モンサンミッシェル旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 フランスは、<br />昨秋、baba友と巡った<br />「独仏とベネルクス3か国の小さな美しい村を巡る旅」で<br />少しだけアルザス地方を訪れましたが、<br />パリやモンサンミッシェル等、定番の観光地を訪れるのは<br />今回が初めて(連れは、フランス初上陸!)。<br /> 何故か何度か来たこれまでのヨーロッパ旅行でも、<br />飛行機のトランジットでさえ、フランスの空港に降り立った<br />ことさえなかったんです。<br /> 子供の頃、「海外で行きたいところは?」と聞かれれば、<br />「フランスとスイス」と答えていたはずなのに・・<br />両国とも縁がなかったんです(スイスもいつか行かなくちゃ!)。<br /> 今回は、珍しく、モンサンミッシェルを見てみたいという<br />連れの意見を尊重し、ニースやモナコも訪れ、アビニョンや<br />ロワール地方のお城、リヨンも巡り、フランスにある<br />世界遺産を8つも見学できるというツアーに決めました。<br /><br /> <br />ツアー行程は以下の通り。<br /><br />〇 1日目(4月22日(月)) 出発 成田発~パリ経由~ニースへ<br />              (ニース泊)<br />〇 2日目(4月23日(火)) ニース、エズ、モナコ(ニース泊)<br />〇 3日目(4月24日(水)) エクスアンプロヴァンス、<br />              【世界遺産①】アルル(アビニョン泊)<br />〇 4日目(4月25日(木)) 【世界遺産②】アビニョン歴史地区、<br />              【世界遺産③】ポンデュガール、<br />              【世界遺産④】リヨン歴史地区(リヨン泊)<br />〇 5日目(4月26日(金)) 【世界遺産⑤】ブールジュ、<br />              【世界遺産⑥】ロワール地方(トゥール泊)<br />〇 6日目(4月27日(土)) 【世界遺産⑦】モンサンミッシェル<br />              (モンサンミッシェル泊)<br />〇 7日目(4月28日(日)) 【世界遺産⑧】ベルサイユ宮殿(パリ泊)<br />〇 8日目(4月29日(月)) パリ市内(パリ泊)<br />〇 9・10日目(4月30日(火)・5月1日(水)) 帰国 パリ~成田<br /><br />6日目(観光5日目)。<br />現地ガイドさんの案内でモンサンミッシェルの修道院内部を<br />見学し、フリータイムを経てシャトルバスでホテルへ。<br />なんと、ホテルの部屋から真正面にモンサンミッシェルが見えるという<br />幸運に恵まれ、部屋の中から、夕景から夜景までじっくり見ることができました。<br /><br /><br />

フランスの8つの世界遺産を巡る旅【12】6日目(【世界遺産】モンサンミッシェル2)

13いいね!

2019/04/27 - 2019/04/27

498位(同エリア1784件中)

 フランスは、
昨秋、baba友と巡った
「独仏とベネルクス3か国の小さな美しい村を巡る旅」で
少しだけアルザス地方を訪れましたが、
パリやモンサンミッシェル等、定番の観光地を訪れるのは
今回が初めて(連れは、フランス初上陸!)。
 何故か何度か来たこれまでのヨーロッパ旅行でも、
飛行機のトランジットでさえ、フランスの空港に降り立った
ことさえなかったんです。
 子供の頃、「海外で行きたいところは?」と聞かれれば、
「フランスとスイス」と答えていたはずなのに・・
両国とも縁がなかったんです(スイスもいつか行かなくちゃ!)。
 今回は、珍しく、モンサンミッシェルを見てみたいという
連れの意見を尊重し、ニースやモナコも訪れ、アビニョンや
ロワール地方のお城、リヨンも巡り、フランスにある
世界遺産を8つも見学できるというツアーに決めました。

 
ツアー行程は以下の通り。

〇 1日目(4月22日(月)) 出発 成田発~パリ経由~ニースへ
              (ニース泊)
〇 2日目(4月23日(火)) ニース、エズ、モナコ(ニース泊)
〇 3日目(4月24日(水)) エクスアンプロヴァンス、
              【世界遺産①】アルル(アビニョン泊)
〇 4日目(4月25日(木)) 【世界遺産②】アビニョン歴史地区、
              【世界遺産③】ポンデュガール、
              【世界遺産④】リヨン歴史地区(リヨン泊)
〇 5日目(4月26日(金)) 【世界遺産⑤】ブールジュ、
              【世界遺産⑥】ロワール地方(トゥール泊)
〇 6日目(4月27日(土)) 【世界遺産⑦】モンサンミッシェル
              (モンサンミッシェル泊)
〇 7日目(4月28日(日)) 【世界遺産⑧】ベルサイユ宮殿(パリ泊)
〇 8日目(4月29日(月)) パリ市内(パリ泊)
〇 9・10日目(4月30日(火)・5月1日(水)) 帰国 パリ~成田

6日目(観光5日目)。
現地ガイドさんの案内でモンサンミッシェルの修道院内部を
見学し、フリータイムを経てシャトルバスでホテルへ。
なんと、ホテルの部屋から真正面にモンサンミッシェルが見えるという
幸運に恵まれ、部屋の中から、夕景から夜景までじっくり見ることができました。


旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 6日目(観光5日目)。<br />現地ガイドさんの案内でモンサンミッシェルの修道院内部を<br />見学します。

    6日目(観光5日目)。
    現地ガイドさんの案内でモンサンミッシェルの修道院内部を
    見学します。

  • テラスからはこんな景色も望めました。<br />

    テラスからはこんな景色も望めました。

  • 哨兵の門の急な階段を登り終え、セキュリティーチェックを<br />受けて、見学開始です。<br />(大きなバックやリュックサックは禁止だそうです。)<br />すぐに表に出て、内大階段と呼ばれる90段の階段を登ります。<br />

    哨兵の門の急な階段を登り終え、セキュリティーチェックを
    受けて、見学開始です。
    (大きなバックやリュックサックは禁止だそうです。)
    すぐに表に出て、内大階段と呼ばれる90段の階段を登ります。

  • 途中には岩肌が現れているところもあり、<br />岩山に建てられていることが実感できます。<br />

    途中には岩肌が現れているところもあり、
    岩山に建てられていることが実感できます。

  • 登ってきた階段を振り返って・・。<br />

    登ってきた階段を振り返って・・。

  • 長い階段を登った先には、こんなご褒美が待っています。<br />シャトルバスで走ってきた道路と橋ですね。<br />人が小さく見えます。<br />シャトルバスの終点は橋の途中です。<br />島まで来ているバスや車は島内に宿泊する方や<br />働く人のためのものですかね??<br />

    長い階段を登った先には、こんなご褒美が待っています。
    シャトルバスで走ってきた道路と橋ですね。
    人が小さく見えます。
    シャトルバスの終点は橋の途中です。
    島まで来ているバスや車は島内に宿泊する方や
    働く人のためのものですかね??

  • 奥に見える橋の辺りをアップしてみます。<br />中央左の黒っぽい建物は、今夜、私たちが<br />宿泊するホテルのようです。<br />

    奥に見える橋の辺りをアップしてみます。
    中央左の黒っぽい建物は、今夜、私たちが
    宿泊するホテルのようです。

  • テラスで羽を休めるカモメは人なれしているのか、<br />少しくらい近づいてもビクともしません。<br />

    テラスで羽を休めるカモメは人なれしているのか、
    少しくらい近づいてもビクともしません。

  • 近くから塔を見上げます。<br />

    近くから塔を見上げます。

  • 尖塔部分をアップ。<br />フレームにカモメが飛び込んできてくれました(^-^)

    尖塔部分をアップ。
    フレームにカモメが飛び込んできてくれました(^-^)

  • 修道院聖堂。<br />ここは、とにかく風が強くて・・<br />子供や体重の軽い人はフラフラしてしまうと<br />思ってしまうくらい強い風が吹いていました。<br />

    修道院聖堂。
    ここは、とにかく風が強くて・・
    子供や体重の軽い人はフラフラしてしまうと
    思ってしまうくらい強い風が吹いていました。

  • テラスを回り込むと、入場を待っている時に見えた<br />トンブレーヌ島が見えてきます。<br />潮の満ち引きが凄いと聞いていましたが、本当だ!<br />今なら島まで歩いても行けそうです。<br />

    テラスを回り込むと、入場を待っている時に見えた
    トンブレーヌ島が見えてきます。
    潮の満ち引きが凄いと聞いていましたが、本当だ!
    今なら島まで歩いても行けそうです。

  • 聖堂の中に入ってきました。<br />煌びやかな雰囲気はありませんが、<br />この岩山に、これだけの大きさの建物が<br />建つというそれだけでも、人々の信仰と<br />荘厳な雰囲気を感じる聖堂です。<br />

    聖堂の中に入ってきました。
    煌びやかな雰囲気はありませんが、
    この岩山に、これだけの大きさの建物が
    建つというそれだけでも、人々の信仰と
    荘厳な雰囲気を感じる聖堂です。

  • 高い、高い天井は、少しでも軽くするために<br />木材が使われているそうです。<br />

    高い、高い天井は、少しでも軽くするために
    木材が使われているそうです。

  • シンプルなステンドグラスも素敵です。<br />

    シンプルなステンドグラスも素敵です。

  • 主祭壇<br />

    主祭壇

  • 左下方・・<br />水色っぽい楕円形がありますが、ちょっと覚えておいて<br />ください。<br />後で関連ある写真が出てきます。<br />

    左下方・・
    水色っぽい楕円形がありますが、ちょっと覚えておいて
    ください。
    後で関連ある写真が出てきます。

  • 主祭壇脇には槍と天秤を持ち、竜(怪物?)を<br />踏みつけている大天使聖ミカエルの像がありました。<br /><br />

    主祭壇脇には槍と天秤を持ち、竜(怪物?)を
    踏みつけている大天使聖ミカエルの像がありました。

  • 聖堂を抜けると中央部分が緑の芝生に<br />覆われた中庭を持つ回廊がありました。<br />(屋上緑化の元祖でしょうか?)<br />回廊は、礼拝と瞑想のための場で、<br />修道士たちが、一人読書にいそしみ、<br />神の言葉を噛みしめるための場所としての<br />役割を果たしていたんだそうです。<br />

    聖堂を抜けると中央部分が緑の芝生に
    覆われた中庭を持つ回廊がありました。
    (屋上緑化の元祖でしょうか?)
    回廊は、礼拝と瞑想のための場で、
    修道士たちが、一人読書にいそしみ、
    神の言葉を噛みしめるための場所としての
    役割を果たしていたんだそうです。

  • 柱の大部分は修復されたものだそうですが、<br />2本だけ、建築当時からのものがあるんだそうです。<br />そのうちの1本が右から2番目の柱。<br />確かに、他の柱に比べるとかなり痛んでいます。<br />

    柱の大部分は修復されたものだそうですが、
    2本だけ、建築当時からのものがあるんだそうです。
    そのうちの1本が右から2番目の柱。
    確かに、他の柱に比べるとかなり痛んでいます。

  • 正面に見えるのは食堂。

    正面に見えるのは食堂。

  • 回廊の柱の頂板には繊細で素晴らしい彫刻が<br />ほどこされています。

    回廊の柱の頂板には繊細で素晴らしい彫刻が
    ほどこされています。

  • この彫刻には彩色された跡が残っていますね。<br />色が残っていたら、どんな感じだったんでしょう・・。<br />いくら想像を膨らませてみようとしても、私には無理なようです。<br />

    この彫刻には彩色された跡が残っていますね。
    色が残っていたら、どんな感じだったんでしょう・・。
    いくら想像を膨らませてみようとしても、私には無理なようです。

  • こちらは聖堂。<br />

    こちらは聖堂。

  • 回廊からも海を臨むことができます。<br />昔は吹きさらしだったようですが、<br />今はガラスがはめ込まれています。<br />

    回廊からも海を臨むことができます。
    昔は吹きさらしだったようですが、
    今はガラスがはめ込まれています。

  • みなさん海を覗いています。<br />今はガラスがあるから良いけれど、これが<br />吹きさらしだった思うと、ちょっと怖いですね。<br />

    みなさん海を覗いています。
    今はガラスがあるから良いけれど、これが
    吹きさらしだった思うと、ちょっと怖いですね。

  • 食堂に入ってきました。<br />ここも天井は木製です。<br />

    食堂に入ってきました。
    ここも天井は木製です。

  • 側面には59にも及ぶ細長い小窓が<br />設えられており、優しい光が溢れています。<br />

    側面には59にも及ぶ細長い小窓が
    設えられており、優しい光が溢れています。

  • 窓ガラスにはそれぞれ異なる模様が<br />ほどこされています。

    窓ガラスにはそれぞれ異なる模様が
    ほどこされています。

  • 食堂のドアから回廊を望みます。<br />

    食堂のドアから回廊を望みます。

  • 素敵ですね~。<br />

    素敵ですね~。

  • 言伝えによると、8世紀初頭、モンサンミッシェル近郊の<br />町の司教の夢に大天使ミカエルが現れ、<br />「あの岩山に聖堂を建てよ」と命じたのだそうです。<br />はじめは単なる夢だと信じずにいたのですが、<br />大天使ミカエルは再び夢に現れました。<br />それでもなかなか信じない司教に業を煮やした<br />ミカエルは3度目の時に司教の額に指を食い込ませた<br />のだとか・・。<br />翌朝、司教は自分の額に穴が開いていることに気づき愕然とし、よ<br />うやくお告げが本物だと信じ、聖堂を作ったのだそうです。<br />このレリーフはその言い伝えを表しているんですね。<br />

    言伝えによると、8世紀初頭、モンサンミッシェル近郊の
    町の司教の夢に大天使ミカエルが現れ、
    「あの岩山に聖堂を建てよ」と命じたのだそうです。
    はじめは単なる夢だと信じずにいたのですが、
    大天使ミカエルは再び夢に現れました。
    それでもなかなか信じない司教に業を煮やした
    ミカエルは3度目の時に司教の額に指を食い込ませた
    のだとか・・。
    翌朝、司教は自分の額に穴が開いていることに気づき愕然とし、よ
    うやくお告げが本物だと信じ、聖堂を作ったのだそうです。
    このレリーフはその言い伝えを表しているんですね。

  • 開いた傘が続くようなこの部屋は「貴賓室(迎賓の間)」です。<br />

    開いた傘が続くようなこの部屋は「貴賓室(迎賓の間)」です。

  • この部屋には大きな二つの暖炉が設けられています。<br />

    この部屋には大きな二つの暖炉が設けられています。

  • 淡い水色や緑色に色づけられた窓ガラスの向こうに<br />トンブレーヌ島が見えます。<br />

    淡い水色や緑色に色づけられた窓ガラスの向こうに
    トンブレーヌ島が見えます。

  • 窓ガラスの枠模様は様々。

    窓ガラスの枠模様は様々。

  • 巡礼地の印であるホタテの文様もありますね。<br />

    巡礼地の印であるホタテの文様もありますね。

  • 一旦建物の外側に出ました。<br />窓の鉄柵の向こうに、さっき見た<br />大天使ミカエルのモニュメントがありました。<br />

    一旦建物の外側に出ました。
    窓の鉄柵の向こうに、さっき見た
    大天使ミカエルのモニュメントがありました。

  • 太い柱が連なる「太柱の礼拝堂」。<br />この礼拝堂は、修道院聖堂のゴシック様式の内陣を<br />支えるために15世紀の中ごろに作られたそうです。<br />

    太い柱が連なる「太柱の礼拝堂」。
    この礼拝堂は、修道院聖堂のゴシック様式の内陣を
    支えるために15世紀の中ごろに作られたそうです。

  • 天井の明るくなっているここ!<br />ここは、聖堂の主祭壇辺りの写真の中で、<br />「水色っぽい楕円形がありますが、ちょっと覚えておいて<br />ください。後で関連ある写真が出てきます。」と<br />ご紹介した場所を、下から見上げているんです。<br />(何のためにあるのかはちょっと・・真下にあることの<br />証明ですかね??)

    天井の明るくなっているここ!
    ここは、聖堂の主祭壇辺りの写真の中で、
    「水色っぽい楕円形がありますが、ちょっと覚えておいて
    ください。後で関連ある写真が出てきます。」と
    ご紹介した場所を、下から見上げているんです。
    (何のためにあるのかはちょっと・・真下にあることの
    証明ですかね??)

  • 「聖マルタン礼拝堂」<br />ここは、11世紀の完成当時の姿をとどめる<br />貴重な場所なんだそうです。

    「聖マルタン礼拝堂」
    ここは、11世紀の完成当時の姿をとどめる
    貴重な場所なんだそうです。

  • 巨大な車輪がある場所は、<br />「修道僧の納骨堂」です。<br />この車輪は、19世紀初頭、この修道院は<br />監獄になっていて、ここに幽閉されていた<br />政治犯の食料を引き上げるために使われていたそうです。

    巨大な車輪がある場所は、
    「修道僧の納骨堂」です。
    この車輪は、19世紀初頭、この修道院は
    監獄になっていて、ここに幽閉されていた
    政治犯の食料を引き上げるために使われていたそうです。

  • この車輪の中に6人の囚人が入り、<br />ハムスターが車輪を回すように、中で走って<br />人力で車輪を回していたのだそうです。<br />

    この車輪の中に6人の囚人が入り、
    ハムスターが車輪を回すように、中で走って
    人力で車輪を回していたのだそうです。

  • 「聖ステファノ礼拝堂」<br />死者のための礼拝堂とのこと。<br />祭壇の台座にはギリシャ語の最初の文字と<br />最後の文字であるαとΩが彫り込まれています。<br />聖ヨハネの黙示録によると、この二つの文字は<br />神を象徴するというのだそうです。<br />(我はアルファ、そしてオメガ、最初そして最後、<br />原理と終焉)

    「聖ステファノ礼拝堂」
    死者のための礼拝堂とのこと。
    祭壇の台座にはギリシャ語の最初の文字と
    最後の文字であるαとΩが彫り込まれています。
    聖ヨハネの黙示録によると、この二つの文字は
    神を象徴するというのだそうです。
    (我はアルファ、そしてオメガ、最初そして最後、
    原理と終焉)

  • 「悲しみの聖母像」<br />キリストの頭部が失われていて・・<br />本当に悲しい・・。<br />

    「悲しみの聖母像」
    キリストの頭部が失われていて・・
    本当に悲しい・・。

  • 「散策の間」

    「散策の間」

  • ここには、元々の岩肌がそのまま使われている<br />壁があります。<br />

    ここには、元々の岩肌がそのまま使われている
    壁があります。

  • 散策の間を抜けると、明るくて広い部屋に出ます。<br />「騎士の間」と呼ばれる、修道僧たちの仕事や勉強の<br />場所だったそうです。<br />

    散策の間を抜けると、明るくて広い部屋に出ます。
    「騎士の間」と呼ばれる、修道僧たちの仕事や勉強の
    場所だったそうです。

  • 美しい丸窓がありました。<br />

    美しい丸窓がありました。

  • ただ、この部屋の天井には所々カビが見受けられました。<br />それは、この部屋が回廊の下に位置しているからなんだ<br />そうです。<br />やっぱり、上は雨さらしのお庭ですから、水分が<br />多いんですね。<br />

    ただ、この部屋の天井には所々カビが見受けられました。
    それは、この部屋が回廊の下に位置しているからなんだ
    そうです。
    やっぱり、上は雨さらしのお庭ですから、水分が
    多いんですね。

  • 暖炉です。<br />

    暖炉です。

  • 修道院内部の見学を終えて外に出てきました。<br />尖塔の大天使ミカエルを後ろから見ています。<br />

    修道院内部の見学を終えて外に出てきました。
    尖塔の大天使ミカエルを後ろから見ています。

  • 天使の羽が良くわかります。

    天使の羽が良くわかります。

  • 修道院の裏側(?)になるのかな?<br />日差しの感じからして西側かな。<br /><br />

    修道院の裏側(?)になるのかな?
    日差しの感じからして西側かな。

  • 北側(たぶん)に回ってきました。<br />潮風があたることがことが多いのでしょうか。<br />壁が苔むしています。<br />

    北側(たぶん)に回ってきました。
    潮風があたることがことが多いのでしょうか。
    壁が苔むしています。

  • ホラ、こんな感じ。<br />

    ホラ、こんな感じ。

  • あまり人がいない小道を行くと

    あまり人がいない小道を行くと

  • 展望スペースに出ました。<br />干潟を散策している人たちがいますね~。<br />海からモンサンミッシェルを見上げるのも<br />素敵でしょうね。<br />

    展望スペースに出ました。
    干潟を散策している人たちがいますね~。
    海からモンサンミッシェルを見上げるのも
    素敵でしょうね。

  • フリータイム。<br />最初にやってきたのは、<br />「サン ピエール教会」。<br />入り口でジャンヌ・ダルクの像が迎えてくれます。<br />

    フリータイム。
    最初にやってきたのは、
    「サン ピエール教会」。
    入り口でジャンヌ・ダルクの像が迎えてくれます。

  • なんでジャンヌ・ダルク?と思いましたが、<br />この教会は大天使ミカエルを祭っていて、<br />ジャンヌ・ダルクは大天使ミカエルのお告げを聞いて<br />百年戦争を勝利に導いた・・というつながりがあるから<br />のようです。

    なんでジャンヌ・ダルク?と思いましたが、
    この教会は大天使ミカエルを祭っていて、
    ジャンヌ・ダルクは大天使ミカエルのお告げを聞いて
    百年戦争を勝利に導いた・・というつながりがあるから
    のようです。

  • 教会内部。

    教会内部。

  • 銀色に輝く大天使ミカエルの像。

    銀色に輝く大天使ミカエルの像。

  • 大天使ミカエルをアップに。

    大天使ミカエルをアップに。

  • 聖母子像。

    聖母子像。

  • この聖母子像はどこにあったんだっけ・・・。<br />メインストリートを戻っている途中で見つけたと<br />思うんだけど・・<br />このマリア様、とっても美しいでしょう?

    この聖母子像はどこにあったんだっけ・・・。
    メインストリートを戻っている途中で見つけたと
    思うんだけど・・
    このマリア様、とっても美しいでしょう?

  • こういう穴が開いているところを見つけると<br />ついつい覗いて見たくなります。<br />

    こういう穴が開いているところを見つけると
    ついつい覗いて見たくなります。

  • 見えてきた景色はこちら。<br />シャトルバスが走る橋ですね。<br />干潟を歩いている人も見えます。<br />

    見えてきた景色はこちら。
    シャトルバスが走る橋ですね。
    干潟を歩いている人も見えます。

  • そろそろシャトルバスの停留場に向かわないと・・<br />王の門をくぐってモンサンミッシェルを後にします。<br />(ちょっと写真を加工してみました)

    そろそろシャトルバスの停留場に向かわないと・・
    王の門をくぐってモンサンミッシェルを後にします。
    (ちょっと写真を加工してみました)

  • あら~!<br />馬に乗って干潟を散策するツアーも<br />あるのかしらん。<br />このお馬さんは、結構ガッシリタイプの<br />お馬さんです。<br />

    あら~!
    馬に乗って干潟を散策するツアーも
    あるのかしらん。
    このお馬さんは、結構ガッシリタイプの
    お馬さんです。

  • バス停に向かう人が多いですね~。<br />ちょうどみなさん帰る時間かな。<br />

    バス停に向かう人が多いですね~。
    ちょうどみなさん帰る時間かな。

  • これから島へ向かう人もいますが、帰る人の方が<br />断然多いですね~。<br />

    これから島へ向かう人もいますが、帰る人の方が
    断然多いですね~。

  • シャトルバスには乗りきれませんね。<br />バスは5分~10分間隔でやってきますが、<br />この時は3台待ち。20分弱、強風吹きすさぶ中<br />待ちました。<br />

    シャトルバスには乗りきれませんね。
    バスは5分~10分間隔でやってきますが、
    この時は3台待ち。20分弱、強風吹きすさぶ中
    待ちました。

  • シャトルバスは私たちが宿泊するホテルの前でも停まると<br />聞いていたのですが、ス~ッと通り過ぎ・・<br />ランチを食べたレストランの近くでようやく停まりました。<br />バス停から少しホテルの方に戻るとスーパーマーケットがあります。<br />

    シャトルバスは私たちが宿泊するホテルの前でも停まると
    聞いていたのですが、ス~ッと通り過ぎ・・
    ランチを食べたレストランの近くでようやく停まりました。
    バス停から少しホテルの方に戻るとスーパーマーケットがあります。

  • 何故か、カラフルな牛さんたちが沢山います。<br />

    何故か、カラフルな牛さんたちが沢山います。

  • この日お世話になるホテルは、<br />「ルレ サン ミッシェル」<br />モンサンミッシェルに一番近いホテルです。

    この日お世話になるホテルは、
    「ルレ サン ミッシェル」
    モンサンミッシェルに一番近いホテルです。

  • 広い窓・・<br />

    広い窓・・

  • そしてそして、なんとお部屋の真正面に<br />モンサンミッシェルが見えるんです!<br />今回のツアーでの運をこの部屋で使い果たした!と<br />言われても仕方がありません。<br />見てください。部屋からの景色です!

    そしてそして、なんとお部屋の真正面に
    モンサンミッシェルが見えるんです!
    今回のツアーでの運をこの部屋で使い果たした!と
    言われても仕方がありません。
    見てください。部屋からの景色です!

  • お部屋からこの景色が望めるなんて。スゴイ!!<br />これじゃあ、外に行く必要がありません。<br />滅多にない幸運(たぶん今後もないでしょう・・)、<br />お部屋で堪能しなくては!!

    お部屋からこの景色が望めるなんて。スゴイ!!
    これじゃあ、外に行く必要がありません。
    滅多にない幸運(たぶん今後もないでしょう・・)、
    お部屋で堪能しなくては!!

  • シャトルバスが行きかったり、<br />散策している人もいますね~。<br />(空が曇ってきました。)

    シャトルバスが行きかったり、
    散策している人もいますね~。
    (空が曇ってきました。)

  • 部屋からグーンとアップしてみます。<br />結構しっかり見えますね~。<br /><br />

    部屋からグーンとアップしてみます。
    結構しっかり見えますね~。

  • この日の夕食はホテルのレストラン。<br />レストランの窓からもモンサンミッシェルが<br />良く見えます。<br />

    この日の夕食はホテルのレストラン。
    レストランの窓からもモンサンミッシェルが
    良く見えます。

  • モンサンミッシェルが良く見えないお部屋になってしまった<br />メンバーの方もいらっしゃるようなので、モンサンミッシェルが<br />良く見える席は、そういったメンバーの方に座っていただきます。

    モンサンミッシェルが良く見えないお部屋になってしまった
    メンバーの方もいらっしゃるようなので、モンサンミッシェルが
    良く見える席は、そういったメンバーの方に座っていただきます。

  • 野菜スープ<br />

    野菜スープ

  • 鶏肉

    鶏肉

  • そしてクリームブリュレ。<br />これ、とっても美味しかったです。<br />

    そしてクリームブリュレ。
    これ、とっても美味しかったです。

  • 食事の後は、即部屋に戻って<br />モンサンミッシェルを堪能します。<br />少し霞んできてしまいました。<br />

    食事の後は、即部屋に戻って
    モンサンミッシェルを堪能します。
    少し霞んできてしまいました。

  • 薄暗くなって、少しづつ灯りが灯り始めました。<br />

    薄暗くなって、少しづつ灯りが灯り始めました。

  • 辺りが暗くなると、ライトアップされた<br />モンサンミッシェルが浮かび上がります。<br />

    辺りが暗くなると、ライトアップされた
    モンサンミッシェルが浮かび上がります。

  • 尖塔の大天使ミカエルもライトアップされたようで<br />夜空にくっきり輝いています。<br />

    尖塔の大天使ミカエルもライトアップされたようで
    夜空にくっきり輝いています。

  • この時期、シャトルバスの最終はなんと夜中の1時!<br />1時を過ぎるとこのライトアップも消え、<br />モンサンミッシェルは闇に隠れてしまいました。<br />さて、明日はまたまた大移動。<br />約350㎞移動して、ベルサイユ宮殿を見学します。<br />

    この時期、シャトルバスの最終はなんと夜中の1時!
    1時を過ぎるとこのライトアップも消え、
    モンサンミッシェルは闇に隠れてしまいました。
    さて、明日はまたまた大移動。
    約350㎞移動して、ベルサイユ宮殿を見学します。

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 100円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集