />石鹸の製造に必要な「アルカリ」もアラビア語であり、「アルカリ」はシリアのアシュナーン、ウシュナーン、シナーン等と呼ばれる灌木の灰からとられたものを指す。固形石鹸の作り方は、この「アルカリ」と石灰を煮詰めて水酸化ナトリウムを作ることから始まる。そして、この水酸化ナトリウムを、火にかけたオリーブオイルに幾度も段階を分けて注ぎ、固形化していくことによって硬石鹸が完成する。<br /><br />詳細はコチラから↓<br />https://jtaniguchi.com/%e4%b8%87%e8%83%bd%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%a6%e7%9f%b3%e9%b9%b8/

池袋の古代オリエント博物館のパルミラ遺跡と『イスラム技術の歴史』から石鹸の起源 / 旅に便利なオリーブ石鹸からシリアヨルダン旅に想いを馳せる

41いいね!

2021/05/01 - 2021/05/03

7位(同エリア153件中)

旅行記グループ 旅の便利情報

0

0

ごーふぁー

ごーふぁーさん

旅で重宝するオリーブ石鹸、以前中東に旅に出かけていた時から愛用するようになった。 池袋の古代オリエント博物館でパルミラ遺跡の大きなジオラマを見て、内戦で荒廃し様変わりしてしまったであろうシリアに想いを寄せた。そして、書籍『イスラム技術の歴史』から世界中で多くイスラム起源の技術が活かされており、シリアのアレッポの名産となっている石鹸もイスラムの技術の1つであることを知った。また、古代オリエント博物館 企画展「ヨルダン川の彼方の考古学 ?ヨルダン考古学最新事情?」からヨルダンを3度にわたって訪れたことも振り返ってみた。

● 洗顔にも洗濯にもにも使える便利な旅行用石鹸、オリーブ石鹸
● 『イスラム技術の歴史』アフマド・Y・アルハサン,ドナルド・R・ヒル 著からイスラムの高度な化学技術を知る
● シリア パルミラ遺跡(Palmyra)の思い出
● シリアの首都 ダマスカス(Damascus)の活気
● 古代オリエント博物館でパルミラの遺跡に再会する
● 古代オリエント博物館 企画展の「ヨルダン川の彼方の考古学 ?ヨルダン考古学最新事情?」

旅の準備はオリーブ石鹸(アレッポ石鹸/マルセイユ石鹸)の切出しから始まる。マルセイユ石鹸は洗顔石鹸、入浴石鹸としてだけでなく、シャンプーにも洗濯石鹸にもなる。これ一個ですべてこなす優れものなので、旅行に最適な旅石鹸である。

そこで、大きなオリーブ石鹸を買ってきて、毎回旅の日程に合わせた大きさにソープカッターで切り出す。写真のように石鹸の下から針金を通すと、スィーと切れ、宿泊日数に応じて切り分けられる。万能石鹸なので重宝この上ないのがオリーブ石鹸。

以前、中東旅にはまっていた際には、その度に良質安価なアレッポ石鹸を大量に買い込んでいた。それ以来、アレッポ石鹸などのオリーブ石鹸が旅の常備品になっている。

● 『イスラム技術の歴史』アフマド・Y・アルハサン,ドナルド・R・ヒル 著からイスラムの高度な化学技術を知る
オリーブ石鹸の歴史は、イスラムの知恵と技術から生まれた。書籍『イスラム技術の歴史』 アフマド・Y・アルハサン,ドナルド・R・ヒル 著の化学技術の章に詳しく記載がされている。

この本は面白い内容が満載であり、西洋起源と思いがちな技術の数々が、実はイスラム圏の発見や発明に基づくものだと気がつかされる。例えば「船舶と航海術」の章ではイスラム技術に特化した造船技術やラティーノ(三角帆)について特長含めてしっかり触れておりイスラム目線なのが新鮮に感じる。また、火薬を含めて軍事技術が極めて発達し、十字軍を打ち負かし続けたイスラム故にこれら化学技術には優れたものが多い。

蒸留器を「アランビック」と言うが、この言葉も蒸留技術もイスラム起源で、この技術が原油の精製につながり先の軍事技術の発展に大きく寄与しているし、香水精製という世界初の産業をも生み出したりもしている。

石鹸の製造に必要な「アルカリ」もアラビア語であり、「アルカリ」はシリアのアシュナーン、ウシュナーン、シナーン等と呼ばれる灌木の灰からとられたものを指す。固形石鹸の作り方は、この「アルカリ」と石灰を煮詰めて水酸化ナトリウムを作ることから始まる。そして、この水酸化ナトリウムを、火にかけたオリーブオイルに幾度も段階を分けて注ぎ、固形化していくことによって硬石鹸が完成する。

詳細はコチラから↓
https://jtaniguchi.com/%e4%b8%87%e8%83%bd%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%a6%e7%9f%b3%e9%b9%b8/

PR

41いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

旅の便利情報

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集