深セン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
懐化から181元の寝台バスで6:30に深圳の観瀾バスターミナルに到着した。しかし観瀾は経済特区から遠く離れた何もないところ。羅湖までタクシーで100元以上かかるというので、直感を頼りにバスに乗った。バスは経済特区外をぐるぐると周っているだけのようだったので、とりあえず龍崗という場所に下車。幾人か声をかけてきた自転車タクシーに「羅湖」という字を見せて乗り込むと、深圳駅行きのバス乗り場まで行ってくれ、バスで1時間かけて9:40に羅湖に無事到着、部屋をとってやっと就寝した。<br />

深圳 -中国西南の旅-

1いいね!

2008/10/25 - 2008/10/29

990位(同エリア1176件中)

旅行記グループ 中国西南の旅

0

26

懐化から181元の寝台バスで6:30に深圳の観瀾バスターミナルに到着した。しかし観瀾は経済特区から遠く離れた何もないところ。羅湖までタクシーで100元以上かかるというので、直感を頼りにバスに乗った。バスは経済特区外をぐるぐると周っているだけのようだったので、とりあえず龍崗という場所に下車。幾人か声をかけてきた自転車タクシーに「羅湖」という字を見せて乗り込むと、深圳駅行きのバス乗り場まで行ってくれ、バスで1時間かけて9:40に羅湖に無事到着、部屋をとってやっと就寝した。

旅行の満足度
4.0
観光
3.0
ホテル
3.0
グルメ
4.0
ショッピング
4.0
交通
4.0
交通手段
鉄道
航空会社

PR

  • 国慶節の深南東路

    国慶節の深南東路

  • キャベツ炒め。「二郎田鶏」の前まで行ったが休みだったので隣の「老湘情」に入った。

    キャベツ炒め。「二郎田鶏」の前まで行ったが休みだったので隣の「老湘情」に入った。

  • 蛙鍋。蛙の味はよくわからないほど味が濃い。

    蛙鍋。蛙の味はよくわからないほど味が濃い。

  • 「上海餛飩面店」にてトマト卵拌麺。前回の旅行記で「上海なんとか」といっていたのはこの店。前回最後に食事をした場所で、再び深圳での生活が始まった。

    「上海餛飩面店」にてトマト卵拌麺。前回の旅行記で「上海なんとか」といっていたのはこの店。前回最後に食事をした場所で、再び深圳での生活が始まった。

  • ショッピングビルにはブランドショップが軒を連ね、駐車場には高級外車ばかりが出入りをし、上の階には映画館があり、フィットネスクラブがある。あのコンクリートに溝があるだけの便所は一体どこの国だったのか。中国の田舎から出てきてわかる、経済特区のすごさ。

    ショッピングビルにはブランドショップが軒を連ね、駐車場には高級外車ばかりが出入りをし、上の階には映画館があり、フィットネスクラブがある。あのコンクリートに溝があるだけの便所は一体どこの国だったのか。中国の田舎から出てきてわかる、経済特区のすごさ。

  • スーパーマーケットの食料品売り場にて。これが一番新鮮な売り方。

    スーパーマーケットの食料品売り場にて。これが一番新鮮な売り方。

  • 嘉賓路

    嘉賓路

  • 「蒙自壹品」にて特色鶏鍋、36元。これはうまい!

    「蒙自壹品」にて特色鶏鍋、36元。これはうまい!

  • 木瓜西米露 19元<br />奮発して「満記甜品」に入ってみた。

    木瓜西米露 19元
    奮発して「満記甜品」に入ってみた。

    満記甜品 (万象城店) スイーツ

  • 芝麻糊配合桃露 23元<br />団子入り黒胡麻と胡桃の二色デザート。

    芝麻糊配合桃露 23元
    団子入り黒胡麻と胡桃の二色デザート。

  • ランチタイムの味千拉麺万象城店は、地元の人や外国人で盛況。ラーメンはごく普通の味。赤身の握り寿司も注文してみたが魚の身を切る方向が間違っていた。

    ランチタイムの味千拉麺万象城店は、地元の人や外国人で盛況。ラーメンはごく普通の味。赤身の握り寿司も注文してみたが魚の身を切る方向が間違っていた。

  • 「小肥羊」にて滋補清湯鍋、30元。他に茶香、鴛鴦、麻辣スープがあった。根っこのようなものは早めに取り出さないとスープが苦くなる。

    「小肥羊」にて滋補清湯鍋、30元。他に茶香、鴛鴦、麻辣スープがあった。根っこのようなものは早めに取り出さないとスープが苦くなる。

  • 手切羊肉、32元。ジュワっという食感とともにかめばかむほど味がして最高に美味しかった。

    手切羊肉、32元。ジュワっという食感とともにかめばかむほど味がして最高に美味しかった。

  • 「上海餛飩面店」の隣にある「福建沙県小吃」<br />芝麻醤につけて食べる沙県の餃子は中国の至る所の街角にある朝食の定番。芝麻醤も結構いける。

    「上海餛飩面店」の隣にある「福建沙県小吃」
    芝麻醤につけて食べる沙県の餃子は中国の至る所の街角にある朝食の定番。芝麻醤も結構いける。

  • 東門から

    東門から

  • 東門の屋台にて熱乾麺、6元。湖北省の名物で芝麻醤をまぜて食べる。

    東門の屋台にて熱乾麺、6元。湖北省の名物で芝麻醤をまぜて食べる。

  • 日本料理店「大阪」

    日本料理店「大阪」

  • 刺身定食98元、お通し10元、おしぼり1元。日本人御用達の店はやはり高い。

    刺身定食98元、お通し10元、おしぼり1元。日本人御用達の店はやはり高い。

  • 深圳最後の夜もふける

    深圳最後の夜もふける

この旅行記のタグ

1いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 320円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集