その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ラオス北部の旅で手応えを得た私は、一旦バンコクに戻ったのち、ミャンマーへ向かった。<br />入出国をヤンゴンからというパターンにも飽きたので、入国はタイから陸路で国境を越えることにした。<br />ミャワディ、パアン、ピイを訪れるのは初めてである。<br /><br />サブタイトルは、乃木坂46の2014年後半、生田センター曲へのオマージュである。<br />(斉藤飛鳥>ミャンマーつながりも。)<br /><br />2019年3月に初めてミャンマーを旅した。ヤンゴンのみ五泊した。ゴールデンロック、バゴーへも足を伸ばした。<br /><br />その後立て続けにミャンマーに入国した。三回目はメーホンソーンからシャン族が管理する「禁断の国境」を越えてシャン族の村を訪れた。<br />(詳しくは、私のメーホンソーン旅行記を参照されたし。)<br /><br />四回目のタチレイは、定番のタイからの日帰り入出国コースだが、私なりに爪痕を残せたと思っている。<br />(詳しくは、私のチェンラーイ旅行記を参照されたし。カヤン族(「首長族」)関係の記事あり。)<br /><br />今回の入国が五回目であるが、私のパスポートには三回目の入出国の記録はない。<br />いつミャンマーに入り、いつ出国したのか。もはや訳が分からなくなりつつある。<br />こんなにグダグダな日本人は、私以外にはあまりいないであろう。<br /><br />良い子の皆さんと4トラベラーの皆さんは、決して真似をしないでいただきたい。<br /><br />【今回の旅程】<br />バンコク<br /> ↓<br />メーソート ~この旅行記~<br /> ↓ ☆ミャンマー入国☆<br />ミャワディ 1泊 ~この旅行記~<br /> ↓<br />パアン 4泊<br /> ↓<br />ヤンゴン 1泊<br /> ↓<br />ピイ 3泊<br /> ↓<br />ヤンゴン 1泊<br /> ↓<br />ロイコー 4泊<br /> ↓<br />ヤンゴン 1泊<br /> ↓ ☆ミャンマー出国☆<br />バンコク<br /><br />(2019.10.21暫定版)

国境の街ミャワディへ~何度目のミャンマーか?数えてはいないだろう~

7いいね!

2019/10/18 - 2019/10/19

289位(同エリア473件中)

ばっとん婆

ばっとん婆さん

ラオス北部の旅で手応えを得た私は、一旦バンコクに戻ったのち、ミャンマーへ向かった。
入出国をヤンゴンからというパターンにも飽きたので、入国はタイから陸路で国境を越えることにした。
ミャワディ、パアン、ピイを訪れるのは初めてである。

サブタイトルは、乃木坂46の2014年後半、生田センター曲へのオマージュである。
(斉藤飛鳥>ミャンマーつながりも。)

2019年3月に初めてミャンマーを旅した。ヤンゴンのみ五泊した。ゴールデンロック、バゴーへも足を伸ばした。

その後立て続けにミャンマーに入国した。三回目はメーホンソーンからシャン族が管理する「禁断の国境」を越えてシャン族の村を訪れた。
(詳しくは、私のメーホンソーン旅行記を参照されたし。)

四回目のタチレイは、定番のタイからの日帰り入出国コースだが、私なりに爪痕を残せたと思っている。
(詳しくは、私のチェンラーイ旅行記を参照されたし。カヤン族(「首長族」)関係の記事あり。)

今回の入国が五回目であるが、私のパスポートには三回目の入出国の記録はない。
いつミャンマーに入り、いつ出国したのか。もはや訳が分からなくなりつつある。
こんなにグダグダな日本人は、私以外にはあまりいないであろう。

良い子の皆さんと4トラベラーの皆さんは、決して真似をしないでいただきたい。

【今回の旅程】
バンコク
 ↓
メーソート ~この旅行記~
 ↓ ☆ミャンマー入国☆
ミャワディ 1泊 ~この旅行記~
 ↓
パアン 4泊
 ↓
ヤンゴン 1泊
 ↓
ピイ 3泊
 ↓
ヤンゴン 1泊
 ↓
ロイコー 4泊
 ↓
ヤンゴン 1泊
 ↓ ☆ミャンマー出国☆
バンコク

(2019.10.21暫定版)

PR

  • 【10月18日金曜日、バンコクからメーソートを経てミャワディへ、五度目のミャンマー入国】<br /><br />午前01時半過ぎに目が覚めた。二度寝をしようと思ったが寝付けないので諦めて、そのまま起きることにした。<br />今日は陸路でバンコクからメーソートへ向かう。長時間のバス移動である。<br />VIPバスなので、先日ルアンナムターからルアンパバーンへ移動した際の過酷なバス旅とは違う。<br />明日のメーソートからミャワディを経てパアンへ至る移動が、今回のミャンマーの旅の最初のクライマックスになりそうだ。<br /><br />起きてしばらくして、今日の行動についてチェックしてみた。メーソートに着くのはおそらく午後5時前後。まだ明るいであろう。<br />そうであれば、今日国境を越えてミャワディのホテルに泊まるという手段も考えられる。(国境は20:00まで。)<br /><br />ミャワディで宿泊した方が明日のパアンへの乗り合いタクシーのチケットが確保しやすいと思われる。<br />例えば、ホテルのスタッフにどのバス会社がいいか推薦してもらえば快適な車をチョイスすることも十分考えられる。<br /><br />今日の一泊分はまだ予約していないし、メーソートにしろミャワディにしろ、手頃なホテルはホテル予約サイトでは予約できないことが明らかになっている。<br />Google Mapではミャンマー側のイミグレーションのすぐ近くに手頃なホテルがあり、口コミの評価もかなり高い。<br />バンコクからメーソート行きのVIPバスが、私がこれから乗る一本を除いてすべて夜行便であり、明日の朝メーソートに到着する。<br />そのことを考えると、メーソートやミャワディのホテルが満員で宿泊ができないということは考えにくい。<br />今日ミャンマー側に入れば、あわよくば SIMカードを購入したり、両替をしたりすることも可能かと考えられる。<br />ミャンマーの通貨は前回の残りが約5000円くらい手元にあるが、ホテル代や乗り合いタクシー代を考えると少し不安である。<br />いざとなれば手持ちのドルで支払えばよいのだが。

    【10月18日金曜日、バンコクからメーソートを経てミャワディへ、五度目のミャンマー入国】

    午前01時半過ぎに目が覚めた。二度寝をしようと思ったが寝付けないので諦めて、そのまま起きることにした。
    今日は陸路でバンコクからメーソートへ向かう。長時間のバス移動である。
    VIPバスなので、先日ルアンナムターからルアンパバーンへ移動した際の過酷なバス旅とは違う。
    明日のメーソートからミャワディを経てパアンへ至る移動が、今回のミャンマーの旅の最初のクライマックスになりそうだ。

    起きてしばらくして、今日の行動についてチェックしてみた。メーソートに着くのはおそらく午後5時前後。まだ明るいであろう。
    そうであれば、今日国境を越えてミャワディのホテルに泊まるという手段も考えられる。(国境は20:00まで。)

    ミャワディで宿泊した方が明日のパアンへの乗り合いタクシーのチケットが確保しやすいと思われる。
    例えば、ホテルのスタッフにどのバス会社がいいか推薦してもらえば快適な車をチョイスすることも十分考えられる。

    今日の一泊分はまだ予約していないし、メーソートにしろミャワディにしろ、手頃なホテルはホテル予約サイトでは予約できないことが明らかになっている。
    Google Mapではミャンマー側のイミグレーションのすぐ近くに手頃なホテルがあり、口コミの評価もかなり高い。
    バンコクからメーソート行きのVIPバスが、私がこれから乗る一本を除いてすべて夜行便であり、明日の朝メーソートに到着する。
    そのことを考えると、メーソートやミャワディのホテルが満員で宿泊ができないということは考えにくい。
    今日ミャンマー側に入れば、あわよくば SIMカードを購入したり、両替をしたりすることも可能かと考えられる。
    ミャンマーの通貨は前回の残りが約5000円くらい手元にあるが、ホテル代や乗り合いタクシー代を考えると少し不安である。
    いざとなれば手持ちのドルで支払えばよいのだが。

  • 朝食の前に結論を出した。<br />今日は何があっても国境を越えてミャワディまで行くことにする。<br />今日の移動に備え丁寧にパッキングしていく。<br /><br />05時55分朝食へ。06時26分にホテルをチェックアウト。06時30分のモーチット止まりのBTSの列車に乗る。<br /><br />138番の路線バスに乗り換える。07時03分北バスターミナルの待合室に到着。<br />昨日の下見が功を奏し、タクシーを使わずスムーズにたどり着いた。<br />待合室には昨日と同様大勢の人がいてベンチに腰掛けている。バンコク中央駅と同じような光景である。<br />トイレへ行き、売店でお茶のペットボトルを買った後、VIP 待合室でメーソート行きの入線を待つ 。<br />VIP待合室には強すぎない程度に冷房が入っていて心地良い。

    朝食の前に結論を出した。
    今日は何があっても国境を越えてミャワディまで行くことにする。
    今日の移動に備え丁寧にパッキングしていく。

    05時55分朝食へ。06時26分にホテルをチェックアウト。06時30分のモーチット止まりのBTSの列車に乗る。

    138番の路線バスに乗り換える。07時03分北バスターミナルの待合室に到着。
    昨日の下見が功を奏し、タクシーを使わずスムーズにたどり着いた。
    待合室には昨日と同様大勢の人がいてベンチに腰掛けている。バンコク中央駅と同じような光景である。
    トイレへ行き、売店でお茶のペットボトルを買った後、VIP 待合室でメーソート行きの入線を待つ 。
    VIP待合室には強すぎない程度に冷房が入っていて心地良い。

  • 07時49分メーソート行きのVIPバスが入線した。<br />スーツケースを預けてすぐに乗車する。案の定ガンガン冷房が入っている。<br /><br />オレンジのユニフォームを着た若い女性の車掌さん。キリッとしていてかっこいい。ちょっと怖そうだけど。

    07時49分メーソート行きのVIPバスが入線した。
    スーツケースを預けてすぐに乗車する。案の定ガンガン冷房が入っている。

    オレンジのユニフォームを着た若い女性の車掌さん。キリッとしていてかっこいい。ちょっと怖そうだけど。

  • 昨日のチケット購入時には埋まっていなかった二人掛けシートの通路側席が埋まっているので驚いた。08時21分発車。

    昨日のチケット購入時には埋まっていなかった二人掛けシートの通路側席が埋まっているので驚いた。08時21分発車。

  • 間もなく車掌さんが水と菓子を配った。その後は何も仕事をしていないように見えた。<br /><br />10時27分休憩所に到着。誰も降りない。すぐに発車。ドライバーのトイレのため?

    間もなく車掌さんが水と菓子を配った。その後は何も仕事をしていないように見えた。

    10時27分休憩所に到着。誰も降りない。すぐに発車。ドライバーのトイレのため?

  • ☆☆☆車窓の景色。12時04分。☆☆☆<br /><br />12時17分大きな休憩所に到着。VIPバス専用みたいだ。<br />35バーツ払ってクーポンを買い、ご飯物を食べた。

    ☆☆☆車窓の景色。12時04分。☆☆☆

    12時17分大きな休憩所に到着。VIPバス専用みたいだ。
    35バーツ払ってクーポンを買い、ご飯物を食べた。

  • 休憩所で食べた軽食。35バーツ。水は無料。

    休憩所で食べた軽食。35バーツ。水は無料。

  • ☆☆☆車窓の景色。15時29分。☆☆☆<br /><br />12時50分休憩所を発車。<br /><br />メーソートの手前から山岳地帯に入る。急カーブが続く箇所もある。<br /><br />15時46分メーソートの手前で停車。警察のチェックポイント?間もなく発車。

    ☆☆☆車窓の景色。15時29分。☆☆☆

    12時50分休憩所を発車。

    メーソートの手前から山岳地帯に入る。急カーブが続く箇所もある。

    15時46分メーソートの手前で停車。警察のチェックポイント?間もなく発車。

  • メーソートのバスターミナル(市街地よりかなり国境寄り)に到着。16時07分にバスを降りる。

    メーソートのバスターミナル(市街地よりかなり国境寄り)に到着。16時07分にバスを降りる。

  • 待機しているソンテオに乗り込む。乗客は私を含めて3人。<br />国境のタイ側イミグレーションまで50バーツ。<br /><br />メイサイ~タチレイ間と同じように、タイとミャンマーのイミグレーション間は徒歩移動。<br />晴れていて日差しが強い。<br /><br />国境のかなり手前から道路には長い車の列が出来ていた。大型トラックが多い。

    待機しているソンテオに乗り込む。乗客は私を含めて3人。
    国境のタイ側イミグレーションまで50バーツ。

    メイサイ~タチレイ間と同じように、タイとミャンマーのイミグレーション間は徒歩移動。
    晴れていて日差しが強い。

    国境のかなり手前から道路には長い車の列が出来ていた。大型トラックが多い。

  • タイ側のイミグレーションに到着。16時20分(タイ時間)。

    タイ側のイミグレーションに到着。16時20分(タイ時間)。

  • タイ側イミグレーションの反対側(アライバル)には長蛇の列が出来ていた。

    タイ側イミグレーションの反対側(アライバル)には長蛇の列が出来ていた。

  • タイ側の出国手続きを終え、国境に架かる橋を歩いて渡る。<br />09月30日にメーサイからタチレイへ入ったときと同じである。(私のチェンラーイ旅行記を参照されたい。)

    タイ側の出国手続きを終え、国境に架かる橋を歩いて渡る。
    09月30日にメーサイからタチレイへ入ったときと同じである。(私のチェンラーイ旅行記を参照されたい。)

  • 16時35分(タイ時間)ミャンマー側のイミグレーションに到着。橋を渡る前後に写真を撮っていたため、時間がかかった。

    16時35分(タイ時間)ミャンマー側のイミグレーションに到着。橋を渡る前後に写真を撮っていたため、時間がかかった。

  • ☆☆☆イミグレーションの扉は閉まっていた。この扉を開けて中に入った。☆☆☆<br /><br />以下、タイより30分遅いミャンマー時間で記す。<br /><br />16時10分イミグレーションを無事通過。<br />イミグレーションに至るまでのミャンマー側の歩道がかなり狭い上、案内表示が無い。 <br />何人もの人に聞いて、やっと扉が閉まっている!イミグレーションのオフィスのドアを開けて中に入った。<br /><br />エアコンが効いた室内に大勢の人がたむろしていた。東南アジアあるある。<br />この人達は皆本当に入国する人たちなのだろうか。<br /><br />いやはや、ミャンマー側の混沌ぶりは整然としていたタチレイと対照的である。<br />ラオスのパークセー手前のワンタオ国境に匹敵すると思ったが(08月15日タイからラオスへ入国)、こちらは人が多い。<br /><br />夕方だからか、ミャンマー側からタイへ入国する集団が多数いる。<br />短時間でなかなか面白い経験をしたものである。

    ☆☆☆イミグレーションの扉は閉まっていた。この扉を開けて中に入った。☆☆☆

    以下、タイより30分遅いミャンマー時間で記す。

    16時10分イミグレーションを無事通過。
    イミグレーションに至るまでのミャンマー側の歩道がかなり狭い上、案内表示が無い。
    何人もの人に聞いて、やっと扉が閉まっている!イミグレーションのオフィスのドアを開けて中に入った。

    エアコンが効いた室内に大勢の人がたむろしていた。東南アジアあるある。
    この人達は皆本当に入国する人たちなのだろうか。

    いやはや、ミャンマー側の混沌ぶりは整然としていたタチレイと対照的である。
    ラオスのパークセー手前のワンタオ国境に匹敵すると思ったが(08月15日タイからラオスへ入国)、こちらは人が多い。

    夕方だからか、ミャンマー側からタイへ入国する集団が多数いる。
    短時間でなかなか面白い経験をしたものである。

  • 16時20分ホテルにチェックイン。<br />今朝Google Mapで目星をつけていたホテルSein Le&#39; De Par Hotel。<br />イミグレーションからわずか一、二分の距離にある。<br />エアコン付きで一泊30,000K(約2,202円)。<br /><br />私が飛び込みで東南アジアの国でホテルに泊まるのは、1998年の7月のタイ、ラオスへの旅以来21年ぶりである。

    16時20分ホテルにチェックイン。
    今朝Google Mapで目星をつけていたホテルSein Le' De Par Hotel。
    イミグレーションからわずか一、二分の距離にある。
    エアコン付きで一泊30,000K(約2,202円)。

    私が飛び込みで東南アジアの国でホテルに泊まるのは、1998年の7月のタイ、ラオスへの旅以来21年ぶりである。

  • Google Mapの口コミを見て、外国人が宿泊できるホテルであることを確認していた。

    Google Mapの口コミを見て、外国人が宿泊できるホテルであることを確認していた。

  • ベッドはとても清潔。

    ベッドはとても清潔。

  • トイレはこんな感じ。

    トイレはこんな感じ。

  • シャワーはちゃんとお湯が出た。

    シャワーはちゃんとお湯が出た。

  • 眺めは良くないが窓もある。

    眺めは良くないが窓もある。

  • すぐに外出する。ホテルのフロントで両替屋はすぐ近くにあると言われた。<br />確かに何軒も軒を並べている。<br /><br />一番手前の店構えがちゃんとした店で若いお姉さんに両替してもらう。<br />当座の必要額として、100ドル紙幣1枚をミャンマーの通貨に両替してもらった。<br />前回の旅でミャンマー出国時に使い残したミャンマー通貨69,300チャット(以下Kと表記)が手元にある。<br /><br />この両替所の100USD札の場合のレートは、1ドル=1,500K。<br />1万チャット札は流通量が少ないのか、受け取った150,000K分はすべて5,000K札で渡された。30枚。<br /><br />ちなみに、日本出国時に私は09月18日に福岡空港国際線ターミナル3階のSBJ 銀行でドルを購入していた。この時のレートは、1ドル=110.93円。<br />これで計算すると、1ドル=110.93円=1,500Kとなり、1K≒0.0734円、100円≒1,352Kとなる。<br /><br />以下、チャット表示の物価が日本円でいくらに相当するか知りたい場合は、金額(K)に0.0734をかければよい。<br />例えば、この日の私の夕食代10,400Kは、約764円ということになる。

    すぐに外出する。ホテルのフロントで両替屋はすぐ近くにあると言われた。
    確かに何軒も軒を並べている。

    一番手前の店構えがちゃんとした店で若いお姉さんに両替してもらう。
    当座の必要額として、100ドル紙幣1枚をミャンマーの通貨に両替してもらった。
    前回の旅でミャンマー出国時に使い残したミャンマー通貨69,300チャット(以下Kと表記)が手元にある。

    この両替所の100USD札の場合のレートは、1ドル=1,500K。
    1万チャット札は流通量が少ないのか、受け取った150,000K分はすべて5,000K札で渡された。30枚。

    ちなみに、日本出国時に私は09月18日に福岡空港国際線ターミナル3階のSBJ 銀行でドルを購入していた。この時のレートは、1ドル=110.93円。
    これで計算すると、1ドル=110.93円=1,500Kとなり、1K≒0.0734円、100円≒1,352Kとなる。

    以下、チャット表示の物価が日本円でいくらに相当するか知りたい場合は、金額(K)に0.0734をかければよい。
    例えば、この日の私の夕食代10,400Kは、約764円ということになる。

  • 次にSIMカードを売っている店を探す。<br />私の聞き方が悪かったのか、最初の両替屋のお姉さんの指示はよくわからなかった。<br />周りの人に聞いて、すぐ隣の電気店で扱っていることが分かる。<br /><br />SIMカードを2,500Kで購入し、若い男性店員に勧められるまま、データのトップアップ(2,850MB、30日間有効)を3,000Kでしてもらい、計5,500K(約404円)だった。<br />タイ、ラオスと比べて、ミャンマーの通信料金は格安と言える。<br />

    次にSIMカードを売っている店を探す。
    私の聞き方が悪かったのか、最初の両替屋のお姉さんの指示はよくわからなかった。
    周りの人に聞いて、すぐ隣の電気店で扱っていることが分かる。

    SIMカードを2,500Kで購入し、若い男性店員に勧められるまま、データのトップアップ(2,850MB、30日間有効)を3,000Kでしてもらい、計5,500K(約404円)だった。
    タイ、ラオスと比べて、ミャンマーの通信料金は格安と言える。

  • 最後に明日のパアン行きバスのオフィスを探す。<br />最初に立ち寄ったオフィスやバイタクのお兄ちゃん達には話が通じず、とんでもない方へ行かされそうになる。さすがに行かないが。<br /><br />最後に立ち寄ったバス会社のオフィスで聞くと、明日の午前10時発があるという。9時までにここへ来いと言う。料金12,000K(約881円)は当日払い。

    最後に明日のパアン行きバスのオフィスを探す。
    最初に立ち寄ったオフィスやバイタクのお兄ちゃん達には話が通じず、とんでもない方へ行かされそうになる。さすがに行かないが。

    最後に立ち寄ったバス会社のオフィスで聞くと、明日の午前10時発があるという。9時までにここへ来いと言う。料金12,000K(約881円)は当日払い。

  • 三つとも用事が済んだので、早目に夕食を取ることにする。<br />Google Mapで見つけたRiverside Restaurant。<br />文字通り国境の川に面したテラス席からは、今日歩いた国境に架かる橋がよく見える。

    三つとも用事が済んだので、早目に夕食を取ることにする。
    Google Mapで見つけたRiverside Restaurant。
    文字通り国境の川に面したテラス席からは、今日歩いた国境に架かる橋がよく見える。

  • 18:03停電。ミャンマーあるある。すぐに復旧。<br /><br />一品目、豚肉(チャーシューみたいな焼き方)の入ったサラダ。ピリ辛。<br />赤と緑の生の唐辛子の破片を除けながら食べる。この作業をちゃんとしないと、明朝苦しむことになる。

    18:03停電。ミャンマーあるある。すぐに復旧。

    一品目、豚肉(チャーシューみたいな焼き方)の入ったサラダ。ピリ辛。
    赤と緑の生の唐辛子の破片を除けながら食べる。この作業をちゃんとしないと、明朝苦しむことになる。

  • ビールはスタウトのドラフトをオーダー。<br />二杯目はキリンのドラフトをオーダーしたのに同じものが来る。もったいないので、そのまま飲む。

    ビールはスタウトのドラフトをオーダー。
    二杯目はキリンのドラフトをオーダーしたのに同じものが来る。もったいないので、そのまま飲む。

  • ニ品目は量を考えて焼きそば。味はいまいち。少し食べ残した。

    ニ品目は量を考えて焼きそば。味はいまいち。少し食べ残した。

  • 帰りがけにビールを買おうとしたが、ビールを置いていない店が多く、ぶらぶらと表通りをワット(名前不明)の方まで歩いてしまった。<br />タイのシンハー、チャンよりもミャンマービールがかなり高い。シンハーとチャンを2本ずつ買って部屋で飲んだ。<br />ミャンマービールは明日までお預けである。<br />【10月18日、了】

    帰りがけにビールを買おうとしたが、ビールを置いていない店が多く、ぶらぶらと表通りをワット(名前不明)の方まで歩いてしまった。
    タイのシンハー、チャンよりもミャンマービールがかなり高い。シンハーとチャンを2本ずつ買って部屋で飲んだ。
    ミャンマービールは明日までお預けである。
    【10月18日、了】

  • 【10月19日土曜日、パアンへ移動する前にミャワディの町を少しだけぶらぶら】<br /><br />ミャワディのホテルSein Le&#39; De Par Hotelにて、午前02時半過ぎに目が覚める。<br />昨夜は午後09時~10時頃しばらくうたた寝をしていた。エアコンを止めて寝入った。まあまあ寝られた方か。<br />

    【10月19日土曜日、パアンへ移動する前にミャワディの町を少しだけぶらぶら】

    ミャワディのホテルSein Le' De Par Hotelにて、午前02時半過ぎに目が覚める。
    昨夜は午後09時~10時頃しばらくうたた寝をしていた。エアコンを止めて寝入った。まあまあ寝られた方か。

  • ホテル一階の朝食会場。

    ホテル一階の朝食会場。

  • 07時00分から朝食。一階の奥に食堂があった。<br />簡素だがビュッフェになっていた。おかずはロイコーのホテルの朝食に似ていた。

    07時00分から朝食。一階の奥に食堂があった。
    簡素だがビュッフェになっていた。おかずはロイコーのホテルの朝食に似ていた。

  • ホテルの向かい側にある食堂。土曜日の朝7時台。地元の人がかなり入っていた。

    ホテルの向かい側にある食堂。土曜日の朝7時台。地元の人がかなり入っていた。

  • 07時30分チェックアウト。<br /> 昨日最後に訪れたタクシー会社のパアン行きの便は、10:00出発で09時までに来いと言われていたが、切符を買っていなかった。<br /><br />いろいろ考えたら、バンコクからのVIPバスは、深夜便で早朝にメーソートに到着する本数が多い。比較的早い時間に国境を越えてミャンマー側に入り、その足でパアンやモウラミャィンなどへ行く人が多いと考られる。<br />ということは、昨日最後に行った会社の10:00発の便は遅い方の出発ということになるかもしれない。<br />この近くにシェアタクシーの会社がたくさんあるらしいということが分かっている。<br /><br />ホテルを早目にチェックアウトしたのも、もっと早い便に乗るためである。ホテルからスーツケースを転がして行くと、すぐ近くに一軒タクシー会社があった。<br />発車時間と料金を聞く。09:00発、12,000K。 <br />料金は、昨日のタクシー会社と同じ。スーツケースを預かってくれるそうなので、ここのタクシーに乗ることにした。<br />料金を支払い、切符代わりに小さなカードを受け取った。

    07時30分チェックアウト。
    昨日最後に訪れたタクシー会社のパアン行きの便は、10:00出発で09時までに来いと言われていたが、切符を買っていなかった。

    いろいろ考えたら、バンコクからのVIPバスは、深夜便で早朝にメーソートに到着する本数が多い。比較的早い時間に国境を越えてミャンマー側に入り、その足でパアンやモウラミャィンなどへ行く人が多いと考られる。
    ということは、昨日最後に行った会社の10:00発の便は遅い方の出発ということになるかもしれない。
    この近くにシェアタクシーの会社がたくさんあるらしいということが分かっている。

    ホテルを早目にチェックアウトしたのも、もっと早い便に乗るためである。ホテルからスーツケースを転がして行くと、すぐ近くに一軒タクシー会社があった。
    発車時間と料金を聞く。09:00発、12,000K。
    料金は、昨日のタクシー会社と同じ。スーツケースを預かってくれるそうなので、ここのタクシーに乗ることにした。
    料金を支払い、切符代わりに小さなカードを受け取った。

  • 身軽になった。発車までしばらく時間がある。少しの間、ミャワディの街をぶらぶら歩いてみることにした。<br />昨夜見た小さなパヤーの境内には大勢の人が集まっていた 。何をしているのかは、よくわからなかった。

    身軽になった。発車までしばらく時間がある。少しの間、ミャワディの街をぶらぶら歩いてみることにした。
    昨夜見た小さなパヤーの境内には大勢の人が集まっていた 。何をしているのかは、よくわからなかった。

  • 歩いて行くと映画館があった。

    歩いて行くと映画館があった。

  • ☆☆☆シュエミンウォンパヤーの隣にある僧院と覚しき建物。☆☆☆<br /><br />大通りをもう少し先まで行ったところに大きなパヤーがあった。<br />Google MapではシュエミンウォンパヤーShwe Myin Won Pagodaとなっている。<br />靴を脱いで中に入り見学した。

    ☆☆☆シュエミンウォンパヤーの隣にある僧院と覚しき建物。☆☆☆

    大通りをもう少し先まで行ったところに大きなパヤーがあった。
    Google MapではシュエミンウォンパヤーShwe Myin Won Pagodaとなっている。
    靴を脱いで中に入り見学した。

  • パヤーの入り口。これ以外に三か所。

    パヤーの入り口。これ以外に三か所。

  • 巨大なチンテ(チンシー)。

    巨大なチンテ(チンシー)。

  • この旅行記の表紙の写真と同じ仏塔を別の角度から撮影。<br />表紙の写真には偶然ドローンが写り込んでいたが、撮影したとき私はまったく気がつかなかった。<br />それにしても、国境の町でいったい誰が何のためにドローンを飛ばしていたのだろうか。

    この旅行記の表紙の写真と同じ仏塔を別の角度から撮影。
    表紙の写真には偶然ドローンが写り込んでいたが、撮影したとき私はまったく気がつかなかった。
    それにしても、国境の町でいったい誰が何のためにドローンを飛ばしていたのだろうか。

  • 熱心にお祈りするミャンマーの人々。<br /><br />この後、08時30分までにタクシー会社に戻り、出発を待った。<br />【ミャワディ編、了】

    熱心にお祈りするミャンマーの人々。

    この後、08時30分までにタクシー会社に戻り、出発を待った。
    【ミャワディ編、了】

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ミャンマーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ミャンマー最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ミャンマーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集