ナスカ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2日目はナスカの地上絵遊覧観光です。<br /><br />朝6時過ぎに、リマのホテルを出発し飛行場のあるイカまではバスでの移動。<br /><br />途中、土産物店で休憩し、5時間近くかかってイカに到着。<br /><br />空港から10数人乗りのセスナに乗ってナスカに向かいます。<br /><br />10数種類もの地上絵が見られ大興奮、何とか写真も撮ることが出来ました。<br /><br />遊覧観光後は近くのホテルのレストランで美味しいランチを食べ、お腹がいっぱいになり、リマに戻るバスの中ではゆったりと眠ることも出来ました。<br /><br />夕食は宿泊先のホテルのビュッフェで食べ2日目が終了。

【2】南米大周遊、憧れの絶景を巡るブラボーな14日間(by Crystalheart)ナスカ編

11いいね!

2020/02/16 - 2020/02/29

74位(同エリア333件中)

旅行記グループ 南米大周遊

4

57

のりアロハ

のりアロハさん

2日目はナスカの地上絵遊覧観光です。

朝6時過ぎに、リマのホテルを出発し飛行場のあるイカまではバスでの移動。

途中、土産物店で休憩し、5時間近くかかってイカに到着。

空港から10数人乗りのセスナに乗ってナスカに向かいます。

10数種類もの地上絵が見られ大興奮、何とか写真も撮ることが出来ました。

遊覧観光後は近くのホテルのレストランで美味しいランチを食べ、お腹がいっぱいになり、リマに戻るバスの中ではゆったりと眠ることも出来ました。

夕食は宿泊先のホテルのビュッフェで食べ2日目が終了。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
家族旅行
一人あたり費用
100万円以上
交通手段
観光バス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 2日目は日程表だと早朝出発と記載されていて、朝4時頃の出発かと思ってましたが、6時15分集合だったので少し眠れました。<br /><br />4時半頃に起きて、5時頃レストランで朝食をとります。<br /><br />レストランは3時半から開いてるそうですが、6時半頃まではごく簡単な料理しか提供していないとの事でしたが、それほどお腹も減っていないので軽く食べます。

    2日目は日程表だと早朝出発と記載されていて、朝4時頃の出発かと思ってましたが、6時15分集合だったので少し眠れました。

    4時半頃に起きて、5時頃レストランで朝食をとります。

    レストランは3時半から開いてるそうですが、6時半頃まではごく簡単な料理しか提供していないとの事でしたが、それほどお腹も減っていないので軽く食べます。

  • 天気は良さそうです。

    天気は良さそうです。

  • 皆さん遅刻はせず、予定通りの時間に出発し、空港のあるイカに向かいます。

    皆さん遅刻はせず、予定通りの時間に出発し、空港のあるイカに向かいます。

  • リマはペルーの首都で、人口の30%ほどの1000万人がリマに集中しているそうです。<br /><br />鉄道も市内に一部ありますが、通勤はバスを利用する人がかなり多いそうです。

    リマはペルーの首都で、人口の30%ほどの1000万人がリマに集中しているそうです。

    鉄道も市内に一部ありますが、通勤はバスを利用する人がかなり多いそうです。

  • 街にはこういった屋台もよく見かけます。<br /><br />車内では、添乗員のKさんからパスポートにまつわる幾つかのエピソードが紹介され、出発時は「見て、触って、確かめる」ことをしっかり教わりました。<br /><br /><br /><br />その様子は後の旅行記で。

    街にはこういった屋台もよく見かけます。

    車内では、添乗員のKさんからパスポートにまつわる幾つかのエピソードが紹介され、出発時は「見て、触って、確かめる」ことをしっかり教わりました。



    その様子は後の旅行記で。

  • 三輪の小さなタクシーも見かけました。

    三輪の小さなタクシーも見かけました。

  • 郊外に出ると荒涼とした砂漠地帯が続き、家も簡素な造りが多くポツンポツンと建っている程度です。<br /><br />意外ですが、ペルーの国土の60%ほどはジャングルが占めるそうです。<br /><br />

    郊外に出ると荒涼とした砂漠地帯が続き、家も簡素な造りが多くポツンポツンと建っている程度です。

    意外ですが、ペルーの国土の60%ほどはジャングルが占めるそうです。

  • 2時間ほど走って、土産店で休憩です。<br /><br />途中休憩が出来るような店もなく、こちらの土産物店は普段は門が閉まってますが、バスが来ると門が開いて中に入れるようになっていて、治安面でも安心でトイレもあります。<br /><br />帰りもこの店に寄りました。

    2時間ほど走って、土産店で休憩です。

    途中休憩が出来るような店もなく、こちらの土産物店は普段は門が閉まってますが、バスが来ると門が開いて中に入れるようになっていて、治安面でも安心でトイレもあります。

    帰りもこの店に寄りました。

  • 日本語での案内も書いてあり、コーヒーやお茶の試飲も出来ました。

    日本語での案内も書いてあり、コーヒーやお茶の試飲も出来ました。

  • 日本の温泉まんじゅう的な存在のお菓子だそうです。

    日本の温泉まんじゅう的な存在のお菓子だそうです。

  • 「そんな、アルパカな」

    「そんな、アルパカな」

  • 途中、車両のチェックをする場所もありました。

    途中、車両のチェックをする場所もありました。

  • ごく一部ですが海の近くにはリゾート開発されている所もありました。

    ごく一部ですが海の近くにはリゾート開発されている所もありました。

  • 砂漠地帯が多いですが、川の近くだと水が使えるので農作物を作っている一帯が広がり緑も目に入ります。

    砂漠地帯が多いですが、川の近くだと水が使えるので農作物を作っている一帯が広がり緑も目に入ります。

  • リマから約270㎞、11時前にイカの空港に到着しました。

    リマから約270㎞、11時前にイカの空港に到着しました。

  • 中に入ります。

    中に入ります。

  • 空港と言ってもナスカの地上絵遊覧のセスナ機が離発着する小さな空港です。<br /><br />空港税が一人10ドルかかりました。

    空港と言ってもナスカの地上絵遊覧のセスナ機が離発着する小さな空港です。

    空港税が一人10ドルかかりました。

  • 上の地図の赤い点線が飛行ルートで、バスの中で現地ガイドのミゲルさんが、懇切丁寧に1時間ぐらい地上絵を上手く見つける方法を教えてくれましたが、数が多くてあまり頭の中に入っていません。<br /><br />下は一応搭乗券です。<br />国内の飛行なんですがパスポートのチェックもあり、手荷物検査の他に体重測定もありました。<br /><br />体重を計っている所は見ないでね、というレディースたちの声も。

    上の地図の赤い点線が飛行ルートで、バスの中で現地ガイドのミゲルさんが、懇切丁寧に1時間ぐらい地上絵を上手く見つける方法を教えてくれましたが、数が多くてあまり頭の中に入っていません。

    下は一応搭乗券です。
    国内の飛行なんですがパスポートのチェックもあり、手荷物検査の他に体重測定もありました。

    体重を計っている所は見ないでね、というレディースたちの声も。

  • セスナには10数名しか乗れないので、私たちは最初のセスナに別のグループの人たちと乗ります。<br /><br />飛行場は他にもありますが、イカだとイッカ(一家)揃って乗れます。(他の空港でも乗れそうですが…)<br /><br />

    セスナには10数名しか乗れないので、私たちは最初のセスナに別のグループの人たちと乗ります。

    飛行場は他にもありますが、イカだとイッカ(一家)揃って乗れます。(他の空港でも乗れそうですが…)

  • 乗る前にセスナの前で写真撮影。<br /><br />操縦席の様子も見れます。

    乗る前にセスナの前で写真撮影。

    操縦席の様子も見れます。

  • パイロットの方とも記念撮影。<br /><br />パイロットの方にはお礼にチップ(1~2ドル)を渡します。

    パイロットの方とも記念撮影。

    パイロットの方にはお礼にチップ(1~2ドル)を渡します。

  • いよいよナスカに向けて出発です。<br /><br />セスナに乗るのは初めてなので少し緊張します。

    いよいよナスカに向けて出発です。

    セスナに乗るのは初めてなので少し緊張します。

  • 機内はどの席も窓側になっています。<br /><br />揺れる時もあるそうで、バスの中で一応酔い止めの薬も飲んでおきました。<br /><br />座席のポケットには、酔った時のためのビニール袋も用意されています。

    機内はどの席も窓側になっています。

    揺れる時もあるそうで、バスの中で一応酔い止めの薬も飲んでおきました。

    座席のポケットには、酔った時のためのビニール袋も用意されています。

  • ガイドのミゲルさんから、地上絵は右側・左側それぞれ座った人が見えるように旋回してくれるので、反対側の方を見ようとして頭を動かすと酔ってしまうと注意を受けていたので、じっと頭を動かさないようにして外を見るようにしていました。

    ガイドのミゲルさんから、地上絵は右側・左側それぞれ座った人が見えるように旋回してくれるので、反対側の方を見ようとして頭を動かすと酔ってしまうと注意を受けていたので、じっと頭を動かさないようにして外を見るようにしていました。

  • 30分ほど飛ぶと、地上絵が描かれている地点にやってきました。

    30分ほど飛ぶと、地上絵が描かれている地点にやってきました。

  • まず確認出来たのはクジラです。<br /><br />一眼で連写をしたのに、カメラで写真を確認した時は全然撮れていないな~と思いガッカリしていたのですが、PCに取り込み拡大したら殆どの地上絵が撮れていました。

    まず確認出来たのはクジラです。

    一眼で連写をしたのに、カメラで写真を確認した時は全然撮れていないな~と思いガッカリしていたのですが、PCに取り込み拡大したら殆どの地上絵が撮れていました。

  • 不等辺四辺形は、私は撮れていなかったので、娘が撮った写真を借用。

    不等辺四辺形は、私は撮れていなかったので、娘が撮った写真を借用。

  • 丘に描かれた宇宙飛行士が手を振ってくれているようです。<br /><br />私は右側に座って、左側に座った人とは見える順番が違いますが、案内図の番号順に写真を載せていきます。

    丘に描かれた宇宙飛行士が手を振ってくれているようです。

    私は右側に座って、左側に座った人とは見える順番が違いますが、案内図の番号順に写真を載せていきます。

  • 尻尾がグルグルになっているサル。<br /><br />暫くして見えなくなりましたが、サルものは追わず。

    尻尾がグルグルになっているサル。

    暫くして見えなくなりましたが、サルものは追わず。

  • イヌ。

    イヌ。

  • グルっと旋回して。

    グルっと旋回して。

  • 最も美しいとされ有名なハチドリ。

    最も美しいとされ有名なハチドリ。

  • 海藻かな?

    海藻かな?

  • 案内図には載っていないワニのような地上絵も見つけました。

    案内図には載っていないワニのような地上絵も見つけました。

  • 螺旋(ラセン)。<br /><br />ラッセンが描いたかも?

    螺旋(ラセン)。

    ラッセンが描いたかも?

  • クモ。

    クモ。

  • 全長135mのコンドル。

    全長135mのコンドル。

  • 花。

    花。

  • 全体を写すと見た目には分かりませんが。

    全体を写すと見た目には分かりませんが。

  • 拡大してみると、ペリカンがいたり。

    拡大してみると、ペリカンがいたり。

  • ナスカで最も大きく全長300mのサギがいるのが分かります。

    ナスカで最も大きく全長300mのサギがいるのが分かります。

  • 全長200mのオウム。

    全長200mのオウム。

  • ハイウェイが走る展望台の近くには、右に手、中央に木、左にはトカゲがまとまって描かれています。<br /><br />手前の低い展望台に加え、奥に日本からの援助で作られた完成したばかりの高い展望台が見えます。

    ハイウェイが走る展望台の近くには、右に手、中央に木、左にはトカゲがまとまって描かれています。

    手前の低い展望台に加え、奥に日本からの援助で作られた完成したばかりの高い展望台が見えます。

  • 地上絵の上での30分弱の遊覧が終了し、殆どの絵を見ることが出来てとても興奮しました。<br /><br />これからイカの空港に戻ります。<br /><br />心配した揺れも無く、気持ち悪くならずに良かったのですが、後の皆さんが乗ったセスナは途中けっこう揺れて、気分が悪くなったという話を聞きました。<br /><br />

    地上絵の上での30分弱の遊覧が終了し、殆どの絵を見ることが出来てとても興奮しました。

    これからイカの空港に戻ります。

    心配した揺れも無く、気持ち悪くならずに良かったのですが、後の皆さんが乗ったセスナは途中けっこう揺れて、気分が悪くなったという話を聞きました。

  • イカの空港に戻り、お腹も減ったのでランチに向かいます。<br /><br />この車に乗って向かったわけでは勿論ありません。

    イカの空港に戻り、お腹も減ったのでランチに向かいます。

    この車に乗って向かったわけでは勿論ありません。

  • バスで10分ほど走り、こちらのホテルに入ります。

    バスで10分ほど走り、こちらのホテルに入ります。

  • 水が貴重な場所にあってプールもあるホテルです。

    水が貴重な場所にあってプールもあるホテルです。

  • こちらのレストランでランチを食べます。<br /><br />ツアーの皆さんが揃っての初めての食事になります。<br /><br />ツアー自体が阪急交通社の関西の主催なので、関西から参加している方も多く、愛媛の今治から参加されている方もいらっしゃいました。

    こちらのレストランでランチを食べます。

    ツアーの皆さんが揃っての初めての食事になります。

    ツアー自体が阪急交通社の関西の主催なので、関西から参加している方も多く、愛媛の今治から参加されている方もいらっしゃいました。

  • 前菜はアスパラガスに玉ねぎのみじん切りなどが乗っています。<br /><br />酸味が程よくさっぱりした味で完食。<br /><br />アスパラガスは国外に出荷した方が高く売れるので、ペルー国内ではあまり出回らない野菜だそうです。

    前菜はアスパラガスに玉ねぎのみじん切りなどが乗っています。

    酸味が程よくさっぱりした味で完食。

    アスパラガスは国外に出荷した方が高く売れるので、ペルー国内ではあまり出回らない野菜だそうです。

  • ペルー名物のインカコーラを飲んでみました。<br /><br />飲み物は別料金で3ドル。ビールなどは5ドルとペルーの物価にしては高いです。<br /><br />味の方は、カキ氷のシロップに炭酸が入ったような感じでもう一つでした。

    ペルー名物のインカコーラを飲んでみました。

    飲み物は別料金で3ドル。ビールなどは5ドルとペルーの物価にしては高いです。

    味の方は、カキ氷のシロップに炭酸が入ったような感じでもう一つでした。

  • メインは魚介類が入ったパエリアのような料理です。<br /><br />タコや貝などの魚介もたっぷり入って、これもいけましたが、量が多く完食は出来ませんでした。

    メインは魚介類が入ったパエリアのような料理です。

    タコや貝などの魚介もたっぷり入って、これもいけましたが、量が多く完食は出来ませんでした。

  • デザートは、ペルー原産の果物ルクマのアイス。<br /><br />甘くてぽっくり感があり栗のような味がしました。<br /><br />ルクマは栄養価が高い果物のようで、ローソンが「悪魔のおにぎり」の次に「ルクマのおにぎり」を出したら売れるかも??

    デザートは、ペルー原産の果物ルクマのアイス。

    甘くてぽっくり感があり栗のような味がしました。

    ルクマは栄養価が高い果物のようで、ローソンが「悪魔のおにぎり」の次に「ルクマのおにぎり」を出したら売れるかも??

  • お腹も一杯になりリマに、帰リマす。<br /><br />長距離の移動に備え、リマには2台しかない3列シートのバスが今回ツアーで用意され、幅も広く前もゆったりしリクライニングも効くので、ゆっくり眠る事も出来て、少し疲れも取れました。

    お腹も一杯になりリマに、帰リマす。

    長距離の移動に備え、リマには2台しかない3列シートのバスが今回ツアーで用意され、幅も広く前もゆったりしリクライニングも効くので、ゆっくり眠る事も出来て、少し疲れも取れました。

  • リマ市内の夕方のラッシュにも会い、20時半頃にホテルに到着し、夕食はホテルのレストランでのビュッフェです。

    リマ市内の夕方のラッシュにも会い、20時半頃にホテルに到着し、夕食はホテルのレストランでのビュッフェです。

  • こんな肉も焼いてくれるのかと喜びましたが、こちらは別料金になるそうで注文は見送ります。

    こんな肉も焼いてくれるのかと喜びましたが、こちらは別料金になるそうで注文は見送ります。

  • ツアー参加の皆さんは我が家とは違ってリッチな方ばかりで、何回もCrystalheartを利用されてる方もいて、皆さんから色んな旅行先の話が出てきて圧倒されました。

    ツアー参加の皆さんは我が家とは違ってリッチな方ばかりで、何回もCrystalheartを利用されてる方もいて、皆さんから色んな旅行先の話が出てきて圧倒されました。

  • 家内はペルーで有名なピスコサワーを頼んでました。<br /><br />家内は飲みやすいと言ってましたが、アルコールが苦手な私にはちょっと向いていませんでした。<br /><br />夕食を食べて2日目が終了、翌日は移動日で出発時間も遅いので夜はゆっくり寝れそうです。<br /><br />ご訪問ありがとうございました。

    家内はペルーで有名なピスコサワーを頼んでました。

    家内は飲みやすいと言ってましたが、アルコールが苦手な私にはちょっと向いていませんでした。

    夕食を食べて2日目が終了、翌日は移動日で出発時間も遅いので夜はゆっくり寝れそうです。

    ご訪問ありがとうございました。

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

南米大周遊

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • kuritchiさん 2020/03/20 11:35:46
    ナスカの地上絵
    ノリさん、こんにちは~
    素敵な旅をされましたね♪

    アメリカの入国審査、腹が立つくらい時間がかかります、、
    入国審査を通るだけで最低1時間半はかかりますからね…
    何度も荷物や身体検査があり、、kuritchiは名誉ある?シースルーになってしまうX線検査にも選ばれてしまいました(^^;
    あの時の余りの対応の悪さにアメリカは昔知っていたアメリカではなくなってしまった、、2度とアメリカの地を踏まないぞ!と固~~く誓った(?)事を覚えています、、

    ANAのビジネスのお料理きれいで美味しそうですね、、
    やっぱりANAの”おもてなし”いいですね~♪

    アメリカ本土からリマに到着すると、必ず深夜0時頃の到着、、
    そして待っているのは、信じられない位のリマの交通渋滞、、
    (リマ市内は常時渋滞、、、)

    そうそう、、ナスカの地上絵の出発時間がムチャクチャ早かった!!
    最近はリマに近いイカ空港から出発する事が多いようですね、、
    予約していても一刻も早く空港に到着する為に(セスナに乗るのは早いもん順)リマ出発時間が早いそうですよ、、
    kuritchiの時は体重計測はなく、パイロットさんが目視で座席を決めていました(笑)
    現地ガイドさんに飛行機酔いをするから絶対に写真は撮らない様にと言われていたのですが、あの光景で撮らないなんて無理、、
    その代わり、人生で滅多に乗り物酔いをしないkuritchiですが、セスナから降りると同時にトイレに走りました、、
    (ガイドさんにムチャクチャ怒られましたが、怒られて悔いなし!^^;)

    ランチのホテルのお食事は地元料理が出ましたね(^^
    それもkuritchiの好きなメニュー♪
    前菜のセビーチェ風&シーフードのチュペ・デ・カマロネス
    それに、インカコーラも大好き♪
    ペルーではインカコーラとコカ茶ばかり飲んでいました(^^

    お野菜だけでなく、国内で生産されるものは地元の人々の口に入らず、ほとんど輸出用でした、、
    でも、ペルーでやせ細った人は特に地方では見た事ありません、、
    男性も女性もお皿に文字通りてんこ盛り!されたお料理を平らげます、、
    ひぇ~~~って人達もいましたが、我慢強く、逞しく生きるペルーの人々に感嘆していました、、

    でも、お買い物の時は必ず自分でも計算して下さいね、、(今更ですけれど…)
    毎回自分でも計算して、スタッフに計算のやり直しをさせていたので(間違っていたからですよ)ツアー内でヒンシュクを買っていましたっけ…(汗)

    旅行記を拝見して色々と思い出してしまいました、、

    kuritchi

    のりアロハ

    のりアロハさん からの返信 2020/03/20 15:00:18
    RE: ナスカの地上絵
    クリちゃん、こんにちは、ご訪問ありがとうございます。

    > 素敵な旅をされましたね♪

    帰国後の世の中の激変ぶりを見ると、改めて幸運な旅行だったな〜と思います。

    > アメリカの入国審査、腹が立つくらい時間がかかります、、

    機械で手を置いても何回もOKが出ない時は本当に焦りました。
    帰国の際に米国入国の際も同じでした。
    歳をとって体が乾燥しているせいでしょうかね〜?

    > 何度も荷物や身体検査があり、、kuritchiは名誉ある?シースルーになってしまうX線検査にも選ばれてしまいました(^^;

    そんな名誉な検査もあるんですね(驚)
    その時の映像がどんなのか見てみたい。

    > ANAのビジネスのお料理きれいで美味しそうですね、、
    > やっぱりANAの”おもてなし”いいですね?♪

    まず見た目も大きく違うし、器や盛付って大事だなと改めて感じました。

    > そうそう、、ナスカの地上絵の出発時間がムチャクチャ早かった!!
    > 最近はリマに近いイカ空港から出発する事が多いようですね、、

    そう、出発時間がかなり早いという話を聞いてて覚悟してたんですが、思ったより遅かったし、バスの座席が快適なんで助かりました。

    > kuritchiの時は体重計測はなく、パイロットさんが目視で座席を決めていました(笑)

    目視だとどのくらいだったのか、ちょっと気になりますね(笑)

    > 現地ガイドさんに飛行機酔いをするから絶対に写真は撮らない様にと言われていたのですが、あの光景で撮らないなんて無理、、

    写真は撮らないようにという説明は一切無く、ツアーの皆さんも写真をバチバチ撮ってたんで、その話は意外!

    > ランチのホテルのお食事は地元料理が出ましたね(^^
    > それもkuritchiの好きなメニュー♪
    > 前菜のセビーチェ風&シーフードのチュペ・デ・カマロネス

    セビーテェは何回か食べましたが美味しかったです、肉料理が多めなのでシーフードが出ると嬉しくなりますよね。

    > お野菜だけでなく、国内で生産されるものは地元の人々の口に入らず、ほとんど輸出用でした、、
    > でも、ペルーでやせ細った人は特に地方では見た事ありません、、
    > 男性も女性もお皿に文字通りてんこ盛り!されたお料理を平らげます、、
    > ひぇ???って人達もいましたが、我慢強く、逞しく生きるペルーの人々に感嘆していました、、

    確かにそう言われれば痩せた人は殆ど見なかったです。
    レストランでの食事は日本人には毎回量が多く、食べ切れない事が殆どで勿体ない気がしましたが、ペルーではこれが普通の量なんでしょうね。

    > でも、お買い物の時は必ず自分でも計算して下さいね、、(今更ですけれど…)
    > 毎回自分でも計算して、スタッフに計算のやり直しをさせていたので(間違っていたからですよ)ツアー内でヒンシュクを買っていましたっけ…(汗)

    まあ文化の違いで計算は得意じゃないんでしょうね。
    買い物で値切る事はしなかったのかな?

    kuritchi

    kuritchiさん からの返信 2020/03/20 17:28:21
    RE: RE: ナスカの地上絵
    長々とコメントしてしまいました(^^;
    その上、、更に追加(笑)


    > 機械で手を置いても何回もOKが出ない時は本当に焦りました。
    > 帰国の際に米国入国の際も同じでした。

    > 歳をとって体が乾燥しているせいでしょうかね〜?

    年齢とは関係ないと思いますよ…。
    kuritchiも角度が合わないのか、何なのか、、
    手だけでなく、パスポートの読み込みも上手くいかない時があるので…
    それだけ、一寸でも違うと弾かれてしまう様セットされているのではないでしょうか、、
    結局、何度も試す事ととなり、時間が無駄にかかるだけなのにね、、と思いながら通過してます(^^;

    > > 何度も荷物や身体検査があり、、kuritchiは名誉ある?シースルーになってしまうX線検査にも選ばれてしまいました(^^;
    >
    > そんな名誉な検査もあるんですね(驚)
    > その時の映像がどんなのか見てみたい。

    通過する時に見た気がするのですが、、裸以上に恥ずかしいでした画像でした、、
    100人毎にひとり撮る事になっているとか言われましたが、どう見ても女性が選ばれる事が多い気がします、、
    検査官にわざとあなたを選んだ訳じゃないよ、、と言われましたが、(??)(??)
    日本だと女性のX線は女性管理官がチェックしていましたが、アメリカでは男女合わせて何人かでチェックしていました、、
    人権侵害!と言いたかったです、、

    > > そうそう、、ナスカの地上絵の出発時間がムチャクチャ早かった!!
    > > 最近はリマに近いイカ空港から出発する事が多いようですね、、
    >
    > そう、出発時間がかなり早いという話を聞いてて覚悟してたんですが、思ったより遅かったし、バスの座席が快適なんで助かりました。

    6時は十分早いと思いますよ、、
    前日1時過ぎにホテル着ですからね〜
    kuritchi達は到着翌日にパラカス(ピスコ)in、そして当日の朝パラカス(ピスコ)空港からナスカの地上絵を見に行きました、、
    イカからの方がナスカの地上絵に近かった記憶が有ります、、

    > > kuritchiの時は体重計測はなく、パイロットさんが目視で座席を決めていました(笑)
    >
    > 目視だとどのくらいだったのか、ちょっと気になりますね(笑)

    同じ会話をツアー内でしていました(爆!)
    そして、、感想は、、結構目視でも正確やん!(^^

    > > 現地ガイドさんに飛行機酔いをするから絶対に写真は撮らない様にと言われていたのですが、あの光景で撮らないなんて無理、、
    >
    > 写真は撮らないようにという説明は一切無く、ツアーの皆さんも写真をバチバチ撮ってたんで、その話は意外!

    その時の現地ガイドさん(日本人会で有名人)は、ちょっと自分の見解を主張するタイプの人だったかなぁ、、
    でも、一点を集中して見ていると確かに乗り物酔いし易いのは本当です、、

    > > ランチのホテルのお食事は地元料理が出ましたね(^^
    > > それもkuritchiの好きなメニュー♪
    > > 前菜のセビーチェ風&シーフードのチュペ・デ・カマロネス
    >
    > セビーテェは何回か食べましたが美味しかったです、肉料理が多めなのでシーフードが出ると嬉しくなりますよね。

    セビーチェ&アルゼンチン牛ステーキが大のお気に入りだったので、メニューに出てくるとご機嫌でした〜♪
    (3種類の中からメニューを選ぶツアーでした)

    > > お野菜だけでなく、国内で生産されるものは地元の人々の口に入らず、ほとんど輸出用でした、、
    > > でも、ペルーでやせ細った人は特に地方では見た事ありません、、
    > > 男性も女性もお皿に文字通りてんこ盛り!されたお料理を平らげます、、
    > > ひぇ???って人達もいましたが、我慢強く、逞しく生きるペルーの人々に感嘆していました、、
    >
    > 確かにそう言われれば痩せた人は殆ど見なかったです。
    > レストランでの食事は日本人には毎回量が多く、食べ切れない事が殆どで勿体ない気がしましたが、ペルーではこれが普通の量なんでしょうね。

    それでいて、インカの女性はよく働く!
    女性達が一生懸命に田畑も耕していました、、

    > > でも、お買い物の時は必ず自分でも計算して下さいね、、(今更ですけれど…)
    > > 毎回自分でも計算して、スタッフに計算のやり直しをさせていたので(間違っていたからですよ)ツアー内でヒンシュクを買っていましたっけ…(汗)
    >
    > まあ文化の違いで計算は得意じゃないんでしょうね。
    > 買い物で値切る事はしなかったのかな?

    もちろん、値切りましたけれど、、観光客慣れしているのか、まけてくれてもほんの僅か、、
    計算が得意じゃないのもあるのでしょうが、、
    まあ、、いいじゃない、、何とかなるよ、、(汗)

    つづき、、特にウユニ、、楽しみにしていますね〜♪

    kuritchi

    のりアロハ

    のりアロハさん からの返信 2020/03/20 21:26:02
    RE:ナスカの地上絵
    > 結局、何度も試す事ととなり、時間が無駄にかかるだけなのにね、、と思いながら通過してます(^^;

    さらに検査官の前でもやるので何のため?とも思います。

    > 100人毎にひとり撮る事になっているとか言われましたが、どう見ても女性が選ばれる事が多い気がします、、

    きっとセクスイ〜な人が選ばれるんでしょうね。

    > 同じ会話をツアー内でしていました(爆!)
    > そして、、感想は、、結構目視でも正確やん!(^^

    アハハ!みんな同じ事を考えてるんだ〜。

    > セビーチェ&アルゼンチン牛ステーキが大のお気に入りだったので、メニューに出てくるとご機嫌でした〜♪

    アルゼンチンもブラジルも肉が硬かったんですけど、ビュッフェだったからですかね?

    > つづき、、特にウユニ、、楽しみにしていますね〜♪

    最近外出しないので早めにアップは出来てますが、これからは写真が無茶苦茶多くて整理が大変で、ウユニに辿り着くのはいつになることやら?
    ウユニは、ウユニ?いや、冬になるかも?

のりアロハさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ペルーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ペルー最安 560円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ペルーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集