エルサレム旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今日、2017年7月14日(金) 日没からシャバットが始まるので、午後から交通機関が止まっていく。<br />なので、午前中はLRTとバスを乗り継いでイスラエル博物館へ行ってきました。<br />その後、ホテルへ一度戻り、軽く昼食後、いよいよ本格的に旧市街観光です。<br />どこをどう観光するか、この旅行中にでも考えようと思っていたけど、何もしないままエルサレム滞在は残り1.5日となっています。<br />最初はツアーに参加するつもりはなかったけど、ここはツアーで効率よく観光する事にします。<br />ちょっとゆっくりしすぎたけど、頑張れば2時開始のツアーに間に合いそうです。<br />最短ルートをマップで検索し、ツアーの集合場所であるヤッフォ門へ急ぎ足で向かいます。<br /><br />しかし、城壁周囲はエライ事になっていました。<br />そうです。後々大きな騒動になるあの事件が、今朝起っていたのです。<br />全く知らなかったけど、その時私は、結構近い場所で暢気に朝食を取っていました。<br />旧市街への道はバリケードで封鎖され、ゲートは閉じられているけど、どうにか観光できないかと右往左往。<br />灼熱の中、頭をフル回転させて動き回りました。<br />

イスラエル リハビリと観光の旅 10 旧市街観光

7いいね!

2017/07/05 - 2017/07/17

294位(同エリア530件中)

旅行記グループ 2017年 イスラエル

0

64

sweetshibaken

sweetshibakenさん

今日、2017年7月14日(金) 日没からシャバットが始まるので、午後から交通機関が止まっていく。
なので、午前中はLRTとバスを乗り継いでイスラエル博物館へ行ってきました。
その後、ホテルへ一度戻り、軽く昼食後、いよいよ本格的に旧市街観光です。
どこをどう観光するか、この旅行中にでも考えようと思っていたけど、何もしないままエルサレム滞在は残り1.5日となっています。
最初はツアーに参加するつもりはなかったけど、ここはツアーで効率よく観光する事にします。
ちょっとゆっくりしすぎたけど、頑張れば2時開始のツアーに間に合いそうです。
最短ルートをマップで検索し、ツアーの集合場所であるヤッフォ門へ急ぎ足で向かいます。

しかし、城壁周囲はエライ事になっていました。
そうです。後々大きな騒動になるあの事件が、今朝起っていたのです。
全く知らなかったけど、その時私は、結構近い場所で暢気に朝食を取っていました。
旧市街への道はバリケードで封鎖され、ゲートは閉じられているけど、どうにか観光できないかと右往左往。
灼熱の中、頭をフル回転させて動き回りました。

旅行の満足度
5.0

PR

  • ダマスカス門から城壁内をショートカットしてヤッフォ門へ行くつもりでした。<br />ホテルから城壁沿いの道へ出ようとすると、少し手前でバリケードが張られていました。<br />アラブ人が(ここは東エルサレムなので)30-40人位集まっていて、何人かは列に並んでいます。<br />時間がないので、列に並ばず近くの警官に、城壁内へ行きたい旨を伝えると、列に並べ、と言われた。<br />仕方ないので、列に並んで順番を待ったけど、どうやら誰もバリケードを越えて中には入れていない。<br />少し前に並んでいた他国の撮影クルーも追い返されていた。<br />私の順番になり、パスポートを見せながら「観光しにきたの」と伝えるが、ダメでした。警官は「入れない。」と。<br />「どうして?」「誰も入れない」「いつ入れる?」「分からない」「でも、待っていたら入れるよね?」「分からない」挙句の果てに、「今日は入れない」なんて言われた。<br />冗談じゃない!何の理由があってこんな事になってるのよ!?<br />ワケも分からず、そして少しパニりながら、さっき見かけた撮影クルーに聞いてみた。<br />「本当に入れないの?私、今から旧市街を観光するのに。本当にどこからも入れない?」すると、リポーターみたいなキレイな女性が、「ここは無理だけど、Jaffa Gateなら入れるかもしれない。」と教えてくれた。<br />可能性があるのなら、向かってみます。

    ダマスカス門から城壁内をショートカットしてヤッフォ門へ行くつもりでした。
    ホテルから城壁沿いの道へ出ようとすると、少し手前でバリケードが張られていました。
    アラブ人が(ここは東エルサレムなので)30-40人位集まっていて、何人かは列に並んでいます。
    時間がないので、列に並ばず近くの警官に、城壁内へ行きたい旨を伝えると、列に並べ、と言われた。
    仕方ないので、列に並んで順番を待ったけど、どうやら誰もバリケードを越えて中には入れていない。
    少し前に並んでいた他国の撮影クルーも追い返されていた。
    私の順番になり、パスポートを見せながら「観光しにきたの」と伝えるが、ダメでした。警官は「入れない。」と。
    「どうして?」「誰も入れない」「いつ入れる?」「分からない」「でも、待っていたら入れるよね?」「分からない」挙句の果てに、「今日は入れない」なんて言われた。
    冗談じゃない!何の理由があってこんな事になってるのよ!?
    ワケも分からず、そして少しパニりながら、さっき見かけた撮影クルーに聞いてみた。
    「本当に入れないの?私、今から旧市街を観光するのに。本当にどこからも入れない?」すると、リポーターみたいなキレイな女性が、「ここは無理だけど、Jaffa Gateなら入れるかもしれない。」と教えてくれた。
    可能性があるのなら、向かってみます。

  • バリケードの外から撮影しています。このクルーはドイツのTV会社だそうです。<br />集まっていたアラブ人から、インタビューに答えて貰おうと、交渉していました。

    バリケードの外から撮影しています。このクルーはドイツのTV会社だそうです。
    集まっていたアラブ人から、インタビューに答えて貰おうと、交渉していました。

  • 城壁に沿って歩くのが近道に決まってるのに、バリケードで道路封鎖されている為に、遠回りが必要です。<br />ここは、アラブバスのターミナル。<br />明日、ベツレヘムへ行くつもりなので、バス停のチェックを。<br />(但し、ここに「Bethlehem」の記載があるけど、これはもう使われていません。この時は、ここから発車すると思っていたけど...。)<br />

    城壁に沿って歩くのが近道に決まってるのに、バリケードで道路封鎖されている為に、遠回りが必要です。
    ここは、アラブバスのターミナル。
    明日、ベツレヘムへ行くつもりなので、バス停のチェックを。
    (但し、ここに「Bethlehem」の記載があるけど、これはもう使われていません。この時は、ここから発車すると思っていたけど...。)

  • こうやって、バリケードで封鎖され、警官が警備しています。<br />この警察車両にいた警官に、封鎖している理由を聞いてみた。<br />英語を話せる人を連れてきてくれたけど、理由は「分からない、でも封鎖して警備する様に命令された」と。そして、「せっかくあなたが観光に来たのに、こんな事になって残念だ。」とも言ってくれた。<br />Jaffa Gateから入れるか一応確認すると、「入れる」と。ならば、先を急ぎます。<br />

    こうやって、バリケードで封鎖され、警官が警備しています。
    この警察車両にいた警官に、封鎖している理由を聞いてみた。
    英語を話せる人を連れてきてくれたけど、理由は「分からない、でも封鎖して警備する様に命令された」と。そして、「せっかくあなたが観光に来たのに、こんな事になって残念だ。」とも言ってくれた。
    Jaffa Gateから入れるか一応確認すると、「入れる」と。ならば、先を急ぎます。

  • この辺りから、城壁沿いを歩ける様になりました。<br />ムスリム地区ではなくなったからかな?<br />この頃は、炎天下で坂道を登っているのでくたくた。<br />さっき見たバリケードの光景とか、頭から吹っ飛んでました。<br />そこへ、黒ラブを散歩させる現地の人。なんてのどかな光景。<br />犬好きの私は、放っておけません。<br />声をかけて、しばらく一緒に散歩しました。

    この辺りから、城壁沿いを歩ける様になりました。
    ムスリム地区ではなくなったからかな?
    この頃は、炎天下で坂道を登っているのでくたくた。
    さっき見たバリケードの光景とか、頭から吹っ飛んでました。
    そこへ、黒ラブを散歩させる現地の人。なんてのどかな光景。
    犬好きの私は、放っておけません。
    声をかけて、しばらく一緒に散歩しました。

  • ここ「New Gate」も警察によって封鎖されています。

    ここ「New Gate」も警察によって封鎖されています。

  • 今朝、私がイスラエル博物館に行っていた間、旧市街とその周囲はこんな事になっていたそうです。<br />ここは、ダマスカス門でしょうか...。私が良く利用するゲートです。<br />その理由は...

    今朝、私がイスラエル博物館に行っていた間、旧市街とその周囲はこんな事になっていたそうです。
    ここは、ダマスカス門でしょうか...。私が良く利用するゲートです。
    その理由は...

  • 2017年7月14日(金) 朝7時頃に、イスラエル国籍を持つパレスチナ人のテロリスト3名が、St. Stephens Gate (Lions&#39; Gate)の入口にバイクで乗り付け、イスラエル警官を至近距離で銃撃し2名に重傷を負わせて逃走。<br />その後、逃走したテロリストはTemple Mount(Al-Aqsa compound)の入口Bab Al Huttahで、イスラエル兵?警察?により3名とも射殺されたそうです。<br />後に、テロリストに銃撃された警官2名も病院で死亡した、と発表されました。

    2017年7月14日(金) 朝7時頃に、イスラエル国籍を持つパレスチナ人のテロリスト3名が、St. Stephens Gate (Lions' Gate)の入口にバイクで乗り付け、イスラエル警官を至近距離で銃撃し2名に重傷を負わせて逃走。
    その後、逃走したテロリストはTemple Mount(Al-Aqsa compound)の入口Bab Al Huttahで、イスラエル兵?警察?により3名とも射殺されたそうです。
    後に、テロリストに銃撃された警官2名も病院で死亡した、と発表されました。

  • ここは、Al-Aqsa compoundでしょうか。<br />そんな事が今朝起こっていたなんて、想像もできず...。<br />そしてどういうワケか、バリケード封鎖し、警備している警官は誰も、観光客である私にこんな事が起こったと説明してくれない。<br /><br />でも、どこでどうやって、いつ知ったのかは忘れたけど、この後城壁内でツアーに参加して、ガイドが今朝起こった事件の説明をする前に、事件の事は知っていたのを覚えている。<br />ただ、この物々しさには驚きました。これを先に観ていたら、旧市街観光は無理ってあきらめていたと思う...。<br />でも、こんな大事になっているなんて知らなかったから、唯一旧市街へ入れる門と聞いたJaffa Gateへ急いで向かいます。

    ここは、Al-Aqsa compoundでしょうか。
    そんな事が今朝起こっていたなんて、想像もできず...。
    そしてどういうワケか、バリケード封鎖し、警備している警官は誰も、観光客である私にこんな事が起こったと説明してくれない。

    でも、どこでどうやって、いつ知ったのかは忘れたけど、この後城壁内でツアーに参加して、ガイドが今朝起こった事件の説明をする前に、事件の事は知っていたのを覚えている。
    ただ、この物々しさには驚きました。これを先に観ていたら、旧市街観光は無理ってあきらめていたと思う...。
    でも、こんな大事になっているなんて知らなかったから、唯一旧市街へ入れる門と聞いたJaffa Gateへ急いで向かいます。

  • 何も知らない私は、ツアーに間に合えばラッキーと思いながら一生懸命歩いています。<br />城壁外は、観光客であふれています。<br />でも、正面のJaffa Gateは閉門しています。

    何も知らない私は、ツアーに間に合えばラッキーと思いながら一生懸命歩いています。
    城壁外は、観光客であふれています。
    でも、正面のJaffa Gateは閉門しています。

  • ちょっとあせったけど、ゲートを越えた所に、小さな扉が開いていて、観光客はパスポートを提示して中に入れました。

    ちょっとあせったけど、ゲートを越えた所に、小さな扉が開いていて、観光客はパスポートを提示して中に入れました。

  • これは、城壁内からJaffa Gateを観た所です。<br />このゲートが開いている姿は、昨日観た一度だけになってしまいました。<br /><br />今、2:20。惜しい、ツアーはここに2時集合。<br />2時丁度には出発しないだろうけど、さすがに20分はうだうだしていないでしょう。

    これは、城壁内からJaffa Gateを観た所です。
    このゲートが開いている姿は、昨日観た一度だけになってしまいました。

    今、2:20。惜しい、ツアーはここに2時集合。
    2時丁度には出発しないだろうけど、さすがに20分はうだうだしていないでしょう。

  • 今日は金曜日。information centerも既に閉館しています。<br />仕方ないので、自力で適当に歩いてみます。<br />もしかしたら、このツアーの集団を見付けられるかもしれないし...なんて珍しく楽観的になっていました。<br />でも、自力では本当に何処を歩いて何を見ればいいのか、全く分からない。

    今日は金曜日。information centerも既に閉館しています。
    仕方ないので、自力で適当に歩いてみます。
    もしかしたら、このツアーの集団を見付けられるかもしれないし...なんて珍しく楽観的になっていました。
    でも、自力では本当に何処を歩いて何を見ればいいのか、全く分からない。

  • すると、本当にツアーの一団を見つけちゃいました。<br />SANDEMANs new JERUSALEM FREE TOURです。<br />どうして分かったかというと...<br />Tower of David前(どこを歩けば良いのか途方に暮れていた、Jaffa Gateからほとんど離れていない所)で、ミョーに聞き易い英語で説明しているガイドがいました。<br />その客を見ると、どうも国籍がバラバラ。<br />きっとこれだわ、と思い、参加者の一人に、これってfree tour?と聞くと当りだった。<br />説明を終えたガイドへ駆け寄り、「最初の部分を聞き逃したけど、今から参加したい。」というと、喜んで迎え入れてくれた。<br />このガイド、本当にプロです。<br />とってもはきはき、分かりやすい、そしてトランプ大統領並の簡単な英語でしっかりと説明してくれます。<br />彼はLicenced Tour GuideのYaffeさん。<br />プライベートツアーを含め、この人をリクエストしてツアーに参加する機会があれば、絶対失敗しません。<br /><br />ここは、Armenian Quarterの売店前です。<br />水を持ってない人は、ここで買うといいよ、と勧めてくれた。<br />確かに、旧市街内でも観光客価格ではなく、一般価格でした。<br />その後、もう少し歩くとフレッシュジュースのカフェ前でトイレ休憩があるので、ここでは大きなボトルではなく、小さいボトル購入が良いかと。<br /><br />ガイドはこの様に自分で用意したイラストを用いながら、エルサレムの歴史を、聖書に出て来る事象と照らし合わせて説明してくれます。

    すると、本当にツアーの一団を見つけちゃいました。
    SANDEMANs new JERUSALEM FREE TOURです。
    どうして分かったかというと...
    Tower of David前(どこを歩けば良いのか途方に暮れていた、Jaffa Gateからほとんど離れていない所)で、ミョーに聞き易い英語で説明しているガイドがいました。
    その客を見ると、どうも国籍がバラバラ。
    きっとこれだわ、と思い、参加者の一人に、これってfree tour?と聞くと当りだった。
    説明を終えたガイドへ駆け寄り、「最初の部分を聞き逃したけど、今から参加したい。」というと、喜んで迎え入れてくれた。
    このガイド、本当にプロです。
    とってもはきはき、分かりやすい、そしてトランプ大統領並の簡単な英語でしっかりと説明してくれます。
    彼はLicenced Tour GuideのYaffeさん。
    プライベートツアーを含め、この人をリクエストしてツアーに参加する機会があれば、絶対失敗しません。

    ここは、Armenian Quarterの売店前です。
    水を持ってない人は、ここで買うといいよ、と勧めてくれた。
    確かに、旧市街内でも観光客価格ではなく、一般価格でした。
    その後、もう少し歩くとフレッシュジュースのカフェ前でトイレ休憩があるので、ここでは大きなボトルではなく、小さいボトル購入が良いかと。

    ガイドはこの様に自分で用意したイラストを用いながら、エルサレムの歴史を、聖書に出て来る事象と照らし合わせて説明してくれます。

  • この人達は、みんなツアー参加者。<br />この辺りは住宅街なので、いつでもこの静けさかと思っていたけど、普段はこの辺りも観光客でいっぱいだそうです。<br />やはり、事件の影響で、観光客は激減だそうです。<br />お陰で、ガイドの話は良く聞こえるし、ゆっくり話も聞けるし、写真も撮れる、と私達のガイドが言っていました。<br />

    この人達は、みんなツアー参加者。
    この辺りは住宅街なので、いつでもこの静けさかと思っていたけど、普段はこの辺りも観光客でいっぱいだそうです。
    やはり、事件の影響で、観光客は激減だそうです。
    お陰で、ガイドの話は良く聞こえるし、ゆっくり話も聞けるし、写真も撮れる、と私達のガイドが言っていました。

  • この辺りは、Jewish Quarter。<br />この子達は、自分の居住区に入ってくる観光客が嫌いな様で、ことごとく邪魔をしてきます。<br />子供とは言え、さすがユダヤ人。そのスマートさ、見事です。

    この辺りは、Jewish Quarter。
    この子達は、自分の居住区に入ってくる観光客が嫌いな様で、ことごとく邪魔をしてきます。
    子供とは言え、さすがユダヤ人。そのスマートさ、見事です。

  • 小さい子は、この無駄に長い尻尾がついた自転車で、ガイドが説明している中、縦横無尽に邪魔してくるし、年長の女の子は、ガラガラ音がすっごくうるさい車の乗り物で、騒音を立てまくります。<br />これには、ガイドも困っていました。

    小さい子は、この無駄に長い尻尾がついた自転車で、ガイドが説明している中、縦横無尽に邪魔してくるし、年長の女の子は、ガラガラ音がすっごくうるさい車の乗り物で、騒音を立てまくります。
    これには、ガイドも困っていました。

  • ここは、Jewish QuarterのCARDOと呼ばれる地域です。<br />地下にこの様な壁画があります。<br />

    ここは、Jewish QuarterのCARDOと呼ばれる地域です。
    地下にこの様な壁画があります。

  • ヨルダンへ続く道だそうです。<br />ちなみに、この支柱は当時のもの、遺跡です。<br />この壁画について、とても興味深い解説をしてくれていたのだけど、すっかり忘れてしまいました。

    ヨルダンへ続く道だそうです。
    ちなみに、この支柱は当時のもの、遺跡です。
    この壁画について、とても興味深い解説をしてくれていたのだけど、すっかり忘れてしまいました。

  • これはモザイク壁画で、当時の旧市街が記されているそうです。<br />神殿の丘ができる前の地図だから、それが記されていない、とか言っていたような...。<br />もう少し宗教と歴史の知識があれば、頭に残ったのだろうけど、聞いた瞬間はとても納得できた話も、今となってはその感覚を覚えているだけ...。

    これはモザイク壁画で、当時の旧市街が記されているそうです。
    神殿の丘ができる前の地図だから、それが記されていない、とか言っていたような...。
    もう少し宗教と歴史の知識があれば、頭に残ったのだろうけど、聞いた瞬間はとても納得できた話も、今となってはその感覚を覚えているだけ...。

  • 更に、先に進みます。<br />観光客は、私達だけ。すれ違う人はここの住人。<br />とても静かです。

    更に、先に進みます。
    観光客は、私達だけ。すれ違う人はここの住人。
    とても静かです。

  • イスラエルは、というかエルサレムは、ホント、電動自転車が大活躍です。<br />車かバスかトラムか電動自転車。普通の自転車はありません。バイクも見た記憶がありません。<br />電動自転車、旧市街の中でも大活躍です。

    イスラエルは、というかエルサレムは、ホント、電動自転車が大活躍です。
    車かバスかトラムか電動自転車。普通の自転車はありません。バイクも見た記憶がありません。
    電動自転車、旧市街の中でも大活躍です。

  • Jewish quaterを歩いていると、こういう景色が見えてきました。

    Jewish quaterを歩いていると、こういう景色が見えてきました。

  • 嘆きの壁と岩のドームです。<br />こんなベストポジションがあったなんて...。

    嘆きの壁と岩のドームです。
    こんなベストポジションがあったなんて...。

  • 上から見ると、壁の占有割合が、2:1で男性用の方が広い事が分かります。<br />昨晩の混雑を考えると、とっても静かで穏やか。

    上から見ると、壁の占有割合が、2:1で男性用の方が広い事が分かります。
    昨晩の混雑を考えると、とっても静かで穏やか。

  • この人達は、ユダヤ教徒の若いグループです。<br />初めて嘆きの壁を見る時は、みんなで聖歌を歌って、その後一斉に目を開けるそうです。ガイドが教えてくれました。<br />なので、この人達はボランティアに手を引かれながら目をつぶってここまで来て、この時も目をつぶって下を向いて引率者の話を聞いています。

    この人達は、ユダヤ教徒の若いグループです。
    初めて嘆きの壁を見る時は、みんなで聖歌を歌って、その後一斉に目を開けるそうです。ガイドが教えてくれました。
    なので、この人達はボランティアに手を引かれながら目をつぶってここまで来て、この時も目をつぶって下を向いて引率者の話を聞いています。

  • Jewish QuarterからMusrim Quarterに入ってきました。<br />これ、ヘブロンで観たのと同じ光景。<br />昔、エルサレム旧市街の多くにアラブ人が住んでいたのだけど、経済的に貧しくなったアラブ人が、住居の上の階を他民族(ユダヤ人)に貸したり、売ったりしだしたそうです。<br />それで、上にユダヤ人が住みだした結果、ヘブロンと同様の事が起こり、金網を張る事態になったと思われます。<br />アラブ人は、自分が儲かるのなら、ユダヤ人であろうが、誰にでも商売をするけど、ユダヤ人街にアラブ人が住む事は、まず無いみたいです。ユダヤ人は、自分の土地をアラブ人には使わせないから。<br /><br />ちなみに、ユダヤ人街は通りにゴミは落ちていません。<br />ゴミの回収が毎日だったかどうか忘れたけど、時間が決まっていて、その時間に合わせてみんなゴミを出すので、生活ゴミは皆無です。この辺り、きっちりしています。<br />でも、アラブ人街は、ゴミの回収なんて決まってません。(いつかは回収するのだろうけど、基本、ルールを守りません。)<br />なので、道はゴミだらけ。生活ゴミも、通行人がポイ捨てしたペットボトルや紙くずも。もちろん、乾燥しているとは言え、臭いもあります。<br />これまでイスラム圏を旅行して、そういう事を気にした事なかったけど、ここまでまざまざと差を見せられると、民族性を感じざる負えません。<br />ただ、アラブ人だけが不潔というワケではなく、ヨーロッパのほとんどの国も同じかそれ以上に汚いし...。<br />ユダヤ人の感覚が、日本人の感覚に近かった、という事でしょう。<br />

    Jewish QuarterからMusrim Quarterに入ってきました。
    これ、ヘブロンで観たのと同じ光景。
    昔、エルサレム旧市街の多くにアラブ人が住んでいたのだけど、経済的に貧しくなったアラブ人が、住居の上の階を他民族(ユダヤ人)に貸したり、売ったりしだしたそうです。
    それで、上にユダヤ人が住みだした結果、ヘブロンと同様の事が起こり、金網を張る事態になったと思われます。
    アラブ人は、自分が儲かるのなら、ユダヤ人であろうが、誰にでも商売をするけど、ユダヤ人街にアラブ人が住む事は、まず無いみたいです。ユダヤ人は、自分の土地をアラブ人には使わせないから。

    ちなみに、ユダヤ人街は通りにゴミは落ちていません。
    ゴミの回収が毎日だったかどうか忘れたけど、時間が決まっていて、その時間に合わせてみんなゴミを出すので、生活ゴミは皆無です。この辺り、きっちりしています。
    でも、アラブ人街は、ゴミの回収なんて決まってません。(いつかは回収するのだろうけど、基本、ルールを守りません。)
    なので、道はゴミだらけ。生活ゴミも、通行人がポイ捨てしたペットボトルや紙くずも。もちろん、乾燥しているとは言え、臭いもあります。
    これまでイスラム圏を旅行して、そういう事を気にした事なかったけど、ここまでまざまざと差を見せられると、民族性を感じざる負えません。
    ただ、アラブ人だけが不潔というワケではなく、ヨーロッパのほとんどの国も同じかそれ以上に汚いし...。
    ユダヤ人の感覚が、日本人の感覚に近かった、という事でしょう。

  • この辺りは、キリスト教地区に入っています。

    この辺りは、キリスト教地区に入っています。

  • そして、ここが聖墳墓教会(Church of Holy Sepulchre)です。<br />ツアーでは、ここに連れてきて貰っただけで、中には入りません。

    そして、ここが聖墳墓教会(Church of Holy Sepulchre)です。
    ツアーでは、ここに連れてきて貰っただけで、中には入りません。

  • 再度、ムスリム地区を通ります。

    再度、ムスリム地区を通ります。

  • この辺りは商業地区で、普段は通りの両側に店がぎっしり並んで、観光客でごった返している所です。<br />でも、この静けさ...。<br />観光客は城壁内に入れたけど、城壁外で住んでいる店主は入れないので店を開けられなかった、又は 観光客がいないのに店を開けても商売にならないから休んだ、或いは アラブ人ならAl-Aqsa compound前の抗議集会に参加していた、等の理由でしょうか。<br /><br />この先の広場で、ツアーは終了。<br />期待以上の有意義なツアーでした。<br />フリーツアーですが、各通貨での参考チップ額もパンフレットに記載されています。<br />全員からチップを回収し、ツアー終了です。

    この辺りは商業地区で、普段は通りの両側に店がぎっしり並んで、観光客でごった返している所です。
    でも、この静けさ...。
    観光客は城壁内に入れたけど、城壁外で住んでいる店主は入れないので店を開けられなかった、又は 観光客がいないのに店を開けても商売にならないから休んだ、或いは アラブ人ならAl-Aqsa compound前の抗議集会に参加していた、等の理由でしょうか。

    この先の広場で、ツアーは終了。
    期待以上の有意義なツアーでした。
    フリーツアーですが、各通貨での参考チップ額もパンフレットに記載されています。
    全員からチップを回収し、ツアー終了です。

  • レストラン「TALA」<br />ツアーと関連したレストランの様で、Jaffa Gateから近い所にあります。<br />シャクシューカという炒めた玉ねぎが入ったトマトベースのスープに卵が入っているイスラエルの料理があるのだけど(主に朝に食べる)、そのミート版がとても美味しい、とガイドが言っていました。<br />ツアーに参加すると、コーヒーや紅茶をふるまってくれる、とも言っていたので、場所の確認を兼ねてツアー参加者の一人と一緒に行ってみました。

    レストラン「TALA」
    ツアーと関連したレストランの様で、Jaffa Gateから近い所にあります。
    シャクシューカという炒めた玉ねぎが入ったトマトベースのスープに卵が入っているイスラエルの料理があるのだけど(主に朝に食べる)、そのミート版がとても美味しい、とガイドが言っていました。
    ツアーに参加すると、コーヒーや紅茶をふるまってくれる、とも言っていたので、場所の確認を兼ねてツアー参加者の一人と一緒に行ってみました。

  • 晩ご飯にはまだ早すぎたので、コーヒーをオーダーして一緒に来たツアー参加者としばらくお茶していました。<br />その彼は、パリでの留学を終え、オーストラリアへ帰る途中、予算が許す限り旅を続けている、と言っていました。羨ましい限りです。<br />私が以前宿泊していたAbraham hostelに滞在している、と言っていたので、ヘブロンツアーを勧めてみました。<br /><br />この写真は、テーブルに置いていた「フンムスの食べ方」です。<br />私は食べなかったけど、フンムスも美味しいそうです。

    晩ご飯にはまだ早すぎたので、コーヒーをオーダーして一緒に来たツアー参加者としばらくお茶していました。
    その彼は、パリでの留学を終え、オーストラリアへ帰る途中、予算が許す限り旅を続けている、と言っていました。羨ましい限りです。
    私が以前宿泊していたAbraham hostelに滞在している、と言っていたので、ヘブロンツアーを勧めてみました。

    この写真は、テーブルに置いていた「フンムスの食べ方」です。
    私は食べなかったけど、フンムスも美味しいそうです。

  • お茶休憩を終え、再び観光開始です。<br />この辺りはJaffa Gateに近く、観光客もいるのでお店が開いていました。<br />或いは、キリスト教徒地区なので、店主も城壁内に入り易かったのかな?

    お茶休憩を終え、再び観光開始です。
    この辺りはJaffa Gateに近く、観光客もいるのでお店が開いていました。
    或いは、キリスト教徒地区なので、店主も城壁内に入り易かったのかな?

  • ツアー途中では、外で話を聞いただけの、聖墳墓教会に戻ってきました。

    ツアー途中では、外で話を聞いただけの、聖墳墓教会に戻ってきました。

  • 16時から、StationⅠから始まるVia Dolorosaをキリスト教徒と一緒に歩いてみたかったけど、ツアーに参加したので間に合いませんでした。<br /><br />でも、聖墳墓教会へ入ったら、重厚な聖歌が聞こえてきたので、声の方へ歩いて行くと、その声の主であるVia Dolorosaを歩いてきた一行を見つけました。

    16時から、StationⅠから始まるVia Dolorosaをキリスト教徒と一緒に歩いてみたかったけど、ツアーに参加したので間に合いませんでした。

    でも、聖墳墓教会へ入ったら、重厚な聖歌が聞こえてきたので、声の方へ歩いて行くと、その声の主であるVia Dolorosaを歩いてきた一行を見つけました。

  • 各宗派の司祭達が行進を始め、その後にろうそくを手にした信者が続いて歩いていました。<br />とても神聖な雰囲気です。

    各宗派の司祭達が行進を始め、その後にろうそくを手にした信者が続いて歩いていました。
    とても神聖な雰囲気です。

  • これは、また別の宗派の一行です。

    これは、また別の宗派の一行です。

  • 香油を注がれた石

    香油を注がれた石

  • イエスの墓が中に入っている「アナスタシス(復活聖堂)」です。

    イエスの墓が中に入っている「アナスタシス(復活聖堂)」です。

  • とんでもない人数が並んでいます。<br />そして、列は全く動きません。<br />何があるのか分からなかったけど、とりあえず並んでみました。

    とんでもない人数が並んでいます。
    そして、列は全く動きません。
    何があるのか分からなかったけど、とりあえず並んでみました。

  • 右奥にみえるのは、マグダラのマリア礼拝堂だと思います。

    右奥にみえるのは、マグダラのマリア礼拝堂だと思います。

  • 40-50分並んでいたでしょうか。最初の20分位は全く動かなかったので、中で何か行われていたのでしょう。<br /><br />ようやく順番が巡ってきました。

    40-50分並んでいたでしょうか。最初の20分位は全く動かなかったので、中で何か行われていたのでしょう。

    ようやく順番が巡ってきました。

  • 中に入ると、手前の部屋に天津の礼拝堂があり、その奥にあるのがこれ、<br />StationⅩⅣ「イエスの墓」です。<br />中には管理する人がいて、立ち止まらないで早く出る様に促していました。

    中に入ると、手前の部屋に天津の礼拝堂があり、その奥にあるのがこれ、
    StationⅩⅣ「イエスの墓」です。
    中には管理する人がいて、立ち止まらないで早く出る様に促していました。

  • StationⅩⅡイエスが息を引き取った場所だそうです。<br />磔にされたイエスの像が中央に見えます。<br />聖墳墓教会の入口右側の階段を登った所にありました。<br />うろうろしている時に、偶然みつけました。<br /><br />偶然、金曜礼拝の一行に出会え、厳かな雰囲気を味わい、随分長い時間をここで過ごしていました。<br />そろそろ、外へ出てみます。

    StationⅩⅡイエスが息を引き取った場所だそうです。
    磔にされたイエスの像が中央に見えます。
    聖墳墓教会の入口右側の階段を登った所にありました。
    うろうろしている時に、偶然みつけました。

    偶然、金曜礼拝の一行に出会え、厳かな雰囲気を味わい、随分長い時間をここで過ごしていました。
    そろそろ、外へ出てみます。

  • シャバットが始まる金曜日の日没直前です。<br />嘆きの壁へ向かってみます。<br /><br />さっき通りかかったCARDOへのサイン。<br />もう一度行ってみたいけど、今はそのまま通り過ぎます。

    シャバットが始まる金曜日の日没直前です。
    嘆きの壁へ向かってみます。

    さっき通りかかったCARDOへのサイン。
    もう一度行ってみたいけど、今はそのまま通り過ぎます。

  • 昼間より、ユダヤ教徒が集まっています。<br />観光客も含まれているけど、明らかに信者が増えていました。

    昼間より、ユダヤ教徒が集まっています。
    観光客も含まれているけど、明らかに信者が増えていました。

  • ウルトラ オーソドックスの人達も壁面に向かって経典を唱えています。

    ウルトラ オーソドックスの人達も壁面に向かって経典を唱えています。

  • 手前には、若いグループが環になって歌ったり踊ったりしています。<br />これ、エイラットのシャバットでも見かけました。<br /><br />中途半端に時間が余りました。<br />既に日没を迎えているけど、まだ明るいのでVia Dolorosaを最初から歩いてみる事にします。

    手前には、若いグループが環になって歌ったり踊ったりしています。
    これ、エイラットのシャバットでも見かけました。

    中途半端に時間が余りました。
    既に日没を迎えているけど、まだ明るいのでVia Dolorosaを最初から歩いてみる事にします。

  • Western wallからスタート地点のSt. Stephens Gateへ向かっています。<br />途中でも見つけちゃいます。<br />Via Dolorosa StationⅤ<br />シモンがイエスの代わりに十字架を背負う所だそうです。

    Western wallからスタート地点のSt. Stephens Gateへ向かっています。
    途中でも見つけちゃいます。
    Via Dolorosa StationⅤ
    シモンがイエスの代わりに十字架を背負う所だそうです。

  • この様に、分かりやすいサインがあります。

    この様に、分かりやすいサインがあります。

  • 到着しました。<br />St. Stepherns Gate(Lions&#39; Gate)です。<br />私にとってはいつも通るおなじみの、Austrian HospisとStationⅢの角を曲がって真直ぐ行けばありました。<br /><br />ここへたどり着くまで、警備の警官に「ライオンズゲートはどこ?」と何度も聞いたし、警官達もそのつどキチンと教えてくれました。<br />ここのゲートにも、沢山の警官が警備していました。<br />ゲートに着いたけど、どこにライオンがあるのか分からないので、「ライオンはどこ?」と能天気な事を聞いても、ちゃんと教えてくれます。<br />私はライオンを見つけると、嬉しそうに写真を撮っていました。<br /><br />この時は、今朝の事件が神殿の丘で起こったと思っていました。<br />でも、正にこのゲートを警備していた警察が狙われ、ここで命を落としたという事を、部屋に戻ってニュースを見てから知りました。<br />知らなかった事とは言え、あんなにはしゃいだ感じで写真を撮って喜んでいた自分の行動が、心苦しいです。

    到着しました。
    St. Stepherns Gate(Lions' Gate)です。
    私にとってはいつも通るおなじみの、Austrian HospisとStationⅢの角を曲がって真直ぐ行けばありました。

    ここへたどり着くまで、警備の警官に「ライオンズゲートはどこ?」と何度も聞いたし、警官達もそのつどキチンと教えてくれました。
    ここのゲートにも、沢山の警官が警備していました。
    ゲートに着いたけど、どこにライオンがあるのか分からないので、「ライオンはどこ?」と能天気な事を聞いても、ちゃんと教えてくれます。
    私はライオンを見つけると、嬉しそうに写真を撮っていました。

    この時は、今朝の事件が神殿の丘で起こったと思っていました。
    でも、正にこのゲートを警備していた警察が狙われ、ここで命を落としたという事を、部屋に戻ってニュースを見てから知りました。
    知らなかった事とは言え、あんなにはしゃいだ感じで写真を撮って喜んでいた自分の行動が、心苦しいです。

  • ライオンのアップ。<br />風雨にさらされているのに、比較的キレイな状態で残っていました。

    ライオンのアップ。
    風雨にさらされているのに、比較的キレイな状態で残っていました。

  • こんな感じで、警官が複数名で警備しています。<br />この人たち、私の行動を見てどう思っていたのだろう...。<br />ここで命を落とされた警官2名、そして仲間を理不尽な理由で失ったこの人達に対して、申し訳ない気持ちで一杯です。

    こんな感じで、警官が複数名で警備しています。
    この人たち、私の行動を見てどう思っていたのだろう...。
    ここで命を落とされた警官2名、そして仲間を理不尽な理由で失ったこの人達に対して、申し訳ない気持ちで一杯です。

  • その時は何も知らず、気合いを入れてVia Dolorosaを歩き始めます。<br />「地球の歩き方」を手に歩けば、分かったのだけど、この時はiで貰った地図で動いていたので、StationⅠ、Ⅱは、はっきり分かりませんでした。<br />ここは、StationⅢ イエスが最初につまずいた所。

    その時は何も知らず、気合いを入れてVia Dolorosaを歩き始めます。
    「地球の歩き方」を手に歩けば、分かったのだけど、この時はiで貰った地図で動いていたので、StationⅠ、Ⅱは、はっきり分かりませんでした。
    ここは、StationⅢ イエスが最初につまずいた所。

  • すっかり陽が落ちて真っ暗になっています。<br />ここはStationⅦ スークの突きあたりにあります。<br />イエスが2度目につまずいた所。

    すっかり陽が落ちて真っ暗になっています。
    ここはStationⅦ スークの突きあたりにあります。
    イエスが2度目につまずいた所。

  • ここは、StationⅧ 鞭打ちの教会<br /><br />この後、StationⅨを人に聞きながら探してみたけど見つけられませんでした。

    ここは、StationⅧ 鞭打ちの教会

    この後、StationⅨを人に聞きながら探してみたけど見つけられませんでした。

  • そして、再び聖墳墓教会へ戻ってきました。<br />この日没後にも関わらず、わざわざここに戻って来たのには、理由があります。<br /><br />この教会の中には、複数のキリスト教宗派の祭壇があります。<br />その教会の開閉門を、どこの宗派が行うかでもめない様に、異教徒のムスリムが行う事になっているそうです。<br />その閉門の儀式が21時に行われるので、その時間に合わせて戻ってきました。<br />この話も、昼間のツアーガイドが教えてくれました。

    そして、再び聖墳墓教会へ戻ってきました。
    この日没後にも関わらず、わざわざここに戻って来たのには、理由があります。

    この教会の中には、複数のキリスト教宗派の祭壇があります。
    その教会の開閉門を、どこの宗派が行うかでもめない様に、異教徒のムスリムが行う事になっているそうです。
    その閉門の儀式が21時に行われるので、その時間に合わせて戻ってきました。
    この話も、昼間のツアーガイドが教えてくれました。

  • 写真 右に写っている髭のおじさんがその人。<br />Gパンに白Tシャツと、とってもラフな格好で、耳には爪楊枝をはさんでいました。<br />まるで、自分の店のシャッターを閉める様な気楽さです。

    写真 右に写っている髭のおじさんがその人。
    Gパンに白Tシャツと、とってもラフな格好で、耳には爪楊枝をはさんでいました。
    まるで、自分の店のシャッターを閉める様な気楽さです。

  • 何名かは、教会内で一晩過ごすみたいです。<br />中から扉を押して閉門し、このおじさんが脚立を登って鍵を閉め、セレモニーは終わりです。

    何名かは、教会内で一晩過ごすみたいです。
    中から扉を押して閉門し、このおじさんが脚立を登って鍵を閉め、セレモニーは終わりです。

  • 昨日に続き、またしても真っ暗な中、一人で帰る事になりました。<br />しかも、昨日は来た道を真直ぐ戻れば良いだけのシンプルな道だったけど、今日は聖墳墓教会から戻らないといけない。<br />旧市街内を歩くのと、一度Jaffa Gateから城壁外へ出て歩くのとどっちが安全?<br />暗くなると景色が変わり、Jaffa Gateへの行き方も分からなくなったので、多くの人が歩く方向(旧市街内を通る)へ歩いてきました。<br />たまに真っ暗で一人だけ、たまに明るく人も居る道をスタスタ歩いています。

    昨日に続き、またしても真っ暗な中、一人で帰る事になりました。
    しかも、昨日は来た道を真直ぐ戻れば良いだけのシンプルな道だったけど、今日は聖墳墓教会から戻らないといけない。
    旧市街内を歩くのと、一度Jaffa Gateから城壁外へ出て歩くのとどっちが安全?
    暗くなると景色が変わり、Jaffa Gateへの行き方も分からなくなったので、多くの人が歩く方向(旧市街内を通る)へ歩いてきました。
    たまに真っ暗で一人だけ、たまに明るく人も居る道をスタスタ歩いています。

  • 無事、Damascus Gateまで戻って来れました。

    無事、Damascus Gateまで戻って来れました。

  • 城壁外を歩いています。<br />昨晩は、人が歩いて居なくても開いている店があったけど、この日はバリケードで封鎖され、店も閉まっているし、車も通りません。<br />人もほとんど歩いていません。<br />これって、ある意味安全?!<br />もちろん、何事もなく無事ホテルへ戻ってきました。

    城壁外を歩いています。
    昨晩は、人が歩いて居なくても開いている店があったけど、この日はバリケードで封鎖され、店も閉まっているし、車も通りません。
    人もほとんど歩いていません。
    これって、ある意味安全?!
    もちろん、何事もなく無事ホテルへ戻ってきました。

  • 本日午後からの移動。<br />旧市街内をガッツリ歩きました。

    本日午後からの移動。
    旧市街内をガッツリ歩きました。

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2017年 イスラエル

エルサレム(イスラエル) の旅行記

エルサレム の旅行記一覧

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イスラエルで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イスラエル最安 680円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イスラエルの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集