パリ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
初めてのフランスは、先ず北部!と、計画を練り、真夏のフランスへ!<br />フランス、そしてパリが日本人にダントツ人気というのも納得できるなぁ!<br />と思える驚きの多い旅になりました。<br /><br />      === 全日程 ===<br />2011年<br />◇8/5(金)<br /> 10:55 関空発  フィンランド航空<br /> ↓<br /> 15:10 ヘルシンキ バンター空港着<br /> 16:05 ヘルシンキ バンター空港発<br /> ↓<br /> 18:10 パリ シャルルドゴール空港着<br /><br />◆8/6(土) →今ここ<br /> 《 パリ街歩き① 》<br /> 副都心→シャンゼリゼ→コンコルド→マレ地区→バスティーユ<br /><br />◇8/7(日)、8(月)<br /> 《 ロワール・ノルマンディー地方 2日間バスツアー 》<br />シャルトル大聖堂→ロワール古城巡り→モンサンミシェル泊→オンフルール <br />◇8/9(火)<br /> 《 ヴェルサイユ宮殿とパリ街歩き② 》<br /> ヴェルサイユ宮殿と庭園→パリ オペラ地区<br /><br />◇8/10(水)<br /> 《 パリ街歩き③ 》<br /> エッフェル塔→パシー地区→モンマルトルの丘→ルーブル美術館<br /><br />◇8/11(木)<br /> 《 パリ街歩き④ 》<br /> シテ島→パンテオン→リュクサンブール公園→サンジェルマン・デ・プレ→オルセー美術館→セーヌ川クルーズ→ムーランルージュ<br /><br />◇8/12(金)<br /> 12:20 パリ シャルルドゴール空港発 <br /> ↓<br /> 16:15 ヘルシンキ バンター空港着<br /> 17:20 ヘルシンキ バンター空港発<br /> ↓<br />◇8/13(土)<br /> 8:55 関空着<br /> 

パリを拠点に北フランスを巡る旅【2】パリ街歩き①副都心→シャンゼリゼ→コンコルド→マレ地区

30いいね!

2011/08/06 - 2011/08/06

1777位(同エリア15798件中)

MIUMIU

MIUMIUさん

初めてのフランスは、先ず北部!と、計画を練り、真夏のフランスへ!
フランス、そしてパリが日本人にダントツ人気というのも納得できるなぁ!
と思える驚きの多い旅になりました。

      === 全日程 ===
2011年
◇8/5(金)
 10:55 関空発  フィンランド航空
 ↓
 15:10 ヘルシンキ バンター空港着
 16:05 ヘルシンキ バンター空港発
 ↓
 18:10 パリ シャルルドゴール空港着

◆8/6(土) →今ここ
 《 パリ街歩き① 》
 副都心→シャンゼリゼ→コンコルド→マレ地区→バスティーユ

◇8/7(日)、8(月)
 《 ロワール・ノルマンディー地方 2日間バスツアー 》
シャルトル大聖堂→ロワール古城巡り→モンサンミシェル泊→オンフルール 
◇8/9(火)
 《 ヴェルサイユ宮殿とパリ街歩き② 》
 ヴェルサイユ宮殿と庭園→パリ オペラ地区

◇8/10(水)
 《 パリ街歩き③ 》
 エッフェル塔→パシー地区→モンマルトルの丘→ルーブル美術館

◇8/11(木)
 《 パリ街歩き④ 》
 シテ島→パンテオン→リュクサンブール公園→サンジェルマン・デ・プレ→オルセー美術館→セーヌ川クルーズ→ムーランルージュ

◇8/12(金)
 12:20 パリ シャルルドゴール空港発 
 ↓
 16:15 ヘルシンキ バンター空港着
 17:20 ヘルシンキ バンター空港発
 ↓
◇8/13(土)
 8:55 関空着
 

旅行の満足度
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 【8/6】<br />パリで初めて迎えた朝。 朝食込みなのでレストランへ。<br />コールドビュッフェ、つまり温かいものはない簡単な朝食だ。<br />妻はこれで充分、夫は物足りなさそう…(笑)

    【8/6】
    パリで初めて迎えた朝。 朝食込みなのでレストランへ。
    コールドビュッフェ、つまり温かいものはない簡単な朝食だ。
    妻はこれで充分、夫は物足りなさそう…(笑)

  • いかにも使い込まれている真鍮っぽいルームキー。

    いかにも使い込まれている真鍮っぽいルームキー。

  • 8:00 ホテル出発<br />ホテルから5分ほどのオペラ駅からメトロに乗った。

    8:00 ホテル出発
    ホテルから5分ほどのオペラ駅からメトロに乗った。

  • ラ・デファンス=グランダルシュ駅で降りて地上に出ると、<br />いきなりこんなものが!! あまりの巨大さに唖然!!<br />これが 新凱旋門(グランダルシュ)だ。<br />写真ではわかりにくいけれど、空洞部分にノートルダム大聖堂がすっぽり入る大きさです。<br /><br />フランス革命200年を記念して、1989年に完成した超高層ビル。<br />高さ110m、幅108m、奥行き112m。<br /><br />パリでの最初の観光場所がココ、というのも珍しいかも…(夫の希望による)<br />

    ラ・デファンス=グランダルシュ駅で降りて地上に出ると、
    いきなりこんなものが!! あまりの巨大さに唖然!!
    これが 新凱旋門(グランダルシュ)だ。
    写真ではわかりにくいけれど、空洞部分にノートルダム大聖堂がすっぽり入る大きさです。

    フランス革命200年を記念して、1989年に完成した超高層ビル。
    高さ110m、幅108m、奥行き112m。

    パリでの最初の観光場所がココ、というのも珍しいかも…(夫の希望による)

    新凱旋門 建造物

  • ラ・デファンスはパリ西部にある都市再開発地区で、いわゆる副都心。<br />エトワール凱旋門とカルーゼル凱旋門(ルーブル美術館前)の延長上に位置している。

    ラ・デファンスはパリ西部にある都市再開発地区で、いわゆる副都心。
    エトワール凱旋門とカルーゼル凱旋門(ルーブル美術館前)の延長上に位置している。

  • 大企業の本部も集中しているとか。

    大企業の本部も集中しているとか。

  • 高層ビルや近代的な建物が多い。

    高層ビルや近代的な建物が多い。

  • 近未来的な景観。

    近未来的な景観。

  • 新凱旋門の中に堂々と立つ男。

    新凱旋門の中に堂々と立つ男。

  • 新凱旋門を背にしてパリ中心部の方向を見ると…

    新凱旋門を背にしてパリ中心部の方向を見ると…

  • 遠くにエトワール凱旋門が見える。<br />この後、あの凱旋門の上からこっち側を見るのが楽しみ!

    遠くにエトワール凱旋門が見える。
    この後、あの凱旋門の上からこっち側を見るのが楽しみ!

  • 真ん中の空洞部分。

    真ん中の空洞部分。

  • ブルーのガラス板が迷路のように並んでいる。<br />中央には透明なエスカレーターがあるが、時間が早すぎるからか動いていなかった。<br />

    ブルーのガラス板が迷路のように並んでいる。
    中央には透明なエスカレーターがあるが、時間が早すぎるからか動いていなかった。

  • 何を表現しているのだろう?このガラス板は。 ただの迷路遊びかな?

    何を表現しているのだろう?このガラス板は。 ただの迷路遊びかな?

  • ビル内には、建設・運輸などの省庁、金融関連の会社が入っていて<br />屋上には展望台もあるという。<br /><br />

    ビル内には、建設・運輸などの省庁、金融関連の会社が入っていて
    屋上には展望台もあるという。

  • デンマークの建築家スプレケルセンが設計したそうで、<br />最初は「なんなんコレ?!」と思っていたけど、よくこんなものを作ったものだなぁ!と感動してしまった。<br /><br />エッフェル塔が完成した時には「パリにそぐわない!」という非難の声が多かったそうだけど、その人達がこれを見たら卒倒するだろうな…

    デンマークの建築家スプレケルセンが設計したそうで、
    最初は「なんなんコレ?!」と思っていたけど、よくこんなものを作ったものだなぁ!と感動してしまった。

    エッフェル塔が完成した時には「パリにそぐわない!」という非難の声が多かったそうだけど、その人達がこれを見たら卒倒するだろうな…

  • パリ市内と反対の方向。

    パリ市内と反対の方向。

  • 前面の大階段。 ここから遠くにエトワール凱旋門が見える。

    前面の大階段。 ここから遠くにエトワール凱旋門が見える。

  • この巨大さは実際に行ってみないとわからないのでは…<br />

    この巨大さは実際に行ってみないとわからないのでは…

  • 人工地盤の大きな広場には大型ショッピングセンター。

    人工地盤の大きな広場には大型ショッピングセンター。

  • この後、徒歩でエトワール凱旋門に向かった。<br /><br />

    この後、徒歩でエトワール凱旋門に向かった。

  • 9:40頃、シャルルドゴール広場の中心に建つエトワール凱旋門に着いた。<br />以前はここをエトワール広場と呼んでいたので、エトワール凱旋門と言われるようになったという。<br />ここから放射状に伸びる12本の道路が輝く星(エトワール)のように見えるから… という事らしい。<br /><br />1806年にナポレオンの提案で着工、1836年に完成。ナポレオンが完成を見る事なく亡くなった話は有名ですね。<br />建設中に様々な政治的変換があった為、30年もかかったというのには驚いた。<br /><br />サイドから見てもこの迫力!<br />10時に開くので、既にかなりの人が待っている。<br />私達も凱旋門の下で並んで待った。<br /><br />

    9:40頃、シャルルドゴール広場の中心に建つエトワール凱旋門に着いた。
    以前はここをエトワール広場と呼んでいたので、エトワール凱旋門と言われるようになったという。
    ここから放射状に伸びる12本の道路が輝く星(エトワール)のように見えるから… という事らしい。

    1806年にナポレオンの提案で着工、1836年に完成。ナポレオンが完成を見る事なく亡くなった話は有名ですね。
    建設中に様々な政治的変換があった為、30年もかかったというのには驚いた。

    サイドから見てもこの迫力!
    10時に開くので、既にかなりの人が待っている。
    私達も凱旋門の下で並んで待った。

    凱旋門 建造物

  • 凱旋門の天井を見上げながら待つこと約20分。<br />真下には第一次世界大戦の死者を弔う「無名戦士の墓」があり、<br />アーチの柱の内側には、フランス革命時代の将軍の名が刻まれている。<br /><br />やっぱり思ってたより・・・デカイ!<br />高さ約50m、奥行き45m、幅22m。<br />で、内側にまでこんなに精巧な彫刻があるとはビックリ!

    凱旋門の天井を見上げながら待つこと約20分。
    真下には第一次世界大戦の死者を弔う「無名戦士の墓」があり、
    アーチの柱の内側には、フランス革命時代の将軍の名が刻まれている。

    やっぱり思ってたより・・・デカイ!
    高さ約50m、奥行き45m、幅22m。
    で、内側にまでこんなに精巧な彫刻があるとはビックリ!

  • 10時になると開館?開門? 一人9.5ユーロ。<br />セキュリティチェックを通過すると284段の螺旋階段が現れる。<br />今から昇る螺旋階段を見上げたら、美しい螺旋形!<br /><br />南西側にエレベーターもあるが、高齢者・障害者・車椅子の方専用。

    10時になると開館?開門? 一人9.5ユーロ。
    セキュリティチェックを通過すると284段の螺旋階段が現れる。
    今から昇る螺旋階段を見上げたら、美しい螺旋形!

    南西側にエレベーターもあるが、高齢者・障害者・車椅子の方専用。

  • しばらく昇って下を覗いたところ。

    しばらく昇って下を覗いたところ。

  • この中2階まで202段。結構キツイ!<br />凱旋門の真下が見れるモニターやトイレ、休憩用椅子がある。

    この中2階まで202段。結構キツイ!
    凱旋門の真下が見れるモニターやトイレ、休憩用椅子がある。

  • 後で気づいたが、これは凱旋門の柱にある彫刻「義勇軍の出陣」の一部(一番上の女性兵士)だった。<br />大きさを示す為のレプリカ?

    後で気づいたが、これは凱旋門の柱にある彫刻「義勇軍の出陣」の一部(一番上の女性兵士)だった。
    大きさを示す為のレプリカ?

  • あと少しで展望階テラス!

    あと少しで展望階テラス!

  • 着いた! 10分ほどかかったかな。<br />

    着いた! 10分ほどかかったかな。

  • 高さ約50mの凱旋門の上からパリを見渡す、この爽快感! サイコー!<br />ずっと先に見えるビル群がさっき行った副都心。<br />新凱旋門も見える。<br />

    高さ約50mの凱旋門の上からパリを見渡す、この爽快感! サイコー!
    ずっと先に見えるビル群がさっき行った副都心。
    新凱旋門も見える。

  • アップ!

    アップ!

  • エッフェル塔もよく見える。<br />曇りなのでちょっと残念だけど、雨じゃなくてヨカッタ!

    エッフェル塔もよく見える。
    曇りなのでちょっと残念だけど、雨じゃなくてヨカッタ!

  • アップ!

    アップ!

  • この時、柵の隙間からの眺望を楽しむことができましたが、<br />現在は柵の間の空間には金属ネットが張られているようですね。

    この時、柵の隙間からの眺望を楽しむことができましたが、
    現在は柵の間の空間には金属ネットが張られているようですね。

  • 12本の大通りが凱旋門から放射状に伸びているという光景は、<br />本当に整然としていて美しく、見事だ。

    12本の大通りが凱旋門から放射状に伸びているという光景は、
    本当に整然としていて美しく、見事だ。

  • 一番広いシャンゼリゼ通り。<br />

    一番広いシャンゼリゼ通り。

  • シャンゼリゼ通りのずっと先のコンコルド広場、チュイルリー公園、そして<br />ルーブル美術館まで見える。<br />なんだかワクワクしてきた!

    シャンゼリゼ通りのずっと先のコンコルド広場、チュイルリー公園、そして
    ルーブル美術館まで見える。
    なんだかワクワクしてきた!

  • 遠くにモンマルトルの丘。 

    遠くにモンマルトルの丘。 

  • アップ!

    アップ!

  • このフロッシュ通りの先にはブローニュの森が広がっている。

    このフロッシュ通りの先にはブローニュの森が広がっている。

  • パリは、薄いグレーとベージュ、オフホワイトの街なんだなぁ!<br />

    パリは、薄いグレーとベージュ、オフホワイトの街なんだなぁ!

  • 眺望を堪能して階段を降り、すぐ下にあるアッティクの部屋へ。<br />兵士の像。

    眺望を堪能して階段を降り、すぐ下にあるアッティクの部屋へ。
    兵士の像。

  • 何が書いてあるのかわかりませんが、きっとナポレオンの戦いや義勇軍の出陣などについてではないかと。<br />

    何が書いてあるのかわかりませんが、きっとナポレオンの戦いや義勇軍の出陣などについてではないかと。

  • 下に降りてきた。 さっきと反対側のサイド。

    下に降りてきた。 さっきと反対側のサイド。

  • 凱旋門とは「戦勝のアーチ」を意味するので、世界中に存在するが、<br />やはりこの凱旋門が一番有名だというのも充分理解できる。<br />大きいだけでなく、堂々たる美しさが本当に魅力的だ。<br /><br />副都心の「新凱旋門」は、エトワール凱旋門と区別する為に日本人がつけたネーミングだとか。

    凱旋門とは「戦勝のアーチ」を意味するので、世界中に存在するが、
    やはりこの凱旋門が一番有名だというのも充分理解できる。
    大きいだけでなく、堂々たる美しさが本当に魅力的だ。

    副都心の「新凱旋門」は、エトワール凱旋門と区別する為に日本人がつけたネーミングだとか。

  • 正面、左側の柱の彫刻、「平和」。

    正面、左側の柱の彫刻、「平和」。

  • 右側の柱の彫刻「抵抗」

    右側の柱の彫刻「抵抗」

  • 反対側。

    反対側。

  • 反対側の正面左側「1810年の勝利」<br />中央は、勝利の女神から冠を授かるナポレオン。

    反対側の正面左側「1810年の勝利」
    中央は、勝利の女神から冠を授かるナポレオン。

  • 右側「1972年の義勇兵の出陣」<br />この一番上の勇ましい女性兵士の頭部が、凱旋門内に展示されていたものだ。

    右側「1972年の義勇兵の出陣」
    この一番上の勇ましい女性兵士の頭部が、凱旋門内に展示されていたものだ。

  • 「アブキールの戦い」

    「アブキールの戦い」

  • 「マルソー将軍の葬儀」

    「マルソー将軍の葬儀」

  • 約1時間ほどで凱旋門見学は終了。<br />最後にお決まり?の記念撮影。 車には充分気を付けました。<br /><br />そういえば、凱旋門のそばまで行ったのに大きなロータリーの真ん中に建ってるからどうやって凱旋門に行ったらいいかわからず、諦めて帰った、という方がいました。<br />確かに、地下からの入場なのでわかりにくいですね…<br />地下出入口はシャンゼリゼ通りとグランド・アルメ通りにありますが<br />メトロで来るとわかりやすいようです。<br />

    約1時間ほどで凱旋門見学は終了。
    最後にお決まり?の記念撮影。 車には充分気を付けました。

    そういえば、凱旋門のそばまで行ったのに大きなロータリーの真ん中に建ってるからどうやって凱旋門に行ったらいいかわからず、諦めて帰った、という方がいました。
    確かに、地下からの入場なのでわかりにくいですね…
    地下出入口はシャンゼリゼ通りとグランド・アルメ通りにありますが
    メトロで来るとわかりやすいようです。

  • シャンゼリゼ大通りをコンコルド広場に向かって下っていきます。<br />少し下り坂なので歩きやすい。<br /><br />あ、バイクのカタマリが・・・ 夫、立ち止まる!

    シャンゼリゼ大通りをコンコルド広場に向かって下っていきます。
    少し下り坂なので歩きやすい。

    あ、バイクのカタマリが・・・ 夫、立ち止まる!

    シャンゼリゼ大通り 散歩・街歩き

  • BMW R100 水平対向エンジンを積んだBMWのバイク。

    BMW R100 水平対向エンジンを積んだBMWのバイク。

  • ロイヤル?エンフィールド。イギリス発祥のオートバイメーカーで、現存する世界で最も古いオートバイブランドだそうです。<br />

    ロイヤル?エンフィールド。イギリス発祥のオートバイメーカーで、現存する世界で最も古いオートバイブランドだそうです。

  • これもロイヤル?エンフィールドだけど、少し新しい年代のものかな。<br />この通りには旧車、新型、様々なオートバイが停めてありました。<br />バイク好きにはたまらない通りですね。

    これもロイヤル?エンフィールドだけど、少し新しい年代のものかな。
    この通りには旧車、新型、様々なオートバイが停めてありました。
    バイク好きにはたまらない通りですね。

  • 開店前のカフェのテーブルにデンと居座るネコ発見!<br />

    開店前のカフェのテーブルにデンと居座るネコ発見!

  • 手をあげるとじゃれるような仕草! なんとカワイイこと!

    手をあげるとじゃれるような仕草! なんとカワイイこと!

  • バィバィ! ホワイトソックス&ホワイトエプロン君!<br />パリで初めて遭遇した第一パリネコ君でした。

    バィバィ! ホワイトソックス&ホワイトエプロン君!
    パリで初めて遭遇した第一パリネコ君でした。

  • スク-タ-のレインカバ-。雨や寒さをしのげます。

    スク-タ-のレインカバ-。雨や寒さをしのげます。

  • シャンゼリゼ通りは歩道スペースが広いんですね。<br />マロニエの並木が美しい。

    シャンゼリゼ通りは歩道スペースが広いんですね。
    マロニエの並木が美しい。

  • 心の中ではやっぱり「♪OH--シャンゼリゼーー♪」のメロディーがリフレイン…♪~(´ε` )

    心の中ではやっぱり「♪OH--シャンゼリゼーー♪」のメロディーがリフレイン…♪~(´ε` )

  • 赤いテントの屋根は有名な老舗レストランカフェ「フーケ」<br />たくさんの客で賑わっていた。クロック・ムッシューというパンが美味しいらしい。<br />

    赤いテントの屋根は有名な老舗レストランカフェ「フーケ」
    たくさんの客で賑わっていた。クロック・ムッシューというパンが美味しいらしい。

  • シャンゼリゼとは、楽園「エリーゼの野」という意味だそうで<br />全長2キロ、幅100mの大通り。<br />18世紀末には荒涼としていたが、1828年にパリ市の管轄になってから整備が進み、賑やかな通りとなっていったという。<br />主に富裕層の遊び場となっていたそうですが、今や世界じゅうの一般人?から愛される場所となっているワケですね。<br />

    シャンゼリゼとは、楽園「エリーゼの野」という意味だそうで
    全長2キロ、幅100mの大通り。
    18世紀末には荒涼としていたが、1828年にパリ市の管轄になってから整備が進み、賑やかな通りとなっていったという。
    主に富裕層の遊び場となっていたそうですが、今や世界じゅうの一般人?から愛される場所となっているワケですね。

  • コンコルド広場のオベリスクが近くなってきた。

    コンコルド広場のオベリスクが近くなってきた。

  • ロンポワン・シャンゼリゼというロータリーから更に進むと、マリニー広場の中に入る。<br />このあたりは歩行者専用なので気持ち良く歩ける。

    ロンポワン・シャンゼリゼというロータリーから更に進むと、マリニー広場の中に入る。
    このあたりは歩行者専用なので気持ち良く歩ける。

  • クレマンソー像。<br />ジョルジュ・クレマンソーは首相として第一次世界大戦の指導を行った人物。

    クレマンソー像。
    ジョルジュ・クレマンソーは首相として第一次世界大戦の指導を行った人物。

  • マリニー広場の中にある「グラン・パレ」<br />

    マリニー広場の中にある「グラン・パレ」

  • 1900年のパリ万博の為に建てられた、大規模な展覧会場。<br />

    1900年のパリ万博の為に建てられた、大規模な展覧会場。

  • 向かいにある「プティ・パレ」<br />これもパリ万博の為に建てられたが、今は美術館。<br />

    向かいにある「プティ・パレ」
    これもパリ万博の為に建てられたが、今は美術館。

  • 入口のファサードの装飾が繊細で美しい。

    入口のファサードの装飾が繊細で美しい。

  • 記念撮影しただけで中には入らず。

    記念撮影しただけで中には入らず。

  • 更に進むとコンコルド広場。

    更に進むとコンコルド広場。

  • コンコルド広場からエトワール凱旋門を望む。<br />ここがシャンゼリゼ通りの終点だ。<br /><br />元々は「ルイ15世広場」と呼ばれていたのが、フランス革命時には「革命広場」に改められ、1795年から「コンコルド広場」と呼ばれるようになったという。

    コンコルド広場からエトワール凱旋門を望む。
    ここがシャンゼリゼ通りの終点だ。

    元々は「ルイ15世広場」と呼ばれていたのが、フランス革命時には「革命広場」に改められ、1795年から「コンコルド広場」と呼ばれるようになったという。

    コンコルド広場 広場・公園

  • コンコルド広場の目印ともいえるオベリスクは、1836年にエジプトのルクソール神殿から運ばれてきた。<br />…ってことで、こんなパフォーマンスもあり!?なんでしょうね。

    コンコルド広場の目印ともいえるオベリスクは、1836年にエジプトのルクソール神殿から運ばれてきた。
    …ってことで、こんなパフォーマンスもあり!?なんでしょうね。

  • コンコルド広場と聞いてすぐに思うのは<br />フランス革命中にルイ16世やマリーアントワネットなどの王族の処刑が行われた場所、ということ。<br />ギロチンが設置されていた場所は多分このあたりかと。。。ほんとかな。。。<br /><br />

    コンコルド広場と聞いてすぐに思うのは
    フランス革命中にルイ16世やマリーアントワネットなどの王族の処刑が行われた場所、ということ。
    ギロチンが設置されていた場所は多分このあたりかと。。。ほんとかな。。。

  • 美しい噴水の周りにはたくさんの観光客。

    美しい噴水の周りにはたくさんの観光客。

  • 更に進むとチュイルリー公園。<br />金色に輝く門と門扉がある。

    更に進むとチュイルリー公園。
    金色に輝く門と門扉がある。

  • 勇壮な騎馬像が両脇の門柱に掲げられている。<br />それにしても鳩だらけ…

    勇壮な騎馬像が両脇の門柱に掲げられている。
    それにしても鳩だらけ…

  • 入るとすぐに大きな八角形の池があり、たくさんの人が寛いでいる。

    入るとすぐに大きな八角形の池があり、たくさんの人が寛いでいる。

  • メチャクチャ広い!<br />ここをまっすぐ進むとガルーゼル凱旋門に突き当たるはず・・・

    メチャクチャ広い!
    ここをまっすぐ進むとガルーゼル凱旋門に突き当たるはず・・・

  • チュイルリー公園内のオランジェリー美術館。<br />疲れていたのか、入る時間はないと判断したのか、スルーしてしまった。<br />モネの睡蓮展示の為に造られたというこの美術館。<br />なぜ入らなかったのか…と後悔…<br /><br />余談だが、後日、鳴門の大塚美術館で、オランジェリーと同じような展示の仕方をしている睡蓮を見て、ますますホンモノを観たくなったのであった。。。

    チュイルリー公園内のオランジェリー美術館。
    疲れていたのか、入る時間はないと判断したのか、スルーしてしまった。
    モネの睡蓮展示の為に造られたというこの美術館。
    なぜ入らなかったのか…と後悔…

    余談だが、後日、鳴門の大塚美術館で、オランジェリーと同じような展示の仕方をしている睡蓮を見て、ますますホンモノを観たくなったのであった。。。

  • 元々は、ナポレオンがオレンジ栽培用に建てた温室(オランジェリー)だったということで、こじんまりした美術館だ。

    元々は、ナポレオンがオレンジ栽培用に建てた温室(オランジェリー)だったということで、こじんまりした美術館だ。

  • 美術館の周りにはロダンなどによる彫刻や銅像があちこちにある。<br />ライオンがワニと戦っている像など、結構迫力のある銅像がたくさんあって面白かった。(なぜ写真撮ってないんだろ?)<br /><br /><br />

    美術館の周りにはロダンなどによる彫刻や銅像があちこちにある。
    ライオンがワニと戦っている像など、結構迫力のある銅像がたくさんあって面白かった。(なぜ写真撮ってないんだろ?)


  • しばらく散策した後、カルーゼル凱旋門までは行かずに北側の通りに出た。<br />南側はセーヌ川。<br /><br />

    しばらく散策した後、カルーゼル凱旋門までは行かずに北側の通りに出た。
    南側はセーヌ川。

  • この通りは、高級ブティックが並ぶリヴォリ通り。

    この通りは、高級ブティックが並ぶリヴォリ通り。

  • そろそろ小腹が空いてきたなぁ…と思って、アンジェリーナを探しながら歩いていると…

    そろそろ小腹が空いてきたなぁ…と思って、アンジェリーナを探しながら歩いていると…

  • すぐに見つかりました、これがモンブランで有名なアンジェリーナ。<br />1870年創業のパリ本店です。

    すぐに見つかりました、これがモンブランで有名なアンジェリーナ。
    1870年創業のパリ本店です。

    アンジェリーナ (パリ本店) スイーツ

  • 並ぶことも多いと言うが、結構すぐに入れました。<br />明るい店内はお客さんでイッパイ!

    並ぶことも多いと言うが、結構すぐに入れました。
    明るい店内はお客さんでイッパイ!

  • テラスのようになっている2階席に座りなさいとのこと。<br />店内装飾はベル・エポック時代を表現しているそうで、洗練された雰囲気。<br />ですが、静かとは言えない賑やかさ!<br />様々なケーキや軽食メニューもあるが、やはりモンブランを注文。

    テラスのようになっている2階席に座りなさいとのこと。
    店内装飾はベル・エポック時代を表現しているそうで、洗練された雰囲気。
    ですが、静かとは言えない賑やかさ!
    様々なケーキや軽食メニューもあるが、やはりモンブランを注文。

  • たしいて待たされることなく先ずコーヒーがきて<br />その後、モンブラン登場。

    たしいて待たされることなく先ずコーヒーがきて
    その後、モンブラン登場。

  • 一世紀以上にわたり、パリ社交界から支持され、パリのグルメの名所となり、<br />世界中から観光客が訪れるというが…<br />この名物のモンブランは…  私達にはひどく甘すぎた。<br />私達はスィーツ好きだけど、こればかりはどうにもこうにも… 甘すぎた。<br />夫は頑張って完食、妻は半分で限界!<br />コーヒーは美味しかったです。

    一世紀以上にわたり、パリ社交界から支持され、パリのグルメの名所となり、
    世界中から観光客が訪れるというが…
    この名物のモンブランは…  私達にはひどく甘すぎた。
    私達はスィーツ好きだけど、こればかりはどうにもこうにも… 甘すぎた。
    夫は頑張って完食、妻は半分で限界!
    コーヒーは美味しかったです。

  • アンジェリーナを出て東のほうへ進むと、ルーブル美術館が見えてきます。

    アンジェリーナを出て東のほうへ進むと、ルーブル美術館が見えてきます。

  • ルーブル美術館の出入口そばにある、ジャンヌダルク騎馬像。<br />金ピカ! 眩しいほど!<br />まだ若さが残っているりりしい表情…という雰囲気がうまく表現されているなぁ<br />と思った。<br /><br />1429年、実際にこの場所からフランス軍を率いてルーブル要塞を攻撃したが<br />城壁を突破できず、負傷して退却したという。

    ルーブル美術館の出入口そばにある、ジャンヌダルク騎馬像。
    金ピカ! 眩しいほど!
    まだ若さが残っているりりしい表情…という雰囲気がうまく表現されているなぁ
    と思った。

    1429年、実際にこの場所からフランス軍を率いてルーブル要塞を攻撃したが
    城壁を突破できず、負傷して退却したという。

    ジャンヌダルク像とピラミッド広場 広場・公園

  • この向こうはピラミッド広場。

    この向こうはピラミッド広場。

  • 今日はルーブル美術館はスルー、また後日のお楽しみです。

    今日はルーブル美術館はスルー、また後日のお楽しみです。

  • 元々はルーブル宮という宮殿というだけあって、美しく重厚な建物です。

    元々はルーブル宮という宮殿というだけあって、美しく重厚な建物です。

  • リヴォリ通りを挟んでルーブルの北にある「パレ・ロワイヤル」<br />1632年に造られた館で、後に王家の館となった為、王宮(パレ・ロワイヤル)と呼ばれるようになったという。<br /><br />

    リヴォリ通りを挟んでルーブルの北にある「パレ・ロワイヤル」
    1632年に造られた館で、後に王家の館となった為、王宮(パレ・ロワイヤル)と呼ばれるようになったという。

    パレ ロワイヤル庭園 自然・景勝地

  • 更にリヴォリ通りを東へ歩く。 ユニークな建物!

    更にリヴォリ通りを東へ歩く。 ユニークな建物!

  • パンやお菓子がキレイに並べられたウィンドー。

    パンやお菓子がキレイに並べられたウィンドー。

  • マカロンなどパリのスィーツが山盛り!<br />でもまだモンブランの甘さが舌に残っているのでスルー。

    マカロンなどパリのスィーツが山盛り!
    でもまだモンブランの甘さが舌に残っているのでスルー。

  • 昔ながらの薬局。

    昔ながらの薬局。

  • 二匹目のパリネコ君、ボンジュール! いつもそこから通りを眺めてるんだね。

    二匹目のパリネコ君、ボンジュール! いつもそこから通りを眺めてるんだね。

  • いきなりこんな塔が現れた。<br />こじんまりしたシャトレ広場にある「サンジャックの塔」です。高さ54m。<br />物理学者パスカルがこの塔で大気圧の実験をしたということで有名な塔なんだとか。

    いきなりこんな塔が現れた。
    こじんまりしたシャトレ広場にある「サンジャックの塔」です。高さ54m。
    物理学者パスカルがこの塔で大気圧の実験をしたということで有名な塔なんだとか。

    サン ジャックの塔 史跡・遺跡

  • 裏側。

    裏側。

  • 16世紀に建てられ、フランス革命中に破壊された教会の一部。<br />鐘楼の塔だったという。<br />

    16世紀に建てられ、フランス革命中に破壊された教会の一部。
    鐘楼の塔だったという。

  • 繊細な彫刻が素晴らしい。<br />破壊されてしまった教会もさぞ美しい建物だったんだろうな。

    繊細な彫刻が素晴らしい。
    破壊されてしまった教会もさぞ美しい建物だったんだろうな。

  • サンジャックの塔から少し進むと「パリ市庁舎」がある。<br /><br />重厚なルネッサンス様式の建物。<br />1871年に火災で焼失した後に再建されたそうです。

    サンジャックの塔から少し進むと「パリ市庁舎」がある。

    重厚なルネッサンス様式の建物。
    1871年に火災で焼失した後に再建されたそうです。

  • 正面の時計の下に、フランスを象徴する3つの言葉、自由・平等・博愛、<br />の文字が刻まれている。(よく見えませんが…)

    正面の時計の下に、フランスを象徴する3つの言葉、自由・平等・博愛、
    の文字が刻まれている。(よく見えませんが…)

  • 市庁舎前の広場には砂が敷かれ、ビーチバレーの真っ最中! 楽しそう♪<br />冬にはパリっ子に人気のスケート場になるそうです。<br />いいなぁ!

    市庁舎前の広場には砂が敷かれ、ビーチバレーの真っ最中! 楽しそう♪
    冬にはパリっ子に人気のスケート場になるそうです。
    いいなぁ!

  • 市庁舎の南側のセーヌ川に架かるアルコル橋を渡るとシテ島のノートルダム大聖堂がある。<br />が、今日はここから北へ進むことにした。

    市庁舎の南側のセーヌ川に架かるアルコル橋を渡るとシテ島のノートルダム大聖堂がある。
    が、今日はここから北へ進むことにした。

  • ボーブール通りを少し歩いていくと、こんな大きな看板が・・・ <br />ダリ?<br />

    ボーブール通りを少し歩いていくと、こんな大きな看板が・・・ 
    ダリ?

  • 更に進むと「ポンピドゥーセンター」が見えてきた。

    更に進むと「ポンピドゥーセンター」が見えてきた。

    ポンピドゥー芸術文化センター 博物館・美術館・ギャラリー

  • 1977年にオープンした国立近代美術館や図書館などが入っている総合文化芸術センター。

    1977年にオープンした国立近代美術館や図書館などが入っている総合文化芸術センター。

  • 鉄骨に囲まれた工事現場のような、とてもユニークな建物だ。<br />当初は賛否両論あったらしいが、今やこのアール地区の象徴となっているそうです。<br /><br />因みに夫は感動、妻はフーン…って感じ。

    鉄骨に囲まれた工事現場のような、とてもユニークな建物だ。
    当初は賛否両論あったらしいが、今やこのアール地区の象徴となっているそうです。

    因みに夫は感動、妻はフーン…って感じ。

  • 今、ダリ展をやっているらしい。<br />

    今、ダリ展をやっているらしい。

  • 前庭のような広場には座り込んだり寝転ぶ人がたくさん。<br />コンクリートなのに…<br />

    前庭のような広場には座り込んだり寝転ぶ人がたくさん。
    コンクリートなのに…

  • この似顔絵、めっちゃそっくりだった。<br /><br />隣のストラビンスキー広場という小さな広場にはおもしろい噴水があり、<br />動くオブジェもたくさんあって子供たちが嬉しそうに遊んでいた。<br />また、大道芸人の黒人親子が人気を集めていた。<br /><br />きっといつもこのような賑やかさなんだろうな。

    この似顔絵、めっちゃそっくりだった。

    隣のストラビンスキー広場という小さな広場にはおもしろい噴水があり、
    動くオブジェもたくさんあって子供たちが嬉しそうに遊んでいた。
    また、大道芸人の黒人親子が人気を集めていた。

    きっといつもこのような賑やかさなんだろうな。

  • ポンピドゥーセンターから少し東へいくとマレ地区に入る。<br />この重厚な建物は「国立古文書博物館」(スービーズ館)

    ポンピドゥーセンターから少し東へいくとマレ地区に入る。
    この重厚な建物は「国立古文書博物館」(スービーズ館)

    マレ地区 散歩・街歩き

  • 18世紀の名建築物。

    18世紀の名建築物。

  • 内装は華やかなロココ調で、有名な映画の撮影にもよく使用されているとか。<br />入ってみたかったが閉まっていた。

    内装は華やかなロココ調で、有名な映画の撮影にもよく使用されているとか。
    入ってみたかったが閉まっていた。

  • ロジェ通りはエキゾチックな雰囲気があり、ファラフェルという国民食?の店があちこちにあり、行列のできている店も多い。<br />ファラフェルとは中東のサンドイッチで、ヒヨコ豆のコロッケと野菜をピタパンに挟んだもの。<br />私達にはそんなに美味しそうには思えなかったけど、道端で笑顔で美味しそうに食べている若者がもの凄く多かった。<br />

    ロジェ通りはエキゾチックな雰囲気があり、ファラフェルという国民食?の店があちこちにあり、行列のできている店も多い。
    ファラフェルとは中東のサンドイッチで、ヒヨコ豆のコロッケと野菜をピタパンに挟んだもの。
    私達にはそんなに美味しそうには思えなかったけど、道端で笑顔で美味しそうに食べている若者がもの凄く多かった。

  • マレ地区には16世紀から18世紀の貴族の館が多いという。<br />元々ユダヤ人が多かったのでシナゴークもあり、1980年代からはゲイタウンにもなっていき、色んな顔を持つ個性的な街として人気があるようです。<br />

    マレ地区には16世紀から18世紀の貴族の館が多いという。
    元々ユダヤ人が多かったのでシナゴークもあり、1980年代からはゲイタウンにもなっていき、色んな顔を持つ個性的な街として人気があるようです。

  • 3番目に遭遇したパリネコはちょい太めのノラ。

    3番目に遭遇したパリネコはちょい太めのノラ。

  • こっちに来るニャー!! あっち行けーー!!<br />ちょっかいを出そうとした通行人に対しての威嚇だ。(私達ではありません)<br />うん、エライエライ、その調子で逞しく生きてね!

    こっちに来るニャー!! あっち行けーー!!
    ちょっかいを出そうとした通行人に対しての威嚇だ。(私達ではありません)
    うん、エライエライ、その調子で逞しく生きてね!

  • 細い路地を歩くのは楽しい。

    細い路地を歩くのは楽しい。

  • マレ地区の中央にある「サンポール・サン・ルイ教会」<br />14年かけて1641年に完成したパリで唯一のバロック様式の教会。<br />フランスではバロック様式が長続きせず、すぐに古典主義に移行したという。<br />バロックとは、歪んだ真珠、という意味だということで<br />装飾過多なバロック様式はフランス人には受け入れられなかったということか…?<br />

    マレ地区の中央にある「サンポール・サン・ルイ教会」
    14年かけて1641年に完成したパリで唯一のバロック様式の教会。
    フランスではバロック様式が長続きせず、すぐに古典主義に移行したという。
    バロックとは、歪んだ真珠、という意味だということで
    装飾過多なバロック様式はフランス人には受け入れられなかったということか…?

  • 外側の下のほうだけ修繕工事中。

    外側の下のほうだけ修繕工事中。

  • 一歩中に入ると、静寂に包まれた別世界。

    一歩中に入ると、静寂に包まれた別世界。

  • 丸天井からの光が降り注いでいる。

    丸天井からの光が降り注いでいる。

  • 華やかさはないが、シックな雰囲気の天井。

    華やかさはないが、シックな雰囲気の天井。

  • 主祭壇にはマリア像。

    主祭壇にはマリア像。

  • 主祭壇から後方を見たところ。 立派なパイプオルガンがある。

    主祭壇から後方を見たところ。 立派なパイプオルガンがある。

  • サンポール・サンルイ教会から少し東へ行くと、<br />「マレ寺院」というプロテスタントの教会がある。<br />ヴォージュ広場にも近い場所にある小さな教会。<br /><br />

    サンポール・サンルイ教会から少し東へ行くと、
    「マレ寺院」というプロテスタントの教会がある。
    ヴォージュ広場にも近い場所にある小さな教会。

  • 小さく見えたが内部は結構広い。

    小さく見えたが内部は結構広い。

  • 有名ではない寺院だけど、落ち着いた雰囲気なので癒された。

    有名ではない寺院だけど、落ち着いた雰囲気なので癒された。

  • マレ寺院から少し東へいくと有名な「バスティーユ広場」がある。<br /><br />広場というより、ロータリーの真ん中にこの塔が建っている・・・だけ。<br />この塔は1830年のフランス7月革命を記念して建てられたもので<br />七月革命記念柱、と呼ばれている。<br /><br />元々バスティーユ監獄があった場所で、1789年にフランス革命の発端になった、民衆によるバスティーユ監獄襲撃事件が起こった場所だ。

    マレ寺院から少し東へいくと有名な「バスティーユ広場」がある。

    広場というより、ロータリーの真ん中にこの塔が建っている・・・だけ。
    この塔は1830年のフランス7月革命を記念して建てられたもので
    七月革命記念柱、と呼ばれている。

    元々バスティーユ監獄があった場所で、1789年にフランス革命の発端になった、民衆によるバスティーユ監獄襲撃事件が起こった場所だ。

    バスティーユ広場 広場・公園

  • 広場の一角にある右側の建物は、オペラ・バスティーユ。

    広場の一角にある右側の建物は、オペラ・バスティーユ。

  • フランス革命200周年を記念して建てられたモダンなオペラ座だ。

    フランス革命200周年を記念して建てられたモダンなオペラ座だ。

  • この時点で、4時過ぎ頃。 <br />もぅヘトヘト・・・ちょっと体調がすぐれないのでメトロでオペラ座まで戻ることにした。

    この時点で、4時過ぎ頃。 
    もぅヘトヘト・・・ちょっと体調がすぐれないのでメトロでオペラ座まで戻ることにした。

  • 有名な老舗デパート「ギャラリー・ラファイエット オスマン店」<br />屋上からはオペラ座の裏側がよく見えます。

    有名な老舗デパート「ギャラリー・ラファイエット オスマン店」
    屋上からはオペラ座の裏側がよく見えます。

  • このオペラ座の屋上には養蜂場があるんですよね!<br />テレビでやってました。 面白いことをやるなぁ!と興味深く見たっけ。<br />蜂の巣箱が見えるかな? と目を凝らしたが見えなかった…(笑)

    このオペラ座の屋上には養蜂場があるんですよね!
    テレビでやってました。 面白いことをやるなぁ!と興味深く見たっけ。
    蜂の巣箱が見えるかな? と目を凝らしたが見えなかった…(笑)

  • 見晴らしがいいのでとても気持ちがいい。

    見晴らしがいいのでとても気持ちがいい。

  • エッフェル塔も見える。

    エッフェル塔も見える。

  • 最上階にあるバイキング形式のレストラン。<br />なんせランチはアンジェリーナのモンブランだけだったので、<br />(胸が甘さでいっぱいになり、その後何も食べる気がしなくなった)<br />夕食は野菜とフルーツをメインにたっぷりいただきました。

    最上階にあるバイキング形式のレストラン。
    なんせランチはアンジェリーナのモンブランだけだったので、
    (胸が甘さでいっぱいになり、その後何も食べる気がしなくなった)
    夕食は野菜とフルーツをメインにたっぷりいただきました。

  • 美味しかったけど、やはり値段は高め。

    美味しかったけど、やはり値段は高め。

  • ラファイエット本館の中はクーポールと呼ばれる円形の空間。<br />ネオ・ビザンティン様式の装飾が素晴らしく、デパートとは思えない。<br />

    ラファイエット本館の中はクーポールと呼ばれる円形の空間。
    ネオ・ビザンティン様式の装飾が素晴らしく、デパートとは思えない。

  • ブランドものから食料品、お土産まで何でも揃う便利なデパートだ。<br />建物と内部の装飾を見るだけでも価値があると思った。

    ブランドものから食料品、お土産まで何でも揃う便利なデパートだ。
    建物と内部の装飾を見るだけでも価値があると思った。

  • ガラスばりの美しいドーム天井。

    ガラスばりの美しいドーム天井。

  • 中央の円形スペースを囲むバルコニーはカフェになっているところが多い。<br />ホテルはここから数分の場所なのでラク。<br /><br />今日は薄曇りだったが、涼しくて気持ちの良い日だった。<br />パリでの初日、盛りだくさんで楽しかった!<br />それでもかなり疲れたのは、昨日のロワシーバスのせいかも?<br /><br />明日と明後日は、ロワールからモンサンミシェル、ノルマンディーを巡るバスツアーです。<br />朝が早いので、ちゃんと起きれるか不安・・・<br />なので、早めに寝ました。<br /><br /><br /><br /><br />

    中央の円形スペースを囲むバルコニーはカフェになっているところが多い。
    ホテルはここから数分の場所なのでラク。

    今日は薄曇りだったが、涼しくて気持ちの良い日だった。
    パリでの初日、盛りだくさんで楽しかった!
    それでもかなり疲れたのは、昨日のロワシーバスのせいかも?

    明日と明後日は、ロワールからモンサンミシェル、ノルマンディーを巡るバスツアーです。
    朝が早いので、ちゃんと起きれるか不安・・・
    なので、早めに寝ました。




30いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集