旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

シェムリアップ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

シェムリアップ人気旅行記ランキング1122位(6993件中)

2015 冬 - 06 アンコール ワットと周辺遺跡

関連タグ

    旅行時期 2015/12/20 - 2015/12/29 (2016/01/04投稿

    ひさびさの休暇なので、たまには東南アジアへでも。。。ということで生まれてはじめてのタイとカンボジアに行ってみました。中年のおっさんが一人でブラブラする旅なので、グルメやおしゃれスポット的な内容は一切ありません。

    <全旅程> ■は現在の行程
     12/20 日本 -> バンコク
        http://4travel.jp/travelogue/11088700
     12/21 バンコク->アユタヤ
        http://4travel.jp/travelogue/11089156
     12/22 アユタヤ
        http://4travel.jp/travelogue/11089436
     12/23 アユタヤ -> バンコク -> シェムリアップ
        http://4travel.jp/travelogue/11089583
     12/24 プレア ヴィヘア/コー ケー/ベン メリア
        http://4travel.jp/travelogue/11089876
    ■12/25 シェムリアップ、アンコール ワットと周辺遺跡
        http://4travel.jp/travelogue/11090334
     12/26 シェムリアップ、バイヨンと周辺遺跡
        http://4travel.jp/travelogue/11090334
     12/27 シェムリアップ、バンテアイスレイ、チャウ スレイ ヴィヴォル、ロリュオス
        http://4travel.jp/travelogue/11091792
     12/28 シェムリアップからバンコクへバス移動、スワンナブーム空港へ
        http://4travel.jp/travelogue/11092339
     12/29 バンコク -> 帰国

    写真 168枚

    交通手段 : 
    • 現地移動 :  バイク
    エリア:
    カンボジア > シェムリアップ
    エリアの満足度:
    5.0
    • シェムリアップ滞在3日目。
      初日は移動でつぶれ、昨日は遠隔地の遺跡をタクシーで周遊。
      本日、やっと念願のアンコールワットを訪問することができます。

      原付バイクを使って8時間ほどで以下の遺跡を回りました。
      ・アンコール ワット
      ・プッラサット クラヴァン
      ・バンテアイ クディ
      ・スラ スラン
      ・タ プローム
      ・タ ケウ

      アンコールワットが大物ってのもあるけど、1日でもこれだけしか廻れないんですねぇ。
      なにしろ、1つ1つの遺跡が見ごたえがあって、どんなに小さくても1時間は見ておきたいところです。

    • 朝8時に起床。
      昨日の反省から、しっかりと朝食をとる。ホテルの朝食は、いくつかのメニューから選択できます。今日は焼きそばを選択。

      腹も膨れて時刻は9時。
      さっそく出かけましょう。

    • まずはダウンタウン方面に向かい、レンタルバイクを物色することに。
      とりあえず、電動自転車を貸してくれる Green eBike の場所は把握している。
      https://goo.gl/gtcz2M

      実際にどうするかは、行き当たりばったりということで。

    • ホテルのある路地を出て、シェムリアップ川沿いの道をダウンタウン方面を歩く。
      サンダルで出てきたけど、足元が悪いのでスニーカーのほうがよかったかな。
      サンダルだと砂埃で足がすぐに汚くなるのが難点。

      学校の前を通って。

    • ナーガの欄干がある橋を渡り
      https://goo.gl/TOLOs2

    • バイクや、トゥクトゥクをかわして。。。

    • 結局たどり着いたのはココ。
      https://goo.gl/IT2pXC

      Google ストリートビューでは貸自転車屋ですが、いまは原付バイクも貸しています。ほかにも100キロまで走行可能な電動自転車もありました。
      「バンテアイスレイに行きたいんだよね」と言ったら、「だったら原付バイクをお勧めする」とのことで、迷わずリコメンドに従う。結果的に、大正解でした。
      早いし、長距離乗れるし。

      1日15ドルで、今日から3日間の料金、45ドルを支払う。
      ちょっとお高いかとも思ったけど、いやいや。たった15ドルで乗り降り自由な足が手に入ると思えば、全然安いです。
      ガソリンは、その辺でいくらでも売ってます。何の問題もない。

      別のところでトゥクトゥク屋と話したら、「バカだな!トゥクトゥクだったら10ドルで貸し切れるのに!」と言われたけど、「嘘つけ!行く場所が増えたら、それだけ値段引き上げる癖に!バイクならばTIPだって要求されないよ。」って言ってやった。

      あ、1点注意として、パスポートを預ける必要があります。
      ちょっと「うむむむー」となったのですが、店主が中国人の夫婦だったので信じることに。こういう地での商売では、中国人は信用できる気がする。

      3日借りるので3日間パスポート無の生活になるわけですが、国際運転免許証を持ってきているので、なんとかこれでしのぐことに。
      本当はパスポートのコピーも持っていたらよかったですが。

      そういえばアンコールワットのチケットを買っていなかったので、「パスポート必要なんじゃない?」と聞いたら「いや、写真撮るだけ。必要ない」とのこと。

    • ヘルメットはレンタル時に貸してくれます。
      ヘルメットしてない人がほとんどだったけど、一応外国人で目立つからちゃんとかぶる。

      手に入れたバイクはホンダ製。ブレーキもアクセルもOK。
      加速もいいです。

      レンタル屋の店主が、「このバイク、加速がいいからアクセルはゆーっくり開いてくれ」と念を押していたっけ。

    • よーしテンション上がってきた!www
      20年ぶり原チャリ!

      やっぱ、ちょっと怖いね。
      シートベルトしないと、なんか落ち着かない。
      こちらは日本と逆の右側通行です。

      さて、気になるシェムリアップの交通マナーですがwww
      えーと、最悪ですwwwww
      原則は、行きたい方向に気ままに進んでいる感じ。
      特に女性はどちらに曲がるか、進むのか、全く読めない!!!!
      横道から、こちらを確認することなく平気で合流してきますからね。怖い怖い。
      あと、バイクに限って言えば、逆走も当たり前。
      さすがに道の真ん中を逆走することはしないけども、路側帯は平気で逆走バイクが走っている。

      最初はとまどいつつ、秩序が見当たらない中、なんとなく流れに乗ってこわごわ進んでいました。

      が、秩序が全く無いのではなく、秩序が多様なんだってことに気づきました。
      言い方を変えれば、お互いの要求を最大限に尊重しあっているんです。
      左に行きたい人は車が来てようが、バイクが来てようが、いちおうウィンカーを出して左に移動します。で、対応車が来ていようがなんだろうが、強引に左折します。
      その強引な左折に対し、誰かがクラクションをならしたり怒るのかというと、全くそんなことはありません。「明確に」左に曲がりたいとい意思を尊重し、それにぶつからないように避けていきます。

      日体大の集団行動って演技見たことありますか?
      あれを、庶民レベルにまで落とした感じ。。。って言ってもわからないか。
      とにかくぶつかることなく、うまく交差していくんですよ。

      シェムリアップには、信号があるのはよほど大きな通りで、田舎に行くとどんなに交通が激しくても信号がありません。それでも、この「互いに尊重」精神によって多様な秩序が保たれています。

      これに慣れると、逆に運転がすごく楽になりました。
      行きたかったら「行く」意思を明確に示せば、向こうは勝手にこちらを避けてくれる。危ないのは「行くかどうか迷うこと」。これは相手も戸惑い、事故のモトです。
      車がいようが、対向車がいようが、行けると思ったら行く。
      向こうは勝手にスピードを落としてくれる。
      なんて合理的なんでしょう。

      ま、だからといって事故が少ないかといえば、きっとそんなことは絶対ないと思いますけどね。無免許も多いっていうし。

    • 原チャリで最初に向かうのはアンコール遺跡群の共通チケット売り場。
      https://goo.gl/jJU8yO

    • 40ドルで3日券を購入。
      写真を撮って、それが印刷されます。
      3日券は、買った日から7日以内の「好きな3日」使用することができます。
      連続3日間有効ってわけではないのですね。中3日空けても、7日以内ならば使えるってことです。いい制度ですね。

      遺跡の周囲には、ところどころに「チケットチェックポイント」があり、そこでチケットを見せなければ通れません。もしうっかり通過しようとすると、大声で呼ばれて呼び戻されます。
      その日の最初のチェックポイント通過時に、チケットに穴をあけてくれます。
      3日券ならば、この穴が3つになると、もうこれ以上は使えないということ。

      なので、朝のチェックポイント周辺は大混雑です。
      無数のツアーバス、無数のトゥクトゥク、無数のタクシーが、例外なく、すべてチェックポイントでチケットのチェックを受ける必要があるのです。

    • 撮影場所の地図

      チェックポイントを通過して、まっすぐ進むと。。。前方にはアンコールワットのお濠が見えてきた!!

    • 高まる興奮!

      で、あまりの興奮で、私、道を間違えましたwww
      https://goo.gl/jkVaS1

      お濠に突き当たったら、左側が正面入り口方面なのです。
      が、何を血迷ったのか、右側に進んでしまいました。

    • ここ https://goo.gl/oC6cPy にバイクを止めてロックをする。
      なんか、入り口にしては地味だな。。。
      よく写真でみる、あの、ドーンとした感じが無い。
      この先なのかな?

    • あー何か見えてきた。
      これは。。。ガイドにのってないな。なんだろう???

      で、これからしばらく後に気づきました。
      ここ、裏参道じゃねーか!!!ww

      https://goo.gl/cyyMvx

      ってことは、これは東塔門ですね。
      別に失敗じゃないけど、間抜け。。。

    • まだ午前中ということもあり、東からの光が塔門にきれいに当たっています。
      いい感じ。

    • 東塔門を抜けて、裏参道を進む。
      人はまばら。

      そりゃそうだ。みんな西の表門から入るよね、普通。

    • お、中央塔が見えてきた!
      テンション上がってきたぞ!

    • 念願のアンコールワット!
      いい!この瞬間を待ってたよ。裏門からだけど。

    • 緻密な透かし彫り。

    • 長い第一回廊
      この回廊の全面に、レリーフが施されてるんですよね。
      見るのが楽しみ!

    • おぉ、いきなり妖艶なデバターが。

    • そこにも、ここにもデバターだらけ。
      これ以降、どの寺院にいってもデバターを探し、本日のナンバー1を決めていました。

    • でたー!本当に一面のレリーフだ。
      すごいよ。

    • ポーズがいいよね。
      こういうポーズって、どっかで見たことあるんだよなぁ。
      なんだったかなぁ。

    • 色が残ってます。ゾウの目が怖いw

    • これは、ガルーダ?サル?

    • 1/8を見終えて一息。
      見ごたえあるわぁ。面白くて仕方ない。

    • これは、マジシャンズレッドかな?

      あ、そうか。このレリーフ、ジョジョのキャラクターにポージングが似てるんだ。

    • この柱も装飾でいっぱい。
      平らなところが見つからないww

    • これって何て神様だろう?ラーヴァナ?
      もしくは、高速棒使いをこんな感じで表現したのだろうか。

    • 正面から見た馬は珍しい構図?

    • やっと西面に出てきました。
      レリーフを見ているだけですが、飽きないわ〜

    • ハマヌーン猿軍団 登場!

    • おもしれー。最高だよ。
      戦場の混沌が表現されてるよなぁ。
      エジプト文明とは4000年位時代が違うのはわかってるけど、人間の表現力ってのはこうも進化するものかと思うと感慨深い。

    • ハマヌーンに四方八方から槍が一斉に!
      上に切れてるけど、ハマヌーンにのっているのはラーマ王子。
      ハマヌーンはラーマ王子の手下として、悪魔軍と戦ってるんですねぇ。
      ラーマヤーナはインドネシアのブランパナンで見たことあるけど、コミカルで面白かった。

    • ハマヌーンが悪魔軍をばったばったと!

    • はぁ、ハマヌーン軍最高。
      ようやく西側正面にたどり着いた。
      この調子で見てたら時間がいくらあっても足りないwww

    • 第一回廊西塔門近くのデバター。
      今までで一番色っぽい。
      ゴンドラの上で夜の女王のアリアとか歌いそうだ。

    • ここからは、いったん第一回廊の西塔門から出て、テラスを西に進んでみる。
      まだ、お濠越しのアンコールワットを見ていないから。

    • 後ろを振り返ると中央祠堂が見える。
      いいね!

    • 門を抜けるとお濠。

    • お濠の中の参道を端まで進んで振り返ると!
      そうそう!これこれ!
      これを最初に見たかったorz
      逆光で見えずらいので、夕方にもう一度来てみることにする。

      ここからは中央の塔は見えないんですねぇ。

    • 欄干ではすっかりおなじみになったナーガ。

    • きれいだなぁ

    • さて、心新たに再入場。

    • あちらこちらにデバターが

    • 気の遠くなるほど細かいレリーフ

    • 踊るデバター

    • 花に囲まれるデバター

    • 西塔門をくぐると、中央塔が見えてくる。なるほどねぇ。

    • どこから見ても絵になる造形

    • このあたりからのアングルが日の出で有名なポイントですな。
      この時間だと水面は波立っててだめですね。
      後日、早朝にまた来てみよう。

    • 疲れた。少し休憩。
      コーラでも飲むか。1ドル。

    • 第一回廊をくぐって内部に

    • おや?作りかけ??www

    • はがれているところも多いけど、ほんとうにレリーフで埋め尽くされている。
      すごいね。この執念。

    • 天井もびっちり。

    • こんな感じの造形、大好き

    • これもまた緻密ですね。

    • これ、カーラの上にデバターがいる?
      デバター、髪を絞ってるw 風呂あがりか。

    • 第二回廊、中央塔のある中庭に入ってきた

    • ここから見ると、そんなにでかくは見えない

    • デバター48に囲まれる中央塔

    • すごい透かし彫り!
      海洋堂には「アンコールワット遺跡群の破風シリーズ」を作ってほしい。

    • 残念ながら階段は登れませんでした

    • こちらは大人の色香漂うデバターチーム

    • デバター探しに夢中になるww

    • ほんと、レリーフの無い場所が無い。

    • 猿が来た

    • 再び、裏門側に出てきた

    • この柱!凝ってる。

    • さて、いったんアンコールワットとはお別れ。
      また夕方と早朝に来てみることにする。

    • 再び東塔門のある裏参道へ
      時刻は13:30分。

      10時過ぎから見始めたから、3時間30分もいたのか。
      まだ見たりないし、レリーフも見終わってない。

    • 太陽が南西に移動したので、朝とは見える景色が変わった。
      こういうのも面白いところですね。

    • 撮影場所の地図

      バイクを5分ほど走らせると、プラサット クラヴァン。
      こりゃまたきれいな建物ですなぁ。
      日差しを浴びてオレンジ色に光っている!

      プラサットってのは Wikipedia によれば、
      Prasat, a Khmer and Thai term meaning castle, palace, or temple (derived from the Sanskrit prāsāda / ???????) may refer to:
      とのこと。
      サンスクリット語で、城、宮殿、寺院を意味するようです。

    • ここレンガ造りなんですね。だから赤いのか。
      バラモン教の寺院として建てられたらしいです。
      ここ、建物もさることながら、内部のレリーフも美しい。
      是非外観だけでなく、内部も見てください。

    • 中央塔の内部。8本の腕をヴィシュヌ。

    • その左側には4本腕のヴィシュヌ神。
      表現によって腕の数が変わるってのが面白い。

    • 右側にはヴィシュヌがガルーダにのっています。

    • 隣の塔の内部にも美しいレリーフ。こちらはシヴァ神のための塔らしいです。

    • 撮影場所の地図

      お次はバンテアイ クデイ。
      バンテアイってのは、
      This term means “citadel” or “fortress” also used for walled temples.
      つまり、砦または要塞。この場合は「壁に囲まれた寺院」ってのが分かりやすいか。

      以下のサイト、とても参考になります。
      http://www.visit-angkor.org/blog/2013/05/31/terms-and-phrases-in-regard-to-angkor/

    • 東側の塔門にはバイヨンのような四面像。

    • 長い参道を歩いていると、遠くから「パイナポー!マンゴー!」という掛け声が。
      え?マンゴー?
      食べたい!

      ふらふらーっと、屋台方面へ。

    • 小ぶりのパイナップルを器用にむいてます。1ドル。
      マンゴーも、食べやすいように小さく切ってくれて1ドル。

      両方とも、超うまい!
      日本でも、小さなパイナップルが100円位で売られていることがあるけど、あれって甘いけど芯が堅くて食べられないことが多い。
      でも、このパイナップルは芯までやわらかい。

      マンゴーは日本の高級マンゴーとはさすがに違うけど、私はすこーし酸味が残るこちらのほうが好み。周囲が甘くて、内部に残るこりこり感がたまらない!!

      この日以降、パイナップルとマンゴーにはまりました。
      毎日どこかで食べてたなあ。本当に安くておいしい。
      マンゴーはホテルの朝食時にも出てきますが、やはり甘くておいしい。さすが南国。

      この日の夜、宿のスタッフと雑談時に「今日マンゴーを食べたけど、1ドルしたよ。地元だとどれくらいなの?」と聞いたら、「1個単位では買うことはないど、5キロ4000リエル(1ドル)位かなぁ」とのこと。1個だったら100〜200リエル位でしょうかね。
      「日本だとマンゴーは高いと100ドル位するんだよ」というと、すごく驚いていました。「100ドル払ったら、1年食えるよwwww」って。

    • 愛想のいいおばちゃんのお店で、すこし休憩。
      他にもココナッツジュース1ドル。

      ココナッツは日本だと沖縄の観光地とかでも飲めるけど、1個が結構高いですね。
      下手したら1000円とかとられる。
      こちらでは、ジュースが飲みきれないほど入っていて(いや、ほんとに500MLじゃきかないくらい入ってる)1ドル。

    • フルーツでリフレッシュできたし、そろそろ行きますか。

    • ここも崩壊が激しいですね。

    • いまにも落ちてきそうな天井

    • 左端にはガルーダ。アダモちゃん的な。

    • 彫刻で装飾された壁、壁、壁。

    • お、ここではデバターがダンスバトル!

    • このデバターも美しい

    • 一人旅の寂しさのせいでしょうか。デバターばかりに目が行くwww

    • たまらん光景ですなぁ

    • この先に絶対宝箱がある。そんな路地裏。

    • カンボジアの遺跡には、光と影と木が似合う

    • 撮影場所の地図

      クデイを出て、その正面にあるスラ スランへ。

    • 修復中のため、テラスに降りることはできなかった。

    • 撮影場所の地図

      次は。。。よしタ プロームにしよう。
      「タ」とは祖父とか先祖を意味するらしい。
      「プローム」はブラフマー神。
      つまり、「ご先祖であるところのブラフマー神のための寺院」てことなのだろうか。

    • タプロームといえば、やはりトゥームレイダーですねぇ。
      巨大な樹木に侵食された太古の遺跡。そんなイメージです。
      どきどきするなぁ。

    • 90年位に書かれた書籍を読むと、この遺跡は森の中にあると書かれていたけど、確かにその面影はあるけど、さすがに今は観光地として整備されてますね。

    • おなじみ、ナーガの欄干を渡って塔門へ。

    • 緑青とグレーが日差しを浴びて、いい雰囲気

    • こいつがスポアン、遺跡を覆う巨大な樹木ですか

    • トゥームレイダーで見た光景。
      いまにもぐしゃーっとつぶれそう。

    • きてますねー
      こんな光景があちこちに見られます。

      この遺跡、とにかくツアーの団体が多い!中国人と韓国人が多いですね。
      狭い、崩壊した通路を団体がいくつも通るものだから、すごい混雑。
      でもって、こうした写真ポイントでは一人づつ写真を撮るもんだから、列が進まない進まないwww。

    • このあたりもトゥームレイダーに出てきましたね

    • やっと会えたね、デバター。ホッとするよ。
      でも、君、足がでかすぎないかい?

    • トゥームレイダーでアンジェリーナジョリーが立った場所がここだったと思う。いまは見学用通路があって自由に動けないけど。

      ここも、団体で混んでたなぁ。
      どうやっても観光客が入ってしまう。ま、しかたないけど。
      写真にうつっているのは、中国人だったか韓国人観光客の一人。
      ずーっと自撮り棒でポーズを決めてました。
      なんか、こんなナル多いよね。日本も同じかwww

    • はぁ、この遺跡は大混雑でかなり疲れた。
      あとで、ゆっくり訪問したいけどなぁ。

    • すっかり西日。

    • 撮影場所の地図

      もうちょっと時間がありそうだ。
      次は タ ケウへ。
      「タ」は先祖。
      「ケウ」は。。。わからん。。。。

    • ここはピラミッド型の寺院

    • ピラミッドの周りには回廊

    • かなーり急な階段を登る

    • 見下ろすと足がすくむくらい急な斜面

    • すっかり西日です

    • 高所恐怖症な方は降りるのに一苦労www
      いや、まじで急です。

    • 時刻はちょうど17時。
      今日はこれでおしまい。
      ホテルに戻って、今日もアンコールビールだ。

      <本日の出費>
      レンタルスクーター3日間 45ドル
      アンコールワット3日券 40ドル
      パイナップル 1ドル
      マンゴー 1ドル
      コーラ 1ドル
      ホテルでアンコールビール 3本 2*3=6ドル
      フレンチフライ 2ドル

      計 100ドル弱

      レンタルバイクとチケットが3日分なので、明日以降はお金がかからない。
      なおチケットは、周辺遺跡すべてで使用できるので便利です。

    シェムリアップ人気旅行記ランキング1122位(6993件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で行った観光スポット

    シェムリアップ 観光スポットランキング

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    カンボジア旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら290円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    このエリアのホテル

    シェムリアップ ホテル一覧へ

    junichiaさん

    junichiaさん 写真

    海外7カ国渡航

    国内0都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる