ローマ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
8月15日、大型台風10号が接近する中、かろうじて日本を脱出し向かった「イタリア8日間」の旅行記です。<br /><br />第5日目Part2は、「ローマ1日目」街歩き。<br />

Bon Voyage! イタリア満喫8日間の旅 2019夏 ~5日目Part2~「ローマ1日目」

18いいね!

2019/08/19 - 2019/08/19

1565位(同エリア6589件中)

nanochan

nanochanさん

この旅行記スケジュールを元に

8月15日、大型台風10号が接近する中、かろうじて日本を脱出し向かった「イタリア8日間」の旅行記です。

第5日目Part2は、「ローマ1日目」街歩き。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.5
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
観光バス 徒歩
航空会社
ルフトハンザドイツ航空

PR

  • 1<システィナ通り><br />システィナ通りを歩いていると、オベリスクが見えてきました。<br />スペイン階段の上にある「サルスティアーノ・オベリスク」です。<br /><br />

    1<システィナ通り>
    システィナ通りを歩いていると、オベリスクが見えてきました。
    スペイン階段の上にある「サルスティアーノ・オベリスク」です。

  • 2<みんな日陰に・・><br />この日の気温は、推定35℃(自分の感覚で・・・)<br />スペイン広場にいる人たちは、日差しを避けて日陰へ。

    2<みんな日陰に・・>
    この日の気温は、推定35℃(自分の感覚で・・・)
    スペイン広場にいる人たちは、日差しを避けて日陰へ。

  • 3<バルカッチャの噴水><br />みんな日陰にいるので「バルカッチャの噴水」がよく見えました。<br />「バルカッチャ」とは「ボロ船」という意味なんですが、なるほど横から見れば船のように見えなくもない・・・。

    3<バルカッチャの噴水>
    みんな日陰にいるので「バルカッチャの噴水」がよく見えました。
    「バルカッチャ」とは「ボロ船」という意味なんですが、なるほど横から見れば船のように見えなくもない・・・。

    バルカッチャの噴水 モニュメント・記念碑

  • 4<スペイン階段><br />「何? 誰も階段に座っていないぢゃないか!」<br />ここでは、飲食禁止に続き7月から「座ること」も禁止となりました。<br />おかげで階段の見える写真が撮れたけど・・・座ってみたかった。

    4<スペイン階段>
    「何? 誰も階段に座っていないぢゃないか!」
    ここでは、飲食禁止に続き7月から「座ること」も禁止となりました。
    おかげで階段の見える写真が撮れたけど・・・座ってみたかった。

    スペイン広場 広場・公園

  • 5<ピーッ、ピーッ><br />警察官が、観光客が階段に座らないよう目を光らせています。<br />「ピーッ、ピーッ」スペイン広場は、「笛」の名所となりました。

    5<ピーッ、ピーッ>
    警察官が、観光客が階段に座らないよう目を光らせています。
    「ピーッ、ピーッ」スペイン広場は、「笛」の名所となりました。

  • 5<トリニタ・デイ・モンティ教会><br />ここは、ローマのほかの教会とは異なる外観で、ノートルダム寺院に似ています。それもそのはず、ここは16世紀にフランス王ルイ12世の命により建立された教会で、現在も神父はフランス人です。<br />日本語訳だと「丘の上の三位一体教会」<br />

    5<トリニタ・デイ・モンティ教会>
    ここは、ローマのほかの教会とは異なる外観で、ノートルダム寺院に似ています。それもそのはず、ここは16世紀にフランス王ルイ12世の命により建立された教会で、現在も神父はフランス人です。
    日本語訳だと「丘の上の三位一体教会」

    トリニタ デイ モンティ教会 寺院・教会

  • 7<記念撮影><br />教会・オベリスク・階段を入れ「三位一体」の記念撮影。<br />そうそう、階段の正式名は、「スペイン階段」ではなくて「トリニタ・ディ・モンティ階段」だそうですよ。まあ、どうでもいいか・・。

    7<記念撮影>
    教会・オベリスク・階段を入れ「三位一体」の記念撮影。
    そうそう、階段の正式名は、「スペイン階段」ではなくて「トリニタ・ディ・モンティ階段」だそうですよ。まあ、どうでもいいか・・。

  • 8<聖母マリア像の塔><br />スペイン大使館前にある「聖母マリア像の塔」<br />塔の上には聖母マリア像、基壇にも見事な彫像がありました。<br />

    8<聖母マリア像の塔>
    スペイン大使館前にある「聖母マリア像の塔」
    塔の上には聖母マリア像、基壇にも見事な彫像がありました。

  • 9<サンタンドレア・デッレ・フラッテ大聖堂><br />スペイン広場とトレヴィの泉の間にある教会です。<br />かつて、サンタンジェロ橋の欄干にあった「十字架を持つ天使」「とげの花冠を持つ天使」(ベルニーニ作)の2つの天使像があることで知られています。

    9<サンタンドレア・デッレ・フラッテ大聖堂>
    スペイン広場とトレヴィの泉の間にある教会です。
    かつて、サンタンジェロ橋の欄干にあった「十字架を持つ天使」「とげの花冠を持つ天使」(ベルニーニ作)の2つの天使像があることで知られています。

  • 10<道しるべ><br />「fontana di Trevi」イタリア語が分からない自分でも分かりましたよ。<br />

    10<道しるべ>
    「fontana di Trevi」イタリア語が分からない自分でも分かりましたよ。

  • 12<トレヴィの泉><br />ローマの二つ目の名所「トレヴィの泉」<br />すごい人で、肝心の泉が見えない。<br />ここはスリの名所?でもありますので、ご注意を!<br />

    12<トレヴィの泉>
    ローマの二つ目の名所「トレヴィの泉」
    すごい人で、肝心の泉が見えない。
    ここはスリの名所?でもありますので、ご注意を!

    トレヴィの泉 建造物

  • 13<トレヴィの泉 パノラマ><br />人をかき分け、全景が見えるところで写真撮影。<br />2014年に全面修復がされたため、真っ白な大理石が輝く「トレヴィの泉」を見ることができました。<br />※画面をクリックして、パノラマでごらんください。<br />

    13<トレヴィの泉 パノラマ>
    人をかき分け、全景が見えるところで写真撮影。
    2014年に全面修復がされたため、真っ白な大理石が輝く「トレヴィの泉」を見ることができました。
    ※画面をクリックして、パノラマでごらんください。

  • 11<ネプチューン><br />中央にいるのが、海の神「ネプチューン」<br />右側は「健康の女神サルース」、左側は「豊穣の女神ケレース」<br />前の「暴れ馬」と「穏やかな馬」は、海の表情を表しています。

    11<ネプチューン>
    中央にいるのが、海の神「ネプチューン」
    右側は「健康の女神サルース」、左側は「豊穣の女神ケレース」
    前の「暴れ馬」と「穏やかな馬」は、海の表情を表しています。

  • 14<Antica Gelateria Trevi><br />人混みと暑さに耐えかね、すぐ横のジェラテリアに避難。この近くだと「サン・クリスピーノ 」が有名だけど、そこまで行く気力なし。<br />「Antica Gelateria Trevi」は、場所柄ちょっと高め。<br />

    14<Antica Gelateria Trevi>
    人混みと暑さに耐えかね、すぐ横のジェラテリアに避難。この近くだと「サン・クリスピーノ 」が有名だけど、そこまで行く気力なし。
    「Antica Gelateria Trevi」は、場所柄ちょっと高め。

  • 15<味は?><br />チョコミントとバニラを選択。特に、チョコミントがうまかった。

    15<味は?>
    チョコミントとバニラを選択。特に、チョコミントがうまかった。

  • 16<テクテク><br />ジェラートで生き返り、「コロッセオ」を目指して街歩き再開。<br />

    16<テクテク>
    ジェラートで生き返り、「コロッセオ」を目指して街歩き再開。

  • 17<蝋人形館><br />ここは、サンティ・アポストリ通りにある「Museo Delle Cere Di Roma(蝋人形館)」です。<br />口コミでは、さんざんな評判。もちろん入りませんでした。

    17<蝋人形館>
    ここは、サンティ・アポストリ通りにある「Museo Delle Cere Di Roma(蝋人形館)」です。
    口コミでは、さんざんな評判。もちろん入りませんでした。

  • 18<奥に見えるのは・・・><br />建物の間にちらりと見えるのは、ヴェネツィア広場の近くにある「ロレート聖母教会」のクーポラです。<br />

    18<奥に見えるのは・・・>
    建物の間にちらりと見えるのは、ヴェネツィア広場の近くにある「ロレート聖母教会」のクーポラです。

  • 19<ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂><br />ローマで最も目立つ建物の一つがここ「V.EⅡ世記念堂」<br />幅135メートル、高さは70メートル、白大理石で造られた巨大な建物は、存在感抜群。でも、派手すぎてローマっ子の評判はよくないみたいです。

    19<ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂>
    ローマで最も目立つ建物の一つがここ「V.EⅡ世記念堂」
    幅135メートル、高さは70メートル、白大理石で造られた巨大な建物は、存在感抜群。でも、派手すぎてローマっ子の評判はよくないみたいです。

    ヴィットリオ エマヌエーレ2世記念堂 (ヴィットリアーノ) 建造物

  • 20<トラヤヌスの記念柱><br />「V.EⅡ世記念堂」の横にあるのが、ローマ皇帝「トラヤヌス」のダキア戦争での勝利を記念した「トラヤヌスの記念柱」(西暦113年に完成)<br />内部に螺旋階段があり、上まで上れる構造となっています。

    20<トラヤヌスの記念柱>
    「V.EⅡ世記念堂」の横にあるのが、ローマ皇帝「トラヤヌス」のダキア戦争での勝利を記念した「トラヤヌスの記念柱」(西暦113年に完成)
    内部に螺旋階段があり、上まで上れる構造となっています。

  • 21<トラヤヌスの市場><br />「Mercati di Traiano」(トラヤヌスの市場)は、今から1900年前のショッピングセンター。半円形になっていて、デザインも秀逸!<br />「ローマ人って、すごいなぁ」

    21<トラヤヌスの市場>
    「Mercati di Traiano」(トラヤヌスの市場)は、今から1900年前のショッピングセンター。半円形になっていて、デザインも秀逸!
    「ローマ人って、すごいなぁ」

  • 22<フォロ・ロマーノ><br />トラヤヌスの市場の反対側にあるのが「フォロ・ロマーノ」<br />フォロ・ロマーノは、東西約300m、南北約100mの古代ローマ中心部の遺跡です。

    22<フォロ・ロマーノ>
    トラヤヌスの市場の反対側にあるのが「フォロ・ロマーノ」
    フォロ・ロマーノは、東西約300m、南北約100mの古代ローマ中心部の遺跡です。

    フォロ ロマーノ 建造物

  • 23<カエサルのフォロ><br />現在のローマは、遺跡の上に築かれたもので、掘れば掘るほど古い時代の遺跡が出てくるそうです。<br />そのため遺跡は道路より下にあり、入場しなくても見ることができます。<br />

    23<カエサルのフォロ>
    現在のローマは、遺跡の上に築かれたもので、掘れば掘るほど古い時代の遺跡が出てくるそうです。
    そのため遺跡は道路より下にあり、入場しなくても見ることができます。

  • 24<カエサルの像><br />これは、「カエサル」の像。英語だと「ジュリアス・シーザー」<br />「賽は投げられた」「来た、見た、勝った」「ブルータス、お前もか」などの名言で有名ですよね。<br />

    24<カエサルの像>
    これは、「カエサル」の像。英語だと「ジュリアス・シーザー」
    「賽は投げられた」「来た、見た、勝った」「ブルータス、お前もか」などの名言で有名ですよね。

  • 25<カエサルのフォロ><br />ここは、「カエサルのフォロ」とよばれる場所です。<br />彼が造った公共広場(フォロ)で、復元された柱が立っています。

    25<カエサルのフォロ>
    ここは、「カエサルのフォロ」とよばれる場所です。
    彼が造った公共広場(フォロ)で、復元された柱が立っています。

  • 26<フォロ・ロマーノ><br />フォロ・カエサルの奥に見えるのは、フォロ・ロマーノ。

    26<フォロ・ロマーノ>
    フォロ・カエサルの奥に見えるのは、フォロ・ロマーノ。

  • 27<名物のファラオさん><br />コロッセオに向かう途中に、「ファラオ」を発見。<br />一緒に写真撮影をするためには、代金が必要です。<br />この暑さの中、ご苦労様です。しかし、なぜ「ファラオ」?<br />

    27<名物のファラオさん>
    コロッセオに向かう途中に、「ファラオ」を発見。
    一緒に写真撮影をするためには、代金が必要です。
    この暑さの中、ご苦労様です。しかし、なぜ「ファラオ」?

  • 28<地下鉄工事中><br />歩いていると、地下鉄の工事現場がありました。<br />ローマの地下鉄は、A線、B線、C線が営業中で、B線とC線は延伸工事中、D線も計画されていますが、なかなか工事が進みません。それは、地下を掘れば遺跡が出てきてその都度ストップするから。<br />でも、地下鉄がないお陰で、「街歩き」を楽しめる恩恵もあります。

    28<地下鉄工事中>
    歩いていると、地下鉄の工事現場がありました。
    ローマの地下鉄は、A線、B線、C線が営業中で、B線とC線は延伸工事中、D線も計画されていますが、なかなか工事が進みません。それは、地下を掘れば遺跡が出てきてその都度ストップするから。
    でも、地下鉄がないお陰で、「街歩き」を楽しめる恩恵もあります。

  • 29<コロッセオ><br />そして、ついにやってきた「コロッセオ」。圧倒的存在感です。<br />ローマ、いやイタリア、いやヨーロッパを代表する「世界遺産」と言ってもいいでしょう。<br />「来た、見た、感動した!!」(by nanochan)

    イチオシ

    地図を見る

    29<コロッセオ>
    そして、ついにやってきた「コロッセオ」。圧倒的存在感です。
    ローマ、いやイタリア、いやヨーロッパを代表する「世界遺産」と言ってもいいでしょう。
    「来た、見た、感動した!!」(by nanochan)

    コロッセオ 建造物

  • 30<デザイン?><br />この角度から見ると、三層構造になっていることが分かります。<br />「へぇ、変わったデザインだったんだな」と思っていたら、このあと、とんでもない事実を知ることに・・・。

    30<デザイン?>
    この角度から見ると、三層構造になっていることが分かります。
    「へぇ、変わったデザインだったんだな」と思っていたら、このあと、とんでもない事実を知ることに・・・。

  • 31<トホホ・・・><br />西暦80年に完成したコロッセオは、443年に地震で破損し使われなくなり、その後、建材は他の建築物(バチカンのサン・ピエトロ大聖堂等)の建材として持ち出されることに・・・。つまり、一種の石切場となったのです。<br />後にキリスト教の「聖地」となってからは、それ以上破壊されることはなくなったそうです。トホホ・・・悲しすぎる。

    31<トホホ・・・>
    西暦80年に完成したコロッセオは、443年に地震で破損し使われなくなり、その後、建材は他の建築物(バチカンのサン・ピエトロ大聖堂等)の建材として持ち出されることに・・・。つまり、一種の石切場となったのです。
    後にキリスト教の「聖地」となってからは、それ以上破壊されることはなくなったそうです。トホホ・・・悲しすぎる。

  • 32<コロッセオ全景><br />「トホホ」な姿になったコロッセオですが、これはこれで格好いい!<br />いかにも古代遺跡らしくて、いいじゃないですか。<br />イタリア政府も「復元」は考えていないとか。

    32<コロッセオ全景>
    「トホホ」な姿になったコロッセオですが、これはこれで格好いい!
    いかにも古代遺跡らしくて、いいじゃないですか。
    イタリア政府も「復元」は考えていないとか。

  • 33<コンスタンティヌスの凱旋門><br />後にローマ帝国の皇帝となる「コンスタンティヌス」が、サクサ・ルブラで正帝マクセンティウスの軍団を撃破し勝利したことを記念して建造された門です。<br />

    33<コンスタンティヌスの凱旋門>
    後にローマ帝国の皇帝となる「コンスタンティヌス」が、サクサ・ルブラで正帝マクセンティウスの軍団を撃破し勝利したことを記念して建造された門です。

    コンスタンティヌスの凱旋門 建造物

  • 34<コンスタンティヌスの凱旋門><br />現在では、柵に囲まれていて近づいたりくぐったりできない凱旋門ですが、1960年のローマオリンピックでは、マラソン競技のゴール地点となりました。<br />この門を通ってゴールなんて、粋ですなぁ。

    34<コンスタンティヌスの凱旋門>
    現在では、柵に囲まれていて近づいたりくぐったりできない凱旋門ですが、1960年のローマオリンピックでは、マラソン競技のゴール地点となりました。
    この門を通ってゴールなんて、粋ですなぁ。

  • 35<ラテラノ宮殿><br />コロッセオからホテルに向かう途中に大きな建物とオベリスクがありました。オレンジ色の建物は「ラテラノ宮殿」、塔は「ラテラノオベリスク」です。<br />ラテラノ宮殿はローマ帝国時代の宮殿で、後にローマ教皇が住んでいました。現在は博物館になっています。<br />

    35<ラテラノ宮殿>
    コロッセオからホテルに向かう途中に大きな建物とオベリスクがありました。オレンジ色の建物は「ラテラノ宮殿」、塔は「ラテラノオベリスク」です。
    ラテラノ宮殿はローマ帝国時代の宮殿で、後にローマ教皇が住んでいました。現在は博物館になっています。

  • 36<サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂><br />ラテラノ宮殿のすぐ横にあるのが、ローマの四大バシリカ(古代ローマ様式の大聖堂)の一つ「サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂」です。<br />ここはヴァチカンの領域外ですが、ラテラノ条約によってヴァチカンの領地となっています。(ヴァチカンの力はすごい!)

    36<サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂>
    ラテラノ宮殿のすぐ横にあるのが、ローマの四大バシリカ(古代ローマ様式の大聖堂)の一つ「サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂」です。
    ここはヴァチカンの領域外ですが、ラテラノ条約によってヴァチカンの領地となっています。(ヴァチカンの力はすごい!)

  • 37<バットマン?><br />ローマ・テルミニ駅前に変わった銅像がありました。<br />「バットマン」? 失礼な、これはローマ教皇「ヨハネ・パウロ2世」の銅像です。<br />歩いている人と比べると、その大きさが分かります。

    37<バットマン?>
    ローマ・テルミニ駅前に変わった銅像がありました。
    「バットマン」? 失礼な、これはローマ教皇「ヨハネ・パウロ2世」の銅像です。
    歩いている人と比べると、その大きさが分かります。

  • 38<ローマ・テルミニ駅><br />ローマの玄関口「ローマ・テルミニ駅」<br />列車、地下鉄、バスなど交通の拠点で、駅構内の地上や地下には多くの店があります。

    38<ローマ・テルミニ駅>
    ローマの玄関口「ローマ・テルミニ駅」
    列車、地下鉄、バスなど交通の拠点で、駅構内の地上や地下には多くの店があります。

    テルミニ駅

  • 39<ローマの夕焼け><br />この時期、ヨーロッパの日没は午後8時ころです。<br />きれいな夕日が見えました。最終日の明日も天気がよさそうです。

    39<ローマの夕焼け>
    この時期、ヨーロッパの日没は午後8時ころです。
    きれいな夕日が見えました。最終日の明日も天気がよさそうです。

  • 40<ピッツァを食べに><br />今夜のディナーは、テルミニ駅北東のGaeta通りにあるイタリアンレストラン「La Famiglia Roma」で。<br />

    40<ピッツァを食べに>
    今夜のディナーは、テルミニ駅北東のGaeta通りにあるイタリアンレストラン「La Famiglia Roma」で。

    ピッツァリア・ラ・ファミリア イタリアン

  • 41<サラダ><br />これでもか、というくらいのサラダ。

    41<サラダ>
    これでもか、というくらいのサラダ。

  • 42<ピッツァ><br />キノコとベーコンのピッツァ、一人前です。<br />歩き疲れていて、「とても食べられない」と思いましたが、食べ始めるとおいしくて完食しました。

    42<ピッツァ>
    キノコとベーコンのピッツァ、一人前です。
    歩き疲れていて、「とても食べられない」と思いましたが、食べ始めるとおいしくて完食しました。

  • 43<ホテルへ><br />ローマの宿は、「ヴェネツィア パレス ホテル」<br />玄関からテルミニ駅が見えるくらいの近さ(約300m)でした。<br /><br />以上で、ローマ1日目の街歩きは終了です。 本日の歩数17,662歩!<br />最後までごらんいただき、ありがとうございました。<br />

    43<ホテルへ>
    ローマの宿は、「ヴェネツィア パレス ホテル」
    玄関からテルミニ駅が見えるくらいの近さ(約300m)でした。

    以上で、ローマ1日目の街歩きは終了です。 本日の歩数17,662歩!
    最後までごらんいただき、ありがとうございました。

18いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集