石川旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 ご覧戴きましてありがとうございます。<br /> 2023年10月7日現在、JR東海では「北陸観光フリーきっぷ」が発売されています。<br /> 切符そのものについては後程触れますが、2023年10月7日の土曜日から2023年10月9日のスポーツの日までの3日間、自宅がある静岡県浜松を起点に「北陸観光フリーきっぷ」を利用して北陸地方ならびに岐阜県飛騨地方を旅してきました。<br /> 7部構成での公開を予定していて、そのうち今回のパート1では1日目となる2023年10月7日の土曜日の行程の全て、主には①浜松から金沢までの移動の様子、②金沢市内でランチを頂いた時の様子、③七尾まで行き、七尾マリンパーク等を散策した時の様子等をご覧戴きます。

「北陸観光フリーきっぷ」で行く北陸・岐阜県飛騨地方満喫の旅2023・10(パート1・1日目編)

26いいね!

2023/10/07 - 2023/10/09

2042位(同エリア9181件中)

フロンティアさん

 ご覧戴きましてありがとうございます。
 2023年10月7日現在、JR東海では「北陸観光フリーきっぷ」が発売されています。
 切符そのものについては後程触れますが、2023年10月7日の土曜日から2023年10月9日のスポーツの日までの3日間、自宅がある静岡県浜松を起点に「北陸観光フリーきっぷ」を利用して北陸地方ならびに岐阜県飛騨地方を旅してきました。
 7部構成での公開を予定していて、そのうち今回のパート1では1日目となる2023年10月7日の土曜日の行程の全て、主には①浜松から金沢までの移動の様子、②金沢市内でランチを頂いた時の様子、③七尾まで行き、七尾マリンパーク等を散策した時の様子等をご覧戴きます。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
グルメ
4.5
交通
5.0
同行者
一人旅
交通手段
新幹線 JR特急 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  •  おはようございます。<br /> 2023年10月7日の土曜日、時刻は8時20分頃、只今、浜松駅付近に来ています。

     おはようございます。
     2023年10月7日の土曜日、時刻は8時20分頃、只今、浜松駅付近に来ています。

  •  まずは浜松8時31分発ひかり501号岡山行きで名古屋まで向かいます。

     まずは浜松8時31分発ひかり501号岡山行きで名古屋まで向かいます。

  •  名古屋駅には9時01分頃に到着しました。

     名古屋駅には9時01分頃に到着しました。

  •  名古屋からは9時19分発ひかり633号新大阪行きで米原まで向かいます。<br /> なお、この日は名古屋9時10分発のぞみ11号博多行きが名古屋駅でのお客の乗り降りに時間を要した為、名古屋駅の発車は所定発車予定時刻である9時19分より3分程度遅れとなる9時22分頃に発車しました。

     名古屋からは9時19分発ひかり633号新大阪行きで米原まで向かいます。
     なお、この日は名古屋9時10分発のぞみ11号博多行きが名古屋駅でのお客の乗り降りに時間を要した為、名古屋駅の発車は所定発車予定時刻である9時19分より3分程度遅れとなる9時22分頃に発車しました。

  •  その為、米原駅にも所定到着予定時刻である9時47分より2分程度遅れとなる9時49分頃に到着しました。

     その為、米原駅にも所定到着予定時刻である9時47分より2分程度遅れとなる9時49分頃に到着しました。

  •  米原からは9時56分発特急しらさぎ3号金沢行きで金沢まで向かいます。<br /> 特急しらさぎですが、2023年10月現在、名古屋又は米原と福井・金沢等石川・福井両県の主要都市ならびに観光地を結ぶ特急列車ですが、2024年3月の北陸新幹線の金沢~敦賀間開業に伴い名古屋又は米原~敦賀間の運転となる予定です。

     米原からは9時56分発特急しらさぎ3号金沢行きで金沢まで向かいます。
     特急しらさぎですが、2023年10月現在、名古屋又は米原と福井・金沢等石川・福井両県の主要都市ならびに観光地を結ぶ特急列車ですが、2024年3月の北陸新幹線の金沢~敦賀間開業に伴い名古屋又は米原~敦賀間の運転となる予定です。

  •  681系というJR西日本の特急車両が使用され、この日は9両編成での運転でした。<br /> ただ9両編成で運転するのは米原~金沢間のみで、名古屋~米原間は6両編成での運転でした。<br /> 自由席は5・6号車の2両、グリーン車は1号車、以外は普通車指定席でした。

     681系というJR西日本の特急車両が使用され、この日は9両編成での運転でした。
     ただ9両編成で運転するのは米原~金沢間のみで、名古屋~米原間は6両編成での運転でした。
     自由席は5・6号車の2両、グリーン車は1号車、以外は普通車指定席でした。

  •  車内はこのような感じで、座席は左右ともに2人掛けのリクライニングシートでした。

     車内はこのような感じで、座席は左右ともに2人掛けのリクライニングシートでした。

  •  ここで「北陸観光フリーきっぷ」について紹介します。<br /> この「北陸観光フリーきっぷ」、JR東海が発売している割引切符で、一部を除く福井・石川・富山県内のJR線、IRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道の特急列車・快速列車・普通列車の自由席が連続した4日間利用し放題となる他、利用し放題となるエリアまでの移動には新幹線ならびに特急列車の普通車指定席が利用できるという内容です。<br /> 参考までに北陸新幹線の場合、金沢~黒部宇奈月温泉間のはくたか号、金沢~富山間のつるぎ号の自由席に限り、こちらも連続する4日間利用し放題となります。<br /> 名古屋市内・浜松・静岡の3駅からの設定があり、浜松からの切符の場合、18,330円で利用することができます。<br /> なおこの切符、行きと帰りで異なる経路を利用するという利用上の制約があり、片道は特急ひだを利用する高山本線経由、もう片道は特急しらさぎを利用する北陸本線経由を利用する必要があります。<br /> 2023年10月現在、お盆・年末年始期間等割引切符利用制限期間を除き、いつでも利用可能ですが、2024年3月に北陸新幹線の金沢~敦賀間が開業予定となる為、2024年3月で取扱いを終了する可能性があります。<br />

     ここで「北陸観光フリーきっぷ」について紹介します。
     この「北陸観光フリーきっぷ」、JR東海が発売している割引切符で、一部を除く福井・石川・富山県内のJR線、IRいしかわ鉄道、あいの風とやま鉄道の特急列車・快速列車・普通列車の自由席が連続した4日間利用し放題となる他、利用し放題となるエリアまでの移動には新幹線ならびに特急列車の普通車指定席が利用できるという内容です。
     参考までに北陸新幹線の場合、金沢~黒部宇奈月温泉間のはくたか号、金沢~富山間のつるぎ号の自由席に限り、こちらも連続する4日間利用し放題となります。
     名古屋市内・浜松・静岡の3駅からの設定があり、浜松からの切符の場合、18,330円で利用することができます。
     なおこの切符、行きと帰りで異なる経路を利用するという利用上の制約があり、片道は特急ひだを利用する高山本線経由、もう片道は特急しらさぎを利用する北陸本線経由を利用する必要があります。
     2023年10月現在、お盆・年末年始期間等割引切符利用制限期間を除き、いつでも利用可能ですが、2024年3月に北陸新幹線の金沢~敦賀間が開業予定となる為、2024年3月で取扱いを終了する可能性があります。

  •  金沢駅には11時48分頃に到着しました。

     金沢駅には11時48分頃に到着しました。

  •  金沢駅到着後、金沢百番街の中にある・・・

     金沢駅到着後、金沢百番街の中にある・・・

  •  「魚菜屋 あんと店」でランチを頂くことにしました。<br /> 金沢百番街ですが、主に金沢駅鉄道高架下に位置するJR西日本系列の商業施設です。<br /> 魚菜屋ですが、金沢市内に本拠地を持つ「天とてん」という会社が運営する海鮮料理の飲食店です。

     「魚菜屋 あんと店」でランチを頂くことにしました。
     金沢百番街ですが、主に金沢駅鉄道高架下に位置するJR西日本系列の商業施設です。
     魚菜屋ですが、金沢市内に本拠地を持つ「天とてん」という会社が運営する海鮮料理の飲食店です。

  •  当日は550円する「のどぐろカマ唐揚げ」と・・・

     当日は550円する「のどぐろカマ唐揚げ」と・・・

  •  2,000円する「お刺身三昧定食」を頂きました。<br /> ご飯・味噌汁の他、刺身(鰤・甘えび・蟹・鰹等8種位)・小鉢程度にはなりますが、アジフライ・煮魚・煮物等を頂きました。<br /> 2,000円する刺身定食としては小鉢程度とはいえ煮物やアジフライ等が付く等いろんな物が食べられる点で他店の刺身定食と比べ内容は良心的だと思いますが、いろんなものを食べたい方は1,800円する「お魚尽くし定食」のほうが刺身・煮魚・揚物の3点が楽しめる為、良いかもしれません。

     2,000円する「お刺身三昧定食」を頂きました。
     ご飯・味噌汁の他、刺身(鰤・甘えび・蟹・鰹等8種位)・小鉢程度にはなりますが、アジフライ・煮魚・煮物等を頂きました。
     2,000円する刺身定食としては小鉢程度とはいえ煮物やアジフライ等が付く等いろんな物が食べられる点で他店の刺身定食と比べ内容は良心的だと思いますが、いろんなものを食べたい方は1,800円する「お魚尽くし定食」のほうが刺身・煮魚・揚物の3点が楽しめる為、良いかもしれません。

  •  なお、こちらの金沢百番街、駅西口側には「あんと西」というエリアがあり、スーパー・飲食店等がはいっていました。

     なお、こちらの金沢百番街、駅西口側には「あんと西」というエリアがあり、スーパー・飲食店等がはいっていました。

  •  魚菜屋あんと店でのランチを終え、再び金沢駅です。

     魚菜屋あんと店でのランチを終え、再び金沢駅です。

  •  金沢からは13時27分発特急サンダーバード17号和倉温泉行きで七尾まで向かいます。<br /> 特急サンダーバードですが、2023年10月現在、大阪・京都と福井・金沢等石川・福井両県の主要都市ならびに観光地を結ぶ特急列車ですが、一部の列車は金沢より先和倉温泉まで直通運転しています。ただこちらも2024年3月の北陸新幹線の金沢~敦賀間開業に伴い大阪~敦賀間の運転となる予定です。

     金沢からは13時27分発特急サンダーバード17号和倉温泉行きで七尾まで向かいます。
     特急サンダーバードですが、2023年10月現在、大阪・京都と福井・金沢等石川・福井両県の主要都市ならびに観光地を結ぶ特急列車ですが、一部の列車は金沢より先和倉温泉まで直通運転しています。ただこちらも2024年3月の北陸新幹線の金沢~敦賀間開業に伴い大阪~敦賀間の運転となる予定です。

  •  特急サンダーバードですが、683系という特急車両が使用され、通常、大阪~金沢間を9両編成で運転を行います。その場合、自由席は5・6号車、グリーン車は1号車、3号車の1~4番席は女性専用席、以外は普通車指定席となっています。<br /> ただ今回利用する金沢~七尾間の場合、和倉温泉まで1~6号車の6両編成での運転となり、自由席は5・6号車、グリーン車は1号車、3号車の1~4番席は女性専用席、以外は普通車指定席として運転されます。

     特急サンダーバードですが、683系という特急車両が使用され、通常、大阪~金沢間を9両編成で運転を行います。その場合、自由席は5・6号車、グリーン車は1号車、3号車の1~4番席は女性専用席、以外は普通車指定席となっています。
     ただ今回利用する金沢~七尾間の場合、和倉温泉まで1~6号車の6両編成での運転となり、自由席は5・6号車、グリーン車は1号車、3号車の1~4番席は女性専用席、以外は普通車指定席として運転されます。

  •  車内はこのような感じで、座席は左右ともに2人掛けのリクライニングシートでした。<br /> なお、特急サンダーバードの場合、車両によってはフリーWi-Fiが使えるようになりました。

     車内はこのような感じで、座席は左右ともに2人掛けのリクライニングシートでした。
     なお、特急サンダーバードの場合、車両によってはフリーWi-Fiが使えるようになりました。

  •  七尾駅には14時19分頃に到着しました。

     七尾駅には14時19分頃に到着しました。

  •  まずは七尾駅から歩くこと10分程度、「御祓川」という川沿いに来ました。<br /> 御祓川ですが、水源地は分かりませんが、七尾市街地を通り七尾湾に流れる河川です。

     まずは七尾駅から歩くこと10分程度、「御祓川」という川沿いに来ました。
     御祓川ですが、水源地は分かりませんが、七尾市街地を通り七尾湾に流れる河川です。

  •  その御祓川沿いには広場があり・・・

     その御祓川沿いには広場があり・・・

  •  その広場の中には川の景色を眺めることができるスペースがありました。

     その広場の中には川の景色を眺めることができるスペースがありました。

  •  というわけでまずはその御祓川の景色を眺めましたので、その時撮影した景色の写真をご覧戴きます。<br /> まずは七尾湾側からです。

     というわけでまずはその御祓川の景色を眺めましたので、その時撮影した景色の写真をご覧戴きます。
     まずは七尾湾側からです。

  •  一方、こちらは七尾駅側です。

     一方、こちらは七尾駅側です。

  •  続いては「七尾マリンパーク」に来ました。

     続いては「七尾マリンパーク」に来ました。

  •  七尾駅から1㎞弱、七尾港付近に位置する海沿いの公園で、芝生広場・イベント広場・親水広場等から構成されています。

     七尾駅から1㎞弱、七尾港付近に位置する海沿いの公園で、芝生広場・イベント広場・親水広場等から構成されています。

  •  その七尾マリンパークですが、海沿いにはこのようなボードウォークがあり・・・

     その七尾マリンパークですが、海沿いにはこのようなボードウォークがあり・・・

  •  そのボードウォークからは七尾湾等海の景色を眺めることが出来ました。<br /> 当日は天気に恵まれ、綺麗な景色を眺めることが出来ました。<br /> というわけでここからは当日眺めた景色の写真を4枚ご覧戴きます。<br /> まずは1枚目からです。

     そのボードウォークからは七尾湾等海の景色を眺めることが出来ました。
     当日は天気に恵まれ、綺麗な景色を眺めることが出来ました。
     というわけでここからは当日眺めた景色の写真を4枚ご覧戴きます。
     まずは1枚目からです。

  •  2枚目です。

     2枚目です。

  •  3枚目です。

     3枚目です。

  •  これが最後です。

     これが最後です。

  •  その他、こちらの親水広場の中には・・・

     その他、こちらの親水広場の中には・・・

  •  このような展望スペースがあり・・・

     このような展望スペースがあり・・・

  •  そこからも海等の景色を眺めました。

     そこからも海等の景色を眺めました。

  •  参考までに付近には「七尾フィッシャーマンズワーフ」という主に魚類を活かした物販・飲食施設がありました。

     参考までに付近には「七尾フィッシャーマンズワーフ」という主に魚類を活かした物販・飲食施設がありました。

  •  なお、七尾マリンパークの先にもこのようなボードウォークがあり・・・

     なお、七尾マリンパークの先にもこのようなボードウォークがあり・・・

  •  そのボードウォークからも海等の景色を眺めることが出来ました。

     そのボードウォークからも海等の景色を眺めることが出来ました。

  •  七尾マリンパーク付近の散策を終え、再び七尾駅に来ました。

     七尾マリンパーク付近の散策を終え、再び七尾駅に来ました。

  •  期間中、富山駅近くのホテルで一夜を過ごすことにした為、これより富山まで向かいます。<br /> まずは七尾15時27分発特急能登かがり火8号金沢行きで金沢まで向かいます。<br /> 特急能登かがり火ですが、金沢と七尾又は和倉温泉を結ぶ特急列車です。

     期間中、富山駅近くのホテルで一夜を過ごすことにした為、これより富山まで向かいます。
     まずは七尾15時27分発特急能登かがり火8号金沢行きで金沢まで向かいます。
     特急能登かがり火ですが、金沢と七尾又は和倉温泉を結ぶ特急列車です。

  •  金沢から乗車した特急サンダーバード17号和倉温泉行きの車両がそのまま使用される為、683系という特急車両が使用され、6両編成での運転でした。<br /> そのうち自由席は5・6号車、グリーン車は1号車、以外は普通車指定席として運転されます。

     金沢から乗車した特急サンダーバード17号和倉温泉行きの車両がそのまま使用される為、683系という特急車両が使用され、6両編成での運転でした。
     そのうち自由席は5・6号車、グリーン車は1号車、以外は普通車指定席として運転されます。

  •  車内はこのような感じで、座席は左右ともに2人掛けのリクライニングシートでした。

     車内はこのような感じで、座席は左右ともに2人掛けのリクライニングシートでした。

  •  金沢駅には16時30分頃に到着しました。

     金沢駅には16時30分頃に到着しました。

  •  金沢からは16時53分発北陸新幹線のはくたか572号東京行きで富山まで向かいます。<br /> 北陸新幹線ですが、長野・富山等を経由して東京と金沢を結ぶJRの高速鉄道路線、はくたか号はその北陸新幹線の中で4種類ある列車種別のうち2番目に上位となる列車種別で、この列車の場合、金沢~軽井沢間の各駅と高崎・大宮・上野・東京のみに停車します。

     金沢からは16時53分発北陸新幹線のはくたか572号東京行きで富山まで向かいます。
     北陸新幹線ですが、長野・富山等を経由して東京と金沢を結ぶJRの高速鉄道路線、はくたか号はその北陸新幹線の中で4種類ある列車種別のうち2番目に上位となる列車種別で、この列車の場合、金沢~軽井沢間の各駅と高崎・大宮・上野・東京のみに停車します。

  •  W7系というJR西日本の新幹線車両が使用され、この日は12両編成での運転でした。<br /> そのうちグリーン車は11号車、グランクラスは12号車、自由席は1~4号車、以外は普通車指定席でした。

     W7系というJR西日本の新幹線車両が使用され、この日は12両編成での運転でした。
     そのうちグリーン車は11号車、グランクラスは12号車、自由席は1~4号車、以外は普通車指定席でした。

  •  車端部はこのような感じでした。

     車端部はこのような感じでした。

  •  車内はこのような感じで、座席は片側は2人掛け、もう片側は3人掛けのリクライニングシートでした。

     車内はこのような感じで、座席は片側は2人掛け、もう片側は3人掛けのリクライニングシートでした。

  •  富山駅には17時16分頃に到着しました。

     富山駅には17時16分頃に到着しました。

  •  富山駅到着後、ホテルに向かい、一夜を明かしました。<br /> この日の行程は以上となる為、パート1この辺りでお開きにしたいと思います。<br /> ここまでご覧戴きましてありがとうございました。

     富山駅到着後、ホテルに向かい、一夜を明かしました。
     この日の行程は以上となる為、パート1この辺りでお開きにしたいと思います。
     ここまでご覧戴きましてありがとうございました。

26いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • marsyさん 2023/12/06 12:45:00
    七尾市
    フロンティアさんこんにちは、marsyといいます。
    先日七尾市行ってきました。チラッと写っている花嫁のれんに乗って、帰りは普通列車に5時間揺られて帰ってきました。
    七尾駅からお祓い川に沿って食祭市場まで同じようなコースを歩いて行きました。
    この後はどこを回られるのかな?
    では失礼いたします。フロンティアさん旅行記にポチッとな!

    フロンティアさん からの返信 2023/12/07 18:02:15
    Re: 七尾市
     こんばんは。コメントありがとうございます。
     marsyさんの旅行記にも記しましたが、「花嫁のれん」、気にはなっていましたが、座席がリクライニングシートなのか不安で、さらに「北陸観光フリーきっぷ」の場合、新幹線・特急自由席こそ乗り放題ですが、特急指定席の場合、乗車券部分のみ有効で、別途特急券の購入が必要な為、利用を見合わせました。
     旅行記を拝見し、七尾市内では似たようなコースを歩かれたことに親しみを感じました。
     残りの2日間は残念ながら曇り空の為、自然の景観ではなく主に昔の町並みを楽しむ行程となりました。
     詳しくは次回以降の旅行記をご覧戴けると幸いです。

    トラベラーネーム フロンティア

フロンティアさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP