ハイデルベルク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
Romantische Strasseロマンチック街道、Schwaebische Alb Strasseシュヴェービッシュ・アルプ街道、Burgenstrasse古城街道の旅<br /><br />期間 :2012年05月15日(火)~05月29日(火)15日間の旅<br /><br />5月27日(日);曇り時々晴れ間、25℃、139km ・Pfingstsonntag聖霊降臨祭<br /><br />古城街道のNeckargemuendネッカーゲミュントからハイデルベルクは14km、あっという間に着く。<br /><br />さて、ハイデルベルクでは最初に“哲学者の道”に行ってみた。<br />実は何度か訪れたハイデルベルクなのに、ここは初めてなのだ。<br /><br />写真は仏・オルレアン公妃エリザベート・シャルロット(愛称リーゼロッテ)の肖像画

番外編:ハイデルベルクの哲学者の道にあったプファルツでたいへん人気の高い王女リーゼロッテの記念碑

29いいね!

2012/05/15 - 2012/05/29

94位(同エリア803件中)

旅行記グループ ハイデルベルクの様々

2

15

jijidaruma

jijidarumaさん

Romantische Strasseロマンチック街道、Schwaebische Alb Strasseシュヴェービッシュ・アルプ街道、Burgenstrasse古城街道の旅

期間 :2012年05月15日(火)~05月29日(火)15日間の旅

5月27日(日);曇り時々晴れ間、25℃、139km ・Pfingstsonntag聖霊降臨祭

古城街道のNeckargemuendネッカーゲミュントからハイデルベルクは14km、あっという間に着く。

さて、ハイデルベルクでは最初に“哲学者の道”に行ってみた。
実は何度か訪れたハイデルベルクなのに、ここは初めてなのだ。

写真は仏・オルレアン公妃エリザベート・シャルロット(愛称リーゼロッテ)の肖像画

旅行の満足度
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
レンタカー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ハイデルベルク城の対岸側の道を走り、ハイデルベルク入りしたので、下流のテオドール・ボイス橋近くの裏道に車を停め、まず、哲学者の道を登ったのだ。<br /><br />写真は哲学者の道にあったLiselottensteinリーゼロッテの記念碑

    イチオシ

    地図を見る

    ハイデルベルク城の対岸側の道を走り、ハイデルベルク入りしたので、下流のテオドール・ボイス橋近くの裏道に車を停め、まず、哲学者の道を登ったのだ。

    写真は哲学者の道にあったLiselottensteinリーゼロッテの記念碑

  • <Philosophenweg哲学者の道> :10:15~10:55<br /><br />初めは急坂が続き、立派なお屋敷やハイデルベルク大学の理論物理学研究所の施設(番地12)、1963年にノーベル物理学賞を得たHans Jensenハンス・イェンゼンの家(番地21)もある。ジョギングしている若い人もいたが、私共は息も切れ、結構きついものだった。<br /><br />写真はMap_Heidelbergハイデルベルクの案内図

    <Philosophenweg哲学者の道> :10:15~10:55

    初めは急坂が続き、立派なお屋敷やハイデルベルク大学の理論物理学研究所の施設(番地12)、1963年にノーベル物理学賞を得たHans Jensenハンス・イェンゼンの家(番地21)もある。ジョギングしている若い人もいたが、私共は息も切れ、結構きついものだった。

    写真はMap_Heidelbergハイデルベルクの案内図

  • 写真は急坂が続く哲学者の道

    写真は急坂が続く哲学者の道

  • 写真は対岸のハイデルベルクの景観(哲学者の道から)

    写真は対岸のハイデルベルクの景観(哲学者の道から)

  • 写真は仏・オルレアン公妃エリザベート・シャルロット(愛称リーゼロッテ)の肖像画

    写真は仏・オルレアン公妃エリザベート・シャルロット(愛称リーゼロッテ)の肖像画

  • 登り切ると、比較的平坦な散策路が続く。小さな庭園を過ぎると、視界が一段と開ける。<br />対岸のハイデルベルク城、旧市街、アルテ橋とカールの門などが一体となった景観を欲しいままにできる。<br /><br />少し曇り空が恨めしい。<br />観光客もそこそこ歩いていて、中には2人の子供連れの若い日本人夫婦もいた。かつてはあのようにして、私共も娘たちと旅をしたもの・・・。<br /><br />写真は対岸のハイデルベルクの景観(哲学者の道から)

    イチオシ

    地図を見る

    登り切ると、比較的平坦な散策路が続く。小さな庭園を過ぎると、視界が一段と開ける。
    対岸のハイデルベルク城、旧市街、アルテ橋とカールの門などが一体となった景観を欲しいままにできる。

    少し曇り空が恨めしい。
    観光客もそこそこ歩いていて、中には2人の子供連れの若い日本人夫婦もいた。かつてはあのようにして、私共も娘たちと旅をしたもの・・・。

    写真は対岸のハイデルベルクの景観(哲学者の道から)

    哲学者の道 散歩・街歩き

    哲学者の道は素晴らしい景色だけでなく、記念碑が歴史を語っている。 by jijidarumaさん
  • 写真は哲学者の道にあるハイデルベルク大学の理論物理学研究所の施設

    写真は哲学者の道にあるハイデルベルク大学の理論物理学研究所の施設

  • 写真はハイデルベルク城址から逆に対岸を望む、緑の森に哲学者の道がある

    写真はハイデルベルク城址から逆に対岸を望む、緑の森に哲学者の道がある

  • ≪番外編:ハイデルベルクの哲学者の道にあったプファルツでたいへん人気の高い王女リーゼロッテ(エリザベート・シャルロッテの愛称)の記念碑≫<br /><br />この哲学者の道で気になったのは写真の様な≪Liselottensteinリーゼロッテ(エリザベート・シャルロッテ)の記念碑≫である。<br /><br />その記念碑はLiselotte‐Platzリーゼロッテ・プラッツ(広場)という場所に、不幸な生涯を送ったプファルツ選帝侯の王女リーゼロッテ(エリザベート・シャルロッテのこと、1652~1722年)に敬意を表して、1908年に建てられたものだと云う。<br /><br />写真はプファルツ選帝侯の王女エリザベート・シャルロッテ_1670年<br /><br />

    ≪番外編:ハイデルベルクの哲学者の道にあったプファルツでたいへん人気の高い王女リーゼロッテ(エリザベート・シャルロッテの愛称)の記念碑≫

    この哲学者の道で気になったのは写真の様な≪Liselottensteinリーゼロッテ(エリザベート・シャルロッテ)の記念碑≫である。

    その記念碑はLiselotte‐Platzリーゼロッテ・プラッツ(広場)という場所に、不幸な生涯を送ったプファルツ選帝侯の王女リーゼロッテ(エリザベート・シャルロッテのこと、1652~1722年)に敬意を表して、1908年に建てられたものだと云う。

    写真はプファルツ選帝侯の王女エリザベート・シャルロッテ_1670年

  • Kurfuerst Karl I. Ludwig選帝侯カール1世・ルートヴィヒ(1617~1680年、選帝侯在位:1648~1680年)が、1671年に愛娘のElisabeth Charlotte von der Pfalzエリザベート・シャルロッテ・フォン・デア・プファルツ(1652~1722年、愛称ではLiselotteリーゼロッテとも呼ばれた)をフランスの太陽王Louis XIVルイ14世の弟・Philippe d&#39;Orle′ansオルレアン公フィリップ殿下に嫁がせた。<br />これは政略結婚であり、リーゼロッテの結婚生活は不幸であったと云う。<br /><br /><リーゼロッテの生い立ち><br /><br />プファルツ選帝侯カール1世ルートヴィヒと、最初の妃シャルロッテ(ヘッセン・カッセル方伯ヴィルヘルム5世の娘)の長女として、エリザベート・シャルロット(愛称リーゼロッテ)はハイデルベルク城で生まれた。選帝侯カール2世は兄、イギリス王兼ハノーファー選帝侯ジョージ1世は従弟に当たる。 <br />少女期はハノーファー選帝侯妃である叔母ゾフィー(写真)に養育される。<br /><br />写真はハノーファー選帝侯妃ゾフィー(英国ステュアート朝の国王ジョージ1世の母)

    Kurfuerst Karl I. Ludwig選帝侯カール1世・ルートヴィヒ(1617~1680年、選帝侯在位:1648~1680年)が、1671年に愛娘のElisabeth Charlotte von der Pfalzエリザベート・シャルロッテ・フォン・デア・プファルツ(1652~1722年、愛称ではLiselotteリーゼロッテとも呼ばれた)をフランスの太陽王Louis XIVルイ14世の弟・Philippe d'Orle′ansオルレアン公フィリップ殿下に嫁がせた。
    これは政略結婚であり、リーゼロッテの結婚生活は不幸であったと云う。

    <リーゼロッテの生い立ち>

    プファルツ選帝侯カール1世ルートヴィヒと、最初の妃シャルロッテ(ヘッセン・カッセル方伯ヴィルヘルム5世の娘)の長女として、エリザベート・シャルロット(愛称リーゼロッテ)はハイデルベルク城で生まれた。選帝侯カール2世は兄、イギリス王兼ハノーファー選帝侯ジョージ1世は従弟に当たる。
    少女期はハノーファー選帝侯妃である叔母ゾフィー(写真)に養育される。

    写真はハノーファー選帝侯妃ゾフィー(英国ステュアート朝の国王ジョージ1世の母)

  • <フランスのオルレアン公との結婚><br /><br />オルレアン公フィリップは特にフィリップ・ド・ロレーヌや甥のヴェルマンドワ伯ルイ・ド・ブルボン(兄の庶子)など男性の寵臣を愛したことで知られる。<br /><br />イングランドとの友好を保つため一時フィリップ・ド・ロレーヌは流刑となったが、1670年6月30日にオルレアン公妃アンリエット(英語でHenrietta Anne Stuartヘンリエッタ・アン・ステュアート:チャールズ2世 (イングランド王の妹)が突如死去すると(暗殺説もある)、フィリップ・ド・ロレーヌを呼び戻すという条件でプファルツ選帝侯女エリザベート・シャルロット(愛称:リーゼロッテ)と1671年11月に再婚する。<br />しかしその後も女装と賭博を好み、男性達と華麗な生活を繰り広げた。<br /><br />写真はオルレアン公妃エリザベート・シャルロットの肖像画(1675年、Mignardミニャール画)

    <フランスのオルレアン公との結婚>

    オルレアン公フィリップは特にフィリップ・ド・ロレーヌや甥のヴェルマンドワ伯ルイ・ド・ブルボン(兄の庶子)など男性の寵臣を愛したことで知られる。

    イングランドとの友好を保つため一時フィリップ・ド・ロレーヌは流刑となったが、1670年6月30日にオルレアン公妃アンリエット(英語でHenrietta Anne Stuartヘンリエッタ・アン・ステュアート:チャールズ2世 (イングランド王の妹)が突如死去すると(暗殺説もある)、フィリップ・ド・ロレーヌを呼び戻すという条件でプファルツ選帝侯女エリザベート・シャルロット(愛称:リーゼロッテ)と1671年11月に再婚する。
    しかしその後も女装と賭博を好み、男性達と華麗な生活を繰り広げた。

    写真はオルレアン公妃エリザベート・シャルロットの肖像画(1675年、Mignardミニャール画)

  • <オルレアン公妃エリザベート・シャルロット(愛称リーゼロッテ)の晩年><br /><br />1701年、エリザベート・シャルロットは夫フィリップと死別した。<br />二人の間には3人の子供ができたが、エリザベートの長男ヴァロワ公アレクサンドル・ルイ(1673~1676年)は3歳で早逝した。<br /><br />1715年に仏王ルイ14世が崩御すると、エリザベートの次男オルレアン公フィリップ2世(1674~1723年)は、幼王ルイ15世を補佐してフランス摂政(1715~1723年)となった。<br />また、長女エリザベート・シャルロット(1676~1744年)はロレーヌ公レオポルト1世妃になっている。<br /><br />写真は1714年、ルイ14世(中央右)とポーランド王アウグスト3世(中央左=強王・ザクセン選帝侯としてはフリードリヒ・アウグスト1世と言う)の対面の図(中央、二人の王の間に62歳となった未亡人リーゼロッテが描かれている)<br />

    <オルレアン公妃エリザベート・シャルロット(愛称リーゼロッテ)の晩年>

    1701年、エリザベート・シャルロットは夫フィリップと死別した。
    二人の間には3人の子供ができたが、エリザベートの長男ヴァロワ公アレクサンドル・ルイ(1673~1676年)は3歳で早逝した。

    1715年に仏王ルイ14世が崩御すると、エリザベートの次男オルレアン公フィリップ2世(1674~1723年)は、幼王ルイ15世を補佐してフランス摂政(1715~1723年)となった。
    また、長女エリザベート・シャルロット(1676~1744年)はロレーヌ公レオポルト1世妃になっている。

    写真は1714年、ルイ14世(中央右)とポーランド王アウグスト3世(中央左=強王・ザクセン選帝侯としてはフリードリヒ・アウグスト1世と言う)の対面の図(中央、二人の王の間に62歳となった未亡人リーゼロッテが描かれている)

  • 子供たち2人の成長はエリザベートにとってはまずまず満足のものがあったと思われるが、エリザベートは夫フィリップとの結婚生活の満たされぬ気持を充足させるように、結婚した1671年から1722年の死去直前の51年にわたり多くの書簡を残した。それらはヨーロッパ中の宮廷の親戚、知人に宛てて日々書き連ねた6万通の膨大な手紙だと云う。<br /><br />多くは父方の叔母であったハノーファー選帝侯妃ゾフィーと異母妹ルイーゼ(1661~ 1733年、父と後妻デーゲンフェルト男爵令嬢マリー・ルイーゼの次女)、ゾフィーの孫ゲオルク・アウグスト(後のイギリス王兼ハノーファー選帝侯ジョージ2世)の妃キャロラインに宛ててフランス宮廷の服装や儀礼などについて述べていると云う。 (Wik)<br /><br />写真はオルレアン公フィリップの前妻アンリエット妃(チャールズ2世・イングランド王の妹)

    子供たち2人の成長はエリザベートにとってはまずまず満足のものがあったと思われるが、エリザベートは夫フィリップとの結婚生活の満たされぬ気持を充足させるように、結婚した1671年から1722年の死去直前の51年にわたり多くの書簡を残した。それらはヨーロッパ中の宮廷の親戚、知人に宛てて日々書き連ねた6万通の膨大な手紙だと云う。

    多くは父方の叔母であったハノーファー選帝侯妃ゾフィーと異母妹ルイーゼ(1661~ 1733年、父と後妻デーゲンフェルト男爵令嬢マリー・ルイーゼの次女)、ゾフィーの孫ゲオルク・アウグスト(後のイギリス王兼ハノーファー選帝侯ジョージ2世)の妃キャロラインに宛ててフランス宮廷の服装や儀礼などについて述べていると云う。 (Wik)

    写真はオルレアン公フィリップの前妻アンリエット妃(チャールズ2世・イングランド王の妹)

  • <プファルツ継承戦争(1688~1697年)><br /><br />1685年、プファルツ選帝侯カール2世が死去すると、遠縁のプファルツ・ノイブルク公フィリップ・ヴィルヘルムが継承したが、ルイ14世が義妹となっていたエリザベート・シャルロット(カール2世の妹)のプファルツ継承権を主張し、Pfaelzischer Erbfolgekriegプファルツ継承戦争(1688~1697年)を起こした。<br /><br />ドイツのライン地方に侵攻した仏軍は連戦連勝を続け、1689年3月2日にプファルツ選帝侯領の首都ハイデルベルクに火を放ち、ハイデルベルク城を焼失、破壊したのである。<br /><br />写真は1689年3月2日、フランス軍の攻撃でハイデルベルク城は落城、町も消失する<br /><br />

    <プファルツ継承戦争(1688~1697年)>

    1685年、プファルツ選帝侯カール2世が死去すると、遠縁のプファルツ・ノイブルク公フィリップ・ヴィルヘルムが継承したが、ルイ14世が義妹となっていたエリザベート・シャルロット(カール2世の妹)のプファルツ継承権を主張し、Pfaelzischer Erbfolgekriegプファルツ継承戦争(1688~1697年)を起こした。

    ドイツのライン地方に侵攻した仏軍は連戦連勝を続け、1689年3月2日にプファルツ選帝侯領の首都ハイデルベルクに火を放ち、ハイデルベルク城を焼失、破壊したのである。

    写真は1689年3月2日、フランス軍の攻撃でハイデルベルク城は落城、町も消失する

  • エリザベート・シャルロット(愛称リーゼロッテ)にとって最愛のハイデルベルクだが、嫁いだフランスによって蹂躙され、被った被害も大きかったにも拘わらず、いまだにプファルツ一帯では、王女エリザベート・シャルロットの人気は最も高く、愛称のリーゼロッテで呼ばれる歴史上で最も有名な人物になっている。<br /><br />・・・・・・・・・・・・・・・<br /><br />尚、ハイデルベルクの伝説の中に、王女リーゼロッテの結婚話にからんだ話が出てくる(*伝説①②の大樽から聞こえる幽霊音楽)のだが、この時は記念碑と伝説が関連するとは、全く考えもしなかった。<br /><br />*伝説:①ハイデルベルクのワインの大樽から聞こえる幽霊音楽、<br />②ワイン樽の監視人を務めた道化師・小人ペルケオ<br />https://4travel.jp/travelogue/10990445<br /><br />写真はHeidelberger_Schloss_von_Carl_Rottmann_1815ハイデルベルク城址・1815年カール・ロットマン作品<br /><br />XXX<br />

    エリザベート・シャルロット(愛称リーゼロッテ)にとって最愛のハイデルベルクだが、嫁いだフランスによって蹂躙され、被った被害も大きかったにも拘わらず、いまだにプファルツ一帯では、王女エリザベート・シャルロットの人気は最も高く、愛称のリーゼロッテで呼ばれる歴史上で最も有名な人物になっている。

    ・・・・・・・・・・・・・・・

    尚、ハイデルベルクの伝説の中に、王女リーゼロッテの結婚話にからんだ話が出てくる(*伝説①②の大樽から聞こえる幽霊音楽)のだが、この時は記念碑と伝説が関連するとは、全く考えもしなかった。

    *伝説:①ハイデルベルクのワインの大樽から聞こえる幽霊音楽、
    ②ワイン樽の監視人を務めた道化師・小人ペルケオ
    https://4travel.jp/travelogue/10990445

    写真はHeidelberger_Schloss_von_Carl_Rottmann_1815ハイデルベルク城址・1815年カール・ロットマン作品

    XXX

29いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • M-koku1さん 2020/06/23 01:42:26
    リーゼロッテの旅行記にお邪魔しています
    jijidarumaさん

    メール受け取り承認に 設定を戻しました。
    こちらからはうまく送れませんでした。
    メールを送ってみていただけますか?
    よろしくお願いいたします。

    リーゼロッテはなかなか可愛らしかったんですね! ハイデルベルクのお城の廃墟 暑いさなかに歩き回りました。哲学の道は 知りませんでした。あの頃jijidarumaさんの旅行記があったなら もっと意味のある訪問になっていたのに!と思うと 返す返す残念です。

    尚 今 レセピの7迄 読み進んでいます!(^_-)
    (私の掲示板の方には明日お返事します)

    ではまた
    Mより

    jijidaruma

    jijidarumaさん からの返信 2020/06/23 13:14:30
    Re: リーゼロッテの旅行記にお邪魔しています
    M-koku1さん、
    今日は。いつもありがとうございます。

    さて、ハイデルベルクについては「ハイデルベルクの様々」と称したシリーズで
    8編を掲載しています。思っていた以上に一つの町で書くことになった伝説などはいずれも自分でもいうのも変ですが、とても魅力的な話でした。
    私共の世代では『アルト・ハイデルベルク』のロマンス(小説)で名高い古都ハイデルベルクの印象ですが、それ以上にあったわけです。

    別けても、最後の1編になった愛称のリーゼロッテ(王女エリザベート・シャルロット)ことは、いまだに記憶に残るものでした。

    ハイデルベルク城址、城址のまゝに置かれたことがまた情趣に富んだものになって、観光客を誘うものなのでしょう。

    それではまた。
    jijidaruma

jijidarumaさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集