シュバンガウ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年締め括りの旅行は、ドイツ最高峰ツークシュピッツェに行ってきました。<br /><br />あわせて、ノイシュヴァンシュタイン城の撮影スポットとしても知られているテーゲルベルクにも行ってきました。題して「Top of Germany」の旅です!<br /><br />---Reiseplan---<br />■12/29 フュッセン - シュヴァンガウ(Tegelberg:▲1720m)<br />□12/30 ガルミッシュ・パルテンキルヒェン(Zugspitze:▲2926m)<br /><br />▼HOTEL<br />München泊「Hotel Dolomit」:39.00 EUR <br />

ドイツ Top of Germany(シュヴァンガウ・テーゲルベルク -Tegelberg-)

175いいね!

2019/12/29 - 2019/12/30

2位(同エリア96件中)

旅行記グループ ドイツ Top of Germany

13

51

beach

beachさん

2019年締め括りの旅行は、ドイツ最高峰ツークシュピッツェに行ってきました。

あわせて、ノイシュヴァンシュタイン城の撮影スポットとしても知られているテーゲルベルクにも行ってきました。題して「Top of Germany」の旅です!

---Reiseplan---
■12/29 フュッセン - シュヴァンガウ(Tegelberg:▲1720m)
□12/30 ガルミッシュ・パルテンキルヒェン(Zugspitze:▲2926m)

▼HOTEL
München泊「Hotel Dolomit」:39.00 EUR

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
3.0
交通
4.5
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ■Sonntag, 29. Dezember 2019<br /><br />2019年年始にハルツ地方最高峰のブロッケン山に行き、2020年年始はドイツ最高峰ツークシュピッツェへ行こうと決めていたのですが、天気予報が不安定…ということで、急遽年内に出発しました。<br /><br />■Tag 1.<br />Düsseldorf - Füssen - Schwangau (Tegelberg) - München<br /><br />□Tag 2.<br />München - Garmisch-Partenkirchen (Zugspitze)

    ■Sonntag, 29. Dezember 2019

    2019年年始にハルツ地方最高峰のブロッケン山に行き、2020年年始はドイツ最高峰ツークシュピッツェへ行こうと決めていたのですが、天気予報が不安定…ということで、急遽年内に出発しました。

    ■Tag 1.
    Düsseldorf - Füssen - Schwangau (Tegelberg) - München

    □Tag 2.
    München - Garmisch-Partenkirchen (Zugspitze)

  • ■1日目<br />Düsseldorf - Füssen - Schwangau (Tegelberg) - München<br /><br />デュッセルドルフからフュッセンまでは鉄道で7時間半。その後、フュッセンからは市バスでシュヴァンガウ(ノイシュヴァンシュタイン城の麓 - テーゲルベルク)へ移動しました。<br /><br />05:27 Düsseldorf Hbf<br />11:55 Füssen<br />12:05 Bahnhof , Füssen(Bus)<br />12:31 Tegelberg , Schwangau(Bus)

    ■1日目
    Düsseldorf - Füssen - Schwangau (Tegelberg) - München

    デュッセルドルフからフュッセンまでは鉄道で7時間半。その後、フュッセンからは市バスでシュヴァンガウ(ノイシュヴァンシュタイン城の麓 - テーゲルベルク)へ移動しました。

    05:27 Düsseldorf Hbf
    11:55 Füssen
    12:05 Bahnhof , Füssen(Bus)
    12:31 Tegelberg , Schwangau(Bus)

  • Allgäu Alps.(アルゴイ アルプス)<br /><br />ミュンヘンから更に南下しアルゴイ地方に入ると、目の前にはアルプスの雄大な山々や美しい湖が広がります。

    Allgäu Alps.(アルゴイ アルプス)

    ミュンヘンから更に南下しアルゴイ地方に入ると、目の前にはアルプスの雄大な山々や美しい湖が広がります。

  • Hopfensee.(ホプフェン湖)

    Hopfensee.(ホプフェン湖)

  • フュッセンからノイシュヴァンシュタイン城方面のバスはかなり混雑しますが、数台来るので焦らなくて大丈夫です。しかし、この日は道路が特別混雑していて40分遅れました。<br /><br />参考までに主要区間のバス料金です。チケットは乗る際に運転手さんから購入出来ます。<br /><br /><バス料金><br />1.●Bahnhof , Füssen(フュッセン駅) - ●Schawangau , Hohenschwangau Neuschwanstein Ca(ノイシュヴァンシュタイン城の麓):2,60 EUR<br /><br />2.●Bahnhof , Füssen(フュッセン駅) - ●Schwangau , Tegelbergbahn(テーゲルベルク ロープウェイ乗場):2,90 EUR<br /><br />3.●Schwangau , Tegelbergbahn(テーゲルベルク ロープウェイ乗場)- ●Schawangau , Hohenschwangau Neuschwanstein Ca(ノイシュヴァンシュタイン城の麓):1,60 EUR<br /><br /> ※2019年12月時点

    フュッセンからノイシュヴァンシュタイン城方面のバスはかなり混雑しますが、数台来るので焦らなくて大丈夫です。しかし、この日は道路が特別混雑していて40分遅れました。

    参考までに主要区間のバス料金です。チケットは乗る際に運転手さんから購入出来ます。

    <バス料金>
    1.●Bahnhof , Füssen(フュッセン駅) - ●Schawangau , Hohenschwangau Neuschwanstein Ca(ノイシュヴァンシュタイン城の麓):2,60 EUR

    2.●Bahnhof , Füssen(フュッセン駅) - ●Schwangau , Tegelbergbahn(テーゲルベルク ロープウェイ乗場):2,90 EUR

    3.●Schwangau , Tegelbergbahn(テーゲルベルク ロープウェイ乗場)- ●Schawangau , Hohenschwangau Neuschwanstein Ca(ノイシュヴァンシュタイン城の麓):1,60 EUR

    ※2019年12月時点

    フュッセン駅

  • ●Hohenschwangau Neuschwanstein Castles , Schwangau(ノイシュヴァンシュタイン城の麓・バス停)<br /><br />ノイシュヴァンシュタイン城の観光は、ここから徒歩もしくはシャトルバス、馬車で行く方法があります。13年ぶりの再訪ですが、今回城の見学はパス。<br /><br />大半の観光客がここで降りる中、そのままバス乗ってテーゲルベルクに向かいます。

    ●Hohenschwangau Neuschwanstein Castles , Schwangau(ノイシュヴァンシュタイン城の麓・バス停)

    ノイシュヴァンシュタイン城の観光は、ここから徒歩もしくはシャトルバス、馬車で行く方法があります。13年ぶりの再訪ですが、今回城の見学はパス。

    大半の観光客がここで降りる中、そのままバス乗ってテーゲルベルクに向かいます。

  • Schloss Neuschwanstein.(ノイシュヴァンシュタイン城)<br /><br />白亜の美しい城。やはり、かっこいい…ノイシュヴァンシュタイン城。<br /><br />このあまりにも優美な城のフォルムと、その裏にある謎に満ちたルートヴィヒ2世の人物像と歴史に魅了されます。

    Schloss Neuschwanstein.(ノイシュヴァンシュタイン城)

    白亜の美しい城。やはり、かっこいい…ノイシュヴァンシュタイン城。

    このあまりにも優美な城のフォルムと、その裏にある謎に満ちたルートヴィヒ2世の人物像と歴史に魅了されます。

  • テーゲルベルクロープウェイ乗場までは、ノイシュヴァンシュタイン城の麓のバス停から徒歩でも行けます(40分程度)。

    テーゲルベルクロープウェイ乗場までは、ノイシュヴァンシュタイン城の麓のバス停から徒歩でも行けます(40分程度)。

  • 暖冬のため雪はほとんどありませんでした。13年前も12月に訪れましたが、その際は一面雪に覆われていました。

    暖冬のため雪はほとんどありませんでした。13年前も12月に訪れましたが、その際は一面雪に覆われていました。

  • ●Tegelberg , Schwangau(テーゲルベルク・バス停)<br /><br />1時間に1本のバスなので、帰りのバスの時間は事前に要チェック。

    ●Tegelberg , Schwangau(テーゲルベルク・バス停)

    1時間に1本のバスなので、帰りのバスの時間は事前に要チェック。

  • Tegelbergbahn.(テーゲルベルク・ロープウェイ乗場)<br /><br />往復:23 EUR<br />※夏期・冬期で営業時間は異なります<br /><br /><HP(ドイツ語・英語)><br />https://www.tegelbergbahn.de

    Tegelbergbahn.(テーゲルベルク・ロープウェイ乗場)

    往復:23 EUR
    ※夏期・冬期で営業時間は異なります

    <HP(ドイツ語・英語)>
    https://www.tegelbergbahn.de

  • テーゲルベルク山頂まではロープウェイで約10分。<br /><br />そのうちの数分間に、ロープウェイの中からアルプスの山々と森に囲まれて佇むノイシュヴァンシュタイン城と、さらにはホーエンシュヴァンガウ城、アルプ湖も同時見ることが出来るのです。<br /><br />※山頂からノイシュヴァンシュタイン城を見る事は出来ません。

    テーゲルベルク山頂まではロープウェイで約10分。

    そのうちの数分間に、ロープウェイの中からアルプスの山々と森に囲まれて佇むノイシュヴァンシュタイン城と、さらにはホーエンシュヴァンガウ城、アルプ湖も同時見ることが出来るのです。

    ※山頂からノイシュヴァンシュタイン城を見る事は出来ません。

  • この日は天気も良くロープウェイは40分待ちの満員…。<br /><br />大きなドイツ人に囲まれつつ、ロープウェイ内の立ち位置は「右側後方」のベストポジションを確保!<br /><br /><撮影ポイント><br />・時間帯は午前中が順光<br />・ロープウェイ内は「右側後方」を確保!<br />・望遠、連写の準備を(あっという間に通り過ぎます)<br />・下りはチャンスが無いと思え…<br /><br />下りは、時間帯によっては夕日の反射や逆光で撮れないこともあるので、上りのタイミングでなんとか頑張るしかない!!

    この日は天気も良くロープウェイは40分待ちの満員…。

    大きなドイツ人に囲まれつつ、ロープウェイ内の立ち位置は「右側後方」のベストポジションを確保!

    <撮影ポイント>
    ・時間帯は午前中が順光
    ・ロープウェイ内は「右側後方」を確保!
    ・望遠、連写の準備を(あっという間に通り過ぎます)
    ・下りはチャンスが無いと思え…

    下りは、時間帯によっては夕日の反射や逆光で撮れないこともあるので、上りのタイミングでなんとか頑張るしかない!!

  • シュヴァンガウの町が眼下に広がります。あと数分後に…。

    シュヴァンガウの町が眼下に広がります。あと数分後に…。

  • ノイシュヴァンシュタイン城登場!!!<br /><br />こんなに美しく、素晴らしい城にもかかわらず、どこか悲しげな雰囲気を感じます。<br /><br />1869年から始まった城の建築は、王の突然の死をもって未完成のまま残されることとなります。 ルートヴィヒ2世が翻弄される運命の中で求めた、貴く美しく世俗世間が入り込む余地のない「夢の城=ノイシュヴァンシュタイン城」。しかし、彼自身が滞在したのはわずか172日でした。<br /><br />「&quot;Sticherl, leben Sie wohl, bewahren Sie diese Räume als Heiligtum, lassen Sie es nicht profanieren von Neugierigen!&quot; (私の聖殿を、好奇心の強い人々に汚されないように守ってくれ)」と言い残して、この城を去ったバイエルン王ルートヴィヒ2世。<br /><br />その思いとは裏腹に、今や年間100万人以上が訪れる観光スポットです。皮肉にもその城は間違いなく人々に深い感動を与え続けています。

    ノイシュヴァンシュタイン城登場!!!

    こんなに美しく、素晴らしい城にもかかわらず、どこか悲しげな雰囲気を感じます。

    1869年から始まった城の建築は、王の突然の死をもって未完成のまま残されることとなります。 ルートヴィヒ2世が翻弄される運命の中で求めた、貴く美しく世俗世間が入り込む余地のない「夢の城=ノイシュヴァンシュタイン城」。しかし、彼自身が滞在したのはわずか172日でした。

    「"Sticherl, leben Sie wohl, bewahren Sie diese Räume als Heiligtum, lassen Sie es nicht profanieren von Neugierigen!" (私の聖殿を、好奇心の強い人々に汚されないように守ってくれ)」と言い残して、この城を去ったバイエルン王ルートヴィヒ2世。

    その思いとは裏腹に、今や年間100万人以上が訪れる観光スポットです。皮肉にもその城は間違いなく人々に深い感動を与え続けています。

  • 午後なので薄暗くなってしまいましたが、それでもこの景色には感動です。<br /><br />右下には、ホーエンシュヴァンガウ城が見えています。ルートヴィヒ2世は、ノイシュバンシュタイン城の建築進捗をそこから眺めていたと言われています。

    午後なので薄暗くなってしまいましたが、それでもこの景色には感動です。

    右下には、ホーエンシュヴァンガウ城が見えています。ルートヴィヒ2世は、ノイシュバンシュタイン城の建築進捗をそこから眺めていたと言われています。

  • Alpsee.(アルプ湖)<br /><br />この山々と湖に囲まれてひっそりと佇む城が、孤高の王・ルートヴィヒ2世自身を表現しているようにも思えます。

    Alpsee.(アルプ湖)

    この山々と湖に囲まれてひっそりと佇む城が、孤高の王・ルートヴィヒ2世自身を表現しているようにも思えます。

  • 絶景ポイントを通り過ぎると目の前にはそそり立つ岩壁。

    絶景ポイントを通り過ぎると目の前にはそそり立つ岩壁。

  • 山頂に近づくに連れて雪深くなる景色。

    山頂に近づくに連れて雪深くなる景色。

  • 徒歩で登ってきている人たちもいました。

    徒歩で登ってきている人たちもいました。

  • Tegelberg Haus.(テーゲルベルク・ハウス)

    Tegelberg Haus.(テーゲルベルク・ハウス)

  • Tegelberg(▲1720m地点)<br /><br />一面の雪景色でした。テーゲルベルク山頂は、パラグライダーやハングライダーの離陸ポイントとしても有名です。この日も空に飛び立つパラグライダーを間近で見る事が出来ました。

    Tegelberg(▲1720m地点)

    一面の雪景色でした。テーゲルベルク山頂は、パラグライダーやハングライダーの離陸ポイントとしても有名です。この日も空に飛び立つパラグライダーを間近で見る事が出来ました。

    テーゲルベルク山 山・渓谷

    ノイシュヴァンシュタイン城とバイエルンの景色が見渡せる絶景スポット! by beachさん
  • panorama!

    panorama!

  • テーゲルベルク山頂からの眺めは、南側にアルプス山脈、反対側の北部には平原が広がり、湖が点在するバイエルンの美しい風景を見渡すことが出来ます。

    テーゲルベルク山頂からの眺めは、南側にアルプス山脈、反対側の北部には平原が広がり、湖が点在するバイエルンの美しい風景を見渡すことが出来ます。

  • 遠目に見えるアルプスの山々。明日は目線の先にある、ツークシュピッツェに向かいます!

    遠目に見えるアルプスの山々。明日は目線の先にある、ツークシュピッツェに向かいます!

  • 正面の山の先はオーストリアです。青い空に白銀の世界、本当に美しいです。

    正面の山の先はオーストリアです。青い空に白銀の世界、本当に美しいです。

  • Säuling(▲2047m)

    Säuling(▲2047m)

  • Vorggensee(フォルクゲン湖)/ Schwaben(シュヴァーベン)<br /><br />アルプスとは反対側の、どこまでも見渡せる南ドイツの風景。シュヴァーベン=バイエルン高原が広がります。

    Vorggensee(フォルクゲン湖)/ Schwaben(シュヴァーベン)

    アルプスとは反対側の、どこまでも見渡せる南ドイツの風景。シュヴァーベン=バイエルン高原が広がります。

  • panorama!<br /><br />柵などは一切ありませんので、足元には注意が必要です。

    panorama!

    柵などは一切ありませんので、足元には注意が必要です。

  • 男性が立っている場所がハングライダーの離陸台です。冬期は使用していないようでした。

    男性が立っている場所がハングライダーの離陸台です。冬期は使用していないようでした。

  • こちらでは、パラグライダーが飛ぶ準備をしていました。みんな興味深々!!

    こちらでは、パラグライダーが飛ぶ準備をしていました。みんな興味深々!!

  • まるで鳥のように飛び立ちました。

    まるで鳥のように飛び立ちました。

  • Wir leben alle unter dem gleichen Himmel, aber wir haben nicht alle den gleichen Horizont...<br /><br />一度で良いから飛んでみたいな…!

    Wir leben alle unter dem gleichen Himmel, aber wir haben nicht alle den gleichen Horizont...

    一度で良いから飛んでみたいな…!

  • 足元には雪が積もっていますが、スノーブーツや防水の効いたトレッキングシューズで問題なく歩けました。

    足元には雪が積もっていますが、スノーブーツや防水の効いたトレッキングシューズで問題なく歩けました。

  • 早めに降りてノイシュヴァンシュタイン城周辺を散策する予定でしたが、あまりにもここの景色が良く山頂でのんびり過ごすことにしました。

    早めに降りてノイシュヴァンシュタイン城周辺を散策する予定でしたが、あまりにもここの景色が良く山頂でのんびり過ごすことにしました。

  • Branderschrofen(▲1880m)<br /><br />山頂にアタックしている人たちが見えました!

    Branderschrofen(▲1880m)

    山頂にアタックしている人たちが見えました!

  • 夏のハイキングも良いですが、雪山も好きです。

    夏のハイキングも良いですが、雪山も好きです。

  • ツアーではまず訪れることの無いスポットですが、天気が良ければ是非とも時間を作って訪れて欲しい場所です。既に私の中ではもう一度訪れたい場所になっています…。

    ツアーではまず訪れることの無いスポットですが、天気が良ければ是非とも時間を作って訪れて欲しい場所です。既に私の中ではもう一度訪れたい場所になっています…。

  • 下りのロープウェイからも撮れました!

    下りのロープウェイからも撮れました!

  • 美しい景色!やはり自然は良いものです。そして、ドイツは本当に素敵な国です。

    美しい景色!やはり自然は良いものです。そして、ドイツは本当に素敵な国です。

  • Colomanstr.(コロマン通り)<br /><br />コロマン通りから見たノイシュヴァンシュタイン城。

    Colomanstr.(コロマン通り)

    コロマン通りから見たノイシュヴァンシュタイン城。

  • Füssen.(フュッセン)<br /><br />テーゲルベルクから、ノイシュヴァンシュタイン城の麓に立ち寄りフュッセンまで戻ってきました。電車の時間まで少し散策することにしました。

    Füssen.(フュッセン)

    テーゲルベルクから、ノイシュヴァンシュタイン城の麓に立ち寄りフュッセンまで戻ってきました。電車の時間まで少し散策することにしました。

  • Füssen Tourist Information.(ツーリストインフォ)

    Füssen Tourist Information.(ツーリストインフォ)

  • Reichenstr.(ライヒェン通り)<br /><br />パステルカラーの建物が並ぶかわいらしい町並みです。日曜日だったのでお店は閉まっていました。

    Reichenstr.(ライヒェン通り)

    パステルカラーの建物が並ぶかわいらしい町並みです。日曜日だったのでお店は閉まっていました。

    ライヒェン通り 散歩・街歩き

  • 建物のファサードに描かれた「だまし絵」も面白いです。

    建物のファサードに描かれた「だまし絵」も面白いです。

  • クリスマスマーケットの屋台が数店出ていたので覗いてみました。

    クリスマスマーケットの屋台が数店出ていたので覗いてみました。

  • Glühbier.(グリュービール)<br /><br />グリュービール(ホットビール)です。フュッセンの紋章の入ったビールグラス。実は、写真を撮らせて頂いただけで飲んでいません^^

    Glühbier.(グリュービール)

    グリュービール(ホットビール)です。フュッセンの紋章の入ったビールグラス。実は、写真を撮らせて頂いただけで飲んでいません^^

  • Bahnhof Füssen.(フュッセン駅)<br /><br />フュッセンからミュンヘンまでは電車で約2時間。ホテルはミュンヘンに取りました。明日は大本命のツークシュピッツェに向かいます。

    Bahnhof Füssen.(フュッセン駅)

    フュッセンからミュンヘンまでは電車で約2時間。ホテルはミュンヘンに取りました。明日は大本命のツークシュピッツェに向かいます。

  • □12/29 - 12/30(1泊)<br />▼HOTEL<br />München泊「Hotel Dolomit」:39.00 EUR <br /><br />ミュンヘン中央駅から徒歩3分(200m)。安宿でドミトリーよりはましだろうと選んだホテルでしたが、何の不自由も無かったです。本日も爆睡。

    □12/29 - 12/30(1泊)
    ▼HOTEL
    München泊「Hotel Dolomit」:39.00 EUR

    ミュンヘン中央駅から徒歩3分(200m)。安宿でドミトリーよりはましだろうと選んだホテルでしたが、何の不自由も無かったです。本日も爆睡。

  • DUS - VCE / 25.10.2018<br /><br />バイエルン上空。デュッセルドルフ - ヴェネツィア間のフライトで撮りました。テーゲルベルク、シュヴァンガウの町も見えています。

    DUS - VCE / 25.10.2018

    バイエルン上空。デュッセルドルフ - ヴェネツィア間のフライトで撮りました。テーゲルベルク、シュヴァンガウの町も見えています。

  • どこまでも広がる青い空と大地。<br /><br />Auf jeden Regen folgt auch Sonnenschein...!!

    どこまでも広がる青い空と大地。

    Auf jeden Regen folgt auch Sonnenschein...!!

175いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (13)

開く

閉じる

  • ぶどう畑さん 2020/01/21 10:03:56
    テーゲベルク、眺めが素晴らしい!
    beachさん

    ぶどう畑と申します。
    クリスマス・マーケットの旅行記にお越しいただき、ありがとうございます!懐かしのケーニヒゼーにも。

    テーゲベルクからの眺めがこんなに素晴らしいとは思っていませんでした!
    フュッセンは、ミュンヘンからのツアーで行っただけ。
    いつか、ホーエンシュヴァンガウ城、ヴィース教会に行きたいと思いながら、実現できていないので、その時は、テーゲベルク、行ってみます。

    ツークシュピッツェのケーブルカー乗り場近くの教会、beachさんは中をご覧になれなかったようですが、知り合いがあそこで結婚式を挙げたんですよ。
    その昔、ドイツ観光局のウェディングのプランがあったとか。
    それが、遭難者のための教会なのを知らず、加えて、5月で山は雪なのも知らず、泊まったホテルがコートやら長靴を借してくれて、スキーヤーに交じって教会まで行ったという、笑い話の結婚式だったそうです。

    私がツークシュピッツェ行った時は、霞んで眺望はイマイチ…。
    オーストリア側のレストラン食べたレバークヌーデル・ズッペが美味しかった。
    チロル側のツークシュピッツェの麓にも行ってみたいし、上のテラスの様子もちょっと変わったようだし、南ドイツの計画、立てたくなりました~。

    フォローさせていただきますね。

    beach

    beachさん からの返信 2020/01/23 21:29:15
    RE: テーゲベルク、眺めが素晴らしい!
    ぶどう畑さん

    はじめまして。
    コメントありがとうございます!!

    旅行記大変興味深く拝見いたしました(^^)
    テーゲルベルクとツークシュピッツェに行って以来、すっかり南ドイツの自然に魅了されてベルヒテスガーデンにも行きたくてウズウズしています。

    実は私もぶどう畑さんと同じく、まだホーエンシュヴァンガウ城、ヴィース教会を残しております…。いつか行こうと思いつつ、今回も上記2カ所は素通り…テーゲルベルクに足が向いてしまいました(^^♪

    ツークシュピッツェの教会で結婚式!!とても素敵!!ですが、遭難者のための教会とは…。きっと困難な道も二人でなら乗り越えられる…と解釈いたします(笑)
    思い出深い結婚式になったことは間違いないですね♪

    ツークシュピッツェの旅行記も読ませていただきました!雪の有無で印象がガラッと変わりますね!テラスも、アイプゼーからの最新のロープウェイもピカピカで、気合が入っているなと思ったので(笑)、再び訪れても楽しめると思います。

    引き続き旅行記読ませていただきます!
    フォローさせていただきました。

    beach
  • sirabesuさん 2020/01/15 16:51:55
    美しい。。。。ありがとうございます
    beachさん
    初めまして、そして、こんにちは。
    「いいね」をありがとうございました。

    私も3年前夏に、テーゲルベルクからゴンドラ乗って、山歩きして、ノイシュバンシュタイン城の方に降りてきました。
    道中は全く、ノイシュバンシュタイン城は見えなくて残念でしたが、楽しかったです。
    行きのゴンドラからは、お城が見えるとは思って居なかったので、写真は撮っていません。(見えたんだと今初めて知りました。。。)素敵な写真を見せていただいて、感激しました~
    本当にありがとうございました。
    再度、挑戦しようかな??

    sirabesu

    beach

    beachさん からの返信 2020/01/16 06:07:34
    RE: 美しい。。。。ありがとうございます
    sirabesuさん

    はじめまして、こんにちは。
    コメントありがとうございます!

    sirabesuさんの旅行記大変興味深く拝見いたしました。
    今、ベルヒテスガーデンに行きたくでウズウズしています。(本当は夏の良い時期に行くべきですが…待てそうにありません 苦笑)。チロル、ドロミテにも興味があり、sirabesuさんの旅行記を熟読中です。ハイキングの旅とても素敵ですね。そして山頂での写真がかっこいいです!憧れます!!

    私もテーゲルベルクのゴンドラがノイシュバンシュタイン城の撮影スポットになっているとは知らなかったのですが、たまたま記事で読み今回行ってみました。撮影に意気込んでいたのは恐らく私くらいで、周りはつられるようにして撮っていました。山々に囲まれたノイシュバンシュタイン城は本当に絵になります。

    是非再挑戦された際はお写真楽しみにしております(*^^)
    引き続き旅行記読ませていただきます。

    beach
  • ちゃたろうさん 2020/01/12 18:22:09
    beachさん
    旅に出たくなる写真コンテストに是非応募してくださいね!年末なので時期的にも大丈夫ですよね。家族にも写真を見せましたら皆素晴らしいと言ってました。本当に旅に出たくなりました!

    beach

    beachさん からの返信 2020/01/12 22:45:36
    RE: beachさん
    ちゃたろうさん

    アドバイスありがとうございます!!全く考えていなかったのですが、せっかくですので応募してみたいと思います(*^_^*)ありがとうございます♪

    beach
  • ちゃたろうさん 2020/01/12 12:27:54
    美しきノイシュバンシュタイン城!
    beachさん、素晴らしい旅行記ありがとうございます!雪景色のなかにたたずむノイシュバンシュタイン城、なんと美しいのでしょう。昨年初めて訪問し、美しさはもちろんですが城内でルートヴィヒ2世の想いや夢を感じました。美しく繊細で少しせつなくなりました。テーゲルベルク山からの景色も美しくて感動しました。疲れたら、こちらの写真を見ます^^ 本当に美しい景色ですね。beach さんがドイツ語を学ぶきっかけは何だったのかなぁと思うことがあります。私は19世紀のロシア人の旅行記を読んでからロシア語を勉強しています。難しいですが何故か続いているのです^ ^

    beach

    beachさん からの返信 2020/01/12 22:43:31
    RE: 美しきノイシュバンシュタイン城!
    ちゃたろうさん

    嬉しいコメントありがとうございます!
    私は13年前にノイシュヴァンシュタイン城を訪れて以来の再訪だったのですが、やはり目の前にすると一瞬にしてその美しさに引き込まれました。城内の見事な装飾も今でも鮮明に覚えています。私もクラシック音楽が好きなので、ルードヴィヒ2世が芸術を愛した気持ちだけは少し共感してしまいます…(その他は別として 苦笑)。
    私のドイツ語を学ぶきっかけはバッハです♪初めはバッハ巡礼の旅をしたくて軽い気持ちで習い始めたのですが、短期留学をきっかけにドイツへの憧れが爆発し一念発起して渡独…。ドイツ語も難しい言語ですが、それでも好きこそものの上手なれの一心でやっています^^

    beach
  • maayさん 2020/01/11 23:34:02
    素敵!
    beachさん
    特に最後のお写真の美しいこと(^-^)
    素敵な後ろ姿に思わず"こんにちは!"してしまいました。魅力的なお写真です。
    そして、ノイシュヴァンシュタイン城が、セガンティーヌの絵のよう…。素敵です。
    特に表紙のお写真が神秘的…。旅行記内のお写真も!
    ヴィスコンティ映画の"ルードヴィヒ"を思い出します。やはり美しい姿ですね。
    冬の山の美しさ!私は自分では登れませんが(笑)スキーが好きなので、とても共感します♪
    フュッセンの街のなんてな可愛らしいこと!
    またまたとても楽しませていただきました(*´-`)
    maay

    beach

    beachさん からの返信 2020/01/12 10:50:08
    RE: 素敵!
    maayさん

    こんにちはっ(*^^)v
    後ろ姿で失礼します(笑)正面姿は…クリスマスマーケットで蓄えた栄養が顔とお腹に付き只今ピンチでございます(*_*;

    いつもメッセージありがとうございます!!
    ノイシュヴァンシュタイン城、やはり素敵ですよね。ロープウェイからの撮影ではズームを使ったのですが、やはり画質が下がってしまい、結果絵画のような画像に…。
    良いカメラが欲しくなりました…(T_T)

    映画の"ルードヴィヒ"、観たことが無かったので早速動画を購入できないか検索したところ無かった…。暫くルートヴィヒ研究にハマりそうな予感です。

    maayさんはスキーが出来るのですね!私は残念ながらウィンタースポーツが出来ないので、とても羨ましいです♪私もアルプスの雪山を滑ってみたいです(T_T)

    beach

    maay

    maayさん からの返信 2020/01/13 00:58:22
    Re: 素敵!
    「ルードヴィヒ」はいくつかあるようです。1972年のルキノ・ヴィスコンティ監督、日本公開当初は「神々の黄昏」という題が付いていたようです。…ワーグナーの音楽が美しくて、また、ルードヴィヒ役のヘルムート・バーガーという俳優が、これまた妖しく美しいです。
    YouTubeだと、Lugwig Visconti
    で検索すると、少し画像が出てきました。
    いつか全編、見てください☺

    maay


    beach

    beachさん からの返信 2020/01/13 01:28:43
    Re: 素敵!
    maayさん

    まさに今You Tubeで検索してみました。全編見つけたと思ったら案の定ドイツ語…これも試練か…誰か…日本語字幕をください(泣笑)
    トレーラーを少し観ましたが、ワーグナーの音楽にゾゾっとしますね♪ルートヴィヒ2世とワーグナーは切っても切れない関係ですからね…。ルートヴィヒ2世の俳優もさることながら、ご本人もイケメンなのがもなんとも憎めないというか…(笑)。
    日本の通販でBlu-rayポチりそうです(*^^)v
    情報ありがとうございます!!

    beach

    maay

    maayさん からの返信 2020/01/13 17:32:37
    Re: 素敵!
    ルードヴィヒの親戚(従姉かな)のエリザベート(シシィ)役のロミーシュナイダーも妖しい美しさです。。
    私ももう一度見たくなりましたが、WOWOWで録画したはずのBlu-rayが見つからない(笑)誰かに勧めて貸したんだろうなぁ…思い出せません(T_T)
    これは、行くしかありませんね。
    また、素敵な旅行記楽しみにしています(^^)
    maay

beachさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集