旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

シェムリアップ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

シェムリアップ人気旅行記ランキング1210位(6993件中)

2015 冬 - 08 バンテアイスレイ、チャウ スレイ ヴィヴォル、ロリュオス遺跡群

関連タグ

    旅行時期 2015/12/20 - 2015/12/29 (2016/01/08投稿

    ひさびさの休暇なので、たまには東南アジアへでも。。。ということで生まれてはじめてのタイとカンボジアに行ってみました。中年のおっさんが一人でブラブラする旅なので、グルメやおしゃれスポット的な内容は一切ありません。

    <全旅程> ■は現在の行程
     12/20 日本 -> バンコク
        http://4travel.jp/travelogue/11088700
     12/21 バンコク->アユタヤ
        http://4travel.jp/travelogue/11089156
     12/22 アユタヤ
        http://4travel.jp/travelogue/11089436
     12/23 アユタヤ -> バンコク -> シェムリアップ
        http://4travel.jp/travelogue/11089583
     12/24 プレア ヴィヘア/コー ケー/ベン メリア
        http://4travel.jp/travelogue/11089876
     12/25 シェムリアップ、アンコール ワットと周辺遺跡
        http://4travel.jp/travelogue/11090334
     12/26 シェムリアップ、バイヨンと周辺遺跡
        http://4travel.jp/travelogue/11090334
    ■12/27 シェムリアップ、バンテアイスレイ、チャウ スレイ ヴィヴォル、ロリュオス
        http://4travel.jp/travelogue/11091792
     12/28 シェムリアップからバンコクへバス移動、スワンナブーム空港へ
        http://4travel.jp/travelogue/11092339
     12/29 バンコク -> 帰国

    写真 164枚

    交通手段 : 
    • 現地移動 :  バイク
    エリア:
    カンボジア > シェムリアップ
    エリアの満足度:
    5.0
    • 本日の行程はこんなかんじ。

      ホテルから朝焼けのアンコールワットとアンコールトムを経由して、
      ・東メボン
      ・バンテアイスレイ
      ・チャウ スレイ ヴィヴォル
      ・ロレイ
      ・プリア コー
      ・プラサット バコン

      とにかく移動距離が長く、原付の姿勢が悪いのか、腰とケツがつかれたー
      あ、あと原チャリとトゥクトゥク使う方はマスクは必須!
      できればサングラス。理想はゴーグルww
      乾季は砂が舞い上がって、すごくうっとうしい。

    • 朝、6:10.
      まだ明けきらないうちに、原チャリでホテルを出る。
      はい、もちろんアンコールワットの日の出を見るためです。
      月が綺麗に出ています。

      今日はこれから以下を廻ります。
      ・日の出のアンコールワット
      ・バンテアイ スレイ
      ・チャウ スレイ ヴィボル
      ・ロリュオス遺跡群

      この時間はまだ肌寒い〜原チャリにのっていると余計に寒い。
      上着1枚あったほうがよいのですが、日中邪魔になるので我慢。

    • 撮影場所の地図

      6:30、アンコールワットには既に多くの観光客が。

    • 池のまわりは既に多くの人たちで占拠されているwwなので、手を伸ばしてとりあえず1枚。

      本日の日の出は6:30とのこと。
      ちょうどこの時間です。
      東の空が明るくなってきました。

    • 朝日を狙うハンターたち。

    • 日が出てきました

    • 日の出から30分も過ぎると(この時期は7時位)こんなにも人の姿はまばらになります。
      でも、きれいな写真が撮れるのはこれから。

    • 1本木を蝋燭に見立てたこの光景が撮りたくて来ました。
      これで思い残すことは無い。

    • アンコールワットを後にして原チャリに乗り込む。

    • アンコールトムの南大門を通る。
      この時間はガラガラ。

    • 朝日を受けるアシュラ達。

    • バイヨンに向かう道を疾走!寒い!

    • 撮影場所の地図

      まだ人もまばらなバイヨン。
      ゆっくり見るならこの時間。
      でも今回は通過。

    • 撮影場所の地図

      昨日暑くて集中できなかった象のテラス

    • 朝日を受けたゾウ達は、昨日とは違う。イキイキしている。。気がする。

    • ガルーダも夜明けに万歳しているようだww

    • 撮影場所の地図

      さて、本日はバンテアイスレイに向かいますが、昨日取りこぼした遺跡を訪問。
      東メボン。

    • ここの象は絶品。

    • 見てください、この鼻。皺まで刻まれてる。

    • 体付きカーラ?
      サザエさんのタマ的フォルム。もしくはサタデーナイトフィーバー。

    • おどけてはしゃぐガネーシャ?ww

    • さて、時刻は8時30分。
      バンテアイスレイに向かう。

      日影を原チャリで走ると、まだまだ寒い〜

    • バンテアイスレイまでは、67号線に乗ってをひたすら北へ

    • 10分ほど走ると、きれいなトイレ。
      寄っとくか。

      途中、つぎつぎと観光バスやタクシーに抜かされました。
      バンテアイスレイに向かうのでしょう。
      トゥクトゥクは意外と遅く、何台も追い抜きました。

    • 道なりにまっすぐではありますが、「あれ?どっちだろう?」とほんのりと悩む場所がいくつかあります。

      が、安心してください。他のトゥクトゥクやバスが必ずいるので、それについていきましょう。たまたま他に向かっている車が無くても、少し待てば必ず現れます。それほど多くの観光客が訪れます。

    • 撮影場所の地図

      9:20 バンテイアイスレイ到着。
      40分くらいかかるんですねぇ。
      既にすごい観光客!団体ばかり!

      ここは原チャリも駐車料金を取られます。
      2ドルだったかな。
      入場は、アンコールワット共通券でOK。

    • 入り口となる東門。

      見てください、この緻密な浮彫!
      この遺跡は絶対に来るべきです。
      個人的には、バイヨンなんかよりも優先度は高い。
      朝日が遺跡を照らる AM がお勧め。

      小規模ではありますが、本当に見るべきレリーフに囲まれています。
      ただ、人は多いですよー。それはしかたない。

    • マカラの口から出てくるナーガ。物凄い顔をしている。
      マカラとは怪魚だそうな。
      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AB%E3%83%A9_(%E7%A5%9E%E8%A9%B1)

    • カーラの手に注目。指の関節まで彫り込まれています。

    • カラーの上には三つ子の象!鼻がリアル。
      この写真、いつまでも見ていられるwww

    • 象に座るヴィシュヌ神。
      まだ門を入っていないのに、ここを離れられない。
      いくら見ても見飽きない。すばらしい!!

    • 東門をくぐるとリンガ像がならぶ参道

    • 東門の裏側もおもしろい。

    • これは何?カーラがビシュヌを食べている?もしくはカーラとビシュヌは一心同体?
      解説希望。

    • 横には、カーラから出てくるマカラ。表側ではマカラの中からナーガが出てきてます。

    • 第一周壁の門をくぐる前に、周壁に沿ってぐるーっと一周
      遺跡の全体像が見渡せます。

    • いいね。美しい。落ち着く。

    • 周壁の西側には、未修復の彫像たちが。

    • 第一周壁の門には、カーラの上に牛ごとのってるヴィシュヌ神。後ろの女はデバターか。

    • 門の裏側は手抜き?未修復?
      カンボジアの塔門って、結構裏側が雑ですよね。

    • 第二周壁の門へ向かう

    • こちらは、カーラに素直に乗っているヴィシュヌ

    • 頭の飾りまで細かな装飾

    • 裏側もみっちりとレリーフ

    • 祠堂に続く東塔門

    • こちらには踊るシヴァ神

    • 塔門全体が複雑な造りを残している。美しいです。

    • 経蔵のレリーフもすばらしい。
      ここは見逃していいところが一つもない。

    • 膝にのせてるのは子供?女?

    • こ、この中央のレリーフは何?こわいんですけど。
      ヘッドロック決められてる?
      手が大量にある。
      周りのイキモノがみんな引いてるように見える。

    • 綺麗に残る祠堂

    • 出ました。デバター。
      こちらが東洋のモナリザ、と言われても疑わないほど美しい。
      腰のくびれが他所のデバターとは違いますね。すごく写実的。
      ただ、どこのデバターにも共通するのが肩幅がしっかりしているww。
      踊り続けるとそうなる?

      あーずっと見ていたい。ただ、いかんせん遠い。望遠でやっと。

    • でも、美しいのは彼女だけではありません。

    • 北側の面に移る。
      こちらもすばらしい。

    • 目が合ったww 気がした。

    • そして、東洋のモナリザと言われるデバター像。
      腰つきと手つきは好み。でも、全体的には最初のデバターが一番かな。

      つま先の向きが正面を向いていますね。

    • あぁ、離れるのが名残惜しい。。。

    • リンガ像の参道を通って、遺跡を出る

    • 人は増え続けている

    • 時刻は10:30。見学初めて1時間くらいか。
      見ごたえがあるわりには小規模なので、短時間で見学できます。

      今日は朝飯が食べられなかったので、遺跡のレストハウスで早めの昼飯。
      6ドル。

    • さて次はどうしようか。
      とりあえず来た道をシェムリアップに向けて戻る。
      途中、フルーツ屋さんに立ち寄るも、子供しかおらず話が通じない。。。
      写真だけ撮らせていただく。

    • 場所はここ
      https://goo.gl/SPRa1g

      よし、ここから Phnon Bok に向かうことにする。
      場所はよくわからないけど。。。

    • こんな風景の中を東に進む。

      ガソリンが無くなってきたので、途中にあった商店でガソリンを補給。
      小銭が無くて10000リエルを出したら、家族中(お父さん、おかあさん、娘二人)で小銭をかき集めてお釣りをくれた。す、すみません。やさしさに感謝いたしますorz おかあさんの「すみませんねぇ」的な恐縮した笑顔が忘れられない。
      どうせなら、水とかお菓子とか買ってあげればよかった。
      ほんとすんまそん。

    • 少し行くと舗装が途切れる。

      砂まみれになるんすよ。。。やだなぁ。。
      カンボジアではマスクとサングラス必須だな。

    • 3キロくらい走ると舗装に戻った。
      助かった。。。

    • しばらく走ると 99号線(66号線??)にぶつかる。
      https://goo.gl/uQnZfe

      うーん、Phnon Bok が見つからない。
      どうしよう。。。としばしGoogle Mapとにらめっこ。

      いっそベンメリア?
      いやーなんか面倒だなぁ。。。。

      むむ?これは、「チャウ スレイ ヴィヴォル」?
      これはターゲットにしてなかった。
      なんか雰囲気ベンメリア的だし、ここにしてみるか。

      99号線をひたすら南下。
      道は広いけど、でかい車が結構多い。
      すれ違うたびに砂埃が舞い上がり、目と鼻と口に入る。
      あーやっぱりマスクとサングラス必須だなぁ。

    • 99号線から折れる道があるはずなんだけど、看板が全くなくてわからない。
      Google Mapで確認すると、どうやらここを曲がるらしい。

      https://goo.gl/SJL0UQ

      この看板を見つけてください。

    • 曲がり角にはこんな看板もあります。

    • ここから未舗装の道路をひたすら東へ。
      1、2キロあったと思います。

      あらためてGoogle ストリートビューを見ると、ちゃんとここまで入り込んでいる。すっげー。

    • 分かれ道があるけど、「まっすぐ(右側)」です。
      途中小さな集落があったりして、珍しいものを見る目に恐縮しながら進む。

    • 時刻は13:00になろうというところ。
      途中、休みながら、ゆっくりきたこともあるけど、バンテアイスレイを出てから2時間も経過しています。遠いなぁ。
      寄り道しなければ1時間ちょっとで来られるかな。

      しばらく進むと、右手に外壁が見えてきます。
      さらに進むと、やはり右手にこんなオブジェが。

      このあたりにバイクを止めました。
      が、本当にこおがヴィヴォルかどうかわからない。。
      タマタマ、現地のカップルがいたので「チャウ スレイ ヴィヴォル テンプル?」と聞いたら「Yes」とのこと。よかった。

    • さて、はたしてここからどう進めばよいのか?
      観光客はまーーーーったくいません。
      超心細い。

      オブジェの向こう側に、上に登る坂道があります。完全なけものみちですが。
      ここをおそるおそる登っていく。

      ストリートビューで見るとわかりやすいかと。

    • すると、左手に新しい本堂が。
      本堂の中には寝釈迦像がありました。

    • そして、本堂の向こう側に、遺跡が。

    • いやーみごとにくずれたまま。
      崩れないように木の枠で補強されているところはあるものの、修復はされていない。

      以下のサイトによれば、Vivolではなく Vibolと書かれてますね。
      http://www.angkor-temples.com/chausayvibol.html
      このサイトの解説によれば、12世紀に立てられて、後世は閉鎖されて使われていなかったのではないかとのこと。

      Mind your steps, don't expect the chunks to be a sound basis. But if you enjoy climbing in ruins and crossing dark aisles, this is your site. And you will not have to share it with other visitors.

      と書かれているように、ほんとうに瓦礫がくずれたままになっているので、くれぐれも怪我のないように散策してください。でも発見者的な興奮を感じられる遺跡です。時間に余裕がある人にはお勧め。

    • 大胆にに侵食されている

    • 中央祠堂もこのありさま
      崩れたガレキの中を進むので、非常に疲れます。

    • ここは中に入れそうだったけど、怖気ずく

    • こんなの怖くて入れない

    • 奥にはストゥーパが2つ。
      これは立派に残っていた。
      後世のもの?

    • ほとんど地面に埋まって、うっすらと浮き出る参道。

    • 参道を下から。

    • かわいいお尻にいやされるww

    • こんな写真ばかりですんません。
      でも、私は、この儚い感じが大好きなんです。

    • これだけなのかなぁ。地図だと結構広そうなんだけど。。。
      と思って歩き回ると、この一角は、実は高台の上だったんです。

      で、高台から見下ろすと、下方に別の祠堂が見つかりました。
      なんか、自分が発見したようで興奮するww

    • こちらもくずれてますねぇ。
      でも、崖が険しくて降りられない。
      別の道があるのだとは思いますが、危険なので深追いはしない。

    • 見回すと、別の方向に下に降りる道が見える。

    • 参道でしょうね。落ち葉の下に石畳が見えます。

    • 降りていくと、結構でかい建物が。回廊跡だろうか?

    • ここも崩れてますねぇ。
      めだったレリーフとかは見つからない。

    • 入ってみたい衝動にかられる。。。でも我慢する。。。

    • 遺跡のそばには蓮の葉で埋め尽くされた、池かな?
      この一角が光を反射して、遠くから見るとすごく神々しく見える。

    • くずれた周壁

    • 比較的よく残っている参道を発見。ここを登ると。。

    • 元の場所に戻ってこられました。

      ここで小学生位の修行僧と出会う。
      眉をそって、前歯が二本無い。
      これって、逃げ出させないようにするための「覚悟」の現れなのだろうか。
      眉の無い顔って、ちょっと怖いよね。。。

    • もっと散策したかったんだけど、いかんせんほかに人がおらず、とても心細くなってしまいました。
      他にもイロイロとあったんだろうな。
      でも、これは次回訪問される人に期待。

    • 時刻は13:30。
      遺跡を出て、99号線を南に向かい、ナショナルハイウェイ 6号線と合流。
      写真は、角にあったガススタンド。
      リッター2800リエルと書いてあります。
      で、この値段、場所によってマチマチです。
      街中だと3600リエルと表示されている店もありました。

    • 撮影場所の地図

      時刻は14:00.
      ハイウェイ6号線を走って向かうのは、ロリュオス遺跡群。
      まずは通りの北側にあるロレイから。

      原チャリにつかれたのと、やたらとのどが渇くので、到着早々売店へ。

    • 撮影場所の地図

      チャウ スレイ ヴィヴォルのインパクトが大きかったせいか、ロレイはあまりグットきませんでした。

    • ガイドに書いてあったリンガだけしっかり見る。

    • 顔のないデバター

    • バンテアイスレイの後は、どんなデバターもプロレスラーに見えてしまうww

    • 撮影場所の地図

      さて、お次はハイウェイを横切って、プリア コーへ。
      ここはいいですよ!
      漆喰のレリーフがすばらしい。

    • カンボジアのラテライトで作られた遺跡は、朝日と夕日を浴びて輝きますねぇ。
      エジプト好きの私ですが、この美しさはカンボジアに軍配。

    • 牛かぁ。

    • 陽が低くなると、木々の影で砂岩が複雑な模様に。これも美しい。

    • 日本にも漆喰アートってのがあるけど、こちらもいいですねぇ。

    • 手つきがかわいい

    • コーナーキックを決めそう

    • 撮影場所の地図

      いよいよカンボジア最後の遺跡かな。
      バコン です。

      濠に囲まれた階段状のピラミッド型寺院です。

    • 周辺には猿もいます。

    • 全体的に優雅な雰囲気ではありますが、ちょっとお腹いっぱいな感じはぬぐえない。

    • 終わった終わった。
      私のカンボジアの休暇はこれで終わりです。
      遺跡のシメはココナツジュースで。1ドル。
      飲みきれないくらいのジュースが含まれてます。お得感満載です。

    • ガソリンを満タンにしてバイクを返却。
      パスポートも無事に戻った。

      腰が痛かったので、ホテルへの帰り道マッサージへ。
      90分12ドル。
      すいていたのでゆったりできて、よかった。

      シェムリアップ川沿いの夜は結構派手だったんですね。
      夜は全くであるかなかったので、最終日にして初めて知ったww

    • ホテルに到着して、すぐさまシャワーをあびる。
      ずっと砂埃の中を走っていたので、あらったお湯がまっ茶色!

      カンボジア最後の食事は、当然チキンカレー6ドルと、あっさり味のアンコールビール。

      いままで、いろんなところに旅行しましたが、カンボジアもよかった!
      遺跡がある国はたくさんあるけど、ここまで密度が高い国は他に少ないんじゃないかな。アユタヤも密度高かったですけどね。やっぱりカンボジアがベター。

      素朴な風景、親切な人達に本当に癒されました。

      トゥクトゥクやタクシーは競争率が高く仕事が少ないせいか一発逆転に賭ける傾向にあり、それがボッタクリと言われる所以のようです。一方で、街中のスーパーやコンビニは当然ですが、遺跡周辺の屋台や自転車のジュース売りではボッタクリは見られません。1ドルを基本にしていて、それがそもそも高いというのもあるでしょうが一律です。金の価値がわからない子供が唐突に5ドルとかいうことはあるけど。
      いずれにしても、これらが労働から対価を得ようとする経済活動であることに変わりは無く、目が合えば「金くれ」「バクシーシュ」とか言う輩の多い国とは違いますね。水が豊富で食べ物には基本的に困らない国の持つ余裕なのでしょうか。同じイスラムの国でも、やはり湿潤なインドネシアもカンボジアと似た印象です。

      明日は朝8時のバスでバンコクに戻ります。
      国境でのちょっとしたトラブルなどをまとめたいと思います。

    シェムリアップ人気旅行記ランキング1210位(6993件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で行った観光スポット

    シェムリアップ 観光スポットランキング

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    カンボジア旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら290円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    このエリアのホテル

    シェムリアップ ホテル一覧へ

    junichiaさん

    junichiaさん 写真

    海外7カ国渡航

    国内0都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる