モンサンミッシェル旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 フランスは、<br />昨秋、baba友と巡った<br />「独仏とベネルクス3か国の小さな美しい村を巡る旅」で<br />少しだけアルザス地方を訪れましたが、<br />パリやモンサンミッシェル等、定番の観光地を訪れるのは<br />今回が初めて(連れは、フランス初上陸!)。<br /> 何故か何度か来たこれまでのヨーロッパ旅行でも、<br />飛行機のトランジットでさえ、フランスの空港に降り立った<br />ことさえなかったんです。<br /> 子供の頃、「海外で行きたいところは?」と聞かれれば、<br />「フランスとスイス」と答えていたはずなのに・・<br />両国とも縁がなかったんです(スイスもいつか行かなくちゃ!)。<br /> 今回は、珍しく、モンサンミッシェルを見てみたいという<br />連れの意見を尊重し、ニースやモナコも訪れ、アビニョンや<br />ロワール地方のお城、リヨンも巡り、フランスにある<br />世界遺産を8つも見学できるというツアーに決めました。<br /><br /> <br />ツアー行程は以下の通り。<br /><br />〇 1日目(4月22日(月)) 出発 成田発~パリ経由~ニースへ<br />              (ニース泊)<br />〇 2日目(4月23日(火)) ニース、エズ、モナコ(ニース泊)<br />〇 3日目(4月24日(水)) エクスアンプロヴァンス、<br />              【世界遺産①】アルル(アビニョン泊)<br />〇 4日目(4月25日(木)) 【世界遺産②】アビニョン歴史地区、<br />              【世界遺産③】ポンデュガール、<br />              【世界遺産④】リヨン歴史地区(リヨン泊)<br />〇 5日目(4月26日(金)) 【世界遺産⑤】ブールジュ、<br />              【世界遺産⑥】ロワール地方(トゥール泊)<br />〇 6日目(4月27日(土)) 【世界遺産⑦】モンサンミッシェル<br />              (モンサンミッシェル泊)<br />〇 7日目(4月28日(日)) 【世界遺産⑧】ベルサイユ宮殿(パリ泊)<br />〇 8日目(4月29日(月)) パリ市内(パリ泊)<br />〇 9・10日目(4月30日(火)・5月1日(水)) 帰国 パリ~成田<br /><br />6日目(観光5日目)。<br />いよいよ、今回の旅の目的の一つ、モンサンミッシェルを観光します。<br />モンサンミッシェルまでは約280Km。<br />朝、トゥールのホテルを出るときは雨、途中は晴天、<br />モンサンミッシェルに近づいてまた雨・・<br />コロコロ変わるお天気に雨を心配していましたが、<br />青空のモンサンミッシェルでした!<br />

フランスの8つの世界遺産を巡る旅【11】6日目(車窓と【世界遺産】モンサンミッシェル1)

8いいね!

2019/04/27 - 2019/04/27

799位(同エリア1801件中)

Ybaba姫

Ybaba姫さん

 フランスは、
昨秋、baba友と巡った
「独仏とベネルクス3か国の小さな美しい村を巡る旅」で
少しだけアルザス地方を訪れましたが、
パリやモンサンミッシェル等、定番の観光地を訪れるのは
今回が初めて(連れは、フランス初上陸!)。
 何故か何度か来たこれまでのヨーロッパ旅行でも、
飛行機のトランジットでさえ、フランスの空港に降り立った
ことさえなかったんです。
 子供の頃、「海外で行きたいところは?」と聞かれれば、
「フランスとスイス」と答えていたはずなのに・・
両国とも縁がなかったんです(スイスもいつか行かなくちゃ!)。
 今回は、珍しく、モンサンミッシェルを見てみたいという
連れの意見を尊重し、ニースやモナコも訪れ、アビニョンや
ロワール地方のお城、リヨンも巡り、フランスにある
世界遺産を8つも見学できるというツアーに決めました。

 
ツアー行程は以下の通り。

〇 1日目(4月22日(月)) 出発 成田発~パリ経由~ニースへ
              (ニース泊)
〇 2日目(4月23日(火)) ニース、エズ、モナコ(ニース泊)
〇 3日目(4月24日(水)) エクスアンプロヴァンス、
              【世界遺産①】アルル(アビニョン泊)
〇 4日目(4月25日(木)) 【世界遺産②】アビニョン歴史地区、
              【世界遺産③】ポンデュガール、
              【世界遺産④】リヨン歴史地区(リヨン泊)
〇 5日目(4月26日(金)) 【世界遺産⑤】ブールジュ、
              【世界遺産⑥】ロワール地方(トゥール泊)
〇 6日目(4月27日(土)) 【世界遺産⑦】モンサンミッシェル
              (モンサンミッシェル泊)
〇 7日目(4月28日(日)) 【世界遺産⑧】ベルサイユ宮殿(パリ泊)
〇 8日目(4月29日(月)) パリ市内(パリ泊)
〇 9・10日目(4月30日(火)・5月1日(水)) 帰国 パリ~成田

6日目(観光5日目)。
いよいよ、今回の旅の目的の一つ、モンサンミッシェルを観光します。
モンサンミッシェルまでは約280Km。
朝、トゥールのホテルを出るときは雨、途中は晴天、
モンサンミッシェルに近づいてまた雨・・
コロコロ変わるお天気に雨を心配していましたが、
青空のモンサンミッシェルでした!

旅行の満足度
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
観光バス 徒歩
航空会社
エールフランス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 6日目(観光5日目)。<br />この日も長距離移動。約280㎞移動して、<br />いよいよ、今回の旅の目的の一つ、モンサンミッシェルを<br />観光します。

    6日目(観光5日目)。
    この日も長距離移動。約280㎞移動して、
    いよいよ、今回の旅の目的の一つ、モンサンミッシェルを
    観光します。

  • ホテルの部屋からの眺望。<br />左にホテルの看板が写りこんでしまいました(^-^;。<br />

    ホテルの部屋からの眺望。
    左にホテルの看板が写りこんでしまいました(^-^;。

  • 今回は時間が無くて外に出る時間はありませんでしたが<br />ホテルの近くに街の中心に出ることができる<br />トラムの停留所があるので、個人旅行の方にも結構<br />便利なホテルだと思います。<br />ホテルを出るときは雨・・天候が心配です。<br />

    今回は時間が無くて外に出る時間はありませんでしたが
    ホテルの近くに街の中心に出ることができる
    トラムの停留所があるので、個人旅行の方にも結構
    便利なホテルだと思います。
    ホテルを出るときは雨・・天候が心配です。

  • トゥールの街は美しい新緑の並木道を持つ、<br />落ち着いた雰囲気の街です。<br />ルイ11世の時代は首都だったというこの街には、<br />歴史的建造物が数多く残っていて、中世の雰囲気を感じる<br />ことができるんですって。今回はほぼ素通りで残念です。<br />

    トゥールの街は美しい新緑の並木道を持つ、
    落ち着いた雰囲気の街です。
    ルイ11世の時代は首都だったというこの街には、
    歴史的建造物が数多く残っていて、中世の雰囲気を感じる
    ことができるんですって。今回はほぼ素通りで残念です。

  • モンサンミッシェルまでは、約280㎞!<br />しばらく車窓を流れる景色をご覧ください。<br /><br />トゥールを過ぎると雨が上がり青空が広がって<br />きました!(^^)!<br />

    モンサンミッシェルまでは、約280㎞!
    しばらく車窓を流れる景色をご覧ください。

    トゥールを過ぎると雨が上がり青空が広がって
    きました!(^^)!

  • バスの車窓から。

    バスの車窓から。

  • 菜の花畑が綺麗。<br />

    菜の花畑が綺麗。

  • 一面の菜の花畑。<br />

    一面の菜の花畑。

  • バスの車窓から。<br />

    バスの車窓から。

  • 見慣れた感じの牛さん達。<br />ホルスタイン種ですかね。

    見慣れた感じの牛さん達。
    ホルスタイン種ですかね。

  • 牧場が多いのか、放牧されている牛を多く見かけます。<br />

    牧場が多いのか、放牧されている牛を多く見かけます。

  • 長い道のりなので、途中で休憩をはさみます。<br />

    長い道のりなので、途中で休憩をはさみます。

  • 下を鉄道が走っています。<br />

    下を鉄道が走っています。

  • 川を越えて・・<br />

    川を越えて・・

  • バスはかなりのスピードで順調に走ります。<br />

    バスはかなりのスピードで順調に走ります。

  • 高速道路を降りて、市街地に入って<br />きましたが、空模様が怪しくなってきました・・・。<br />

    高速道路を降りて、市街地に入って
    きましたが、空模様が怪しくなってきました・・・。

  • 重そうな雲が・・。<br />少し向こうでは雨が降っている雰囲気。<br />

    重そうな雲が・・。
    少し向こうでは雨が降っている雰囲気。

  • また青空が戻ってきましたが、途中かなり<br />雨が強い地域がありました。<br />窓ガラスが雨で濡れているのがわかるでしょう?<br />

    また青空が戻ってきましたが、途中かなり
    雨が強い地域がありました。
    窓ガラスが雨で濡れているのがわかるでしょう?

  • この木も寄生木が重そうですね~。<br />

    この木も寄生木が重そうですね~。

  • モンサンミッシェルの近くですが、ランチのレストランの<br />予約時間まで、まだ少し時間があるようで、休憩を兼ねて<br />スーパーマーケットでフリータイムです。<br />スーパーではモンサンミッシェルのクッキー等<br />お土産品も売っていて、ここで買い物をしている人も<br />多くいました。<br />

    モンサンミッシェルの近くですが、ランチのレストランの
    予約時間まで、まだ少し時間があるようで、休憩を兼ねて
    スーパーマーケットでフリータイムです。
    スーパーではモンサンミッシェルのクッキー等
    お土産品も売っていて、ここで買い物をしている人も
    多くいました。

  • 丘の上の風車・・<br />絵になりますね~。<br />青空だったらもっと良いのに・・。<br />

    丘の上の風車・・
    絵になりますね~。
    青空だったらもっと良いのに・・。

  • アッ!アッ!あっ!!<br />木々の間にモンサンミッシェルが見えてきました!<br />

    アッ!アッ!あっ!!
    木々の間にモンサンミッシェルが見えてきました!

  • この日のランチには、この地域の特産品である<br />りんごでつくるスパークリングワインの<br />「シードル」が1杯づつサービスされました。<br />お味見用でしょうか、モンサンミッシェルのクッキーも<br />テーブルに用意されていました。<br />

    この日のランチには、この地域の特産品である
    りんごでつくるスパークリングワインの
    「シードル」が1杯づつサービスされました。
    お味見用でしょうか、モンサンミッシェルのクッキーも
    テーブルに用意されていました。

  • これが、モンサンミッシェル名物のフワフワオムレツ。<br />日本で食べるオムレツをイメージしていけません。<br />全くの別物です。<br />う~ん・・どう説明したら良いのかな?<br />塩コショウで薄味を付けた、ゆる~いメレンゲを<br />チョットだけ焼いた感じ?<br />モンサンミッシェルで食べるから、価値があるんでしょうね。<br />

    これが、モンサンミッシェル名物のフワフワオムレツ。
    日本で食べるオムレツをイメージしていけません。
    全くの別物です。
    う~ん・・どう説明したら良いのかな?
    塩コショウで薄味を付けた、ゆる~いメレンゲを
    チョットだけ焼いた感じ?
    モンサンミッシェルで食べるから、価値があるんでしょうね。

  • メインはムール貝。<br />この辺りは、ムール貝の産地としても<br />有名なのだそうです。<br /><br />

    メインはムール貝。
    この辺りは、ムール貝の産地としても
    有名なのだそうです。

  • デザート。<br />

    デザート。

  • さあ、いよいよ無料のシャトルバスに乗って、<br />7つ目となる<br />【世界遺産:モンサンミッシェルとその湾】を<br />観光します。<br />当初乗車しようと思っていた、レストラン<br />近くの停留所には、とっても大勢の観光客が<br />並んでいて、何台も見送らないと乗れそうになく、<br />観光バスで移動してシャトルバスの始発停留所に<br />やってきました。<br /><br />

    さあ、いよいよ無料のシャトルバスに乗って、
    7つ目となる
    【世界遺産:モンサンミッシェルとその湾】を
    観光します。
    当初乗車しようと思っていた、レストラン
    近くの停留所には、とっても大勢の観光客が
    並んでいて、何台も見送らないと乗れそうになく、
    観光バスで移動してシャトルバスの始発停留所に
    やってきました。

  • 馬車でも行けるようですが、こちらは有料。<br />モンサンミッシェルは現地ガイドさんが<br />案内してくださいます。<br />

    馬車でも行けるようですが、こちらは有料。
    モンサンミッシェルは現地ガイドさんが
    案内してくださいます。

  • モンサンミッシェルへのシャトルバスの<br />終点から、島までは少し歩きます。<br />あまり近づくと、全景の写真は撮れませんものね。<br />なんとか、青空の下でモンサンミッシェルを見る<br />ことができました。<br />

    モンサンミッシェルへのシャトルバスの
    終点から、島までは少し歩きます。
    あまり近づくと、全景の写真は撮れませんものね。
    なんとか、青空の下でモンサンミッシェルを見る
    ことができました。

  • さえぎる物の無い橋の上、物凄い強風です。<br />帽子は吹き飛ばされてしまいそうなので、<br />バックにしまいます。<br />

    さえぎる物の無い橋の上、物凄い強風です。
    帽子は吹き飛ばされてしまいそうなので、
    バックにしまいます。

  • 干潟を歩くツアー(有料)もあるそうです。<br />

    干潟を歩くツアー(有料)もあるそうです。

  • モンサンミッシェルは<br />「聖ミカエルの山」という意味を持ち、<br />島全体を指しているんだそうです。<br />

    モンサンミッシェルは
    「聖ミカエルの山」という意味を持ち、
    島全体を指しているんだそうです。

  • 聖堂の尖塔にキラキラと輝いているのは<br />大天使ミカエル像です。<br />

    聖堂の尖塔にキラキラと輝いているのは
    大天使ミカエル像です。

  • 島の入り口辺りで、尖塔の先端、大天使ミカエル像をアップ。<br />あんまり良くわかりませんね・・。<br />

    島の入り口辺りで、尖塔の先端、大天使ミカエル像をアップ。
    あんまり良くわかりませんね・・。

  • 島内に入る最初の門(「ラヴァンセ門」)。<br />(この写真は帰る時に撮影)<br />

    島内に入る最初の門(「ラヴァンセ門」)。
    (この写真は帰る時に撮影)

  • そして2つ目の門である「大通り門」を<br />抜けていきます。<br />(この写真も帰る時に撮影)

    そして2つ目の門である「大通り門」を
    抜けていきます。
    (この写真も帰る時に撮影)

  • 門を抜けると、すぐ左手に有名な<br />「プーラルおばさんの<br />オムレツ屋(ラ・メール・プラール)」さんがあります。<br />モンサンミッシェルの名物、ふわふわオムレツ<br />発祥のお店です。<br />

    門を抜けると、すぐ左手に有名な
    「プーラルおばさんの
    オムレツ屋(ラ・メール・プラール)」さんがあります。
    モンサンミッシェルの名物、ふわふわオムレツ
    発祥のお店です。

  • 昔、この島は今のように橋を通って簡単に渡れる島ではなく、<br />巡礼者たちは、引き潮の時に命がけで砂を踏んで、<br />やってきたわけです。宿を営んでいたプーラルおばさんは、<br />なんとかこの巡礼者たちに栄養をつけさせてあげたいと<br />考え、島内でも比較的入手しやすかった卵を使って、<br />泡立てて、外側を大きく膨らませ、少ない材料でも見た目は<br />大きなオムレツを作ることに成功したのだそうです。<br />残念ながらオムレツを作っている様子を見ることは<br />できませんでした。<br />「お待ちください、私たちはあなたをインストールします」<br />と日本語で書かれています(^-^;<br /><br />

    昔、この島は今のように橋を通って簡単に渡れる島ではなく、
    巡礼者たちは、引き潮の時に命がけで砂を踏んで、
    やってきたわけです。宿を営んでいたプーラルおばさんは、
    なんとかこの巡礼者たちに栄養をつけさせてあげたいと
    考え、島内でも比較的入手しやすかった卵を使って、
    泡立てて、外側を大きく膨らませ、少ない材料でも見た目は
    大きなオムレツを作ることに成功したのだそうです。
    残念ながらオムレツを作っている様子を見ることは
    できませんでした。
    「お待ちください、私たちはあなたをインストールします」
    と日本語で書かれています(^-^;

  • 侵入者を防ぐ跳ね橋のある3つ目の門、<br />「王の門」を抜けて進みます。<br />

    侵入者を防ぐ跳ね橋のある3つ目の門、
    「王の門」を抜けて進みます。

  • メインストリートを進んでいきます。<br />可愛い円錐の窓は屋根裏部屋かな?<br />

    メインストリートを進んでいきます。
    可愛い円錐の窓は屋根裏部屋かな?

  • 王の門を振り返ると・・<br />

    王の門を振り返ると・・

  • 聖母子像が観光客を見守っていました。<br />

    聖母子像が観光客を見守っていました。

  • 土曜日のこの日、メインストリートは大混雑!<br />まるで初詣の人波のようです。<br />ガイドさんにはぐれない様に、<br />ゾロゾロ歩いて行きます。<br />

    土曜日のこの日、メインストリートは大混雑!
    まるで初詣の人波のようです。
    ガイドさんにはぐれない様に、
    ゾロゾロ歩いて行きます。

  • 可愛らしい看板が沢山あって、看板好き(?)の<br />私としては、1つ1つカメラに収めたいのですが、<br />日差しが強すぎて反射してしまい、上手く撮れませんでした。<br />(腕が悪いだけですね・・)

    可愛らしい看板が沢山あって、看板好き(?)の
    私としては、1つ1つカメラに収めたいのですが、
    日差しが強すぎて反射してしまい、上手く撮れませんでした。
    (腕が悪いだけですね・・)

  • 急に甲冑が現れて驚きましたが、<br />ミュージアムですかね?<br />

    急に甲冑が現れて驚きましたが、
    ミュージアムですかね?

  • ホテルやお土産物屋さんが続く坂道を<br />どんどん登ってきました。<br />階段脇の可愛いドアは何だろう?<br />

    ホテルやお土産物屋さんが続く坂道を
    どんどん登ってきました。
    階段脇の可愛いドアは何だろう?

  • 随分高いところまで来たようです。<br />石造りの家に赤い窓枠が可愛い。<br />

    随分高いところまで来たようです。
    石造りの家に赤い窓枠が可愛い。

  • 修道院に入るのに、長蛇の列が出来ていました。<br />私たちも列に並びます。<br />振り返るとトンブレーヌ島が見えました。<br />

    修道院に入るのに、長蛇の列が出来ていました。
    私たちも列に並びます。
    振り返るとトンブレーヌ島が見えました。

  • 島をアップ。<br />

    島をアップ。

  • それにしても、長蛇の列はちっとも前に進みません。<br />こんな感じで並んでいます。<br />

    それにしても、長蛇の列はちっとも前に進みません。
    こんな感じで並んでいます。

  • ちょっと列を抜けて写真撮影。<br /><br />

    ちょっと列を抜けて写真撮影。

  • こんなところを見つけたら、<br />覗いて見たくなりますよね!<br />

    こんなところを見つけたら、
    覗いて見たくなりますよね!

  • ようやく修道院の入り口近くまでやってきました。<br />向こう側から写真を撮っている人たちは<br />見学を終えた人たちかな。<br />

    ようやく修道院の入り口近くまでやってきました。
    向こう側から写真を撮っている人たちは
    見学を終えた人たちかな。

  • 列に並んで、撮れるところにカメラを向けてみます。<br />

    列に並んで、撮れるところにカメラを向けてみます。

  • 左の展望スペースは後から行けるのかな?<br />

    左の展望スペースは後から行けるのかな?

  • 塔の上ではためいているのはトリコロールと<br />何の旗だろう?<br />

    塔の上ではためいているのはトリコロールと
    何の旗だろう?

  • ようやく修道院の入り口にたどり着きました。<br />この門は「哨兵の門 (しょうへいのもん)」と<br />呼ばれていて、長い階段が続いています。<br />(43段あるそうです。)<br />写真でもなんとなくわかりますが、かなりの<br />急こう配で、「ル・グフ(奈落)」という別名が付くほど<br />なのだそうです。<br /><br />

    ようやく修道院の入り口にたどり着きました。
    この門は「哨兵の門 (しょうへいのもん)」と
    呼ばれていて、長い階段が続いています。
    (43段あるそうです。)
    写真でもなんとなくわかりますが、かなりの
    急こう配で、「ル・グフ(奈落)」という別名が付くほど
    なのだそうです。

  • 階段に有った、「ワンちゃん禁止」の小さなプレート。<br />さあ、いよいよ修道院内部の見学が始まります。<br />

    階段に有った、「ワンちゃん禁止」の小さなプレート。
    さあ、いよいよ修道院内部の見学が始まります。

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 100円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集