トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

台湾リピーターおすすめ!行ってよかった台湾の観光スポット15選

台湾リピーターおすすめ!行ってよかった台湾の観光スポット15選

photo by もみじさん

日本人に大人気で手軽に行くことができる台湾。定番の観光地やおいしいグルメ、温泉など、老若男女の「見る、遊ぶ、食べる、買う」すべてを満足させてくれる魅力ある台湾をご紹介します。

1. 猫の楽園「猴トン(ホウトン)」 / 新北

「世界の6大猫スポット」にも選ばれた猫好きの聖地「猴トン」。この村には現在100匹以上の猫がのんびりと暮らしています。村を歩けば、いたるところで猫と出会うことができ、ゆるりとした時間が流れる猴トンはまさに猫の楽園。村には猫だけでなく、かわいい雑貨のお店やカフェなどもあって一日中楽しめる場所になっています。

旅行記:自然と食と街並みと・・・in台湾 Day1~Day3

tabibitoさん

何から何まで猫一色の村です。箱の中でお休み中の白黒猫さん。ごめんね、起こしちゃった。売り物の商品の上を自由に歩き回ったって、怒る人はこの村には誰もいません。猫天国村です。もっと見る

2. 赤提灯が印象的な街「九分(キュウフン)」 / 九分

台北市から東北方面に30kmのところにある山間の小さな村「九分」。メインストリートに連なる赤提灯と急な石段の街並みは、ノスタルジックな雰囲気があり大変人気がある場所です。17時過ぎからは人も多くなり、前に進めないことも。ゆったり散策するのであれば日中に訪れるのもありですよ。

旅行記:一人でも楽しめる、お祭りづくしの台湾「ランタンフェスティバルと平渓天燈祭」  3

tabibitoさん

「阿妹茶酒館」細い路地の階段に沿って建つ古い館に、提灯が灯るノスタルジックな風景の主役です。それなりに雰囲気はあるけれど、夜でも日中でも普通。
『千と千尋の神隠し』もっと見る

3. 鉄観音の産地「猫空(マオコン)」 / 台北

台北から気軽に行けるスポットとして人気のある猫空は、中国7大茶の1つ「鉄観音茶」の産地としても有名です。周辺にはお茶畑が広がっており、台湾の山村の雰囲気が楽しめますよ。猫空には、オープンカフェや茶芸館も多く点在しているので、お茶を飲みながらゆったりと台北市内の景色を堪能してみてはいかがでしょう。

旅行記:一人でも楽しめる、お祭りづくしの台湾「ランタンフェスティバルと平渓天燈祭」  4

tabibitoさん

さぁさ!!、ようやく「猫空」到着です。ここまで30分以上かかりました。こんな長い時間、ロープウエイに乗ったの初めてです。もっと見る

4. 日本式温泉に入れる「烏來老街(ウーライ)」 / 新北

台北から路線バス1本で日帰り旅行ができる温泉スポットとして知られている「烏來老街」。水着を着て入る温泉が多い台湾ですが、ここ烏来では日本のように裸で入ることができる温泉があります。入浴後はおいしい物を食べて旅の疲れを癒やしてみるのもよいですね。山間部にあるので、日本人にはどこか懐かしい風景が広がっているのもおすすめポイントです。

旅行記:一人でも楽しめる、お祭りづくしの台湾「ランタンフェスティバルと平渓天燈祭」 2

tabibitoさん

バスを降りると目の前にはエメラルドグリーンの川と吊り橋。天気が怪しくなって来ているので吊り橋は渡らず早々に「烏来老街」に向かいます。もっと見る

5. 台北市内から近い自然豊かな村「十分(シーフェン)」 / 新北

台湾と聞いて思い浮かべるのが「天燈(ランタン)上げ」ではないでしょうか。その天燈上げ体験ができることで有名なのが「十分」です。実際に天燈を上げる場所の真ん中には線路があり、1時間に1本電車が走ります。線路沿いにあるお店の軒先ギリギリを走り抜ける電車は圧巻です! 年に2回「平渓天燈節」という世界的にも有名なお祭りが開催されています。夜空高く上がる幻想的な天燈は息をのむほどの美しさ。台湾では必ず訪れたい場所です。

旅行記:一人でも楽しめる、お祭りづくしの台湾「ランタンフェスティバルと平渓天燈祭」  4の続き

tabibitoさん

1年前に十分で観光客相手のランタン上げを体験しその魅力に取りつかれました。その直後には数百個のランタンが空高く上がる幻想的な様子を見たいと思い、調べて行きついたのが年1回開催される十分での「平溪天燈節」。もっと見る

6. アジアのナイトマーケット「饒河街観光夜市(ラオハージエイェシー)」 / 台北

饒河街夜市は、道の真ん中に屋台があり道の両端が通路となっています。この夜市で欠かせないグルメといえば「福州世祖の胡椒餅」。常に長い行列ができていますが、回転が早いので順番はすぐに回ってきます。ほかにもおいしいグルメがたくさんある饒河街夜市。お腹を空かして行ってみてくださいね。

旅行記:一人でも楽しめる、お祭りづくしの台湾「ランタンフェスティバルと平渓天燈祭」  1

tabibitoさん

こちらの夜市に来た目的がこれです。常に大行列ができている有名店「福州世祖胡椒餅」前々回、台北に行った時にドはまりした私の大好物です。もっと見る

7. 懐かしき昭和の雰囲気「菁桐老街(ジントンラオチュウ)」 / 新北

台湾鉄道のローカル線である平渓線の終着駅「菁桐」。1929年に建てられた歴史ある木造の駅舎が現在も使用されています。ここは鉄道や炭鉱で栄え、日本統治時代は日本人の居住区もあったそうです。駅を一歩出るとそこには昔懐かしい風景が。ゆったりと散策しながら古きよき昭和の時代を探してみてはいかがでしょう。

旅行記:自然と食と街並みと・・・in台湾 Day1~Day3

tabibitoさん

駅前の老街風景。なかなか雰囲気あります。木造駅舎「菁桐」の駅。郵便ポストがカラフルでかわゆす。もっと見る

8. 衛兵交代式は必見「中正紀念堂(ツォンツェンチーニエンタン)」 / 台北

中華民国初代総統である蒋介石を讃えて建てられた「中正紀念堂」は、高さ約70mあり、圧巻のひと言です。午前9時から夕方17時まで(※季節によって変動あり)、1時間ごとに衛兵交代式が行われています。こちらの衛兵たちは「陸・海・空」の各軍隊から選び抜かれた優秀な兵で、家柄や容姿も選考基準の1つなのだとか。一糸乱れず粛々と進んで行く衛兵交代式は必見です。

旅行記:自然と食と街並みと・・・in台湾 Day5

tabibitoさん

本堂でございます。この建物の中で1時間毎に衛兵交代式があります。12時までもう少し。時間まであたりをぶらつきます。もっと見る

9. 台北市民のオアシス「二二八和平公園」 / 台北

1908年、日本統治時代に建設され100年以上の歴史を誇る「二二八和平公園」。園内は広々としていて、魚や鴨、白鷺などの生き物を見ることができる自然豊かな公園です。人懐っこいリスが餌を求めて体をよじ登って来ることも! 中心地にありながら、ゆったりしたのどかな雰囲気を感じられるので、旅の途中に訪れてみてはいかがでしょう。

旅行記:弾丸台北一人旅 DAY3

tabibitoさん

時間に余裕があったので、二二八和平公園までやって来ました。台湾リスがいっぱいいます。うちの近所の公園にも台湾リスがいますが、人を見ると逃げていきます。だけど、この公園のリスさん達は人を怖がりません。もっと見る

10. 古い街並みを保存したエリア「剥皮寮(ボーピーリャウ)」 / 台北

200年前の街並みが残されている歴史保存地区の「剥皮寮」は、近年、台湾映画の撮影場所として利用されているため訪れる人が増えています。かつては木材の集積地で、樹皮が剥がされたことから剥皮寮という名前になったのだとか。台湾最強のパワースポット「龍山寺」から徒歩5分ほどにあるので、ぜひ足を運んでみてください。

旅行記:弾丸台北一人旅 DAY3

tabibitoさん

次に訪れたのがこちら。剥皮寮歴史街区です。レンガや窓の装飾が印象的な建物は、約200年前の清朝時代に造られたものだそうです。紅レンガを積み重ねたアーチ型の「騎楼」と呼ばれる歩道です。もっと見る

11. 東洋のカッパドキア「野柳風景特定区(イエリョウ)」 / 新北

台北から「金山方面行」のバスで1時間半ほどのところにある「野柳風景特定区」は、周辺の環境や地殻変動の影響でできた奇岩が立ち並び、風光明媚な景色が広がっています。気の遠くなるような年月の海蝕、風蝕を経て作られた芸術的な海岸の景色に圧倒されること間違いありません。

旅行記:自然と食と街並みと・・・in台湾 Day4

tabibitoさん

野柳地質公園にやって来ました。公園前はバスターミナルやお土産さんなどになっております。チケット売り場でございます。チケットはガイドさんがまとめて購入してくれました。渡されたチケットを見ると料金は80元となっておりました。日本円で300円位かな?もっと見る

12. 台北地区を代表する絶景スポット「淡水(ダンシュイ)」 / 台北

「淡水」といえば何といっても夕日。天気がよければ「淡水河」に沈む夕日と一面の夕焼けを見ることができます。しかし、限られた時間では夕日まで鑑賞できない方も多くいるはず。そこでおすすめなのが、「淡水」ゆかりのお寺や建物を巡ること。単純に街歩きも楽しいので、ぜひ夕日以外の時間も訪れて街の雰囲気ごと堪能してみてください。

旅行記:弾丸台北一人旅 DAY2

tabibitoさん

淡水前の広場です。広場の向こうに見えるのは洋服からお土産、食べ物までなんでも売ってるアジアらしい商店街です。もっと見る

13. 台湾でもっとも古い問屋街「迪化街(ディーホアジエ)」 / 台北

「迪化街」は台北最古の問屋街です。ツバメの巣などの高級食材、漢方薬を調合して売るお店など多くの老舗が軒を連ねます。なかでもイチオシなのがドライフルーツやドライ野菜などの乾物。迪化街にはこれらの商品を扱うお店が無数にあり、正直どこで買っていいのか迷うところではありますが、気軽に試食できるお店もあるので、散策しながらお気に入りのお店を見つけるのも旅の楽しみの1つです。

旅行記:自然と食と街並みと・・・in台湾 Day1~Day3

tabibitoさん

迪化街へ到着~。前回も来たこちらのお店でドライチーズやら、ドライエリンギなど5点ほど購入。お土産じゃありませんよ!!全て、自分用。お酒のつまみに合うんです(^o^)/もっと見る

14. 最強のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」 / 台北

「龍山寺」 は、地元の参拝客だけでなく観光客からも人気のパワースポットです。何より若い女性に大人気の神様がいることで有名。その神様とは「月下老人」。この神様に良縁を願うことで、すてきな人と結婚できるよう縁を結んでくれるのだとか。観光の合間に、開運、良縁祈願。そしてエネルギーをチャージ。ぜひともおすすめしたい観光スポットです!

旅行記:弾丸台北一人旅 DAY3

tabibitoさん

剥皮寮歴史街区のすぐ近くには台北最強のパワースポット「龍山寺」があります。時間があるので中に入ってみます。もっと見る

15. アート好きの観光スポット「華山1914文創園区」 / 台北

日本統治時代の酒工場の跡地を見事にリノベーションした、アートやカルチャーを体験できる人気スポットです。酒造工場時代の面影が残されたままの場所はライブハウスやカフェ、映画館やショップなどが入っていて魅力的でおしゃれ空間となっています。週末にはコンサートなどさまざまなイベントでにぎわいを見せ、まさに台湾文化を牽引しているエリアと言えるでしょう。

旅行記:一人でも楽しめる、お祭りづくしの台湾「ランタンフェスティバルと平渓天燈祭」   5で終わり。

tabibitoさん

華山1914文創園区 こちらの場所、日本統治時代の酒工場の跡地だそうで、工場が閉鎖されたあとは廃墟と化していたそうです。今ではアートやカルチャーを体験できる人気スポットとなっています。もっと見る

さぁ、台湾に行ってみましょう。

日本との時差は1時間なので、普段のリズムを崩すことなく楽しめる台湾。時々おかしな日本語の看板があることはご愛嬌として、食べる、見る、癒やされるなど、多くの魅力が詰まっている国です。治安もよく安心して過ごせるので、一人旅にもおすすめです。海外一人旅を躊躇している皆さん。台湾はおすすめです!

\この記事を書いたトラベラーはこちら/
tabibitoさんの旅行記やクチコミを見る

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

台湾の特集

台湾の特集一覧

定番・人気の観光スポットの特集

定番・人気の観光スポットの特集一覧