熊本旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年のゴールデンウィーク、九州へ行ってきました。<br />旅の目的は、<br />①九州の廃線跡を巡る。<br />②九州のJRの未乗区間を乗る。<br />③大分県竹田市の街を訪ねる。<br />でした。<br />平成最後の旅は、雨のため、計画通りとはいきませんでした。<br />その5は、宮原線廃線跡巡り・堂山橋梁・汐井川橋梁・堀田橋梁・猿渡トンネル編です。<br /><br />その1 出発と寝台特急「サンライズ瀬戸」乗車と九州上陸編https://4travel.jp/travelogue/11513982<br />その2 竹田市街散策編https://4travel.jp/travelogue/11516461<br />その3 内牧温泉散策編https://4travel.jp/travelogue/11527589<br />その4 宮原線廃線跡巡り・幸野川橋梁・北里橋梁・北里駅編https://4travel.jp/travelogue/11528826

九州旅行記2019年春(5)宮原線廃線跡巡り・堂山橋梁・汐井川橋梁・堀田橋梁・猿渡トンネル編

10いいね!

2019/04/26 - 2019/05/01

2942位(同エリア6542件中)

旅行記グループ 2019年春・九州旅行記

0

60

fuming64さん

2019年のゴールデンウィーク、九州へ行ってきました。
旅の目的は、
①九州の廃線跡を巡る。
②九州のJRの未乗区間を乗る。
③大分県竹田市の街を訪ねる。
でした。
平成最後の旅は、雨のため、計画通りとはいきませんでした。
その5は、宮原線廃線跡巡り・堂山橋梁・汐井川橋梁・堀田橋梁・猿渡トンネル編です。

その1 出発と寝台特急「サンライズ瀬戸」乗車と九州上陸編https://4travel.jp/travelogue/11513982
その2 竹田市街散策編https://4travel.jp/travelogue/11516461
その3 内牧温泉散策編https://4travel.jp/travelogue/11527589
その4 宮原線廃線跡巡り・幸野川橋梁・北里橋梁・北里駅編https://4travel.jp/travelogue/11528826

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
交通手段
徒歩

PR

  • 小国町北里。<br />旅行3日目の続きです。<br />次は堂山橋梁に向かいます。<br />北里駅跡から国道387号線を走ること10分弱、七日町バス停に着き、その近くにある側道を進んでいきました。

    小国町北里。
    旅行3日目の続きです。
    次は堂山橋梁に向かいます。
    北里駅跡から国道387号線を走ること10分弱、七日町バス停に着き、その近くにある側道を進んでいきました。

  • 小国町北里。<br />途中から農道に出くわし、道を間違えたかな、と思ったのですが、5分ほど走ると、堂山橋梁が見えてきました。

    小国町北里。
    途中から農道に出くわし、道を間違えたかな、と思ったのですが、5分ほど走ると、堂山橋梁が見えてきました。

  • 小国町北里。<br />再び舗装された道になると、すぐに汐井川橋梁も見えてきました。

    小国町北里。
    再び舗装された道になると、すぐに汐井川橋梁も見えてきました。

  • 堂山橋梁。<br />まず堂山橋梁から撮影しました。<br />アーチは3つでした。

    堂山橋梁。
    まず堂山橋梁から撮影しました。
    アーチは3つでした。

  • 堂山橋梁。<br />橋をくぐり、東側からです。

    堂山橋梁。
    橋をくぐり、東側からです。

  • 堂山橋梁。<br />橋の真下からです。<br />奥が北里方面です。<br />

    堂山橋梁。
    橋の真下からです。
    奥が北里方面です。

  • 堂山橋梁。<br />この橋も登録有形文化財に指定されています。

    堂山橋梁。
    この橋も登録有形文化財に指定されています。

  • 堂山橋梁。<br />北里川を跨ぐ部分です。

    堂山橋梁。
    北里川を跨ぐ部分です。

  • 堂山橋梁。<br />この橋の袂には柵があり、通行はできないようになっていました。

    堂山橋梁。
    この橋の袂には柵があり、通行はできないようになっていました。

  • 汐井川橋梁。<br />続いて汐井川橋梁へ。

    汐井川橋梁。
    続いて汐井川橋梁へ。

  • 汐井川橋梁。<br />こちらもアーチは3つでした。

    汐井川橋梁。
    こちらもアーチは3つでした。

  • 汐井川橋梁。<br />橋をくぐり、北側からです。

    汐井川橋梁。
    橋をくぐり、北側からです。

  • 汐井川橋梁。<br />近くから撮ってみました。

    汐井川橋梁。
    近くから撮ってみました。

  • 汐井川橋梁。<br />北里側の袂です。<br />この橋にも柵がありました。

    汐井川橋梁。
    北里側の袂です。
    この橋にも柵がありました。

  • 汐井川橋梁。<br />麻生釣側の袂です。<br />袂まで築堤を上がりたかったのですが、時間的に無理でした。

    汐井川橋梁。
    麻生釣側の袂です。
    袂まで築堤を上がりたかったのですが、時間的に無理でした。

  • 汐井川橋梁。<br />こちらも登録有形文化財に指定されています。

    汐井川橋梁。
    こちらも登録有形文化財に指定されています。

  • 汐井川橋梁。<br />橋の真下からです。<br />奥が北里方面です。

    汐井川橋梁。
    橋の真下からです。
    奥が北里方面です。

  • 小国町北里。<br />堂山橋梁、汐井川橋梁の見学を終え、次は堀田橋梁に向かいました。

    小国町北里。
    堂山橋梁、汐井川橋梁の見学を終え、次は堀田橋梁に向かいました。

  • 小国町北里。<br />汐井川橋梁です。<br />国道387号線に出る道から撮りました。

    小国町北里。
    汐井川橋梁です。
    国道387号線に出る道から撮りました。

  • 小国町北里。<br />汐井川橋梁と堂山橋梁の間の林です。<br />上の写真と同じ場所からです。

    小国町北里。
    汐井川橋梁と堂山橋梁の間の林です。
    上の写真と同じ場所からです。

  • 小国町北里。<br />堂山橋梁です。<br />上の写真と同じ場所からです。

    小国町北里。
    堂山橋梁です。
    上の写真と同じ場所からです。

  • 小国町北里。<br />国道387号線に出ました。<br />右手前の道からやってきました。

    小国町北里。
    国道387号線に出ました。
    右手前の道からやってきました。

  • 小国町北里。<br />国道387号線から堂山橋梁、汐井川橋梁に行くには、正面右の道を進めばよいです。<br />ちなみに左に上がっていくと、堀田橋梁に出るようです。

    小国町北里。
    国道387号線から堂山橋梁、汐井川橋梁に行くには、正面右の道を進めばよいです。
    ちなみに左に上がっていくと、堀田橋梁に出るようです。

  • 小国町北里。<br />左が堂山橋梁、汐井川橋梁に至る道です。<br />近くには尾の上バス停がありました。

    小国町北里。
    左が堂山橋梁、汐井川橋梁に至る道です。
    近くには尾の上バス停がありました。

  • 小国町北里。<br />国道387号線を北側に進むこと2分、赤水川橋から堀田橋梁が見えました。

    小国町北里。
    国道387号線を北側に進むこと2分、赤水川橋から堀田橋梁が見えました。

  • 小国町北里。<br />赤水川橋手前の右の道を進むことにしました。<br />写真左が赤水川橋です。

    小国町北里。
    赤水川橋手前の右の道を進むことにしました。
    写真左が赤水川橋です。

  • 小国町北里。<br />この道を入っていきました。

    小国町北里。
    この道を入っていきました。

  • 小国町北里。<br />すぐに堀田橋梁が見えました。

    小国町北里。
    すぐに堀田橋梁が見えました。

  • 堀田橋梁。<br />堀田橋梁に着きました。<br />道路に架かる部分のアーチは撤去されていました。

    堀田橋梁。
    堀田橋梁に着きました。
    道路に架かる部分のアーチは撤去されていました。

  • 堀田橋梁。<br />麻生釣側の部分は4つのアーチがそのまま残されていました。

    堀田橋梁。
    麻生釣側の部分は4つのアーチがそのまま残されていました。

  • 堀田橋梁。<br />道路に架かる部分のアーチの橋台です。<br />奥が麻生釣方面です。

    堀田橋梁。
    道路に架かる部分のアーチの橋台です。
    奥が麻生釣方面です。

  • 堀田橋梁。<br />こちらも登録有形文化財に指定されています。

    堀田橋梁。
    こちらも登録有形文化財に指定されています。

  • 堀田橋梁。<br />道路に架かる部分のアーチの橋台です。<br />奥が北里方面です。

    堀田橋梁。
    道路に架かる部分のアーチの橋台です。
    奥が北里方面です。

  • 堀田橋梁。<br />北側からです。

    堀田橋梁。
    北側からです。

  • 堀田橋梁。<br />北側からです。

    堀田橋梁。
    北側からです。

  • 堀田橋梁。<br />南側からです。<br />麻生釣側の2つのアーチです。<br />

    堀田橋梁。
    南側からです。
    麻生釣側の2つのアーチです。

  • 堀田橋梁。<br />南側からです。<br />北里側の2つのアーチです。

    堀田橋梁。
    南側からです。
    北里側の2つのアーチです。

  • 堀田橋梁。<br />アーチ部分をくぐり、再び北側に出ました。<br />奥には民家がありました。

    堀田橋梁。
    アーチ部分をくぐり、再び北側に出ました。
    奥には民家がありました。

  • 堀田橋梁。<br />北側から撮った麻生釣側の袂です。<br />民家があったので、派手に動くことはできませんでした。

    堀田橋梁。
    北側から撮った麻生釣側の袂です。
    民家があったので、派手に動くことはできませんでした。

  • 堀田橋梁。<br />橋の真下から南側を撮りました。<br />奥が北里方面です。

    堀田橋梁。
    橋の真下から南側を撮りました。
    奥が北里方面です。

  • 堀田橋梁。<br />橋の真下から北側を撮りました。<br />奥が北里方面です。

    堀田橋梁。
    橋の真下から北側を撮りました。
    奥が北里方面です。

  • 堀田橋梁。<br />橋の真下から南側を撮りました。<br />奥が麻生釣方面です。

    堀田橋梁。
    橋の真下から南側を撮りました。
    奥が麻生釣方面です。

  • 小国町西里。<br />続いて菅迫橋梁に向かうために、国道387号線を北に進みました。

    小国町西里。
    続いて菅迫橋梁に向かうために、国道387号線を北に進みました。

  • 小国町西里。<br />5分ほど走ると、菅迫橋梁へ至ると思われる道に出くわしました。<br />実は菅迫橋梁と廣平橋梁の2つは、その場所をはっきりと調べられなかったのです。

    小国町西里。
    5分ほど走ると、菅迫橋梁へ至ると思われる道に出くわしました。
    実は菅迫橋梁と廣平橋梁の2つは、その場所をはっきりと調べられなかったのです。

  • 小国町西里。<br />結局、それらしい、この道を入っていくことにしましたが、菅迫橋梁を見つけることはできませんでした・・・

    小国町西里。
    結局、それらしい、この道を入っていくことにしましたが、菅迫橋梁を見つけることはできませんでした・・・

  • 猿渡トンネル。<br />当初の計画では廣平橋梁へも行くつもりだったのですが、時間的に難しくなってきたので、あきらめることにしました。<br />菅迫橋梁も見つけられず、がっかりしながら北里方面に向かって自転車こいでいると、左側にトンネルを見つけました。

    猿渡トンネル。
    当初の計画では廣平橋梁へも行くつもりだったのですが、時間的に難しくなってきたので、あきらめることにしました。
    菅迫橋梁も見つけられず、がっかりしながら北里方面に向かって自転車こいでいると、左側にトンネルを見つけました。

  • 猿渡トンネル。<br />菅迫橋梁に向かっている時には気付きませんでした。<br />せっかく見つけたので、見学することにしました。

    猿渡トンネル。
    菅迫橋梁に向かっている時には気付きませんでした。
    せっかく見つけたので、見学することにしました。

  • 猿渡トンネル。<br />トンネルの出入口には柵があったのですが、動かされていて、入ることができました。<br />奥が北里方面です。

    猿渡トンネル。
    トンネルの出入口には柵があったのですが、動かされていて、入ることができました。
    奥が北里方面です。

  • 猿渡トンネル。<br />トンネル内から麻生釣方面を撮りました。

    猿渡トンネル。
    トンネル内から麻生釣方面を撮りました。

  • 猿渡トンネル。<br />トンネル内から北里方面を撮りました。

    猿渡トンネル。
    トンネル内から北里方面を撮りました。

  • 猿渡トンネル。<br />反対側に出ました。

    猿渡トンネル。
    反対側に出ました。

  • 猿渡トンネル。<br />北里側には柵はありませんでした。

    猿渡トンネル。
    北里側には柵はありませんでした。

  • 猿渡トンネル。<br />すぐに戻りました。<br />奥が麻生釣方面です。

    猿渡トンネル。
    すぐに戻りました。
    奥が麻生釣方面です。

  • 猿渡トンネル。<br />麻生釣側の出入口に戻りました。

    猿渡トンネル。
    麻生釣側の出入口に戻りました。

  • 宮原線廃線跡。<br />よく見れば、トンネルから続くと路盤と分かるのですが、周りには樹木が茂っていたので、ぱっと見では逃してしまうかもしれません。

    宮原線廃線跡。
    よく見れば、トンネルから続くと路盤と分かるのですが、周りには樹木が茂っていたので、ぱっと見では逃してしまうかもしれません。

  • 宮原線廃線跡。<br />猿渡トンネルから国道387号線を渡った先も、よく見ると路盤と分かりますが、こちらの方が気付くのは難しいです。

    宮原線廃線跡。
    猿渡トンネルから国道387号線を渡った先も、よく見ると路盤と分かりますが、こちらの方が気付くのは難しいです。

  • 宮原線廃線跡。<br />奥が麻生釣方面です。<br />この先に菅迫橋梁があるはずなのですが・・・

    宮原線廃線跡。
    奥が麻生釣方面です。
    この先に菅迫橋梁があるはずなのですが・・・

  • 宮原線廃線跡。<br />上の写真の反対側です。<br />国道387号線の奥が猿渡トンネルです。

    宮原線廃線跡。
    上の写真の反対側です。
    国道387号線の奥が猿渡トンネルです。

  • 宮原線廃線跡。<br />国道387号線と交差する場所です。<br />かつては踏切があったのでしょうか?<br />左が北里、右が麻生釣方面です。

    宮原線廃線跡。
    国道387号線と交差する場所です。
    かつては踏切があったのでしょうか?
    左が北里、右が麻生釣方面です。

  • 宮原線廃線跡。<br />国道387号線と交差する場所です。<br />左が麻生釣、右が北里方面です。<br />橋梁を2つあきらめたところでの、トンネルの発見。<br />少し気分が明るくなり、小国へと向けて自転車を走らせました。<br /><br />その6に続きます。

    宮原線廃線跡。
    国道387号線と交差する場所です。
    左が麻生釣、右が北里方面です。
    橋梁を2つあきらめたところでの、トンネルの発見。
    少し気分が明るくなり、小国へと向けて自転車を走らせました。

    その6に続きます。

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2019年春・九州旅行記

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

熊本の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集