その他の観光地旅行記(ブログ) 一覧に戻る
リューデスハイムの船着き場からザンクトゴアールまでの数時間の両岸に見え隠れする古城や奇岩や小さな集落・町の風景を紹介します。<br /><br />表紙の写真は「ローレライの歌」で名高い難所ローレライです。ここに乙女があらわれ美しい歌声で船乗りたちを惑わせ船が難破し、彼らの命が失われたという伝説の岸壁「ローレライ」です。リューデスハイムの船着き場から1時間半でした。<br /><br />両岸に美しい、ロマンティックな風景が次から次へと現れる60kmほどを、写真を撮りっぱなしでした。

ドイツ・ライン川下りや河畔の町やベネルックス三国の運河・花・名画を楽しむ旅 2-2 ライン川船下り(リューデスハイム船着き場からローレライ経由ザンクトゴアール船着き場)

9いいね!

2018/04/26 - 2018/04/26

105位(同エリア227件中)

リューデスハイムの船着き場からザンクトゴアールまでの数時間の両岸に見え隠れする古城や奇岩や小さな集落・町の風景を紹介します。

表紙の写真は「ローレライの歌」で名高い難所ローレライです。ここに乙女があらわれ美しい歌声で船乗りたちを惑わせ船が難破し、彼らの命が失われたという伝説の岸壁「ローレライ」です。リューデスハイムの船着き場から1時間半でした。

両岸に美しい、ロマンティックな風景が次から次へと現れる60kmほどを、写真を撮りっぱなしでした。

PR

  • リューデスハイムの船着き場の近くには見事な黄色の花が咲き誇っています。<br /><br />日本のヤマブキの花にそっくりです。

    リューデスハイムの船着き場の近くには見事な黄色の花が咲き誇っています。

    日本のヤマブキの花にそっくりです。

  • 私達を運んでくれる観光船が上流からやってきました。<br /><br />多くの乗客が下船してきた。リュウデスハイムのつぐみ横丁もにぎわうことでしょう。<br /><br />いれかわりで、私たちが乗り込みます。

    私達を運んでくれる観光船が上流からやってきました。

    多くの乗客が下船してきた。リュウデスハイムのつぐみ横丁もにぎわうことでしょう。

    いれかわりで、私たちが乗り込みます。

  • リューデスハイムの街ともお別れです。<br /><br />蒸気記関車にひかれた旅客列車がちょうどやってきました。

    リューデスハイムの街ともお別れです。

    蒸気記関車にひかれた旅客列車がちょうどやってきました。

  • 右の建物のバルコニーに3種の旗が掲揚されていました。<br /><br />左側はEUヨーロッパ連合の旗<br />真中はおなじみアメリカ合衆国の国旗<br />右はドイツ政府旗(ドイツ国旗のデザインの真中に神聖ローマ帝国の文様の鷲がいる)<br /><br />アメリカ合衆国からの賓客が訪問していたのでしょうか?あるいはこの建物はホテルで大勢の米国人でも宿泊しているのでしょうか?

    右の建物のバルコニーに3種の旗が掲揚されていました。

    左側はEUヨーロッパ連合の旗
    真中はおなじみアメリカ合衆国の国旗
    右はドイツ政府旗(ドイツ国旗のデザインの真中に神聖ローマ帝国の文様の鷲がいる)

    アメリカ合衆国からの賓客が訪問していたのでしょうか?あるいはこの建物はホテルで大勢の米国人でも宿泊しているのでしょうか?

  • リューデスハイムの街並みが見えなくなると河岸段丘には一面のブドウ畑が広がってきました。

    リューデスハイムの街並みが見えなくなると河岸段丘には一面のブドウ畑が広がってきました。

  • 下流に向かって右岸に小さな町と船着き場が見えてきた。<br />

    下流に向かって右岸に小さな町と船着き場が見えてきた。

  • 右舷側の丘の頂には「ニーダヴァルト記念塔」が睥睨しています。<br />望遠ズームしてとっています。<br /><br />説明書によれば1871年のドイツ帝国再建をことほいで建設されたそうです。<br /><br />ポイントポイントで船内放送で説明が流れます。ドイツ語、英語、フランス語、スペイン語、日本語、中国語、韓国語とやるのでかなり時間がかかります。

    右舷側の丘の頂には「ニーダヴァルト記念塔」が睥睨しています。
    望遠ズームしてとっています。

    説明書によれば1871年のドイツ帝国再建をことほいで建設されたそうです。

    ポイントポイントで船内放送で説明が流れます。ドイツ語、英語、フランス語、スペイン語、日本語、中国語、韓国語とやるのでかなり時間がかかります。

  • オープンデッキには大勢の生徒たちと引率の女教師たちが元気な声を上げていた。<br /><br />彼らはフランス語をしゃべっていたので、ベルギーかルクセンブルクかフランスから修学旅行と思われる。<br />

    オープンデッキには大勢の生徒たちと引率の女教師たちが元気な声を上げていた。

    彼らはフランス語をしゃべっていたので、ベルギーかルクセンブルクかフランスから修学旅行と思われる。

  • 左岸からか右岸からか記憶に定かでありませんが、長い貨物列車が川岸の線路を走り抜けていきます。<br /><br />河岸段丘の丘のブドウ畑が見ていて気持ちがいいです。<br />このあたりからライン川は北に向かって流れるので太陽の光を反射して両岸のブドウ畑にそそぐのだそうです。こんなに緯度が高いの良質のブドウが育つ要因だそうです。<br /><br />この三人はさきほどの引率の教師たちでした。<br /><br />時折、はしゃぎすぎる子供たちを注意していた。

    左岸からか右岸からか記憶に定かでありませんが、長い貨物列車が川岸の線路を走り抜けていきます。

    河岸段丘の丘のブドウ畑が見ていて気持ちがいいです。
    このあたりからライン川は北に向かって流れるので太陽の光を反射して両岸のブドウ畑にそそぐのだそうです。こんなに緯度が高いの良質のブドウが育つ要因だそうです。

    この三人はさきほどの引率の教師たちでした。

    時折、はしゃぎすぎる子供たちを注意していた。

  • 左岸のビンゲンの街の船着き場に接岸します。

    左岸のビンゲンの街の船着き場に接岸します。

  • 船内のカフェテリアの様子。<br /><br />オープンデッキは川風があり、寒いのでここへいったん逃げ込む。<br />すいているので窓際のテーブルも問題なく確保できます。<br /><br />暖かいコーヒーを注文。

    船内のカフェテリアの様子。

    オープンデッキは川風があり、寒いのでここへいったん逃げ込む。
    すいているので窓際のテーブルも問題なく確保できます。

    暖かいコーヒーを注文。

  • カフェテリアの窓から右岸の丘には古びた城塞が見えてきました。<br /><br />どうも「エーレンフェレス城」というものらしい。<br />14世紀からのものだという。<br /><br />このとき左岸方面には「ネズミの塔」という塔があったらしい。<br />伝説によれば、「重税を課す大司教が因果が報い、ここでネズミに食い殺された」という恐ろしい話があるそうです。

    カフェテリアの窓から右岸の丘には古びた城塞が見えてきました。

    どうも「エーレンフェレス城」というものらしい。
    14世紀からのものだという。

    このとき左岸方面には「ネズミの塔」という塔があったらしい。
    伝説によれば、「重税を課す大司教が因果が報い、ここでネズミに食い殺された」という恐ろしい話があるそうです。

  • アスマンスハウゼンというちいさな町

    アスマンスハウゼンというちいさな町

  • このあたり川底から岩が突き出ているところがあります。微速前進します。

    このあたり川底から岩が突き出ているところがあります。微速前進します。

  • 可淡いらしい街です。<br /><br />このとき左岸にはラインシュタイン城があったらしいが、カメラにはおさめられていない。たぶん右岸のこの景色をじっと見ていたのだろう。

    可淡いらしい街です。

    このとき左岸にはラインシュタイン城があったらしいが、カメラにはおさめられていない。たぶん右岸のこの景色をじっと見ていたのだろう。

  • 左岸にライヒェンシュタイン城が見えてきました。<br /><br />盗賊化したとある貴族の館だったという。

    左岸にライヒェンシュタイン城が見えてきました。

    盗賊化したとある貴族の館だったという。

  • ちょっとズームして引き寄せてみます。

    ちょっとズームして引き寄せてみます。

  • この右手の建物はホテルとしてつかわれているようです。

    この右手の建物はホテルとしてつかわれているようです。

  • 何か鉱山のようなものが見えてきた。<br /><br />その上方は廃墟の城址

    何か鉱山のようなものが見えてきた。

    その上方は廃墟の城址

  • ブドウの丘に農家が点在。<br /><br />どこもかしこも絵葉書になりそうだ。<br />

    ブドウの丘に農家が点在。

    どこもかしこも絵葉書になりそうだ。

  • やわらかな緑に包まれた岸辺の集落

    やわらかな緑に包まれた岸辺の集落

  • おりしも何かの運搬船が通りかかる。

    おりしも何かの運搬船が通りかかる。

  • またまた素敵な川辺の街

    またまた素敵な川辺の街

  • 古びた廃墟の城塞。<br /><br />周りには白い花やピンク色の花たちが控えている

    古びた廃墟の城塞。

    周りには白い花やピンク色の花たちが控えている

  • ゴシック様式の黒い教会と街並み

    ゴシック様式の黒い教会と街並み

  • 前の教会をズームアップしてみる。

    前の教会をズームアップしてみる。

  • 岩壁の下の線路に

    岩壁の下の線路に

  • 自動車を運ぶ貨物列車がとおりすぎていく。

    自動車を運ぶ貨物列車がとおりすぎていく。

  • 何やら川岸に人が・・・<br /><br />どうも川の水の水質チェック用に水を汲んでいるようだ。

    何やら川岸に人が・・・

    どうも川の水の水質チェック用に水を汲んでいるようだ。

  • 川の中州にプファルツ城の白い壁が美しい。<br /><br />関税徴収のために建てられた関所だという。

    川の中州にプファルツ城の白い壁が美しい。

    関税徴収のために建てられた関所だという。

  • ズームアップしたプファルツ城<br /><br />ここまで右岸側の窓辺でながめていたので、左岸側のゾーンエック城、フェルテンベルク城はカメラにはおさめていない。反対側の窓越しに見ただけでした。

    ズームアップしたプファルツ城

    ここまで右岸側の窓辺でながめていたので、左岸側のゾーンエック城、フェルテンベルク城はカメラにはおさめていない。反対側の窓越しに見ただけでした。

  • プファルツ城の後方の丘にはグーテンフェルス城がブドウ畑に囲まれて立っています。

    プファルツ城の後方の丘にはグーテンフェルス城がブドウ畑に囲まれて立っています。

  • 航行する観光クルーズ船とすれ違う。

    航行する観光クルーズ船とすれ違う。

  • 左がわの窓腰にシェーンブルク城を<br />眺める。

    左がわの窓腰にシェーンブルク城を
    眺める。

  • 岸辺の街並みと一緒にシェーンブルク城をおさめる。<br /><br />19世紀築城とのこと、現在は高級ホテルとなっているという。

    岸辺の街並みと一緒にシェーンブルク城をおさめる。

    19世紀築城とのこと、現在は高級ホテルとなっているという。

  • オーバーヴェーゼルの船着き場に接岸。

    オーバーヴェーゼルの船着き場に接岸。

  • 船着き場のすぐ近くの公園で親子連れが遊んでいた。

    船着き場のすぐ近くの公園で親子連れが遊んでいた。

  • はるか向こうに城塞が見える。

    はるか向こうに城塞が見える。

  • またまた貨物列車。

    またまた貨物列車。

  • いよいよ難所のローレライの岸壁が迫ってきました。<br /><br />赤いブイは向こうには近づくなの印でしょう。<br /><br />船内からは「なじーかはしらねど・・・」の局が流されます。

    いよいよ難所のローレライの岸壁が迫ってきました。

    赤いブイは向こうには近づくなの印でしょう。

    船内からは「なじーかはしらねど・・・」の局が流されます。

  • これから何枚かローレライを載せてみます。<br />

    これから何枚かローレライを載せてみます。

  • ローレライの表示が川岸にありました。

    ローレライの表示が川岸にありました。

  • ローレライの岩肌に可憐な花たちが咲いていた。

    ローレライの岩肌に可憐な花たちが咲いていた。

  • ネコ城<br /><br />ここも関税を徴収するためのお城だった。

    ネコ城

    ここも関税を徴収するためのお城だった。

  • こどもたちもローレライやネコ城を眺めておおはしゃぎ。

    こどもたちもローレライやネコ城を眺めておおはしゃぎ。

  • 下船前、アリバイ写真

    下船前、アリバイ写真

  • さあ下船です。<br /><br />どんな街なんでしょうか?

    さあ下船です。

    どんな街なんでしょうか?

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集