酒田旅行記(ブログ) 一覧に戻る
江戸の人口増加により米の需要が増した江戸時代前期、幕府は出羽国の城米(年貢米)を江戸に送るよう河村瑞賢に命じました。瑞賢は、港湾の利便調査をもとに、酒田から下関を廻り、瀬戸内海から大坂(現在の大阪)を経由して、江戸へ城米を直送できるように「西廻り航路」を切り開きました。それは寛文12年(1672年)のことでした。酒田には幕府専用の米蔵「瑞賢倉」が設置され、最上川を通じて庄内各地から米が集められ、酒井湊から江戸へと送られていきました。この航路で活躍したのが、北前船(千石船)と呼ばれる、荒波に耐える為ドングリ型をした、横帆1枚、米千石(150トン)を積める船でした。<br /><br />米の集積地と積出港となった酒田湊は、天下の台所・大坂と直結し、上方船の出入りが急増し、天和3年(1683年)には、川船を含め約三千隻の舟が入港したと伝わっています。北前船の往来により全国と繋がった酒田は、華やかで自由闊達な湊町文化が形成され、茶道や華道、俳諧が教養の1つとして盛んになり、茶屋文化、料亭文化と供に風流を競いました。「鐙屋」をはじめとする豪商も次々に出現し、人口も急増、賑やかさが増した酒田は、きらびやかな時代の薫りに包まれました。街の中には、江戸時代や明治時代の建物が残り、華やかだった頃の面影を偲ぶことができます。

津軽出羽の紅葉・・北前船の記憶、酒田をめぐります。

6いいね!

2014/10/24 - 2014/10/24

205位(同エリア308件中)

旅行記グループ 津軽出羽紅葉の旅

0

91

YAMAJI

YAMAJIさん

江戸の人口増加により米の需要が増した江戸時代前期、幕府は出羽国の城米(年貢米)を江戸に送るよう河村瑞賢に命じました。瑞賢は、港湾の利便調査をもとに、酒田から下関を廻り、瀬戸内海から大坂(現在の大阪)を経由して、江戸へ城米を直送できるように「西廻り航路」を切り開きました。それは寛文12年(1672年)のことでした。酒田には幕府専用の米蔵「瑞賢倉」が設置され、最上川を通じて庄内各地から米が集められ、酒井湊から江戸へと送られていきました。この航路で活躍したのが、北前船(千石船)と呼ばれる、荒波に耐える為ドングリ型をした、横帆1枚、米千石(150トン)を積める船でした。

米の集積地と積出港となった酒田湊は、天下の台所・大坂と直結し、上方船の出入りが急増し、天和3年(1683年)には、川船を含め約三千隻の舟が入港したと伝わっています。北前船の往来により全国と繋がった酒田は、華やかで自由闊達な湊町文化が形成され、茶道や華道、俳諧が教養の1つとして盛んになり、茶屋文化、料亭文化と供に風流を競いました。「鐙屋」をはじめとする豪商も次々に出現し、人口も急増、賑やかさが増した酒田は、きらびやかな時代の薫りに包まれました。街の中には、江戸時代や明治時代の建物が残り、華やかだった頃の面影を偲ぶことができます。

旅行の満足度
4.0

PR

  • 酒田観光マップです。

    酒田観光マップです。

  • 新井田川と新内橋です。

    新井田川と新内橋です。

  • 屋形船みづきです。新井田川と酒田湾をクルーズする観光船です。

    屋形船みづきです。新井田川と酒田湾をクルーズする観光船です。

  • 屋形船あかりです。

    屋形船あかりです。

  • 小型漁船が並んでいます。

    小型漁船が並んでいます。

  • 山居橋と山居倉庫です。

    山居橋と山居倉庫です。

  • 山居倉庫の案内柱です。

    山居倉庫の案内柱です。

  • 明治26年建築の土蔵造りの山居倉庫です。

    明治26年建築の土蔵造りの山居倉庫です。

  • 全部で12棟あり、米保管用の倉庫として活躍、現在も9棟が農業用倉庫として現役です。

    全部で12棟あり、米保管用の倉庫として活躍、現在も9棟が農業用倉庫として現役です。

  • 屋根は二重構造で、内部を高温・湿気から守ります。

    屋根は二重構造で、内部を高温・湿気から守ります。

  • 雨樋と防火槽です。

    雨樋と防火槽です。

  • 鵜飼舟の解説です。

    鵜飼舟の解説です。

  • 復元された小鵜飼船です。最上川水運のために作られた船です。

    復元された小鵜飼船です。最上川水運のために作られた船です。

  • 山居倉庫前の船着き場です。

    山居倉庫前の船着き場です。

  • 護岸の蔦(ツタ)の紅葉です。

    護岸の蔦(ツタ)の紅葉です。

  • 三居稲荷神社と欅並木の解説です。

    三居稲荷神社と欅並木の解説です。

  • 倉庫群の裏手に、三居稲荷神社と欅並木があります。

    倉庫群の裏手に、三居稲荷神社と欅並木があります。

  • 倉庫鎮守の神を祀る三居稲荷神社です。

    倉庫鎮守の神を祀る三居稲荷神社です。

  • 樹齢150年以上の欅の並木です。冬の日本海からの強風や夏の強い日射から、倉庫を守るために植えられました。

    樹齢150年以上の欅の並木です。冬の日本海からの強風や夏の強い日射から、倉庫を守るために植えられました。

  • 41本の欅の並木です。ちょうど紅葉の見ごろで、薄緑〜黄色〜赤と綺麗です。

    41本の欅の並木です。ちょうど紅葉の見ごろで、薄緑〜黄色〜赤と綺麗です。

  • 木造のアーチ橋、さんきょばし(山居橋)です。

    木造のアーチ橋、さんきょばし(山居橋)です。

  • 日和山公園の修景池です。

    日和山公園の修景池です。

  • 修景池周囲の桜の紅葉です。

    修景池周囲の桜の紅葉です。

  • 千石船(北前船)の解説です。

    千石船(北前船)の解説です。

  • 北前船を2分の1で復元しています。

    北前船を2分の1で復元しています。

  • 常夜灯です。1813年に灯台として建立されました。

    常夜灯です。1813年に灯台として建立されました。

  • 日和山展望台です。

    日和山展望台です。

  • 出羽三山(月山、湯殿山、羽黒山)は薄らしか見えません。

    出羽三山(月山、湯殿山、羽黒山)は薄らしか見えません。

  • 酒田港と最上川、出羽大橋です。

    酒田港と最上川、出羽大橋です。

  • 酒田港と最上川の河口付近です。

    酒田港と最上川の河口付近です。

  • 酒田の灯台の解説です。

    酒田の灯台の解説です。

  • 酒田の灯台です。日本最古の様式木造六角灯台です。

    酒田の灯台です。日本最古の様式木造六角灯台です。

  • 大正14年の東北巡行の途次に、昭和天皇(当時東宮)が最上川を詠んだ歌碑です。

    大正14年の東北巡行の途次に、昭和天皇(当時東宮)が最上川を詠んだ歌碑です。

  • 大正6年の酒田来訪の折、若山牧水が酒田港を詠んだ歌碑です。

    大正6年の酒田来訪の折、若山牧水が酒田港を詠んだ歌碑です。

  • 大正15年の酒田来訪の折、野口雨情が日和山を詠んだ歌碑です。

    大正15年の酒田来訪の折、野口雨情が日和山を詠んだ歌碑です。

  • 昭和22年の酒田来訪の折り、齋藤茂吉が最上川を詠んだ歌碑です。

    昭和22年の酒田来訪の折り、齋藤茂吉が最上川を詠んだ歌碑です。

  • 観光案内標識です。

    観光案内標識です。

  • 酒田道先案内マップです。

    酒田道先案内マップです。

  • 寺町通りです。正面の鳥居は下日枝神社です。

    寺町通りです。正面の鳥居は下日枝神社です。

  • 香梅咲(料亭)です。江戸末期の安政年間から続く老舗料亭です。

    香梅咲(料亭)です。江戸末期の安政年間から続く老舗料亭です。

  • 日本庭園を眺めながらの、本格懐石料理(4,320〜7,560円)で有名で、お昼の懐石コース(2,160〜3,888円)もあります。

    日本庭園を眺めながらの、本格懐石料理(4,320〜7,560円)で有名で、お昼の懐石コース(2,160〜3,888円)もあります。

  • 舞姫茶屋 雛蔵画廊 相馬楼(料亭)です。江戸時代から酒田を代表する料亭「相馬屋」を修復し、新しい観光スポットとして平成12年3月に開樓しました。

    舞姫茶屋 雛蔵画廊 相馬楼(料亭)です。江戸時代から酒田を代表する料亭「相馬屋」を修復し、新しい観光スポットとして平成12年3月に開樓しました。

  • 2階の大広間は宴舞場として、酒田舞娘の踊りと食事を楽しめます。また、樓内の土蔵には雛人形や竹久夢二などの美術品が展示されています。

    2階の大広間は宴舞場として、酒田舞娘の踊りと食事を楽しめます。また、樓内の土蔵には雛人形や竹久夢二などの美術品が展示されています。

  • 本間家旧本邸(豪商・大地主)の紹介です。

    本間家旧本邸(豪商・大地主)の紹介です。

  • 1768年に本間家が幕府巡検使の本陣として新築し、庄内藩主酒井家に献上、その後拝領しています。

    1768年に本間家が幕府巡検使の本陣として新築し、庄内藩主酒井家に献上、その後拝領しています。

  • 桟瓦葺平屋書院造りで、武家屋敷と商家造りが一体となっている建築様式です。樹齢400年を超える赤松、「伏龍の松」がお出迎えです。

    桟瓦葺平屋書院造りで、武家屋敷と商家造りが一体となっている建築様式です。樹齢400年を超える赤松、「伏龍の松」がお出迎えです。

  • 庭の石は北前船で諸国から集めたものです。<br />旧本邸の屋敷内は写真撮影禁止で、入口の部屋だけを案内・解説し、早々に別館に追いやられました???。見学料金700円払ってます。

    庭の石は北前船で諸国から集めたものです。
    旧本邸の屋敷内は写真撮影禁止で、入口の部屋だけを案内・解説し、早々に別館に追いやられました???。見学料金700円払ってます。

  • 本間家別館(お店;おたな)です。1689年に「新潟屋」を開業以来、本間家が代々商いを営んで来た場所です。

    本間家別館(お店;おたな)です。1689年に「新潟屋」を開業以来、本間家が代々商いを営んで来た場所です。

  • 別館(お店)の中です。入口のお土産コーナーがまずお出迎えでした。

    別館(お店)の中です。入口のお土産コーナーがまずお出迎えでした。

  • お店で実際に使用した帳場です。

    お店で実際に使用した帳場です。

  • 本間家が用意した消火道具です。

    本間家が用意した消火道具です。

  • 東京大博覧会(大正3年)当時、百年前の東京の風景が展示されていました。

    東京大博覧会(大正3年)当時、百年前の東京の風景が展示されていました。

  • 旧鐙屋(廻船問屋)の紹介です。

    旧鐙屋(廻船問屋)の紹介です。

  • 入口です。おしんちゃんがお出迎えです。<br />本間家旧本邸のような付き添っての案内・解説はなかったですが、ジオラマや模型・小道具での仕掛けを用意、質問すると丁寧・親切に説明してくれます。

    入口です。おしんちゃんがお出迎えです。
    本間家旧本邸のような付き添っての案内・解説はなかったですが、ジオラマや模型・小道具での仕掛けを用意、質問すると丁寧・親切に説明してくれます。

  • 入ってすぐお店の帳場です。<br />屋敷内のすべての部屋と土蔵を見て廻り、写真撮影も自由で、見学料金320円でした。

    入ってすぐお店の帳場です。
    屋敷内のすべての部屋と土蔵を見て廻り、写真撮影も自由で、見学料金320円でした。

  • 三之間、次之間、上之間に続く土間で、南側の庭に出られます。

    三之間、次之間、上之間に続く土間で、南側の庭に出られます。

  • 鐙屋の屋根の模型です。鐙屋は石置杉皮葺屋根の典型的な町屋造りです。

    鐙屋の屋根の模型です。鐙屋は石置杉皮葺屋根の典型的な町屋造りです。

  • 通り庭(土間)です。

    通り庭(土間)です。

  • 土間の梁です。

    土間の梁です。

  • 酒田で栽培された紅花です。

    酒田で栽培された紅花です。

  • 東側の庭です。

    東側の庭です。

  • 庭の水桶です。

    庭の水桶です。

  • 中之間、四畳半、八畳です。

    中之間、四畳半、八畳です。

  • 茶の間、納戸です。

    茶の間、納戸です。

  • 竹久夢二の木版装幀です。

    竹久夢二の木版装幀です。

  • 台所・納戸です。

    台所・納戸です。

  • 吊るし雛です。

    吊るし雛です。

  • 吊るし柿(干し柿)です。

    吊るし柿(干し柿)です。

  • 北前船の模型です。

    北前船の模型です。

  • 台所(調理場とかまど)です。

    台所(調理場とかまど)です。

  • 井原西鶴「日本永代蔵」の「鐙屋」の挿絵です。

    井原西鶴「日本永代蔵」の「鐙屋」の挿絵です。

  • お客様用のお料理です。鐙屋を利用すると、宿泊代と豪華な料理が無料でした。

    お客様用のお料理です。鐙屋を利用すると、宿泊代と豪華な料理が無料でした。

  • 井戸です。

    井戸です。

  • 土蔵です。

    土蔵です。

  • 土蔵の展示です。

    土蔵の展示です。

  • 江戸時代の西回り・東回り航路図です。

    江戸時代の西回り・東回り航路図です。

  • 文化8年(1811年)の鐙屋の屋敷図です。屋敷だけで現在の4倍以上です。

    文化8年(1811年)の鐙屋の屋敷図です。屋敷だけで現在の4倍以上です。

  • 石置杉皮葺屋根の模型です。

    石置杉皮葺屋根の模型です。

  • 石置杉皮葺屋根です。

    石置杉皮葺屋根です。

  • 屋敷内にもおしんちゃんです。

    屋敷内にもおしんちゃんです。

  • 2013年公開の映画「おしん」の撮影風景です。

    2013年公開の映画「おしん」の撮影風景です。

  • おしんの2つ目の奉公さき「加賀屋」の設定です。

    おしんの2つ目の奉公さき「加賀屋」の設定です。

  • 屋内の撮影風景です。

    屋内の撮影風景です。

  • 酒田港のみなと市場です。

    酒田港のみなと市場です。

  • 浜のかあちゃん店です。解禁されたズワイガニを探します。

    浜のかあちゃん店です。解禁されたズワイガニを探します。

  • 庄内浜の毛ガニです。残念ですが生です。お店でこれから茹でることは無理との事、旅はまだ続きます。買うのを諦めました。

    庄内浜の毛ガニです。残念ですが生です。お店でこれから茹でることは無理との事、旅はまだ続きます。買うのを諦めました。

  • 小松まぐろ専門店です。日本海産の本まぐろを期待して覗きますが、店頭に並ぶまぐろは海外産ばかり。壁に飛島沖紅ずわいガニ丼の写真が、カニの量たっぷりとおねえさんお勧めです。

    小松まぐろ専門店です。日本海産の本まぐろを期待して覗きますが、店頭に並ぶまぐろは海外産ばかり。壁に飛島沖紅ずわいガニ丼の写真が、カニの量たっぷりとおねえさんお勧めです。

  • 紅ずわいガニ丼(飛島沖産;950円)とエンガワ(300円)・ツブ貝(250円)です。値段も安く、ボリューム、味ともに抜群です。

    紅ずわいガニ丼(飛島沖産;950円)とエンガワ(300円)・ツブ貝(250円)です。値段も安く、ボリューム、味ともに抜群です。

  • さかた海鮮市場にも寄りました。

    さかた海鮮市場にも寄りました。

  • 菅原鮮魚マリーン5店です。紅ズワイガニの生がありました。やはりここで茹でるのは無理とのことでした。

    菅原鮮魚マリーン5店です。紅ズワイガニの生がありました。やはりここで茹でるのは無理とのことでした。

  • 海の八百屋(農産物直売店)です。酒田産のミニトマトと洋梨を買いました。

    海の八百屋(農産物直売店)です。酒田産のミニトマトと洋梨を買いました。

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

津軽出羽紅葉の旅

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

酒田の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集