リンブルク 旅行 クチコミガイド

ピックアップ特集

リンブルク旅行予約

最安値を比較♪ JTB HIS 阪急交通社…他

最安値

ツアー

Wi-Fiレンタル

1日あたり247円~

ツアー検索

ホテル クチコミ人気ランキング 9 件

観光 クチコミ人気ランキング 4 件

グルメ・レストラン クチコミ人気ランキング 0 件

ドイツでおすすめのテーマ

海外のテーマをすべて見る

旅行記 22 件

  • リンブルク アンデア ラーン 

    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2019/07/06 -  2019/07/06 (約1年前)

      リンブルク 一時の夏休み! もっと見る(写真49枚)

    • 冬のメルヘン ドイツ、東フランスを巡る 24(ドイツ編) 11日目② リンブルク

      • 同行者:一人旅
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2018/12/05 -  2018/12/05 (約2年前)

        11日目 2018年12月5日(水) 曇り リンブルクを訪れたのは4トラベラーのココアさんがブログの中で、「ヘッセン州における木組みの家街道の街の中で、観光にイチオシ」との推薦があったからです。 「地球の歩き方」には大聖堂を中心に簡単な説明しかありません。しかし実際歩いてみると、保存状態の非常に良い木組みの家々がぎっしり並んだ旧市街は見ごたえ十分で、更に旧市街の北側を流れるラーン川の河畔から見上げる崖の上の城と大聖堂は迫力がありました。 木組みの家の多様さと美しさは、今回の旅で訪れた多くの街の中でもトップクラスでした。ココアさんの旅行記はここ→ https://4travel.jp/trave... もっと見る(写真97枚)

      • 2013夏バイエルンからモーゼル川の旅09:リンブルク

        • 同行者:カップル・夫婦
        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2013/09/03 -  2013/09/03 (約7年前)

           観光6日目、モーゼル川の旅は終わり、コブレンツから宿をフランフルトに移します。途中、ラーン渓谷にあるリンブルクに寄りました。 昨年13年ぶりに女房を海外旅行に連れ出したのがきっかけで、毎年夏には絶対ヨーロッパに行きたいと女房が言い出し、今回の旅行となりました。 旅行の日程は以下の通り:★印がこの旅行記です。 8月28日(水) 10:45関空~15:00ヘルシンキ経由16:15~17:50ミュンヘン着(ミュンヘン泊) 8月29日(木) ミュンヘン(ミュンヘン泊) 8月30日(金) ネルトリンゲン、ドナウヴェルト、アウクスブルク(ミュンヘン泊) 8月31日(土) プリーン(ミュンヘン泊) 9月0... もっと見る(写真52枚)

        • 2006年ドイツの春:ラーン休暇街道にはゲーテの“若きウエルテルの悩み”の舞台となった町もある

          • 同行者:カップル・夫婦(シニア)
          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2006/05/17 -  2006/05/17 (約14年前)

            <2006.5.“ドイツ ライン・モーゼル・ラーン周遊の旅”>期間 : 2006年5月5日(金)~5月19日(金)15日間目的地: 今回の旅の目的地は二度目のドイツ駐在を終え、1985年5月31日に帰国して以来、21年ぶりとなる“デュッセルドルフ訪問”が第一です。そして週末や休暇の帰途に、何度も立ち寄った“ライン・モーゼル川、更に言えばルール川、アール川、ラーン川の流域等”を旅するものです。この地はノルトライン・ヴェストファーレン州、ラインラント・プファルツ州、ザールラント州、ヘッセン州と“父なるライン川・落ち着いた佇まいのモーゼル川”を挟んだドイツの北西部の地域になる。写真はラーン川流域図 もっと見る(写真45枚)

          • 欲張り5ヶ国 美しい図書館と周辺のかわいい街めぐり 【12】 フロイデンベルクと木組みの街

            • 同行者:一人旅
            • 関連タグ:

              • 旅行時期: 2016/05/17 -  2016/05/31 (約4年前)

              とかく人は自分にないものに憧れる傾向がある(私だけ?)。美しくもかわいくもない私は『美しい』『かわいい』ものに極めて弱い。旅行もしかり。そんな私の『美しい』『かわいい』を求めて、ないものねだりという分かりやすい自己満足の旅です。12日目:白壁の木組み家が並ぶフロイデンベルクへ。そして、そこからの~怒涛の駆け足観光。天気はいまいち、旅は終盤、ラストスパート、体力よ、持ちこたえろ!笑★ ~ ☆ ~ ★ ~ ☆ ~ ★ ~ ☆ ~ ★ ~ ☆ ~ ★ ~天気、公共交通の遅延、体力など旅の途中でスケジュール変更しながら巡った13日間。【スケジュール】(現地で変更後の最終日程)□ 5/17(火) 伊丹 ... もっと見る(写真20枚)

            旅行記を投稿してみよう!

            旅行記を投稿する

            Q&A掲示板 1

            リンブルクについて質問してみよう!

            行ったことのある皆さんに、一斉に質問することができます。

            miharashi

            ショコラ

            とんちゃん健康一番

            frau.himmel

            jijidaruma

            blumental

            maay

            万歩計

            エムケー

            じゃばらぽん’s

            みにくま

            maki5963

            甲斐寝あーぬん愚

            ベーム

            ココア

            …他

            • ジャーマンレイルパスでバスは利用できるのでしょうか?早めに

              投稿:2015/07/28 回答:2

              はじめのいっぽ

              リンブルグからコブレンツへの移動を考えています。DBで検索するとバスしか表示されません。この場合、ジャーマンレイルパスでこの区間バスの利用はできるのでしょうか?ジャーマンレイルパスには、国内のICバスは利用できることが書いてあるTravel on all trains operated by DB, high-speedservice(ICE) and domestic IC Bus services includedです。リンブルグ⇔コブレンツのバスは、これには当てはまらな... (もっと見る) by はじめのいっぽ さん

              暮夜治人

              リンブルクーコブレンツは鉄道もバスもあります。次を参考にしてください。http://bahn.hafas.de/bin/query.exe/en両方ある場合はジャーマンレイルパス有効です。どうぞ良い旅を。 (もっと見る) by 暮夜治人 さん

              締切済

            • <リンブルクの大酒豪Hattstein-Brunnenハットシュタインの泉>Ploetze、D-65549 Limburg an der Lahn2006年5月、二度目のドイツ駐在を終え、1985年5月31日に帰国して以来、21年ぶりとなる“デュッセルドルフ訪問”を第一に、ライン、モーゼル、ザール、アール、ラーン川の周遊をした。旅の最終ルート「Lahn-Ferienstrasseラーン休暇街道巡り」は文字通り“Die Lahnラーン川”に沿って走る。ラーン川は、ラーンコプフという標高612mの斜面に水源地から、まず東に、グラーデンバッハ山地北部をカルデルンまで至り(上部ラーン渓谷)、マールブルグ(城、エリザベート教会、大学都市)の上流で南に下り、ギーセン(城、大学都市)の辺りで、ギーセン・ラーン渓谷の地域を切り開いて、西に向きを変えて流れる。さらにWetzler,Weilburg,Limburgの町々を経由し、幾つかの小さな川がラーンに合流し、全長242kmをゆったりと穏やかに流れ、やがて標高61mの地点、Lahnstein、コブレンツでラインの大河に注ぎ込む。≪Lahn-Ferien...

            • ラーン川沿いから見上げた大聖堂も素晴らしい

              4.5 旅行時期:2018/12 (1ヶ月以内)

              万歩計

              万歩計さん(男性)

              大聖堂(リンブルク)のクチコミ

               大聖堂は旧市街の北東の丘の上にある。正面から見るとバラ窓が左右対称の2本の塔で挟まれた独特の形で、中部ドイツ特有の白壁に赤茶色のレンガ鮮やかである。内部はグレーの石造りで何層も重なったアーチは重厚である。 大聖堂は北側のラーン河畔からも見上げるのも素晴らしい。垂直の崖の上に城と大聖堂が建つ姿は迫力があるし、川沿いは水車や堰がある水辺のプロムナードである。

            • 旧市街には美しい木組みの家が密集

              4.0 旅行時期:2018/12 (1ヶ月以内)

              万歩計

              万歩計さん(男性)

              観光案内所(リンブルク)のクチコミ

               観光案内所は駅からBahnhof通り歩いたKohn-Markt広場の近くにあるので、ここでマップを貰って旧市街の街歩きをスタートするとよい。旧市街にはよく保存された木組みの家が多数残り、形や色彩も豊富。マップには歴史的な建物が図付きで説明されている。 

            • かわいい大聖堂

              4.0 旅行時期:2016/05 (1ヶ月以内)

              じゃばらぽん’s

              じゃばらぽん’sさん(女性)

              大聖堂(リンブルク)のクチコミ

              旧市街からちょっと丘に上がった所にある外見がとても可愛らしい大聖堂です。正面からは奥の塔の尖塔しか見えませんが、ラーン川にかかる橋からだと斜めの角度で大聖堂が見えます。旧市街も木組み家が並ぶかわいい街並みになっており駅からも徒歩圏内、フランクフルトからも電車で1時間ほどですので気軽に半日観光で行けるかと思います。

            • 山上に立つかわいい大聖堂がランドマーク。

              5.0 旅行時期:2016/10 (1ヶ月以内)

              miharashi

              miharashiさん(男性)

              大聖堂(リンブルク)のクチコミ

              日本からの便がフランクフルトに夕方に着くので、そこから列車で2時間以内で行け、レンタカーのオフィスのある町を探していたとき、たまたまリンブルクの大聖堂のかわいい写真を見つけ、急遽行こうと決めたところでした。フランクフルト空港駅から直接行く特急はわずか15分ほどでリンブルグの新駅(Limburg-Sud)に到着しますが、町の中心にいくにはバスに乗り換えが必要です。私達はたまたま止まっていたフランクフルト中央駅に行く列車に乗りこみ、中央駅からはリンブルク中央駅(Limburg-Lahn)までのんびり一時間かかって行きました。駅からは旧市街は数分と近く、ホテルのある河岸までは10分くらいで行けました。旧市街はかわいい木組みの家が並び、一番高いところに大聖堂がそびえていました。大聖堂は駅に着く前からも見えるほど、小高い丘の上に建っています。昼間の姿もかわいいのですが、夜のライトアップも素敵です。ベストショットは私達が宿泊したホテルのそばの橋からの眺めですが、あいにくの雨模様の天気で霞んでしまい、残念でなりません。ぜひ機会があったら、訪れてみてください。お勧めです。  

            リンブルク のクチコミ一覧(8)

            基本情報


            PAGE TOP