御所・葛城旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 関西には六甲全山縦走と並ぶダイヤモンドトレールという縦走コースがある。<br /><br /> 屯鶴峯から二条山、岩橋山、葛城山、金剛山、紀見峠、岩湧山を通り槇尾山の施福寺までの約50km。<br /><br /> 一気に縦走は難しいので葛城山と紀見峠で二泊し、三分割で行くのが中級コースだ。<br /><br /> 5年前にこの分割コースに挑戦したドラゴンであったが、暑さと水不足と体力不足のため岩橋山にも辿り着けずに初日敗退となった。<br /><br /> 翌々日、紀見峠から施福寺まで歩いたが平石峠から紀見峠までが未踏破になっていた。<br /><br /> 今回は残りを一泊二日で歩く予定だ。<br /><br /> 息子に平石峠まで車で送って貰い岩橋山を目指す。<br /><br /> https://www.youtube.com/watch?v=5Sj3SuUKjIk<br />

足掛け5年、4分割ダイトレ完歩~平石峠、岩橋山、葛城山、金剛山、行者杉、紀見峠。

117いいね!

2021/06/06 - 2021/06/07

6位(同エリア293件中)

旅行記グループ 本格的に山登り!

4

56

熟年ドラゴン

熟年ドラゴンさん

 関西には六甲全山縦走と並ぶダイヤモンドトレールという縦走コースがある。

 屯鶴峯から二条山、岩橋山、葛城山、金剛山、紀見峠、岩湧山を通り槇尾山の施福寺までの約50km。

 一気に縦走は難しいので葛城山と紀見峠で二泊し、三分割で行くのが中級コースだ。

 5年前にこの分割コースに挑戦したドラゴンであったが、暑さと水不足と体力不足のため岩橋山にも辿り着けずに初日敗退となった。

 翌々日、紀見峠から施福寺まで歩いたが平石峠から紀見峠までが未踏破になっていた。

 今回は残りを一泊二日で歩く予定だ。

 息子に平石峠まで車で送って貰い岩橋山を目指す。

 https://www.youtube.com/watch?v=5Sj3SuUKjIk

旅行の満足度
3.5
同行者
一人旅
交通手段
自家用車 徒歩

PR

  •  話は5年前にさかのぼる。<br /><br /> ダイトレの北の起点は奇勝「屯鶴峯」である。

     話は5年前にさかのぼる。

     ダイトレの北の起点は奇勝「屯鶴峯」である。

  •  歴代首相の顔でも彫ったら「大阪のラシュモア山」?<br /><br /> 伊藤博文、吉田茂、田中角栄といったところかな?

     歴代首相の顔でも彫ったら「大阪のラシュモア山」?

     伊藤博文、吉田茂、田中角栄といったところかな?

  •  因みにこれがアメリカの本家「ラシュモア山」<br /><br /> ワシントン、ジェファーソン、ルーズベルト、リンカーン。

     因みにこれがアメリカの本家「ラシュモア山」

     ワシントン、ジェファーソン、ルーズベルト、リンカーン。

  •  まずは二上山。

     まずは二上山。

  •  平石峠で体力消耗、水不足、時間切れで敢え無く撤退した。

     平石峠で体力消耗、水不足、時間切れで敢え無く撤退した。

  •  さて、今回は息子に平石峠入り口ギリギリまで車で送って貰った。

     さて、今回は息子に平石峠入り口ギリギリまで車で送って貰った。

  •  ここから車両進入禁止。

     ここから車両進入禁止。

  •  ところがさらに進入している車発見!

     ところがさらに進入している車発見!

  •  怪しからん奴だと思ったが、道の整備をしてくれているボラティアのおじいさんだった。<br /><br /> 「ありがとうございます」と声掛けして泥の道を進む。

     怪しからん奴だと思ったが、道の整備をしてくれているボラティアのおじいさんだった。

     「ありがとうございます」と声掛けして泥の道を進む。

  •  平石峠に到着。<br /><br /> 峠というのは山の低い所を通って山を越す街道から見れば登りの終点でこれから下りなのだが、山を縦走するハイカーにとっては鞍部でありこれから登り返しが始まる所でもある。

     平石峠に到着。

     峠というのは山の低い所を通って山を越す街道から見れば登りの終点でこれから下りなのだが、山を縦走するハイカーにとっては鞍部でありこれから登り返しが始まる所でもある。

  •  5年前、二上山からここまで来て力尽き敗退したので今回は岩橋山目指しここからスタート。

     5年前、二上山からここまで来て力尽き敗退したので今回は岩橋山目指しここからスタート。

  •  眺望なしの杉林の道。

     眺望なしの杉林の道。

  •  まずは岩橋山制覇!

     まずは岩橋山制覇!

  •  皆さんが三角点でよくやる足タッチ。

     皆さんが三角点でよくやる足タッチ。

  •  さて、葛城山へ向かう。

     さて、葛城山へ向かう。

  •  トレランナーが追い越して行く。

     トレランナーが追い越して行く。

  •  丸太の階段道は厳しい!<br /><br /> 横の路肩を登る。

     丸太の階段道は厳しい!

     横の路肩を登る。

  •  閑話休題。

     閑話休題。

  •  この道は雨が降ったら即、川になるのでは?

     この道は雨が降ったら即、川になるのでは?

  •  閑話休題2。

     閑話休題2。

  •  持尾辻。

     持尾辻。

  •  まだ3.5kmもある。

     まだ3.5kmもある。

  •  こんな道が現れるとホッとする。

     こんな道が現れるとホッとする。

  •  トイレもあり。

     トイレもあり。

  •  ホッとする道。

     ホッとする道。

  •  ぞっとする階段。

     ぞっとする階段。

  •  葛城山制覇!

     葛城山制覇!

  •  今夜はここへ泊る。

     今夜はここへ泊る。

  •  二日目は向かいの金剛山へ向けて朝6時に出発。<br /><br /> 宿の朝食は7時半からなので断念、おにぎりを作ってもらった。<br /><br />

     二日目は向かいの金剛山へ向けて朝6時に出発。

     宿の朝食は7時半からなので断念、おにぎりを作ってもらった。

  •  水越峠まで降りなければならない。

     水越峠まで降りなければならない。

  •  危険個所あり?

     危険個所あり?

  •  この岩の道かな。

     この岩の道かな。

  •  石畳を整備してくれているが、滑って危ないので土の道を利用。

     石畳を整備してくれているが、滑って危ないので土の道を利用。

  •  水越峠のゲート。<br /><br /> これが無ければオフロードバイクならかなり上まで行けそうだった。

     水越峠のゲート。

     これが無ければオフロードバイクならかなり上まで行けそうだった。

  •  「金剛の水」場。<br /><br /> 一口飲んでみたが味分からず。<br /><br />

     「金剛の水」場。

     一口飲んでみたが味分からず。

  •  まだ先は長い。

     まだ先は長い。

  •  こんな道はほんとに嬉しい。

     こんな道はほんとに嬉しい。

  •  昨日泊まった葛城山。望遠でロッジが見えた。

     昨日泊まった葛城山。望遠でロッジが見えた。

  •  ダイトレは山頂に寄らず紀見峠を目指すのだが、せっかくなので山頂に寄り食事も摂っておく。

     ダイトレは山頂に寄らず紀見峠を目指すのだが、せっかくなので山頂に寄り食事も摂っておく。

  •  金剛山初制覇!

     金剛山初制覇!

  •  羽曳野市街、PLタワーが目立つ。

     羽曳野市街、PLタワーが目立つ。

  •  山頂ライブカメラ。10分おきに撮影して24時間ネットで掲載してくれる。<br /><br /> 「爺ちゃん今日も元気だよ」と安否確認に利用している毎日登山の人も多いらしい。<br /><br /> 私の右横の親切な青年が色々教えてくれた。この場を借りて感謝。<br /><br /> 彼は今日が92回目の登頂とか。

     山頂ライブカメラ。10分おきに撮影して24時間ネットで掲載してくれる。

     「爺ちゃん今日も元気だよ」と安否確認に利用している毎日登山の人も多いらしい。

     私の右横の親切な青年が色々教えてくれた。この場を借りて感謝。

     彼は今日が92回目の登頂とか。

  •  伏見峠。

     伏見峠。

  •  久留野峠。

     久留野峠。

  •  丸太の階段はホント辛い。

     丸太の階段はホント辛い。

  •  中葛城山制覇!

     中葛城山制覇!

  •  高谷山制覇!

     高谷山制覇!

  •  千早峠。

     千早峠。

  •  天誅組に思いを馳せたい所であるがよく知らない。

     天誅組に思いを馳せたい所であるがよく知らない。

  •  神福山制覇!

     神福山制覇!

  •  行者杉制覇!

     行者杉制覇!

  •  杉尾峠。

     杉尾峠。

  •  タンボ山。空を飛ぶわけではないと思う。耳があるとも思えない。あっ、それはダンボか!

     タンボ山。空を飛ぶわけではないと思う。耳があるとも思えない。あっ、それはダンボか!

  •  西の行者堂。<br /><br /> 疲れ果てて自撮りする余裕も無くなった。

     西の行者堂。

     疲れ果てて自撮りする余裕も無くなった。

  •  山の神、っていちいち書かなくても分かるか。<br /><br /> カミさんに帰りが遅くなると連絡せねば。

     山の神、っていちいち書かなくても分かるか。

     カミさんに帰りが遅くなると連絡せねば。

  •   この日朝6時から10時間20分歩いて遂に紀見峠到着。<br /><br /> しかしここから紀見峠駅までさらに40分掛かった。<br /><br /> 佐藤輝が焼け石に水の15号を打ったり、山県が100m走9.5秒の日本新記録を樹立したり、笹生が海外メジャー優勝したりしたが、ドラゴンもキャリアハイの一日11時間22kmの山歩き樹立!

      この日朝6時から10時間20分歩いて遂に紀見峠到着。

     しかしここから紀見峠駅までさらに40分掛かった。

     佐藤輝が焼け石に水の15号を打ったり、山県が100m走9.5秒の日本新記録を樹立したり、笹生が海外メジャー優勝したりしたが、ドラゴンもキャリアハイの一日11時間22kmの山歩き樹立!

この旅行記のタグ

117いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • しにあの旅人さん 2021/06/18 09:09:29
    恐るべき体力、気力
    二上山は大阪側から昨年ものぼりました。大津皇子の取材で行ったので、目的は違いますが、体力不足と準備不足で死ぬ思いでした。8年くらい前に奈良側から登った経験はあるのですが、足の衰えは想像以上でした。
    7月、ワクチンが有効になったら、また二上山の麓まで行く予定です。
    「麓まで」です。

    あれを何十キロも歩いたわけですね。すごい体力、というか、気力。
    階段は嫌ですね。坂道も嫌いです。山を歩くのが目的ではなく、大津皇子のお墓の写真を撮るためですから、全部平地でいければそれにこしたことはありません。

    葛城山も金剛山も飛鳥、橿原から嫌でも見えますが、どれがそれだかわからず、ちょっととんがっているのがそれだろうと、適当に見ておりました。次回からはもうちょっと真面目に見てきます。

    本格的登山からヨーロッパの周遊記まで、まことに広い守備範囲で、感心しました。モロッコやグラナダなど拝見しました。改めてじっくりと読みます。

    熟年ドラゴン

    熟年ドラゴンさん からの返信 2021/06/18 14:44:47
    Re: 恐るべき体力、気力
    山登りは苦手ですよ。

    普段はバイクで行ける所まで省エネ登山です。
    旅行記のネタ作りの為に登っています。
    山登りが一番安上がりに思えます。

    歴史にも興味はあるのですが遺跡やお墓にはあまり興味が湧きません。
    歴史にまつわる旅行記書くには訪問しないといけませんね。

    以前、初めて墓誌が発見されたという太安万侶のお墓を見に行ったことあります。
  • はなまま さん 2021/06/10 23:53:29
    お見事!
    ダイトレ走破おめでとうございます!
    単独行では心配なボリュームですが、すごい体力でお見事です\(^o^)/。

    ドラゴンさんが金剛山(あれ?韻を踏んでる?)初踏破って意外です。かく言うはなままも金剛山は未踏破なのですが(*_*)。
    二上山や葛城山は好きでよく登ります。

    最近は葛城山麓をドライブして葛城古道にある一言主神社によくお詣りしています。(一つだけお願いを聞いてくださるそうです)
    葛城山麓には「神」の語源となる「鴨」の字がつく神社がたくさんあり、調べると弥生時代くらいまで遡れそうなのですごく気になっています。

    金剛山麓に「かもきみの湯」(これも鴨)という大きな銭湯があり、地元の方や登山帰りにもよく利用されていますよ。

    はなままは今日そこのレストランで金剛山の綺麗な緑を眺めながらお昼を食べました。

    はなまま(*^^*)

    熟年ドラゴン

    熟年ドラゴンさん からの返信 2021/06/11 07:57:04
    Re: いつもコメントありがとうございます。
     数年前ですが一言主神社主催の「一言名文コンクール」にハガキで応募したことあります。確か「私の願い」みたいなテーマでした。もちろん「ボツ」でしたけど。毎年募集してますね。

     葛城山はバイクで頂上近くまで行けるので今回4度目でした。

     金剛山は林道がありますが一般車両通行禁止で行けてませんでした。

     ダイトレコースは私には苦行のノルマ達成のための山登りの様でもう二度と行かないでしょう。

     もっとも、山に登った時はいつも「もう二度と来るか!」と思ってしまうドラゴンですが。

熟年ドラゴンさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

御所・葛城の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集