岐阜市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
世界各国の昆虫約1万8千種類、30万点以上の標本を有する名和昆虫博物館は、1919年(大正8年)10月26日に開館しました。建物は開館当時のもので、明治洋風建築として登録有形文化財(岐阜県第1号)に登録されています。ギフチョウの次は、世界の珍しい蝶、奇麗な蝶などの紹介です。

2009秋、名和昆虫博物館(2):10月31日(2):ゴライアストリバネアゲハ、ルリチョウ、ツマベニチョウ

8いいね!

2009/10/31 - 2009/10/31

416位(同エリア748件中)

0

30

世界各国の昆虫約1万8千種類、30万点以上の標本を有する名和昆虫博物館は、1919年(大正8年)10月26日に開館しました。建物は開館当時のもので、明治洋風建築として登録有形文化財(岐阜県第1号)に登録されています。ギフチョウの次は、世界の珍しい蝶、奇麗な蝶などの紹介です。

交通手段
高速・路線バス JRローカル

PR

  • ゴライアストリバネアゲハの雌雄です。ニューギニアに生息します。トリバネチョウ属のチョウは、全てワシントン条約で保護されている希少種です。

    ゴライアストリバネアゲハの雌雄です。ニューギニアに生息します。トリバネチョウ属のチョウは、全てワシントン条約で保護されている希少種です。

  • ゴライアストリバネアゲハの雌雄です。ニューギニア産です。

    ゴライアストリバネアゲハの雌雄です。ニューギニア産です。

  • ゴクラクトリバネアゲハの雌雄です。ニューギニア産です。

    ゴクラクトリバネアゲハの雌雄です。ニューギニア産です。

  • ビクトリアトリバネアゲハの雌雄です。ソロモンのゲラ島産です。

    ビクトリアトリバネアゲハの雌雄です。ソロモンのゲラ島産です。

  • アゲハの種類ですが、名札は取り損ねました。ピンク色が印象的な種です。

    イチオシ

    アゲハの種類ですが、名札は取り損ねました。ピンク色が印象的な種です。

  • ニューギニアの西イリアン産のオオルリアゲハです。右の二匹が雄、一番左の一回り大きい蝶が雌です。

    イチオシ

    ニューギニアの西イリアン産のオオルリアゲハです。右の二匹が雄、一番左の一回り大きい蝶が雌です。

  • ニューギニアの西イリアン産のオオルリアゲハです。雌です。

    ニューギニアの西イリアン産のオオルリアゲハです。雌です。

  • インドネシアのバッチャン島産のオオルリアゲハです。逆さまの右の蝶が雄、左が雌です。

    インドネシアのバッチャン島産のオオルリアゲハです。逆さまの右の蝶が雄、左が雌です。

  • クジャクアゲハの雌雄です。インド産です。

    クジャクアゲハの雌雄です。インド産です。

  • インドネシアのスラウェン島産のオオルリオビアゲハです。

    インドネシアのスラウェン島産のオオルリオビアゲハです。

  • 南インド産のブッダオビクジャクオゲハです。雌の方です

    南インド産のブッダオビクジャクオゲハです。雌の方です

  • 南インド産のブッダオビクジャクオゲハです。雄の方です。

    南インド産のブッダオビクジャクオゲハです。雄の方です。

  • ルソンカラスアゲハです。フィリピンのルソン島産です。

    ルソンカラスアゲハです。フィリピンのルソン島産です。

  • タイ産のオオクジャクアゲハです。

    タイ産のオオクジャクアゲハです。

  • ルリモンアゲハです。南インド産です。<br />

    ルリモンアゲハです。南インド産です。

  • カルナルリモンアゲハです。ボルネオ産です。インド、インドネシア、中国中・西部から台湾にかけて生息する蝶です。

    カルナルリモンアゲハです。ボルネオ産です。インド、インドネシア、中国中・西部から台湾にかけて生息する蝶です。

  • 左からフィリピン産(四匹)、中がインドネシアのボルネオ島産(二匹)、左がインドネシアのジャワ産(四匹)のツマベニチョウです。雌が下段の右から二匹目と左からの二匹目です。少し色が濃い特徴があります。

    左からフィリピン産(四匹)、中がインドネシアのボルネオ島産(二匹)、左がインドネシアのジャワ産(四匹)のツマベニチョウです。雌が下段の右から二匹目と左からの二匹目です。少し色が濃い特徴があります。

  • インドネシア産のツマベニチョウです。上が雄、下が雌です。

    インドネシア産のツマベニチョウです。上が雄、下が雌です。

  • ツマベニチョウの雌雄です。上が雄、下が雌です。

    ツマベニチョウの雌雄です。上が雄、下が雌です。

  • ツマベニチョウです。上が雄、下が雌です。

    ツマベニチョウです。上が雄、下が雌です。

  • インドネシアのニアス島産のツマベニチョウです。

    インドネシアのニアス島産のツマベニチョウです。

  • 個体差が大きいヒイロツマグロチョウです。すべてインドネシア産です。採集された島は異なります。

    個体差が大きいヒイロツマグロチョウです。すべてインドネシア産です。採集された島は異なります。

  • 中央の一番色が濃いインドネシア産のヒイロツマベニチョウです。採取されたのは、ベレン島です。

    中央の一番色が濃いインドネシア産のヒイロツマベニチョウです。採取されたのは、ベレン島です。

  • インドネシア産のヒイロツマベニチョウです。採集されたのは、セラム島です。

    インドネシア産のヒイロツマベニチョウです。採集されたのは、セラム島です。

  • インドネシア産のツマベニチョウです。左のグループ(三匹)がオビ島、中(二匹)がニアス島、左(三匹)がバッチャン島産です。

    インドネシア産のツマベニチョウです。左のグループ(三匹)がオビ島、中(二匹)がニアス島、左(三匹)がバッチャン島産です。

  • ニューギニア産のヒレオトリバネアゲハの雄です。シャープで優雅な姿です。

    ニューギニア産のヒレオトリバネアゲハの雄です。シャープで優雅な姿です。

  • ニューギニア産のヒレオトリバネアゲハの雌です。雄とは随分違った黒色基調です。

    ニューギニア産のヒレオトリバネアゲハの雌です。雄とは随分違った黒色基調です。

  • ニューギニア産のヒレオトリバネアゲハの雌雄です。左の小さいほうが雄、右が雌です。随分と雌雄の姿が違います。

    ニューギニア産のヒレオトリバネアゲハの雌雄です。左の小さいほうが雄、右が雌です。随分と雌雄の姿が違います。

  • インドネシアのブル島産のブルキシタアゲハです。仲が雌、その左右が雄です。お洒落な文様です。

    インドネシアのブル島産のブルキシタアゲハです。仲が雌、その左右が雄です。お洒落な文様です。

  • インドネシアのブル島産のブルキシタアゲハの雌です。

    イチオシ

    インドネシアのブル島産のブルキシタアゲハの雌です。

この旅行記のタグ

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集